Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Jaden Sloryと2027年まで契約延長

Feyenoord en Jaden Sloryはこのaanvallerの期限切れ契約を3年間延長する事で合意した。Feyenoord Academyの18歳のspelerはDe KuipのPerscentrumで少なくとも2027年夏まで自身をclubに繋ぎ止める契約にサインした。

 

Sloryは2013年にBVV BarendrechtからFeyenoordに移籍し、以来 Varkenoordで全Academy-teamsを通過。今シーズン このjeugdinternationalはFeyenoord Onder 21で試合に出場し、さらにUEFA Youth LeagueでFeyenoord Onder 19のsterkhoudersの1人であり、5試合で5得点している。彼の順調な成長は1月にhoofdtrainer Arne SlotによってMarbellaでのFeyenoord 1のtrainingskampのselectieに入れられる事で報われた。

 

「この素晴らしいclubとの契約を延長できたことは誇らしい気分にさせてくれる」と新たな3年契約を結んだ直後にSloryは語った。「clubの人々から大きな信頼と感じているし、ここで自分自身をさらに成長させて最終的に成功したいという強い意欲を持っている。Feyenoord 1での瞬間は僕のもっとそれを味わいたいという気持ちにさせてくれるし、その素晴らしい経験を今後数年間ポジティヴな形で続けていきたい」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/contract-jaden-slory-verlengd-tot-medio-2027-190224

Wiefferが終盤 勝利に導く (第22節: RKC-thuis)

Mats Wiefferは日曜にFeyenoordをRKC Waalwijk相手のpunten喪失から土壇場で救った。圧倒的なRotterdammersの優勢とHT直前のdoelman Etienne Vaessenへのrode kaartにも関わらず、ずぶ濡れのDe Kuipは長時間同点のままだったが、このmiddenvelderが時間終了間際にヘディングを決めた (1-0). Lutsharel Geertruida en Quinten Timberが復帰を果たし、Bart Nieuwkoopがinvallerとしてclubでの100回目のofficiële wedstrijdに出場した。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/matchcenter-feyenoord-sluit-weekend-af-tegen-rkc-waalwijk-180224

 

Zondag 18 februari
Feyenoord - RKC Waalwijk 1-0
84' Mats Wieffer 1-0 

 

Scheidsrechter: Martin van den Kerkhof
Rode kaart: 35' Etienne Vaessen 
Gele kaarten: Lelieveld, Niemeijer, 

 

Opstellingen:
Feyenoord: Wellenreuther; Geertruida, Beelen (46' Nieuwkoop), Hancko, Hartman; Wieffer, Timber, Stengs (46' Ueda); Minteh (61' Paixão), Gimenez (87' Milambo), Ivanušec (78' Sauer).
RKC Waalwijk: Vaessen; Lelieveld (46' Gaari), Adewoye, Van den Buijs, Meijers (63' Lutonda); Roemeratoe, Niemeijer (82' Takidine), Oukili; Cleonise (39' Houwen), Min (82' Margaret), Lokesa.

 

Wissels:
Feyenoord: Lamprou, Van Sas, Read, Nieuwkoop, Lopez, Zerrouki, Milambo, Lingr, Sauer, Paixão, Ueda.
RKC Waalwijk: Houwen, Spenkelink, Felida, Gaari, Lutonda, Bruma, Weidmann, Vroegh, Stevanović, Takidine, Margaret, Kramer.

 

https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-rkc-waalwijk-eredivisie-2023-2024

 

Arne Slot
Ivanušecについて
「Lukaはよりフィットしてきているし、今日のような試合ではボールを持っていない時でも適切な方法でテンポについて行けるのが見えた。さらに彼は何度も脅威になり、危険だった。ここからはさらに高いテンポの試合でもそれをする事が彼にとって重要。彼はコンビネーションにとても良いフィーリングを持っており、フリーマンを見つけられる。今日は良い仕事をした。木曜もスタートするか?まだ分からないし、誰が起用できるかも分からないが、私はこの前の木曜にIgor Paixãoはとても良いと実際思ったよ」
Rode kaartについて
「その議論はしたくないが、それが議論になるのは全く正当だと思う。我々が最初に得た4, 5回の大チャンスの内 2, 3を決めていれば、そんなことは起きなかったはず。そうしていればこれは脚注になっていた。0-0でそれが起きた今、それは決定的なシーン」
Wiefferについて
「ああ、Matsは再びoverdriveだった。我々が必要としている瞬間に彼は我々のためにそこにいてくれる。とてもハードワークし、ボールを持った時に良く、本当7に適切なテンポでプレーできる。つまり彼はとても高いテンポでプレーをかけ、ボールが無い時にはボールを奪えるということ」

 

Spitsenについて

「我々のexpected goals数と実際の得点数の差が大きいというVIの記事は読んだよ。そして今日 その差が縮まったとは思わない。Santiagoには『これだけ多くのゴールを決め、Gold Cupを勝ちm、Eredivisieを勝った者・・・ その者なら数回得点しなくても構わないだろ?』と言ったよ。それは多くのgrote spitsenもしえいること。VIがとても素晴らしく描写したことが永遠に続くことができない時期が必ずやって来る。必ず我々はまたゴールを決め始める」
「彼らは十分なチャンスを得ている、それが最も重要。Glenn Salmonはかつて『得点するために全力を尽くしても上手く行かず、ただどこかに立っているだけでシュートが決まる時期もあった』と言っていた。それが多少spitsの人税だとも思う。私は他のhele, héle grote spitsenがあまり得点しない時期も見た。我々にはとても良いspitsenがおり、彼らにもあまり得点しない時期を迎える権利が与えられている。それは時間の問題。我々は彼らのためにチャンスを作り続ける」


https://www.fr12.nl/nieuws/slot-over-ivanusec-de-rode-kaart-en-is-lovend-over-wieffer

https://www.vi.nl/nieuws/slot-houdt-zich-bij-moeizaam-scorend-feyenoord-vast-aan-vi-artikel

 

Mats Wieffer
「最終的には僕らが買ったし、決勝点を決められたのはもちろん嬉しい。僕らはまた苦戦した。ボールが2回ライン上でクリアされ、オープンゴール前でUedaのチャンスが外れた。そうなると『こんな試合ってあるか?』と思う」
「10人相手で相応しい勝利と言うのは簡単。結局のところ僕らにとっては非常に重要な勝利。ここからは木曜日に向かう」
「roodのシーンは僕には分からない。RKCは全員がgeen handsだと見ていた。僕は見ていないから分からない」

 

「Santi en Ayaseが何かを探しているのは気づくけれど、Ayaseがtrainingenでどのように決めているかを見れば・・・ 彼は本当に上手く決められると思う。彼にとっては毎回上手くお邸内。Uedaにはとても多くのポテンシャルがある。Santiにとっては少し難しい時期かもしれない。彼は特に前半 起点としてとても重要で、ボールを捌いていた。それはポジティヴだと思う」
「今日のLukaはとても良いプレーだったと思う。多く脅威が彼加太で、多くのチャンスが左からだった。右は彼らは数的優位だったから多少難しかった。左で彼が数回上手く抜き、数回良いアクションをした。惜しくも入らなかったUedaへのアシストもあった。彼はとても脅威になっていたと思う。彼が適応に問題を抱えていた?それは僕には言うのが難しい。彼がちょっと内向的なのは気づいた。今はもっとgroepに溶け込めていると思う。最初はちょっと探り探り、それは誰もが経験するし、僕自身も経験したこと。今日のプレーを見れば順調に行っているのが分かる。彼は間違い無く良い speler」
https://www.fr12.nl/nieuws/wieffer-dan-denk-je-het-zal-toch-niet-zon-wedstrijd-worden
https://www.fr12.nl/nieuws/je-ziet-vandaag-aan-het-spel-dat-het-goed-gaat

 

Luka Ivanušec
「僕らはチームとして良い試合をしてとても多くのチャンスを作った。個人的には日に日に良くなっていると感じているし、試合と時間を重ねる毎に自信が増している。バーに当たってまたちょっと不運だったけど、この方法でやり続けてもっと多くの試合で今日の様なプレーをしないといけない」
「怪我の後は自信を取り戻さないといけない。怪我の後の最初の数試合は足首に自信を持とうとしたけれど時間がかかった。ちょっと時間がかかり過ぎたかもしれないけれど、いまは日毎に良くなっている」
「trainerの批判は当然。僕自身もっと良いプレーができるのは分かってる。今後それを見せたい。ハードワークを続けるし、戻ってくると信じている。いま何%か?Kroatiëとプレーしていた時のレベルに戻るにはもっと時間が必要。ずいぶん前の事だけど、時間を得られる様になって良かった」
https://www.fr12.nl/nieuws/ivanusec-persoonlijk-voel-ik-me-dag-bij-dag-beter-worden

 

続きを読む

第22節: AZが年明け初勝利。Almereが27pt到達。FC UtrechtがTwenteを下して14試合連続無敗記録更新

Speelronde 22


Vrijdag 16 februari
20:00 PSV - Heracles Almelo 2-0
18' Luuk de Jong 1-0 / 56' Olivier Boscagli 2-0 
Rood: 13' Antony Limbombe

 

火曜にChampions Leagueを控えるPSVはBakayokoが病欠でLozanoを右に移し、今シーズン途中出場17回のPepiをlinksbuitenで初めてbasis起用。さらにSaibariをbankに置いてTilmanがmiddenveldに。Hornkampが復帰して年明け5試合で7ptを稼いだHeraclesはVitesse戦の5-4-1からBakboordを外し、Limbombeを戻して再び4-3-3に。

 

10分過ぎにLimbombeのDe Jongへのタックルがroodで罰せられて早々にHeraclesが10人になると、数分後にVeermanのvrije trapからDe Jongの頭でPSVが先制して実質勝負あり。その後は一方的なPSVの攻撃をHeraclesがBrouwerの数回の好セーブもあって凌ぎ続けていたが、55分過ぎにPSVのコンビネーションでBoscagliに中央を突破されて2-0. Heraclesは残り20分でinvaller Engelsが良いアクションから大チャンスもやや難しい角度からのシュートはポストを直撃し、終盤は明らかにPSVが流して終了。

 

HeraclesはPSV-thuisでの21分のHoogmaのrode kaartに続いて早々に10人になってBrouwerの大活躍もノーチャンスの敗戦。

 

Peter Bosz
「効率性が欠けている?Eredivisieで最もゴールを決めているのはどこだ?だからそれは心配毎では無い。得点に関して非常に重要なのは、ploeg内に得点を決められる者がいるかということ。それが我々にはたくさんいる。だから常に重要なのは、その者たちが得点できる様に十分なチャンスを作る事。そうしたチャンスを作れなくなったら、その時に心配し始める」

 

Luuk de Jong
「相手が早々にrode kaartを受けるのはいつでも良い事。でもそれでも十分なエネルギーを注がないといけない。僕らはすぐに1-0にできたけど、3-0, 4-0にしないといけなかった。チャンスも十分あったけれど、それを決めるのを忘れていた」
「僕に分かっているのは、僕がボールを蹴り、彼 (Limbombe) が僕の足首に当たったという事。かなり痛かった。彼はちょっと修正しようとしていて、その際には注意すべき。議論はできるけれど、彼は自分が危険な状況に陥ったのを分かっている。ああいうタックルを仕掛ければ誰かに当たる可能性はあり、それならrode kaartも受け入れないといけない。scheidsrechterは上手くやった。spelersを守らないといけない」

 

Erwin van de Looi

「私はHeraclesのtrainerなのであまりすぐにrode kaartと思わないかもしれない。だから私はrode kaartとは思わなかった。これはLimbombeがボールを守ろうとしたvoetbalactieだと思う。Destが彼を妨害し、彼に当たり、それで彼はバランスを崩した。Limbombe はボールを守ろうとし、タップしようとした。De Jongが少しだけ速く、ボールに辿り着いた。彼は蹴られだが、私の目から見るとrode kaartの強度は全く無い。この競り合いがどこから来たかを見ても絶対に無い」
「もう一度言うが私はHeraclesのtrainer, しかし両方のbankの全員が驚いていたと感じた」

 

Zaterdag 17 februari
18:45 Fortuna Sittard - AZ 1-2
18' Iñigo Córdoba 1-0 / 63' Vangelis Pavlidis 1-1 / 90' Dani de Wit 1-2

 

FC Utrechtに4-0大敗のFortunaはSiovas負傷欠場でDijksをcentraalに移してVoetがlinksback. Halilović en PetersonがbankでmiddenveldにDa Cruzを加えてCórdobaがbasisに復帰して4-4-2. Almere相手に0-0に終わってtrainer入れ替え後も4試合勝利無しと苦しむAZはAddaiに替えてDe Witを起用し、Mijnansをrechtsbuiten起用。

 

5分でVan BommelからPavlidisに最初のチャンスも難しい角度からのシュートはVerripsがセーブ。スペースを得て快適にvoetbalをするAZはその後もSugawara en De Witがシュートを試みたが、Belicの悲劇的なミスパスをCordobaが罰してあっさり1-0. balbezit 75%で攻め続けるも大チャンスを作れないAZは35分過ぎに良い攻撃からPavlidisがネットを揺らすもbuitenspel.

 

Fortunaは後半開始早々にDa Cruzを下げてHalilovićを投入。後半もAZがボールを持ちながら大チャンスを作れずにいたが、60分過ぎにAZのhoekschopをVerripsが取りこぼす致命的ミスをPavlidisが罰して1-1. 動きの良くなったAZがさらにClasieのパスでMijnansに大チャンスもこれはVerripsに好セーブされ、Pavlidisの反転シュートは大きくバーの上に飛び、invaller Van Brederodeのシュートはバー直撃。劣勢のFortunaは70分にHalilovićのvrije trapから大チャンスもVoet en Sierhuisが連続でバーを叩き、なかなか得点できずにいたAZが90分直前にSugawaraのlange inworpをinvaller Zeefuikが頭で伸ばしHalilovićの背後でフリーのDe Witが決めて1-2で決勝点。

 

AZは7試合連続勝利無しをようやく止めて4位を維持。

 

Danny Buijs
「もちろんガッカリ、1ptに近かったからね。我々はボールを持った時に決して良いプレーをしなかったが、必死に戦った。1-1は故人のミス、1-2はingooiで、それでこういう形で負ければとても痛いしフラストレーションが溜まる。決勝点は組織の問題。我々はAZの2 spelersに対して4人がいたが、それでもDani de Witは16m内で完全にフリーだった、これはもちろん前代未聞」

 

Maarten Martens 
「試合終了直後に私がいなくなっても、私が信じられないほど満足している事に変わりは無い。よく見て貰えば、私はとても安堵して喜んでいるのが分かるだろう。我々はこれを本当に必要としていたし、長い間待っていた。まだ全てがtopでは無いが、我々はこの結果を得る資格があったし、こまでの数試合もあったと思う」
ajax-thuisに向けて?我々がやりたいvoetbal, 後方から支配し、ヴァリエーションのある組み立てをとにかくやり続けること。それはprimaにやれている。しかし最後のところで攻撃面でも守備面でも冷酷でないといけない。それがまだ十分では無い。Feyenoord-thuisでとても良いプレーをしたが、vrije trapで冷酷では無かった。ああいう相手にはそれで現金を支払う事になる」

 

18:45 Sparta Rotterdam - Excelsior 4-2
11' Kik Pierie 0-1 / 16' Lance Duijvestijn 0-2 / 24' Arno Verschueren 1-2 / 31' Tobias Lauritsen 2-2 / 75' 3-2 Tobias Lauritsen / 90+6' 4-2 Dani de Wit 4-2

 

10位対15位でのstadsderby. 年明け5試合で僅か1pt, 10月末以来thuiszegeが無いSpartaはBakari, Brym en Mitoをbankに置いてVan der Kust en Clementの右サイドにLauritsenがbasisに復帰。年明け5試合で4ptもAlmereとの大一番に敗れて16位 RKCと僅か3pt差のExcelsiorはEl Yaakoubiが病欠、Baasがschorsingから戻り、Uddenäsを外してDuijvestijnがlinksbuiten起用で初のbasis入り。

 

開始早々Clementに最初のチャンスもVan Gasselにセーブされると、10分過ぎにExcelsiorのhoekschopで後方から走り込んだPierieがダイレクトで見事にボレーを決めて0-1. さらに数分後にも右サイドのDriouechが見事なアクションでWarmerdamをかわしてのクロスがDuijvestijnに届いて0-2. Spartaも直後のVerschuerenに大チャンスがVan Gasselの好セーブに阻まれたが、20分過ぎにLitolanoが左サイドを突破してのパスをLauritsenが落とし、フリーのVerschuerenが強烈なミドルシュートで1-2とすると直後にDriouechに圧倒されていたWarmerdamを下げてBakariを投入。徐々にSpartaがgripを取り戻すと、30分過ぎにconerの跳ね返りを拾ったSaitoがfantastischなアクションでDuijvestijn en BaasをかわしてのパスからLauritsenが決めて2-2. 数分後にもSaitoに大チャンスがあったがVan Gasselが足を伸ばし、リバウンドをDe Guzmanが狙ってバーの上に。

 

オープンでスペクタクルな前半から、後半はお互いにやや保守的なスタート。De GuzmanがDriouechの顔面に肘打ちもgeelで済まされその前後にもDriouechへのファールでClement, Vriends en Van der Kustにgeelが配られる。Driouechは70分に自身のタックルで負傷交代すると、数分後にSpartaはhoekschopからLauritsenの見事なヘディングで今シーズン初めて頭での得点を決めて3-2. 終盤前掛かりになったExcelsiorに対してSpartaはSaitoに試合を決めるオープンチャンスも枠に飛ばせず。90分にinvaller NaijoksのヘディングがOlijの好セーブに遭い、blessuretijd最後にExcelsiorのhoekschopで上がったVan Gasselがこぼれ球をキープしきれず、Spartaがカウンターから無人のゴールに決めて4-2で勝負あり。

 

Spartaは2点ビハインドからの大逆転でHet Kasteelでの5試合勝利無しを止めて29ptで暫定8位。Excelsiorは次節 Vitesse-thuisの大一番。

 

Couhaib Driouech
「後半は自分が狙われていると感じた?ああ、そうだね。あまりに痛かったので最終的には下がらないといけなかった。彼らはこの方法でやったのだから、上手くやったということ。でも最もスポーツらしいやり方では無い」

 

21:00 PEC Zwolle - Almere City FC 0-1
69' Thomas Robinet 0-1 

 

3pt差の8位対13位。PECはVan Polenがschorsing, Flichtingerが長期離脱でDe Rooij en El Azzouziがbasis入り。AlmereはBarbetをbankに置いてMbe Sohを起用。

 

20分もせずにDe Rooijが負傷してVan der Waterと交代とPECがさらに怪我人を増やしつつ主導権を取り続けたが、チャンスには至らず。Almereは前半blessuretijdにようやく最初のシュートもVan Duivenが大きく枠外でほとんど何も無い前半。

 

HT開け直後にRitmeester van de KampでAlmereに良いチャンスがあったがSchendelaarが問題無くセーブ。PECはLamのロングボールでThyが飛び出したがシュートはサイドネット。その後もPECがやや優勢の時間帯が続いていたが、70分手前にRobinetが見事なミドルシュートを決めて0-1. PECは90分直前に幸運なvrije trapの流れからKerstenに大チャンスがあったがゴール前で全くシャープさが無くシュートできずそのまま終了。

 

Almereは実に今シーズン9回目の無失点、7勝目でPECと並ぶ27ptと残留が濃厚になり、play-offs圏争いにも参加。

 

21:00 sc Heerenveen - Go Ahead Eagles 0-2
56' Jakob Breum 0-1 / 90+2' Victor Edvardsen 0-2

 

ここ3試合で8得点7失点のsc HeerenveenはWålemarkが負傷欠場でNunnelyがbasisに復帰。Go AheadはBreum en V. Edvardsenに替えてBaeten en Stokkersを起用。

Heerenveenが多くボールを持って長い攻撃が数回続くもほとんどチャンスを作れず、Go Aheadもカウンターから全く脅威にならず、何も起きない前半。

 

HTにGo AheadはO. Edvardsenに替えてBreumを投入すると、Deijlのvrije trapがバー直撃のリバウンドをBreumが決めて0-1. 後半はHeerenveenがGo Aheadのプレッシャーをかわせなくなって次々にカウンターからピンチを招くシーンが続き、Heerenveenが全く試合に戻れないままblessuretijdにGo Aheadのカウンターからinvaller V. Edvardsenが0-2にして勝負あり。

sc Heerenveenはまたも非常に低調な後半で試合を台無しにして敗戦。Go Aheadは今シーズン uitで2勝目。Go Aheadは5位争いの相手のajaxを暫定で2pt上回って結果待ち。

 

Kees van Wonderen
「先週とは違う試合。ajaxは行ったり来たりのvoetbalをする。これはExcelsior戦でも経験したこと。良い組織で閉じたプレーをするploeg. そこに突破口を見つけなければならず、そう簡単では無い。だからこれはajax戦とは全く違う試合」

 

Bas Kuipers
「僕らは何人も重要なspelersを欠いているから、ちょっと違う方法でプレーした。多少忍耐強く、フィールドのより低い位置でプレーした。そうせざるを得なかった。他の選手たちがとてもハードワークしていた。カウンターで常にチャンスがあるのは分かっている。それでこの結果はfantastisch」

 

Zondag 18 februari
12:15 FC Twente - FC Utrecht 0-1
29' Jens Toornstra 0-1 

 

3位 FC TwenteはRotsが病欠でTahaが代役。13試合負け無しでclubrecord更新にリーチの11位 FC UtrechtはFrauloがbasisに戻ってIqbalがbankに。

 

出だしUtrechtがプレッシャーをかけ、10分過ぎにLammersのパスからToornstraに最初の大チャンスも枠外に。Twenteも直後にEiting en TahaからVan Wolfswinkelに大チャンスもBranderhorstが好セーブ。お互いに激しく競り合う好ゲームになるも、20分でSadilekに後ろから接触されたBoothが早々に負傷交代。一瞬10人になったUtrecht相手にTwenteのカウンターでSteijnが抜け出すもBranderhorstが再び好セーブ。30分直前にEl Karouaniのクロスから再びチャンスを得たToornstraが一旦空振りも足下に転がったボールを蹴り直して0-1. 反撃に出ようとするTwenteはミスパスが多く攻撃機会を悉く無駄にし、ようやく45分にRicky van WolfswinkelがVlapとのコンビネーションで大チャンスも至近距離からのボレーがEl Karouaniに直撃。blessuretijdにEitingがVan der Hoornをかわしてのシュートも僅かに枠外。

 

後半出だしもTwenteの雑なボールロストからUtrechtのカウンターでFrauloに大チャンスも強くシュートできず。後半もUtrechtのエネルギーに対して劣勢のTwenteは早々にBrenet en Vlapを下げてSampsted en Boaduを投入してようやくgripを得ると、60分にSampstedのパスを受けたSteijnのパスをBoaduが見事にあわせてネットを揺らすもbuitenspel. さらにEiting en Smalに替えてÜnüvar en Regeer投入して完全に相手を押し込むもほとんどゴールに近づけず。4分間のblessuretijdにTwenteのstandaardsituatieが続いてUnnerstallが上がり続けるもチャンスにはならず終了。

 

FC TwenteはPSV戦に続いて今シーズン thuisで2敗目、2位 Feyenoordが遠のく敗戦で4位 AZと5pt差に。FC Utrechtは14試合連続無敗のclubrecord更新。

 

Ron Jans
「牛乳パックの賞味期限が2月13日なら、2月16日でもprimaに消費できる。それはspelersにも当てはまるかもしれない。私が来た時、経験豊富なspelersのテーブルはあまり会長では無かった。彼らの今のパフォーマンスを見れば、とても素晴らしい。Jensが1時間もプレーしたのはほとんど非人間的。彼はひたすらsprintを続けた。彼はこの冬 Utrechtに残って戦うことを決断した。それは毎日実現させている。それがこうして報われるのは素晴らしい事」

 

14:30 Vitesse - FC Volendam 1-1
3' Bilal Ould-Chikh 0-1 / 6' Mica Pinto 1-1 

 

12ptで並ぶ18位対17位のdegradatiekraker. VitesseはIsimat-MirinがschorsingでOrozが代役。FC VolendamはBenemarに替えてPlatを起用。

 

開始直後にOuld-Chikhが単独で持ち上がってのカウンターでノープレッシャーでのシュートを決めて簡単に先制。出鼻を挫かれたVitesseだが、数分後にPintoのミドルシュートをBackhausが後逸の大ちょんぼで1-1として仕切り直し、Hadj-Moussa en Boutrahの両サイドから脅威を作り、20分手前にhoekschopの流れからHadj-Moussaが見事なアクションMührenをかわして大チャンスもバー直撃。
30分にもHadj-Moussaが数回の切り返しからシュートもBackhausが好セーブ、リバウンドからArcusのミドルシュートもBackhausが良い反応で触ってバー直撃。長時間圧倒されていたVolendamは前半最後に多少前に出れるようになったがカウンターの機会を活かせず。

 

VolendamはHadj-Moussaの対応に苦しんだCoxをHTに下げてBenemar投入でPlatをlinksbackに移し、Hadj-Moussaの存在感を減らすことには成功。しかし後半もVitesseが主導権を取り続けてMeulensteenのシュートで最初の脅威を作り、16m内に上がったArcusからMeerdinkに大チャンスもシュートは枠外に。60分過ぎにBackhausのミスキックからHadj-Moussaが良いアクションとシュートも枠外に。70分過ぎにもHadj-Moussaが切り返しでPlatをかわしてのパスをAaronsonがシュートも僅かに枠外に。80分にもMeulensteenのhakdのシュートはバーに当たり、Volendamが90分目にOuld-Chikhの突破から突然大チャンスもBuurのシュートをRoomがなんとかセーブでどちらにとっても役に立たない引き分け。

 

Vitesse en FC Volendam共に13ptで16位 RKCとは5pt差と絶望的な状況はほとんど変わらず。

 

Eloy Room
「Volendamが喜んでいるのは分かるよ。どういう訳かボールが入らない、信じられない。僕らはとても力強いスタートだったけれど、実際それだけでは不十分だった。前代未聞だ。でもこの引き分けはある種のブーストも与えてくれる。それを持っていかないといけない。このパフォーマンスが出せれば上手く行くはず。僕らは戦うことで観客の支援を得ようとしている。これはclubとfansに対する僕らの義務。この段階では全力を出すしかない。多くの事がかかっている」

 

14:30 ajax - NEC 2-2
7' 1-0 / 61' Jorrel Hato 1-1 (e.d.) / 79' 2-1 / 90+5' Roberto González 2-2

 

NECは終盤 Eredivisieでのbuitenlands spelerの出場記録434試合で更新のSchöneを投入も、数分後にそのSchöneのボールロストから失点で敗戦と思われたがblessuretijdにinvaller Gonzalezが2-2にして引き分け。

 

NECは6位 Go Aheadとの差が4ptに開く。

 

16:45 Feyenoord - RKC Waalwijk 1-0
84' Mats Wieffer 1-0 
Rood: 35' Etienne Vaessen 

 

Europa Leagueの合間の2位 FeyenoordはGeertruida, Timber en Gimenezがbasisに戻り、Paixãoに替えてIvanušecを起用。16位 RKCはRoemeratoeのschorsingが解け、Kramerが怪我から戻るもbankからで先週に続いてMinがspits.

 

出だしからRKCが積極的に前に出たことでプレッシャーを掛け合う序盤。5分にWiefferが奪ってのFeyenoordのカウンターでMinteh en IvanušecからGimenezに最初の大チャンスもゴールライン上のVan den Bergに命中。しかしFeyenoordが勢いに乗れず、RKCも上手くvoetbalをして20分にCleoniseのシュートでゴールを脅かす展開。20分ほどでようやくFeyenoordの良い組み立てが続いて目に見えて優勢になり、Minteh en HanckoがVaessenに阻まれ、好プレーを見せるIvanušecのドリブルからMintehが狙うもまたもVaessenの好セーブ。hoekschopからGeertruidaのヘディングもVaessenの壁。好プレーを見せていたVaessenだが、30分過ぎにMintehがLokesaから奪ってWiefferのパスで飛び出したStengsのシュートを16m外で手で止めてrode kaart. RKCはCleoniseに替えてHouwen投入。その後は数的優位を得たFeyenoordが完全に圧倒し始めたが、blessuretijdにMeijersが飛び出してのRKCのカウンターでMinに突然大チャンスもシュートは枠外に。

 

FeyenoordはHTにBeelen en Stengsを下げてNieuwkoop en Uedaを投入して後半出だしから次々にチャンスを作るもIvanušecのシュートがライン上でVan den Buijsに掻き出され、Gimenezのシュートはポストを。Ivanušecが中に切り込んでのシュートはバーを直撃。HanckoのシュートもHouwenが好セーブ。70分過ぎにIvanušecの良いアクションから決定的パスがゴール前のUedaに届くも枠外に。Hanckoのアクションから最終ライン際でTimberが粘って繋げたボールをUedaが決めるもゴールキック判定。RKCが久しぶりのカウンターでLokesaに突然大チャンスも相手に当たって枠を外れ、続くhoekschopをWellenreutherが接触されてバランスを崩しながらライン上でキャッチすると、残り10分を切ってFeyenoordのこの試合18回目のhoekschopからWiefferがヘディングで決めてようやく1-0で決勝点。

 

Feyenoordはシュート 32(14), hoekschoppen 19, xG 3,8と非常に多くのチャンスを逃して苦労するも3位 FC Twenteとの差を8ptに広げて木曜のAS Roma-uitへ。RKCは17位との差が5ptに。

 

Etienne Vaessen
「こういうscheidsrechterがスクリーン行かないのはスキャンダラスだと思う。彼は僕に『VARが決める』と言ったからね。決められるのは彼だけのはず。それならVARは彼に『スクリーンに行って決めろ』とは言わない。彼がもう一度見れば、彼はまだちゃんと見ていないかもしれないけれど、もう一度見れば彼がどう考えるか分かる。でも今回彼は何も見なかった、それがとてもウンザリ」
「この画像を見れば、ボールが最初僕の脇腹に当たったのが分かる。僕の腕では無い。それについては誰もが自分の望むことを考える事ができる、それは理解できる。今回も誰もが意見を持っているだろうが、すでに多くの人からこれはVARとscheidsによるとても悪いものと効いている。でも大昔に戻る必要は無い。僕らに有利になる事もあるし、素晴らしいsysteemだと思うからね」
「Houwenも他のみんなも素晴らしい試合をしたけれど、僕自身フィールドに立っていたかった。このkaartは却下されるだろうと確信もしている。さもなければ僕は自分のvoetbaltasを手放した方が良いだろう」

 

Stand
1    PSV    22    (20    2    0)    70-10    +60    62pt
2    Feyenoord    22    (16    4    2)    56-17    +39    52pt
3    FC Twente    22    (13    5    4)    42-22    +20    44pt
4    AZ    22    (11    6    5)    42-22    +20    39pt
5    Ajax    22    (10    6    6)    51-41    +10    36pt
6    Go Ahead Eagles    22    (9    7    6)    37-29    +8    34pt
7    NEC    22    (7    9    6)    41-37    +4    30pt
8    Sparta Rotterdam    22    (8    5    9)    29-31    -2    29pt
9    FC Utrecht    22    (7    8    7)    28-30    -2    29pt
10    PEC Zwolle    22    (7    6    9)    31-34    -3    27pt
11    Almere City FC    22    (7    6    9)    22-37    -15    27pt
12    SC Heerenveen    22    (7    4    11)    34-44    -10    25pt
13    Fortuna Sittard    22    (6    6    10)    22-39    -17    24pt
14    Heracles Almelo    22    (6    4    12)    29-52    -23    22pt
15    Excelsior    22    (4    9    9)    35-45    -10    21pt
16    RKC Waalwijk    22    (5    3    14)    20-39    -19    18pt
17    FC Volendam    22    (3    4    15)    23-53    -30    13pt
18    Vitesse    22    (3    4    15)    16-46    -30    13pt

 

Topscorers
1.    Vangelis Pavlidis    (AZ)    21 (1)
2.    Luuk de Jong    (PSV)    19 (5)
Santiago Giménez    (Feyenoord)    19 (1)
4.    Brian Brobbey    (Ajax)    14 (0)
5.    Magnus Mattsson    (NEC)    11 (2)
6.    Sem Steijn    (FC Twente)    10 (1)
Ricky van Wolfswinkel    (FC Twente)    10 (1)
8.    Lennart Thy    (PEC Zwolle)    9 (0)
9.    Thomas Robinet    (Almere City FC)    8 (2)
10.    Steven Bergwijn    (Ajax)    7 (4)
Tobias Lauritsen    (Sparta Rotterdam)    7 (3)
Koki Ogawa    (NEC)    7 (1)
Troy Parrott    (Excelsior)    7 (0)
Guus Til    (PSV)    7 (0)
Manfred Ugalde    (FC Twente)    7 (0)

 

Assists
1.    Joey Veerman    (PSV)    10
2.    Johan Bakayoko    (PSV)    8
Steven Berghuis    (Ajax)    8
Luuk de Jong    (PSV)    8
Calvin Stengs    (Feyenoord)    8
6.    Daan Rots    (FC Twente)    7
7.    Brian Brobbey    (Ajax)    6
Tobias Lauritsen    (Sparta Rotterdam)    6
Quinten Timber    (Feyenoord)    6
Manfred Ugalde    (FC Twente)    6

欧州戦中間ラウンド第1試合: 2チームともthuisで引き分け

Europa League: tussenronde
Donderdag 15 februari
18.45 Feyenoord - AS Roma 1-1
45+1' Igor Paixão 1-0 / 66' Romelu Lukaku 1-1 

 

FeyenoordはGeertruidaが病欠、Traunerが怪我、Timberが脳震盪からの回復中、Jahanbakhshが怪我でそれぞれ欠場、GimenezもフィットせずbankからでNieuwkoop, Beeen, Zerrouki, Minteh en Uedaが代役。aanvoerderはHancko. Mourinhoが去ってDe Rossiが後を継いだAS RomaはKarsdorpがrechtsbackで4-3-3.

 

Feyenoordが高い位置でプレッシャーをかけてRomeの雑な組み立てからボールを奪おうとする展開。10分のそのプレッシャーをかわされて大チャンスを与えるもWellenreutherが素晴らしい対応。数回プレッシャーをかわされてやや劣勢のFeyenoordは20分にWieffer がボールを奪ってStengsのパスでPaixãoに最初の大チャンスは枠を外れるも、ここからFeyenoordが優勢となって数分後にもゴール前に大きく空いたスペースでWiefferがシュートもkeeperがキャッチ。Beelenが15分でgeelを貰って以降は力強い守備を見せてRomaの濃うげっきを問題無く抑え、40分手前にParedesのミドルシュートもWellenreutherが触ってバー直撃。前半最後の5分間はRomaが攻勢もhoekschopからLukakuのヘディングも力強いプレーのWellenreutherがキャッチすると、blessuretijdにHartmanのクロスをゴール前フリーのPaixãoが頭で決めて1-0. 

 

HT明けはRomaのプレッシャーを受けて若干劣勢のFeyenoordだがチャンスは与えず、残り30分でUeda en Mintehを下げてGimenez en Lingrを投入したが、数分後にLingrが入った右サイドから上げられたクロスにHanckoがLukakuにヘディングを許して1-1. 終盤にNieuwkoopが痛んで17歳 Readがデビュー。後半はパスが雑でチャンスを作れなかったFeyenoordはボールを圧倒的に持った終盤も攻撃を加速できず攻めあぐね、90分直前にWieffer en invaller IvanušecのコンビネーションからGimenezがシュートもkeeperがセーブ、Ivanušecが難しい角度からのvrije trapを直接って意表を突くもポスト直撃。7分間のblessuretijdも細かいコンビネーションを試みるもゴール前を固めたRomeの守備を突破できず引き分け。

 

Conference League: tussenronde
Donderdag 15 februari
21.00 ajax - FK Bodø/Glimt 2-2
16' Albert Grønbæk 0-1 / 63' Albert Grønbæk 0-2 / 90+1' Branco van den Boomen 1-2 (str.) / 90+7' Steven berghuis 2-2
Rood: 90+1' Odin Bjørtuft

 

ajaxがプレッシャーをかけようとするも簡単にかわされ、Hatoがゴール前での1対1でkorte hoekに簡単にシュートを許して失点。その後も距離が離れすぎて全く組織にならず、Bodø/Glimtが快適にvoetbalをする展開。

 

後半はajaxが圧倒的にボールを持つも引いた相手のブロックを突破できず、Šutaloのボールロストからゴール前の混乱を修復できず0-2. しかしblessuretijdに16m内で裏に抜けようとしたBrobbeyが倒されてrood en penalty判定で1-2とすると、blessuretijd最後にBodø/Glimtのkeeperがクロスに中途半端なパンチングでがら空きのゴールにBerghuisが決めてかろうじて引き分け。

AS Romaとの初戦は決着付かず (EL: AS Roma-thuis)

木曜夜のFeyenoord en AS Roma間の最初の対決では勝者は生まれなかった。両チームはDe Kuipで1-1の互角。Igor PaixãoがHT直前にヘディングで自身のploegにリードをもたらし。後半半ばにRomelu Lukakuが同点にした。終盤にGivairo Read (17) がFeyenoordでの公式デビュー。Romeでのreturnは来週木曜日 2月22日。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/eerste-duel-tussen-feyenoord-en-as-roma-eindigt-onbeslist-150224

 

Europa League: tussenronde
Donderdag 15 februari
Feyenoord - AS Roma 1-1
scoreverloop:
45+1' Igor Paixão 1-0 
66' Romelu Lukaku 1-1 

 

Scheidsrechter: Radu Marian Petrescu (Roemenië)
Gele kaarten: Beelen, Minteh, Stengs (Feyenoord), Llorente, Bove (Roma)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Wellenreuther; Nieuwkoop (78' Read), Beelen, Hancko, Hartman; Zerrouki, Wieffer, Stengs (71' Ivanušec); Minteh (63' Lingr), Ueda (63' Gimenez), Paixão (78' Milambo).
AS Roma: Svilar; Karsdorp (81' Çelik), Llorente, Mancini, Spinazzola; Bove (87' Cristante), Paredes, Pellegrini; Dybala (87' Baldanzi), Lukaku, Zalewski (63' El Shaarawy).

 

Wissels: 
Feyenoord: Lamprou, Van Sas, Read, Lopez, Milambo, Lingr, Ivanušec, Sauer, Gimenez, .
AS Roma: Azmoun, Baldanzi, Boer, Aouar, Cristante, El Shaarawy, Angeliño, Renato Sanches, Smalling, Rui Patrício, João Costa, Çelik.


https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-as-roma-2023-2024-europa-league

 

Arne Slot
「ゴールが生まれた1シーンを拡大するのは好きでは無い。試合の中で相手がクロスを上げられる新が頻繁にあり、私はそれを防ぎたかった。逆に我々もクロスをいくつも上げ、しれはvoetbalでは起きる事。それを阻止しないといけないが、誰が阻止しないといけなかったかも明らか」
「クロスが来た時にはゴール前で守らないといけない。我々は試合全体でそれをかなり上手くやっていたが、非常に強いLukakuを16mないで完全にボールから遠ざけるのは非常に難しいということが分かる。前半の我々の得点の直前ににも彼はヘディングでのゴールに近かった。そのシーンで彼はまるで誰もいないかのようにWiefferを振り払った。Wiefferも真剣なspeler. だからそれをクオリティとして見ないといけない」

 

「1-1が素晴らしいuitgangspositie だとは言いたくない。すぐに3 of 4 spelersが戻ってくれば遙かに強くなるという訳でも無い。それを言えば今日プレーした選手たちを本当にとても貶めることになる」
「来週はもの凄く難しい試合になるだろう。そういう試合を経験しているし、そこで何が待っているか分かっているからね」

 

「gele kaartを受けたMintehを下げるのは議論点だった。彼は信じられないほど速く、そのスピードで滑りやすい。実際 scheidsrechterはgele kaartenを投げていたと思う、両チームにで無く、2チームの1つに。しかしそれはこの試合の結果には何の影響も与えていない」

「Thomas Beelenは守備で彼を強くするいくつものクオリティがある。良いフィジカルととても良いスピード。そしてどのようにvoetbalをすべきかを知っているよく訓練されたelftalに辿り着き、それはチームにクワアッタ背sんゆが良いプレーをするのに役立つ。Givairo Readもwinterstopから我々のtrainingに参加している選手。昨夏にFC Volendamから引き抜かれた。最初の半年間をRobin van PersieのもとOnder 18で過ごした。彼には私が好きなクオリティがいくつもある。素早いvoetenwerk. そしてプレーする事を怖れない、それはDe Kuipでやらなければならない時に重要」


「De Kuipの雰囲気は素晴らしかったが、残念ながらscheidsはそれに感銘を受けていなかった。だから来週もarbitrageがそうであることを願うし、その上であそこで結果を得るには我々が信じられないほど良くないといけない。それが必要なこと。直接でも、verlenging of strafschoppenを経てでも、勝たないといけない」

 

https://www.fr12.nl/nieuws/slot-duidelijk-over-uitgangspositie-in-rome-niet-zo-goed
https://1908.nl/artikelen/slot-het-is-niet-zo-dat-je-volgende-week-met-drie-of-vier-spelers-erbij-veel-sterker-bent

https://www.fr12.nl/nieuws/slot-heeft-ook-een-aantal-kwaliteiten-waar-ik-van-hou

 

Thomas Beelen
「90分間 Dávidと僕はokéにやった。最初の20分間は苦労し、Lukakuに数回良いシーンもあった。その後はチームとしてかなりコントロールできたと思う。だからokéだった」
「gele kaartは不愉快だったけど、あまり考えなかったよ。ああいうspits相手にハンドブレーキをかけながらプレーする事もできない」
https://1908.nl/artikelen/beelen-ik-kan-niet-met-de-handrem-spelen-tegen-zon-spits

 

Timon Wellenreuther
「1-0リードして、自分が守備で上手くやれていたなら、自分により価値があると感じるもの。両チームに試合全体を通して十分なチャンスがあったので、1-1は公平な結果。Pellegriniのシュートはバーの上に飛ぶと最初思った。結果的には良いセーブだった」
「tweede doelmanから毎週パフォーマンスを発揮するのは簡単では無い。時間を作らなければならなくなった時には準備ができていて自分を見せないといけない。それが自分にできる全て。ハードワークシテ、自分ができる事をその時間の中で見せる。trainingenでハードワークし続ければ、それはフィールドで報われる」
「僕とJutisinは良い友人。関係は良い。彼に同情しているし、もちろんプレーできるのは嬉しいけれど、一方で彼にとっては腹立たしい事。彼はtopsportmanであり全力を尽くすから、時々不運。でも間違い無くもっと強くなって戻ってくる」
https://www.fr12.nl/nieuws/uitblinker-wellenreuther-dat-is-alles-wat-ik-kan-doen

 

Quilindschy Hartman
「予想していない瞬間に僕らはお互いを痛めつけ合った。1-0でHTに入ったら、1-1よりは良い結果でkleedkamerに戻ってこれるのを期待する。だから僕らは満足よりも失望の方が大きいと思う」
「1-0は若干自分のための得点。僕はしばらく前からこれを佐賀指定t。もっとassistしないといけないと最初に言っていた。これで昨シーズンより1つ多い、それは良い進展だし、もっとできる。1回上手く行ったのは良いこと」
https://www.fr12.nl/nieuws/hartman-eerder-teleurgesteld-dan-tevreden

 

Ramiz Zerrouki
「リードを奪えばもちろん少なくとも勝ちたいと願うし、失点しない様に全力を尽くす。でも残念ながら後半それが起きてしまった」
「いずれにせよ1つだけ確実に分かっている。勝ち進みたいならRomeで勝たないといけない。難しいuitwedstrijdになるだろうけど、今日のような激しさを発揮でき、来週まだgroepが大きくなれば、僕らには勝ち進む良いチャンスがあると思う」
https://1908.nl/artikelen/zerrouki-vol-vertrouwen-dan-hebben-we-een-goede-kans-om-door-te-gaan

 

Givairo Read
「スーパーに嬉しい気分だ。どう言うべきか分からないし、言葉が無い。昨日のtrainingの後に参加できるはずというフィーリングがあって本当に嬉しかった。Geertruidaが病気で、bankにいるverdedigerはLopezだけ。予感はあったけれど確信は無かった。それが起きた時には、自分の事をやり続け、戦い続けないと行けない。そうすれば上手く行く。僕はそれをしたと思う」
「生じに言えば緊張はあった。プレーに奥行きを加えようとした。何かを加えようとしたけれど、本当に危険なものになはならなかった。でも間違い無くポジティヴなフィーリングで自分のプレー時間を振り返っている。僕は自分の事をやった。観客のサポートは全く違うと感じた。彼らは前に出るモチベーションを与え続けてくれる、それは助けになった」
「予想より物事が速く進んでいる。とても楽しいし、経験できるのは良い事。自分がいたい場所にはまだまだ遠いから、やり続けないといけない。今夜は僕が良い方向に向かっていること、そしてハードワークし続けないと行けないという事を示した。そうすれば上手く行くと思う」
https://www.fr12.nl/nieuws/read-dolblij-met-debuut-in-feyenoord-1-het-gaat-sneller-dan-verwacht

 

続きを読む

6分間の2ゴールでZuitにpuntenを留める (第21節: Sparta-thuis)

Feyenoordは日曜夜にSparta相手のRotterdamse derbyで3ptを掴んだ。HT後に点差が作られ、trainer Arne Slotのチームは6分間に2回得点に成功した。まずはYankuba Mintehが倒されてのstrafschopをDávid Hanckoが決め、その後にLutsharel Geertruidaによって勝負が決められた。Feyenoordは5試合連続無失点でここからはEuropa LeagueでのAS Roma相手のheenwedstrijdへ臨む事ができる。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/matchcenter-feyenoord-ontvangt-sparta-rotterdam-voor-stadsderby-110224

 

Zondag 11 februari
Feyenoord - Sparta Rotterdam 2-0
scoreverloop:
57' David Hancko 1-0 (str.) 
63' Lutsharel Geertruida 2-0 

 

Scheidsrechter: Pol Van Boekel
Gele kaarten: Clement, Metinho (Sparta)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Wellenreuther; Geertruida (82' Lingr), Beelen (70' Nieuwkoop), Hancko, Hartman; Wieffer, Stengs (62' Milambo), Zerrouki; Minteh (70' Jahanbakhsh), Gimenez, Paixão (62' Ivanušec).
Sparta Rotterdam: Olij; Bakari, Meissen, Eerdhuijzen, Warmerdam; Kitolano (81' El Dahri), Clement, Verschueren; Mito (72' Metinho), Brym, Saito (72' Van der Kust).

 

Wissels:
Feyenoord: Lamprou, Van Sas, Nieuwkoop, Lopez, Milambo, Lingr, Ivanusec, Jahanbakhsh.
Sparta Rotterdam: Schoonderwaldt, Reitmaier, Rosanas, El Dahri, Van der Kust, Metinho, Rais, De Guzman, Lourens, Rosario.

 

https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-sparta-rotterdam-2023-2024

 

Arne Slot
「事務的な勝利。kleedkamerでそれを言おうとして、Engelsでどう言えば良いのか考えたよw 我々は相手を破壊するプレーを上手くやり、上手くやらなかった。だから私はその説明ををしないといけないだろう。上手くやらなかったというのは、多くのbalbezitからもっと多くのチャンスを作らないといけなかったからだ。上手くやったというのは、毎回カウンターを喰らう様なノーチャンスのボールをプレーし始めなかったからだ。我々は前半 我慢強くやり続けたと思う、HTにそれを彼らにも強調した。私はとても支配的で、とても多くボールを持つとても多くのploegenのプレーを見ている。だから落ち着きをも立ち、ボールを入れ続ける事に自信を持たないといけない。ただ後半は16mでもっと攻撃しないといけなかった。penalty momentのおかげもあって試合を引き寄せることができた」


「Ayaseは間違い無くFeyenoordでゴールを決めるだろう、そこは確信している。Spartaは16m周辺に9~10, 時に11 spelersでプレーしていた。そうなるとスペースはとても小さく、ボールが一度自分のところに上手く落ちるのを期待しないといけない。彼のところにも1, 2回落ちたが、得点できなかった。彼はボールの無いところでハードワークしていたと思うが、Spartaがすぐにロングボールを狙っていたのでほとんど必要が無かった。だからあるspelerが初めてスタートしたら得点を期待するが、彼がhalve finaleにも出ないといけないのが分かっていればそれに成功しなかったのは残念。だが彼は間違い無くFeyenoordのためにゴールを決める」


「Quintenは昨日もいたが、trainingには加わってはいない。慎重に最初のステップを踏み、リアクションを見ないといけない。木曜日に向けてはかなり日が短くなるだろう。我々には非常に熟練した医者がおり、たとえ私が頼んでもどんなリスクもおかさない。だが私も彼に頼むつもりは無い。彼の回復が噛み合うかどうか様子を見て、間に合わないなら他の誰かが代わりにプレーする」
「Santiagoは今日には早すぎたし、かなり早すぎた。だから明日どれだけ一緒にtrainingできるか、彼がどう感じるかが問題。我々は今後数週間数ヶ月間過密日程だから、あまりリスクを冒すことはできない。これから数日でそれについてよく考えて選択しないといけない」


https://www.fr12.nl/nieuws/slot-gelooft-in-ueda-hij-gaat-zijn-goals-maken-voor-feyenoord?twit=100
https://1908.nl/artikelen/slot-over-overwinning-en-blessuregevallen-in-aanloop-naar-as-roma-niet-te-veel-risico-nemen


Thomas Beelen
「パス成功率はとても高いと思う。かなりシンプルなパスを出していたからね。80%後半かも。97%? それはとても高い!でも言ったように、僕はかなりたくさんサイドに向けてシンプルなボールを出したから、高く保つのはかなり簡単」
第2節 Sparta-uit以来のbasisplaats
「僕個人にとっても、チームにとっても別世界。あそこで僕らはちょっと悪い試合をしたからね。今日はあるシーンで彼らがかなり僕にドリブルで前にいかせてくれたから、遠くから一度試さないといけなかった。特にMatsが戻したあのボールは決められたかもしれない。あれは残念だった」
Traunerの負傷でチャンス
「結局のことろシーズン中にこういう事が起きるのは分かっているし、あまりプレーしていなくても常にフィットしていないといけない。僕はたくさんプレーはしていないけれど、ここ最近で多くの事を学んでいると思う。少なくとも守備面でとても多くを学んだし、まだまだとても多くを学べる。PECではもちろん全力で前へ出ることがかなり多かった。そこではverdedigerだったけれど、本当に守備的では無かったと思う。ボールを持った時にもっと多くの事を考える必要があるし、システムに本当に慣れないといけない。それがどんどん良くなっているし、まだまだステップを踏める」
56分にようやく先制
「あのdode puntを越えるのにはちょっと時間が必要だった。長くかかればかかるほど難しくなる。だからあのpenaltyを貰えたのは良かった。そしてすぐに2-0になって、それで終わったのは分かった」
「木曜はRomelu Lukakuとの対戦?プレーできるなら全力を尽くすよ。なんとかできるはずだと思う」
https://www.fr12.nl/nieuws/beelen-klaar-voor-duels-met-lukaku-ik-ga-mijn-uiterste-best-doen
https://1908.nl/artikelen/beelen-het-was-lekker-dat-wij-die-penalty-meekregen

 

Mats Wieffer
「かなり簡単だった。実際彼らが何かを作ったとも思わない。ある時点で僕らがリードしても彼らが本当にプレッシャーをかけてくることは無かった。僕らにとってそれをかわしてプレーするのも試合を終わらせるのもかなり簡単だった。木曜の事を考えればそれは良い事」
「これだけ守備的な相手に得点するのは難しい。前半はサイドからサイドにもう少し速くプレーすべきだったと思う。そうすれば彼らももっと走らないといけない。今回彼らは中央を上手く閉じていたから、サイドにはまだスペースがあった。僕らが作ったチャンスもサイドからのクロスで。だから我慢強くやり続けないといけない」
「得点が認められなかったのはちょっと残念。僕はヘディングしたと思うけれど、そこから手に当たった。今はそれでhands. 僕に何ができたか分からないけれど、それがルールだ」
年明け5試合連続無失点
「そうすればかなり簡単になる。かなりの決まり文句だけれど、無失点に抑えて2つ得点すれば、試合に勝つ。それは良い事だし、ちょっと影が薄くなっても僕らは常に無失点の抑えている。AZ相手の最初の試合では僕らはまだそんなに良いプレーでは無かったかもしれないけれど、無失点に抑えた。それはとてもポジティヴなこと」
https://www.fr12.nl/nieuws/wieffer-blij-met-spel-van-sparta-met-oog-op-donderdag-is-dat-wel-lekker

 

David Hancko
「penaltyは重要だったし、決まってとても嬉しかったよ。Spartaの守備を突破するのが難しかったからね。リストはあり、Santiがいなかったから僕が蹴ってよかった。普通なら彼の方がリストで少し高いだろうけど、僕らは試合中に常に話し合っている」
「彼らはとても上手く守り、僕らは今日はほとんど大チャンスが無かった・でもHT中もHT後も、高いテンポでプレーし続ければ最終的に突破できると確信していた。」
「僕らは新しい5人とプレーしたし、それがプレーに影響したかもしれない。でも最終的には良いプレーをして無失点に抑えられた、それが一番重要な事。それは自信に繋がる。昨年の僕らはもっと得点したかもしれないけれど、失点する事もあった。でも今の僕らは1点差で勝てている、これはこのチームの新しいクオリティ」
https://1908.nl/artikelen/hancko-het-was-moeilijk-om-door-de-defensie-heen-te-breken

 

続きを読む

第21節: CarnavalでRKCがNECに勝利。Vitesseは2点リードから敗戦。sc Heerenveenがmillimeterwerkでajaxに勝利!

Speelronde 21


Vrijdag 9 februari
20:00 RKC Waalwijk - NEC 2-0
7' David Min 1-0 / 22' David Min 2-0 (str.)

 

8試合勝利無しの16位 RKCはKramer en Seuntjensが負傷でMinが10月以来のbasis入り。bekertoernooiでhalve finaleに進んだ7試合負け無しの7位 NECは火曜のbekerduelからCillessenがバーの下に戻った以外入れ替え無し。

 

carnavalでRKCが恒例のspecialshirtでプレー。出だしにRKCが上手くプレッシャーをかけると、開始6分でvrije trapからMinが決めてあっさり先制。15分にはMinが16m内でSandlerに接触されて倒れると、映像を見たManschotがpenalty判定もVan den BuijsのstrafschopをCillessenがまさかの見事なセーブも、Verdonkの早い侵入でやり直しをMinが決めて2-0と驚きの展開。雑なプレーでほとんど試合に入れないNECは30分過ぎにカウンターからCheryのシュートで最初のチャンスもVaessenにセーブされ、前半終盤に多くボールを持つも全く脅威を作れず折り返し。

 

悲劇的なパフォーマンスのNECはHTに特に低調なHoedemakers en Hansenに替えてGonzalez en Sowを投入して攻勢に出るが、Gonzalezのシュートが枠外に飛んだ以外にチャンスを作れず、60分にカウンターで持ち上がったCheryのミドルシュートもVaessenにセーブされ、RKCもカウンターからNiemeijerのシュートがバーの上に飛び、vrije trapからVan den Buijsが決定的なヘディングで大チャンスもCillessenが好セーブ。70分にCheryのvrije trapは僅かに枠を外れ、終盤もNiemeijerを下げてGaari投入で守りを固めたRKC相手に全くチャンスを作れず、残り数分でようやくOgawaにチャンスもVaessenが阻んで終了。

 

RKCは11月のPEC戦以来の勝利でFC Volendam en Vitesseとの差を暫定6ptに広げ、15位 Heraclesとの差を暫定1ptに詰める大きな勝利。NECは12月のajax戦以来の敗戦で連続負け無しが8でストップし、連続得点もclubrecordの15に1つ届かず終了。

 

David Min
「忍耐は美徳。spitsは得点しないといけないし、これは良い気分。今日になった自分がスタートだと聞いたけれど、水曜のtactische trainingで多少分かっていた。そうなると自分のチャンスを掴まないといけないし、それができたよね?プレッシャー?確かにあったけれど、自分であまりプレッシャーをかけすぎないようにすべき。自分のやるべき事をやれば自ずと上手く行く。voetbalでは誰もがプレッシャーのもとでパフォーマンスを発揮しないといけない。幸い今日は成功した」

 

Rogier Meijer
「何が最も残念か?もちろん負けたこと。最初の30分間苦戦した。余りに多くのspelersが試合に上手く入れなかった。特にbalbezitの問いに。それでボールを失い、RKCは上手くカウンターができた。ショック?いや、これがvoetbal. 低調な試合もあるもの。その時にしっかり働かないといけないが、今回はそうする前に既に2失点していた。それを追いかけなければならず、それは難しい」
「VARの介入は恣意的。我々の試合だけでは無く、他の試合でも彼らが介入しない多くのシーンがあった。彼らの説明通りなのかどうか疑いもある。今回はVerdonkが早く侵入してボールをクリアしたのでやり直しになった。少なくとも今回の彼らはシャープだった」

 

Jasper Cillessen
Eredivisieで18回目にして初のpenaltyストップも記録に残らず
「残念だけどこれがルール。君らメディアは大事にしているけれど、僕は常にノーマルな方法で対処してきた。セーブが自ずと起きるのは分かっているからね。僕はSpanjeでは数回penalty'sを止めたから、僕にそれができない訳じゃない。ただNederlandではまだ上手く行っていない」

 

Zaterdag 10 februari
18:45 Excelsior - FC Twente 0-3
2' Daan Rots 0-1 / 5' Ricky van Wolfswinkel 0-2 / 13' Ricky van Wolfswinkel 0-3

 

14位 ExcelsiorはBaasがschorsingでSandraが代役。3位 FC TwenteはKjoloをbankに置いてEitingを起用し、Boaduは今週もbankから。

 

1分20秒でRotsがVlapとのコンビネーションからあっさり先制すると、5分にはVlapのクロスにSteijnのomhaalがWidellの顔面直撃からのこぼれ球を最後はVan Wolfswinkelが決めて0-2. その後もTwenteが完全に圧倒してhoekschopからVan Wolfswinkelが決めて15分もせずに0-3となり、Eredivisieでは2003年10月(AZ-Utrecht)以来の速さで3点差に。その後 Twenteの嵐が収まってExcelsiorがようやく試合に入ろうとするも低調なプレーが続き、TwenteがVlapのポスト直撃などさらにチャンスを作る。

 

ExcelsiorはHTにEl Yaakoubiに替えて新加入 Duijvestijnをデビューさせて4-3-3にするも大きな影響は無く、後半はほとんど見所無く終了。

 

Excelsiorは2連敗で次節 Sparta-uiitでのderby. FC Twenteは2試合連続3-0勝利で3位を維持。

 

20:00 Almere City FC - AZ 0-0

 

Excelsiorに勝利して12位まで上がったAlmereはFloranus en Cathlineがbasisに復帰。5試合勝利無しでbekertoernooiでも敗退したAZは水曜にschorsingだったPavlidisが戻り、Belic en Addaiがbasis入り。

 

AZがパッとしないスタートでほとんど何も起きない序盤。15分過ぎにVan Bommelが良い位置からPavlidisに決定的パスを送るチャンスも自ら角度の無いシュートを狙ってゴール前を通過。Almereは35分にhoekschopからPeñaがシュートも相手に当たって枠外に。

 

後半開始直後にGoesのパスでPavlidisが抜け出してようやく大チャンスもBakkerにセーブされて決められず。その後も主導権を取るAZが脅威は作るもチャンスには至らず、徐々にAlmereが競り合える様になって再び五分五分の展開に。AZは残り15分でBelicに替えてZeefuikを投入してPavlidisと並べるもチャンスを作れず終了。

Almereは年明け5試合で8ptを得て24ptに。AZは6試合連続勝利無しでFC Twenteの差は8ptと絶望的になり、4位も危うい状況に。

 

Maarten Martens
「実際 我々は全てbの試合で相手より優っていたが、自分たちに報いることが少なすぎる。我々はtopでは無く、そこを目指さなければならないし、我々にはそれができる。しかしポジティヴな事にも目を向けてそれを挙げたい」

 

Jordy Clasie
「僕らが見せているものはとても低調。現時点では毎週負ける可能性がある。僕らのプレーの仕方と試合への対処の仕方は非常に凡庸なレベル。決めないといけない2つ、3つのチャンスがある。フィールド上の全員がAZに相応しく無いプレーをしている。自分たちが見せているものを自覚しないといけない。僕らはもう何ヶ月もとても低調なプレーをしている」

 

21:00 Heracles Almelo - Vitesse 3-2
24' Kacper Kozłowski 0-1 / 27' Melle Meulensteen 0-2 / 30' Jordy Bruijn 1-2 / 57' Jizz Hornkamp 2-2 / 71' Jizz Hornkamp 3-2
Rood: 45' Nicolas Isimat-Mirin (2xGeel) 

 

15位 HeraclesはVejinovićに替えて新加入 Rusticが初のbasis入り。水曜にSC Cambuur相手にbekertoernooiから敗退したhekkensluiter Vitesseは怪我明けのVan GinkelがbankからでAaronson en Hadj-Moussaがbasis入り。

 

RKCが勝利した事で最後の藁を掴みに行くVitesseが積極的にスタートするも全くチャンスを作れない序盤。Heraclesは20分で体調不良のSonnenbergを下げてBultmanを投入したが、20分過ぎにHadj-Moussaのパスに駆け上がったArcusのクロスからKozłowskiが見事なヘディングを決めて0-1とすると、数分後にもMeulensteenの素晴らしいミドルシュートで0-2. HeraclesもすぐにOppegårdのクロスからゴール前フリーのBruijnが初ゴールで1-2に。VitesseもMica Pointoが負傷して30分でCornelisseと交代となるも主導権を取り続けてAaronsonのミドルシュートでゴールを脅かしていたが、前半終了直前にIsimatが全く不必要にHornkampを引っ張り倒して余りにも愚かな2枚目退場。

 

数的優位を得たHeraclesはBakboordに替えてLimbombeを投入で4-3-3にし、Vitesseは違いを作っていたHadj-Moussaを下げてOrozを投入。後半はHeraclesが次々にゴールに迫り、VitesseもKozłowskiが高い位置でHrustićから奪ってMeerdinkに絶好のチャンスが来たがBrouwerにセーブされると、Heraclesのカウンターから大チャンスをRoomが見事な2連続セーブで防いだ長後のhoekschopからHornkampが頭で決めて2-2. その後もHeraclesがHornkamp en Bruijnを中心にチャンスを作ると、残り20分でHornkampのゴール前へのヘディングがそのままゴールラインを越えて3-2. 終盤 Heraclesがトドメを刺せないものの、Vitesseもalles of nietsの攻撃ができずにそのまま終了。

 

Heraclesは重要な3ptを得て16位 RKCと4pt差を維持。Vitesseは逆にRKCに6pt差を付けられていよいよ厳しい状況で次節 Volendam-thuisの大一番。

 

Edward Sturing
「前半は良いプレーをしていたが、rode kaartで試合が手から滑り落ちてしまった。もちろん彼は故意にそうした訳では無い。これはとても酸っぱい。愚かだし、それは彼自身分かっている。彼は罪悪感を持っているし、kleedkamerで落ち込んでいた。voetbalでは起こることだが、我々の状況を見ればもちろんこれはとても酸っぱい」
「15位との9pt差は笑えない。今シーズン12ptしか獲得して無いのだから。それならそれは非常に大きな差だと分かる。だが我々はまずはVolendam en RKCに目を向けなければならない。それもかなりの仕事になるが、我々はまだレースに残っているし、それを目指さなければならない」

 

Zondag 11 februari
12:15 Go Ahead Eagles - PEC Zwolle 1-1
7' Victor Edvardsen (missed penalty) / 71' Lennart Thy 0-1 / 90+9' Mats Deijl 1-1 (str.)

 

6位対8位でのIjsselderby. Go AheadはVitesse戦でschorsingだったKuipersが戻るも今度はWillumssonがschorsingでBreumが代役。Spartaに勝利したPECは入れ替えなく、uitvakの席数で合意できずuitsupporters不在。

 

開始1分でVan Polenにtribuneからビールがかけられて数分中断。再開直後にGo Aheadの最初の攻撃で出遅れたSchendelaarがO. Evdardsenを倒してpenalty判定も、V. EdvardsenのstrafschopをSchendelaarが見事にセーブ。PECもNamliの素晴らしいパスでReijndersに大チャンスが来たが至近距離から枠外と活気のあるスタートも、その後に続かず特にGo Aheadに勢いが無く、stadionの雰囲気も盛り上がりに欠ける展開に。上手くプレーするPECは20分過ぎにFichtingerのパスからVan den BergのシュートのリバウンドをThyが蹴り込むもbuitenspel. 

 

後半出だしはGo Aheadが熱狂的にプレッシャーをかけて攻勢に出ようとするも、PECもすぐにカウンターからThyにチャンスを作って再び活発なスタート。Go AheadはO. Evdardsenが不運な接触で負傷し新加入 Søren Tengstedtがデビューするも後半も勢いを保てず、終盤にKuipers en Kramerがぶつかってこぼれたボールを拾ったThyが棚ぼたのチャンスを決めて0-1. Go AheadもV. Edvardsenが裏に飛び出してベストチャンスを迎えたがSchendelaarのセーブに遭い、終盤のalles of nietsの攻撃も成果無く終わるかに思われたblessuretijd最後にKerstenの愚かなhandsでのpenaltyで引き分け。

 

Bas Kuipers 
「最終的にはまずまずの気分だけれど、実際糞な試合だったと思う。観客をもっと引きつけてもっっと良いプレーを見せたいと思うもの。僕らの側がかなり制裁を書いていた。緊張感のあるIJsselderbyの典型」

 

14:30 sc Heerenveen - ajax 3-2
11' Pelle van Amersfoort 1-0 / 38' Osame Sahraoui 2-0 / 46' Pelle van Amersfoort 3-0 / 51' Paweł Bochniewicz 3-1 (str.) / 79' 3-2 

 

10分過ぎにBraudeのクロスをVan Amersfoortが見事なヘディングで決めて先制。20分にはHayeのvrije trapがバー直撃。相手のhelftで楽々とvoetbalをするHeerenveenが前半終盤にはBraudeのパスにVan Amersfoortが右サイドに飛び出して戻したボールをSahraouiが決めて2-0.

 

後半開始直後にもajaxの組み立てミスからHeerenveenのカウンター、SahraouiのアクションからBrouwersのシュートのリバウンドをVan Amersfoortが決めて3-0. eigen doelpuntで再び2点差になった後もHeerenveenが圧倒し続けたが得点できず、終盤に1点差に詰め寄られて緊張感が高まったblessuretijd最後にajaxのhoekschopからあわやVan Beekの体に当たったボールがゴールラインを越えたかに思われたが、ギリギリでBochniewiczが掻き出してVan Beekの全力のガッツポーズで終了。

 

sc Heerenveenは15年ぶりにajax-thuisで勝利し、8位 PECと2pt差。

 

Sven van Beek
「scheidsrechterが上手くやってくれたね。ボールが完全にゴールラインを越えたとは思わないけれど、また僕が世界中を巡る事になるかと思ったよ。でも彼 (Van Ottele) も最初に触っていたかあ、僕のeigen doelpuntでも無かったかもしれない」
「僕らはいつもあとちょっとのところでリードを失っていた。これが起きるのは分かっていた。全てが詰まった熱い戦いの試合だった。彼らにもまだ数回良いチャンスがあったし、最後の瞬間もまだ緊張があった。Champions League-finaleに勝った様な喜び方?そう言われるのは分かっていたよ。もちろんBrouwersのせいだねw」

 

Kees van Wonderen
「最初はボールがラインを越えていたと思っていたが、VARがこれほど時間がかかるならmillimeterwerkなのが分かる。我々にとって良い側の結果になって幸いだった」

 

Steven Berghuis
「僕は見てなかった。doellijntechnologieは無い。証拠が無ければscheidsrechterは得点を認めることはできない。これは信じられないほど難しい。ボールがラインを越えていたと彼らが100%確信できないのは想像できること。どんなに難しくても、僕らはこれを受け入れないといけない」

 

John van 't Schip
「このボールがラインを越えたかどうか判断するのは難しい。映像を見たが、言及したくない。彼らに時計 (doellijntechnologie) が無いのは理解している。最初は『これ以上なく簡単』と思ったが、こうしてあらゆる角度から見ると、判断するのは難しい」

 

Jordan Henderson
「これを理解できる?誰がVARとして見ていたか知らないけれど、なぜ得点が認められなかったのか僕には理解できない。映像をみれば100%得点だ」

 

14:30 FC Utrecht - Fortuna Sittard 4-0
21' Taylor Booth 1-0 / 70' Othmane Boussaid 2-0 / 75' Taylor Booth 3-0 / 78' Sam Lammers 4-0

 

1pt差の12位対10位。Boothの3得点でFC Volendamに快勝したFC UtrechtはBarkasが欠場でBranderhorstがバーの下に立ち、Frauloを外してIqbalを起用。木曜にFC Groningen相手にbekertoernooiから敗退したFortunaはDijksに替えてVoetがlinksback. Oramangoen en Cordobaを外してD. Duarte en Petersonを起用。

 

お互いに正確さを欠いてチャンスの無い前半の後、20分にLammersの絶妙のパスでBoothが抜け出して1-0. 60%以上ボールを持つもローテンポのUtrechtは30分にもLammersが反転シュートを狙ったがVerripsが見事にセーブ。

 

全く良いところが無いFortunaはHTにSiovas en Petersonに替えてDijks en Da Cruzを投入し、後半はより主導権を取ってUtrechtを押し込んだが全くチャンスは作れず。カウンターの機会を活かせないUtrechtは70分手前にhoekschopからTer Avestに大チャンスも至近距離から2回のシュートを決められず。しかし直後にinvaller Frauloが持ち上がってのカウンターからTer Avestが戻したボールをinvaller Jensenが繋ぎ、最後はBoussaidが決めて2-0. 残り15分にも右サイドに飛び出したBoussaidからのボールをFrauloが繋ぎ、Boothが決めて2試合5得点で3-0. 数分後にはLammersが角度の無いところから見事なシュートで嬉しい初得点。

 

FC Utrechtは終盤 bekerduel疲れの相手を圧倒しての快勝で13試合連続負け無しでclubrecordに並び、Fortunaを1pt上回って8位 PECと1pt差に。

 

Ron Jans
「Samがしばらく初得点を待っていた。試合前に『Sam, もうFC Utrechtで得点を決める時だ』とみんなの前で言ったんだ。時には少しくすぐってやる事も必要。完全に自分の殻に閉じこもってしまうspelersもいるので気をつけないといけないが、Sam Lammersにはその必要は無いと感じる。フィールドに出る前のこういう会話で重要なのは内容では無く、良いフィーリングでフィールドに出れること。彼らがゴールに飢えているのは何も悪いことは無い」

 

Danny Buijs
「現実的になってしっかり分析しないといけない。Eredivisieでの差は小さい。自分たちにできることをやれば我環rが降格することは無い。だがこういう試合をやり過ぎるべきではない。そうすると降格に行く着く可能性があるからだ。Groningenが降格するとも、FC Twenteが降格するとも数年前は誰も思っていなかった。Vitesseが降格するとおまだ考えていないかもしれないが、Eredivisieの泥沼では9~10 clubsがお互いに劣っていない。このレベルでこの守備ではやっていけない」

 

16:45 FC Volendam - PSV 1-5
2' Jordan Teze 1-0 (e.d.) / 13' Ismael Saibari 1-1 / 52' Jerdy Schouten 1-2 / 74' Jordan Teze 1-3 / 79' Ricardo Pepi 1-4 / 84' Isaac Babadi 1-5

 

4試合勝利無しのFC Volendamは再び5-3-2でGuessand, Le Roux en Twigtに替えてFlint, Maulun em Johnsonがbasisに復帰。PSVは長期離脱から戻ったVeermanがbasisに復帰。

 

開始1分でCoxのシュートがJohnson en Tezeに当たって1-0とVolendamが驚きの先制も、その後はPSVがすぐに主導権を取ってチャンスを作り、10分過ぎにTezeのパスから時間とスペースを得たSaibariが決めて簡単に1-1. Volendamは20分過ぎにBoothが抜け出して突然大チャンスを得たが、Benitezをかわして角度の無いシュートがポストを直撃。Volendamの劣勢の展開が続いて25分にBenamarが座り込んでの治療タイムに修正指示が出ると、その後は守備に粘りが出て低調なPSVがほとんどチャンスを作れず、blessuretijdにLozanoのシュートが僅かに枠を外れて折り返し。

 

HTにVolendamはMaulun em Johnsonを下げてVan Driel en Semedoを投入し、PSVも怪我明けのVeermanを下げてBabadiを投入と交代策。j後半出だしにPSVのhoekschopからDe Jongが頭で折り返したボールをゴール前で完全にフリーのSchoutenが決めて1-2. 直後にもBabadiが抜け出すもDe Jongへのパスでbuitenspel. その後もPSVが好プレーを見せるBabadiを中心としたコンビネーションでチャンスを重ねるもなかなか点差を広げられずにいたが、残り15分ほどでようやくSaibariのクロスをTezeが決めて1-3. 数分後には投入直後のinvaller Pepiが見事なシュートで1-4にしてトドメ。さらに契約延長で揉めるBabadiも嬉しい初ゴールで終了。

 

FC Volendamは16位 RKCと6pt差に開いて次節 Vitesse-uitの大一番。PSVはTezeの1得点2アシスト1 eigen doelpuntで勝利。

 

20:00 Feyenoord - Sparta Rotterdam 2-0
57' David Hancko 1-0 (str.) / 63' Lutsharel Geertruida 2-0 

 

2位対9位での伝統のstadsderby. 水曜にbekerduelでAZを下し、来週木曜にEuropa League duelが控えるFeyenoordはTraunerが負傷離脱、Timberが脳震盪後の用心、Gimenezがフィットせず揃って欠場でBeelen, Zerrouki en Uedaがbasis入りし、rechtsbuitenはNieuwkoopに替えてMintehを選択。SpartaもVriends en Lauritsenが欠場でMeissen en Brymが代役。

 

今シーズン序盤のderbyでBrymのスピードに2失点して引き分けたFeyenoordが今回はカウンターを許さずに相手helftでボールを持ち続けるも、ローテンポでチャンスを作れない展開。25分にHartmanの良いクロスで初めて脅威もEerdhuijzenが問題無くクリア。直後にはMintehが素晴らしいアクションでWarmerdamをこけさせてStengsにチャンスもシュートは枠外に。勢いの出てきたFeyenoordがここからSpartaを完全に押し込んで次々にゴールに迫ろうとするも、堅く守るSpartaの壁を越えられず。30分過ぎに初めてボールを持ったWellenreutherがボールを投げようとしてBrymが邪魔で投げれず、そのままの勢いで16m外に出てしまったことでvrije trapになり突然Spartaに最初のチャンスも、Mintehが勢い良く飛び出してブロック。そのまま1人でカウンターに出るとClementがファールで止めてgeel. 40分にHartmanのパスをWiefferが落として走り込んだBeelenのミドルシュートはでようやくFeyenoordが可能性のあるシュートを放つもOlijがセーブ。続くhoekschopの流れからもHartmanがミドルシュートを狙うもバーの上に飛び、Feyenoordが75%のbalbezitも大きなチャンスを作れず前半終了。

 

ローテンポで奥行きの無い攻撃が続いたFeyenoordは後半出だしにMintehのクロスにPaixãoがフリーで飛び込んでのヘディングで100%チャンスも枠外に。Spartaが多少前に出ようとする姿勢を見せ始めたが展開はほとんど変わらず、Feyenoordのbuitenspelersが16m付近で1対1になるシーンが増えると、ドリブルを仕掛けたMintehがWarmerdamに倒されて映像を見たVan Boekelがpenalty判定。Gimenez不在で代わりのHanckoが決めて今シーズン初得点で1-0. 解放感の出たFeyenoordが伸び伸びとvoetbalを始め、残り30分でStengs en Paixãoに替えてMilambo en Ivanušecを投入すると、直後にIvanušecの素晴らしいクロスにGeertruidaが飛び込んで2-0. スペースが広がってさらにエネルギーが増したFeyenoordが快適にvoetbalを始め、残り10分でhoekschopからWiefferが豪快に蹴り込むもhandsで認められず、その後も好プレーを見せるMilamboを中心に数回チャンスを作るも追加点は生まれず。Lauritsen不在で迫力の無いSpartaは90分直前にhoekschopからチャンスがあったが決められずそのまま終了。

 

FeyenoordはFC Twenteとの5pt差を守って木曜にAS Rome-thuis. SpartaはPEC en FC Utrechtに1ptとdoelsaldoでそれぞれ上回られて10位に。

 

Stand
1    PSV    21    (19    2    0)    68-10    +58    59pt
2    Feyenoord    21    (15    4    2)    55-17    +38    49pt
3    FC Twente    21    (13    5    3)    42-21    +21    44pt
4    AZ    21    (10    6    5)    40-21    +19    36pt
5    Ajax    21    (10    5    6)    49-39    +10    35pt
6    Go Ahead Eagles    21    (8    7    6)    35-29    +6    31pt
7    NEC    21    (7    8    6)    39-35    +4    29pt
8    PEC Zwolle    21    (7    6    8)    31-33    -2    27pt
9    FC Utrecht    21    (6    8    7)    27-30    -3    26pt
10    Sparta Rotterdam    21    (7    5    9)    25-29    -4    26pt
11    SC Heerenveen    21    (7    4    10)    34-42    -8    25pt
12    Fortuna Sittard    21    (6    6    9)    21-37    -16    24pt
13    Almere City FC    21    (6    6    9)    21-37    -16    24pt
14    Heracles Almelo    21    (6    4    11)    29-50    -21    22pt
15    Excelsior    21    (4    9    8)    33-41    -8    21pt
16    RKC Waalwijk    21    (5    3    13)    20-38    -18    18pt
17    FC Volendam    21    (3    3    15)    22-52    -30    12pt
18    Vitesse    21    (3    3    15)    15-45    -30    12pt

 

Topscorers
1.    Vangelis Pavlidis    (AZ)    20 (1)
2.    Santiago Giménez    (Feyenoord)    19 (1)
3.    Luuk de Jong    (PSV)    18 (5)
4.    Brian Brobbey    (Ajax)    13 (0)
5.    Magnus Mattsson    (NEC)    11 (2)
6.    Sem Steijn    (FC Twente)    10 (1)
Ricky van Wolfswinkel    (FC Twente)    10 (1)
8.    Lennart Thy    (PEC Zwolle)    9 (0)
9.    Steven Bergwijn    (Ajax)    7 (4)
Koki Ogawa    (NEC)    7 (1)
Troy Parrott    (Excelsior)    7 (0)
Thomas Robinet    (Almere City FC)    7 (2)
Guus Til    (PSV)    7 (0)
Manfred Ugalde    (FC Twente)    7 (0)

 

Assists
1.    Joey Veerman    (PSV)    9
2.    Johan Bakayoko    (PSV)    8
Steven Berghuis    (Ajax)    8
Luuk de Jong    (PSV)    8
Calvin Stengs    (Feyenoord)    8
6.    Daan Rots    (FC Twente)    7
7.    Quinten Timber    (Feyenoord)    6
Manfred Ugalde    (FC Twente)    6
9.    Brian Brobbey    (Ajax)    5
Emil Hansson    (Heracles Almelo)    5
Lazaros Lamprou    (Excelsior)    5
Tobias Lauritsen    (Sparta Rotterdam)    5
Aaron Meijers    (RKC Waalwijk)    5
Bilal Ould-Chikh    (FC Volendam)    5
Jordan Teze    (PSV)    5
Ody Velanas    (PEC Zwolle)    5