Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Eredivisie-interview・column

2022年夏の移籍市場まとめ

KNVBの管轄下でNederlands clubsが新たに選手を獲得したのは661件で昨年の609件を上回る。国内での移籍は227件。国外からの加入は217選手で、国外への移籍も217選手。移籍市場最終日の取り引きは39件。 https://www.knvb.nl/nieuws/betaald-voetbal/competit…

2022-2023シーズン展望

変則日程2022-2023シーズンは冬にWKが開催されるために年内は11月の第14節まで。11月から12月半ばまでのWKの後、例年よりやや短いwinterstopを挟んで年明け1月6~8日の週末から後半戦が開始する。 Titelstrijdajax en PSVが共にtrainer交代で新体制となったが…

今シーズン ブレイクしたtalenten

Keepers:該当無し。若手のブレイクが難しいポジションであり、28歳のAndries Noppert (Go Ahead Eagles) が年明け遂にポジションを不動のものとしてsupportersの大のお気に入りになったのが一番のトピック。 Verdedigers:Mees Hilgers (FC Twente プロ2年目・…

2021-2022シーズンだいたいのまとめ

Coronaの影響幸いにも財政破綻に陥るclubsは無く、実際目立った選手予算削減も無くそれぞれが内部で赤字を吸収する対応。目に見える部分では観客 2/3制限でシーズンが始まり、第7節から満員が許可されるも、観戦者増大で第13節から再び無観客措置が続き、年…

2021-2022シーズン前半戦まとめ

coronaの影響観客収容最大1/3規制で始まり、9月末の第7節から再び満員にすることが認められたが、国内の感染者増加により11月の第13節からまたも無観客に。試合への影響は顕著で、明らかにクオリティの低い試合が増えた。その象徴とも言えるのが国内のトップ…

2021-2022シーズン展望

・Publiek 無観客での無味乾燥なシーズンを終え、幸いにも再びstadionに観客が戻ってくるのが何と言っても最大のトピック。残念ながら満席でのシーズンスタートとはならず最大65%だが、kabnetは9月20日から満席を認める方針。すでにvoorbereidingでの数試合で…

2020-2021シーズン ビデオ判定まとめ

EredivisieにVAR制度導入から3年目の2020-2021シーズン。handsbalのルール変更やbuitenspellijntechnologie導入、そして無観客による判定への多くの影響があった。 2018-2019シーズン ビデオ判定まとめ - Mijn Feyenoord 2019-2020シーズン ビデオ判定まとめ…

今シーズン ブレイクしたtalenten

Doelman該当無し Verdedigers Milan van Ewijk (ADO) 20歳 プロ2年目悲劇的なシーズンだったADOでほぼ唯一個人的良いシーズンを過ごし、amateurvoetbalからbettald voetbal 2年目での大ブレイク。攻撃参加に迫力のあるダイナミックなrechtsbackで、この夏 個…

2020-2021シーズンだいたいのまとめ

coronacrisis第4節からは完全無観客となり、シーズン終盤の第30節にようやく制限付きで僅かな数の観客が受け入れたが、結局残り4節は無観客のまま終了。観客がいないことの影響は甚大で、数字上もthuisploegenの勝率が下がり、gele kaartenの分配率からschei…

buitenspellijntechnologie: foutmargeは何の解決策にもならない

今シーズン遂にEredivisieに導入されたbuitenspellijntechnologie. 他のtopcompetitieで見られるように時に数分という長い時間をかけて引かれる2本のラインによってbuitenspelpositieかどうかの厳密な判定が行われているが、KNVBはこのtechnologieを用いるに…

2020-2021シーズン前半戦まとめ

coronaの影響例年より遅れ、一部観客受け入れで始まった今シーズンだが、第3節終了後に国内の感染状況恩悪化を受けて完全無観客となり、少なくとも1月もそれが継続される。後半戦もこの状態が数カ月間続けばいよいよ財政的に破綻に近づくclubsが出てくる可能…

VAR制度教材: 再び見間違い問題とUEFAによる解決策?

Eredivisie 第12節で再び見間違いによる判定の問題が発生した。日曜夜のFC Twente - AZの最終盤に主審 Danny MakkelieがFC Twente-verdediger Jaydon OosterwoldeのZakaria Aboukhalへの背後からの接触によるファールでイエローカードとペナルティキックの判…

VAR制度教材: 明確な誤審と見間違いと見逃し

Eredivisie 第6節で大きな議論となったVitesse - PSV最終盤でのペナルティ取り消し。主審 Bas NijhuisはEli Dasaが競り合いの際にJorrit Hendrixを両手で押して倒したとPSVにペナルティキックを与えたが、VAR Danny Makkelieが介入。Nijhuisは自ら映像を見返…

EredivisieでDuitsersが新たなDenenに

とてつもなく増加したDuitsの影響力と大幅に減少したDeenの影響力はEredivisieで最も印象的な進展の1つだ。とてつもなく増加したDuitsの影響力と大幅に減少したDeenの影響力はEredivisieで最も印象的な進展の1つだ。 打ち切られた昨年のcompetitieではDuitse…

開花したTannane「僕は優しい義理息子ぶるためにvoetballerになった訳じゃ無い」

Oussama Tannaneについてあなたは時間を巻き戻したいと思うだろう。そうすれば彼は2回目のチャンスでは何年にもわたって彼の評判を傷つけるような間違いを犯すことはなかっただろうと。だがそれは真実では無い。 「全てがそう決まっていたかのように進んだ。…

2020-2021シーズン展望

・coronacrisis3月始めに2019-2020シーズンが第26節で打ち切られ、各clubsが数ヶ月のtrainingを行った後にバカンス、7月中旬前後からvoorbereidingを経ての新シーズンスタート。例年と比べると非常に変則的な日程になり、coronavirus感染でoefenwedstrijdが度…

2019-2020シーズン ビデオ判定まとめ

VAR制度が導入されて2年目の2019-2020シーズン。1年目同様に多くの話題と議論を呼んだが、その内容は多少異なっていたようにも感じられた。 2018-2019シーズン ビデオ判定まとめ https://mijnfeyenoord.hateblo.jp/entry/2019/05/18/234626 KNVBによる発表 ・…

今シーズン ブレイクしたtalenten

Doelman Maarten Paes (FC Utrecht) 22歳プロ2年目David Jensenが去ったvoorbereidingにポジション争いに勝利して18試合に出場。シーズン後半戦はZoetの加入によってbankに移ったが、Jong Oranjeでもゴールを守るなど高い評価を得た。来シーズンはシーズンを…

2019-2020シーズンだいたいのまとめ

232試合での統計 得点数 715. 1試合平均 3.08 penalty回数 91 (内15回失敗) rode kaarten 45 数値を1,32倍 (306,26試合)して近年の比較 レッドカード 57→47→67→59.4PK 77→84→103→120.12 coronacrisis残念ながら今シーズン最大のトピックはcoronacrisisによる…

なぜEredivisieclubsはbuitenlandse trainerを選ばないのか?

ADO Den Haagの新trainerに今週 Alan Pardewの就任が発表されるのはほぼ間違いない。このEngelsmanはUruguayaan Gonzalo Garcia (FC Twente)とDuitser Frank Wormuth (Heracles)に続いてEredivisieで3人目のbuitenlandse trainerとなる。 実際なぜeredivisie…

2019-2020シーズン前半戦まとめ

Kampienschap対抗馬のPSVが失望のシーズンとなったことで楽々と独走するはずのajaxがなぜが勝ち点を落としてAZを振り払えず、多少は緊張感のある展開に。どこまで僅差で続くかは層の薄いAZ次第だが、ajaxのwinterstop明けに低調になる傾向が今シーズンも出れ…

Eredivisieのaanvoerdersとtrainersは控え目なVARを望んでいる

毎節毎にvideoscheidsrechterの機能について議論になっている。解決策?Eredivisieclubsのtrainers en aanvoerdersが出した結論ははっきりしている。彼らの大部分はVAR制度を支持しているが、「少なくともscheidsrechterのミスを修正する事にVARはもっと控え…

2019-2020シーズン展望

・titlestrijd戦力的には例のごとくajaxの1強状態。昨シーズンに続いてPSVがチーム力でどこまで接近できるかだが、あまり盛り上がらない可能性の方が大きい。 ・subtopFeyenoord越えを狙うAZとvd Brom就任で良い補強をしたFC UtrechtがVitesse以下にやや差を付…

2018-2019シーズンだいたいのまとめ

ビデオ判定が導入2018-2019シーズンの大きなトピックがビデオ判定の導入だったのは間違いない。特にシーズン前半は様々な議論を引き起こし、終わってみればレッドカードは67枚、ペナルティキックは103回と、どちらも記録的な数字に。近年の比較ではレッドカ…

今シーズン ブレイクしたタレントたち

doelmanKjell Scherpen (FC Emmen) 19歳 プロ2年目若くしてブレイクの難しいポジションで、プロでの出場経験が無い18歳がクラブ事情から第1GKに抜擢されて大注目を浴びた。2,04mの長身でスーパーセーブを見せたが、一方で致命的ミスも度々。エメンの直接残留…

Makkelie 「VARはセーフティネットだが、私はテクノロジーより優秀でありたい」

今シーズン AD-klassementでbeste scheidsrechterとなったDanny Makkelie (36). VARとしても名を成した彼がADのインタビューに応えた。 6月のCL finaleで共にVARとして働くPol van Boekelは今シーズン「スクリーンの前に立つのは"mindfuck"のようなもの」と…

2018-2019シーズン ビデオ判定まとめ

VAR制度が導入された初シーズンとなった2018-2019シーズン。ビデオ判定は多くの話題と議論と関心を呼び集めた。 KNVBによるレポート VARのチェック回数は総計4.000回 (1試合当たり13回!)。介入は106回で約3試合に1回。内87回で誤審が修正され、13回でVARが…

ベルフハイスはWatford時代で何を学んだか

2015年夏にスティーヴン・ベルフハイスは夢の移籍を果たした。彼はAZを去ってプレミア・リーグへ渡ったが、Watfordでの彼の冒険は成功せず。VIで27歳になったフェイエノールダーは自分にもその責任があったと説明した。 「今なら自分が間違った考えでイングラ…

VAR op eredivisie (1ste helft van het seizoen 2018-2019)

Basic data153 wedstrijden: Correctie door videobeoordeling/Interventie door VAR 50/56een interventie per 2,7wedstrijden. op 106 wedstrijden (69%)geen interventie.On-field-review 39 keer. Een mal per 3,9 wedstrijden. Correctie door OFR is 3…

シーズン前半戦ビデオ判定まとめ

2018-2019シーズンから遂にエールディヴィジ全試合に導入されたビデオ判定。ザイストのKNVBリプレイ・センターからビデオ審判たちが試合を監視することで153試合で50の判定が修正された(個人調べ)。各クラブの監督とキャプテンはほぼ全員が使用継続を支持して…