Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Toornstra「僕は決して諦めない」

Jens ToornstraはFeyenoordで7シーズン目を迎えようとしている。こおnmiddenvelderは驚くほど頻繁に理想のtwaalfde manと見なされるが、毎年basiselfで非常に寛いでいるように思える。Toornstra自信もselectieないでの自分の役割に明らかに満足している。「僕は世界で最も素晴らしいclubでプレーしている 」

 

もちろんToornstraは自分の宿命を知っている。「メディアの君らは僕が外されるとまた考えてる。例年通りのこと。」とこのmiddenvelderはAlgemeen Dagbladで語った。Het Legioenは彼を高く評価しており、cultheldやantiheldといった用が彼にはすぐに適用されるように思える。「僕が最も人気がある選手かどうかは知らないけど、supportersからは多くの評価を感じているよ。彼らが僕にブーイングしたのは記憶に無い。それには僕のメンタリティが一役買っていると思う。何が起きても、どんな競争相手が加わっても、僕は決して諦めない」

 

Toornstraは来たるシーズンをとてもポジティヴに捉えている。「僕らはグループはすでに良いレベルにあった。そしてMark Diemers, Bryan Linssen en Christian Contehが加わってさらに強くなったと思う。僕らがAjax, PSV of AZに劣っているとは思わない。Feyenoordにとって素晴らしいシーズンになるかもしれない」

 

過去にはHoffenheim en LazioがToornstraをFeyenoordから引き抜こうとしたが、このmiddenvelderは巨大な金銭的利益にも関わらずそれに魅力を感じなかった。Toornstra次第なら、彼はDe Kuipでの契約が終わる2022年までRotterdammersに残る。「僕はあらゆる点で居心地の良さを感じている。奥は世界で最も素晴らしいclubでプレーし、家族と友人が近くにいて、今シーズンは再びkampioenschapを争えると信じている。これ以上何を臨める?僕はもの凄く満足してるよ」


https://www.fr12.nl/nieuws/54634-toornstra-me-gewonnen-geven-doe-ik-nooit.html

来シーズンからEredivisieでもbuitenspeltechnologieを使用に

KNVBが来たる2020-2021シーズンからEredivisieでbuitenspeltechnologieを使用することを発表した。全stadionで16m位置に専用カメラが設置され、CLでも採用されているHawk-Eye社のソフトフェアが使用される。

 

https://www.knvb.nl/nieuws/themas/arbitrage-20/61025/eredivisie-start-met-buitenspeltechnologie

 

VAR制度が導入されて過去2シーズンのEredivisieでは、stadionによってカメラ台数が統一されておらず、最小数の6台のstadionsでの試合もあったため、buitenspelpositieかどうかを映像で判断できないケースが度々あることが問題視されていた。16mカメラはこれまでarena, De Kuip, Philips Stadionで常設されていたが、今後全stadionで置かれることになる。

 

現在KNVBは各stadionでbuitenspeltechnologieを用いるための技術的準備を進めており、competitie開始に間に合わせる意向。16mカメラの映像自体は即使用できるが、buitenspeltechnologieは技術的準備が全てのstadionで整った段階で初めて用いられる。

 

16mカメラの設置自体は求める声が多かったため喜ぶべきニュースだが、buitenspeltechnologieによってbuitenspelpositieかどうかが非常に厳密に判断されることで否定的な声が出てくるのは既に導入済みの各competitieで証明済み。専用カメラからの映像でのみ2本のラインを引けることで時に不必要に時間がかかること、"1mmbuitenspel"という言葉が示すように、buitenspelpositieかどうかの事実認定でのみclear and obvious errorのニュアンスから大きく逸脱することなど、感情面へのマイナス影響は非常に大きい。

Shiloh ’t Zand (17)と2023年まで契約延長

Jeugdspeler Shiloh ’t Zandはもう1年長くFeyenoordに留まる。17歳のaanvallende middenvelderはすでに2022年半ばまでの契約を結んでいたが、今日さらに1年追加の契約にサインした。

 

Feyenoord Academyのhoofd jeugdopleidingであるStanley Brardは喜びのリアクション。「Shilohはこのclubで本当に成長している。彼は10年間Feyenoord Academyでプレーしており、毎年適切な木材から切り出されたところを見せている。だから彼をもう1年追加で繋ぎ止められたのは素晴らしい事。Feyenoord Onder 18での今シーズンは自分の力を見せるために彼に取って重要なものになる」

 

昨シーズン Feyenoord Onder 17でaanvoerderを務めた’t Zandはこのclubでとても居心地の良さを感じている。「彼らが僕に大きな信頼を持ってくれているのは素晴らしい事。Onder 16で僕は自分のカーブを見つけて今の自分がある。来年は楽しい年になるよ。またaanvoerderになれることを願っている。その後は早くFeyenoord Onder 21に、そしてeersteに上がりたい」

 

Rotterdamで生ま育った’t Zandはその全生涯 Varkenoordでvoetbalをしてきた。元々はFeyenoordと同様にVarkenoordで試合をしていたSC Maasstad Tediro (現FC IJsselmonde)出身。2010年に彼はFeyenoord Academyに移り、全jeugdelftallenを通過してきた。

 

昨シーズン ‘t ZandはFeyenoord Onder 16でkampioenになった翌日にFeyenoordで初契約にサインしている。来年 ‘t Zandはtrainer Melvin Boelのもと、Feyenoord Academy最高年齢jeugdelftalであるFeyenoord Onder 18でプレーする。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/shiloh-t-zand-verlengt-contract-tot-2023-290720

Academy-speler Hartjesと初契約

Lennard Hartjesは今週からFeyenoordのcontractspelerとなる。Feyenoord Academyの17歳のmiddenvelderは友人と家族の前で2023年半ばまでRotterdamに留まる契約にサインした。

 

Feyenoord Academyのhoofd opleidingであるStanley BrardはHartjesに関してのここ最近の進展に満足している。「我々はすでに口頭合意していたが、coronacrisisによって契約のタイミングを待たなければならなかった。Lennard同様我々もこの瞬間を楽しみにしていたんだ。彼はelftalの中心でプレーする有能なmiddenvelderであり、我々がとても期待している人物。こうした期待に応えるのは彼にとって挑戦」

 

Spijkenisse生まれのHartjesはこの挑戦を受けるつもりだ。「この契約はfantastisch. もっとハードワークするために必要なモチベーションを与えてくれる。僕らは来年もFeyenoord Onder 18で同じようにチームとしてハードワークし、チームとして良いプレーをしなければいけない。僕らにはそれに必要なクオリティがあるから、それができると自信を持っているよ」

 

Hartjesは2015年からFeyenoord Academyの選手。昨シーズンはMelvin BoelのもとFeyenoord Onder 17でプレーし。来年はAcademyの最高年齢jeugdelftalである Feyenoord Onder 18へ上がる。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/academy-speler-hartjes-tekent-eerste-contract-280720

Botteghin「2007年の選択はあらゆる面で上手く行った」

Eric Botteghin (32)は13年前にBraziliëから新世界に出た。Nederlandで彼はvoetballerとしてだけでなく、特に人間としても成長した。もう1シーズン Feyenoordに残ることになったこのverdedigerはFeyenoord Magazineでこの国で生活が自分に与えたものについて語っている。

 

「Nederlandに行くことは2007年に僕が求めていた事という訳では無かった。僕はその年 SC Internacionalで偶々あるtoernooiに出てこの国に1,2週間滞在したんだ。Braziliëに戻る時にFC Zwolleから招待を受けたから良いプレーだったんだろう。彼らは僕を半年間レンタルしようとした。SC Internacionalでのブレイクが難しくなっていたから、そのチャンスは両手で掴みたかった」

 

「eerste teamは2006年にZuid-Amerikaanse Champions LeagueであるCopa LibertadoresとclubsのためのWKに勝ち、僕はすぐにはチャンスを得られなかった。だからclubや街のことは全く何も知らなかったけど僕はFC Zwolleに行きたいと思った。彼らは当時まだJupiler Leagueと呼ばれていた2部でプレーしていた。僕は半年間レンタルできて、『どうなるか見てみよう』と思っていた」

 

パン
「僕はここNederlandで自分の時間を非常に無遠慮に過ごし始めた。初めて外国で過ごす19歳のBraziliaanには多くの事が起きるから、実際それが良かったんだ。ここに来た時は慣れが必要だったよ。転機はもちろんBraziliëとの最大の違いだけど、それだけじゃ無い。食べ物のこともすぐに思い浮かぶ。ランチの時にFC Zwolleの食堂でみんながパンを食べてるのを見た時だ・・・ 温かい食事が無かった!」

 

「それは慣れが必要だった。チームメイトに『こんな食事の後でどうやってtrainingできるんだ?』と尋ねた。分かりにくいと思って『パンだけじゃ力が出ないだろ?』とも言ったけど、それほど悪くないと分かった。問題無かったよ。もう一つのよく知られた文化の違いはNederlandersの直接さ。僕らBrazilianenも直接的に振る舞えるけど、それは本当に僕らのハードから来るもの。僕らの方がずっと感情的なんだ」

 

「FC Zwolleで僕をclubに連れてきたtrainer Jan Everseが『こんなtrainingを続けたら、明日Braziliëに送り返すぞ!』と言ったことがあった。僕は『この人は僕を嫌ってる。本当にすぐにBraziliëに戻らないといけなくなるかも・・・』と思ったよ。でもtraining後は彼は何も無かったかのようにランチの際に僕と一緒に座ったんだ。すでに忘れていたようにね。後になってから、彼が僕のポテンシャルを見て、僕のベストを見たかったからそういう事を言ったんだと理解できた。それが僕のモチベーションを上げるための彼なりのやり方だったんだ」

 

「彼が僕にポテンシャルを見てくれたのは、FC Zwolleに残って良いと言ってくれた時に分かった。明らかに僕は楽しんでいた、2011年まで残ることができた。成長したし、実際かなりスムーズに成長できた。自分で自分の面同意を見て、新しい言語、新しい文化、別のプレーの方法にも慣れないといけなかったけど、僕がここに来たのは1つの目的のため。自分のキャリアで最大限に到達したかった。頂点に到達したかったし、それによって今の僕は自分がNederlandのgrote clubでprijzenを争っていると言うことができる」

 

FaceTimeはまだなかった
「当時僕はthuisでvoetbalの事しか考えて無かった。休むか、次のtrainingや試合に向けて準備するか。もちろん可読や友人たちが恋しかったよ、それは当然だろう。僕は19歳だったからね、今ならFaceTimeやそういったやり方があるのを忘れてはいけない。
僕がNederlandに来たばかりの時はそういうのはまだ存在しなかったんだ。1年目は家族の顔を見たいと思ったら、まだ家に帰ってケーブルの繋がったcomputerを起動させないといけなかった。そうすればwebcamでそれができたけど、今のように携帯電話を持っていいれば道の真ん中でもそれができるという訳では無かった。WhatsAppもまだ無かったんだ」

 

「2年半後に当時まだ僕の彼女だったMelinaがNederlandにやって来て、僕らはここでの生活をいつもとても楽しんでいた。例えば僕らはNederlandse mentaliteitが大好き。Tijd is tijd. Nederlanderと約束をしたら、その人が遅れることはまず無い。Braziliëだとみんないつも遅れて来る。向こうだとより大きな街で、距離も長くなるせいもあるかもしれないけど、それでもね。僕はここで約束を守らないといけないことを学んだ。でももっと広い視野で見ても、ここでは全てがしっかりと整理されている。それはとても良いこと」

 

「もちろん時には何かがしっかり配置されていないと感じることもある、特にNAC Bredaでは自分が一人ぼっちでいるような気がする時があった。2011年にそこに加わった時、僕は唯一のbuitenlandse spelerだったと思う。すでにEngelsは話せていたけど、全てがNederlandsだったから、そこではNederlandsをきちんと学ばないといけなかった。僕は唯一のbuitenlanderだったからmその点では一人ぼっちなことが度々あった。今ではそれが自分にとって良かったと言えるけど、当時を振り返ると自分が何もかもどうやっていたのか時々不思議になる」

 

「試合前にtrainerが戦術的な話をするけど、実際僕は何も分かっていなかった。もちろん彼は重要な事を1対1で話すために僕の所に来てくれたけど、大抵僕は何も理解できていなかった。それでも全試合に出場した。若い年齢でここに来れて幸運だったと思うよ。まだ無遠慮で、とにかくフィールドに立ってプレーしたかったからね」

 

Nederlandsを理解する
「今まではNederlandsを話せるし、trainerのそういう話から全てを把握すること、そしてチームメイトとコミュニケーションを取れることがどれだけ重要か理解してる。グループ内で何が起きているか、チームをより理解することを学んだ。特にcentrale verdedigerにとって言語の理解は不可欠。コーチできないといけないけど、フィールド上で他の選手たちの話すことも理解できないといけない。centrumverdedigerとして全体の中で重要な選手だからね。でも当時の僕はただプレーするだけで、全て自分で処理するようにさせていた」

 

「Nederlandsの勉強は難しかった。とても難しい言語。特に発音。全てのlatinoがそう言うと思う。僕にはEngelsを学ぶのも簡単じゃ無かった。Nederlandではほとんど全ての人が、幼い年齢でも、多少なりともEngelsを話す。Braziliëでは違うんだ。学校でEngelseのレッスンを受けるけど、学校から出るとほとんど話さない。Braziliëは巨大な国で、Braziliaanがバカンスに行く時は大抵周辺国に行く。そこでは理解して話すことができるSpaansが話されてるから、Engelsを話す必要があまり無いんだ。これはNederlandとの大きな違い」

「Nederlandでは自動車に30分間乗ると別の国にいる。そうなると別の言語を話さないといけない。NederlandersはSpanje en Portugalといった国々によくバカンスに行くし、そこではSpaans of Engelsといった別の言語を話さないといけない。だからNederlandersは別の文化と言語との接触が多く、そのおかげで多くの人が彼らの言語を上手に話すと思う。僕らZuid-Amerikanenにとってはそれは常に当て嵌まるわけじゃ無い」

 

「Nederlandでの今までの年月を振り返ると、僕はあらゆる面でとても成長したと言える。結婚し、Melinaと僕は2人の息子の誇り高い親になった。僕らの一緒の生活はここで始まった。スペシャルな年月だったよ。僕はここで自分の人生の全ての美しい瞬間を経験した。僕の2007年の選択は本当にあらゆる面で上手く行ったんだ」

 

「もちろん良くない時期もあった。例えば今シーズンも。Jaap Stamのもとで僕はaanvoerderとしてシーズンに入ったけど、みんなにとって難しいスタートだった。どうやっても上手く行かなかった。voetbalは時々良かったけど、得点できなかった。一方で対戦相手が唯一のチャンスを決める不運もあった。経験豊富な選手で、achterinでプレーもしていれば批判を受けるのは誰でもあかる。でも僕がそれでパニックになったとは思わないよ」

 

「チームも、システムも、戦術も機能せず、とにかくマッチしなかった。結局全ての批判が僕に集まった。それについてtrainerと話をし、彼は結局別の選手を試したいと正直に言った。Prima. そうなったらチームにまたすぐ戻れるとう運も時には必要。Edgar Iéの怪我ですぐに力を見せることができた僕にはそれがあった。Stamが去り、Edgarが怪我した後、僕はDick Advocaatから信頼して貰ったし、他の多くの人からも信頼を感じた。そうして上手く行き始め、今では世界が突然全く変わって見える。最後には僕はまた全試合に出場していたから、何も問題も無かったように思えるよ」

 

「シーズン前半のネガティヴと同様に、ポジティヴな声や分析は僕に影響を与えないよう。、3回連続で負けたらまたネガティヴになるのを分かっているからね。voetballerとしてそれを学んだ。キャリアの最初の頃はまだそれを気にしていたよ。こういう批判は正当では無いと思い、頭の中に置いてしまっていた。でもsupportersさえもすぐに忘れるとすぐに学んだ。あるシーズンにkampioenになっても、次のシーズン3連敗したら突然全くどうしようも無いと言われる。それに付き合って生きていくしかない」

 

俯瞰して捉える
「profvoetballerにとって最も重要なのはその点でのバランスを見つけること。それはある種の燃料でもあるから、上手く行っている時には賞讃を味わうべき。でも味わい過ぎるべきじゃない。批判を真剣に受け取りすぎないのと同じようにね。Instagramでも僕にclubを去るようにとsupportersからメッセージを受け取った。今ではその同じ媒体で僕がhalve superheldだというメッセージを貰う。もしかしたら同じ人からそうしたメッセージを貰っている事もあるかもしれない。そういうことを俯瞰して捉えるのは僕にとってとても簡単。多くの場合そういうメッセージを送るのは子供たちだということも忘れるべきじゃ無い。彼らは現実で出会えば一緒に写真を撮りたがる」

 

「シーズン最初にaanvoerdersbandが僕に余計なプレッシャーを与えていたという事は無い。bandを巻けるのは良い気分だったけど、僕にとっては何も変わらなかった。既にやっていたこと以外何もしなかったからね。trainerは僕のプロ意識のおかげで僕をaanvoerderとして見て、僕が他の選手たちのお手本になると思ったんだろう。僕がチームメイトと上手く付き合っていて、僕が絶えずコーチしているのを見たんだと思う。でも今の僕はもうbandを撒いてないけど、それを今もずっと続けている。Dick Advocaatが来てbandを失った時、実際何も変わらなかった」

 

「これが僕がチーム内でしたい振る舞い方。今も変わらずチームのための責任を感じているし、必要ならみんなの手助けをしたい。例えばSteven BerghuisはPSVとのuitwedstrijdの前にscrumでみんなに話すように僕に求めた。彼は僕をこのグループのleiders の1人として見て、そういう事に僕を巻き込むんだ。自然な方法でね。それは僕をシャープにするし、他のみんなもそうであることを願っている。とても良い気分だよ」

 

「いま話した責任感、コーチすることといった特定の資質は将来のtrainerによく合っていると言えるだろう。でも今それについて尋ねられたら、僕はその気は無い。でもどうなるかは誰にも分からないからね。興味深い考えなのは確かだけど、僕はまだやり終えていない。Feyenoordで契約を更新できて嬉しいし、Nederlandでの次のシーズンを楽しみにしている。僕はまだここでやり終えていない」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/botteghin---keuze-uit-2007-heeft-op-alle-vlakken-goed-uitgepakt---220720

Eric BotteghinはFeyenoordに留まる

Eric BotteghinはFeyenoordでの滞在を1年延長。32歳のBraziliaanse verdedigerとRotterdamse clubは2021年半ばまでの新契約で合意した。

 

Feyenoordのtechnisch directeur Frank ArnesenはBotteghinが来シーズンもFeyenoorderであることにとても喜んでいる。「もちろん長い間Ericは我々のもとを離れるように思われていた。しかし彼の契約が7月1日に終わった後も、我々は水面下でずっと話し合いを続けていたんだ。それが報われた。我々は少なくとももう1年Ericというここですでに5年間その価値を示してきたecht clubicoonを起用できる。それに誰もが喜ぶべきだろう」

 

Eric Botteghin自身も喜んでいる。「僕はここのチームと、他の同僚たちと、そしてもちろんsupportersと一緒にとても多くの最高点を経験してきた。でも僕はまだFeyenoordでやり終えていないと感じている。昨シーズンの僕らは素晴らしいreeksを続けて痛し、それを来シーズンも継続したいとみんなが思っている」

 

Veel prijzen
BotteghinはFeyenoordで大きな成功を収めてきた。2017年にはFeyenoord 1で頻繁なbasisspelerとしてlandstitelを獲得。このkampioensjaarにはチームメイトの Karim El Ahmadi (Gouden Schoen) en Jens Toornstra (Bronzen Schoen)と共にZilveren Schoenを獲得するという最高点に達している。kampioenschap以外にFeyenoordはBotteghinと共に4つのprijzenを獲得しており、2016年と2018年にこのSão Paulo生まれのvoetballerはKNVB-bekerを掲げることを許され、2017年と2018年にはJohan Cruijff Schaalを勝ち獲った。

 

Voetbalverleden
来たる2020-2021シーズンはBotteghinにとってNederlandse profvoetbalでの15シーズン目となる (Eredivisieで10シーズン目、Feyenoordで6シーズン目)。2017年に彼はFC ZwolleでNederlandse veldenにデビュー。その後NAC Breda en FC Groningenでもプレーし、2015年にRotterdam-Zuidへ移った。母国のBraziliëでBotteghinはSão PaoloのGrêmio Barueri Futebolのjeugdopleidingを経験しており、Porto AlegreのSC Internacionalへ1年レンタルもされた。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/botteghin-blijft-bij-feyenoord-220720

Nederlandse voetbalが再開される8月のoefencampagneスケジュールが発表

EredivisieとKeuken Kampioen Divisieの全clubsが新シーズンへのvoorbereidingとして8月にそれぞれ対戦する。ほぼ毎日1つ以上の試合が行われ、全試合がFOXによって'FOX Sports Eredivisie Comeback'の名前で中継される。

 

9月12日にEredivisieが、8月28日にKKDが再びスタートする前にclubsは相互に広範囲なoefenprogrammaを汲み、それが今日発表された。但し一部の試合は自治体の承認が必要。

 

Speelschema:
Zaterdag 1 augustus
17.30 uur: FC Utrecht - AZ
20.00 uur: FC Groningen - Heracles Almelo

 

Zondag 2 augustus
14.30 uur: Go Ahead Eagles - Telstar

 

Maandag 3 augustus
20.00 uur: Roda JC - FC Eindhoven

 

Vrijdag 7 augustus
18.45 uur: FC Emmen - SC Cambuur

 

Zaterdag 8 augustus
18.45 uur: Ajax - RKC Waalwijk

 

Zondag 9 augustus
12.15 uur: FC Dordrecht - NAC Breda
14.30 uur: De Graafschap - FC Volendam
16.45 uur: Heracles Almelo - PEC Zwolle
20.00 uur: Feyenoord - Sparta Rotterdam

 

Maandag 10 augustus
18.45 uur: FC Twente - Fortuna Sittard

 

Dinsdag 11 augustus
18.45 uur: FC Emmen - FC Groningen

 

Woensdag 12 augustus
18.45 uur: Jong Ajax - Jong FC Utrecht

 

Donderdag 13 augustus
18.45 uur: Ajax - FC Utrecht

 

Vrijdag 14 augustus
18.45 uur: Willem II - VVV-Venlo

 

Zaterdag 15 augustus
18.45 uur: PSV - Vitesse

 

Zondag 16 augustus
16.45 uur: Feyenoord - FC Twente

 

Dinsdag 18 augustus
18.45 uur: N.E.C. - TOP Oss

 

Woensdag 19 augustus
18.45 uur: Excelsior - Helmond Sport

 

Donderdag 20 augustus
18.45 uur: Almere City - FC Den Bosch
21.00 uur: FC Utrecht - SC Heerenveen


Vrijdag 21 augustus
18.45 uur: Willem II - PSV

 

Zaterdag 22 augustus
20.00 uur: ADO Den Haag - Vitesse

 

Maandag 24 augustus
18.45 uur: FC Emmen - PEC Zwolle

 

Woensdag 26 augustus
20.00 uur: Fortuna Sittard - VVV-Venlo

 

Donderdag 27 augustus
20.00 uur: RKC Waalwijk - Sparta Rotterdam

 

Vrijdag 28 augustus
Start Keuken Kampioen Divisie

 

Zaterdag 12 september
Start Eredivisie