Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

第15節: Van de Graaf en Makkelieが長い説明。VitesseがSC Cambuurに圧勝。3日前までamateurのRoy Kuijpersがmatchwinner!

Speelronde 15


Donderdag 2 dec.
21:00 ajax - Willem II 5-0
15' 1-0 / 17' 2-0 / 23' 3-0 / 71' 4-0 / 76' 5-0 

 

Edwin van de Graaf

28分の得点取り消しに
「このアクションはSaddikiがパスに反射したのか、それとも意識的にボールにプレーしようとしたのか?それらが全て考慮されなければならないこと。これについて我々はZeistでも話し合うし。賛否両論あるだろう。特にbuitenspelでは難しいのは変わらない」
「私は得点だけを見たいが、我々はspelregelsを適用するためにいる。ゴールはregelsに従って認められたり、認められなかったりするべきであり、そこには時に議論が残る。それは解釈の部分であり、それが我々がスクリーンまで行く理由でもある。解釈しなければならないあらゆる状況はscheidsrechterによって見られなければならない」
「映像を見て何が分かったか?まぁ、実際私がフィールドで見たのを同じ。ボールがプレーさせ、verdedigerがボールに触れ、私の目には不運なもの。判定を下すにのに時間が必要だったので少し長くかかったた。映像に基づいても私のフィールド上での判定と同じままに見える。この場合は解釈が加わるのは確か。clear and obvious mistake? この場合はbuitenspelであり、だからゴールが取り消された。それは解釈の問題であり、それが私がサイドに行った理由。グレーエリアは残り続ける」

 

Vrijdag 3 december
20:00 FC Groningen - PEC Zwolle 1-1
14' Mees de Wit 1-0 / 75' Thomas van den Belt 1-1 (e.d.)

 

13位 FC GroningenはDe Leeuwがまだ病欠でSuslovがschorsingからbasisに復帰。hekkensluiter PECはRedan en Tedicに替えてKastaneer en Adzicのvoorin. 

 

PECが良いスタートで優勢に立つと、De Witの強烈なミドルシュートで先制。ボールを持っても低調なGroningenは30分にStrand Larsenに大チャンスがあったがLamrpouが飛び出して見事にセーブ。数回良いチャンスを作っていたPECは前半終盤にKastaneerが決定的なヘディングもLeeuwenburghが好セーブ。

 

後半に入るとGroningenのプレーが向上して押し込み始め、何度かゴールにも迫ったがPECが良い守備を見せて凌ぐ展開。しかし残り15分でGroningenのhoekschopからVan den Beltの頭を経て決まるeigen doelpuntで同点に。残り時間もGroningenの攻勢が続いたがゴールは生まれず、残り数分からPECも勝利を掴みに行ったが、blessuretijdにhoekschopからVoetのヘディングがバーを叩いて引き分け。

 

PECは2試合連続引き分け。

 

Danny Buijs
「我々は非常に悪いスタートだった。ボールを持った時も守備も非常に弱かったと思う。0-1の失点はこのレベルであのミドルシュートを決められるのは許されないが、ボールにもっとプレッシャーをかけることもできただろう」
「後半いくらか良くなったのは設定の問題では無く、実践の問題。間違った選択をし、雑ならこういう試合になる。結論として私はガッカリしている。多くのvoetballersが入ったploegを選んだが、それが出てこなかった。それは考える材料になる」

 

Dick Schreuder
「選手たちが見せてくれたものにもの凄く満足している。特に前半。私は彼らに違うものを求めているし、それに彼らは慣れていないが、やろうとしているのが見える。もちろんもっと得点を決めたいが、我々がそこに問題を抱えているのも分かっている」

 

Zaterdag 4 december
16:30 PSV - FC Utrecht 4-1
12' Mike van der Hoorn 0-1 / 27' Cody Gakpo 1-1 / 35' André Ramalho 2-1 / 51' Ritsu Doan 3-1 / 70' Phillipp Mwene 4-1 

 

5pt差の3位対4位。PSVは怪我から戻ったGakpoがbasis復帰、Teze en Maduekeも負傷離脱から戻ったがbankから。Götzeが負傷欠場でGakpo, Bruma, Doanの2列目。FC UtrechtはWarmerdamに代えてlinksbackにArthur Zagréを起用。

 

10分過ぎにDouvikasが良いアクションでBoscagliをかわしてのシュートでconerを得ると、そのhoekschopからViniciusのマークを外したVan der Hoornの強烈なヘディングでFC Utrechtが先制。PSVは圧倒的にボールを持ちながらもローテンポでほとんどチャンスを作れていなかったが、Gakpoが高い位置でVan der Hoornにプレッシャーをかけた際に両手で押してボールロストを誘って1-1. 数分後にはPSVのhoekschopからPaesがボール処理をミス、大外のRamalhoが難しい体勢から上手く蹴り込んで2-1. さらにHT前にはBruma en Viniciusがポストとバーを直撃と3-1に迫りつつ折り返し。

 

PSVはHTにViniciusに代えてObispoを投入し、Gakpoをspitsに。すると後半出だしにGakpo en Doanの見事な連携で大チャンスが生まれ、Paesにセーブされたが、数分後にもPSVのスムーズな攻撃からDoanがeerste paalを打ち抜いて3-1. buitenspelpositieのGutiérrezがシュートコースにいたため、VAR KooijがMakkelieをスクリーン前に呼び出したが、Makkelieは判定を変えず。その後 ボールを持つもチャンスを作れないUtrechtはBalkに代えてDalmauを投入したが、数分後に再びPSVの見事な連携から最後はDoanのhakbalでMweneが初ゴールを決めて4-1でトドメ。PSVは残り時間でMadueke en Tezeも復帰出場させて全く問題無く快勝。

 

PSVajaxとの2pt差を維持。FC Utrechtは30年以上勝ててないEndhovenで今年もほとんど良いところ無く上位に離される敗戦。

 

Roger Schmidt
「残念ながらavy Pröpper en Mario Götzeが今日はまだいなかった。彼らもすぐに戻ってくることを願っているよ。Doanらがbasiselfに残るかどうかは私が決めることでは無いw 選手たちが自身が最終的には自分がプレーするかどうかを決める。私は試合で見たものに基づいて判断している。そして特定の選手たちでプレーするのが最も勝つチャンスがあると私が感じたなら、その選手たちがプレーする」
「Drommelのセーブ率の低さ?もちろん私はたくさんの統計を知っている。人々がそれを見るのは良いことだが、私が試合を見た時の印象に代わるモノでは無い。私の見解ではxGの統計は100%信頼できるモノでは無く。完全に明確なモノでも無い。シーズンの終わりにはいろいろな分析に使えるかもしれないが、1試合後や特定の状況では自分が見たものをもっと信頼すべき」

 

Maarten Paes
「まぁ、シュートがGutiérrezの側を通り過ぎたのは確か。これはhinderlijk buitenspelだと思う。彼(Makkelie)が見に行くなら、機能を持つだけの理由がある。期待したけれど、彼はその得点を認めた」

 

Danny Makkelie
「私が映像を見に行って、実際我々がフィールド上で見ていたものとスクリーンに映されたものは同じだった。PSV-spelerがシュートした瞬間、keeperの視界を遮っているのはZagreであり、それこそがkeeperを妨害している。ボールがZagreを通過した瞬間、Gutiérrezはシュートの軌道からすでに消えている。keeperはシュートの開始からボールを見ることができていたか?ああ、彼はそれができた。最初はZagreに邪魔されていたが、ボールがZagreの横を通過した時点で彼は常にボールを視野に入れているのが分かる。Gutiérrezはすでにkeeperの視野から離れ、実際に視界はかなり広くなっている。シュートの軌道にいる全ての選手が直ちにstrafbaarな訳では無く、いくつかのガイドラインもある。それはkeeperまでの距離も関係している。ボールが選手の横を通過した後、keeperはまだそのボールに対して何かできる時間があるか?Gutiérrezがkeepersgebiedにいたら、我々は全く違う状況にいることになっただろう。そうだったら常に何らかの影響があり、我々は得点を認めなかった。今回は5mのかなり外側におり、我々はkeeperがどれくらいの時間ボールを見ることができなかったか、そして選手がシュートの軌道上でどのように動いたかを見る。私としてはこれは単なる得点」

 

18:45 SC Cambuur - Vitesse 1-6
26' Sondre Tronstad 0-1 / 30' Loïs Openda 0-2 / 36' Thoman Buitink 0-3 / 41' Marco Tol 1-3 / 49' Sondre Tronstad 1-4 / 64' Loïs Openda 1-5 / 79' Nikolai Baden Frederiksen 1-6 

 

1pt差の5位対6位。SC CambuurはHenk de Jongが病欠でPascal Bosschaartが指揮。
Doodeman en Hoedemakersに代えてBreij en Paulissenを起用。VitesseはSchubert (病欠) を外してHouwenをバーの下に。Beroも怪我でGhoboがbasis入り。

 

お互いにプレッシャーをかけあう五分五分の序盤の後、Vitesseのhoekschopからこぼれ球を後方のTronstadが素晴らしいミドルシュートで決めて先制。直後のaftrapからボールを奪ったVitesseがOpendaに大チャンスがあったがStevensがセーブ。しかし先制から力強さを増したVitesseの攻撃が続き、左サイドから中に切り込んだOpendaが自分でシュートも決めて0-2. さらにカウンターからHuismanに100%チャンスもまさかの枠外とVitesseにチャンスが続き、CambuurはHTを待たずにPaulissenを下げてTolを投入でSchoutenをmiddenveldへ移したが、数分後にBuitinkが抜け出して難しい角度から0-3に。Cambuurはvrije trapからTolが決めて1-3としたが、後半出だしにTronstadが再び見事なミドルシュートで1-4. さらにStevensが両手で掴もうとした何でも無いボールをこぼす致命的ミスをOpendaが罰して1-5. 終盤にはBazoerのパスでOpendaが抜け出し、最後は冷静な横パスでinvaller Frederiksenの1-6をアシストする教科書通りのカウンターで最後のトドメ。

 

SC Cambuurは完全にoff-dayの完敗で連勝が4でストップ。Vitesseは特に先制後は圧倒的な力を見せ、1997年のFortuna相手の1-7以来のuitでの大勝でFC Utrechtと26ptで並んで5位に立つもdoelsaldoは未だマイナス (-2)。

 

Pascal Bosschaart
「Henkが不在の影響? それは昨年Almereに7-2で勝った時も起きていたこと。その結果なら今日よりもインタビューに答えるのが楽しいよ。説明は非常に簡単。我々は十分に良くなく、Vitesseが我々にとっては良すぎた。これは一度は起きること。この負けはハードだが、来週またしっかりやらなければいけない」

 

21:00 Heracles Almelo - sc Heerenveen 0-1
79' Joey Veerman 0-1 

 

平日にFeyenoordに敗れたHeraclesはVlotに続いてAzzouiも離脱し、Sierhuisを10番起用でvoorinはLaursenがbasisに復帰。前節 PSVと引き分けたsc HeerenveenはMusabaがschorsingからbasisに戻ってKongoloがbankに。

 

開始早々 Kaibが抜け出して大チャンスもゴール前フリーでなぜかパスを選んで台無しに。HeraclesもLaursenが中へ切り込んで強烈なシュートもMousが好セーブ。thuisでここ5試合4勝1分けのHeraclesが序盤攻勢も、Heerenveenも徐々にボールを持って五分五分の展開に。言いvoetbalを見せるも攻撃の最後が雑でチャンスを作りきれないHeraclesに対し、Heerenveenは30分とHT直前にHenk Veermanに2度の良いチャンスがあったが枠に飛ばせず。

 

後半もお互いに小さなチャンスがあり、60分手前にLaursenが切り込んで強烈なシュートもバー直撃。数分後にHeerenveenもHenk VeermanのアクロバティックなパスでMusabaが抜け出したが、素晴らしいsprintで追いついたRenteが見事なタックルでストップ。Heraclesは70分過ぎにBurgzorgに2度のチャンスがあったがMousの好セーブに遭い、終盤にJoey Veermanが何も無いところから見事なミドルシュートを決めて決勝点。

 

Heraclesはthuisでの無敗が5でストップ。sc Heerenveenは4試合負け無しで暫定で8位に。

 

Frank Wormuth
「心配?Hallo, 我々はcorona時代にいる、それが心配だ。我々はvoetbalをしており、まだまだ十分試合がある。我々のパフォーマンスが酷ければ、その時は問題。しかしstrafschopgebiedまではvoetbalは良い。そこでもっと取り組む必要がある」
「Laursenのような選手たちの成長ももちろん我々は見ている。これはploegにとってもtrainerにとっても良いことであり、我々は良い方向に進んでいるということ」

 

Zondag 5 december
12:15 RKC Waalwijk - NEC 2-1
16' Jordy Bruijn 0-1 / 28' Jens Odgaard 1-1 / 90+4' Roy Kuijpers 2-1 

 

RKCは今週アマチュア契約を結んでいたFC Den Boschから引き抜いた21歳のaanvaller Roy Kuijpersがwedstrijdselectie入りし、schorsingのAhmed Touba en Michiel Kramerに代わってLennerd Daneels en Shawn Adewoyeがbasis入り。先週末SC Cambuurに競り負けたNECはBarretoが怪我でDirk Properが代役。

 

良いスタートを見せたRKCが序盤多くボールを持つも、15分過ぎにVaessenのミスで与えたhoekschopからVaessenがキャッチミスであっさり0-1. さらにAkmanに決定的ヘディングチャンスがあったが、これはVaessenが辛うじてセーブ。チャンスに無かったRKCはhoekschopから数回危険なシーンを作ると、30分手前にOdgaardが軽い守備のMarquez en El Karouaniを簡単に抜き去り、角度の無いシュートをtweede paal内側を経て見事に決めて1-1. HT直前にAnitaがBruijnのアキレス腱に激しいファールもHiglerはgeelも出さず、残り時間でお互いにチャンスがあったがMattsson en Odgaardがどちらも決められずに折り返し。


後半もRKCがやや優勢に進め、Bakariに16m内フリーでシュートを放ったがBranderhorstの手の中に。次第にHiglerがgele kaartenを配り始めてお互いに大きなチャンスを作れなくなった残り20分でRKCはRoy Kuijpersをデビューさせ、Stokkers, Büttner en El Bouchataoui投入で終盤ゴールに迫ったが、Kuijpersの力強いドリブルから角度の無いシュートはゴール前を通過し、そのまま引き分けと思われたblessuretijd最後にEl Bouchataouiのパスで飛び出したStokkersがVan Rooijに競り勝つと、そのお膳立てからKuijpersが決めるdroomdebuutで劇的に決勝点。

 

RKCは17位 Fortunaとの差を暫定6ptに広げる大きな勝利でHeraclesを抜いて14位に。

 

Roy Kuijpers
「こうなると思ってたよ!こうなったのは素晴らしいこと。たくさんの人々がやってきて、質問を受けたりととてもクレイジー。新しいスタート、新しいラウンド。RKCは得点のために僕を獲得した。僕にはdiepgangがあるし、それを出そうとしている」
「Jong VitesseでOostingと一緒だったし、ここでのフィーリングもとても良かった。彼が僕を獲るなら、彼が何を期待しているかも分かっていた。だから僕はここに来た。彼が僕を信頼してくれているのは分かっているし、すぐに時間もくれた。それは信頼を示しているし、とても嬉しい」

 

14:30 Go Ahead Eagles - FC Twente 1-2
38' Inigo Córdoba 1-0 / 79' Ricky van Wolfswinkel 1-1 / 83' Ramiz Zerrouki 1-2 

 

Go Ahead EaglesはBakker en Berdenに代えてKramer en Cordobaがbasis入り。FC TwenteはBramaが欠場でSadilekが再びmiddenveldに入り、Oosterwoldeが出場。

 

Go Aheadが優勢に進めて数回良いチャンスを作るもUnnerstallの壁を越えられない展開。前半終盤にようやくhoekschopからtweede paalにいたCórdobaが決めて先制。全くチャンスの作れないTwenteは敗戦濃厚の雰囲気だったが、終盤hoekschopからVan Wolfswinkelがヘディングで同点にすると、直後にZerroukiが素晴らしいミドルシュートを叩き込んで予想外の勝利。

 

FC Twenteは4試合3勝1分けでSC Cambuurを抜いて6位に。

 

Ramiz Zerrouki
「僕のtopdrieに入るゴールだろう。何度か見返さないと。とりあえず2位にしおこうか?一番美しいゴール?PSV戦のだね!」

 

Ron Jans
「この結果が相応しいかどうかは分からないが、我々はそれを強制した。彼らは次第に下がり、手堅いploegだ。後半彼らはあまり出てこず、1-1に我々には『このまま槍つつけよう』という考えが生まれた。そしてZerroukiは醜いゴールを決めることはできず、彼が試合を決めた」
「Zerroukiの最も美しいゴール?Heerenveenも徐々にボール戦のだろう。しかしそのゴールは認められなかった」

 

14:30 AZ - Sparta Rotterdam 3-1
19' Adil Auassar 0-1 / 27' Jesper Karlsson 1-1 (str.) / 31' Jesper Karlsson 2-1 / 58' Vangelis Pavlidis 3-1

 

AZはClasieが欠場でReijndersが代役、Sugawaraをrechtsbuiten起用。前節 ajaxに敗れたSpartaはOkoyeが負傷欠場でVan Leerがバーの下に立ち、Heylen en Emeghaをbankに置いてThy en Engelsのvoorinで再び4-4-2に。

 

序盤SugawaraからPavlidisとKarlssonにそれぞれチャンスも枠外とバー直撃。Spartaも10分過ぎにAbelsが強烈なミドルシュートはVindahlにセーブされたが、20分にAuassarがReijndersからボールを奪い、3対の2のカウンターからAuassarが決めて0-1. しかし数分後にBeugelsdijkのhandsをVAR Makkelieに咎められてpenaltyで1-1にされると、直後にもhoekschopからKarlssonが蹴り込んで2-1. その後は試合に入ったAZが問題無くコントロールし、あまりボールを持てないSpartaはVriendsが負傷しMijnansと交代のアクシデント。

 

後半もAZがあまり積極性を出さないもののコントロールし続けると、BeugelsdijkのヘディングミスからKarlsson→Pavlidisで3-1. さらにKarlssonがネットを揺らしたがbuitenspelで取り消され、終盤 Spartaが攻勢にゴールに迫ったが大きなチャンスは作れず、AZがコントロールをやや失いながらもTaabouni en Buurmeesterをデビューさせつつそのまま勝利。

 

AZは2連勝でsc Heerenveenを抜いて8位に。。Sparta 3連敗でFortunaとの差を広げられず。

 

Henk Fraser
「今日の我々は良いploegを苦しめることができなかった。嘘をつくつもりは無い。これは私がSpartaにいる4年間で最悪の試合だった。AZは良いploegだが、voetbalをする良い瞬間はいくつもあった。機会も間違い無くあったし、AZは我々にかなりスペースを与えていた。我々は正しい選択をせず、すぐにボールを失い続けた」
「私のploegにやる気が無いとは言えないが、我々は水準を下回るパフォーマンスをした。我々は自分自身を批判的に見なければならない。それはいつも同じ」

 

16:45 Feyenoord - Fortuna Sittard 5-0
8' Guus Til 1-0  / 26' Bryan Linssen 2-0 / 52' Bryan Linssen 3-0 /  63' Luis Sinisterra 4-0 / 89' Alireza Jahanbakhsh 5-0

 

FeyenoordはTraunerが負傷欠場でGeertruidaが代役。Pedersen en Toornstraがbasisに戻ってJahanbakhshが再びbankに。FortunaはAngha en Noslinに代えてTirpan en Ferati.

 

出だしにPedersenのミスでFlemmingが16m内に侵入し、追いついたPedersenが後ろから接触したがDieperinkがノーファール判定。主導権を取るFeyenoordは中央の良い連携でTilが抜け出して最初のチャンスで先制。その後もFeyenoordが非常に落ち着いてコントロールし、25分過ぎにKökcüのhoekschopからLinssenの頭で2-0. しかしその前の競り合いで痛んだKökcüが続けられずJahanbakhshと交代に。前半終盤はFeyenoordが雑なプレーでFortunaのプレッシャーをかわせなくなり、Tekieが良いミドルシュートを放ったがMarcianoがセーブ。

 

後半に入ると再びFeyenoordがテンポを上げ、Aursnesのhoekschopから再びLinssenが頭で決めて3-0. 60分過ぎにはTilのクロスからゴール前のLinssenがヘディング失敗もSinisterraへのアシストになって4-0. 残り時間もFeyenoordの攻撃が続き、90分直前にJahanbakhshが見事なslalomからゴール前でのシュートはPintoにブロックされたが、そのhoekschopからJahanbakhshが頭で決めてようやく今シーズン初ゴールで5-0として終了。

 

FeyenoordはTraunerの不在を全く感じさせない内容で完勝し2位をキープ。Fortunaはノーチャンスで6連敗。

 

Stand
1    Ajax    15    (11    3    1)    48-2    +46    36pt

2    Feyenoord    15    (11    2    2)    38-14    +24    35pt

3    PSV    15    (11    1    3)    38-22    +16    34pt

4    FC Utrecht    15    (8    2    5)    30-20    +10    26pt

5    Vitesse    15    (8    2    5)    20-22    -2    26pt

6    FC Twente    15    (7    4    4)    22-19    +3    25pt

7    SC Cambuur    15    (8    0    7)    27-35    -8    24pt

8    AZ    15    (7    2    6)    28-21    +7    23pt

9    SC Heerenveen    15    (6    3    6)    18-21    -3    21pt

10    Go Ahead Eagles    15    (6    2    7)    19-25    -6    20pt

11    NEC    15    (5    4    6)    20-24    -4    19pt

12    FC Groningen    15    (4    6    5)    17-21    -4    18pt

13    Willem II    15    (5    3    7)    16-28    -12    18pt

14    RKC Waalwijk    15    (3    6    6)    16-23    -7    15pt

15    Heracles Almelo    15    (4    2    9)    15-21    -6    14pt

16    Sparta Rotterdam    15    (2    4    9)    12-24    -12    10pt

17    Fortuna Sittard    15    (2    3    10)    16-39    -23    9pt

18    PEC Zwolle    15    (1    3    11)    8-27    -19    6


Topscorers

1.    Bryan Linssen    (Feyenoord)    10 (0)

2.    Sébastien Haller    (Ajax)    9 (0)

Guus Til        (Feyenoord)    9 (0)

4.    Jesper Karlsson    (AZ)    7 (2)

Cyril Ngonge    (FC Groningen)    7 (0)

Loïs Openda    (Vitesse)    7 (1)

Mats Seuntjens    (Fortuna Sittard)    7 (1)

Luis Sinisterra    (Feyenoord)    7 (0)


Assists

1.    Dušan Tadić    (Ajax)    10

2.    Cody Gakpo    (PSV)    7

3.    Steven Berghuis    (Ajax)    6

Joey Veerman    (sc Heerenveen)    6

5.    Issa Kallon    (SC Cambuur)    5

Jesper Karlsson    (AZ)    5

Orkun Kökçü    (Feyenoord)    5

Maximilian Wittek    (Vitesse)    5

Pakjesavondに余裕の勝利 (第15節: Fortuna-thuis)

FeyenoordはFortuna Sittard相手に記録に刻まれる勝利を収めた。Pakjesavondに無人のDe KuipでLimburgersをノーチャンスにし、5-0で撃破。Bryan Linssenが2ゴール2アシストでgrote manとなった。彼はこの2ゴールでEredivisieのtopscorersranglijstでkopにも立っている。さらにAlireza Jahanbakhshはrood-wit-zwartでのEredivisie初ゴールを決めた。

 

Zondag 5 december
Feyenoord - Fortuna Sittard 5-0
scoreverloop:
8' Guus Til 1-0 
26' Bryan Linssen 2-0 
52' Bryan Linssen 3-0 /
63' Luis Sinisterra 4-0 
89' Alireza Jahanbakhsh 5-0

 

Scheidsrechter: Rob Dieperink
Gele kaarten: Aursnes (Feyenoord), Pinto, Cox (Fortuna)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Marciano; Pedersen, Geertruida, Senesi, Malacia; Aursnes, Til (67' Nelson), Kökcü (30' Jahanbakhsh); Toornstra (81' Diemers), Linssen (67' Dessers), Sinisterra  (81' Bannis).
Fortuna Sittard: Van Osch; Tirpan, Pinto, Lonwijk, Cox; Duarte, Rienstra, Tekie; Ferati (61' Noslin), Flemming, Seuntjens (84' Hansson). 

 

Wissels: 
Feyenoord: Jansen, Troost, Hendriks, Benita, Diemers, Jahanbakhsh, Nelson, Dessers, Bannis.
Fortuna Sittard: Çeltik, Van Kouwen, Sambou, Samaris, Noslin, Musaba, Lake, Johansson, Hogervorst, Hendriks, Hansson, Baghdadi.


https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-fortuna-sittard-2021-2022

 

Arne Slot
「とても簡単な勝利と言って良いだろう。16mでのRienstraのチャンスにように、彼らもゴールを決められる小さなシーンがいくつかっった。だがまぁ、このtrainerは常に多少ナーバスということかもしれない。tvの前の悲母チオはそうしたフィーリングをほとんど持たなかったと思う。ナーバスだった?いや、それは正しい言葉では無いかもしれないが、我々は過去にもRKC相手に遙かに良かったが、当時はたるんでしまって2-2にされた」
「後半の出方には特に喜んでいる。我々はすぐに試合を殺し、簡単に勝つことができた。cornersをたくさん練習している?まぁ、それほど多くは無いよ。FC Twente戦後に我々は13 conersを得て1つも作れなかった。今日は3つ、それはprimaだ」
「最初のconerは非常に長く空中で高い奇妙なボール?それはゴール前の特定のポジションを占めることが問題だった。そこからどこに蹴るかはKökcü次第。Orkunがどこにボールを置きたかったのかは私には分からないが、実際はeerste paalに置くつもりだかったかもしれない」

 

Malaciaのフォームについて
「internationalになればより批判的に見られる。それは正当なこと。Heracles戦の92分目など、私は彼が本当に必要なシーンにも目を向けている。そこで彼は2-2になるのを防ぐ非常に重要なタックルをした。彼は守備面でとても良くやっているし、ボールを持った時に良い選択をすることも次第に増えている。ボールを足下に長く持ちすぎることが時々あるgふぁ、彼が役割をどのように埋めているかに私は非常に満足している。守備面で彼は我々にとって非常に重要であり、今日はボールを持った時にもまた良いものがいくつも見れた。Malaciaの1つ2つの良くないシーンが常に問題になるのが彼にとって非常に残念なこと。その周辺を見れば、彼がとても多く良い事をしているのも見えるはず。これはinternationalであることの結果。そうなると全てがパーフェクトでなければならない。彼はまだステップを踏めると思うし、私は今シーズンの彼の活躍に非常に満足している」

 

Jahanbakhshについて
「彼は落ち着きが無くなった?いや、そんなことは無い。Alirezaは得点のために生きている。彼はキャリアの中でとても多く決めてきた。彼がこのcompetitieでまだ得点を決めていないのを見れば、これが彼にとって解放になるだろう。彼はすでに何度も惜しかった。どんどん良くなっているし、彼はこの数年ほとんどプレーしていないのだからそれは論理的でもある」

 

Aursnesについて
「彼はボールを持っていない時に我々にとって非常に重要だが、ボールを持った時も徐々に決定的な存在になってきている。彼は最初のaanspeelpuntであり、信じれないほどの走力を持っている。最終段階でも徐々により良い事をするようにもなっているし、それは彼のプレーのとても素晴らしい成長」

https://www.fr12.nl/nieuws/ik-denk-dat-je-het-een-hele-eenvoudige-overwinning-mag-noemen
https://www.fr12.nl/nieuws/slot-over-malacia-dan-word-je-kritischer-bekeken

 

Bryan Linssen
「どちらのconersでもtweede paalにボールを出すように僕はとても密かに指示していたんだ。僕の直接の相手も僕と同じくらいかなり小さかった。conersが僕に落ちれば何か得られる気がしていた。1-0のconerじゃ実際trainingされていないものだったけど、僕がOrkunに指示していたから、上手く落ちた。僕らは昨年 eerste paalからたくさん得点していたから、そこに僕らの選手が多くいた。だから誰かがtweede paalにいないといけない。それが僕だった」
「今日でtopscoorder担った?ああ、良いね。僕は一度そこに立った事があったけれど、これだけ多くの試合をした後ではなった。これはprima. これは今日のケーキの氷菓だ」
「通常僕はtwee-spitsen-systeemでspitsとしてプレーしていたけれど、Feyenoordはéén-spitsen-systeemで。それをしたのはAdvocaatだ。その事以外でも。彼が僕にしてくれたことに対して、僕は彼に感謝もしている。彼は僕をかなり速く消すこともできたかもしれないけれど、僕のことを信頼し続けてくれた。それに感謝しているし、彼と一緒に仕事できて嬉しかった」
https://www.fr12.nl/nieuws/linssen-over-corners-gaf-het-heel-stiekem-door

 

Tyrell Malacia
「僕はtrainerとよく話をしている。彼は僕の映像をよく見せてくれる。僕は常に自分に批判的。trainerも僕にそうしてくれればtopだ。彼が何を指摘する?主にボールを持った時の僕の選択だけど、その部分でも僕はすでに多くのステップを踏んでいると彼は言ってもくれている。それは良くなっている。スペースがあって可能なら、僕は常に前へボールをプレーしている」
「15試合終えてのajaxとのこの勝ち点差を誰が考えていたか?僕らだ。本当かって?ああ、もちろんだよ。自分のチームを信じるべきだろ?Feyenoordでプレーしているのだし、僕らは常に到達できる一番高いところを目指している。僕らはvoorbereiding中に、自分たちが今シーズン素晴らしいものを成し遂げられると感じていた」
https://www.fr12.nl/nieuws/malacia-vaak-gesprekken-met-de-trainer

 

Alireza Jahanbakhsh
「僕はFeyenoordでの初日からチームにとって重要な存在であろうとしてきた。毎日extra'sをするように取り組んでいる。FeyenoordがAZとは違うclubというのも分かっている。ここではもっと多くのプレッシャーがある。人々はチームにとって重要であることを期待している。だから僕はこのclubに来たんだ。Feyenoordはtitelを勝ち取り、かなり高い位置で終われるポテンシャルを持っている。僕らはいまチームとして順調に進んでいるけれど、僕は個人としてもチームにとって重要な存在でありたい。でもここでは何一つフラストレーションは感じない。競争は僕らにとって重要。僕らは良い方向に進んでいるし。全員がプレーする準備ができている」
https://www.fr12.nl/nieuws/jahanbakhsh-feyenoord-heeft-de-potentie-om-de-titel-te-winnen

 

続きを読む

第2節&第4節未消化分: Nijhuisが自分とNagtegaalに怒る。Fortuna 5連敗

Speelronde 4

Woensdag 1 december
20:00 Feyenoord - Heracles Almelo 2-1
15' Sinan Bakis 0-1 / 45+7' Luis Sinisterra 1-1 / 70' Luis Sinisterra 2-1 

 

FeyenoordはPedersen en Toornstraを休ませてGeertruida en Jahanbakhshを起用。HeraclesはBakboord, Kiomourtzoglou en Bakisがbasis入り。

 

Feyenoordが雑な立ち上がりも、Jahanbakhshと衝突したQuagliataのボールロストをAursnesが利用し、パスを受けたSinisterraがシュートを決めて先制と思われたが、VAR NagtegaalがNijhuisをスクリーンの前に呼び出してJahanbakhshのファール判定に。すると直後にGeertruidaのミスパスからSenesiもクリアし損なうミスでBakisに決められて1-0が一瞬で0-1に。HeraclesはMalaciaとの接触でAzzouiが左膝に重傷を負って担架で退場し、Başacıkoğluと交代のアクシデント。Feyenoordは失点後は相手を押し込めるようになって圧倒し、Tilに良いチャンスがあったが、それ以外はHeraclesの守備を崩しきれず。前半終盤にMalaciaのミドルシュートも僅かに枠の右に外れ、8分間のblessuretijdにはLinssenの足下に幸運な形でボールが落ちてベストチャンスもBlaswichがセーブ。そのままHTかと思われたが、blessuretijd終盤に16m内に飛び込んだKökcüの冷静な横パスをSinisterraが決めて同点で折り返し。

 

後半に入るとHeraclesがよりボールを持ち始め、出だしにSierhuisのパスでBurgzorgが完全に抜け出すもMarcianoが飛び出して対応。FeyenoordもTilが良いシュートを放ったがBlaswichにセーブされ、早々にKökcü en Linssenに替えてToornstra en Dessersを投入するもその後も圧倒できず苦しい内容で時間が経過。しかし70分に右サイドのingooiからDessersが繋いだボールをTilのアシストで逆サイドフリーのSinisterraが落ち着いて決めて2-1. 残り時間はFeyenoordがやはり圧倒できないものの、怖さの無いHeraclesの攻撃を問題無く処理し続け、90分直前にinvaller Pedersenに大チャンスがあったがまたもBlaswichに止められてそのまま勝利。

 

Feyenoordはまたも格下相手に苦戦もPSVを抜いて2位に。

 

Frank Wormuth
「任務がもう実行されなくなった、私が目にした唯一の理由はAzzaouiの怪我だ。それについて考えていた選手たちが何人もいた。彼らはショックを受けていたと言えるだろう。彼らはもう試合に入っていなかった。HTに選手たちとハッキリ話し合った。我々はprofであり、パフォーマンスを出さなければいけない。泣き言を言うことはできfるが、まだ試合をプレーしなければならない。試合の後ならそれについて話すことはできる。多分我々はAzzaouiのためにプレーすべきだった。最初の20分から後半に入るまではploegが見えなかった。Azzaouiの怪我の程度?酷くないことを願っている」

 

Bas Nijhuis
「Walk of shame, 確かに・・・ そして私が見て思うのは『さあ、言ってみろ』だ。scheidsrechterを脇に連れてくるのはclear and obviousでなければならず、こういう類いのもののためではない」
「しかし私はこの介入にとても失望した。『clear and obviousの場合だけ介入する』と我々は約束している。私がVARだったら?介入していない。これはあるscheidsrechterは吹き、あるscheidsrechterは吹かないという状況だからだ」
「フィールド上で私はそれに付き合ったが、HTにkleedkamerに入り、ドアがまだそこにあるのは喜ぶべき事だろう。本当に腹が立っていた。『本当に』腹が立っていた。私は明らかなファールとは思わなかった。VARは私に見に行くことを望み、私はそのシーンをループで見たので、私は経験豊富なscheidsrechterderではあるが、迷いが出た。けっこく取り消すことに決めたが、実際に不当だった。それについては自分を責めているが、VARのことも責めている。今回はFeyenoordが勝ったので誰もそれについて話をしていないが、1-1のままだったら決定的なミスだった」

 

Speelronde 2
Donderdag 2 december
18:45 AZ - Fortuna Sittard 2-1
9' Zian Flemming 1-0 / 39' Vangelis Pavlidis 1-1 / 51' Jesper Karlsson 2-1 

 

AZは先週末のVitesse戦からBeukemaを再び外してGudmundssonをbasisに戻し4-3-3に。4連敗中のFortunaはRoel Janssenがschorsingに加えてBen Rienstra en Arianit Feratiを外してそれぞれLonwijk, Deroy Duarte en Richie Musabaが代役。

 

Fortunaが良い出足でプレッシャーをかけて優勢に試合に入ると。hoekschopから簡単にHatzidiakosのマークを外してどふりーのFlemmingがヘディング、リバウンドを自ら詰めて早々に先制。序盤h上に雑で全く前に出れなかったAZも徐々に試合に入って圧倒的にボールを持ち始め、25分過ぎにはKarlssonにベストチャンスがあったがシュートはVan Oschの正面に。その後もAZが数回良いシーンを逃したが、前半終盤にDe WitのクロスにPavlidisが頭であわせて同点とすると、後半出だしにはKarlssonのミドルシュートで2-1. Fortunaが反撃に出ようとするもAZが主導権を手放さず落ち着いてコントロールし、invaller Sugawaraの活躍などでさらにチャンスを作る展開。結局invaller Hanssonのミドルシュートが枠を外れた以外Fortunaは全くチャンスを作れず、AZが18歳 Barasiをデビューさせつつ問題無く勝利。

 

AZは4試合振りの勝利で20pt到達、ようやくlinkerrijtjeへFortunaは5連敗で16位 Spartaと1pt差のまま17位。

 

Stand

1    Ajax    14    (10    3    1)    43-2    +41    33pt

2    Feyenoord    14    (10    2    2)    33-14    +19    32pt

3    PSV    14    (10    1    3)    34-21    +13    31pt

4    FC Utrecht    14    (8    2    4)    29-16    +13    26pt

5    SC Cambuur    14    (8    0    6)    26-29    -3    24pt

6    Vitesse    14    (7    2    5)    14-21    -7    23pt

7    FC Twente    14    (6    4    4)    20-18    +2    22pt

8    AZ    14    (6    2    6)    25-20    +5    20pt

9    Go Ahead Eagles    14    (6    2    6)    18-23    -5    20pt

10    NEC    14    (5    4    5)    19-22    -3    19pt

11    SC Heerenveen    14    (5    3    6)    17-21    -4    18pt

12    Willem II    14    (5    3    6)    16-23    -7    18pt

13    FC Groningen    14    (4    5    5)    16-20    -4    17pt

14    Heracles Almelo    14    (4    2    8)    15-20    -5    14pt

15    RKC Waalwijk    14    (2    6    6)    14-22    -8    12pt

16    Sparta Rotterdam    14    (2    4    8)    11-21    -10    10pt

17    Fortuna Sittard    14    (2    3    9)    16-34    -18    9pt

18    PEC Zwolle    14    (1    2    11)    7-26    -19    5pt

Sinisterraの2ゴールでHeraclesを下し2位へ (第4節延期分: Heracles-thuis)

Feyenoordは水曜夜に自分たちの家でHeracles Almeloを2-1で撃破。Luis Sinisterraがdrie goalsでgrote manとなったが、その内認められたのは2つで、最初の得点は認められず、直後にSinan Bakisが先制点。しかしSinisterraはHT直前に同点とすると、後半Feyenoordに勝利をもたらした。

 

この勝利でploegは14節を終えてEredivisieの2位に上がり、koploper ajaxを1pt差で追っている。次の日曜日にはFortuna SittardがDe Kuipを訪問するが、再び空のままで試合を行わなければならない。

 

Speelronde 4
Woensdag 1 december
Feyenoord - Heracles Almelo 2-1
scoreverloop:
15' Sinan Bakis 0-1 
45+7' Luis Sinisterra 1-1 
70' Luis Sinisterra 2-1 

 

Scheidsrechter: Bas Nijhuis
Gele kaarten: Senesi (Feyenoord), Başacıkoğlu, Quagliata, Rente (Heracles)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Marciano; Geertruida, Trauner, Senesi, Malacia; Aursnes, Til, Kökcü (56' Toornstra); Jahanbakhsh (80' Nelson), Linssen (56' Dessers), Sinisterra (86' Pedersen).
Heracles Almelo: Blaswich; Bakboord (80' Fadiga); Rente, Knoester, Quagliata, Kiomourtzoglou, De La Torre, Azzoui (24' Başacıkoğlu, 60' Laursen); Bakis, Sierhuis (60' Schoofs), Burgzorg.

 

Wissels:
Feyenoord: Jansen, Troost, Pedersen, Hendriks, Diemers, Teixeira, Toornstra, Nelson, Bannis, Dessers.
Heracles Almelo: Sonnenberg, Sierra, Schoofs, Roosken, Laursen, Polley, Leš, Fadiga, Damen, Bucker, Başacıkoğlu, Amissi.


https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-heracles-almelo-2021-2022

 

Arne Slot
「私はイライラする事がある。extra tijdをいつも気にして、そこにたくさん不当なものを見てしまうのが私の欠点。今日もそれに驚いた。同点の状況で対戦相手は我々に対して時間を延ばすが、我々は大抵3分しか貰えない。日曜のように我々がリードしていると5分足される。しかし繰り返すが、これは私の欠点」
「1-0ではコンタクトの瞬間があるのが分かるが、Nijhuisがscheidsrechterなのも知っていること。こういうシーンではそれは良いことだ。問題の選手も普通にvoetbalを続けていた。VARは100%の間違いの場合のみ介入すべきだと思う。この場合は得点のままだと私は本当に思っていた。Basが見に行き、彼が戻ってきても得点を認めるだろうと私はまだ思っていた。人々は『あなたは勝ったのに、まだ愚痴るのか?』と言うかも知れないが、それが今日またタフな試合になった理由だ。もちろんそれは求めていない」
「HTに私は選手たちにイラついていた。我々は最初の15分間で愚かなボールロストをし、雑なプレーをしていたと思う。-1からより良いプレーをし始めた。良いvoetbalによって前半多くのチャンスを作ったが、試合の入りがとても悪かったので非常に多くのパワーを使う事になった」
「Luisがtopfitしてフレッシュなら、我々のために本当に違いを作る存在。そこには彼にとってまだ最も大きな利益を得られる部分がある。本当にtopspelerになりたいなら、3日毎に誓いを作れないといけない。そこが彼にとって最も大きな成長の余地がまだあるところ。彼はフレッシュなほど良い。これだけ多くの試合の中で、このプログラムを自分のものにできるかは彼次第。彼の攻撃的アクションのパワーの中にそれが見える。まだ時々不安定だが、彼は常に違いを作れる。だから私は大抵彼を最後まで残すんだ。titelを目指すという発言?Luisはとても内向的な男で、clubでその事についてはほんとど発言しない。実際彼の声を聞くことはほとんど無いんだ。彼がそういう発言をしたのは実際ちょっと驚き。個人的には彼にはあまり似合わないと思う」
https://www.fr12.nl/nieuws/slot-verklaart-dan-vinden-mensen-mij-een-zeikerd
https://www.fr12.nl/nieuws/dat-sinisterra-dan-zon-uitspraak-doet-verbaast-me-eigenlijk-wel
https://www.vi.nl/nieuws/slot-wil-meer-van-sinisterra-hij-kan-nog-veel-beter
https://feyenoord.supporters.nl/wedstrijden/verslag/801/twitter/47630#i47630

 

Jens Toornstra
「僕はこの数週間問題を抱えていたし、僕らはかなり過密日程だった。だからどこかのタイミングでちょと休みを取るのが賢明だと思ったし、trainerばこれが良いタイミングだと思った」
「腹筋に問題があったんだ。プレーする事はできたけれど、次第に痛みが増している。オーバーワークのような感じ。もちろん決して分からないけれど、僕はそう感じていた。休んでそれが消えることを願おう。僕が入ったプレーを好転させたかどうかは分からない。幸いにも最終的に勝てた」
「僕らはできるだけ多くpuntenを取って、winterstopにできるだけ高い位置にいたい。そのためにこの勝利は非常に重要」
「bankからのコーチングがみんなに何かしら指示を出そうとしてのこと。もちろん50.000人がいる時のようなモチベーションは決して出ない。extra'sをやろうとしても、なかなか難しい。今日も低調な試合だった。前半の僕らは上手くスタートできず、1-0にして何も問題無いと思ったけれど、僕はまだ見返していない。その後すぐ0-1にされ、それも苦しかった。その後は優勢になり、彼らのhelftで全てのtweede ballenを取っていた。後半もあまり良くなかったけれど、幸いにもまだゴールを決めた。最後の数分はとにかく勝利をモノにするのが仕事だった」
https://www.fr12.nl/nieuws/toornstra-erkent-het-was-een-matige-wedstrijd

 

Orkun Kökcü
「Twente戦でふくらはぎを軽く蹴られて2週間ちょっと痛みがあった。試合序盤もちょっと張りを感じていたから、trainerがリスクを冒さないことを決めたんだ。trainerは『全力を出し切って、もうそれ以上やれなくなったら我々は交代ができる』と言っていた。僕はまだやれたけれど、それでも彼は僕を替えたよw」
「このelftalには自信が宿っているのがよく分かる。今日の僕らはベストの試合はしていなかった。シャープに試合に入らず、すぐに失点もし、その後多くチャンスを作ったけれどそれを決められなかった。でも最終的に勝った事が重要。僕らは良いプレーをした時に勝っているし、今回のようにあまり良くない時もpuntenを取っている」
「グループとして僕らは長期的な目標には目を向けていない。1週間後と。でも勝ち続ければ、争い続けられる。とてもシンプルだ。そして5月に僕らがどこにいるかを見てみよう」
「hoekschopをAursnesに譲ったのは、僕のふくらはぎにも問題があったし、試合前にFredrikに『君が蹴りたければ蹴って良いよ』と言っていた。僕は全てのconersを何を犠牲にしても主張したい訳じゃない。僕が蹴るという約束だけど、蹴れるのは他にもいる」
https://www.fr12.nl/nieuws/kkc-het-is-niet-dat-ik-alle-corners-koste-wat-het-kost-op-wil-eisen
https://www.vi.nl/nieuws/kokcu-dan-zien-we-in-mei-wel-waar-we-op-dat-moment-staan

 

Luis Sinisterra
「僕らはチームで偉大な事を目指して取り組んでいる。個人的にはチームを助け続けたい。そうすればそれは自ずとやってくるだろう。kampioenschapの可能性?ああ、それが僕らが目指しているもの。僕らは夢を見続けるべき」
https://www.fr-fans.nl/nieuws/52420/sinisterra-daar-gaan-we-voor

 

続きを読む

第14節: わずか15得点の週末。SC Cambuur 4連勝!Go Ahead Eagles en NECもlinkerrijtje入り

Speelronde 14


Vrijdag 26 november
20:00 NEC - SC Cambuur 2-3
17' Jamie Jacobs 0-1 / 31' Édgar Barreto 1-1 / 36' Ali Akman 2-1 / 52' Roberts Uldrikis 2^2 / 66' Alex Bangura 2-3 

 

2pt差の8位対7位のpromovendi対決。NECは前節のAZ-uitからTavsanが戻るもOkitaが欠場でMattssonが代役。SC CambuurはSambissaが膝の怪我で年内終了となり、Nick Doodemanが代役。Maulunがschorsingから戻ってPaulissenがbankに。

 

開始数分でVan Rooijにいきなり大チャンスもBanguraが足に当ててブロック。その後もNECが非常に積極的なvoetbalで良い連携を見せ、10分にMattssonに再び大チャンスもシュートはStevens正面。劣勢のCambuurだったが、15分過ぎにDoodemanがクロスを頭で折り返すと中央フリーのJacobsが決めて突然先制。前半半ばはお互いローテンポなプレーが続き、NECはOdenthal en Van Rooijの大チャンスもStevensに阻まれたが、30分にhoekschopからBarettoが見事なヘディングを決めて同点に。Barettoは2007年3月以来のEredivisieでのゴール。しかし数分後にSchoutenがAkmanへのロングボールに足を伸ばし打て触れるも処理できず、こぼれたボールをAkmanが拾って楽々楽々2-1に。

 

後半出だしにMaulenのvrije trapが壁に当たって方向が変わり、Branderhorstがなんとか止めるもリバウンドをUldrikisが詰めて2-2. さらに再びvrije trapからBranderhorstが弾いたリバウンドを今度はBanguraが決めて2-3. 後半は安定感を増したCambuurがその後は大きな問題無く試合をコントロールし、blessuretijdのinvaller Verdonkの強烈なシュートもStevensがセーブしてそのまま勝利。

 

SC Cambuurはclub史上初の4連勝で24ptに伸ばして暫定4位。

 

Henk de Jong
「我々は15分で3-0ビハインドもあり得ただろう。HT2-1だったのは幸運だったし、HTに選手たちの尻を蹴ってやることができた。我々はもっと熱狂的にプレーしなければならない。そこで我々はキャラクターを好転させた」
「我々は勝った。そして勝たなければいけなくもあった。ajaxにこれ以上離されてはいけないからね。我々は追いついてきている。doelsaldoはまだこれから追いつかないといけないがねw」
「我々はとにかく冷静で居続けないといけない。1試合1試合。我々は4位におり、これはかつて無かったことだと思う。まだ10pt必要だし、polonaiseに入るのはそれから」

 

Zaterdag 27 november
18:45 Fortuna Sittard - FC Groningen 1-4
24' Mats Seuntjens 1-0 / 29' Cyril Ngonge 1-1 / 42' George Cox 1-2 (e.d.) / 51' Daleho Irandust 1-3 / 80' Jørgen Strand Larsen 1-4
Rood: 63' Roel Janssen

 

3連敗中のFortunaは入れ替え無し。前節 Go Ahead Eaglesに0-1勝利のFC GroningenはSuslovがschorsing, De Leeuwが病欠でTe Wierik en Ngongeがbasisに復帰。

 

お互いにミスが多い序盤の後、clubtopscorer Seuntjensの強烈なミドルシュートにLeeuwenburghが反応できず1-0. しかしGroningenもDammersの完璧なクロスにclubtopscorer Ngongeのヘディングで同点に。FortunaはSeuntjensにさらに大チャンスがあったがシュートはLeeuwenburgh正面に飛び、前半終盤にNgongeのクロスがCoxの足に当たってのeigen doelpuntで1-2で折り返し。

 

後半出だしにGroningenの攻勢からDuarteのミドルシュートをVan Oschが前にこぼしたリバウンドをIrandustが詰めて1-3. Roel JanssenのEl Hankouriへの足裏タックルにManschotがgele kaartを提示も、VAR Van der Eijkが介入してrode kaartに変更されFortunaが10人になって勝負あり。残り10分にはStrand Larsenが楽々追加点を決め、FortunaはまだFlemmingに2回の100%チャンスがあったがLeeuwenburghとポストに阻まれてそのまま終了。

 

Fortunaは4連敗で17位のまま。FC Groningenは2連勝でFortunaとの差を8ptに広げる。

 

Sjors Ultee
「trainerとして4連敗すれば自体が起きることは分かっている。私はチームが毎週言いプランと満杯のエネルギーで試合を始められるようにしなければならない。それは変わらない。ploegがもう充電できなくなっているのが見えたら心配するが、チームは私のために燃え続けてくれているとまだ感じている」

 

Ben Rienstra
「僕はtrainerを支持している。昨年はpolonaiseだったけれど、今シーズンはとても難しい。trainerにはどうしようも無い事が起き続けている。13試合で9ptなら批判亜あるのは当然だけれど、現実的で居続けないといけない。昨年とは全く比較できない状況。当時の僕らは本当に緩い砂で、今の僕は1つのチームになっている」
「僕らはここ4試合で15失点、その内12はミスからだ。それは無くさないと」

 

20:00 PEC Zwolle - RKC Waalwijk 0-0

 

6pt差の18位対15位という重要な一戦も、前半はほとんど何も起きず。HT直前にPECのカウンターからinvaller Adzicに大チャンスもVaessenとバーに阻まれて決められず。後半はOdgaardが良いチャンスでLamprouに阻まれた後の60分過ぎにロングボールで抜け出したSaymakをTubaが抜け出した16m内で倒してpenalty判定。しかしRedanが大きくバーの上に飛ばして失敗。残り30分間はお互いに何もどうにもできずに悲劇的なレベルでそのまま終了。

 

PECはDick Schreuder就任後初の1pt. 

 

Daishawn Redan
「僕の完全なミスキック。僕はこれまで多くstrafschoppenを蹴ってきたけれど、こういう事は一度も無かった。普通なら左隅に蹴っている。今回もそれをしようとし、少し高めに蹴ろうとした。これは誰でも起こり得ること。わざとやった訳じゃない。Saymak が不動のpenaltynemerだけれど、試合前にstrafschopを得たら僕が蹴っても構わないと彼は言ってくれていた。いつでも得点したいspitsとして、penaltyは無料のゴール」

 

Mustafa Saymak
「僕がeerste nemerだった。でも足に痙攣を感じていたんだ。あの時点でcaptainとして責任を負うべき。でも時間を戻せるなら、僕が蹴っていただろう」

 

21:00 Willem II - Go Ahead Eagles 0-1
47' Boyd Lucassen 0-1 

 

Willem IIはLlonchがbasisに戻り、Go Ahead EaglesはCordoba en Joris Kramerがschorsingなどら主力が多く欠場。

 

良いスタートを見せたWillem IIが次々にチャンスを作ったが、Köhnがバー直撃などで決められず。Go Aheadも反撃し、IdzesのヘディングはPECがラインぎりぎりでクリア。後半出だしにGo Aheadのカウンターから駆け上がったLucassenがゴール逆隅に決めて先制。Willem IIが再び攻勢をかけようとしたが、あまりチャンスは作れず、Köhnが再び最もゴールに近づいたらHahnの壁を破れずにそのまま終了。

 

Go Ahead Eaglesは20pts到達でWillem IIを抜いて9位と、SC Cambuur en NECに続いて暫定でlinkerrijtje入り。

 

Fred Grim
「我々は順調にスタートしたが、自分たちに報いなかった。それについては自分自身を責めなければならない。ゴール前でもっと冷酷に、もっと大胆でいないと」
「ボールを入れ、競り合いに行く。私はそれを見たかったし、それについて我々は話をしていた。それは私がploegを責める点。その実行が良くなかった」

 

Zondag 28 november
12:15 Sparta Rotterdam - ajax 0-1
36' 0-1 

 

Henk Fraser
「プランに大きな問題は無かったと思う。この試合は事前に計画できたものだし、予想通りの展開になった。我々はなるべく長いシアに留まりたかったし、再び労働意欲を示した。プレープランの90%は成功した。PSV en Feyenoordに続いてまたtopploegに1ゴール差で負けたのはフラストレーションが溜まるが、選手たちを責めることは何一つできない」
「違いを作るにはいくつか武器が必要であり、それが現時点の我々には十分では無い。1月にいくつか追加を活用できるのは明らか。しかし私が自分の選手たちを振り落とすことは無い。彼らは本当に最大限を出しているからだ。だが我々のcompetitieの他のploegenもachterinで優れているが、彼らにはvoorinで試合を決められる武器があるのが分かるだろう」
「我々はajax, Feyenoord en PSVに対して不運だったが、それらは我々がpuntenを得なければならない試合では無い。実際割れ得我は自分たちの周りのploegenからほとんど得られていない。だが選手たちは全力を尽くしており。雰囲気はよく、ploegとスタッフの間の絆もとても良い。それが希望を与えてくれる」

 

14:30 FC Utrecht - Heracles Almelo 1-0
90+3' Mats Knoester 1-0 (e.d.)

 

30分過ぎにRenteがBalkを倒してFC Utrechtがstrafschopを得るも、17回連続成功中の名手 Gustafsonがまさかの失敗。その後も大チャンスをいくつも作ったUtrechtに対してHeraclesが奇跡的に凌ぎ続け、後半もBlaswichの好セーブで0-0のまま迎えた終盤、Heraclesがようやく攻撃に出るも脅威は作れず。UtrechtはDalmauを投入すると、blessuretijdにそのDalmauのヘディングがKnoesterの頭に当たってのeigen doelpuntで劇的に決着。

 

FC UtrechtはxG値 3.0を記録して相応しい勝利。再びSC Cambuurを抜いて4位をキープし、1試合少ない3位 Feyenoordとの差を3ptに詰める。

 

14:30 FC Twente - Feyenoord 0-0

 

FC TwenteはOosterwoldeを外してSadílekが再びlinksback起用でVlapがbasisに復帰。Conference League明けのFeyenoordはLinssenがフィットして入れ替えなく、corona検疫中のBijlowに代わりは続けてMarciano.

 

序盤Feyenoordが落ち着いてボールを持てず、優勢のTwenteが良い連携からZerroukiに最初のチャンスがあったが、ミドルシュートはMarcianoがセーブ。その後も低調なFeyenoordに対してTwenteが穏やかにボールを回すも全くチャンスを作れず、次第にボールを持てるようになったFeyenoordもやはりローテンポでほとんど何も起きずに折り返し。

 

後半はFeyenoordがエネルギーを増して優勢に立ったが、依然ゴールに迫れず、Aursnesの強烈なミドルシュートはUnnerstallがセーブ。さらにBramaのミスでLinssenに突然大チャンスもシュートは枠外に。Twenteは残り30分でCernyを投入して盛り返そうとするも、FeyenoordもSinisterra en Linssenに替えてNelson en Dessersを投入すると、直後にFeyenoordのロングボールにTwenteのcentrale verdedigersが目測を誤り、Dessersが抜け出していきなり大チャンスもUnnerstallの壁。残り15分にもDessersがPröpperから奪ってに再び100%チャンスもまたもUnnerstallの壁を抜けず。blessuretijdにDessersが良い動きでPröpperをかわしてシュートも三度Unnerstallに阻まれて引き分け。

 

Feyenoordは低調ながら後半得た多くのチャンスをUnnerstallに阻まれて上位争いで痛い引き分けを喫し、水曜に未消化のHeracles戦。

 

Lars Unnerstall
「今日もDessersは危険だったね!こういうspitsenのビデオは常に見ないと行けない。彼はこのところ活躍している。もちろん彼が途中出場で頻繁に得点しているのは聞いている。だからそのゴールを見るし、今日はそれは起きなかった」
「後半を見れば確かに引き分けが最大限の成果。僕らにはもう1つもチャンスが無かったし、枠内シュート1つも無かった。1ptで満足しないといけない」

 

16:45 sc Heerenveen - PSV 1-1
13' Carlos Vinícius 0-1 / 74' Al Hajj 1-1 

 

出だしから攻勢のPSVがDoanの浮かせたボールをBrumaのヘディングからViniciusが決めて順当に先制。HeerenveenもKaibに前半唯一のチャンスがあったが、その後もPSVが圧倒して多くのチャンスを作る展開。しかしカウンターからBrumaがゴール前で無意味にボールタッチを繰り返して大チャンスを逃すなど、拙攻を繰り返して折り返すと、70分過ぎにDrommelがJoey Veermanのvrije trapを前にこぼしたリバウンドをinvaller Al Hajjが蹴り込んで引き分け。

 

PSVは2011年12月以来10年間勝利無しのAbe Lenstra stadionで今年も勝てず(9試合で5分け4敗)、再びajaxに2pt差を付けられ、1試合少ないFeyenoordとの差も1ptのまま。

 

Johnny Jansen
「前半は非常に低調だった。唯一のpluspuntは半分を終えてまだレースに残っていたこと。HT後に我々は回復し、幸いにもまだ1pt取ることができた。我々は戦わなければならなかったが、前半はそれが不十分で、そのためにかなり苦しんだ。後半は多少やり方を変え、それによってJoeyがより深いところでプレーできるようになり、全体として見栄えが良くなった」

 

Roger Schmidt
「もちろんとても失望している。我々は明らかに優勢で、大量のチャンスを作った。しかし適切なタイミングで得点し、最後の瞬間まで集中力を保たなければならない」
「どちらの方向に進んでもおかしくなかった。全てのチャンスを決めて6得点すべきだったか、それともnulに抑えるべきだったか。我々はどちらも成功しなかった・・・ Heerenveenは主にカウンターでプレーし、それが成功もした。残念だが、それもvoetbalには付きもの」
「我々の損失はここ10年ここで勝てなかったからでは無く、2ゴール目を決められなかったからだ」

 

20:00 Vitesse - AZ 0-0

 

Conference League明けのチーム同士の対戦。Vitesseは木曜に遅刻で欠場のDasaがbasisに戻り、Buitinkも再びスタートからで再び5-3-2に。AZはbasisdebuutのSam Beukemaをextra centrale verdedigerに起用し、Pavlidis en Karlssonのvoorinで驚きの5-3-2.

 

出だしにVitesseのhoekschopからDoekhiに良いチャンスもシュートはサイドネットに。お互いに組み立てに苦労しつつも、このsysteemに遙かに慣れているVitesseがスペースを上手く見つけて優勢に立ってコントロールし、20分過ぎにWittekがvrije trapで狙うもVindahlがセーブ。AZも徐々に試合に入って盛り返したが、お互いに雑なプレーで大きなチャンスには至らず。前半最後にPavlidisへのロングボールに飛び出したSchubertが目の前のPavlidisにキックを当てて奪われる悲劇的大ちょんぼであっさり0-1となったかに思われたが、Pavlidisの手にボールが当たっており認められず。

 

後半出だしはAZが攻勢をかけ、KarlssonのパスからWijndalにオープンチャンスがあったがhitできず大きく枠外に。Vitesseは残り30分で4枚替えでBazoeらを下げて Gboho, Frederiksen, Oroz en Vroeghを投入して流れを引き戻し、AZもDe Wit en Pavlidisを下げてGudmundsson en Aboukhlalを投入。VitesseはVroeghが危険なミドルシュートも僅かにバーの上に浮き、終盤はAZが優勢に立ったがチャンスを作れず、90分目にカウンターでinvaller Aboukhlalにチャンスになりかけたが飛び出したSchubertをかわして大きくコースを外れて決められず、blessuretijdにinvaller Gudmundssonのシュートもうまくhitせず両チームあわせて枠内シュート1と非常に低調な内容でそのまま引き分け。

 

Stand (voorlopig)

1    Ajax    14    (10    3    1)    43-2    +41    33pt

2    PSV    14    (10    1    3)    34-21    +13    31pt

3    Feyenoord    13    (9    2    2)    31-13    +18    29pt

4    FC Utrecht    14    (8    2    4)    29-16    +13    26pt

5    SC Cambuur    14    (8    0    6)    26-29    -3    24pt

6    Vitesse    14    (7    2    5)    14-21    -7    23pt

7    FC Twente    14    (6    4    4)    20-18    +2    22pt

8    Go Ahead Eagles    14    (6    2    6)    18-23    -5    20pt

9    NEC    14    (5    4    5)    19-22    -3    19pt

10    SC Heerenveen    14    (5    3    6)    17-21    -4    18pt

11    Willem II    14    (5    3    6)    16-23    -7    18pt

12    AZ    13    (5    2    6)    23-19    +4    17pt

13    FC Groningen    14    (4    5    5)    16-20    -4    17pt

14    Heracles Almelo    13    (4    2    7)    14-18    -4    14pt

15    RKC Waalwijk    14    (2    6    6)    14-22    -8    12pt

16    Sparta Rotterdam    14    (2    4    8)    11-21    -10    10pt

17    Fortuna Sittard    13    (2    3    8)    15-32    -17    9pt

18    PEC Zwolle    14    (1    2    11)    7-26    -19    5pt

 

Topscorers

1.    Sébastien Haller    (Ajax)    9 (0)

2.    Bryan Linssen    (Feyenoord)    8 (0)

Guus Til    (Feyenoord)    8 (0)

4.    Cyril Ngonge    (FC Groningen)    7 (0)

Mats Seuntjens    (Fortuna Sittard)    7 (1)

6.    Dani de Wit    (AZ)    6 (0)

Bart Ramselaar    (FC Utrecht)    6 (1)

Dušan Tadić    (Ajax)    6 (0)

 

Assists

1.    Dušan Tadić    (Ajax)    10

2.    Cody Gakpo    (PSV)    7

3.    Steven Berghuis    (Ajax)    6

Joey Veerman    (sc Heerenveen)    6

5.    Issa Kallon    (SC Cambuur)    5

6.    Carlos Vinícius    (PSV)    4

Jamie Jacobs    (SC Cambuur)    4

Jesper Karlsson    (AZ)    4

Jonathan Okita    (NEC)    4

Vangelis Pavlidis    (AZ)    4

Marcus Pedersen    (Feyenoord)    4

Enschedeで得点できず (第14節: Twente-uit)

FeyenoordはFC Twente相手にプレーイメージに見合った権利を得られず。日曜午後のEnschedeでArne Slotのチームは優勢であり、ほとんどチャンスを与えなかったが、今回ploegは得点に至らず0-0に終わった。

 

Ofir MarcianoはEredivisie-debuutを果たしたが、自身最初のcompetitieduelではほとんどやることが無かった。FeyenoordのIsraëlische doelmanはHT前はRamiz Zerroukiの低いシュートを止めるために1度体を伸ばす必要があるだけであり。彼の同業 Lars Unnerstallの方がやることは遙かに多くあった。

 

HT前のチャンスは数えられるほどだったが、休憩後はFeyenoordが前に出て、このDuitse Twente-goalieは Fredrik Aursnes, Bryan Linssen, そして後者の代わりに入ったCyriel Dessersらのシュートにアクションを起こさなければならなかった。

 

このinvallerは何度もUnnerstallに遭遇し、blessuretijdに再び試合を決めるところだったが、規定プレー時間終了後3分目にボールはこのdoelmanの足に命中。

 

この引き分けによりFeyenoordは13 Eredivisie-wedstrijdenで29 puntenを獲得。次の水曜には延期されていたHeracles Almeloとの試合が行われる。koploper ajaxとの差は4ptとなっている。

 

Zondag 28 november
FC Twente - Feyenoord 0-0

 

Scheidsrechter: Dennis Higler
Gele kaarten: Zerrouki (Twente), Kökcü (Feyenoord)

 

Opstellingen:
FC Twente: Unnerstall; Troupée (79' Pleguezuelo), Hilgers, Pröpper, Sadílek, Brama (86' Oosterwolde), Zerrouki, Vlap (79' Bosch); Limnios, Van Wolfswinkel (86' Ugalde), Rots (61' Cerny).
Feyenoord: Marciano; Pedersen (82' Geertruida), Trauner, Senesi, Malacia; Aursnes, Til, Kökcü (90+1' Jahanbakhsh); Toornstra, Linssen (67' Dessers), Sinisterra (67' Nelson).

 

Wissels: 
FC Twente: Đumić, Černý, Van der Gouw, De Lange, Ugalde, Staring, Smal, Pleguezuelo, Oosterwolde, Cleonise, Bosch.
Feyenoord: Jansen, Troost; Geertruida, Hendriks, Teixeira, Diemers, Jahanbakhsh, Dessers, Bannis, Nelson.

 

https://matchcenter.feyenoord.nl/fc-twente-feyenoord-2021-2022

 

Arne Slot
「我々が得たのが2pt少ないというのが正統な結論。ほぼパーフェクトなuitwedstrijdだった。枠内シュートを1つしか許さなかったからだ。それで4, 5の大チャンスを作ったなら良いことだが、残念ながら勝利には十分では無かった。全く何も与えず、一方でとても攻撃的なvoetbalをしてコンスタントに相手のhelftにいる。特に非常に強いselectieを持つTwente相手にそれは良いこと。だからチャンスからゴールを決められなかったのが残念」
「相手は非常に競争力のあるチームであるTwente. 彼らは本当にstrijdができ、それを彼らは選んでもいた。だから我々もそれに突き合わなければならなかった。後半はフィットネスやより良いvoetbalによって我々が完全に自分たちの手に掌握しているのが見れただろう。前半も我々は彼らの16m内にいたが、チャンスにまでは至らなかった。後半はそれが起きていた」
「その理由の一部はその瞬間を自分たちで逃したこと。だがあのkeeperのパフォーマンスのせいでもある。それでも我々の後半はとても良かったと思うだから我々の失望は大きい。ranglijstの位置を考えても」
「Kökcüはサイドまで歩いてきたし、それほど酷くないと期待している」
https://www.fr12.nl/nieuws/slot-positief-maar-een-schot-op-doel-weggegeven


Jens Toornstra
「僕らはいくつか良いチャンスがあったけれど、残念ながら決まってくれなかった」
「Twenteはかなり多くロングボールでプレーした。僕らのサイドにあるスペースを彼らは上手く使っていて、それで僕らも非常に大きな機会には至らなかった。後半はかなり良くなったけれど、今日はとても多くのエネルギーを注がないといけなかった」
「確かにベストチャンスはあったけれど、決まってくれなかった。HTにこれは1-0 wedstrijdだと言っていたんだ。規律あるプレーをし続けないといけなかった。それを僕らをして、後半はもう1つもチャンスを与え無かった。シュートが決まるには幸運である必要があるけれど、その幸運を僕らはすでに使い切ってしまっていたようだ」
https://www.fr12.nl/nieuws/toornstra-denk-dat-we-ons-geluk-al-verspild-hebben

 

Cyriel Dessers
「困ったもの。特に最後のはまだ決まると思ったけれど、ボールが上手く入らないといけない。僕は自分でチャンスを作り出したけれど、すでに数回上手く立ちはだかっていたUnnerstallがいた。彼は近くにいて、大きいから彼を抜くのは難しい。本当に彼は上手く掴んだ。僕は自分では間違ったことをしたとは思わないけれど、今日はkeeperが少しだけ優った」
「また良い途中出場で、何かを見せられたのは嬉しい。ゴールが決まらなかったのは残念だけれど、僕は危険な存在だったし、Twenteに問題を引き起こしていたと思う」

https://www.fr12.nl/nieuws/dessers-de-keeper-was-net-iets-beter-vandaag

 

Guus Til
「Sparta戦を思い出したよ。僕らは今回より多くチャンスがあり、より上手くやった。でも得点できなければ、彼らは守り続ける事ができるし、それが彼らが得意な部分」
「僕らは全くチャンスを与えなかった。もっと多くのチャンスを作らないといけないと言うことはできるけれど、彼らが10人ボールの後ろでプレーするとそれは難しいのも分かっただろう」
「僕にもploegにも失望感が支配していると思う。とにかく残念。僕らは失ったpuntenで首位だったけれど、これで2ptを失った。水曜にkoploperになれるのがみんなモチベーションになっていた。だからこそここでpuntenを落とすのは余計に酸っぱい」
「僕らはranglijstで今の場所では無く、自分たちが行きたい場所を見ないといけない。まだシーズンの比較的早い時期だし、僕らはブロック毎に見ている」
https://www.rijnmond.nl/nieuws/1435765/Til-na-0-0-gelijkspel-Feyenoord-tegen-FC-Twente-Deed-me-denken-aan-Sparta

 

続きを読む

Dennis te Kloeseが新algemeen directeurに就任

Dennis te KloeseがFeyenoordの新directeurになる。47歳の生まれながらのBussumerは間もなくDe Kuipで契約にサインする。Te Kloeseは1月中旬員仕事を始め、12月1日で仕事を終えるMark Koevermansの後任となる。その間の数週間はfinancieel directeur Pieter Smorenburgが仕事を引き継ぐ。

 

Te Kloeseは特に Mexicaanse en Amerikaanse voetbalでgrote naamとして知られており、そこで多くの上級職を歴任。例えば彼はMexicaanse voetbalbondのdirecteurなどを務め、この3年間は LA Galaxyのgeneral managerを務めていた。

 

「Feyenoordにneeと言うのは私には不可能だった」とTe Kloeseは言う。「新 algemeen directeurとしてRotterdamですぐに仕事を始めることができるのは誇りであり光栄に思う。これはfantastischな機会であり、同時に私と私の家族にとってユニークな挑戦と冒険として見ている」

 

「Feyenoordは輝かしい歴史、fantastischで忠誠心ある支持者、そして美しい将来へのチャンスに満ちた素晴らしclub. もちろん奥の課題があるのは知っている。長年の経験を活かして、信念と熱意を持ってそれに取り組んでゆく」

 

「新しい同僚、Feyenoordの全てのpartners, そしてFeyenoordの近くにいる全ての人々に出会い、なrべく早く一緒に仕事を始め、新しいチャンスを生み出していくのを楽しみにしている」

 

「Feyenoordという名の冒険のためにDennisをNederlandに連れてくることができたのを我々は格別に喜んで良いだろう」とFeyenoordのRaad van Commissarissenのvoorzitter Toon van Bodegomは言う。「私はDennisを何年も追いかけて知っており、その知識、経験、大きな国際的ネットワークでclubの前進を大きく助けることができると確信している。もちろん我々も彼をあらゆる方法で助けてゆく」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/te-kloese-nieuwe-directeur-feyenoord---271121