Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

第17節: 初雪の中でのスペクタクル後にSchmidtがNijhuisに絶縁宣言。Topperが続く中でVitesseが2位に

Speelronde 17


Zaterdag 16 januari
16:30 FC Emmen - Vitesse 1-4
2' Thomas Buitink 0-1 / 9' Oussama Tannane 0-2 / 49' Broja 0-3 / 58' Michael de Leeuw 1-3 / 90+3' Patrick Vroegh 1-4

 

Hekkensluiter FC Emmenは新加入 Donis Avdijajがbasisでdebuut. AraújoはフィットせずBijlも怪我でBakker en Van Rhijnが代役。VitesseはTronstadがまだ戻れずBrunsが変わりを継続。voorinはDarfalou en Opendaをbankに置いてBuitinkを起用。

 

開始30秒で早速Brojaに決定機。これは僅かに枠を外れたが、2分もせずにVan Rhijnが頭で戻そうとしたボールをBuitinkが奪って早々に先制。数分後にもDasaのパスが簡単にゴール前フリーのTannaneに届いて0-2. 直後にEmmenにもDe Leeuwが裏を取って大チャンスがあったが決められず、20分にもKolarが飛び出して100%チャンスもPasveerにセーブされ、このシーンでKolarが負傷して交代に。Vitesseが終始優勢に進める中、40分手前にもAvdijajがゴール前フリーで至近距離からヘディングの大チャンスがあったか僅かに届かず空振りし、HT直前にもBazoerのミスからカウンターから5対3のカウンターもPeñaのシュートがバー直撃。

 

後半開始直後もTannaneからフリーのBrojaが楽々決めて0-3. Emmenはvrije trapからPasveerの中途半端なパンチングのミスをようやく罰して1-3としたが、残り時間もVitesseが交代策で若手を使いながら快適なリードを保って余裕の勝利。

 

Thomas Letsch
「酷い試合。我々は2回良いスタートを切ったと思うが、その後は傲慢だった。結果には満足しているし、最初の10分間には大満足だが、15分目から45分目まではとても怒っている。酷かったからだ。高慢だった、これは我々がやりたいプレーでは無い。後半はまたokéになり、最終的には4-1で勝ったから満足」

 

Remko Pasveer
「すぐに2-0にしたら、その後もプレッシャーをかけ続けて同じプレーを続けないといけない。僕らはそれをしなかった。ボールを持ったまま走り出し、難しい解決策を探した。それは良くない。2-0にすると僕らは簡単に考え始めてしまう。topに留まり、相手にチャンスを与えたくないならそれは許されない。勝つのは素晴らしいけれど、もっとずっと良くないと」

 

18:45 Sparta Rotterdam - PSV 3-5
4' Bryan Smeets 1-0 / 24' Mauro Júnior 1-1 / 47' Donyell Malen 1-2 / 49' Noni Madueke 1-3 / 72' Philipp Max 1-4 / 75' Danzell Gravenberch 2-4 / 88' Reda Kharchouch 3-4 (str.) / 90+4% Donyell Malen 3-5


SpartaはHarrouiが負傷欠場、完全にはフィットしていないAbels , Pinto en Engelsを外してSmeets, Meijers , Fortes en Burgerが代役。
平日AZに完敗したPSVはDumfries, Malen en Zahaviを休ませ、Thomasも外してBaumgartl, Mauro Júnior, Gakpo en Maduekeを起用。

 

今シーズン初の雪の中での試合だが、両チームがoranje balを「やや小さい」との理由で嫌ったためtv画面でwitte balがほとんど見えず。は開始数分でRosarioのミスからSmeetsが強烈なミドルシュートを決めて先制。良いスタートを切ったSpartaだが。徐々にPSVが試合に入ると20分過ぎにMaduekeのクロスからtweede paalでフリーになったMauroの頭で1-1. さらに雪のkunstgrasで2度滑ったSmeetsがEngelsと負傷交代。PSVもHT数分前にGakpoが負傷してMalenと交代に。

 

HTに計測で同じ大きさと確認されたoranje balが投入されると、後半開始早々にRosarioの見事なアシストをMalenが決めて1-2. 数分後にもTeze→Maduekeで1-3とPSVが後半良いスタートで一気にリードを広げ、その後例のごとくPSVがやや落ちてSpartaが試合に戻れそうな時間帯になったものの、Maxの右足でのミドルシュートで1-4. Maxは今シーズン 5G5Aを達成。Spartaは直後にinvaller GravenberchのシュートがDumfriesの足を経てネットを揺らして再び2点差をとし、終盤攻勢に立ったが、Auassarのミドルシュートはバーの上に外れ、Gravenberchは完全に抜け出しながらMvogoとの1対1で枠外に雑なフィニッシュ。残り5分でEngelsがTezeに倒されてのpenaltyをKharchouchが初ゴールで3-4としたが、blessuretijdにSangaréのパスからMalenが決めて決着。

 

PSVはRosario en Sangaréが3アシストの活躍。

 

Henk Fraser
「複雑な気持ちなのは多くの人が理解してくれると思う。一方で結果には失望しているが、もう一方で私のploegを誇りに思っている。明日からは後者が支配するだろう。これで最初からベストの相手と対戦することも無いしね。我々は3得点し、さらに3つの良いチャンスがあった。違いは彼らはチャンスを決めたということ。彼らはfantastischな個人のクオリティを持っており、それに即座に対応しなければならないが、それを90分間全力で維持するのは困難。45分間でも難しいが、我々は長時間上手くやった。今は失望感があるが、明日には自分の男たちをスーパーに誇りに思えるだろう。我々は限度を越えること無く非常に男らしい試合をした。我々は辺土を押し上げて見せた。これは恥では無い」
「このploegはいつでもビハインドを追いかけられる。どんな抵抗のもとでも、私の男たちは背中を真っ直ぐに立て直せる。選手たちはお互い接近しており、invallersはエネルギーをもたらし、試合を好転させることができる。これはrechterrijtjeの他のploegenとの違いだろう」

 

Roger Schmidt
「Gakpoは明日病院で検査が必要だが、良くは見えない。あれはファールだったし、私はちょっとscheidsrechter (Nijhuis)に怒っている。こういう環境ではscheidsrechterが選手たちを守ることが重要。彼は4つ5つのファールで笛を吹かなかった。もちろんこの環境では選手たちはお互いを配慮しなければならないが、数回非常に酷いファールがあった。それに吹かずに全てを許せば選手たちは競り合いに行ってコントロールできなくなる。」
「scheidsrechterは試合後に、私が10月の(終了直前にNijhuisがPSVにpenaltyを与えたがVARの助言で撤回した)Vitesse戦後に私が彼を批判したから我々に不利な笛を吹いたと言った。onprofessioneelだと思う。100% onprofessioneel. これが私の意見だ。私がこの気持ちになったのはこれが2回目。それに喜んではいない。私がVitesse戦後に彼を批判したから彼は故意にこれをやった。全くokéでは無い。scheidsrechterは選手を守るためにいるのであり、彼はフェアであるべき。私は人生でもう二度と彼と話す必要は無い。2試合で十分分かった。彼はこういう試合で選手たちを守るべき」

 

Bas Nijhuis
「彼に不利な笛を吹いた?え~と、trainersがどういうふうにストーリィを作るか君には分かるだろ?本当に笑ってしまうよ、もちろん全くのナンセンス。君の作り話では無いの?彼は本当にそんなことを言ったのか?ああ、もちろんそんなことは絶対に無い」
「私はこの環境でいくつものシーンで普段よりは多少すぐに笛を吹いたが、全体的には自分のラインにとどまった。こういうフィールドでも普通にvoetbalをすることはできるはず。ああ、スムーズだったよ。でも雪がシューズの中に入るからね。voetballerとして絶えず雪を落とさないといけないし、それが何度も起きるのを見た。こういうフィールドでもvoetbalは出来る。本当に選手たちの健康が危険に晒されるまえにフィールドを拒絶しないといけないが、今回はそうでは無かった」
「彼はもう私と話をしない?彼がそれを望むなら・・・私は多くの議論をせずに済むね。試合後の感情かもしれないけれど、私にはどうしようもない」

 

Denzel Dumfries
「雪が積もったkunstgrasが理想的では無いのは間違い事。それはSmeetsの怪我を見ても分かる。もしかしたらやるべきでは無かったかもしれないし、試合開催の決定は疑問だったけれど、scheidsrechterによって決められること。被害が酷くなくて幸いだった」

 

20:00 PEC Zwolle - Fortuna Sittard 0-2
57' Zian Flemming 0-1 / 89' Mats Seuntjens 0-2


PECはLamを外してHuiberts en Striderがbasisに復帰。Fortunaは新加入 Mickaël Tirpanがbasis入りでRota en Seuntjensがbankに。

 

1pt差の12位対13位。平日Ultee就任後初の敗戦を喫したFortunaだが、勢い衰えず前半から何度も大チャンス。Zettererの数回のセーブとHannsonがバー直撃で奇跡的に得点できなかったが、後半カウンターからFlemmingが見事なミドルシュートで先制。その後PECの交代策も効果が無く、85分にVan Duinenにようやく大チャンスもVan Oschがセーブすると、終了直前にachterlijn際から良いアクションでPaalをかわしたSeuntjensがそのまま自分で決めて決着。

 

Fortunaは依然止まらずHeracles en PECを抜いて11位に。

 

John Stegeman
「ノーチャンスの試合。時々自分たちがしていることにショックを受けていた。とても雑で、ボールを持った時に酷く、集中力が無かった。どうやら週に3試合だと完全に週流するのは我々には無理なようだ。最初から弱々しかった。HTに切り替えようとした。最初交代させるつもりだったが、選手たちに立て直すチャンスを与えようとした。とにかく腹が立った。前半の我々はお互いを見殺しにしていたと思う。負けることはあるし、上手くプレーできないこともあるが、この方法ではあり得ない。全くどうしようも無い」

 

Bram van Polen
「今日は誰も自分たちのレベルに達していなかった。僕らの今シーズン最悪の試合。Fortunaは良いploegだと思うけれど、僕らはあらゆる面で失敗した」

Pelle Clement


「僕らが信じられないほど雑だったせいで、ほとんど僕までボールが来なかった。本当にvoorinで孤島にいた。たとえMessiをそこに置いても、彼でも得点しなかっただろう」

 

20:00 FC Utrecht - Heracles Almelo 2-0
31' Sander van de Streek 1-0 / 72' Adrián Dalmau 2-0

 

18ptで並ぶ10位対11位。30分過ぎにVan de StreekのヘディングをBlaswichが両手の間をすり抜けさせる大ちょんぼで1-0.
が30分過ぎに全く迫力の無いHeraclesは交代策も効果が無く、70分過ぎにもBlaswichがMaherのvrije trapを前にこぼしたところをDalmauに詰められて勝負あり。

 

FC Utrechtは10月24日以来のthuis勝利で暫定8位に。Heraclesが90分わずか3回のシュートでxG 0.08!という衝撃の数字で完敗。

 

René Hake
「今日は全てが上手く嵌まったし、我々はそれを待っていた。プレッシャーがかかっているのは分かっていたし、勝たないといけなかった。それができれば嬉しいだけ。我々は決してこういうように物事が進んでくれない状況にまで来ていたからね。本当にそれを終わらせたかった。最終的にとても喜んでいるし、さらに先に進まないといけない。まだまだ勝つべき試合が多くあるからね」

 

Frank Wormuth
「全ての面で相手の方が優っていた。Utrechtは本当に勝ちたいと望んでいたように感じた。全てのアクションでそれが見えたし、我々はまずまず良く、コンビネーションを試みていたが、結局チャンスが1つも無かったし、それでは勝つこともできない」
「この数週間Janis (Blaswich)はとても良いプレーをし、彼のパフォーマンスはパーフェクトだった。これは起こり得るものであり、我々は受け入れなければならない。残念だが、起こり得る」

 

21:00 AZ - ADO Den Haag 2-1
58' Michiel Kramer 0-1 / 72' Zakaria Aboukhlal 1-1 / 89' Zakaria Aboukhlal 2-1

 

平日にPSVに快勝したAZは入れ替え無し。平日VVVに5失点のADOはJanmaat en Pinasを外してDel Fabro, Kemperのcentraal-duo. linksbackにCastilloを起用し、Bourardもbasis入りでKishnaがbankに。

 

開始5分でhoekschopからKoopmeinersの頭であわや先制もKoopmansが好セーブ。10分にもKramerの頭でのリスキーなバックパスにGudmundssonが飛び出して大チャンスもバーの上に。その後もGudmundssonが大チャンスを逃し、WijndalからBoaduがバー直撃バーの上に外しとAZが大優勢な展開もなかなか得点できず。ADOは数回 Besuijenが裏を狙い、Vejinovicのvrije trapから多少惜しいシーンもあったがゴールが遠くそのまま幸運な無失点で折り返し。

 

後半はひたすら守りを固めるADOに対してAZがテンポを上げられず、60分手前にMartins IndiのクリアミスからKramerが決めて先制。16m内のボールコンタクト 32回で無得点のままのAZだったが、70分過ぎにMidtsjöのパスに滑り込んだinvaller Aboukhlalが33回目のボールコンタクトで決めて1-1. 終盤もAZが攻め続け、Boaduがポスト直撃したが90分直前にこぼれ球が幸運な形で足下に落ちたAboukhlalが蹴り込んでこの日自身2点目で決着。

 

AZは7試合負け無しで日曜のde Klassiekerを前に上位にプレッシャーをかける。ADOは日曜に試合のあるWillem IIとの1pt差を広げられず16位のまま。

 

Pascal Jansen
「Aboukhlalのインタビューを見たところだけど、彼はなかなか出場機会が得られない事に怒ってるね。けれど彼は今の状況を分かっているし、自分が何に貢献しなければならないか、何に貢献できるかを分かっている。Zakaは自分の仕事と自分の役割を分かっているし、それについて我々は心配する必要は無い。彼はすでにbasisで何度か機会を得ているし、今日以前もその価値を見せている。だから必要な時に彼がしっかりいることは私は知っている」

 

Zondag 17 januari
12:15 RKC Waalwijk - Willem II 1-1
45+2' Anas Tahiri 1-0 (str.) / 60' Kwasi Wriedt 1-1


RKCは依然Anitaが医学的理由で欠場、Ngongeも負傷中でAyman Azhil en Ola Johnが出場。 Willem IIはJordens Petersを再びbankに。

 

4pt差の17位対15位。お互いに積極的に主導権を取ってvoetbalをしようとする楽しい試合。優勢に進めるRKCが30分にJohnが負傷しEfmorfidisと交代のアクシデントも展開は変わらず、前半終了直前にMeulensteenがゴール前でLlonchに倒されてのpenaltyをTahiriが決めて先制。

 

前半30%しかボールを持てなかったWillem IIはHTにSaglam, Nunnelyに代えてKöhlert, Trésorを投入。主導権を取り戻してPavlidisのヘディングなどチャンスを創ると、残り30分でKöhlertのクロスをWriedtが頭で決めて同点に。さらにTrésorが切り込んでのシュートで大チャンスもLamprouが触って枠外に。終盤もWillem IIの攻勢から、85分に再びTrésorに大チャンスもシュートはLamprouがセーブでそのまま引き分け。

 

Willem IIはdoelsaldoでADOを抜いて16位に。

 

Adrie Koster
「この2試合を見れば1ptに満足しているが、ranglijstを上るには試合に勝たなければならない。苦しい時期だが、全員でこれを乗り越え、全員でここから脱しなければならない。私も含めてね。いや、負けたらタオルを投げるというのは考えていなかった。金曜にはPEC-thuisがあるし、そこで今日の後半を続けなければいけない。後半の4-4-2へ切り替える?システムについてはよく考えるつもり。我々はこれをしばらく前からやっている。それをWriedt en Pavlidisでやれる」

 

Freek Heerkens
「前半は酷かった。幸いにもHTに修正し、4-4-2にしてグリップが増した。多分これは近い将来のための者。それについて話し合う必要がある」
「特にこれまでの2試合で僕らがblessuretijdに耐えたのは良いこと。何も無いよりは1ptの方が良いけど、ほとんど前進していない。これがdegradatievoetbal. これが今の現実だ」

 

14:30 VVV-Venlo - sc Heerenveen 1-1
78' Joshua John 1-0 / 89' Benjamin Nygre 1-1

 

VVVはVito van CrooijがschorsingでYahcuroo Roemerがbasisdebuut. sc HeerenveenはSiem de Jongがbasisに戻り、Halilovicもbasisに残ってKongoloがbankに。

 

VVVがJoshua Johnで数回危険なシーンを作った前半最後にHenk VeermanでHeerenveenに大チャンスも決められず。後半はHeerenveenがプレッシャーを強めて攻勢にたったがVVVがそれほど苦労せずに守り、逆にFloranusがあわやeigen doelpuntでバーに救われる。Heerenveenが優勢に時間が経過したものの、終盤 Joshua Johnが左から中に切れ込んでの見事なフィニッシュで先制。そのままVVVが勝利かと思われたが、90分直前にinvaller Nygrenがこちらも良いシュートを決めて引き分け。

 

VVVは17位 ADOとの差を6ptに広げる。sc Heerenveenは8位に留まるも10試合勝利無し。

 

Henk Veerman
「少なくとも1ptを得たし、今回はこの数週間とは全く違うHeerenveenが見れたと思う。前へのプレッシャーがずっと良くなり、相手を怖れて待ち構えるのではなく、チームとして全員で勝利を目指した。確かにそれほどチャンスは作れなかったけれど、僕らは優勢だった。それはこの週間半で初めてのこと」


14:30 FC Groningen - FC Twente 2-2
12' Dario Dumic 0-1 / 22' Thijs van Leeuwen 0-2 / 47' Ahmed El Messaoudi 1-2 / 66' Jørgen Strand Larsen 2-2

 

FC GroningenはDaniël van Kaam en Joosten代えてDa Cruz en El Hankouriを起用。FC tweedeはCerny en Oosterwoldeが負傷離脱でThijs van Leeuwen en Gijs Smalが代役。さらにPleguezueloに代えてDumicを起用。

 

3pt差の6位対7位。出だしGroningenが優勢にたって良いチャンスを創るも、10分過ぎにPadtがクリアしようとしたボールがすぐ目の前にいたDaniloに当たってあわや0-1. Padtsが慌てて戻って何とか掻き出したが、そのhoekschopからDumicが決めて先制。さらに雑になったGroningenのmiddenveldでのシンプルなパスミスからのカウンターをフリーのVan Leeuwenが蹴り込んで0-2.

 

GroningenはHTにMatusiwa, Da Cruz en Suslovに代えてSchreck, Lundqvist en Daniel van Kaamを投入。すると左サイド Lundqvistの右アウトサイドでのパスをEl Messaoudiが決めて早々に1-2. 数分後にもロングスローからLundqvistのシュートが相手に当たって枠を外れるなどチャンスを創り、Groningenが完全に勢いを取り戻して優勢に。残り30分を切ってGudmundssonのクロスにStrand Larsenがあわせて同点とし、残り時間で勝ち越しも狙ったが、終盤はTwenteも立て直しで五分五分の戦いになって妥当な引き分け。


16:45 ajax - Feyenoord 1-0
22' 1-0

 

非常にコンパクトに構えるFeyenoordが危なげなく守っていたが、20分過ぎにSenesiが1対1でかわされて与えた最初の大チャンスで失点。ロングボールをキープできないFeyenoordは30分過ぎにようやく最初のhoekschopを得て数分後にBerghuisのパスでHapsが裏を取って最初の大チャンスもkeeperとの1対1を決められず。しかしこれでFeyenoordが試合に入ってボールをキープして前に出れるようになり、五分五分以上の展開に。HT直前にも相手ゴール前に飛び出したToornstraが狙ったがサイドネット。

 

後半に入ってもFeyenoordはボールを持って前に出ようとしたが、雑なパスで自分たちを苦しめる展開に。60分手前にJørgensen en ToornstraのコンビネーションからBerghuisが狙ってようやく大チャンスも枠の右に。数分後にJørgensenがネットを揺らすもToornstraがbuitenspel. 残り15分にもFeyenoordの良い攻撃かMalaciaのパスをBerghuisが狙って再び大チャンスもまたも枠の左に。Feyenoordは残り5分でPrattoをvoorinに加え、5分のblessuretijdの5分目にFerに大チャンスもシュートをセーブされ、7分目のラストプレーでSenesiのクロスからSinisterraのヘディングがバーを叩いて敗戦。

 

Feyenoordはチャンスの質も数も相手に優ったが1ptも得られず、kopositieと6pt差に後退。

 

Stand
1 Ajax 17 (13 2 2) 58-13 +45 41pt
2 Vitesse 17 (12 2 3) 31-13 +18 38pt
3 PSV 17 (11 4 2) 41-19 +22 37pt
4 Feyenoord 17 (10 5 2) 32-13 +19 35pt
5 AZ 17 (9 7 1) 41-25 +16 34pt
6 FC Groningen 17 (9 4 4) 25-21 +4 31pt
7 FC Twente 17 (8 4 5) 33-24 +9 28pt
8 SC Heerenveen 17 (5 7 5) 25-26 -1 22pt
9 Sparta Rotterdam 17 (6 3 8) 28-30 -2 21pt
10 FC Utrecht 17 (4 9 4) 22-24 -2 21pt
11 Fortuna Sittard 17 (5 4 8) 25-34 -9 19pt
12 Heracles Almelo 17 (5 3 9) 19-28 -9 18pt
13 PEC Zwolle 17 (3 8 6) 17-26 -9 17pt
14 VVV-Venlo 17 (4 4 9) 27-45 -18 16pt
15 RKC Waalwijk 17 (3 5 9) 15-29 -14 14pt
16 Willem II 17 (2 4 11) 20-36 -16 10pt
17 ADO Den Haag 17 (2 4 11) 16-41 -25 10pt
18 FC Emmen 17 (0 5 12) 17-45 -28 5pt


Topscorers
1. Giorgos Giakoumakis (VVV-Venlo) 16 (6)
2. Danilo (FC Twente) 11 (3)
Teun Koopmeiners (AZ) 11 (5)
Henk Veerman (sc Heerenveen) 11 (0)
5. Steven Berghuis (Feyenoord) 10 (6)
6. Donyell Malen (PSV) 9 (0)
Dušan Tadić (Ajax) 9 (4)
Lennart Thy (Sparta Rotterdam) 9 (3)
9. Rai Vloet (Heracles Almelo) 8 (2)
10. Antony (Ajax) 7 (0)
Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 7 (1)
Jørgen Strand Larsen (FC Groningen) 7 (0)
Lassina Traoré (Ajax) 7 (0)


Assists
1. Antony (Ajax) 8
2. Vaclav Černý (FC Twente) 7
Joey Veerman (sc Heerenveen) 7
4. Steven Berghuis (Feyenoord) 6
Jesper Karlsson (AZ) 6
Mike Trésor (Willem II) 6
7. Danilo (FC Twente) 5
Zakaria Labyad (Ajax) 5
Donyell Malen (PSV) 5
Philipp Max (PSV) 5
Jørgen Strand Larsen (FC Groningen) 5
Oussama Tannane (Vitesse) 5

Klassiekerの中で立ち直るも何も得られず (第17節: 020-uit)

Feyenoordは2021年最初のKlassiekerで結果を収められず。Dick AdvocaatのploegはJohan Cruijff Arenaで約1時間優勢だったが、前半のajaxの得点を取り返すことはできず1-0に終わった。

 

ajaxとの対決に向けて数字はFeyenoordの有利さを示す者では全く無かった。clubがAmsterdamでのcompetitiewedstrijdで最後に勝利したのは2005年。おそらくその歴史は最初の30分間の間 Feyenoordersの頭の中にあっただろう。不安げで待ち構えるスタートで、チームはthuisploegにプレーを手渡していた。

 

立ち直り
ajaxはボールを回し、堅固なFeyenoord-defensieに穴を見つける。Ryan Gravenberchがstrafschopgebied外側で自らをフリーに市、左隅への強打でdoelman Nick Marsmanを出し抜いて1-0. thuisploegはそのまま押し続け、2点目を狙うように思われたが、しかしFeyenoordはすぐに立ち直り、ploegはajaxを押し返す。

 

それがHT前にもたらしたチャンスはJens Toornstra (zijnet) en Ridgeciano Haps (André Onanaの体に)だけだったが、休憩後 Feyenoordは遙かに力強くなって登場し、ほとんどチャンスを与えず、aanvallersは何度もOnanaの前に現れた。良いプレーは同点ゴールで報われるとも思われた。

 

取り消された同点ゴール
しかしNicolai Jørgensenの同点ゴールはscorebordに表示されず。basisでスタートして力強いプレーだったこのeense spitsはToornstraが戻したボールからシュートを決めたが、Toornstraがbuitenspelpositieでボールを受けていた。Arbiter Danny Makkelieも最初からbuitenspelと判定し、VARのチェック後に改めて得点を認めず取り消した。

 

その後 Steven Berghuisが2回 scoringspositieに現れる。このaanvoerderは2回とも左足でボールを蹴ることができたが、どちらもボールは同じくらい僅かにポストの反対側に。最後の数分間にはLeroy Fer (Onanaの手の中に) en invaller Luis Sinisterra (lat) がさらに同点ゴールに非常に近づいたが、結局決まることは無く全てのFeyenoorderの大きなフラストレーションに。

 

Vierde plaats
この敗戦でFeyenoordはEredivisieのranglijstで4位に落ちた。ajaxとはこれで6pt差。2位Vitesseとは3pt、3位 PSVとは2p差となった。

 

Zondag 17 januari
020 - Feyenoord 1-0
22' 1-0

 

Scheidsrechter: Danny Makkelie
Gele kaart: -

 

Opstelling:
Feyenoord: Marsman; Geertruida, Spajic, Senesi, Malacia; Fer, Toornstra, Diemers (84' Pratto); Berghuis, Jørgensen, Haps (63' Sinisterra)

Wissels:
Feyenoord: Ten Hove, Troost; Nieuwkoop, Van Beek, Botteghin, Johnston, Wehrmann, Kökcü, Narsingh, Linssen, Sinisterra, Pratto

https://matchcenter.feyenoord.nl/ajax-feyenoord-2020-2021

 

Dick Advocaat
「不必要な敗戦。今日はあまりにも得たものが少なすぎた。最初の20分以降 我々はwegvoetbalをせず、彼らには1つのチャンスも無かった。あのゴールもチャンスでは無かった。あれを決められるなら我々のミス。後ろに動くのでは無く、もっと相手に向けて動かないといけない」
「控えめに言って、早々の失点後にようやく我々は殻から出てきて試合に参加した。後ろに行きすぎていたが、物怖じを捨ててその後は良くなった。1-0の瞬間からFeyenoordが支配者だった。我々はLeroyと共にJens of Markを前に動かすという戦術プランがあり、それはとても上手く行っていた。elftalはチームとして素晴らしいプレーをした。得点すべき十分なチャンスがあったし、このelftalはこれ以上の結果に相応しかった。だが酷いプレーで報われる時もあれば、今日のように良いvoetbalで報われない時もある」
「私がこれを言ってはいけないだろうが、私は良いプレーをして負けるよりも酷いプレーで勝ちたい。しかしこのploegのプレーを見るのは楽しいしと思ったし、この試合はelftalにとって良いフィーリングを与えるはず。良いploeg相手にこれだけ支配的なプレーをしたんだ。ajaxがそれを許したとは言えず、これは本当に我々によって起きた。見ていてとても良かった。ただそれなら1回はシュートを決めないといけない」
https://www.fr12.nl/nieuws/56400-advocaat-vandaag-hebben-we-te-weinig-gekregen.html

 

Steven Berghuis
「最初の20分以外、僕らはとても良いプレーをした。最初は自分たちで完全に下がり、16m内に留まった。ある時点から前に出たけれど、自分たちに報いるのを忘れてしまった。僕自身も決めないといけない2つの大チャンスを逃した」
「僕らは後半彼らの力をもう全く出させなかったし、自分たちに報いないといけなかった。LeroyのはOnanaにfantastischにセーブされ、僕の2つのも0,5m以下外れた。Sinisterraのも・・・」
「序盤以降良くなったのは僕らが物怖じを捨てたから。コンパクトに下がろうと約束し、そしてどんどんどんどん下がってしまった。1-0の失点も相応しいもの。その後ちょっと自分たちを解き放って、前に出た。そこからは遙かに良くなった」
「全員フィットしていれば、僕らはこういうploegenと普通に争える。その点で僕らは間違いなく過小評価されている。今日僕らは自分たちがすでに知っていることを示した。このelftalにはとても多くのクオリティがある」
https://www.fr12.nl/nieuws/56399-berghuis-baalt-we-moeten-onszelf-gewoon-belonen.html
https://nos.nl/artikel/2364860-feyenoord-wil-niet-meer-onderschat-worden-laten-zien-dat-we-meekunnen.html

 

Tyrell Malacia
「これはextraなものをもたらす試合。今週いくつかインタビューがあってAntonyについて多くの質問を受けた。良い選手なのは間違いないからこういう試合はいつも楽しい者。実際僕はいつもやってるのと同じ事をした。自分で映像を見ていたけど、チームメイトが彼に多くのスペースを与えていた。だから今日はそれが起きないように気をつけたんだ」
「僕は毎週力を見せようと努めている。Oranjeを排除していないし、そこに行きたいのは間違いない。毎週良いパフォーマンスを出すように努め、最終的にどうなるか見てみよう」
「クソったれな気分。1つチャンスを与えてそれがゴールになった。それ以外では僕らは上手くプレッシャーをかけてチャンスを創ったけれど、それが入らない。僕らは間違いなく1ptには相応しかった」
https://www.fr12.nl/nieuws/56402-malacia-baalt-enorm-na-goede-wedstrijd-je-voelt-je-kut.html

 

Jens Toornstra
「本当にもっと多くを得られただろうから辛い結果。みんなとてもガッカリしている」
「序盤はちょっと怖がりすぎた。この数年のここでの結果と関係があるか?もしかしたら無意識のうちにそうだったかもしれない。いずれにせよ僕らは下がりすぎてしまい、1-0になってやっと物怖じを捨てた」
「僕らは少なくとも1回得点しないといけなかった。ranglijstを見れば良いステップを踏めたはずだけど、何も得られなかった。残念だけど、前に進むしか無い。今月はこれからまだ多くの重要な試合がある」

 

Leroy Fer
「ウンザリだ。僕らは優勢なチームだったと思う。十分なチャンスを創っていた。middenlijnからプレッシャーをかけるプランだった。彼らが1-0にして僕らは少し早めにプレッシャーをかけ始め、それがploeg全体を助けてくれたのが見えた。achterinとmiddenveldでボールを獲り、その辞典から早めのプレッシャーをかけ始め、その後は僕らが支配していた」
「終了直前の僕のチャンスはJustinにも『高めにシュートすべきだった?』と尋ねたよ。彼が上手く掴んだ。ガッカリ。僕らはすぐに毎週この姿勢で試合入らないといけないと言い合った。それが何をもたらすことができるかは見れたからね。どんな対戦相手にもこれができれば僕らは良いチーム」
https://www.fr12.nl/nieuws/56404-fer-over-grote-kans-in-slotfase-ik-ben-er-kapot-van.html

 

続きを読む

「一度も行ったことが無くてもDe Kuipはmijn thuis」

Lucas Prattoの加入でFeyenoordがArgentiniëで有名なる一方で、Argentijnse Feyenoordsupporter Ignacio Ostertagは逆にNederlandで大流行した。それはPEC Zwolle戦のLuis Sinisterraのゴールシーンでの彼の情熱あふれる実況によって起きた。FR12.nlが彼のsupporterschap, 彼の母国でのclubの認知度、そしてFeyenoordでのArgentijnenについて彼にインタビューを行った。

 

 

まずIgnacioがハッキリさせたいのは大流行したクリップがArgentiniëで放送された講師気温実況では無いということだ。「私はESPN of FOXで働いてはいない。この実況は自分でやっただけ。私は試合を見て、それに自分で実況をつける。理由?好きだからだ。ここの実況は選手たちのことを知らず、名前がどういう発音かも知らず、歴史を掘り下げることもしない。先週日曜のSparta戦では朝8時だから‘goal!’と叫ぶには早すぎると言っていたんだ。私はそれはナンセンスだと思った。だから私はそれをして、素晴らしいリアクションを貰った。ESPN, Rijnmond en Voetbal Internationalといったメディアが私の仕事を共有してくれたのは信じられない事。これは私がずっと長い間夢に見てきたことだ」

 

Feyenoorder in Argentinië
IgnacioはArgentiniëの人間がどのようにFeyenoordのsupporterになるかをよく尋ねられるという。彼にとってそれはJulio Ricardo CruzなどのArgentijnenがrood-witで輝いていた'90年代初めに起きた。「私はprovincie Buenos Airesの北部にあるPergaminoに住んでいた。普段ここではtvチャンネルに料金を支払うのは難しかったけれど、時々いくつかのチャンネルが無料で提供されていたんだ。私はザッピングしてFeyenoord tegen Groningenの試合を見つけた。私はそこでsupporters, De Kuip, そしてある1人の選手・・・József Kiprichを見たんだ。なんて選手!すぐに私のidoolになったよ。そうして私はFeyenoordを知ったんだ」

 

世紀の変わり目からclubを追い続けるのは難しくなったものの、そのsupporterschapはその時からずっと変わっていない。「ある時点でArgentijnse tvはFeyenoordの放送を辞めてしまった。我々がUEFA Cupを勝った2002年も私は試合を見ることができなかったんだ。Jon Dahl Tomasson, Robin van Persie, Pierre van Hooijdonk, Paul Bosvelt, Shinji Onoという選手たちの最高の年を私は全て見逃した。それでもこのclubへの愛は決して止まらなかった」

 

Argentiniëからのsupporterでいるのを難しくしているは、このclubが彼の国ではあまり知られていないという事もある。「Nederlandse competitieはここではajax en PSVで知られている。人々はFeyenoordのことは知らず、Steven Berghuisのような選手さえ知らない」 彼の母国で非常に人気のあるLucas Prattoの加入はArgentiniëでのこのclubの認知度に貢献している。「Feyenoordは今では毎日メディアに登場しているよ。Prattoのおかげで若者たちはPlaystationでFeyenoordを使って遊んでいるんだ。素晴らしいこと」

 

Pratto
特にPrattoのおかげででFeyenoordの試合が生放送されるまでになった。Spartaとの彼のdebuutwedstrijdは250.000人が見たとIgnacioは語る。Nederlandではこのspitsは初登場後に批判を避けられなかったが、その事はIgnacioもArgentiniëから認識している。「彼がRiver Plateに来た時も、人々は彼は太り過ぎだしフィットしていないと思ったんだ。そこで彼は自分がclubのためにprijzenを取れることを示した。人々の意見は大きく変わり、今ではみんな彼のことが本当に大好き。彼はInstagramでFeyenoordの3倍以上のvolgersを持っている。それが全てを語っている」

 

「彼はまだ適応しないといけない」とIgnacioはPrattoの初登場で語っていた。「彼はチームメイトを知り、彼らを理解しないといけない。Marcos en Luisとたくさん話しているのをすでに見た。ボールがポストに当たる不運もあったし、何よりもゴールが必要。次の日曜はそのためのパーフェクトなタイミングだ」 彼はまだde Klassiekerより先を見るつもりは無い。「この数年の後で高い期待を抱くのは奇妙。私は慎重でいたい。Geen woorden maar daden. Hechos, no palabrasだ」

 

Thuis
1年半目にFeyenoordはMarcos Senesiによって久しぶりにArgentijnse spelerを獲得した。Ignacioはこのverdedigerを楽しんでいる。「彼は最初とても不安定で、上手くやろうと意気込みすぎていた。彼が良い買い物だったか誰もが疑問に思っていたが、私は確信していた。彼は技術があり、戦術面で上手く、強く、スピードがあり、チームメイトに貢献できる。John de Wolf en Bert Konterman以来、私は我々のachterinでこれだけのklasseは見たことが無い。Patrick Paauwe en Kees van WonderenでさえもMarcosほど良くは無かった。我々が彼を'thuis'に残るように説得できることを願っているよ」

 

Ignacioはこのclubについて語る時に'thuis'という言葉を頻繁に使う。「まだ行ったことが無いけれどDe Kuipはmijn thuisだ。ようやくNederlandに行くのに十分なお金を貯めたけれど、そこにCovidがやって来た。私はRotterdamに、stadionに行きたいとずっと思っている。それがこうしたvideoを作る理由でもある。自分がFeyenoorderとして、Het Legioenの一員として見られたいんだ。なぜArgentiniëからFeyenoordを追い続けるのかとよく尋ねられるけれど、私は君らみんなと同じただのsupporterだよ」

 

https://www.fr12.nl/nieuws/56380-de-kuip-is-mijn-thuis-ook-al-ben-ik-er-nog-nooit-geweest.html

Skogen en Johnsenと契約延長

Sondre Skogen (20) en Mikael Tørset Johnsen (20)はシーズン後半もFeyenoordに残る。Feyenoord Onder 21の2人の才能あるNorenは2021年半ばまでRotterdamにとどまる契約にサインした。

 

Feyenoordのtechnisch directeur Frank Arnesenは今後数ヶ月でSkogen en Johnsenがより頻繁に活動するのを見れることを願っている。「coronavirusによるcompetitiestopのためSondre en Mikaelはそのクオリティをまだそれほど示せていない。彼らにはかなりのことができると私は知っているから残念。Sondreは強く、頑強なverdedigerであり、Mikaelはmiddenveldの洗練されたスタイリスト。Feyenoord Onder 21がシーズン後半にベースに出来ると期待されるクオリティだ」

 

Skogen en Johnsenは共にNoorwegenのrecordkampioenであるRosenborg BK出身で、この半年間 Feyenoordにレンタルされている。Skogenは今の時点でRotterdammersへのフリー移籍を行い、さらにSkogenを2021年半ば以降から2年間延長するオプションがclubにある。JohnsenはまだRosenborg BKとの契約下にあり、Feyenoordにさらに半年間レンタルされる。

 

Rotterdamse stadionclubではこのScandinavische duoは古い知り合いであるRini Coolenのもとでプレーしている。このFeyenoord Onder 21のtrainerは2018年から2020年の間にRosenborg BKのhoofd jeugdopleidingenとして働いていた。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-verlengt-verblijf-skogen-en-johnsen---150121

VAR教材: 得点・penalty・RCに修正しない目的でのVARの介入例と透明性の重要さ

Premier Leagueで珍しいシーンがあり、あまり適切な説明がされていないのと忘れやすい手順なので備忘録代わりに紹介。

 

13.01.2021
Burnley - Manchester United

youtu.be

 

27分にMan UnitedのLuke Shawが相手と激しく接触、主審がおそらく見た上でノーファール判定をしてMan Unitedの攻撃が始まり、Burnleyの16m手前でRobbie Bradyが相手をファールで止めて主審はYC判定。ここでVARが介入し、主審は映像を見てBradyへのYCを取り消し、Shawがファールだったと再判定してそのファールにYCを与えた。果たして一体何が起きたか?

 

Goal.comに対するPremier Leagueの説明:
27分にRobbie BradyはEdinson Cavaniに対するファールでYCを提示された。VARの勧めで主審 Kevin Friendは得点機会阻止によるBradyへのRCの可能性と、同じ攻撃局面でのLuke Shawのファールの可能性をチェックするためにレビュー・エリア(RRA)へ行った。主審はスクリーンの前でまずShawによるJohann Berg Gudmundssonへのチャレンジの映像を見せられ、彼はこれがファールであり、Bradyのチャレンジに至るプレー局面の一部だと判断した。よってリスタートはBurnleyのFKであり、BradyのYCは取り消され、ShawにYCが提示された。

https://www.goal.com/en-us/news/premier-league-shaw-yellow-card-var-man-utd-burnley/1jic7crgz63ve159wd72wjlh71

 

この出来事の直後、Shawのチャレンジが非常に激しいものだったため、「ShawへのRCの可能性」でレビューが行われたとの説明が多く行われたが、そうでは無かったということになる。ここで重要なのは「ShawをRCで罰するのに得点機会阻止の時点から遡る必要は無い」「Shawがファールを犯していると確信できる時点で得点機会阻止の状況は成立しない」という2点だ。Serious foul playでのRCは当然無条件で罰せられるものであり、また もしもVARがShawのファールが100% RCだと確信していれば、その後の得点機会阻止の状況は(Bradyのファールが過度なものとは判断しない限り)無視できるため、ShawのRCにだけ介入すれば済む。

 

実際 Premier League公式サイトのLive Match CommentaryでもVARが"No card change Luke Shaw" (ShawへのRCで介入はしない)、"Card upgraded Robbie Brady" (BradyのYCをRCに修正すべきと判断して介入)と判断したと説明している。

f:id:Jongewoud:20210115090712p:plain

https://www.premierleague.com/match/58896

 

修正できないと分かっての介入?
VARの判断が正しかったかどうかは別にして、VARがこのように判断した場合、まず問題は「VARはShawのファールを確信して介入したのか?」ということ (この場合 主審がShawのチャレンジを見てノーファールと判定していたなら、その判定修正にはそれがclear and obvous errorであることが必要となる)。状況的にさすがにファールだとは確信していたと思われるが、その場合 その後の得点機会阻止の状況は成立せず、RCに修正することも当然できないため、状況はただの「YC誤審」で終わっており、VARが介入できる「(得点機会阻止で)RCかどうか」の状況にはなっておらず、得点機会阻止で出されたYCを取り消すために介入したように見える。

 

逆に言えば、VARが得点機会阻止でのRCは間違いなく、Shawのファールが確信できない (主審のノーファール判定がclear and obvious errorでは無いと判断した)場合は分かりやすく、VARは主審にBradyのファールシーンの映像を見せるだけで済むだろう。よって問題は「得点・penalty・RCでは無いとの判定がclear and obvious errorであり(もしくは得点・penalty・RCが見逃され)、かつそれに至る攻撃局面にclear and obvious errorかmissed serious incidentsがあった場合にVARは介入できるのか?」だ。

 

IFABはVAR handbookの中でこうした状況は「試合のマネージメントにとって容易ではなく、試合後の不必要な批判を避けるために主審は両方の状況について次のプレー停止時に情報を伝えなければならない」と書いた上で、主審に2つの選択肢を与えている。
・その前の反則によって得点・penalty・RCが与えられないと分かった上でレビューを開始する。
・両チームのキャプテンにその前の反則により得点・penalty・RCが与えられないと伝える。
一般的には全員に得点・penalty・RCが与えられない原因が明らかになる最初の選択肢が最善である。

f:id:Jongewoud:20210115090009j:plain

 

今回も最初の選択肢が選ばれたことになるが、それがただのファールでは無くRCが強く疑われるものだったのがTVで見ている人々に誤解が広まった原因だろう。重大なシーンで主審による2つの誤審が重なれば試合のマネージメントが困難になるのは当然であり、幸いにも実際ほとんど起きない非常にイレギュラーな状況だが、いざ起きた時のフィールド上の審判員とオペーレーションルームからの情報発信、判定理由と判定手順の透明性の重要さが改めて実感される出来事だった。

第16節: 810分間無得点のBakisがFC Emmen相手にhattrick. AZが対topdrie6連勝. Giako止まらず16得点目。スペクタクルな終盤の末にFC Groningenが上位に迫る

Speelronde 16


Diensdag 12 januari
18:45 Vitesse - FC Utrecht 1-0
25' Danilho Doekhi 1-0


勝てば暫定でkoploperに並ぶVitesseはいつものbasiselfで新加入 Dominik Orozがbank入り。FC Groningenと引き分けたFC UtrechtはHoogmaに代えて新加入 Benamarがデビュー。Ramselaar, Dalmau en Eliaに代えて Maher, Van de Streek, Mahiがbasisに復帰して4-2-2.

 

出だしUtrechtがhoekschopからWillem Jansenのヘディングで大チャンスも僅かに枠を外すとUtrechtの前半の見せ場は終わり。10分にこぼれ球をOpendaからDalfalouが蹴り込んでVitesseが最初のチャンスであっさりネットを揺らすもVAR Bosが約2分かけてlijnを引いてOpendaがbuitenspel判定となったが、完全にVitesse優勢の展開からDasa→Doekhiが初ゴールで先制。全くボールを持てずにWillem Jansenを中心に守り続けるだけのUtrechtは残り30分で交代策でSyllaを投入してMahiをspitsの4-3-3にすると、70分にようやく攻勢の時間が来てKerkに2度のチャンスがあったがPasveerのセーブと良いポジションで空振り。さらにMahiのヘディングは枠を外し、その後はlinksbuitenに回されたKerkがボールを持っても何も出来ず。Vitesseも後半Tannaneが2回のミドルシュートで狙ってOelschlägelにセーブされた以外大きなチャンスは無かったが、終盤は危なげなく試合を終わらせて勝利。

 

Vitesseは今シーズン8回目のclean sheetで35pt. 暫定でkoploperに並ぶ。FC UtrechtはMaher en Gustafsonが今日も低調なパフォーマンスで4敗目。

 

21:00 Heracles Almelo - FC Emmen 4-0
26' Sinan Bakis 1-0 / 44' Sinan Bakis 2-0 / 64' Sinan Bakis 3-0 / 87' Rai Vloet 4-0


HeraclesはRente en Schoofsに代えてKnoester en De la Torreがbasis入り。hekkensluiter FC Emmenは再びTibblingを外してKolarを起用。

 

10分にVan RijhnのcadeautjeからBakisに大チャンスもTelgenkampにされて決められずと、今シーズンの両チームを象徴するシーン。数分後にもBurgzorgのパスでの大チャンスをBakisが逃したが、25分にhoekschopからBakisが自身のヘディングのリバウンドを蹴り込んでEredivisie 810分目で遂に初ゴールで先制。その後もHeraclesが問題無くコントロールしつつ時折良いvoetbalを見せてゴールを脅かす展開が続くと、HT直前にもBakisがCavlanとの連携からそのままミドルシュートを右隅に決めて2-0.

 

FC EmmenはHTにLaurisenと新加入 Jari Vlakを投入してボールを持つ時間が増えるも例のごとくチャンスには繋がらず。60分過ぎにVloetの浮き球のパスからBakisがhattrick達成で勝負あり。

 

Heraclesは相手を全く寄せ付けない快勝でPEC en Fortunaを暫定で上回って11位に。

 

Sinan Bakis
「3得点、3pt... これ以上無い夜だ。安堵感は大きかったよ。これだけ長くゴールが無いのは精神的にきつい時期だった。ここからたくさんゴールが続くことを期待している。最初のボールが入った時に自信が出てきたのを感じたからね」

 

Dick Lukkien
「ポジティヴなものがあまりない。今夜の我々は本当にとてもナイーヴなプレーだった。ああいうゴールを与えていては試合に勝つことは無い。今の我々は全員で十分良いパフォーマンスを出せていない。自分たちでほとんどチャンスを作れず、achterinでがあまりに簡単にチャンスを与えてしまう。勝ちたいという本当の意思が今日は見られなかったが、それがこの状況では必要なモノ」

 

Woensdag 13 januari
18:45 PSV - AZ 1-3
31' Teun Koopmeiners 0-1 (str.) / 40' Teun Koopmeiners 0-2 / 59' Philipp Max 1-2 / 90' Calvin Stengs 1-3

 

PSVはGötzeに続いてGakpoもフィットせず欠場、代わりにThomasを2ヶ月ぶりにbasis起用。topdrie相手に無失点で5連勝中のAZもReijndersを外してGudmundssonを3ヶ月ぶりにbasis起用。

 

序盤プレッシャーの掛け合いからPSVがボールを持つ時間が増えるも決定機には至らず、AZの雑なカウンターでスペースを活かせない展開。30分にStengsのsteekpassで飛び出したBoaduを出遅れたMvogoが全く不必要なファールで倒してpenaltyにより0-1. そのままAZが勢いづき、数分後にもZahaviのボールロストから再びStengsのパスでBoaduが抜け出すもBoscagliが何とか対応したが、そのhoekschopからhoekschopからeerste paalのKoopmeinersが左足での比類無きhakbolでMvogoの上を抜いて0-2.

 

後半に入るとPSVが激しくプレッシャーをかけ、なかなかチャンスに至らなかったが60分直前にMaxが正面20mのvrije trapを見事に決めて1-2. そのままPSVが押し続けるもほとんどチャンスにはならずに終盤に。PSVは残り5分を切って983日の長期離脱から戻ったVan Ginkelを投入したが、90分にカウンターからStengsのシュートがTezeに当たってネットを揺らし決着。

 

PSVはいつもと逆に低調な前半から後半巻き返すもvoetbalが低調でほとんどチャンスを作れず、2019年10月のAZ戦(0-4)後から続いていたthuisでの連続無敗がストップして3位に落ちる。AZはtopdrie相手の連続無失点が止まるも連勝は6(内PSVに3勝)に伸ばし、遂にPSVと3pt差に。

 

Roger Schmidt
「もちろん私はHTに怒った。我々は事前に話し合ったレベルでプレーしていなかったからね。何人かの選手はしっかりtopだった。Boscagli, Teze, Sangaré en Rosario. 彼らは今年kampioenになりたいかのようにプレーしていた。他の全員も同じレベルでプレーしなければならない。それを今日の我々は学んだ」
「守備でのミスが多すぎ、攻撃では解決策を見つけられなかった。後半できる限りのことをしたが、この試合に負けるのは受け入れざるを得ない。我々は十分ではなかった」

 

Denzel Dumfries
「どうすればこんな事があり得る?僕らにとっての酷い試合。相応しい敗戦だ。自分たちを責めることが出来る。エネルギーが少なすぎ、競り合いにほとんど勝てず、こぼれ球を取れない・・・ それなら自分たちを責めるべき。前半はPSVに相応しくなかった。これは僕らに起きてはならないこと。本当に今日は良くなかった」

 

Marco van Ginkel
「日数は結局数えていなかったけど、確かに長くかかった。僕は再びvoetbalができることを期待して、ただリハビリに取り組んでいた。復帰のチャンスがあまり無いという時もあったし、いろいろ経験した・・・伊達に2年半もかかっていない。感情的にも精神的にも辛かったけれど、ようやくここに立てた。祝福してもらえるのも相応しいこと」

 

Pascal Jansen
「野望を実現したいなら、こういう試合で勝たなければならない。我々は試合前に、これを勝てれば近づけると言い合っていた。これで多少プレッシャーをかけられる。こういう試合が今月はまだ数回組まれているし、今月の残りに向けてこれが良いシグナルになることを期待しよう」
「titelkandidaatに戻った?我々は順位表で次の相手に近づくことを目指している。AZというclubの野望は知られているだろうし、それはtopvierで終わること。それは変わらず残っている。topvierで終われば我々の野望は実現するが、それ以上が叶うなら我々は間違いなくそれを目指す」

 

Teun Koopmeiners
「僕らは諦めていない。これでPSVに3pt差。これがvoetbal. ある週で他の週とは全く変わる。ある週で落ちることもあれば別の週で上がることもある。僕らはたくさん勝ち点を落としてしまったし、もう落としたくない。ここから再び加わるために試合ごとに戦ってゆく」
「0-2のシュートは100%狙ったもの。誰も付いてこなかったら驚いた。誰も触れなければゴールに向かうように触れようとしないといけなかった。美しいゴールを決めるには時に運も必要ということ」

 

20:00 ADO Den Haag - VVV-Venlo 1-4
6' Georgios Giakoumakis 0-1 (str.) / 58' Giorgos Giakoumakis 0-2 / 65' Samy Bourard 1-2 / 68' Giorgos Giakoumakis 1-3 / 86' Giorgos Giakoumakis 1-4 (str.)

 

2pt差の16位対15位の大一番。開始5分でVVVが得たstrafschopをGiakoumakisが決めて先制すると、後半またもGiakoumakisが頭で決めて0-2. 数分後にADOもBourardのゴールで一点差に戻したが、直後にまたもGiakoumakisがミドルシュートを決めてhattrick達成。さらに終盤Giakoumakisが再びstrafschopから決めて1試合4得点で今シーズン16得点目。

 

GiakoumakisはVVVの選手として1960年のHerman Teeuwen以来2試合連続2得点以上、さらに1959年のHans Sleven以来2人目の1試合4得点。その活躍でVVVを引き離し、17位 Willem IIに暫定6pt差とdegradatiezoneから大きく前進。

 

Georgios Giakoumakis
「1分目から全て上手く行ったよ。残るかどうか?試合後チームメイトに話をした。彼らが僕にシーズン最後まで残るように求めてくれたのはとても嬉しい。凄く、凄くスペシャルな事が起きなければ僕は残りたいけど、何も約束はできない。僕だけで決めることでは無く、clubの決定もある」

 

20:00 Fortuna Sittard - Sparta Rotterdam 0-1
57' Lennart Thy 0-1

 

ここ5試合で13pt! を稼いだFortunaは入れ替え無し。SpartaはBurgerを外してMijnansがbasisに復帰。

 

前半はほとんど見せ場の無い展開。Spartaが数回ゴールに近づくもEngelsがチャンスポジションで外し、DuarteのシュートはVan Oschがセーブ。後半もほとんど何も起きずに進んだが、60分直前にDuarte en Engelsが準備した攻撃からThyが決めて先制。残り時間はFortunaが攻勢に出て同点に迫ったが、Semedo en AbelsがOkoyeに阻まれてそのまま終了。

 

Fortunaは連続負け無しが5試合でストップ。Spartaは1973年以来のuit3連勝で8位に。

 

21:00 Feyenoord - PEC Zwolle 1-0
64' Luis Sinisterra 1-0

 

Feyenoordは長期離脱明けのSinisterraを外して再びLinssenを起用。PECはStrieder en Huibertsに代えてNakayama en Lamを並べる守備的布陣の上、Saymakが負傷欠場でDrostを起用とmiddenveldが全員入れ替わり。

 

出だしからFeyenoordが落ち着いてボールを回すも、10分にFerのミドルシュートが僅かに枠の右に外れた以外ほとんどチャンスを作れず。25分にMalaciaのパスからPrattoが素早いフィニッシュでクオリティを見せるも、これも僅かに枠の右に。その後もFeyenoordがボールを持つもテンポを上げられず、PECの守備を崩せずに今シーズン7回目の0-0での折り返し。

 

低調なFeyenoordはHTにLinssen en Diemers→Sinisterra en Hapsの交代策で勢いが出て変化も付いてくると、60分過ぎにToornstraのパスからPrattoの至近距離からのヘディングはZettererに好セーブされたが、直後にSinisterraが狭いスペースからゴール右隅に決めて約1年ぶりの復活ゴールで先制。その後Feyenoordが主導権を手放してiPECのinvaller Misidjan相手にやや危ないシーンもあったが、そのまま守り切って勝利。

 

Feyenoordは非常に低調ながらPSVを抜いて2位に上がり、日曜にde Klassieker.

 

Bram van Polen
「僕らは結局今日ここで何かが得られるはずという確信をちょっと欠いていた。16mまではまずまずだったけれど、どこからここでゴールを決め、今日ここで勝てるんだという確信がちょっと無かった。本当にFeyenoordの時間だったのは後半の15~20分間だけ。実際彼らのゴールの後は僕らの方が良かった。でもFeyenoord相手だと、彼らが一度ゴールを決めればそこから彼らを崩すのは難しいというのはみんな知っている。Feyenoord-uitでは自分たちでプレーを創らなければならず、僕らが得点するのに苦しんでいるのも事実。そこからチャンスを創ったけれど、それを決められない典型的試合」

 

Donderdag 14 januari
18:45 sc Heerenveen - RKC Waalwijk 1-1
7' Henk Veerman 1-0 / 56' Richard van der Venne 1-1

 

週末 Fortunaに敗れたsc HeerenveenはVan Hecke, Siem de Jong en Nygrenを外してDresevic, debutant Tibor Halilovic en Van der Heideがbasis入り。同じくADOに敗れたRKCはQuasten en Anitaに代えてLutonda en Tahiriを起用。

 

RKCの酷くクリアからJoey VeermanのミドルシュートをLamprouが弾いたリバウンドをJoey Veerman→Henk Veermanで先制。19分にもJoey VeermanのパスでHenk Veermanが抜け出すもLamprouがセーブ。しかしそれ以外はHeerenveenがほとんどカウンターにもでれず、RKCが大部分の時間で優勢にボールを回したが、こちらもStokkersにゴール前でボレーシュートのチャンスがあったがhitせず枠を外した以外は大きなチャンスには至らず折り返し。

 

しかし後半もRKCが優勢にvoetbalを続けるとLutondaからVan der Venneが決めて相応しい同点。残り30分でRKCはDaneels en Efmorfidisに代えてJohn en Sow, HeerenveenもHalilovic en Van der Heideに代えてDe Jong en Nygren投入とお互い攻撃面で刺激を与えようとしたが、HeerenveenがDe JongのパスでVan Bergenが抜け出すも、選んだパスがVeermanの後ろに行って遅れて走り込んだNygrenのシュートが枠外に飛んだ以外はどちらも大きなチャンス無く終盤に。結局 Heerenveenが後半やや持ち直すも十分では無く、RKCも終了直前にDamascanが決定的シュートを放ったがMulderにスーパーセーブされて引き分け。

 

sc Heerenveenはclub記録最長タイの9試合連続勝利無し。RKCも5試合勝利無しでdegradatiezoneかな離れられず。

 

Henk Veerman
「これはもの凄く酷い、もの凄く酷い。ボールテンポが低すぎる。酷いHeerenveen. RKCの方がボールを持った時に良かったし、ずっと良くもあってボールを回していた。実際全くプレッシャーをかけられていなかった。僕らのmiddenveldersはずっとのろすぎた・・・。確かに終了直前にまだこの試合をモノにするチャンスがあったけれど、その扱い方は本当にスキャンダラス」
「僕らは毎週何とかしようとしているし、毎週ゴールへ向かっている。でも僕らの受けるボールは・・・全て上手く行かず、僕らのシュートは毎回外れる!上手く行っていない。僕らは毎週何とかしようとしているし、本当にベストを尽くしているけれど、それが十分ではない。恥ずかしい?ああ、RKCに圧倒されれば・・・」

 

20:00 FC Twente - ajax 1-3
7' 1-0 / 84' Julio Pleguezuelo 1-1 / 90' 1-2 / 90+1' 1-3

 

早々に失点したTwenteは直前にCernyも負傷してBoschと交代のアクシデントがありつつ、それでもDrommelのセーブで凌ぎながら数回相手ゴールに迫る。HT明け直後にMenigが抜け出して同点にしたかに思われたが、VAR Higlerがlijnを引いてbuitenspel判定。TwenteはOosterwoldeもハムストリングを痛めてSmalと交代となり、防戦一方の展開が続いたが、1-0のまま凌ぎ続けると残り10分を切ってhoekschopからリバウンドをtweede paalのPleguezueloが決めて同点。さらにhoekschopからPirieのヘディングはバーの上に外れたものの、そのまま値千金の引き分けと思われたが、直後に投入されたHuntelaarに2分間で2得点を許して敗戦。

 

Ron Jans
「Klaas Jan Huntelaar, 信じられない。我々はCerny en Oosterwoldeの怪我で2回の交代のタイミングを使い、その後1度に3人を代えるしか無かった。そうでなければ彼らがHuntelaarを投入し、まだ1-1の時点でDumicを加えることができていただろう」
「されだけ遅くに同点にすれば信じる気持ちが出てくる。彼らは我々を生き延びさせ、彼らが2ptを失う可能性はあった。それは有田かもしれないし、実際そうであるべきだったが、それにはresultaatvoetbalができなければならず、我々はそれができなかった。Pirieがボールをstadionから蹴り出さなければならない一瞬だった」
「Cerny en Oosterwoldeは日曜にはいないだろうし、多分長くいないだろう。彼らがしばらく離脱するのは本当にウンザリ。ajaxに負けることはあり得るが、これはtikkies」

 

21:00 Willem II - FC Groningen 2-3
50' Mo El Hankouri 0-1 / 60' Ché Nunnely 1-1 / 79' Wessel Dammers 2-1 (e.d.) / 84' Ko Itakura 2-2 / 90+3' Mo El Hankouri 2-3

 

17位対7位と対照的な両チーム。Willem IIはTrésor Ndayshimiyeを再び外し、Owusu がbasisに復帰。FC GroningenはMatusiwaが怪我から戻り、El Messaoudiが再び10番起用。

 

20分でJoostenが負傷しEl Hankouriと交代のアクシデントがありつつ互角の展開。40分にEl Hankouriが良いミドルシュートで狙うもBrondeelがセーブし、そのhoekschopからtweede paalでItakuraの足下にボールが届くもVan der Heijdenがクリア。Willem IIもWriedtが16mからフリーでシュートもこちらもPadtがセーブ。

 

GroningenはHTに怪我明けのMatusiwaに代えてDammersを投入。後半開始5分でNunnelyのボールロストからGroningenのですカウンター、SuslovのパスをEl Hankouriが決めて0-1. さらにStrand Larsenがomhaalでネットを揺らしたがbuitenspelで認められず、直後にDammersのボールロストから抜け出したNunnelyがPadtの股間を抜いて1-1. さらにOwusuのクロスからWriedtが頭でネットを揺らしたがこれもbuitenspel判定。五分五分の展開から終盤 Willem IIがやや優勢に立つと、OwusuのクロスがPavlidisの頭をかすめ、後方のDammersに当たって2-1. しかし数分後にhoekschopからItakuraが頭で押し込んで2-2としたが、Willem IIが気落ちせずそのまま攻勢を続けるすぐさまWriedtがヘディングを決めて3-2と思われたがbuitenspel判定。さらにWriedtに決定機もシュートはItakuraが投げ出した体を経て枠の左に外れ、再びOwusuのクロスからWriedtのヘディングも枠の右に外れると、blessuretijdにGroningenのカウンターでDa CruzとEl Hankouriが完全に抜け出して2-3.

 

Willem IIは最終盤明らかに優勢に立って勝つだけのあらゆるチャンスがあったが結局何も得られず8試合勝利無しで17位のまま。逆にFC GroningenはFC Twenteを抜いて5位 AZにわずか1pt差のに6位に。

 

Danny Buijs
「後半ポジティヴなことが2つ見れた。それは我々の始め方であり、我々は0-1リードもした。そしてその後2-1ビハインドを最後にどのように逆転したか。ただしその時間帯は1,2回劇的な防御も必要だったがね。そうした部分では私はほとんど恥ずかしかった。何人もの選手がGroningenに相応しいレベルに達していなかったと思うからだ。何人もの選手があまりに多くの点でとても酷いと思った。ボールを持った時はシンプルなボールを失い、守備面ではカバーできない。ボールを持った時に間違った選択をし、競り合いに行かない。それを全てやり、しかも多くの人数にそれが起きれば非常に低いレベルに落ちる。我々亜gこの試合に勝ったのは奇跡以上の奇跡だ」

 

Stand
1 Ajax 16 (12 2 2) 57-13 +44 38pt
2 Feyenoord 16 (10 5 1) 32-12 +20 35pt
3 Vitesse 16 (11 2 3) 27-12 +15 35pt
4 PSV 16 (10 4 2) 36-16 +20 34pt
5 AZ 16 (8 7 1) 39-24 +15 31pt
6 FC Groningen 16 (9 3 4) 23-19 +4 30pt
7 FC Twente 16 (8 3 5) 31-22 +9 27pt
8 Sparta Rotterdam 16 (6 3 7) 25-25 0 21pt
9 SC Heerenveen 16 (5 6 5) 24-25 -1 21pt
10 FC Utrecht 16 (3 9 4) 20-24 -4 18pt
11 Heracles Almelo 16 (5 3 8) 19-26 -7 18pt
12 PEC Zwolle 16 (3 8 5) 17-24 -7 17pt
13 Fortuna Sittard 16 (4 4 8) 23-34 -11 16pt
14 VVV-Venlo 16 (4 3 9) 26-44 -18 15pt
15 RKC Waalwijk 16 (3 4 9) 14-28 -14 13pt
16 ADO Den Haag 16 (2 4 10) 15-39 -24 10pt
17 Willem II 16 (2 3 11) 19-35 -16 9pt
18 FC Emmen 16 (0 5 11) 16-41 -25 5pt


Topscorers
1. Giorgos Giakoumakis (VVV-Venlo) 16 (6)
2. Danilo (FC Twente) 11 (3)
Teun Koopmeiners (AZ) 11 (5)
Henk Veerman (sc Heerenveen) 11 (0)
5. Steven Berghuis (Feyenoord) 10 (6)
6. Dušan Tadić (Ajax) 9 (4)
Lennart Thy (Sparta Rotterdam) 9 (3)
8. Rai Vloet (Heracles Almelo) 8 (2)
9. Antony (Ajax) 7 (0)
Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 7 (1)
Donyell Malen (PSV) 7 (0)
Lassina Traoré (Ajax) 7 (0)


Assists
1. Antony (Ajax) 8
2. Vaclav Černý (FC Twente) 7
Joey Veerman (sc Heerenveen) 7
4. Steven Berghuis (Feyenoord) 6
Jesper Karlsson (AZ) 6
Mike Trésor (Willem II) 6
7. Danilo (FC Twente) 5
Zakaria Labyad (Ajax) 5
Philipp Max (PSV) 5
Jørgen Strand Larsen (FC Groningen) 5

Kuip-rentreeのSinisterraがmatchwinnerに (第16節: PEC-thuis)

FeyenoordはPEC Zwolleに今シーズン2度目の勝利。MAC3PARK Stadionで今シーズン最初の0-2で破ったのに続き、水曜夜のDe Kuipでは最小点差の1-0. Luis SinisterraがDe Kuipでの復帰をmatchwinnerとなることで飾った。

 

先週末FeyenoordはSparta Rotterdamを0-2で破って順位表ですでに好結果を納めていたが、水曜夜にはPEC Zwolle戦開始直前に2位が手招きしていることも明らかに。PSVが自分たちの家でAZに敗れ(1-3)、それによりDick AdvocaatのチームはthuiszegeでEindhovenarenの順位を奪える状況に。

 

しかし簡単な試合で無いことは事前から明らかだった。PEC Zwolleは今シーズンcompetitieduelsで4回しか負けておらず、さらにFeyenoordは前半すでに日曜のde Klassiekerに頭が行っているようだった。ploegはチャンスを求めてプレーしようとせず、僅か数回しかチャンスは生まれず。Lucas Pratto, Leroy Fer en Jens Toornstraがそれを決められなかった(全て枠外)。

 

Kuip-rentree
Bryan Linssen en Mark Diemersに代わってLuis Sinisterra en Ridgeciano Hapsが入ったHT後もチャンスは片手で数えられるほど。それでもFeyenoordは長い怪我の後にDe Kuipで発の出場時間を得たsupportersの衝動によって自分たちの家で完全な戦利品を獲ることができた。

 

strafschopgebied際でこのColombiaanは自らをフリーにし、ボールを右隅にシュート。これは彼にとって約1年ぶりのEredivisieでの得点だった。彼の最後の得点は2020年2月1日 FC Emmen (3-0)で、それもDe Kuipで決めたもの。PEC Zwolle相手に今シーズン10回目の勝利をするには彼のゴールで十分だった。

 

Tweede plek
このthuisoverwinningでFeyenoordは順位表でPSVを上回った。16 competitiewedstrijdenでploegは35ptを獲得、これはajax (木曜夜にFC Twente戦)とVitesseと並び、PSVより1pt多い。今週日曜にはAdvocaatのformatieはde KlassiekerのためにAmsterdamse lijstaanvoerderを訪れる (16:45開始)。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/sinisterra-matchwinner-bij-kuip-rentree-tegen-pec---140121

 

Woensdag 13 januari
Feyenoord - PEC Zwolle 1-0
64' Luis Sinisterra 1-0

 

Scheidsrechter: Bas Nijhuis
Gele kaart: -

 

Opstellingen:
Feyenoord: Marsman; Geertruida, Spajic, Senesi, Malacia; Fer (88' Weehrmann), Diemers (46' Haps), Toornstra; Berghuis, Pratto (75' Jørgensen), Linssen (46' Sinisterra).
PEC Zwolle: Zetterer; Van Wermeskerken, Kersten, Van Polen (80' Leemans), Paal; Nakayama, Huiberts, Drost (65' Huiberts); Reijnders (65' Misidjan), Clement (86' Ghoochannejhad) en Van Duinen (65' Pherai).

 

Wissels:
Feyenoord: Ten Hove, Troost; Nieuwkoop, Botteghin, Van Beek, Johnston, Haps, Wehrmann, Narsingh, Sinisterra, Jørgensen
PEC Zwolle: Mous, Hauptmeijer, Misidjan, Ghoochannejhad, Leemans, Strieder, Chirino, Van den Belt, Lagsir, Pherai, Huiberts, Doué


https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-pec-zwolle-2020-2021

 

Dick Advocaat
「3ptは嬉しいが、我々が見せたプレーは嬉しくない。後半は多少良くなったが、前半は非常に悪かった」
「HTのSinisterra en Hapsの投入は考えていたもの。Sinisterraはクリエイティヴな選手であり、相手を出し抜ける人間。他の選手で今日の我々はPECのmiddenveldをつかむのにかなり苦労していた。ただ我々はHTに全員替えても良かっただろう。私はハードワークはしていたがほとんど力を出していなかった2人を外した、しかしそれは前半elftal全体がそうだった」
「Jørgensenはよりmiddenveldでプレーするために投入した。Sinisterraがまだそれができないからだ。Jørgensenはtrainingsveldでもすでにそれをやっていた」
「私はKlassiekerのことは本当に考えていなかったが、多くの選手がすでに日曜のことで頭がいっぱいのように感じた。先週日曜のSparta戦ではとても多くの活力、とても多くの戦い、良いvoetbalが見れたが、今日の前半はそれが何も見えなかった。プレーの面では本当にもっと良くしないといけない。今日のようなプレーでは日曜はノーチャンスだ」
https://www.fr12.nl/nieuws/56336-advocaat-in-de-rust-had-ik-iedereen-wel-kunnen-wisselen.html

 

Steven Berghuis
「自分たちでとても難しくしてしまった低調なプレーで特に前半はかなり酷かった。Zwolleが僕らを完全にバラバラにし、僕らは大きなスペースに泳いでいた。そうなればかなり難しくなる。ボールを持った時にテンポが低すぎ、競り合いも負けた。これは本当に酷い試合だ」
「日曜は少なくとも楽しいだろうけど、僕らは接近しているし、それは良いこと」
「VVV, Heerenveen en Sparta相手には良かったしsteadyだった。成長があった。でもこれは水準以下。こういうプレーをしていたら引き分けたり負けたりすることもあるから、僕らは3ptに盲目になるべきでは無い。日曜はもっと良いプレーをしないと」
https://www.fr12.nl/nieuws/56334-berghuis-het-was-echt-een-slechte-wedstrijd.html

 

Leroy Fer
「僕のベストの試合では無かった、それは自分たちでも感じている。でも3ptが最も重要」
「前半の頭での衝突は目がくらむようなことも無かった。もう良くなったよ」
「僕らはほとんどチャンスを作れなかった。thuisでの試合で勝ちたいし、勝たないといけない。最終的に勝ったけれど、ベストの試合では無かった」
「交代は僕がかなり長く週3試合をしていなかったから、trainerが僕を下げた」
「日曜はまた厳しい試合になる。これまでの試合では僕らはajaxからはなり遠く離れていたけれど、今は全く違う。オープンな試合になると思う。ajaxは強力なploegだけど、僕らは伊達にこれだけ彼らの近くにいない」
https://www.fr12.nl/nieuws/56338-fer-de-drie-punten-zijn-wel-heel-belangrijk.html

 

続きを読む