Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Wieffer「まだ多くのspelersがボールを足下に持ちたがる」

彼がRotterdam-Oost (Excelsior) から Rotterdam-Zuid (Feyenoord) に来た時、期待はまだそれほと高く無かった。だが1年半でMats Wiefferはcoach Arne Slotのelftalないで不動の勝ちを持つ1人に成長した。Bondscoach Ronald Koemanは彼はOranjeに選び、前の冬の移籍期間にはAtlético Madridから真剣な関心があった。

 

Hand in Handはこの共感を呼ぶtukkerと広範囲に話し、彼はこれまでの自分のパフォーマンスにはそれなりに満足していると語った。「大部分はね。もちろん僕らはもう少しPSVに近づけているのを期待した。bekerでまだ勝ち残り、competitieで2位にいるので、それはprima. でもいつだって最も多くを望むし、それにはkampioenschap も入っている。だからこの現状は難しい」とWiefferはFSV De Feijenoorderの雑誌で話した。

 

君は力強いシーズンを過ごしており、ほぼ常に前を向いているのが印象的。そのdriveはどこから?
「'zes'にいるならそれが重要なこと。さもなければachterinにひっついてしまう。そこでボールを持ってすぐにサイドを切り替えたり、素早く別サイドに動ければ、物事が上手く行き始める。毎回戻していたら先に進まない。僕は周囲を見回してどうなっているかを見る事にとても忙しくしている。前半であまりボールを持てなくても、後半にはボールを数回上手く前に出せるようになった。僕は常にそこに目を向けようとしている」

 

チームとしては現在 プレーが頻繁にとても魅力的だったシーズン序盤と比べると低調になってきている。特に攻撃面で時々上手く行っていない。それはどう説明する?
「ここ数試合は良くなってきているのが見えるし、僕は得点を決め、様々な方法で僕らに対抗しようとするploegen相手にゴールを許していない。僕らがチャンスを決めれば、ある程度落ち着いてプレーできる。そこに僕らはtrainingでかなり取り組んでいるし、diepte-loopactiesもそう。でも多くのspelersがまだボールを足下に持ちたがる、だから何事も慣れが必要」

 

君はほぼ毎週活躍している。進歩を続けているが、それはいつ終わるのだろう?
「終わらないことを願っているよ。とにかく自分のすべきことをしようと努めている。毎試合全ての競り合いに勝つことを目標にしているし、そこからボールを持った時に正確であろうとしている。今シーズン 僕は競り合いでかなり強くなったと思うし、その点で毎試合かなりの合格点を取れた」

 

Analist Pierre van Hooijdonkは君がNederlandの我々みんなが思っているよりも良いと考えている。彼は正しい?
「そんなこと言わせないでよ、ハハ。でもzes-positieのspelersはあまり目立たず、そこではあまり多くを期待されない。例えばBusquets, 彼についても本当にたくさんは話題にはされないけれど、注目してみれば、彼はとても良い。Buitenspelersには頻繁に注目が集まるけれど、僕は自分の仕事をして、プレーを分配してボールを獲ろうと努めるだけ。それはあまり目立たないかもしれないけれど、間違い無くいまはとても上手く行っている」

 

シーズンはまだ長いが、多くのspelersがこの時期怪我しやすくなっている。君はどの程度フィットしていて、フィットし続けるために何をしている?
「僕自身には何の問題も無い。AZ戦で少し背中に膝を受けてちょっと気になっているけど。それも数日で消えるだろう。幸い僕は筋肉の怪我に悩まされたことは無い。Excelsiorでの時期には足首に多少文医を抱えていたけれど、そのためのエクササイズもたくさんしてきた。僕らにはtrainingen前の良いactivatieもある。だからFeyenoordでは比較的怪我人が少ない」

 

君はかなり素面な若者だけれど、Feyenoordsupportersとの絆はどれくらい感情的?
「彼らはどこにでも大声で存在し、とてもたくさん関わりを持つ。Feyenoordsupportersにとって物事が上手く行かなかったり、僕らが負けたら、彼らの1週間は台無しになるように思う事がある。僕らが悪いプレーをすれば、とても多くの人々に影響を与えてしまう。もちろん僕はFC Twenteでもプレーしていた。Feyenoord en Twenteは最高のsupportersがいると思う、雰囲気などの面でも。僕はここでとても評価して貰っていると感じている。それはとても素晴らしい事だ」

 

https://1908.nl/artikelen/de-beker-winnen-en-bij-het-ek-zijn-dat-zijn-realistische-doelen

Feyenoord O19がYouth Leagueで僅かに及ばず (UYL: Bayern-uit)

UEFA Youth LeagueでのFeyenoord Onder 19の素晴らしい冒険は水曜日に終わりを迎えた。toernooiのachtste finalesではFC Bayern Münchenの同世代が強く、3-2. Trainer Robin van Persieは自身のploegが厳しい前半と3-0ビハインドから見事に反撃するのを目にしたが、最終的にそのダメージを完全に回復するには僅かに不十分だった。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-o19-komt-net-tekort-in-youth-league-290224

 

UEFA Youth League: achtste finale
Woensdag 28 februari

FC Bayern München Onder 19 - Feyenoord Onder 19 3-2
scoreverloop:
20' Benedikt Wimmer 1-0 
28' Javier Fernandez 2-0 
45' Emirhan Demircan 3-0 
52' Fabian Rust 3-1 
54' Djomar Giersthove 3-2 

 

Scheidsrechter: Robert Ian Jenkins (Wales)
Gele kaarten: Licina (Bayern), Plug, Arnaud, Van Persie, Giersthove, Kleijn (Feyenoord)

 

Opstellingen:
FC Bayern München Onder 19: Schmitt; Scholze, Scholl, Wimmer, Hennig (74' Manuba); Zvonarek, Fernandez, Jensen (90+2' Sadat); Licina (74' Richter), Ramsak (74' Ruger), Demircan (59' Kusi-Asare).
Feyenoord Onder 19: Ka; Arnaud, Kraaijeveld, Candelaria (83' Alemayehu), Plug; El Harmouz (46' Giersthove), Redmond (46' Rudisill), Kleijn; Sliti, Groen (74' Ouarghi), Rust (63' Van Persie).

 

Wissels:
FC Bayern München Onder 19: Hülsmann, Manuba, Puljic, Rüger, Richter, Sadat, Kusi-Asare.
Feyenoord Onder 19: Berger, Giersthove, Sebbar, Van Persie, Rudisill, Ouarghi, Alemayehu Mulugeta.

 

Robin van Persie
「2つの顔のある試合だった。前半 我々は非常に苦しみ、正当なビハインド。ほとんどチャンスを作れず、競り合いでシャープさが足りなかった。そうなるとBayern Münchenがとても良いploegなのが分かる」
「だが試合はまだ終わっていなかったし、我々が後半どのように入り、1分目から最後の1秒までどのように戦ったかを見れば、我々はfantastischにやった。そうすれば我々はclub, spelers自身、そしてチームを宣伝した事になる。あらゆるmetersで戦いとても良いプレーだった。だから3点目が決まらなかった事に全く問題は無い」
「選手たちにも。これほど力強く試合に戻ってくれるなら、それは信じられないほど多くの事を意味していると話した。まず彼らは非常に抵抗力があり、メンタルが信じられないほど強いという事。選手たちはかなり限界までやって痙攣を起こしそうになり、すでに起こしている者たちもいた。それでもプレッシャーをかけ続け、とても多くのチャンスを作った。profvoetballerになる旅で、これは彼らにとって信じられないほど素晴らしい経験」
「今日ここで何が起きたかに関係無く、彼らの旅は明日以降も続く。我々はここで勝ちたかったが。明日彼らの旅は次のステップに進む。多くの選手たちがprofvoetbalにかなり近いと思うし、彼らはそれを今日示した」
https://www.fr12.nl/nieuws/van-persie-trots-ondanks-uitschakeling-reclame-gemaakt-voor-de-club

 

続きを読む

第23節: Luuk de Jongが5シーズン目の20得点達成。VitesseがExcelsiorに勝利で望みを残す

Speelronde 23


Vrijdag 23 februari
20:00 FC Utrecht - Heracles Almelo 1-0
79' Victor Jensen 1-0 

 

14試合連続負け無しでplay-offs圏内に迫るFC Utrechtは負傷離脱のBoothに替えてAzarkanを起用。14位 HeraclesはLimbombeがschorsing, Hanssonが病欠でWillems en Engelsがbasis入り。

 

出だしからUtrechtが激しくプレッシャーをかけ、Heraclesがほとんどセンターラインを越えられず次々にボールを失う一方的な展開。しかしUtrechtも数回あったチャンスを活かせず、30分過ぎにGalgenwaardのLED照明が一部煙を出して消えて試合中断。結局一部消えたまま数分後に再開された後も流れは変わらず。

 

HT明けもUtrechtが押し続けたが前半ほどゴールを脅かせず、残り30分でToornstra en Azarkanを下げでJensen en Okkelsを投入したがBoussaidのパスからOkkelsがフリーでのチャンスでシュートを失敗。終盤ようやく前に出れる様になったHeraclesは残り15分でWieckhoffに替えてAmerika帰りのLeerdamがデビューしたが、数分後にEl Karouaniの鋭いクロスにゴール前のJensenが触って1-0. Heraclesは失点直後にUtrechtのボールロストからinvaller Sankohに突然この試合最大のチャンスもフリーで枠を外し、直後にもHrustićが16m内でフリーでシュートも枠を外して終了。

 

FC Utrechtは4連勝、15試合負け無しでclubrecordを更新し、暫定7位として次節 ajax-uit. 

 

Ron Jans
「Victor Jensenはmatchwinnerだが、実際彼は全く試合に入っていなかったね。3回ボールを失い、あのゴールでも完全に蹴り損なっていた。だが選手たちは自分が入るなら自分にとってチャンスだと分かっているし、時に熱心になりすぎる事はあり得る。Victorもそうだったように感じる」
「我々のbankのクオリティには批判もあったが、12月以降は交代にとって試合を好転させることができるようになってきた。このままでいないといけない」

 

Zaterdag 24 februari
18:45 RKC Waalwijk - Fortuna Sittard 0-1
89' Kaj Sierhuis 0-1 

 

16位 RKCはVaessenのrode kaartが取り消されて通常通り出場し、Kramerは今週もbankからで入れ替え無っし。13位 FortunaはSiovasが戻り、Lonwijk en da Cruzを外してHalilović en Petersonがbasisに復帰。

 

Fortunaが主導権を取ってRKCがカウンターを狙い、お互いにほとんどチャンスの無い穏やかな前半。25分過ぎにCordobaがLelieveldを振り払って抜け出して最初のチャンスもVaessenがセーブ。RKCはHT直前にLelieveldのクロスからNiemeijerがヘディングで狙うも僅かに枠外。

 

HTにFeratiに替えてÖzyakup投入のFortunaはSierhuisのシュートで後半最初の大チャンスもVaessenが好セーブ。圧倒されていたRKCも徐々に押し返して65分に良いコンビネーションからLokesaがネットを揺らすもbuitenspel. 数分後にVaessenのロングボールにPintoがVerripsに背中から激しく衝突されて起き上がれず担架で運ばれるアクシデント。終盤もお互いにプレーレベルが上がらず何も起きずに終わるかに思われたが、90分直前にSierhuisが強烈なミドルシュートを突き刺して決勝点。

 

Fortunaは重要な3ptを得て27ptに到達。16位 RKCとの差を9ptに広げて残留が濃厚に。

 

Kaj Sierhuis
ゴール後のリアクションについて
「体の中にに多くのフラストレーションがあった。この数週間なかなかチャンスが来なかった事にも。全ての試合で僕は多くのエネルギーを注いでいたけれど、チャンスでほとんど報われなかった。感情が高ぶった試合だった。両ploegenに高い緊張があり、voetbalをするというよりもギクシャクしていた。僕らはresultaatvoetbalをした。負けたくなかった」

 

20:00 PEC Zwolle - PSV 1-7
29' Johan Bakayoko 0-1 / 32' Luuk de Jong 0-2 / 41' Eliano Reijnders 1-2 / 51' Luuk de Jong 1-3 / 63' Johan Bakayoko 1-4 / 71' Luuk de Jong 1-5 / 73' Sam Kersten 1-6 / 86' Ricardo Pepi 1-7

 

Almere相手に低調な内容で敗れたPECはVan Polenがschorsingから戻ってReijndersがlinksbuitenに。Champions League明けのPSVはRamalhoがbasisに戻り、Saibariが欠場、TillmanがbankでBabadiがop 10に。

 

出だしのPSVの猛攻も得点には繋がらず、その後もPSVが優勢ながらBabadiの得点がbuitenspelで取り消されるなどなかなか先制できず。徐々にボールを持てる様になったPECは25分にドリブルで持ち上がったVan den Bergが切り返しでRamalhoをかわしてシュートも大きくバーの上に外し、直後に反対側でVeermanに大チャンスもバー直撃。30分直前にTezeのクロスをBakayokoが頭で決めてようやく先制すると、数分後にもhoekschopからDe Jongが頭で今シーズン20得点で0-2. De JongはEredivisieで通算5シーズン目の20得点達成。快適なリードを得たPSVだが前半終盤にPECのカウンターにスペースを与えると、ReijndersのミドルシュートをBenitezが後逸して突然1-2に。

 

後半出だしにPSVのhoekschopからボールを拾ったNamliの致命的なボースロストでDe Jongが1-3に。その後 ガスを抜いたPSVに対してPECが積極的に前に出始めたが、左サイドで奥行きを作ってボールを受けたDe JongのパスからBakayokoが1-4にして勝負あり。終盤はDe Jongがhattrick達成で22得点目で単独topscorerになるなど、PECが簡単に失点を重ねて終了。

 

Peter Bosz
「年明けの過密日程で選手たちは疲れている印象を与えていたし、プレーの輝きも無くなっていたが、2週間前のtrainingで再びフレッシュになってきたと思う。そうなればシーズン前半のプレーが戻ってくるのが見える。Europaでの試合が影響を与えないのも今日もたまたま見えた。我々が高い結果を出したのはEuropese wedstrijdenの後だけ。それはこの選手たちについて多くを物語っている。彼らはこういう試合を軽食と思わず、集中力を持って始めることができる」
「Feyenoordはもちろん軽食では無いが、いつも通り我々が勝ちたい試合の1つ。幸いにも今回はようやくthuisで、我々の観客の前でプレーできる。De Kuipではすでに3回プレーした。無敗のシーズン?それはまだまだ遠い。11試合は多い。途中で拾った全ての記録は素晴らしいボーナス。kampioenschapが最も重要」

 

Bram van Polen 
「僕はこれまで7失点したことはなかったと思う。jeugdで一度くらいあったかもしれないけれど、Eredivisie od Keuken Kampioen Divisieでは一度もなかった。grote rondoだった、特に濃うh何。前半はまだそれほどのことは起きていなかった。でもPSVは1つゴールを決めると本当にガスを入れてくる。そして休憩明けにすぐ僕らはまだゴールを許してしまう。とてもナイーヴ。その後 1-6になっても僕らのbacksは上がろうとする。もっと大人にならないといけない」
「positiespelの面では彼らはそれほど圧倒的では無かったけれど、数回カウンターで僕らを捕まえた。そうなると彼らにはとても多くのクオリティがあり、決められるものを全て決める」
「彼らは優勢だったけれど、彼らが100%のプレーをしているとも感じなかった。あまりにクオリティが多すぎる。僕は現時点ではつぎはぎだらけ。怪我と病気の後でみんな最後の足で走っている。PSVを相手にするのは僕らにとって現時点でキツすぎる」

 

21:00 NEC - Sparta Rotterdam 2-0
32' Dirk Proper 1-0 / 35' Calvin Verdonk 2-0 

 

1pt差の8位対9位でのplay-offs枠争い直接対決。NECは先週欠場のNuytinckがbankからで引き続きVerdonkがcentrale verdediger. linksbuitenはHansenに替えてGonzález. Spartaは右サイドがBakari en Mitoに戻ってWarmerdam en Clementがbankに。De GuzmánがschorsingでMetinhoが代役。お互いに2 Japanse spelersがスタートでEredivisieで初の4 Japanse spelersが出場する試合に。

 

開始5分でCheryのシュートでNECが早々にSpartaのゴールを脅かすと、10分過ぎには良い攻撃でSpartaのプレッシャーをかわしてSanoに大チャンスもシュートはバーの上に。その後もNECがvoetbal能力の高さを見せて次々にチャンスを作るも得点できず、徐々にSpartaが試合に入ってボールを持ち始め、25分にVerschuerenのクロスをLauritsenが決定的なヘディングもCillessenがスーパーセーブ、リバウンドを狙ったSaitoも枠を外すと、再びNECが主導権を取った30分過ぎに誕生日のProperが見事な反転ミドルシュートで1-0. さらに数分後にもVerdonkが完璧なvrije trapを決めて2-0に。SpartaもSaitoがアクションで脅威を作るもののCillessenに阻まれて得点できずに折り返し。

 

Spartaは後半長くボールを持ち、Saitoのアクションで数回脅威を作るもチャンスに至らず。60分にSaitoが至近距離からヘディングで狙い、Cillessenが正面で後逸もボールはバーの上に。後半あまりvoetbalをしなくなったNECは70分過ぎにProperが負傷交代も、終盤再びガスを入れて数回良いチャンスを逃し、Spartaも89分にSaitoのシュートがバーを叩いてお互い後半いくつもあったチャンスで得点できずに終了。

 

NECは前半の良い内容で勝利も火曜のbekerduelに向けてProperが痛い負傷離脱。Spartaは4試合連続2失点、8位と少なくとも3pt差に。

 

Rogier Meijer
「Dirkの怪我は様子を見なければならないが、今のところは火曜日には間に合わななそうだ。ああ、誕生日にあんな美しいゴールを決めてとても良い試合をしていたのに、ああいう形で出なければならないのはとても酸っぱい」

 

Zondag 25 februari
12:15 Excelsior - Vitesse 1-2
46' Lance Duijvestijn 1-0 / 53' Paxten Aaronson 1-1 / 86' Nicolas Isimat-Mirin 1-2 

 

15位 ExcelsiorはPierieが負傷離脱もSparta戦病欠したEl Yaakoubiが復帰。FC Volendamと引き分けに終わったhekkensluiter VitesseはIsimat-Mirinが戻るもHendriksがschorsingでOrozが引き続きbasis入り。

 

16位 RKCとの差を広げるためにここで3ptが欲しいExcelsiorが序盤から主導権を取って数回 脅威を作たっが、VitesseもHadj-Moussaが華麗なslalomを見せたことで多少勢いづいて互角の前半に。しかしお互いにほとんど説得力がなく何も起きず。30分手前にVitesseのhoekschopからAaronsonがDuijvestijnに競り勝ってヘディングもバーの上に。Excelsiorも数分後にDriouechがParrottとのコンビネーションで抜け出したがRoomとの1対1を決められず。

 

HT明け直後にZagréのパスからDuijvestijnがゴールに背を向けながらの見事な1タッチシュートで1-0も10分もせずにArcusのパスがZagréに当たってExcelsiorのゴール前に上がると倒れたWidellの背後からAaronsonが楽々決めて1-1. Vitesseが勢いに乗ってさらに数回惜しいシーンを作ったが、60分を過ぎて再びExcelsiorが主導権を取る時間帯にカウンターからParrottに大チャンスもRoomが両足でのリスキーなタックルでストップ。終盤 supportersのalles of nietsの声を受けがExcelsiorが最後の攻勢に出るも、Driouechのパスからinvaller LamprouのシュートはRoomにセーブされ、数分後にVitesseのhoekschopからHoremansの頭上を越えてIsimat-Mirinにボールが届いて1-2.

 

Excelsiorは痛い敗戦で16位 RKCと3pt差のまま。Vitesseは8試合勝利無しを終わらせてRKCと差を2ptに縮めて可能性を残す。

 

Edward Sturing
「望みが消えた事は決して無い、我々は常に望みを持ち続けてきた。しかしpuntenが必要。望みを持ち続けることはできるが、それでranglijstを上がることはできない。これでようやくシーズン4勝目。だから安堵感はとてつもなく大きい。これだけ長く勝てなければprofessioneel voetballerにとっては難しい。groepと100時間話し続けることはできるが、1つのn勝利は会話よりも遙かに大きく作用する。kleedkamerではelftal全員が椅子の上に立ち上がっていた。本当にホッとした。選手たちは全力を尽くしているし、ようやく報われたのは良い事」

 

14:30 FC Twente - Go Ahead Eagles 3-0
12' Sem Steijn 1-0 / 36' Sem Steijn 2-0 / 60' Joshua Brenet 3-0

 

FC Twenteがいいスタートから10分過ぎにBrenetの相手helftでのボール奪取からSteijnの強烈なシュートで1-0. その後もTwenteが優勢を保ち、35分過ぎに再びSteijnで2-0. 

 

Go AheadはHTにBlommeに替えてBaeten投入で攻撃的に組み替えるも後半も劣勢は変わらず、60分にhoekschopからBrenetが3-0にして実に2015年以来の得点で勝負あり。

 

PSVは楽々の勝利で3位を維持。Go Aheadは6位のまま、7位 NEC en 8位 FC Utrechtに1pと2pt差に詰められる。

 

14:30 Almere City FC - Feyenoord 0-2
 72' Yankuba Minteh 0-1 / 90+2' Yankuba Minteh 0-2 

 

PECに勝利で27tpに到達したAlmereはJacobs, Koopmeiners en ResinkがschorsingでAkujobi, Van La Parra en Hansenがbasis入りしてCathlineがlinksbuitenに。木曜にRomeでEuropa League敗退のFeyenoordはSlotが病欠。StengsがbankでZerroukiを起用し、Mintehを外してIvanušecが再びbasis入り。

 

Feyenoord supportersを乗せたバスの遅れて無人のuitvakで開始。AlmereはCathlineを高い位置に置いてGeertruidaにプレッシャーをかけつつ、ボールを持ってもCathlineが頻繁にフリーでロングボールを受けてそこから攻撃を狙う出だし。Feyenoordはボールを持つものの悪質なフィールドでパス精度が上がらず、チャンスを作れず、15分過ぎにIvanušecのパスでGimenezが抜け出しかけたが追いついたMbe Sohに競り負けてシュートできず。しかし直後にカウンターからゴール前でIvanušecのパスをGeertruidaが決めて0-1と思われたが、VAR Teubenの長いチェックの末に映像を見たVan de Graafがbuitenspel判定で取り消し。同時にFeyenoord supportersが到着した中で、Cathlineに突然先制の大チャンスもWellenreutherが見事にセーブ。その後はFeyenoordが支配力を強めてAlmereを頻繁に押し込むもチャンスを作れず、押し切れないままAlmereに押し返されて前半終了。

 

HT明けは再びFeyenoordが多くボールを持つも依然チャンスが無く、60分過ぎにお互いの交代策からAlmereに最初のチャンスもhoekschopからのシュートはWellenreuther正面に。直後にFeyenoordのカウンターで3対2もMintehが例の如くパスを出せず台無しにしたが、数分後にMintehが意表を突いた逆隅への美しいシュートを決めて9月以来の得点で0-1. 直後にAlirezaもVan la Parraが意表を突いて角度の無いシュートもWellenreutherがしっかりセーブ。終盤 Almereが最後の攻撃に出て緊張感が続き、激しい競り合いの応酬に。90分目にVan Bruggenのシュートが僅かに枠を外れ、Feyenoordのゴール前で危険なシーンが続いたがblessuretijdにFeyenoordのカウンターから再びMintehが決めて0-2で決着。

 

Feyenoordは疲れが見える中でシュート数とxGで下回るも、uitで5試合連続無得点と年明けの守備の安定感を今週も見せ、この数ヶ月全く効率の無かったMintehがようやく結果を出して勝利。来週bekerでのhalve finaleの後に日曜はPSV-uit.

 

Jochem Ritmeester van de Kamp
「Feyenoordの得点取り消しは正直何の事か分からなかった。(説明を受け) oké, 興味深い。その瞬間の事は覚えてる。ボールの弾み方が予想とちょっと違い、上手く受けられなかった。受けるつもりだったけれど、上手くできなかった」

 

16:45 AZ - ajax 2-0
7' Ruben van Bommel 1-0 / 67' Ruben van Bommel 2-0

 

3pt差の4位対5位直接対決。AZは再びBelićを起用してMijnansがrechtsbuiten.

 

5-4-1で守備的なajaxに対してAZが主導権を取ると、10分もせずに左サイドでVan BommelがSutaloを簡単にかわして抜け出して1-0. その後も広大なスペースを活かしてAZが伸び伸びとvoetbalをし、15分にBelićが角度の無いシュートもゴール前を通過。徐々に雑になってajaxに主導権を奪われるもRyanのセーブで凌ぐと30分過ぎにPavlidisのキープからVan Bommelに100%チャンスも僅かに枠外に。数分後にもGaaeiの悲劇的なミスでBelićが盛り上がって3対1のカウンターも決められず。

 

HT明けはより激しい競り合いになるもAZの優勢は変わらず、Pavlidisが頭で伸ばしたロングボールから投入直後のinvaller LahdoのパスをフリーのVan Bommelが決めてようやく2-0. さらにPavlidisが16m内でKaplanのタックルで明らかに倒れるもLindhoutは吹かず。終盤ajaxが攻勢をかけるも90分直前にBrobbeyの得点がbuitenspelで取り消されAZが凌ぎ切って勝利。

 

AZは2連勝で5位 ajaxとの差を6ptに広げて4位以上に大きく前進。

 

Jordy Clasie 
「彼らがいつものopstellingでプレーしないのは実際昨日から多少分かっていた。いつもvia-viaでコミュニケーションを取る時とがいる。それがvoetballerijの仕組み。彼らが5 achteropでプレーし、middenveldに四角形を作ろうとするのではないかと僕らは推測していた」
「最初の20分間僕らは上手くコントロールした。その後ちょっとそれを手放してしまい、彼らにフリーマンを見つけるための主導権を与えてしまった。そこは映像を見て振り返るべき点」
「全体としてはとても良い勝利。それは明らか。特に4位争いという理由で素晴らしい試合だった。そして僕らがずっといた時期を考えれば、これはとても素晴らしい」

 

20:00 FC Volendam - sc Heerenveen 0-4
13' Pelle van Amersfoort 0-1 / 66' Simon Olsson 0-2 / 68' Pelle van Amersfoort 0-3 / 90' Tom Haye 0-4
Rood: 88'  Espen van Ee

 

Vitesseが勝った事でhekkensluiterとなったFC VolendamがOuld-chikhが病欠でBoothをMührenの隣に置き、Miraniがmiddenveldに上がってBenamarがbasis入り。まだ25ptのsc HeerenveenはNunnelyを外してAliをrechtsbuiten起用。

 

ボールを持つも攻撃に出れないHeerenveenだったが、Hayeのvrije trapがBackhausにセーブされた直後、Hayeの後方からのfantastischなロングボールでVan Amersfoortが抜け出して最初のチャンスで0-1. 20分にもVan der HartのロングボールでSahraouiが抜け出したがBackhausが衝突しながらセーブ。その後は圧倒し始めたHeerenveenが次々にチャンスを作るも決められず、30分を過ぎて主導権を取り返したVolendamもMührenのシュートでゴールを多少脅かす前半。

 

HT明け直後にHeerenveenのhoekschopからBochniewiczが決めて0-2と思われたが、aftrap直前にVAR Nijhuisが介入してBackhausの背後にいたAliのhinderlijk buitenspelで取り消し。その後は再び主導権を取り合う時間帯も後半はVolendamがほとんどシュートできず、65分に久しぶりにHeerenveenの良い攻撃からSahraouiのシュートのリバウンドをOlssonが決めて0-2. 直後にも感全に油断したVolendamに対してVan Beekのパスで裏に抜け出したVan Amersfoortが美しいlobで0-3. 終盤全く問題無く過ごしていたHeerenveenは90分直前にinvaller Espen van EeがCoxへの足を上げたタックルでrode kaartを受けるも、10人でもconervariantからHayeが見事なシュートを決めて0-4でトドメ。

 

FC Volendamは降格に近づくノーチャンスの敗戦。sc Heerenveenは28ptで残留ラインに到達。

 

Stand
1    PSV    23    (21    2    0)    77-11    +66    65pt
2    Feyenoord    23    (17    4    2)    58-17    +41    55pt
3    FC Twente    23    (14    5    4)    45-22    +23    47pt
4    AZ    23    (12    6    5)    44-22    +22    42pt
5    Ajax    23    (10    6    7)    51-43    +8    36pt
6    Go Ahead Eagles    23    (9    7    7)    37-32    +5    34pt
7    NEC    23    (8    9    6)    43-37    +6    33pt
8    FC Utrecht    23    (8    8    7)    29-30    -1    32pt
9    Sparta Rotterdam    23    (8    5    10)    29-33    -4    29pt
10    SC Heerenveen    23    (8    4    11)    38-44    -6    28pt
11    PEC Zwolle    23    (7    6    10)    32-41    -9    27pt
12    Fortuna Sittard    23    (7    6    10)    23-39    -16    27pt
13    Almere City FC    23    (7    6    10)    22-39    -17    27pt
14    Heracles Almelo    23    (6    4    13)    29-53    -24    22pt
15    Excelsior    23    (4    9    10)    36-47    -11    21pt
16    RKC Waalwijk    23    (5    3    15)    20-40    -20    18pt
17    Vitesse    23    (4    4    15)    18-47    -29    16pt
18    FC Volendam    23    (3    4    16)    23-57    -34    13pt

 

Topscorer
1.    Luuk de Jong    (PSV)    22 (5)
2.    Vangelis Pavlidis    (AZ)    21 (1)
3.    Santiago Giménez    (Feyenoord)    19 (1)
4.    Brian Brobbey    (Ajax)    14 (0)
5.    Sem Steijn    (FC Twente)    12 (1)
6.    Magnus Mattsson    (NEC)    11 (2)
7.    Ricky van Wolfswinkel    (FC Twente)    10 (1)
8.    Lennart Thy    (PEC Zwolle)    9 (0)
9.    Thomas Robinet    (Almere City FC)    8 (2)

 

Assists
1.    Joey Veerman    (PSV)    11
2.    Luuk de Jong    (PSV)    9
Calvin Stengs    (Feyenoord)    9
4.    Johan Bakayoko    (PSV)    8
Steven Berghuis    (Ajax)    8
6.    Daan Rots    (FC Twente)    7
7.    Brian Brobbey    (Ajax)    6
Tobias Lauritsen    (Sparta Rotterdam)    6
Quinten Timber    (Feyenoord)    6
Manfred Ugalde    (FC Twente)    6

接戦でAlmere Cityに勝利 (第23節: Almere-uit)

strafschoppenの末にEuropaから敗退。病気のために不在を余儀なくされたhoofdtrainer. そしてバスのトラブルで最初の30分間空席のuitvak. Romeでの消耗戦から3日後、Almere CityとのuitduelでFeyenoordには多くの事が求められた。だからこそassisent-trainer Sipke Hulshoff率いるploegが接戦とはいえ、3ptを掴んだのは余計に見事だった。Invaller Yankuba Mintehが2ゴールでinvallerとして違いを作って0-2.

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/matchcenter-almere-city-fc---feyenoord-250224

 

Zondag 25 februari
Almere City FC - Feyenoord 0-2
scoreverloop:
 72' Yankuba Minteh 0-1
90+2' Yankuba Minteh 0-2 

 

Scheidsrechter: Edwin van de Graaf
Gele kaarten: Peña, Hansen, Nalić (Almere), Timber (Feyenoord)

 

Opstellingen:
Almere City FC: Bakker; Akujobi, Floranus, Van Bruggen, Mbe Soh (74' Barbet), Cathline; Ritmeester van de Kamp (60' Nalić), Robinet, Peña (60' Corryn); Van La Parra (79' Kitala), Hansen (60' Van Duiven).
Feyenoord: Wellenreuther; Geertruida, Beelen, Hancko, Hartman; Wieffer, Timber, Zerrouki (68' Stengs); Paixão (61' Minteh), Gimenez (68' Ueda), Ivanušec (68' Jahanbakhsh). 

 

Wissels:
Almere City FC: Pascu, Barbet, Corryn, Esajas, Keller, Kitala, Mamengi, Mattoir, Nalić, Post, Van Duiven, Şahin-Radlinger.
Feyenoord: Lamprou, Van Sas, Read, Lopez, Milambo, Lingr, Stengs, Jahanbakhsh, Sauer, Minteh en Ueda.

 

Ziekte: Slot, Nieuwkoop.


https://matchcenter.feyenoord.nl/almere-city-fc-feyenoord-2023-2024

 

Sipke Hulshoff
「Arneは一番最初に祝福してくれた1人だったよ。分析は明日取り組むだろう。彼はまず発熱と病気から回復しないといけないが、もちろんすぐに電話する」
「まさに事前の分析のとおりで、battleになるのは分かっていた。酷いフィールドなので主にロングボールが蹴られるのは分かっていた。平穏を生み出すために早々のゴールを願っていたが、残念ながらそのゴールが拒否され、難しい試合になるのが分かった。HT 0-0だったのは全体的には嬉しかった」
「選手たちが今日再び見せてくれた事をスーパーに誇りに思う。木曜にRomeで120分間戦い、そして今股しっかり戻ってきた」
「取り消されたゴールのシーンは見返した。scheidsrechterの解釈であり、受け入れないといけない。私に取って唯一の議論点は、Beelenが蹴ったボールは30か40 meterから来たのだから、Ritmeester van de Kampにはあのボールをコントロールする十分な時間があったのにそれを怠ったという事」
「我々は結局前半ほとんどチャンスを作れなかった。試合が進むにつれてフォールドはますます悪くなり、我々にとってより難しくなった。選手たちは疲れ、相手はフィジカルの勝負にした」
「我々は雑で、奥行きが少なすぎだとも思う。Almereが奥へのloopactiesを誘ってくれてもいたからね。我々がloopactieをした時に危険になるのも見えていた。結局は我々はほとんどチャンスを作れず、組み立てで自分たちのプレーからも作れなかったと思う」
https://1908.nl/artikelen/hulshoff-ik-ben-zo-trots-op-wat-de-jongens-laten-zien
https://www.fr12.nl/nieuws/hulshoff-ik-ben-supertrots-op-wat-die-jongens-vandaag-hebben-laten-zien

 

Mats Wieffer 
「具合が悪そう?腰を打ったせい、それがずっと辛かった。そうなると難しくなるが、僕らにはあまり多くのwisselsはいないので、僕は続けないといけなかった。ロングボールが多くてフィジカル的な試合でもあった。これはやることができる最も糞な試合の1つ。実際純粋に勝利だけを求めるものだ」
「良くなかったし、このフィールドではかなり難しかったとは行っても僕らはもっと改善しないといけないと思う。最近の試合はscoreがちょっと悪いことが多い。正直に言うなら今日も多くは無い。でも最終的に僕らが勝ったし、それが重要」
「120分間プレーしてpenalty'sで負ければ切り替えが問題になる。もちろんそれは役立たないけれど、結局僕らにあまり影響は無かったと思う。Hancko en Beelenは今日とても良いプレーをした。実際 Timonが上手く止めた1チャンスを除けば全て勝っていた。僕らはボールを持った時にもう少し上手くやれると思う」
https://www.fr12.nl/nieuws/wieffer-wij-hadden-ook-niet-veel-wissels-dus-ik-moest-wel-door

 

Yankuba Minteh
keeperが前に出てゴールから離れようとしていた。だから逆隅にシュートを狙ったんだ。これは僕は人生で決めてきた中で最も美しいゴール。普段僕はこういう得点は決めない、これが初めて」
「あの得点は僕にとってもチームにとっても重要だった。同点だったし、僕は貢献するために入り、そして2得点でそれをやった」
「(得点できない時期が続いて)大変だったし、怪我もあった。もう戻ってきたし、また得点したい。buitenspelersとして僕らはもっと得点とアシストをしないといけない。僕はメディアからはあまり情報を得ていない。trainerと試合に集中するだけ。メディアが何を言っているか正確な所は分からない」
https://www.fr12.nl/nieuws/minteh-mooiste-goal-die-ik-in-mijn-leven-heb-gescoord

 

Quinten Timber
「Mintehのクオリティは僕らは既に分かっていた、彼はシーズン序盤にもスピードだけでは無い事を見せていたと思う。それは彼の大きな強み。彼が今日 2ゴールで重要な存在になれたことも良かった。彼は1対1の状況で常に脅威になる。彼がいてくれることを僕らはとても喜んでいる」
「自分に何が求められているかを彼はますます理解し始めていると思う。結局は trainen, trainen, trainen, そしてお互いに話をすること。彼は奥へのボールも足下へのボールも好む。その両方が彼は好きだ。Mintehと対戦するのを好むlinksbackはいないと思う」
「trainerの不在はもちろん気づくけれど、trainerがいる時も、assistentenが上手く補完しているのも実際常に見える。僕らは今日上手く対処できたと思う。原則は非常に明確で、Slotは毎日trainingでそれを世話している。何が必要とされている理解できるくらい、僕らは十分に成熟もしている」
「木曜の試合が無かったとしてもAlmere-uitは難しい。彼らは多くのロングボールをプレーし、多くの競り合いをしようとする、そして僕らはvoetbalをしたい。実際こういうプレー不可能なフィールドでプレーしないといけないなら、難しくなるのは分かっているので、別の方法で勝たないといけない。それを僕らは上手くやった」
https://www.fr12.nl/nieuws/timber-geen-enkele-linksback-vindt-het-fijn-om-tegen-minteh-te-staan

 

続きを読む

欧州戦中間ラウンド第2試合

Europa League: tussenronde
Donderdag 22 februari
21.00 AS Roma - Feyenoord 1-1 s.s. 4-2 (1-1)
5' Santiago Gimenez 0-1 / 15' Lorenzo Pellegrini 1-1 

 

Strafschoppenserie: 
Roma: 1-0 Paredes (goal), 1-1 Lukaku (mis), 2-1 Cristante (goal), 3-1 Aouar (goal), 4-2 Zalewski (goal). 
Feyenoord: 1-1 Ueda (goal), 1-1 Hancko (mis), 2-1 Jahanbakhsh (mis), 3-2 Hartman (goal).

 

thuisで1-1に終わったFeyenoordはGeertruida, Timber en Gimenezがbasisに戻り、Mintehに替えてNieuwkoopをrechtsbuiten起用。

 

お互いに慎重なスターとから、Wiefferがmiddenveldで上手く相手をかわして始まった攻撃の最後にGimenezが肩で決めて最初のチャンスで先制。数分後にRomaのhoekschopから決定機を与えるもHanckoがライン上でクリア。攻勢に出たRomaに押し込まれるもFeyenoordもカウンターでWiefferが飛び出して大チャンスもシュートはkeeper Svilarにセーブされ、15分にWiefferがPellegriniに許したミドルシュートを決められて1-1. その後はRomaの嵐が収まって拮抗した時間帯もpositiespelが上手くいかないFeyenoordがチャンスを作れず、Romaにさらに数回チャンスがある展開。前半終盤にはFeyenoordのプレッシャーをかわして落ち着いてvoetbalをするRomaが支配的になるもFeyenoordが堅く守って折り返し。

 

前半 balbezitが40%を下回ったFeyenoordがHT明けはボールを持つもmiddenveldで悉くボールを失って相手ゴールに近づけず、残り30分でStengs en Paixãoを下げてZerrouki en Ivanušec投入で確実性を高めようと試み、残り20分でNieuwkoopに替えてMinteh投入。しかし再びボールロストからカウンターを受ける頻度が増え、Gimenezに替えてUeda投入でロングボール主体に。ほとんどvoetbalができないものの、守備面では後半スペースを与えずに安定したFeyenoordがRomaにも全くチャンスを与えず、blessuretijdにhoekschopからWiefferのヘディングで後半唯一のチャンスが大きく枠を外れて90分終了。

 

VerlengingはRomaに明らかに力強さが無くなって存在感の無かったTimberが競り勝てるようになったFeyenoordが主導権を掴み、100分過ぎに良いコンビネーションからゴール前に走り込んだGeertruidaにあわや大チャンスもMintehのパスが僅かに合わず。最後の15分間もやや拮抗するもFeyenoordがコントロールし続け、Mintehが意表を突いてkorte hoekを狙うもkeeperがセーブ。Feyenoordは最後まで素晴らしい活躍を見せたWiefferを終了直前に下げてstrafschopnemer Jahanbakhshを投入し、残り時間でLukakuにシュートを許すもWellenreutherが好セーブでチームを救って120分終了。

 

strafschoppenserieはWellenreutherが2人目のLukakuを止めるも直後のHanckoも失敗。さらにFeyenoord 3人目のJahanbakhshも止められ、Romaが残り全員成功して4-2で終了。

 

Conference League: tussenronde
Donderdag 22 februari
18.45 FK Bodø/Glimt - ajax 1-2 (2-2)
34' 0-1 / 83' Patrick Berg 1-1 / 114' 1-2
Rood: 48' Josip Šutalo / 65' Albert Grønbæk (2xGeel) 

 

2 controleursを並べるも依然組織的にプレッシャーをかけられないajaxに対して序盤からBodø/Glimtが優勢に進めて15分過ぎにゴール前フリーでヘディングの大チャンスも決められず。非常に保守的なajaxは30分間ほとんどボールを前に運べない悲劇的なプレーも、30分過ぎのinworpから前半唯一のシュートを決めて突然の先制。

 

HT明け直後にajaxの背後のスペースへのパスに飛び出した相手をSutaloが倒してrood判定。数分後にもBodøのhoekschopからのシュートをゴールライン上のSosaが手で止めるも罰せられず。0-1後も数回良いチャンスを作っていたBodøは後半完全に圧倒するも出だし11分で2回バーを叩き、65分にuitで2得点のGrønbækが2枚目退場に。その後はやや拮抗してBodøが大きなチャンスを作れなくなり、ajaxの奇跡の勝ち上がりかと思われたが残り10分でミドルシュートがポスト内側を叩いてネットを揺らし1-1. blessuretijdにもカウンターからBodøがネットを揺らしたがbuitenspelで90分終了。

 

verlengingに入ってもBodøががら空きのゴール前での100%チャンスで大きく枠を外すと、後半にajaxがhoekschopから1-2に。最後はBodøがこの試合3回目のバー直撃で終了。

Romeでのpenalty-dramaでEuropaから敗退 (EL: AS Roma-uit)

FeyenoordのEuropese avontuurは木曜日に酸っぱい結末を迎えた。渦巻くStadio Olimpicoで AS Roma en Feyenoordは120分間均衡を保ち (1-1)、penalty'sで決着を付けることに。strafschoppenserieはthuisploegの優勢に終わり (4-2)、Feyenoordは再びRomeで敗れた。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/matchcenter-as-roma---feyenoord-220224

 

Europa League: tussenronde
Donderdag 22 februari
AS Roma - Feyenoord 1-1 s.s. 4-2 (1-1)
scoreverloop:
5' Santiago Gimenez 0-1 
15' Lorenzo Pellegrini 1-1 

 

Scheidsrechter: Jesús Gil Manzano (Spanje)
Gele kaarten: Spinazzola, Paredes, Ndicka (Roma), Geertruida, Hancko, Timber, Wieffer (Feyenoord)

 

Opstellingen:
AS Roma: Svilar; Karsdorp (67' Çelik), Mancini, Llorente (85' N'dicka), Spinazzola (106' Angelino); Cristante, Paredes, Pellegrini (71' Aouar); Dybala, Lukaku, El Shaarawy (90' Zalewski). 
Feyenoord: Wellenreuther; Geertruida, Beelen, Hancko, Hartman; Wieffer (120' Jahanbakhsh), Stengs (59' Zerrouki), Timber; Nieuwkoop (71' Minteh), Gimenez (78' Ueda), Paixão (59' Ivanušec).

 

Wissels:
AS Roma: Patricio, Boer, N'dicka, Smalling, Celik, Angelino, Sanches, Aouar, Baldanzi, Zalewski, Azmoun en Costa. 
Feyenoord: Lamprou, Van Sas, Zerrouki, Alireza, Ueda, Lopez, Ivanusec, Minteh, Sauer, Read, Milambo, Lingr.


https://matchcenter.feyenoord.nl/as-roma-feyenoord-2023-2024-europa-league

 

Arne Slot
「昨年と同じ感情に襲われた、ガッカリ。まるで我々はここで勝つことはできないかのようだ。120分戦ったのだから疲れもある。とても良いvoetbalを見せる、とても良いspelersのいるあるclub相手に3回対戦。私のspelersは必死に働きし、とても必死に戦い、ほとんどチャンスを与えなかった。残念ながら我々もあまりチャンスを作れなかった。本当に大きなチャンスを作るのがいくつもの大きな試合で我々にとって問題になっている。verlengingには次第に我々が強くなっていくのが見えた。その時間帯にも多くのチャンスは無かったが、数回かなり脅威になった。だが脅威になるとゴールをに替える事の間、そこがまだ我々にとって課題」
「strafschopを失敗したspelersがsorryを言いに私のところにきたが、全く必要無い。strafschopを蹴れば決める事も失敗する事もあり得る、だからその責任は私が負うもの。普段ならkleedkamerで日曜について話を始めるが、今日はしなかった。penalty'sを失敗するのは不愉快なものであり、それは多分87分目の大チャンスを逃すよりも不愉快なもの
「DavidもAlirezaもstrafschoppenを蹴る経験がとて豊富。非常に重要なシーンでもだ。Alirezaは最近 6万人が観戦したAsian Cupに参加しえちた。そのプレッシャーに耐えられる者がいるとすれば、それはAlirezaだ。この試合で私は100回中200回彼らを指名しただろう」

「finaleで負けるのはEuropa Leagueのtussenrondeで負けるよりも辛い。我々が毎回 AS Romaによって敗退しているのを私はどういうわけか誇りにも思っている。FeyenoordがTrencinのようなclubsに敗退させられた年もあった。負けなければならないなら、hele grote clubに負けるべき。sきかし敗退するのは好きでは無いし、もちろん毎回同じ同じclub相手に敗退は全くしたくない。そうなると多少名誉にも関わる。我々は先週差を作れたと思うし、作らなければいけなかっただろう。Roma-uitで1-1はそれ自体primaな結果だからだ。ここで立ち続けることができるなら、一定のレベルに達しているだろう。それならEuropa Leagueでかなり遠くまで到達できただろう」
「我々は非常に強い相手によって3回敗退した。AS Romaはとても良いploeg. それを我々はもう3回知った。彼ら相手に我々は良いpartijを示し、徐々に近づいている。最初の敗戦は90分で、その次はverlengingで、そして今回はstrafschoppenで。来年また会えることを願っている、と言いたいくらいだ。だが' vier keer is scheepsrecht'かといま質問されれば、そうだと言う勇気はないし、自信は無い。我々はここで勝てないようだ。もし来年また彼らを引いたら、とても多くのフレッシュなエネルギーで再び望むつもり」
https://www.fr12.nl/nieuws/slot-ik-trof-hetzelfde-aan-als-vorig-jaar-teleurstelling
https://1908.nl/artikelen/slot-volgens-mij-kunnen-wij-hier-gewoon-niet-van-winnen
https://nos.nl/artikel/2509997-slot-als-je-dan-toch-moet-verliezen-verlies-dan-van-een-hele-grote-club

 

Mats Wieffer
「この試合はほぼ互角だったと思う。AS Romaには数回良いシーンがあった。序盤僕らにも数回機会があり、少し良かった。ある時点で彼らがちょっと違う方法でプレッシャーをかけ始め、middenveldで1対1でプレーし始めて僕らを抑え込み始め、僕らはそれに苦しんで、その後はロングボールでプレーせざるを得なくなった」
「1-0後の僕のチャンスはkeeperが上手く前に出てきてゴールを小さくした。korte hoekに決めようとしたけれど止められた」 
「特に最後は僕らの方が多少フィットしていると感じたし、verlengingには多少チャンスを作った。彼らはもう本当にやろうとしていなかったと思う。そこからpenalty'sで負ければこれ以上酸っぱいことは無いと思う。彼らはとても上手く決めた。特に最初と最後。Timonも全て上手くやったし、最後に本当にwereld balを止めたと思うけれど、penalty'sをああいうふうに蹴られたら止められない。僕らが2つ失敗したのが残念」
「最終的に誰が失敗するかは関係無い、失敗したらいつだって糞だ。彼らのシュートはそれほど悪くなかったと思う。彼らを責めることは本当にできない。とにかくとても酸っぱい」
「僕は戦闘で走り続け、ある時点で完全に死んでしまった。Aliは普段なら良いpenalty'sを蹴るし、交代が奇妙だとは思わなかった」
「本当にとても酷いこと。そう言って良いだろう。blessuretijdは死んだ様に静か。ああ、本当に糞だ」
https://www.fr12.nl/nieuws/wieffer-na-pijnlijke-avond-in-rome-het-is-echt-verschrikkelijk
https://1908.nl/artikelen/wieffer-blijkbaar-mag-het-niet

 

Quilindschy Hartman
「ああ、2回かなり近かったし、今日は多分これまで以上に近かったけれど、またそれは起きなかった。それがガッカリ」
「ああ、strafschoppenを受け持ったみんなにはリスペクトを持っている。最後の1分でTimonがセーブして運が味方していると信じた。penaltyserieでそれを続けられる事を期待していた。スタートも良かったけれど、残念ながらその後失敗してしまった」
「こういうstadionで勇敢にイニシアティヴを獲った彼らをあらゆるリスペクトを払うとも言わないといけない。それで失敗しても彼らを責めることは何一つ無い」
「僕自身何かを手にしたいし、それなら受け持たないといけない。それに僕はこのチームの中で自分が受け持つべきだと思うところまで来たとも思う。僕は良いtrapを持っているから、やってみようとしたし、事前にコースを選んだ。幸いにも得点したけれど、残念ながらそれで十分では無かった」
「verlengingの前半は僕らが押していると思った。多分verlengingの前半の様なプレーをもっとすべきだったのではないかと思う。振り返ってそれが唯一後悔すること。全員が全力を出したと思うけれど、残念ながら負けてしまった。でも僕らにはまだ求めるべきものが十分ある。来週はbekerのhalve finaleで、日曜にはAlmere. 今はちょっと糞だけど、僕らは前に進まないといけない」
https://www.fr12.nl/nieuws/dan-kan-ik-niemand-iets-kwalijk-nemen-als-er-wordt-gemist
https://1908.nl/artikelen/hartman-respect-voor-de-jongens-die-hem-durven-te-nemen-in-dit-stadion

 

Timon Wellenreuther
「チームにとってこれ以上ガッカリな瞬間は考えられない。僕はとても調子が良かったし、試合に上手く入れた。終盤に向けてなんとかなると思った。でも最後は多少の運も必要。そしてそれはまたAS Romaにあった・・・」
「最初のpenaltyから僕はもう少しだった。いつも彼らが蹴るspelersを事前に見ている。宿題もやってきた。3回良いコースを選んだけれど、Italianenがとても強く蹴った。結局はみんなを助けられなかったので悔しい。もう1つ止めないといけなかった。僕が2 strafschoppenを止めていれば、間違い無く僕らが進んでいた」
「僕らは全てのstrafschoppenを上手く蹴りもした。みんなprimaだったけれど、彼らのkeeper Svilarが2つの素晴らしいセーブをした。ああ、super saves. 僕らの頭の中は十分coolだった。このploegのメンタリティはとても強いし、僕らのsupportersの応援が無くても、このstadionで自分たちを強いと感じていた。そこは本当に誇りに思う」
「Thomasはとんでもない!この定評あるspits相手に彼がどんなプレーをしたかは信じられないもの。本当に、あの男相手に守るのは簡単じゃ無い。先週も彼はprimaだったけれど、今夜は本当にtopだった。これだけ若い年齢ですでにこれができるなら・・・ 彼はもう何年もこのレベルでプレーしているかのようだ。僕の目には彼には大きな将来がある。Thomasはほとんど競り合いに負けず、統計では1つも直接の負けは無かったと聞いた。それは尋常じゃ無い。Thomasはもちろん身体は強そうには見えないけれど、彼はしっかり試合に入っていた。Lukakuとの全ての競り合いで彼はfenomenaalだった」
https://www.fr12.nl/nieuws/wellenreuther-hij-gaat-een-grote-toekomst-tegemoet-in-mijn-ogen

 

Thomas Beelen
「とても不愉快な気分。どちら側にとっても素晴らしい試合では無かったと思うし、彼らが僕らを捕まえていたので、僕らはたくさんロングボールをプレーしないといけなかった。僕らはokéにそれをやったと思うし、全員で戦った。verlengingでは、最後の数分に彼らにまだ2つチャンスがあったけけれど、僕らの方が多少優勢だったと思う。もしかしたらverlengingではもう少しプレッシャーをかけられたかもしれないけれど、全員にまだ力がたくさん残っていた訳じゃない。penalty'sではどちらの面が出る可能性もある。こうはなって欲しく無かった」
「僕らは上手く生き残っていた?いや、それは誇張だと思う。彼らはクロスが多かった。前半は彼らの方が少し良かったかもしれない。後半は両方が少し雑然としていた。achterinでは僕らが生き残っているとは感じなかった。最終的には良い感じだったと思う。彼(Lukaku)はとても多くの事をしたとh思わない。難しい瞬間が来るのは分かっている事。彼はとても良いspitsで、とても強いからね。120分間彼が危険にならないようにプレーする事はできないと思うけれど、僕らはそれを上手く解決したと思う」
「個人的にも上手く行ったという感じはある。それは皆も感じているだろう。最後の数シーンを除けば、Dávidと一緒に上手く解決できたと思うけれど、今はそこから何も良い事は得られない。統計も気にしていない」
https://1908.nl/artikelen/beelen-ik-heb-wel-het-gevoel-dat-het-goed-ging

 

続きを読む

CL achtste finales第1試合: PSVがthuisで優勢ながら引き分け

Champions League: achtste finales
Dinsdag 20 februari
20.00 PSV - Borussia Dortmund 1-1
24' Donyell Malen 0-1 / 56' Luuk de Jong 1-1 (str.)

 

PSVはRamalhoを外してSchoutenをcentrale verdediger起用し、middenveldにTillman en Saibariを起用し、Bakayokoがフィットしてbasisに復帰。

 

序盤 PSVがDortmundの左サイドにプレッシャーをかけて数回ボールを奪う事に成功して優勢に立ち、15分にSchoutenのパスをDe JongがはたいてフリーのTillmanに大チャンスも枠を外すとその後は徐々にDortmundが試合に入って数回PSVのゴール前で脅威を作ると、Tillmanのサイドライン際でのボールロストからMalenがプレッシャーかけてきたSaibariをかわして正面のDestをかわししつつバーを経てゴールに決まる強烈なシュートを見事に決めて0-1. PSVも直後にvrije trapから僅かにbuitenspelpositieのTillmanがフリーでヘディングして枠外に。より拮抗した時間帯もPSVが依然より多くボールを持ち、35分過ぎにはLozanoが奥行きを作ったTillmanへのパスを通し、tweede paalでフリーのBakayokoにボールが届くもシュートはhitできず枠を外し、BoscagliのBakayokoへのロングボールからSaibariの強烈なシュートはkeeper Meyerがセーブ。

 

HT明けもPSVが激しくプレッシャーをかけて優勢に立つと、Lozanoのパスを16m内でTillmanがaannameに失敗してボールを前にこぼし、タックルをしかけた相手がボールに触るもプレーできずそのままTillmanを倒してのpenaltyでPSVが運を味方にして同点に。strafschopを決めたDe JongはChampions Leagueで通算9得点でVan Nisterlooyを抜いてclubrecord更新。その後mのPSVが優勢に立ち、60分過ぎにはSaibariがフリーでミドルシュートもバーの上に。PSVは残り15分でLozanoに替えてPepiを投入したが、後半はお互いにほとんどチャンスを作れず、試合全体でDe Jongに1度も良いボールが届かず引き分け。

 

Peter Bosz
「非常に強度のある試合。だが勝利で終えるのを期待していた。前半はMalik Tillmanに多くの大チャンスがあった。後半は最後のパスが良くなかったのであまり機会が無かった。両ploegenが高い位置でプレッシャーをかけ、そのためにミスが生まれたが、それはフィールドのせいでもある。多くの人が滑っていた。前半で上手くチャンスを決め、後半ももっと機会をもっと上手く対処していれば我々にとってもっと多くを得られる結果になっていたと思うが、このフィールドではそれは非常に厳しく、残念ながら2ゴール目を決められなかった」
「だが本当に激しい試合だったので、我々が強度の点で争えたことには満足している。後方で上手く立っていたと思う。序盤は上手くプレッシャーをかけられなかった。HT後にDe Jong en Tillmanでプレッシャーをかけ始め、良くなったと思う。ただ最後の段階で最後のパスがちょっと良くなかったし、内へ入ったBakayokoのシュートも弱すぎた」
「終盤相手に疲れが見えたが、我々も攻撃的な交代をするのが非常に難しかった。Pepiが左からプレーしているが、もちろん我々はLangを欠いているし、Vertesseはもういない。1時間くらいフレッシュな戦力を入れて物事を強制できるのが以前の我々の強みだったが、残念ながら今日はそうはいかなかった」
「returnに向けては良いフィーリングを持っている。3週間後に我々がそこでやれると自信を持っている」

 

Joey Veerman
「1-1は正当な結果?僕らとしてはそうは感じなかった。Donyellがあり得ない角度から美しいゴールを決め、僕らは前半 このレベルなら決めないといけない3つのチャンスがあった。彼らよりブラの方がより多少大きなチャンスがあったと感じる。不運にビハインドを背負ったのがとても残念。もし僕らが勝っていても、相応しく無いとは思わなかっただろう」
「僕自身あれがpenaltyだとは思わなかった。彼が撤回すると思った。僕は背後にいて良く見えなかったけれど、Hummelsのリアクションからすると彼はボールに行っていたようだ。彼はボールに触れ、だけど足にも行ってしまった。VARについては何も言わないでおこう。先週の僕らにも同じようなことがあり、それについても僕は何も言わない。VARは正しい半b邸をするために作られ、彼らは常にそれをするわけじゃ無い」