Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

欧州戦play-offs halve finales: Vitesseが3点差から大逆転!AZもsc Heerenveenに逆転でfinaleへ

Play -offs om Europees voetbal: halve finale


donderdag 19 mei
18.45 sc Heerenveen - AZ 3-2
58' Sydney van Hooijdonk 1-0 / 59' Hakon Evjen 1-1 / 65' Vangelis Pavlidis 1-2 / 90' Amin Sarr 2-2 / 90+5' Tibor Halilovic 3-2

 

Eredivisie 8位 sc Heerenveenは入れ替え無く好調のVan Hooijdonk en Sarrのvoorin. 4試合未勝利の5位 AZはWijndalが負傷欠場で18歳 Kertezを起用。Beukemaを起用してrechtsbackはSugawara en Witryをbankに置いてHatzidiakosを選択。

 

AZが多くボールを持つもHeerenveenも度々前に出てお互い危険なシーンを作る序盤。20分過ぎにHeerenveenの良い攻撃からHayeのミドルシュートが僅かに枠を外れてこの試合最初のチャンスシーン。お互い雑なプレーでゴールに近づけない時間帯が続き、Hatzidiakosの強烈なミドルシュートも枠外に。

 

後半も展開は変わらず進み、HayeのクロスをVindahlが手に当てるもリバウンドをVan Hooijdonkが決めてHeerenveenが先制も1分もせずにEvjenのミドルシュートで同点に。さらにMidtsjøのクロスをtweede paalのDe Witが頭で折り返すとHeerenveenの守備陣が処理できず、試合にほとんど入れていなかったPavlidisが蹴り込んで1-2. Heerenveenは終盤 Musaba投入で4-3-3に変更して勝負をかけ、AZも交代策で何の問題も無く試合を終えようとしていたが、90分直前にSarrが右足でゴール右上隅に素晴らしいシュートを決めて同点にすると、4分間のblessuretijd最後にはHalilovicが左足でfantastischなシュートをゴール逆隅へ決めて劇的に3-2で終了。


21.00 FC Utrecht - Vitesse 3-1
3' Willem Janssen 1-0 / 21' Sander van de Streek 2-0 / 81' Simon Gustafson 3-0 (str.) / 85' Patrick Vroegh 3-1 

 

お互い低調にcompetitieを終えた7位対6位。FC UtrechtはMaherをbankに置いてVan Overeem, Timber, Gustafsonとop tienのVan de Streekのmiddenveld. VitesseはSchubertに替えてHouwenがバーの下に。

 

出だしにUtrechtが攻勢をかけると、最初のhoekschopでHouwenがボールに触れず、Dasaを振り切ってtweede paalに走り込んだJanssenが決めて早々に1-0. Utrechtの勢いにVitesseが全く対応できず、5分過ぎにもDouvikasがフリーでヘディングを決めたが僅かにbuitenspel. さらにBazoerが1人後方に残っていたことでDouvikasがスペースを得て抜け出すもHouwenに止められてシュートできずとUtrechtが追加点のチャンスを逃したが、20分過ぎにBuitinkのミスパスをBoussaidが奪い、Van de Streekが罰して2-0. 後半はVitesseが選手交代で盛り返そうとするも、依然エネルギッシュなUtrechtが優勢を保ち続けて時間が経過。終盤に投入直後のinvaller AlmqvistをBazoerが倒してのpenaltyで3-0. 絶望的な状況のVitesseだったが、残り時間にconervariantから意表を突いたManhoefのアクションとアシストでinvaller Vroeghが決めて3-1. 

 

Thomas Letsch
「我々はまだ完全に死んではいない。日曜は少なくとも2ゴール差で勝たないといけないが、それは絶対に可能。だから我々はまだ生きている。多くの時間は無いし、今年すでに52試合をプレーしてきた。だからいま必要なのはtrainingすることでは無く、話をすること。私が誰かのモチベーションを上げる必要が無いことを願っている。それは良くない、日曜が我々の最後の試合になる可能性があるので、そうならないようにしないといけない。時間を上手く使うつもり」

 

zondag 22 mei
14.30 AZ - sc Heerenveen 2-0
5' Dani de Wit 1-0 / 88' Zakaria Aboukhlal 2-0


1点差を追いかけるAZは依然 Wijndalが負傷欠場でKertezが続いて代役。thuisで劇的に3-2勝利したsc Heerenveenは入れ替え無し。

 

出だしAZの非常に激しい競り合い方がMakkelieによって罰せられず、AZが優勢に立つと開始5分でClasieの素晴らしいパスにWoudenbergの背後に走り込んだDe Witが決めて早々にタイに。Heerenveenも10分にClasieから奪ってSarrに最初の大チャンスもバーの上に。次第にAZが圧倒的にボールを持つもHeerenveenが堅く守ってチャンスを与えず、後半はHeerenveenがボールを持てるようになってより拮抗した展開。残り10分でBeukemaのヘディングがバーの上に飛んでverlengingと思われたが、再びClasieの素晴らしいパスからWoudenbergをかわした投入直後のinvaller Aboukhlalが2-0にしてトータル4-3で決着。

 

Zakaria Aboukhlal
「僕がsupportersに口笛を吹かれたのはこれが初めてじゃない。僕はclub, チーム、ファンにとって何度も重要な存在になってきた。彼らの振るまい方は幼稚だと思う。こういう皮肉な拍手と皮肉な親指のリアクションを受ける。理由?それは彼らに聞いてくれ、僕には分からない。僕はかなり頻繁重要な存在だったし、とても幼稚だ」

 

18.00 Vitesse - FC Utrecht 3-0
39' Million Manhoef 1-0 / 52' Sondre Tronstad 2-0 / 93' Nikolai Baden Frederiksen 3-0 
Rood: 120+3' Nikolai Baden Frederiksen (2xGeel)

 

2点差を追いかけるVitesseはCornelisseがフィットせず欠場、FrederiksenがbankでVroegh en Domgjoniがbasis入りして4-4-2に。thuisで3-1快勝のFC上は入れ替え無し

Vitesseが久しぶりにアグレッシヴなプレーをしようとするもミスが多く、待ち構えるUtrechtを慌てさせることができない前半。20分過ぎにOpendaがネットを揺らすも明らかに相手を両手で押して認められず。30分に16m内に侵入したDasaに対してWillem Janssenがリスクの高いタックルで倒すもLindhoutは吹かず。70%以上ボールを持ちつつほとんどシュートまで行けなかったVitesseだが、前半終盤にvrije trapのこぼれ球からManhoefの見事なシュートで1-0. トータルで1点差に詰めて緊張感を取り戻し、DomgjoniがVan der Hoornの足を激しく踏みつけるもLindhoutはgeel判定。


後半に入ってもVitesseの勢いが衰えず、Opendaの角度の無いシュートがOelschlägelに阻まれたあと、ingooiからTronstadの見事なミドルシュートで2-0. トータルで3-3と追いつき、その後もManhoef, Bero en Opendaらが3-0に近づく展開。Utrechtはカウンターの機会を上手くシュートまで持って行けず、残り5分でTronstadが再び強烈なミドルシュートもOelschlägelがなんとかセーブして90分終了。

 

verlengingに入って5-3-2に戻したVitesseがBeroのパスからWillem Janssenの判断ミスでスペースを得たinvaller Frederiksenが決めて3-0. 試合通して4-3で遂に勝ち越し。 残り15分でUtrechtはVan Overeenのヘディングで同点に近づいたがHouwenにセーブされ、VitesseもカウンターでFrederiksenに大チャンスがあったがバーの上に外し、Beroが完全に抜け出すもシュートの前に追いかけたJanssenに押し倒されて勝負を決められず。blessuretijdにFrederiksenが全く不必要なファールで2枚目退場もそのままVitesseが試合を終わらせて勝ち上がり。

 

Vitesseは1試合目終盤で3-0ビハインドを見事に大逆転し、finaleでAZと対戦。FC Utrechtはthuisでの良い内容と結果を台無しにする悲劇的な試合でシーズン終了。Willem Janssenはキャリア終了。

 

Willem Janssen
「こういうシナリオもあり得るのは事前に分かっていたけれど、いざ起きてみるととても奇妙な感じ。試合中にできることをまだなんとかしようとした。まだゴールを決めるために集中しようとしたけれど、ああ、その直後に引退が僕の頭をよぎった。ちょっと空っぽだ。この結果は計算していなかったら、実際とても奇妙。負ける可能性があるのも、play-offsで最後の試合になり得るのも分かってはいたけれど、この方法は悲しい。彼らが2-0にした瞬間に、僕らにはまだ取り戻せるという確信と信じる気持ちが欠けていた」

昇降格play-offs halve finale: Heraclesが17年ぶりに降格!

Play-offs om promotie/degradatie: halve finale


dinsdag 17 mei
20.00 ADO Den Haag - FC Eindhoven 2-1
15' Moreo Klas 1-0 / 28' Thomas Verheydt 2-0 / 74' Joey Sleegers 2-1 (str.)

 

ADOはdoelman Hugo Wentgesが病欠でAlessandro Damenがバーの下に。spits Verheydtがフィットしてbasisに復帰し、Ćatić en Felipe Piresの両サイド。FC Eindhovenは入れ替え無し。

 

開始5分でBrymに大チャンスもDamenが1対1で好セーブ。続くhoekschopからVan der Sandeの強烈なヘディングもDamenが見事にセーブ。優勢なFC EindhovenだがVerrethが負傷してフィールドを下り、交代で入るVan Sonを準備している間にADOの良い攻撃からVerheydtのアシストでKlasが最初のチャンスを決めて先制。ADOはさらにターンで上手く前を向いたSteijnが強烈なシュートがBertramsの好セーブに合うも、Seedorfの素晴らしいクロスにVerheydtの完璧なヘディングで30分もせず効率良く2-0に。 明らかにショックを受けるFC Eindhovenは大入りのstadionで大声援を受けるADOのエネルギッシュなプレッシャーに苦しみ、HT直前にようやくSleegersにシュートチャンスもまたもDamenが好セーブ。

 

後半もADOが競り合いの強さを見せてほぼ問題無くコントロールし、数回良いシュートで追加点のチャンスも作る展開だったが、残り20分でMatthysの16m内での軽率なファールがKamphuisにpenaltyで罰せられて2-1. さらにロングボールでSleegersが飛び出してロブでDamenの上を抜くもAmevorがぎりぎり追いついてクリア。一気に盛り返し始めるFC Eindhovenに対してADOが一時コントロールを失って騒然とした雰囲気になるも、最後の10分間は再び闘争心を発揮して3点目を狙って攻勢をかけ、しかしもうチャンスには至らずそのまま1点差で終了。

 

woensdag 18 mei
18.45 Excelsior - Heracles Almelo 3-0
21' Marouan Azarkan 1-0 / 74' Thijs Dallinga 2-0 / 85' Couhaib Driouech 3-0

 

Excelsiorは1e rondeから入れ替え無し。Wormuthを電撃解任してRené Kolmschotが指揮を執るEredivisie 16位のHeraclesはKnoesterが負傷欠場、Rente, Fadiga en Bakisを外してBakboord, Sonnenberg, Hoogma en Armenterosをbasis起用と4人入れ替え。

 

開始数分でAzarkanのクロスにbuitenspelpositieのNiemeijerがSonnenbergをそっと押してSonnenbergの頭を経て後方に流れたボールにNiemeijer抜け出し、Buckerもかわすも角度が無く決められず。直後にもAzarkanの良いアクションでDallingaに最初の大チャンスが訪れたがBuckerが1対1で好セーブ。さらにDallinga en Azarkanにチャンスがあったが枠外とBuckerのセーブに阻まれ、Excelsiorが序盤のチャンスを決められない展開だったが、20分にHoremansのクロスをNiemeijerが落とし、Azarkanが強烈なシュートでようやく先制。全く試合に入れないHeraclesを完全に圧倒するExcelsiorは30分直前にAzarkanがSchoofsの激しいファールを受けて起き上がれず担架で運ばれるショッキングな出来事に一時落ち着きを失い、前半終盤に立ち直るも右サイドとゴール前で違いを作っていたAzarkanを失った影響は大きく、交代で入ったBaasが全く試合に入れなかったことでHeraclesも試合に入り、40分直前にLaursenで最初のシュートはバー直撃、さらにblessuretijdにもLaursenのパスからHeraclesに大チャンスがあったがExcelsiorのverdedigersがシュートをさせず何とかクリア。

 

後半もExcelsiorが相手ゴール前に迫る頻度が明らかに減って拮抗した展開に。お互い小さなチャンスを作った後、60分過ぎにDallingaにヘディングで決定機も枠外に。さらにGoudmijnの決定的シュートもBuckerの好セーブにあったが、その数分後にDallingaがNiemeijerとの見事なコンビネーションから2-0にすると、Heraclesの反撃も得点には至らず残り数分でカウンターからDriouechが決めて3-0とreturnを前に決定的なリード。

 

zaterdag 21 mei
16.30 FC Eindhoven - ADO Den Haag 1-2 (1-4)
 16' Thomas Verheijdt 0-1 / 26' Collin Seedorf 0-2 (e.d.) / 89' Mawouna Amevor 1-2

 

1点差を追いかけるFC EindhovenはVerrethがschorsingでVan Sonを起用。ADOはĆatićに替えてBourardを起用。

 

FC Eindhovenが良いスタートを見せてやや優勢な序盤も、見事なカウンターからVerheijdtが最初のチャンスを決めて先制し、早々に2点のリード。さらに前半半ばにはFC Eindhovenのゴール前の混乱からBourardに軽く背中を押されたSeedorfのeigen doelpuntで致命的な3点差で勝負あり。

 

ADOは2試合を通して相応しい内容で勝ち上がり、3年ぶりの昇格をかけてfinaleへ。FC Eindhovenは3-4-3 formatieで良いvoetbalを見せたシーズンだったが、最後はほとんどそれを出せずに無く終了。

 

20.00 Heracles Almelo - Excelsior 1-3 (1-6)
28' Sinan Bakis 1-0 / 47' Thijs Dallinga 1-1 / 63' Mats Wieffer 1-2 / 83' Nikolas Agrafiotis 1-3


3点差を追いかけるHeraclesはFadigaが戻ってSonnenbergがbankに。voorinはArmenteros en Hanssonに替えてBakis en Başaçıkoğlu. ExcelsiorはAzarkanがまだフィットせずBaasがbasis入り。

 

半入りながらsupportersの声援を受けて出だしからHeraclesが激しくプレッシャーをかけようとする予想通りのスタート。Excelsiorも慌てずに対応しようとしたが、15分過ぎからHeraclesが押し込み始めると30分手前にvrije trapからBakisが頭で決めて2点差に。その後もHeraclesが優勢に進めたが得点は奪えず、ExcelsiorもカウンターからGoudmijnに大チャンスがあったが枠を外して折り返し。後半出だしにGoudmijnの右足外側での素晴らしいパスからDallingaがあっさり1-1にして決着。60分過ぎにはvrije trapからWiefferが頭で1-2とし、stadionを静かにさせ、90分直前にはゴール裏のHeracles supportersが発煙筒投げ込みで試合を中断させ、再開後に90分までプレーして終了。

 

Heraclesは17年間過ごしたEredivisieから降格。Excelsiorは昇格をかけてADOとのfinaleへ。

 

René Kolmschot 
「沈黙、悲しみ。1-1の後はもう何も得るものがなかった。もう『幕が閉じた』と分かった。何とかしようとはするが、もうできることはほとんど無い。我々はシーズン全体で挫折した、ドタバタしていた、それも1つ。落ち着きが無かった、全体としてそういうシーズンだった。常にclubを支えた訳では無いsupportersの振る舞いも我々の首を絞めた」
「確かに、今シーズン『どこへ向かっているんだ?』と思う事はあった。少なくとも私はHeraclesでこれを経験したことは無かった。だが自分を責めることはできないと思う。clubは全力を尽くしたが、上手く行かなかった」

Daniloを獲得

FeyenoordはDanilo Pereira da Silvaと合意に達した。フリーの23歳のBraziliaanse spitsは2026年半ばまでの4年契約に近日中にサインする。

 

Feyenoordのtechnisch directeur Frank Arnesenはこの夏の補強に大きな自信を持っている。「Daniloのような機敏でスピードのあるspitsは我々のselectieに感激すべき追加。彼がフリーでFeyenoordに移ることができるというのも素晴らしい事実。我々はDaniloが自分の得意なこと、つまり16m内で効率的で脅威になり、得点を決めるのを我々のもとでも見せてくれるだろうと大いに期待している」

 

São Paulo馬のDaniloは主にthuisland Braziliëでvoetbalopleidingを受け、 Corinthians, Vasco da Gama en Santosなどのnclubでjeugdspelerとして活動した後に2017年にajaxに移った。2020-2021シーズンに彼はFC Twenteのレンタル選手として33試合で17ゴールを記録し、そのシーズンのEredivisieで最も多く得点した選手の1人だった。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-bevestigt-komst-danilo---190522

Shaqueel van Persieと初契約

Shaqueel van PersieはFeyenoordで初のプロ契約にサインした。Feyenoord Onder 16の15歳のaanvallerは月曜後後のDe Kuipで自信を2025年までclubに繋ぎ止める契約に署名した。

 

「我々はclubとして、ShaqueelがFeyenoordで遂げている成長にとても満足している」とFeyenoordのHead of Academy Rini Coolenは話す。「彼は洞察力が強く、優れたwinnaarsmentaliteitを持ち、簡単に得点し、trainingen en wedstrijdenでechte leiderであることを見せている。だから初契約にサインするのは彼にとって素晴らしいご褒美でもある」

 

voormalig Feyenoord-speler en huidig Academy-trainer Robin van Persieの息子であるVan Persieは、Feyenoordで初のプロ契約にサインできたことを誇りに思っている。「僕は10歳からこのclubでプレーしているので、今日は僕にとって殊更にスペシャルな日。Feyenoordを自分にとって第2の家のように感じている。supporters, stadion, 全てがただ美しい。僕の夢は最終的にDe Kuipでプレーし、そこで活躍すること」

 

2017年夏からVan PersieはFeyenoord Academyでプレー。その前はManchester Cityのjeugdopleidingなどにいた。Feyenoord Academyでこの左利きは現在5シーズン目を迎えており、Feyenoord Onder 16のaanvallersの1人であり、aanvoerderでもある。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-legt-shaqueel-van-persie-tot-2025-vast-160522

 

 

最終節: Willem IIが大勝も33pt!で直接降格。Fortunaが辛うじて生き延び、Spartaに敗れたHeraclesがnacompetitieへ。8位争いはHeerenveenが勝利

Speelronde 34

 

Zondag 15 mei
14:30 Heracles Almelo - Sparta Rotterdam 1-3
45+1' Arno Verschueren 0-1 / 69' Lennart Thy 0-2 / 79' Mario Engels 0-3 / 84' Sinan Bakis 1-3

 

14位で引き分け以上で残留のHeraclesはOuahimがbasisに復帰。15位で勝てば残留のSpartaはPEC戦勝利から入れ替え無し。

 

前半圧倒的に優勢で良いシーンも作っていたHeraclesだが、blessuretijdにmiddenveldでフリーのNamliの素晴らしいパスからVerschuerenにあまりにも簡単に裏に抜け出されて痛恨の失点。信じる気持ちが強まったSpartaに対し、追い詰められたHeraclesが後半さらにプレッシャーを強めて攻勢をかけると、16m内でMeijersの体から離れた手にボールが当たるもMakkelieは吹かず、VAR Blomのチェック後も「膝を経て手に当たった」とのジェスチャー。残り時間もHeraclesが攻め立ててBasaçikoglu en Armenteros投入で得点を目指したが、70分直前にSpartaのカウンターからNamliのラストパスをThyが決めて決定的な0-2. 他会場の途中経過から絶望的な状況でHeraclesが最後の勝負をかけるも、さらにEngelsに今シーズン初ゴールで0-3とされ、終戦ムードの中でBakisが1点返すも状況は何も変わらずそのまま終了。

 

HeraclesはFortunaも勝利したことでまさかの16位に落ちてnacompetitieでExcelsiorと対戦。Spartaは得点力不足に苦しんだシーズンの最後に効率の良さを見せて14位で残留成功。

 

Maurice Steijn
「Willem II en Fortunaがpuntenを得るだろうから、我々も勝たなければならないと感じていた。我々は非常に辛抱強くプレーし、35分目以降はよりvoetbalができるようになった。前半は緊張があったかもしれないが、それも論理的なこと。後半は決めるべきチャンスが数回あり、良いタイミングで得点できた」
「FC Groningen en PEC Zwolle相手には我々はボールを持った時にもっと良かったと思う。だがまぁ、誰も気にしない。我々は全員で信じられないパフォーマンスを発揮した。、我々が記したのは一種のjongensboekのようなもの」

 

Adil Auassar
「別次元の緊張。朝食時から緊張感が高まり始めていた。僕らは今シーズンでItalianenになった。僕らが今シーズン全員で起こしたチームパフォーマンスは前代未聞だ。Maurice Steijnがどんな瞬間に仕事に就いたかを見れば、彼は最大限の賞讃に値するだろう。でも前のtrainerも今シーズンに貢献している。この数試合はHenk (Fraser) en Henk (van Stee) から祝福のメッセージを貰った。今日もまたあるだろう」

 

Frank Wormuth 
「明らかなhands. ああ、太ももと経て。だがこれはhandsだ。彼の太ももについて話さないといけないか?私は今シーズン何度も何度も『受け入れる、受け入れる、受け入れる、これはhandsでは無い』と行ってきた。だが今回は私も正直に『これはhandsだったし、これが試合を決めた』と言う。そしてこうも言わざるを得ない『VARはまた酷かった』」

「我々が16位になったのは理由が無い事では無い。我々にはシーズンを通して不運しか無かった訳では無い。自分たちが得点を決めなかったことで試合に勝たなかったのを認めなければならない。すぐにkleedkamerでここからキャラクターを示さなければならないと話した。まだ最終的に自分たちを誇りに思うことができるはず。我々は難しい状況だったが、キャラクターを示したんだと子供たちに伝えたい。このploegがそれができるかどうかを見てみよう」

 

Aaron Meijers
「ボールは僕の膝を経て飛んできて、僕には予想できなかった。いま映像で見ても見えないけれど、100%僕の膝に当たっていて、だから僕の手に向かって飛んだ。これはとにかくルール。もしもボールが膝に当てっていなかったら手にも当たらなかった?分からないけど、幸いにももうそれについて考える必要は無い、ハハ」

 

14:30 Willem II - FC Utrecht 3-0
8' Jizz Hornkamp 1-0 / 53' Saddiki 2-0 / 73' Joris Van Overeem 3-0 (E.D.)

 

alles-of-niets-wedstrijdの17位 Willem IIが素晴らしいスタートを見せ、この数週間低調な7位確定済みのFC Utrechtを圧倒するとOelschlägelの処理ミスからこぼれ球に競り勝ったKöhnの強烈なシュートをOelschlägelが弾き、リバウンドをHornkampが決めて早々に先制。他の会場次第のWillem IIはその後も優勢に進め、Saddiki en CrowleyのコンビネーションからMax Svenssonに大チャンスも決められず。しかし後半にHeerkensのヘディングがOelschlägelの好セーブにあったリバウンドをSaddikiが決めて2-0. De Keijzerの負傷離脱でplay-offsも代役を務めることが濃厚なOelschlägelだが、終盤もVan Overeemとのミスコミュニケーションで3-0と悲劇的な午後に。

 

Willem IIは素晴らしい内容で大勝も、Sparta en Fortunaの試合結果により17位で18年過ごしたEredivisieから降格。33ptでの降格は3pt syteem導入後最多記録を4pt塗り替え。FC Utrechtはplay-offsでVitesseと対戦。

 

Kevin Hofland
「我々はやらなければならないことをしたが、最終的に何も得られなかった。待たなければならないのは辛かった。supporters, de spelers en de clubのことを考える。どこで失敗したのか、それはいつも考えるもの。誰もがそう考えるだろう。私は今は失望感しか無い。そのフィーリングが支配している。空っぽだ」
「来シーズンはまだ本当に分からない。それについては考えていなかった。シーズンが終わってから考えると約束している。話を聞くつもり、全体像が重要。それをまず明確にしないちけない。自分がEerste Divisieには大きすぎるとは感じていないが、どんな意図か、私が残るのをそもそも彼らが臨んでいるかをまずは知る必要がある」

 

Freek Heerkens
「勝てば十分だと確信していた。他のフィールドの情報は閉ざし、自分たちが勝って、待つしかない。最後はあまり無い光景。みんなで一緒に立って待った、Utrechtを倒して降格なんて非常に辛い…」

 

Rick Kruys
「もの凄く酷いスタートだった。Willem IIが全力で燃えてスタートするのは分かっていたこと。あのゴールは我々がどれだけ試合に入っていないかの究極の例だった。keeperを問題に陥らせ、2つの競り合いに負け、ボールをバスケットから取り出す羽目になった。ああ、イラついている。しかし我々が見せたものには私も責任がある。非常に恥ずかしい。play-offsに向けてある程度流れに乗り、supportersとの絆を深めたいと思っていたが、今日見せたものを謝罪しなければならない。FC Utrechtのtrainerとして恥ずかしいとしか言えない」

 

14:30 NEC - Fortuna Sittard 0-1
13' Zian Flemming 0-1 

 

8位で勝てばplay-offs行きのNECはDuelundがbasis入り。16位で勝てば自力で残留を決められるFortunaは5選手を入れ替えてBaghdadiをbasis起用。

 

出だしからNECが主導権を取るも、10分過ぎにFortunaがスペースを突いてカウンターを仕掛けると、Baghdadiの良いアクションからGladonの意表を突いたhakbakでFlemmingが値千金の先制点を決め、Mats Seuntjensの背中の名前を指さしてRalf Seuntjensを励ますパフォーマンス。だがこれが長い長いFortunaの戦いの始まりとなり、NECが終始ボールを持って攻撃を続け、Fortunaがひたすら守って時々ボールを蹴り出して時間を稼ぐ展開に。20分過ぎにOkitaに決定的シュートもVan Oschが好セーブ。60分過ぎにもOkitaが至近距離から大チャンスで枠を外し、blessuretijdにはTavsanの決定的シュートがVan Oschを抜くも、ライン上にいたFlemmingが頭で決定的なクリア。最後はSemedoが完全に抜け出す100%チャンスで枠を外してFortunaのbankとsupporters全員に頭を抱えさせるも、Fortunaが薄氷を踏みつつ逃げ切って勝利。

 

この1年間移籍の願いをclubによって拒否されてきたFlemmingが最後までclubを救う活躍を見せてFortunaがぎりぎりで最後の大きな3ptをを得て15位で残留成功。

 

Zian Flemming
「素晴らしい締めくくり。移籍?いや、確かな事は何も無い。まだ何もまとまっていないけれど、もう2回失敗に終わっている。今回は彼らも協力してくれるだろう。今夜が終わったら全てをしっかり見てみる。スポーツ面で素晴らしいものなら、どこでも可能性はある。全体像が上手く嵌まらないといけない。それがNederlandかbuitenlandかは見てみよう。バーが低すぎるよりは高すぎる本当の挑戦を臨んでいる。自分を証明するのが好きだからね」

 

Mats Seuntjens
「ポジティヴな状況では無いけれど、Ralfは強い。生命の危険があるかどうか?それを言うのは時期尚早。彼は追跡調査を受け、そこでいろいろな事が明らかになり、すぐ治療と投薬が始まった。僕は自分では理解していないから上手く説明できているかどうか分からない。彼は抗凝血剤を使用した。多分僕はディテールに入りすぎているかも。見た目は良くないけれど、Ralfは強い」

 

Sjors Ultee
「前半はそれほど悪くなかったが、後半は『こんな経験はかつて無かった』というものだった… 完全にヘトヘトだが、とにかくとても誇りに思う」

 

14:30 sc Heerenveen - Go Ahead Eagles 3-1
30' Sydney van Hooijdonk 1-0 / 61' Sydney van Hooijdonk 2-0 / 87' Anthony Musaba 3-0 / 89' Jacob Mulenga 3-1

 

お互いに勝てば8位の可能性がある直接対決。序盤Heerenveenが優勢に進めて早々にSarrが大チャンスを逃すもさらに数回惜しいシーンを作ると、試合に入れないGo AheadはNoppertが痛んだ隙にVan Wonderenがveldspelersを集めてコーチング。しかし甲斐無く30分にSarrがヘディングで折り返したボールをVan Hooijdonkも頭で決めて先制。NECがビハインドを背負っていたことでHeerenveenの8位の期待が高まった後半、Hayeのパスから再びVan Hooijdonkが頭で決めて2-0とし、勝利をほぼ手中に。残り数分にもNoppertの大きなヘマからMusabaが勝負を決め、ほとんどノーチャンスだったGo Aheadは終了直前にキャリア最後の試合のinvaller Mulengaが今シーズン初ゴールを決めて直後にpubliekwisselを受ける美しい光景で終了。

 

sc HeerenveenはNECが敗れたことで逆転で8位に上がり、play-offsでAZと対戦。

 

14:30 FC Groningen - SC Cambuur 2-3
12' Roberts Uldriķis 0-1 / 50' Mees Hoedemakers 0-2 / 58' Jørgen Strand Larsen 1-2 / 61' Issa Kallon 1-3 (str.) / 90+2' Romano Postema 2-3

 

お互いに8位に小さな望みがあり、後半は点の取り合いになったが結局8位には届かず。FC Groningenは7連敗でシーズン終了。

 

Danny Buijs
「終わり方はとても多くの敗戦での悪夢。それはとても心が痛む。しかし人々の私へのリアクション、私が受けたサポートを見れば。それはとても多くの感情を引き起こす。ここでの私の期間が開始時と同じようにとても多くの敗戦で終わったのはとても皮肉。だがその間はとても上手く行っていたので、人々は私にこういうリアクションをしれくれたのだろう」

 

14:30 Feyenoord - FC Twente 1-2
27' Dimitrios Limnios 0-1 / 38' Smal 0-2  / 67' Cyriel Dessers 1-2

 

Trauner, Malacia en Nelsonを欠く3位確定のFeyenoordがConference League-finaleに向けて良いフィーリングを得たかった試合だが、4位確定のFC Twenteの組織的な堅い守備と競り合いの激しさに対抗できず、次第にミスが多くなるとTwenteのコンビネーションから裏を取ったVan WolfswinkelにMarcianoが対応しようとするもボールを抑えられず、こぼれ球をゴール前のLimniosに出されて失点。全く試合に戻れないFeyenoordは前半終盤にはTwenteのaanvallersにbuitenspelをかけようとするも、後方から飛び出したSmalにMarcianoも含めて誰一人対応できず0-2. 後半 Feyenoordが多少改善して盛り返し、SinisterraのhakからDessersがようやく得たチャンスを決めて1-2. さらにDessersが抜け出してUnerstallもかわしたが角度が無くシュートできず、終盤の攻勢もあらゆる手段を使ったTwenteに凌ぎ切られて敗戦。

 

FC Twenteは2010/11シーズン以来最高の68ptでシーズン終了。

 

Ron Jans
「自分自身で緊張感を高めないといけない試合だった。それを我々はFeyenoordより上手くやった。我々がフレッシュだった? 難しいね。kilometers en sprintsでは我々の方が優っていた気がする。Feyenoordは時々やや怠惰な印象を受けた。だがこれはとても美しい試合だったと思う。今シーズンの我々の成長を証明したもの。我々はEuropaに行く、そしてこの試合はConference League-niveauだ」
「試合後にFeyenoordのassistent Marino Pusicと話をした。常にしっかり立っていなければならないのをいま理解できたのは彼らにとって良かっただろう。Tiranaでのfinaleでは全く違うFeyenoordが見れると思う。Nederlandse voetbalfanとしてもそう願っている」

 

14:30 Vitesse - ajax 2-2
15' Brian Brobbey 0-1 / 52' Loïs Openda 1-1 / 56' Loïs Openda 2-1 / 87' Edson Álvarez 2-2

 

6位確定済みのVitesseはOpendaが高速カウンターで今シーズンの得点数を18まで伸ばしてリードを奪うも守り切れず引き分けで終了。play-offsでFC Utrechtと対戦。

 

14:30 PEC Zwolle - PSV 1-2
11' Armindo Bruma 0-1 / 16' Gervane Kastaneer 1-1 / 73' Richard Ledezma 1-2

 

PSVは2月にajax en AZに敗れてからの13試合を11勝2分けで終了。

 

Roger Schmidt
「最後に試合にかててとても嬉しい。もちろんstandにはもう何の意味も無いが、PSVのshirtを着ているなら、勝つために全力を尽くさなければいけない。我々は多くの選手を欠き、とても暑く、相手は良い方法でEredivisieに別れを告げたいと臨んでいた。我々もtopでは無かったし、すでに57試合やってきたならそれは無理でもある。我々は苦しむための準備ができており、最終的に勝ったのは見事。2 prijzenと良いEredivisie-campagneで私としてはtopseizoenだったと振り返る事ができる」

 

14:30 AZ - RKC Waalwijk 1-3
18' Finn Stokkers 0-1 / 47' Dani de Wit 1-1 / 64' Juriën Gaari 1-2 / 79' Roy Kuijpers 1-3

 

AZはplay-offsでsc Heerenveenと対戦。

 

Pascal Jansen
「wanprestatie, それが全て。今日は最後のthuiswedstrijdで自分たちの観客の前で良いパフォーマンスを発揮するチャンスだった。ゴールまでほとんど問題が無かったのに、そこからはエネルギーが落ちる一方で選手たちが諦めているのが見えた。それは私のploegらしくない。これは絶対に受け入れられないパフォーマンスであり、play-offsへ向けて最適な準備の助けにもならない。我々はもう一度鏡を見なければならないし、私自身もそうする」

 

Stand
1    Ajax    34    (26    5    3)    98-19    +79    83pt
2    PSV    34    (26    3    5)    86-42    +44    81pt
3    Feyenoord    34    (22    5    7)    76-34    +42    71pt
4    FC Twente    34    (20    8    6)    55-37    +18    68pt
5    AZ    34    (18    7    9)    64-44    +20    61pt
6    Vitesse    34    (15    6    13)    42-51    -9    51pt
7    FC Utrecht    34    (12    11    11)    51-46    +5    47pt
8    SC Heerenveen    34    (11    8    15)    37-50    -13    41pt
9    SC Cambuur    34    (11    6    17)    53-70    -17    39pt
10    RKC Waalwijk    34    (9    11    14)    40-51    -11    38pt
11    NEC    34    (10    8    16)    38-52    -14    38pt
12    FC Groningen    34    (9    9    16)    41-55    -14    36pt
13    Go Ahead Eagles    34    (10    6    18)    37-51    -14    36pt
14    Sparta Rotterdam    34    (8    11    15)    30-48    -18    35pt
15    Fortuna Sittard    34    (10    5    19)    36-67    -31    35pt
16    Heracles Almelo    34    (9    7    18)    33-49    -16    34pt
17    Willem II    34    (9    6    19)    32-57    -25    33pt
18    PEC Zwolle    34    (7    6    21)    26-52    -26    27pt

 

Topscorers
1.    Sébastien Haller    (Ajax)    21 (2)
2.    Loïs Openda    (Vitesse)    18 (2)
3.    Vangelis Pavlidis    (AZ)    16 (0)
Ricky van Wolfswinkel    (FC Twente)    16 (5)
5.    Jesper Karlsson    (AZ)    15 (5)
Guus Til    (Feyenoord)    15 (0)
7.    Jørgen Strand Larsen    (FC Groningen)    14 (0)
8.    Bryan Linssen    (Feyenoord)    13 (0)
Dušan Tadić    (Ajax)    13 (4)
10.    Zian Flemming    (Fortuna Sittard)    12 (0)
Cody Gakpo    (PSV)    12 (1)
Luis Sinisterra    (Feyenoord)    12 (0)
13.    Michiel Kramer    (RKC Waalwijk)    11 (0)
Eran Zahavi    (PSV)    11 (0)

 

Assists
1.    Dušan Tadić    (Ajax)    19
2.    Cody Gakpo    (PSV)    14
3.    Jesper Karlsson    (AZ)    12
4.    Joey Veerman    (PSV)    11
5.    Steven Berghuis    (Ajax)    10
Owen Wijndal    (AZ)    10
7.    Orkun Kökçü    (Feyenoord)    9
8.    Issa Kallon    (SC Cambuur)    8
Bryan Linssen    (Feyenoord)    8
Ricky van Wolfswinkel    (FC Twente)    8
11.    Sébastien Haller    (Ajax)    7
Luis Sinisterra    (Feyenoord)    7
Eran Zahavi    (PSV)    7

最終節に敗れてフォーカスはfinaleに (最終節: Twente-thuis)

Feyenoordは10日後に組まれているEuropa Conference Leagueのfinaleに完全に集中することができる。Arne Slotのチームは日曜にEredivisie-seizoenをスタイル良く勝利で終える事を願っていたが、FC TwenteがDe Kuipで1-2で勝利した。

 

特に前半は多くのFeyenoordersの頭の中はすでにTiranaに行っているように見えた。今シーズンのcompetitieでploegが多くのpuntenを獲得した要因であるエネルギー、クオリティ、シャープさはほとんど無く、非常に多くの試合数での疲労も影響していたかもしれない。ranglijstでの4位を先週見事に確定していたTukkersがDimitrios Limnios en Gijs Smalで2回得点。

 

満員のDe KuipはHT後に、多くのキャラクターで火中の1ptを拾った先週のPSV戦のようなカムバックを期待していた。だがArne Slotが5つの交代機会全てを使った多くの数のフレッシュな新戦力にも関わらず、今回はaansluitingstreffer以上は生まれず。それはCyriel Dessersの足から生まれ、今シーズン最後のcompetitiegoalに。

 

こうしてFeyenoordはスタイル良く締めくくる事はできなかったが、それでも試合終了直後にはhet legioenから大きな拍手を受けた。一方で今シーズンのパフォーマンスへの賞讃に対して、そしてもちろんTiranaでの大いなる日への後押しという意図ももちろんあった。そこでチームは歴史を記し、Europese prijsでシーズンを美しいものとすることができる。AS Roma相手のfinaleは5月25日に行われ、21:00 uur開始。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/focus-op-finale-na-verlies-in-laatste-speelronde-eredivisie-150522

 

Zondag 15 mei
Feyenoord - FC Twente 1-2
scoreverloop:
27' Dimitrios Limnios 0-1 
38' Smal 0-2  
67' Cyriel Dessers 1-2

 

Scheidsrechter: Jeroen Manschot
Gele kaarten: Dessers, Toornstra, Geertruida, Pedersen (Feyenoord), Zerrouki, Pleguezuelo (Twente)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Marciano; Pedersen, Geertruida, Senesi (85' Bassett), Hendriks (46' Toornstra); Aursnes, Til (67' Linssen), Kökcü (56' Hendrix); Jahanbakhsh (56' Wålemark), Dessers, Sinisterra.
FC Twente: Unnerstall; Brenet, Higlers (70' Pröpper), Pleguezuelo, Smal; Zerrouki (80' Bosch), Vlap (80' Pierie), Sadilek; Cerny (70' Cleonise), Van Wolfswinkel (90+5' Ugalde), Limnios.

 

Wissels:
Feyenoord: Cojocaru, Jansen, Hall, Sandler, Hendrix, Toornstra, Bassett, Wålemark, Linssen
FC Twente: De Lange, Van der Gouw, Staring, Troupee, Bruns, Pierie, Propper, Brama, Bosch, Ugalde, Misidjan, Cleonise.


https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-fc-twente-2021-2022

 

Arne Slot
「これが1回限りなのを願っている。この試合にどれだけ多くの価値があったか疑問に思えるかもしれないが、finaleに持って行くために重要な試合だったと思う。だから負けたのは面白く無い。だが、とても多くのpuntenとこのようなEuropese campagneの伴ったこういうシーズンの後には全てを受け入れて良いフィーリングで振り返る事もできるものがとてもたくさんある」
「特に後半 選手たちが非常にイライラしていたが、そのイライラはRoma相手には12倍になると言っておいた。我々がこの試合からいくつかのものを得られるのを願おう。こういうスタートでRoma相手にビハインドを負えば、私にはアドバイスできることは何も無い。それが今日の最も重要なレッスンでないといけない」

 

「Cyrielを獲得したいなら、彼に何を払わなければならないかは分かっている。我々は彼に是非残って欲しいが、彼次第でもある。我々の金銭的な可能性だけでなく、彼がどんな選択をしたいかにも拠る。今後数週間でとても多くの名前が挙げられるだろう。clubにリストがあるのは間違い無い。Van Ewijk: rechtsback positieを見ればGeertruida en Pedersenがいるが、2人とも多くのclubsから関心を持たれているため、彼がリストに載っていないとは間違い無く言えないだろう。だが今の私はFeyenoordとfinaleに完全に集中している。Frankは背後がいろいろなことに取り組んでいるのは間違い無い。私がすべきで無いのは、様々な名前にリアクションすること」
https://www.voetbalprimeur.nl/nieuws/1030443/slot-wijst-na-verlies-op-belangrijke-les-voor-conference-league-finale-feyenoord.html
https://www.fr12.nl/nieuws/het-zijn-wel-twee-spelers-die-in-de-belangstelling-staan

 

Orkun Kökcü
「まだちょっと痛みがあるけれど、それほど深刻では無いと思う。相手に足の裏にぶつかってちょっと問題が残ってしまったようだ。でも何も壊れていないと思う。一時的な痛みだけだと思う。リスクは冒さなかったし、finaleにには十分間に合うはず」
https://www.fr12.nl/nieuws/blessure-kokcu-valt-mee-geen-risico-genomen

 

続きを読む

昇降格play-offs 第1ラウンド: ADOがNACを下し、Excelsiorも延長でRoda JCに勝利

play-offs om promotie/degradatie: 1e ronde


mondag 9 mei
20.00 De Graafschap - FC Eindhoven 1-1
12' Joey Sleegers 0-1 (str.) / 73' Denzel Gravenberch 1-1 

 

KKD 9位 De Graafschapはlinksback Van Heertumが欠場でBaasが代役。KKD 3位  FC Eindhovenは21得点のlinksbuiten Joey Sleegersらbeste elftal. 

 

出だしに抜け出すBrymのかかとに後方からVan de Pavertがごく軽い接触で倒すもscheidsrechter Bosはノーファール判定。いきなり10人になるのを免れたDe Graafschapが攻勢をかけるも、10分過ぎにFC EindhovenのカウンターからSleegersのクロスがFortesの広がった手に当たったとassistentの助言を受けたBosがpenalty判定で0-1. その後はDe Graafschapガボールを持つも、今シーズンthuisで僅か4勝のチームがチャンスを作れず静かに進行。

 

後半はFC Eindhovenが主導権を取り、hoekschopからVan der Sandeがネットを揺らすもbuitenspel. De Graafschapは60分にKaandorpのパスでKorteに大チャンスもBertramsに足でセーブされてようやく得た同点の大チャンスを決められず。しかしここから勢いに乗ってさらに数回ゴールに迫り、LelieveldのクロスからHendriksがゴール前でシュートも僅かに枠を外したが、Gravenberchら投入の交代策でさらに攻め続けると残り20分でhoekschopからFortesのシュートがあからさまに手を高く上げて飛び込んだVan der Sandeの手に当たってのpenaltyで1-1. 残り時間もDe Graafschapが相手陣内でほぼ一方的に攻め続けたが、決勝点には至らず引き分け。


dinsdag 10 mei
18.45 NAC Brada - ADO Den Haag 1-2
34' Sem Steijn 0-1 / 74' Michaël Maria 1-1 / Sacha Komljenovic 1-2

 

KKD 8位のNACは最終節から入れ替え無くMoreno Ruttenはbankに。KKD 4位のADOは今シーズン30得点のspits Verheydtが負傷欠場でCaticが代役。

 

開始数分でADOのカウンターからKishnaのパスでCaticに大チャンスも僅かに枠外に。直後にNACも良い攻撃からVan SchuppenがフリーでボレーもWentgesの正面に。その後はNACがローテンポで低調なプレーを続け、ADOが鋭い攻撃でKishnaに1度チャンスを作ったが、そのKishnaが負傷して30分でBourardと交代に。しかし数分後にADOのカウンターからbuitenspelかどうか微妙な位置から抜け出したPiresのシュートのリバウンドをSteijnが決めて先制。SteijnはNAC supportersに背中を向けて自身の名前を指差し、1年前に解任された父親のリベンジ。NACもすぐに同点の大チャンスを作ったが、De Rooijの良いアクションからのシュートをライン上のKemperがクリア。ようやくテンポのあがったNACの良い攻撃からさらにVan SchuppenのシュートもまたもKemperがライン前でクリア。

 

後半開始直後にSteijnのhakからKlasにチャンスもOlijがセーブ。数分後にはNACのvrije trapが16m内でSteijnの上げた肘に当たるもscheidsrechter Van de Graafの笛は鳴らず。運の無いNACだったが、終盤 invaller Mariaの強烈なシュートが決まって引き分けで終わると思われたblessuretijdにADOのvrije trapでの素早い再開にNACが全く反応できずinvaller Komljenovicが初ゴールを決めて劇的に勝利。


21.00 Excelsior - Roda JC Kerkrade 2-2
10' Kenzo Goudmijn 1-0 / 42' Thijs Dallinga 2-0 (str.) / 67' Dylan Vente 2-1 / 68' Stefano Marzo 2-2 

 

KKD 6位のExcelsiorは32得点のtopscorer Dallingaの隣のフリーマンとしてDallingaに11アシストのNiemeijerを置く4-4-2. KKD 5位のRoda JCは23得点の元Feyenoorder Venteなど。

 

開始数分でVossebeltのクロスをExcelsiorのdoelman Van Gasselが手に当てるも、こぼれたボールがPflückeの足下に落ちていきなり大チャンス。しかしPflückeのシュートはVan Gasselがなんとかセーブし、さらにそのリバウンドを狙ったLimbombeも決められず。Rodaが大チャンスを逃すと、10分にExcelsiorのingooiからのシンプルなeen-tweetjeでGoudmijnが見事なシュートを決めて1-0. さらにDallingaに最初のチャンスは角度が無くDe Boerがセーブ。その後はExcelsiorがコンパクトな守備でほとんどチャンスを与えず、自分たちは数回相手ゴールに近づいて優勢に進行。前半終盤にAbsalemが16m内でNieuwpoortとの競り合いで倒れるもscheidsrechter Oostromの笛は鳴らず、直後にカウンターからから反対側でNiemeijerがWerkerのタックルで倒されてのpenaltyを当然 Dallingaが決めて2-0. 

 

後半もボールを持つRodaがExcelsiorの壁を超えられずにいたが残り30分Venteの強烈なミドルシュートで2-1とすると、直後にRodaの攻撃からVan GasselがボールをこぼすとMarzoが蹴り込んであっという間に2-2. 残り時間でExcelsiorが攻撃に出ようとするも逆にRodaがVan den Bergのバー直撃などさらにチャンスを作りつつそのまま引き分け。


vrijdag 13 mei
20.00 FC Eindhoven - De Graafschap 3-1 (4-2)
10' Justin Ogenia 1-0 / 16' Mees Kaandorp 1-1 / 23' Charles-Andreas Brym 21- / 24' Joey Sleegers 3-1 

 

1-1で終わった1試合目からFC Eindhovenは入れ替えなく、De Graafschapはlinksback Van Heertumが戻ってベストのelftal. 

 

お互いチャンスの無い出だしからOgeniaの見事なミドルシュートが逆隅に決まってFC Eindhovenが先制も、数分後にDe Graafschapも良い攻撃からKaandorpが楽々決めて1-1とお互い最初のチャンスで得点すると、20分過ぎにはゴール前で完全フリーのBrymがクロスにあわせて2-1. 直後にはSleegersがmiddenveldからドリブルで自ら抜け出しての見事なゴールで3-1. 数分後にはDe GraafschapもKorteが良いアクションから大チャンスを得て、この試合5回目のチャンスで3-2になるかと思いきやBertramsが触ってverdedigerがぎりぎりクリア。怒濤の展開からその後はDe Graafschapがボールを持つも、FC Eindhovenも無理せず守備に人数をかける展開。40分にDe Graafschapの良い攻撃から右サイドのOpokuから決定的なクロスもゴール前フリーのHendriksが上手く触れず。

 

後半に入ってもボールは持つも相手の守備組織を崩せないDe Graafschapは残り30分でHendriksを下げてGrasenverchを投入。しかしFortesがvrije trapからフリーのヘディングチャンスでバーの遙か上に外し、良い攻撃からNeghliに100%チャンスもBertramsが見事にセーブ。直後にFC EindhovenもSleegersが抜け出して100%チャンスもJurjusの素晴らしい反応に阻まれて試合を決められず、残り時間も大チャンスには至らずそのまま終了。

 

KKDでstuntを起こして3位で終えたFC Eindhovenは夢の昇格へ向け、次のrondeでADO Den Haag - NAC Bradaの勝者と対戦。

 

Mawouna Amevor
「今シーズンの初めにはみんな僕らを嘲笑していた。でも僕らはcompetitieでとても上手くやれるのを見せた。それをあと2 rondes続けられることを願おう」

 

zaterdag 14 mei
16:30 ADO Den Haag - NAC Brada 2-0 (4-1)
76' Dion Malone 1-0 (E.D.) / 79' Dhoraso Klas 2-0 


Bredaで1-2で勝利したADOはVerheydtが依然bankからでKishnaも負傷離脱でCatic en Piresのbuitenspelers. 1点差で追う立場のNACはBanzuziを外してlinksbackのMariaをmiddenveldで起用し、linksbackにMoreno Ruttenを起用。

 

主導権を取ろうとするNACがなかなかゴール迫れない序盤。15分過ぎにようやくDe RooijのクロスからBilateに最初の大チャンスもバーを直撃。リスクを冒さないADOは数回hoekschopからチャンスがあったが、お互いvoetbalは低調な内容。後半 NACがさらにプレッシャーをかけたが、Banzuziが上げたクロスがkeeper Wentgesの頭上を越えてゴールへ向かうも再びバーを直撃。残り15分を切ってADOのカウンターからCaticのクロスがMaloneに当たり、飛び出したOlijも逆を疲れて遂に先制すると、数分後にカウンターからKlasが2-0としてトータル 4-1と広げてあっという間に勝負あり。

 

ADOはHaags kwartiertjeに勝負を決めてhalve finaleでFC Eindhovenと対戦。NACは不安定なシーズン前半から冬にThom Haye en Ralf Seuntjensも失って低調なままシーズン終了。

 

20.00 Roda JC Kerkrade - Excelsior n.v. 0-2 (2-4)
95' Couhib Driouec 0-1 / 120+3' Nikolas Agrafiotis 0-2 

 

火曜日に2点差を追いついたRodaがthuisでもその勢いで主導権を取り、20分直前にVenteに大チャンスもVan Gasselに阻まれ、Limbombeもリバウンドを決められず。30分過ぎにはPflückeに100%チャンスもまたもVan Gasselのセーブ。
ExcelsiorもカウンターからAzarkanが決定的シュートを放ったがライン上にWerkerにクリアされ、直後にDallingaがゴール前フリーでシュートもDe Boerが好セーブ。

 

後半もお互いに攻め合いが続き、65分にExcelsiorの攻撃からNieuwpoortが16m内のVan den Bergとの接触で倒れるとKamphuisがpenalty判定。しかしDallingaのstrafschopをDe Boerが見事にストップ。終盤はRodaが多くボールを持つもExcelsiorが手堅く守って緊張感の高まる残り10分、AzarkanのパスからDallingaがネットを揺らすもbuitenspel. ExcelsiorはGoudmijn en Azarkanを下げてAgrafiotis en Driouechを投入し、残り時間も守備に時間をかけてそのままverlengingに。

 

verlengingは再びExcelsiorが盛り返して五分五分の展開。Rodaがhoekschopから最初の大チャンスもtweede paalのJoppenが至近距離から外すと、直後に反対側でDallingaのhakからDriouechが決めて遂に先制。追い詰められて攻勢に出るRodaはvrije trapから裏に飛び出したVossebeltのヘディングがバーの上に飛び、ExcelsiorはDallinga en Niemeijerも下げてverdedigers投入で逃げ切りを計り、最後の数分間はJoshuaが負傷して10人でプレーももうチャンスを与えず、blessuretijd最後には2人が抜け出してのカウンターでトドメ。

 

Excelsiorはhalve finaleでEredivisie 16位と対戦。