Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Oranje-interview・column

Louis van Gaal, interlandperiode前会見

keeperの入れ替えについて「我々は全般的に全ての選手たちととても良いコンタクトを持っており、Jasperも連絡がいつ来るか知っていた。Joëlが病気になったのは彼にとってはもちろんfantastisch. 彼は今朝一番乗りしていた」「Frans Hoekとkeepersの間には絶…

Louis van Gaal, interlandperiode冒頭会見

選考について「難しくは無かった。ではなぜ26人を呼んだか?新しい選手たちを感じ、聞いて、見たいからだ。それができるのはこのkwalificatiewedstrijdenでだけ。常により優れた選手たちがおり、ある者はフォームにあり、ある者はそうでは無い等々。良い選手…

Louis van Gaal, bondscoach就任会見

Nico-Jan Hoogma:「もちろんVan Gaalで話がまとまったことをまず喜びたい。そこに至るまでの出来事はポジティヴなものでは無かったが、Van Gaalの存在は大きな自信を与えてくれる。EKでの木曜は達成されず、我々はもっと良いEKを見込んでいた。振り返って見…

Frank de Boer, EK Tsjechië戦前日会見

チームの成長について「いずれにせよ我々は試合中に様々なシーンが見れただろう。Oekraïne戦ではボールを持った時にかなり守備はあまり良くなかった。Oostenrijk戦はその逆、Macedonië戦では両方の面が見られた。しかしこのグループ自体が密接に関わり合って…

Frank de Boer, EK Noord-Macedonië戦前日会見

入れ替えについて「2つの入れ替えを行うつもり。achtste finaleに全力で向かう十分な余裕がある。さもなければ休息期間がかなり長い。3-5-2も維持する。言いシーンもあったが、良くないシーンもあった。Marten de Roonが瀬戸際なのを考慮する?それは明日見…

Frank de Boer, EK Oostenrijk戦前日会見

Matthijs de Ligtについて「彼はフィットしておりOostenrijk戦でプレーする」「ポジションについては彼が左側で快適に感じていなかったのは非常によく分かるし、それを考慮する」 Oekraïne戦について「前半は多くコントロールしていたが、彼らが我々を傷つけ…

Frank de Boer, EK Oekraïne戦前日会見

Matthijs de Ligtは欠場「ちょっと早すぎる。リスクは冒したくない。非常にエキサイティングな状況なら彼はプレーする事もできただろうが、怪我の性質を考えればリスクは冒したくない。木曜のOostenrijk戦ではプレーできる?かなりそれに近い状況なのは本当…

Frank de Boer, Georgië戦先日会見

選手たちとの話し合いについて「彼らがどのように見ているかを知りたかった。実行しなければならないのは彼ら。彼らが私が見たのと同じものをみていたのかどうか。話し合いの結論?我々はあまりにプレッシャーをかけられず、あまりに走らないといけなかった…

Frank de Boer, Schotland戦前日会見

corona感染で隔離されていたJasper CillessenがEK-selectieから外される「Marco Bizotが代わりに入ってフィットした3 keepersになる。Jasperは準備の大部分で参加できなかった。これは彼にとって大きな打撃であり、気の毒に思うが、これが我々の選択」「eers…

Oranje: EK-selectie発表とFrank de Boer会見

Frank de Boerは水曜日にEURO 2020に向けてdefinitieve selectieを発表。debutanten Jurriën Timber en Cody Gakpoを含む26 spelersがbondscoachから招集を受けた。 voorselectieから脱落したのはdoelman Marco Bizot, verdedigers Jeremiah St. Juste, Hans…

Frank de Boer, interlandperiode前会見。Qatarの人権問題について

Qatarの事件問題とボイコット議論についてFrank de Boer「WKへ向けてのkwalificatieが始まろうとしているのは誰もが知っている。我々が出場資格を得た場合にそこへ行くべきかどうかに、現在ほとんどの注目が集まっている。その疑問がされるのは正当なこと。…

Frank de Boer, interlandperiode冒頭会見

Virgil van Dijkの怪我について「生で見ていてショックを受けた。声を潜めて罵っていたか、実際声を潜めていなかったね。Virgilはaanvoerderであり、このグループ内の重要な選手であり重要な人物。Wijnaldumがaanvoerderとして彼の代わりを務めるだろう」 St…

Frank de Boer, NL Bosnië-Herzegovina en Italië戦前会見

「全く別の物事を始めるのは賢明では無いだろう。こういう短期間でbondscoachになるなら、いきなり実験を始めないのが論理的。まずこの数日間で何が起きるかを見る。KNVBが私を選んだのも。かれらがKoemanの下でと同じラインを継続したかったから」 若手とKe…

Frank de Boer, bondscoach就任会見

Algemeen directeur Eric Gudde「我々はFrankがこの数年かのラインを継続すると確信している。2年前は2 eindtoernooienを逃したばかりで私にも選手、スタッフにも苛立ちが大きかった。ファンがOranjeに背を向けていたのも明らかだった。だが今では状況は全く…

Dwight Lodeweges, NL前会見

Ronald Koemanの退任についてVirgil van Dijk:「ショックは受けなかった。こういう素晴らしいbondscoachが去るのはみんなガッカリしているけれど、心から祝福もしている。selectieの全ての選手にそれぞれ尋ねれば、みんなその気持ちを持っているだろう。これ…

OranjeはDepay抜きのEKに

Nations Leagueでのfinale進出からEK予選突破とこの1年半で復活と大成功を収めたNederlands elftalだったが、2019年最後に大きな痛手を受けることに。12月15日日曜日のFeyenoord - PSVでDonyell Malenの重傷に思える怪我を追ったことについてFOXのstadioで話…

Koeman, EK予選Wit-Rusland en Noord-Ierland戦前会見

Steven Berghuisについて「彼とは何度も話しているが、だいたい同じ事。ボールを持っていない時のプレーだ。もちろんAZ戦でのタックルは馬鹿げたファール。問題は基準をどこに置くか?私は選手たちは学び、変わるためのチャンスが常に与えられるべきだと考え…

Ronald Koeman, EK予選 Duitsland戦前日会見

前回のAmsterdamでのDuitsland戦を振り返り 「試合の中では支配できない時間帯はあるもの。それは相手のクオリティのせいでもある。一方でDuitslandも後半は何が起きていたか自問しているだろう」 「我々は圧倒されてた前半について、守備のポジション取りが…

Koeman, NL finale前会見

コンディションについて「基本的には全員フィットしている。まだ多少疲労はあるが、それは当然。全員スタメンでプレー可能だろう。finaleでプレーすることはメンタル的には3位/4位を争うよりは楽」 stadionでトレーニングしなかったことについて「いずれにせ…

R. Koeman NL eindronde前会見

Oranjeのbondscoach Ronald KoemanがNations Leagueのeindrondeに向けてセレクション選考を終え、火曜午後に会見を行った。 Nations Leagueのeindrondeについて「昨シーズンはcompetitieの最後に2つ練習試合をしたが、今回はNations League. これは最重要なp…

クーマン、代表戦期間前記者会見 「EK予選で選手温存をするつもりはない」

ユトレヒトでの発砲事件について「多くの選手は合流した時点でユトレヒトでの事件についてはまだ知らなかった。私自身もだ。その後全員室内に集まってからTVで何が起きたか見た。メディア報道官が選手たちに短く説明も行った。通常なら初日は公開トレーニン…

ロナルド・クーマン会見「今こそフォルメルを呼ぶ時」

フォーメーションについて「前回の2試合を終えて私にとってはかなり明確になった。我々は少なくとも3人または5人のDFで続けていく。守備の数え方の解釈は相手によって変わり得る」「Nations Cup前の代表戦4試合を終えればかなり明確な構想を持てるだろうと私…

クーマン、初の代表戦を前に会見

イングランドとポルトガルとの練習試合に向けて、月曜夜のザイストでボンズコーチ ロナルド・クーマンが会見を行った。 期待について「あらゆるリスペクトを払っても、我々はアイスランドより良くなければならないと思う。しかし彼らのやったことは素晴らしい…

アドフォカート&フリット初会見

火曜午後にザイストで新ボンズコーチ ディック・アドフォカートとそのアシスタントとして新たに代表のテクニカル・スタッフに加わるルート・フリットの初会見が行われた。 アドフォカート:「私がボンズコーチに戻ることはかなり多くの人が望んでもいなかっただ…

オランイェ、失敗の要因

ブラジルでのWK3位からEK予選グループ4位敗退と天国から地獄へと落ちたオランダ代表。ほぼ全てが上手くいかなかったこの13ヶ月の失敗の要因は長期的、短期的に様々あるが、主な5つを確認しておこう。 1. ヒディンクを選んだKNVB KNVBに最大の責任があるのは…

ファン・ハネヘム 「クラーシを90分間ベンチに座らせたのは馬鹿げている」

私はフースのことは好きだが、彼は現実的になるべきだろう。トルコ戦で彼がクラーシとヴィレムスをスタメン起用しなかったのは全く理解できないよ。個人的な好みとは何の会計がないとしても、彼らがプレーすべきだったのは明白な事実だ。フンテラールはサイ…

ファン・ハネヘム 「スナイデル/クラーシのペアは私だったら残したい」

ロビン・ファン・ペルシの先制ゴールは昨夜の試合で明らかに大きな価値があったが、オランダ-ラトヴィア戦のターニング・ポイントだったのはブリント/クラーシの交代だ。 もちろんブリントが怪我をしたのは残念に思う。しかし私はクラーシとスナイデルがこのポ…

クーマン 「オランイェについてはもう考えない」

ロナルド・クーマンはSouthamptonでの時間を存分に楽しみ、オランダ代表のことは複雑な気持ちで見つめている。この監督はオランイェのボンズコーチの候補に挙がっていたが、KNVBは結局 フース・ヒディンクを選択。ヒディンクがEK予選で失望のスタートを切って…

「ダリル・ヤンマート以上にヒディンクはプラハでミスを冒した」

オランダ代表は明らかにWKの成功による中毒にかかっている。ブラジルでの3位は国中を誇らしい気持ちにさせたが、それが誤解も招いた。この成功はアルイェン・ロッベンがトップフォームであり、ルイ・ファン・ハールの支配力チームに浸透し、このボンズコーがカ…

ヒディンク、ボンズコーチ就任会見

KNVBは金曜昼にオランダ代表のボンズコーチに就任したフース・ヒディンクによる会見を行った。ヒディンクは1995年から1998年以来となる2回目のボンズコーチ就任について「誇らしい気持ち」と説明した。「私はこういう言い方は余りしないが、ここに座っている…