Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

暴動とその他のEuropees succesによって『忘れられた』1974年のUEFA Cup-winst

1970年の Europa Cup I勝利という成功の後、Feyenoordは4年後の1974年5月29日にももう一つのgrote prijs: UEFA Cupを獲得した。しかしその当時のNederlandse voetbalclubsの成功によって、それは放置された子供のように感じられる。

 

1974年の『忘れられたfinale』は2試合行われた。FeyenoordはまずLondonに旅し、2回のビハインドを背負ったが、Willem van Hanegem en Theo de Jongの得点によって2-2で引き分け。

 

その1週間後にFeyenoordはde eigen Kuipで勝負を決めることができた。「thuisでは我々はTottenhamより遙かに強かった。uitでは互角だったが、thuisでは普通に我々の方が良いploegだった」とLex Schoenmakerは断言する。

 

それはスコアにも反映され、HT2分前にWim Rijsbergenが自身初にして唯一のFeyenoordでのEuropese goalを決める。「ここぞというタイミングで決めないといけないからね。もちろんvoorrondesでそれを決める意味は無い」と彼はウィンクをしながら振り返った。

 

不機嫌なBoskamp
Spurs-keeper Pat Jenningがvrije trapを上手く処理できず、ボールがpenaltystipにいる自分の頭に正確に落ちてくるのがRijsbergenには見えた。「私は一番大きくは無かったが、たまたまそこにいたんだ。もちおんゴールを決めるのは素晴らしいこと。特に自分たちのstadionで、こういう重要な試合ではね」

 

trainer Wiel Coerverのploegは長時間1-0リードを維持し、それは残り6分まで続いた。Peter Resselがstrafschopgebied内でJan Boskampからボールを受ける。Resselは躊躇せず、ボールは対角線でJenningsを抜いて2-0.

 

SchoenkamerとチームメイトたちはCupを掴んだと確信した。「2-0でPeter自身も、数分間腕を空中に突き上げてその思いを見せていた。Jan Boskampは彼の頭をそっと撫でただけだったけどね。Janはその時あまりプレーできず喜んでいなかった・・・」

 

暴動
スポーツ面の成功以外に、 Nederlandse voetbalはこの時初めてhooliganismeと暴動への対応を経験した。「tribuneで小競り合いが見えた」とRijsbergenは回想する。「でも通路に倒れている怪我人が見えた時、私たちはtribune乱闘の一部しか見え無かったんだ。」

 

HTの笛の10分前にBritse voetbalfansがuitvakの壁を超えてDe Kuipのtribuneを襲撃した。Schoenmakerもそれをよく覚えている。「HT開けにveldに戻った時、tweede ringに空席がたくさん見えた。それで『何があったんだ?』と思ったよ。HTで私たちはあまり分かっていなかったんだ。実際状況が分かったのは試合後になってから」

 

tribuneでのあらゆる騒ぎにも関わらず試合は最後まで行われ、FeyenoordがEuropa Cup I en de Wereldbekerに続いてclubgeschiedenisで3つ目のgrote internationale prijsを獲得した。

 

「最後の笛が鳴った時、みんなが落ち着いたのが見えた。我々はUEFA Cupを手にして1週回ったが、それも警察の人々によってかなり速くしないといけなかった」とSchoenmaker.

 

忘れられたfinale
4年前のEuropa Cup I-winst, その後のajaxの3年連続のEuropese titels, そして2002年のUEFA Cup-zegeによって1974年の勝利は多少忘れられたものとなっている。

 

Schoenmakerは1973/1974シーズンに10 Europese treffersでこの成功に重要な貢献をしたが、彼はこの成功がほとんど注目を浴びていないことを今田も残念に思っている。「2002年は突然のことで素晴らしかった。FeyenoordはEuropa Cup Iを勝ち獲ったde allereersteだが、UEFA Cupを勝ち獲ったde allereersteでもある。そしてそれが多少背後に押しやられているのが私にはいまも残念」


https://www.rijnmond.nl/nieuws/195840/Rellen-en-ander-Europees-succes-overschaduwen-vergeten-UEFA-Cup-winst-Feyenoord-in-1974

FOOTxBRAINで国際審判員がVARプロトコルを否定

Jリーグの審判、審判関係者がVAR制度を理解していない前回の問題から8ヵ月が経ったが、土曜夜に放送されたTV番組 FOOTxBRAINは出演した原博実とVTR中で電話インタビューに応えていたた国際審判員 佐藤隆治が公然とVARプロトコルを否定するという再び驚愕させる内容だった。

 

Jリーグ第1節の湘南ベルマーレ - 浦和レッズでVARが介入してpenaltyが与えられたhandsbalシーンが扱われ、その試合の主審 佐藤隆治が「意図的にハンドしたかどうか微妙なところで判定が変わる。 ビデオレフェリーがいる状態だから後から見直してもいいのでは」とフィールド上でその状況を見ていたが敢えて吹かなかったと認めた。そのコメントを受けてJリーグ役員の原博実も「VARがいなかったら吹いていたと思う。でもVARがいるんだから敢えて吹かないのが良いと思う」と肯定するコメントをした。

 

IFABはVARプロトコルで「フィールド上の審判員は常に判定しなければならない」と明確に書いており、上記の2人のコメントのようなやり方は全く認められていない。リーグの役員と国際審判員がメディア上でIFABルールを否定し、『我々はそれを守らないし、それで良い』という趣旨の発言をするのは前代未聞だ。

 

先ず守られるべき大原則
KNVBがビデオ審判制度のテストをIFABに要求した際、ビデオ審判の存在がフットボールの流れと感情に過度の影響を与えないように、そして最終判定者としての主審の権限を犯さないように様々な細かいルールが考えられた。ビデオ審判は"ビデオ・アシスタント・レフェリー"と名付けられ、「主審の判定が明確な誤審だった場合か、重大な見逃しがあった場合にのみ介入できる」ということが大原則として定められた。フィールド上の審判員が見ていたなら、VARは主審の判定に対してのリアクションだけを行えるため、「主審はあらゆる状況で先ず判定を下す」というのがこの制度の絶対的前提であり、「フィールド上の審判員はプレー中はVARの存在を忘れて判定を行い、プレーが切れたらVARがチェック/介入できるようにVARの存在を思い出さなければならない」と度々言われるのも当然このためである。

 

つまり今回の場合は主審が状況を見ており、見た上で「penaltyを与えないという判定」をしているため、仮に微妙な状況だったとしたらVARは介入できなかったというのが正しいルールの運用となる。VARが存在するかどうかがグレーゾーンにおける主審の自由裁量以上に試合結果に影響を与えることとなるため、2人がコメントしたようなやり方がVAR制度の趣旨に反しているのは言うまでも無い。さらにIFABはプロトコルの中で「説得力の無いレフェリングが増えること」、「レビュー頻度が高くなること」、「技術的トラブルがあった際に重大な問題になること」を、そうしたやり方が認められない理由として記しているが、「見た上で『グレーな可能性があるから判定せずにVARに任せる』」という考え方自体がそもそもあり得ない大きな間違いである。

 

f:id:Jongewoud:20200525120922p:plain

 

VARがグレーゾーンでの主審の判定に介入することは認められておらず(将来的に認めた方が良いというコメントがDenny Makkelieなどによってされたことはあるが、現時点でそれに反するやり方をするのが肯定されたことは無い)、VARはグレーゾーンでの主審の自由裁量の権限を守らなければならないが、主審が見た上で判定しないなら、VARがいることで主審が自分でその権限を放棄する本末転倒な事態だ。「VARは主審に2回目のチャンスを与えるための存在では無い」とReinold Wiedemeijerは何度も説明している。

 

mijnfeyenoord.hateblo.jp

自信に満ち、野心的で大成功: どのようにMelvin Boelは若いtrainerとしてFeyenoordでブレイクしているか

Feyenoordの最年長jeugdteamが来シーズンほど若いtrainerを持つのは2001年のAlbert Stuivenberg以来だ。Melvin Boelはわずか33歳であり、大衆には知られていない。選手としての経験は無いが、amateurvoetbalでのtrainerとして、そしてVarkenoordでの経験を積んでいる。来シーズン Feyenoord Onder 18を率いるMelvin Boelとは?

 

現状はMelvin Boelにとってパズルを解くようなもの。彼は週3回Feyenoord Onder 17でtrainingを指導しているが、1,5mルールに従ってだ。数人のmiddenveldersがボックスでpositiespelをする。真ん中の選手はパスラインを切ってボールをインターセプトすることだけでき、プレッシャーをかけることは禁止されている。aanvallersは足で得点する運動だけができ、corona時代にはヘディングは禁止されている。

 

「ああ、passen en trappenのtrainingしかできないが、選手たちはすぐに飽きてしまう」とBoelはtraining後に語った。「いずれにせよ私は同じtrainingを2回行った事はまだ一度も無いんだ。amateurwereld時代の経験からそうしている。見てくれ、ここVarkenoordで同じtrainingを2回続けて行う事はできる。選手たちはみんなtopに到達したいと思っているし、100%で全てを実行したいと思っている。しかし私がamateursに毎週同じ運動をさせたら、選手たちは火曜夜には映画館に座っている方が良いと思うだろう。その経験から私は選手たちを楽しませることと興味を引くことのバランスを上手く取る事ができるんだ。trainingenでの出席率は私のamateur時代では常に95%以上だった」

 

BVCB
2014年1月。BVCBはeerste klasseで7位になり、Bergschenhoekのclubはシーズン後に hoofdtrainer Edwin Vurensに別れを告げることを決めた。John de Wolf en Cor Lemsといった定評のある名前など多くのtrainerが名乗り出たが、BVCBには支払い不可能。voorzitter Roger BovyのメールボックスにMelvin Boelという人物からの手紙が届いた。彼はclubの元jeugdspelerであり、かつてBergschenhoekでE-tjes en C-tjesのtrainerを務めていた。「私は彼を知らなかった」とBovy.「しかし彼は力強いストーリィを持っていた。申請中もね。Melvinは自分がどう話すべきかをよく分かっているんだ」と彼は微笑みながら言った。

 

Bovyは16歳でvoetbalを止めざるを得なかった男に強い印象を受けたという。脛骨の炎症により強制的に。kunstgrasが登場した時代に度々見られるようになった怪我だ。Boelというgroot voetballerが失われた訳では無い。しかし彼は情熱的で、何よりもこのspelletjeに夢中だった。そのため彼は怪我をしてすぐBVCBでtrainingを指導できないか手紙を書いた。最初はE, そして後にC. 最初のtrainerscursusで彼はMark Weelと知り合いになった。この教師は彼はassistentとしてWaddinxveenのBe Fairへ連れて行った。そこからのBoelのキャリアは彼が話すのと同じくらい速かった。DSO A1を経てSpartaan’20 B1へ、その後2012年にはcursus UEFA Aに登録した。

 

Boelは研修をしなければならず、その場所は彼にははっきりしていた。Varkenoordでだ。Feyenoordのhoofd jeugdopleiding Damien Hertogのリアクションも明確だった。「申し訳ないが、ここで研修を受けるのはoud-eerste elftalspelersだけだ」。「それでも話をさせてください」とBoelの返答。「何か食べなければいけないので、一緒にランチをしましょう」。そして次のシーズンに彼はFeyenoord A2でJan Gösgensのもとでassistentを務めた。無給で週6日。

 

Boelはvoetbalsalarisに頼る必要が無いという贅沢な立場にある。Den HaagでのInter College Business Schoolで学んでいる間に彼はビジネスで成功を収めた。18歳の時に彼はオフライン市場からオンライン市場への移行に焦点を当てた経営マネージメントの分野で自分のコンサルタント会社を持った。それでも彼の心はvoetbalveldにあり、彼はそこでこそ成功を収めたいと望んでいる。できるならzijn favoriete clubであるFeyenoordで。

 

trainersvakと彼の野望についてBoelと話すと、彼の話は時々起業家のように聞こえる。「Trainenもmanagenなんだ」と彼は説明する。「プレゼンテーションを行う。繋がりを作る。コミュニケーション能力を育てる。フレームを明確に描く。問題はoud-topvoetballersにそうしたクオリティもあるのかどうかだ。彼らはtrainers en assistent-trainersによって長年教育され、彼らの思考を追いかけている。私は自分で自身でヴィジョンを育ててきた」

 

Wijsneusje
Boelの言葉は自信を持って口から発せられる。彼は自分音意見を言うのを決して怖れ無い。2013年5月のtrainerscursus UEFA Aの最中もだ。BoelはRuud van Nistelrooij, Boudewijn Zenden en André Ooijerという元internationalsと同じクラスに入った。彼らにとってcursusは一定数が義務付けられていたが、Boelはなるべく多く学ぼうとした。彼がそのために10.000ユーロを払ったのは伊達では無い。PSV'ersはその時のことを思い出したくない。André Ooijerは間違いなくそうだ。「cursusperiodeのことは自分の記憶から消しているよ、全く何とも思わなかったからね」と来シーズン PSV Onder 18でVan Nistelrooijのassistentを務める男は言う。Ooijer en Van Nistelrooijは毎週Zeistへ一緒に車で通っていた。

 

Ooijer:「行きは私たちはまだ本当にとても楽しみにしていたんだ。しかしEindhovenへの帰り道はいつもちょっとしたパニックだった。私たちはあらゆる種類の運動をやり直さないといけなかったからね。私はvoetballersとして引退してまだ1年だった。何か義務付けられることは誰にも無かったが、突然宿題を出されたんだ・・・」

 

受講生の間にすぐに区別が産まれた。oud-profsがお互いに集まり、pro経歴の無い人々はお互いを見つけようとした。後者のグループでは強烈な存在感を放つ一人の人物がいたとFrans Hoekも経験した。Nederlands elftalの元keeperstrainerはprofvoetbalで知っていた多くの選手たちが注目する中で何か教えることになると思って疑いもしていなかった。彼が質問攻めにあうまで。「あなたはなぜその方法で行うのですか?なぜこのシステムに対しては4-4-2でプレーできないのですか?」

 

Hoekはウンザリした。Boelが満足のいく答えを貰えないと思ったせいでもある。Ooijer:「Melvinはwijsneusje (物知り)だったよ。面白いwijsneusjeだ。最高だよ!最初の瞬間から彼とは馬が合った。自分の意見を持っていて、さらにそれの根拠を固めることもできる人は面白いと思う。彼は何かを叫ぶだけじゃ無いんだ。彼はとても興味を持ってやって来ていた。もちろん彼は物事をよく知っていたが、それは我々みんなに当て嵌まるだろ?」

 

Harde hand
Frank Stout2014/2015シーズンに先立って、Roger BovyがBVCBのグループに26歳のtrainerを据えようとした時に疑問符を付ける人々は何人かいた。Boelはtrainerscursus UEFA Aを修了したばかりだったが、このspelersgroepには優秀な人物が必要だった。甘すぎるEdwin VurensがBergschenhoekのclubをtweede klasseに降格させた後のharde hand (厳しい手)だ。

 

新シーズンのvoorbereidingはプレゼンテーションで始まる。食堂でBoelは働き方、戦術、振る舞い方について自分のプランを提示した。約10歳年上の選手たちが耳を傾ける。Boelは彼らに対して明確だった。「我々は週3回trainingを行う。3回目のtrainingは義務では無いが、3回trainingに来れば、1回多い分プレーする可能性も大きくなる。そして会費を払っていない者はいずれにせよプレーしない」

 

Boelは3回目のtrainingで試された。dragende spelersの1人 Jounes Hannatiがtrainingに10分遅れて来たのだ。「会えて良かったよ。自分で準備して用意ができたら言ってくれ」とBoel. Hannatiはwarming-upをして準備ができたと伝えた。「よし、木曜の準備ができた。ここまでだ。今度は時間通りだ」。こうしてトーンが定められた。

 

Boelは常に選手たちを区別しない。「重要なのはコミュニケーションを取り、お互いにリスペクトを持つ事。BVCBではNick Mahieuがプレーしていた。彼はNederland全土でaccountmanagerとして働いている。そして彼はEnschedeから16.45に30分遅れるとappを送ってくる。結構なこと。それなら私はそれをグループに伝えることもできる。はっきりしているからね」

 

他のいくつかのclubsとは対照的に、Bergschenhoekではselectieが会費を支払い、その代わりにpremiesを受け取っていた。それはBoelのもとで変わる。引き分けの場合はpremiesは無く、勝利の場合のみ。Boelのもとでの3年間でBVCBは多くの勝利を収めたが、昇格はできなかった。その理由の一つに2シーズン目にoud-Feyenoorder Karim SaïdiがnacompetitieのWestlandiaとのfinaleで相手を殴ってblack-outさせたことがある。Rode kaart. 敗戦。シーズン終了。

 

sportpark De Sporthoekに来る観客は次第に増えていった。「clubは当時本当に繁栄していたよ」とBovyは回想する。「食堂はいつも満杯だった。このcoronacrisisでもBVCBはいまだその恩恵を受けている。Melvinはその点で非常に大きかった。彼は率直でどうかしているほど回りくどくない。私はそれが好きなんだ。選手たちもね。彼は常にbeste spelersを並べるのでは無く、beste teamを選ぶ」

 

Niks flikken
BovyはBoelとhoofd jeugdopleidingである経験豊富なJan Everseとの間の素晴らしい協力関係を期待していたが、それは一瞬も起きなかった。二人は度々対立し、すぐにEversはhoofd jeugdopleidingでは無くなる。Bovy:「彼らはあまりに似すぎていたかもしれない。もちろん二人とももの凄い頑固。Melvinは傲慢だと思う人々はいるだろう。彼にはその傾向があるし、彼もそれを知っている。しかし君が彼をよく知っているなら、彼は君のために火の中も通る。彼はとてもストレート。多少上手く行っても、もうそれで良いということは決して無い」

 

Feyenoord Academyが2017年夏に名乗り出て。Boelはprofclubに行ける契約条項を使用した。彼はkampioenschapを争えるselectieを作ることに協力し、Melvin Boel抜きでNVCBは翌年遂にeerste klasseに昇格する。trainer? Jan Everseだ。

 

Internationale ervaring
2014年1月に歴史上初めてFeyenoordの代表団がCubaを訪問。Ulrich van Gobbel en Robin Nelisseといったoud-spelersがhoofdstad Havanaで若者たちに1週間のクリニックを行った。その時Melvin BoelはFeyenoord A2で研修中であり、hoofd jeugdopleiding Damien Hertogによってtraining内容を監督し、Cubaanse trainersを訓練するために同行させられていた。

 

Havanaでの最初の朝、Rotterdamから来たグループは時差ぼけの解消に取り組んでいたが、Boelはほとんど問題が無かった。hotel Parque Centralからnationale stadion Pedro Marreroまで靴まで20分。Boelは19分間話し続け、Van Gobbelはウンザリした。「おいおい、君は雄鳥か何かか?」とBoel自身も含めてみんなが笑った。

 

その後 彼、Van Gobbel, Nelisse en Dane BrardがEuropese clubで初めてCubaでのvoetbalclinicを行った。5日間で2つのセッション。Boelによる構造化。週が進むにつれてレベルは徐々に上がり、Beolは国外でのtrainerとして最初の経験を楽しんでいた。

 

hotel Parque Centralの屋上にあるプールで、彼はFeyenoordのmanager internationale relaties Gido Vaderと話している。「Voetbalkampjesは楽しいけれど、それはcoaching workshopsに拡張できる。世界のkleine clubとして独創的でなければならない。我々の知識とスキルを売ろう」。そのシーズン後にはFeyenoord Onder 18のJan GösgensのassistentとしてBoelはFeyenoord Academyのinternational development coachとなり、彼は世界中を旅する。Cubaに戻り、Zuid-Afrika en Vietnamへ。Deense, Noorse en Letse voetbalbondでコースを教え、Real Madrid Universityで講義を行った。

 

Boelにとっては理想的な学校だ。「私はここでプレーしたことが無いから、どうやって最高のレベルでコーチができるのかととても多くの人が疑問に思っている。しかし私はそれを弱点とは見ていない。結局選手としてChampions Leagueを経験したtrainersはほとんどいないんだ。私も違う。しかし私は世界中を回って見た。そこで人々がtopvoetbalをどのように見ているかを体験した。Zuid-Afrikaでの生存闘争。USAでのwinnaarsmentaliteit. アジアでの厳しい規律。Feyenoord Academyのinternationale takは週に3日働いていたから、夜にはBVCVでtrainingを指導することもできた。そこで私はkleedkamerの仕組みも学んだんだ。そして自分自身は高いレベルでプレーしたことが無いから、いつも自分の周りにその経験を持つoud-profsを集めて貰っていた。いまUliと一緒にやっているようにね」

 

BeolとVan Gobbelは約4年間一緒に働いている。「凄い自慢屋」とUliはBoelの第一印象を尋ねられると言った。「今なら彼が時々そういう自分の見せ方をしているというのが理解できる。彼はその話し方で一番前に立つが、それを実践に移すこともできるんだ。Én woorden én dadenだよ」

 

Cubaでの週の後の、彼らの絆はどんどん強くなっていった。HavanaのpizzeriaでVan Gobbelが自分の電話を音楽設備に繋げてrestaurant全体にAndré Hazesが流された。Boelは彼の音楽の趣味をすぐに共有はできないが、それを笑うことはできる。「今ではとても仲良くなったよ」とVan Gobbel. 昨年彼はFeyenoord Onder 17でBoelのもとで研修を行い、今シーズンは同じ年齢カテゴリーで彼の固定assistentだった。来年もassistentとして一緒にOnder 18に上がる。

 

「Melvinは私をとても助けてくれた。それが私のcomputerにあるかを聞くだけでいいんだ。彼にとても感銘を受けているよ。彼がどのようにtrainingを調整しているか、それがどのように彼自身のビジョンと組み合わされているか。この年齢では全てをする必要は無いし、選手たちもそれを理解している。私ももう100mを12秒で走らない。純粋に戦術とプレーの構造が重要であり、その点でMelvinは私にとってマスターだ」

 

2017年7月7日にBeolがLitouwenで1週間のtrainersclinicsを行っている時、Martin van Geelから電話がかかってきた。来週Feyenoord Onder 17でhoofdtrainerになる申請をするかどうか。「明日午前10時にだけできる。午後2時にはZuid-Afrikaに飛ぶんだ」。半日後彼はde KuipでEric Gudde, Martin van Geel en Richard Grootscholtenの前に立った。彼のプレゼンテーションは45分間続き、3日後にBoelはVarkenoordで仕事を続けられると聞かされた。こうして彼はFeyenoord Onder 17のhoofdtrainerとなる。

 

Melvin Mourinho
Boelはsupporterとしてかつてよく来ていたstadionに再び一歩近づいた。De Kuipの煙の下、Varkenoordでhoofdtrainerとして契約。1年間自分のfilosofieに従って仕事をし、彼はそのfilosofieをチキンスープの作り方と比較する。Boel:「チキンスープの鍋から蓋を取り、中身を確認する。全てがスープの一部なのはpassen en trappen, techniek, afspraken...全てがvoetbalの一部なのと同じだ。自分のビジョンがあるかどうか?ビジョンがコンテナの理解。それ以外に私が信じているのはプレーの仕方では無く、このゲームの原則。ボールを持った時に何をしたいか?ボールを持っていない時に何をしたいか?特定の原則を適用すれば、あらゆる状況を解決できる。私は段階的に仕事をする。Fase 1は組み立てで常に'plus twee'を構築すること。相手の2人のspitsenがプレッシャーを掛けてきたとすると、我々はfase 1では4人で組み立てをしようとする。3人のverdedigersと1人のkeeperでだ。そして他の選手たちはなるべくピッチの高い場所に置く。そうすればこの2人のspitsenをできるだけ大きなスペースでかわすことができる。つまり相手で3人の選手でプレッシャーを掛けてきたら、我々は4人で組み立てを行う」

 

「私はコンパクトな守備の支持者。それはピッチの高い位置でも低い位置でも構わないが、ボールなしで常に支配的であること。ボールを持っていない時はプレッシャーを掛けたい。常にコンパクトに。例えば、相手のlinksbackが非常に弱い場合、我々は対戦相手にそのbackまでボールを戻させるようにチームを組織しなければならない。我々は週を通してそのtrainingをする。なるべく単純化したい。同じ原則を様々な方法で単純化するのも私の強み」

 

Feyenoord Academyの多くの選手が同じ言語を話し、たまに冗談を言い合える若いtrainerを気に入っている。Middenvelder Robbert de VosはBoelのもとでの最初の週がどのように行われたかを今もよく覚えている。「大まかな枠組みがすぐに説明された。彼はとてもはっきりしていたよ。とても優秀なtrainer. まだとても若いのは僕にとっては何でも無かった。僕にはRoy Makaaもtrainerとしていたからね。重要なのはゲームの見方。Melvinは非常に積極的で、いつでも彼と話ができた。最初の週の後に彼は僕を捕まえて言ったんだ。『Robbert, 私は正直に言わなければいけない。君が傑出しているのはすぐ分かったが、弱点も見えた。それに取り組みたい』とね。それは僕に大きな自信をくれた」

De Vosは現在FC Emmenでプレーし、今シーズンはEredivisieでFeyenoord相手に得点も決めた。Rotterdamで契約できなかったことを彼は時々悔しく思っているが、それでも彼はzijn clubに対して賞讃の言葉しか無い。そしてMelvin Mourinhoとして電話で会話してくれるBoelに対して。「彼は僕のことをいつもBaggioと呼んでいたんだ。だから僕も彼をMourinhoと呼んだ。彼がMourinhoに似てるかどうかは分からないけどね。でも彼は間違いなくまだまだステップを踏むはず。Champions Leagueの夜に彼が突然appを送ってきたのも素晴らしいと思ったよ。『Busquetsのプレーの仕方を見ているか?君もああやってプレーしなければいけない。leiderschapをもっと主張するんだ』。ああ、素晴らしいよ。Melvinは正真正銘僕らの1人だった」

 

BrardがBoelに報いる
Feyenoord Academyでは近年多くの比較的若いjeugdtrainersが自ら去っていた (Mark Otten, Edwin de Graaf, Pieter Schrassert Bert)が、BoelはRichard Grootscholtenと彼の後任であるStanley Brardのもとに留まった。彼はそれについて本当の説明は持っていない。「多分私がechte Feyenoord-supporterだから?結局は年長派と年少派の間にvoetbalについての考え方の違いはそれほど無いと思う。ただアプローチが異なっているだけ」

 

「私は今Feyenoord 1でperformance and innovation managerをしているRick Costと相談して非常に強度の高いtrainingを多く行っている。Feyenoord Onder 16からの全ての背中にGPS-trackersを付けてtrainingし、私は1時間以内にデータを受け取って、それについて選手と直接話ができる。データがここまででベスト3のパフォーマンスで無い場合、彼らは余計に走らなければならない。厳しい要求だが、それによって選手たちは明らかによりフィットしている。バカンス中や今のcoronaperiodeの間、彼らは自分たちのエクササイズ映像をappで送らなければならない。そして私はvideo-analysesと一緒にたくさん働いている。個々のセッションとライン毎の議論。年長派の働き方は違う。しかし意図は同じ。選手たちをより良くしてFeyenoord 1へ送ることだ」

 

Boelは確信に満ちて自分のメソッドを説明する。インタビュー中も。しかしkleedkamerとVarkenoordでも。彼は悪名高きkoffietafelで常に人気な訳では無く、偶然にもそれはnieuwe trainingscomplexnへ一緒に移ることは無かった。「もしも10年間間違ったことをしていたなら、10年間の経験が何になる?」とはBeolの好む寸評の一つだ。しかし彼は自分のやり方に拘ることが常に上手く行くわけでは無いというのも知っている。彼自身最近はかなり穏やかになったと言うが。

 

「かつて私は今よりも傲慢でなければならなかった。当時の私はもういない。今は数年Feyenoordで働いている。Onder 18で仕事もできる。みんな私に対してポジティヴだし、私はより柔らかくなることができるんだ。technisch directeurenが私のような若者を選ぶ勇気があるかは依然問題だがね。私が失敗したらTDの責任になる。betaald voetbalの経験が無い人物をグループに据えたからだとね。grote naamが失敗したら、それは本人の責任になる。この傾向を変えなければいけない。Bundesligaでprofでの経験が無い若いtrainersがどんどん増えているDuitslandでそうなっているようにね」

 

hoofd jeugdopleidingであるStanley BrardはBeolを信じている。33歳の彼にVarkenoordの最年長ploegとなるFeyenoord Onder 18を任せるのは伊達では無い。Feyenoordが近い内にeredivisieやeerste divisieでの経験あるtrainerを据えたいと望んでいるOnder 21 competitieの導入によりOnder 19 elftallenは消滅する。

 

Brardは昨シーズンのvoorbereidingにBoelと共にRuslandでのtoernooiへ移動した。「そこで彼が選手たちをどのように扱っているかを見たんだ。彼はとても情熱的で先を考えている。彼が年老いていても若くても、モダンでも古風でも私は気にしない。重要なのはチームとして何を発揮させるか、どんな方法で、何を成し遂げたいか?だ」と語るBrardは異なった背景を持つ事を理由にBoel en Van Gobbelのtandemに意識的に手を付けずにFeyenoord Onder 18へ上げることにした。

 

このtrainersduoは2年続けて同じspelersgroepと仕事をすることになる。Boelによればこのselectieはまだまだ伸びており、内6人の選手が最近初のprofcontractにサインしている。「彼らは非常に勉強熱心で才能がある。組み合わせも良い。半分はよりtechniekがあり、あと半分はよりハードワークをする。これは素晴らしいこと。昨シーズンはcoronaで突然停止しなければならなかったから、今はみんな余計に貪欲になっているようだ」

 

Advocaatのもとに参加
前回のcompetitieの半ばにFeyenoord Onder 17はwinterkampioenになった。winterstopの後、ajax en PSVに2回の負けと引き分け。しかしBoelは今すぐ勝つよりも怪我から戻って来た直後の才能ある選手たちに出場時間を与えたかったという点を指摘する。「少なくとも5,6人の選手がFeyenoord 1に到達できる可能性がある」と名前は挙げないもののBoelは考えている。「だがFeyenoord Onder 18とeersteの間は大きなステップ。だから考え方が重要になる。そしてclubが数年後をどう見ているか?今この時期にそれを予測するのは困難でもあるが、AdvocaatのもとではKökcü, Bijlow en Malaciaといったtalentenが十分チャンスを与えられている」

 

Dick Advocaatの名前が出た。Beolは来シーズン週に一 度経験を積むためにFeyenoord 1のtrainingに参加できることを約束されている。その翌シーズン、2021/2022には彼はopleiding Coach Betaald Voetbalを始めたいと望んでいる。Beolは自分の野望について明確だ。「5年以内にFeyenoord 1のstafに加わりたい。その時私は38歳。Feyenoord Onder 21を経てもあり得る。technisch directeur Frank Arnesenからとても評価を感じているし、Dick Advocaatから多くを学べることを楽しみにしている。彼が短期間でFeyenoordをベースに戻し、どれだけ置くのインパクトを与えたかを見れば、彼がどのようにマネージメントをしているかを経験できるのはfantastischなことだろう」

 

Frank Stout


https://www.rijnmond.nl/nieuws/195602/Zelfverzekerd-ambitieus-en-succesvol-hoe-Melvin-Boel-doorbreekt-als-jonge-trainer-bij-Feyenoord

 

 

 

 

 

 

 

 

Betaald Voetbalがサラリー減額について歴史的合意

5月7日にcoronacrisisによる影響に配慮してのcoaches, spelersのサラリー減額について、FBO (clubs側)とVVSC en ProProf (spelers側), CBV (coaches側)が合意に達したことが発表された。この合意内容によって年間3500万ユーロが節約されると推定されている。

この対策のパッケージは集団的推奨事項と義務事項によって構成され、推奨事項は打ち切られた今シーズンの残り期間、2020/2021シーズンの前半を対象にしており、2020年12月31日まで。KNVB, Eredivisie CV en Coöperatie Eerste Divisieはこの対策をサポートする。

 

推奨事項
・集団ボーナスの破棄
・段階的スケールに基づくサラリーの減額。各団体が政府の対策を考慮しつつ、年間25.000ユーロを超える場合は2,5%から始まって最大25%まで減額。
・2019/2020シーズンの残りの休日を放棄
・2019/2020シーズンの休日手当を5月では無く6月に支払う可能性

 

義務事項
・2020年7月1日から2023年6月30日まで、Contractspelers Betaald VoetbalのCAO (労働協約)を更新し延長。
・Eerste Divisieのcontractspelersの必須人数を2020/2021に16から14へ、2020/2022に15へ減らす。
・2020/2021と2021/2022シーズンのcontractspelersに対する休日手当に関する査定限度額の引き下げ
・2021年1月1日の時点でspelersvakbondenによる雇用主側の貢献の増加を放棄。
・niet-EU spelersの収入基準を(2019/202シーズンと比較して)なるべく同じに保つ。

MichelsのミスとHappelの工夫がどのようにFeyenoordをEuropa Cup Iへもたらしたか

ちょうど50年前の今日、FeyenoordはNederlandse clubとして初めてlandskampioenenのためのEuropese bekerであるEuropa Cup Iを獲得した。finaleではSchotse Celticを2-1で撃破。

 

その1年前にはajaxに歴史を記すチャンスがあったが、AmsterdammersはeindstrijdにおいてAC Milan相手に4-1で敗れた。linksback Theo van Duivenbodeはこの両方の試合でbasisで出場。ajaxが失敗し、Feyenoordが成功した理由を彼は説明している。

 

ajaxでの1969年のEuropa Cup I-finaleでの敗戦はTheo van Duivenbodeのキャリアにおいて最も痛ましい敗戦の1つだ。Pierino PratiのhattrickなどによってAmsterdammersはAC Milanに一蹴された。Van Duivenbodeによれば、それはcoach Rinus Michelsの判断ミスによるものだった。

 

「私はいつも礼儀正しいが、これについては言いたいことがある」と76歳になったVan Duivenbodeは話を始める。「finaleでは多くの選手がMichelsの戦術に同意していなかった。私もその1人だった。論理的には何でも全て上手く行くかもしれないが、実践的には違う事が度々ある」

 

「Michelsは最初の10分間で1-0リードしたかったんだ。そこに全て集中していた。そうすれば彼らは大好きなcatenaccio-spelを放棄するしかなくなり、彼らがマスターしていない攻撃的なvoetbalに切り替えなければならなくなる。しかし我々は最初の40分で2-0ビハインドを背負ったんだ」

 

ajaxはfinaleで敗れ、そのシーズン Eredivisieでもhoofdprijsを逃し、Feyenoordがlandskampioenとなった。coach Michelsに対するVan Duivenbodeの批判的姿勢のせいかどうかに関係無く、このlinksbackはAmsterdamを去ることになった。Rotterdamのaartsrivaalへと。

 

Van DuivenbodeはFeyenoordで鉄のように強いdoelman Eddy Pieters Graafland (先週86歳で死去), 容赦無きcentrale verdedigingsduo 'IJzeren' Rinus en Theo 'de Tank' (Israël en Laseroms), そしてsterspelers Willem van Hanegem, Coen Moulijn en Ove Kindvallらがいるploegに加わった。

 

「均質なploeg」
頑固なOostenrijkse coach Ernst Happelが堅固でcollectiefなploegを作り上げた。「Happelは戦術面では私が一緒に仕事をした最高のtrainer. positievoetbalをし、mandekking を捨ててzonedekkingを採用した。trainingではほとんどボールを使っての訓練が行われた。それは多くの楽しさをもたら、楽しければもっと頑張れる」とVan Duivenbode.

 

Europese campagneの tweede rondeでFeyenoordはtitelhouder AC Milanと対戦する。Happelは1シーズン前の経験を聞くために自分のlinksbackをノックした。

ajaxで何が上手く行き、何が上手く行かなかったか彼は私に尋ね、私は彼に話した。しかし我々はFeyenoordで全く別のelftalを持ってもいたんだ。ajaxはより芸術的で、個人個人で構成されたploegだった。Feyenoordは全体的な、均質なploegだった」

 

FeyenoordはMilanを跪かせる。Italiëでの最初の試合が早々にビハインドを背負ったものの1-0だけの敗戦で終わった後、14日後にkolkende KuipにおいてWim Jansen en Willem van Hanegemの得点によって2-0で勝利。

 

その後kwart- en halve finalesでもVorwärts Berlin en Legia WarschauはRotterdammersに対抗できなかった。eindstrijdでは3年前にもEuropa Cup Iを勝ち獲ったSchotse grootmacht Celticが待っている。

 

Van Duivenbodeは2回連続のfinaleの舞台に上がることができた。MilaのSan Siroでの彼の直接の相手は?Lionel Messiと同じbijnaamを持つJimmy 'de vlo' Johnstoneだ。

 

大きな隠れた力
「私は他人を蹴るような人間では無かった。技術的にも戦術的にも良いvoetballerだったが、スライディングは全くしたことが無かった」とVan Duivenbodeは自分自身を描写。「Happelはそういうvoetballerが好きだったんだ。Johnstoneが私よりかなり速く融通が利くことを知り、私が競り合いに行く瞬間はWillem van HanegemかWim Jansenが背後にいるようにと指摘した」

 

'De Kromme'のクオリティに議論の余地は無いが、Jansenはelftal内での大きな隠れた力だった。「その慎み深さのせいで彼は常に過小評価されていた」とVan Duivenbodeは語る。「彼が持っている全てを見れば、fantastischな技術を労働意欲、コンディションは想像を絶するものだった。彼は徹頭徹尾elftalのために自分を犠牲にしていた」

 

Happelの戦術は機能し、Johnstoneは自分のプレーができなかった。この俊敏なCeltic-aanvallerはたった1つのチャンスしか作れず、一度も枠内シュートを蹴れなかった。それでもFeyenoordはフィジカルの強いSchottenに苦しみ、30分ほどで1-0のビハインドを背負う。しかしそれから間もなくRinus Israëlがヘディングで1-1とし、その後規定のプレー時間でゴールは生まれず。

 

危険なカウンター
「延長は私にとってほとんど致命的なものになりかけた」とVan Duivenbodeは回想する。「私の横パスがインターセプトされ、非常に危険なカウンターが生まれたんだ。幸いなことにゴール前にEddy Pieters Graaflandがいた。彼がボールを止めてくれた」

 

Van Duivenbodeのミスは罰せられず、残り3分でOve Kindvallが2-1となるシュートを決める。"Ja, jaaaa, ja, hoor!"とradiocommentator Theo Koomenがtribuneで熱狂的に叫んだ。「実現した!FeyenoordがEuropa Cupを勝ち獲った!」

 

こうしてVan DuivenbodeはEuropa Cup Iを手にした最初のNederlandse spelersの1人となった。

 

https://nos.nl/artikel/2332913-hoe-michels-fout-en-happels-vernuft-feyenoord-naar-de-europa-cup-i-bracht.html

50 jaar terug: 「あのシーズンを通して我々は全く疑うことが無かった」

Willem van Hanegemは1968年にXerxesからFeyenoordへ移籍。De KrommeはRotterdammersと多くの成功を祝い、その絶対的ハイライトが1970年のEuropa Cup 1だ。Van Hanegemが初めてFeyenoordに足を踏み入れた時、彼は大きな印象を受けたという。「最初は『これはキツくなるぞ』と思っていたんだ。だが全くそれは感じなかった」

 

「grote clubに来たが、elftalのクオリティには私は少しガッカリしていた。彼らのプレーの仕方は良かったが、特別なものでは無かったんだ。事前に心配していた適応の苦労は全く無かった」とVan HanegemはVoetbal Internationalから発売中の特別号 'De eerste'で語っている。

 

1969年にFeyenoordはtrainer Ben Peetersのもとでlandskampioenとbekerwinnaarの両方になった。「しかし彼の貢献はそれほど大きく無かった」。つまりWim Jansen, Rinus Israel, そしてVan Hanegem自身が結果が出ない時期の後で戦術を変更していたのだ。「変更について我々は彼とは話もしていない。我々はmiddenveldでもっと近づいてプレーしようとしたんだ、そのためにtrainerは必要無いだろ?それほど難しいことじゃない。trainerも何も言わなかった。Peetersは素晴らしい男だったよ、優しく、良い奴だ」

 

より特別なことは、dubbel獲得で大成功を収めたPeetersがErnst Happelに取って代わられ、Franz Hasil en Theo van Duivenbodeという新戦力と共に記憶に残る1969/1970シーズンが始まったことだ。「Happelは権威をもたらした。[...] 彼は常に我々の力を出すことから始めようとした。Happelはほとんど指示を出さず、我々自身に考えさせたんだ。Happelは常に自分自身と自分の選手たちに確信を持っていた」

 

それはCelticとのEuropa Cup 1のeindstrijdへ形を変えた。「シーズンを通して我々は全く疑うことが無かった。誰も怖れていなかった。Milanのピッチに入った時、Celticがwarming-upをしていてとても興味深く見えた。彼らは我々よりも遙かに優っているようなオーラを持っていたんだ。全てがとても華やかだった。我々はそれを見て『彼らは僕らがビスケット焼き職人たちと思ってるんじゃないか?』と言い合ったよ。しかし全く何とも思わなかったし、むしろそういう事が我々よより強くしたんだ」

 

「あの夜 我々はvoetbal面では本当により良いploegだった。試合を上手くコントロールしていたし、支配していたと思う。Tommy Gemmellのvrije trapの方向が変わったkutgoalでビハインドを背負ったが、我々にはIsraelによってすぐに追いつく幸運があった。その瞬間から自分たちがこのbekerを勝ち取れると我々は確信していた」

 

そしてそうなった。

 

https://www.fr12.nl/nieuws/54042-50-jaar-terug-dat-hele-seizoen-hebben-we-nooit-twijfels-gekend.html

 

 

 

 

 

 

 

Feyenoord-icoon Eddy Pieters Graafland (86)が死去

FeyenoordはEddy Pieters Graaflandの死去を大きな悲しみと共に受け止めている。このclubでEuropa Cup Iなどを勝ち獲ったoud-doelmanが86歳で亡くなった。

 

Pieters Graafland, またはシンプルにEddy PGはNederland史上最高のdoelmannenの一人に数えられている。1951年から1958年にかけてajaxでプレーした後、Feyenoordに移り、最終的に47-voudig Oranje-internationalはRotterdamで契約中に4つのlandstitels, 2つのKNVB Bekers, そして彼の最後の公式戦でEuropacup Iを勝ち獲った。

 

Alleen maar hoogtepunten
Pieters Graaflandがそのキャリアで絶対的hoogtepuntenを見つけるのは難しかった。「実際それは私がFeyenoordに行った1958年からの全てだ」と彼はかつてNOSに語っている。「その主雲間から私のキャリアはもの凄い勢いで加速し、そこからはhoogtepuntenしか経験しなかった。kampioenschappen, Nederlands elftal, 1967年のvoetballer van het jaar, ridderorde, そしてもちろん素晴らしい締めくくりとしてのCelticとのEuropacup I-finale」

 

1970年5月6日にはEddy Treijtelでは無くPieters Graaflandがゴールを守った。Eddy PGは1968-1969シーズンにはFeyenoord 1のaanvoerderを努めたが、翌年にはhoofdcoach Ernst HappelのB-keusに。HappelがTreijtelを外したいと考えたために、Pieters Graaflandがfinaleにeindstrijdでの出場を見込んで良いか尋ねた時、彼は数日間考える時間を求めた。

 

波打ち際の岩

彼は長く考えた後に最終的に'ja'と言い、Feyenoordの歴史上最初のgrote prijsをその好セーブで助けた。「これはもちろんmijlpaal」と特徴的な灰色のセーターでよくプレーしていたPieters Graaflandは最近Feyenoord.nlのインタビューで語っている。「私自身の人生においてだけでなく、clubの歴史においてもね。当時の自分の記事を読み返すと、FeyenoordでもOranjeでも、私が自分のvoetballevenで経験した全てのものが絶対的topだったと気づくんだ」

 

彼はそのキャリアの最後の試合後も試合日には度々De Kuipに姿を見せた。才能あるkeeperなだけでなく、プロキャリア中からすでにcameramanとして多くの活動をfilmcameraに残していたPieters GraaflandはOud-Feyenoordの集まりにおいて歓迎すべきゲストでもあった。その輝かしいキャリアを振り返り、彼は数週間前に指摘していた。「私が素晴らしいことだと思うのは、elftalの中で波打ち際の岩であれたこと、自分自身を本物にできたことだ」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-icoon-eddy-pieters-graafland-overleden---290420