Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Jong Oranje: EK予選 Jong Zwitserland en Jong Wales戦voorselectie

Jong Oranje-coach Erwin van de Looiは9月17日金曜日にvoorlopige selectieを発表。8月の前回のvoorlopige selectieと比較すると、FeyenoordのLutsharel Geertruidaが333人のselectieに唯一加えられた名前となる。

 

Jong Oranjeは10月8日金曜日にZwitserlandでEK-kwalificatiecyclus 2021/’23を再開。その日 LausanneのStade de la Tuilièreで19.00 uurから Jong Zwitserlandが対戦相手に。10月12日金曜日にはJong Walesがこのinterlandwindowで2番目の対戦相手に。Jong OranjeはNijmegenのGoffertstadionでWalesとのthuiswedstrijdを行う。この試合は20.00 uur開始。

 

De voorselectie van Jong Oranje:
Doel: Calvin Raatsie (Ajax), Jay Gorter (Ajax), Kjell Scherpen (Brighton & Hove Albion), Bart Verbruggen (Anderlecht), Fabian de Keijzer (FC Utrecht)
Verdediging: Mitchel Bakker (Bayer Leverkusen), Sepp van den Berg (Preston North End), Melayro Bogarde (TSG Hoffenheim), Sven Botman (Lille OSC), Jeremie Frimpong (Bayer Leverkusen), Lutsharel Geertruida (Feyenoord), Milan van Ewijk (sc Heerenveen), Ramon Hendriks (Feyenoord), Ki-Jana Hoever (Wolverhampton Wanderers), Neraysho Kasanwirjo (FC Groningen), Jayden Oosterwolde (FC Twente), Micky van de Ven (VfL Wolfsburg)
Middenveld: Wouter Burger (FC Basel), Jurgen Ekkelenkamp (Hertha BSC), Kenzo Goudmijn (Sparta Rotterdam), Daniël van Kaam (FC Groningen), Ian Maatsen (Conventry City), Immanuel Pherai (Borussia Dortmund), Ludovit Reis (Hamburger SV), Kenneth Taylor (Ajax), Quinten Timber (FC Utrecht)
Aanval: Vicente Besuijen (ADO Den Haag), Myron Boadu (AS Monaco), Brian Brobbey (RB Leipzig), Fodé Fofana (PSV), Sydney van Hooijdonk (Bologna), Daishawn Redan (PEC Zwolle), Joshua Zirkzee (RSC Anderlecht)

 

23選手から成るdefinitieve selectieは10月1日金曜日に発表される。

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/79531/geertruida-terug-33-koppige-voorlopige-selectie-jong-oranje

Oranje: WK予選 Letland en Gibraltar戦voorselectie

Bondscoach Louis van GaalはLetland en Gibraltarと対戦するOranjeのvoorselectieに28選手の名前を発表。Bundesligaclub SC Freiburgのdoelman Mark FlekkenとClub Bruggeのaanvaller Noa Langが初めて入った。

 

De voorselectie:
Keepers: Justin Bijlow (Feyenoord), Tim Krul (Norwich City), Joël Drommel (PSV) en Mark Flekken (SC Freiburg)
Verdedigers: Nathan Aké (Manchester City), Virgil van Dijk (Liverpool), Matthijs de Ligt (Juventus), Stefan de Vrij (Internazionale), Tyrell Malacia (Feyenoord), Denzel Dumfries (Internazionale), Daley Blind (Ajax), Devyne Rensch (Ajax), Jurriën Timber (Ajax)
Middenvelders: Ryan Gravenberch (Ajax), Frenkie de Jong (FC Barcelona), Davy Klaassen (Ajax), Teun Koopmeiners (Atalanta), Marten de Roon (Atalanta), Guus Til (Feyenoord), Georginio Wijnaldum (PSG)
Aanvallers: Steven Berghuis (Ajax), Steven Bergwijn (Tottenham Hotspur), Noa Lang (Club Brugge), Donyell Malen (Borussia Dortmund), Memphis Depay (FC Barcelona), Wout Weghorst (VfL Wolfsburg), Luuk de Jong (FC Barcelona), Cody Gakpo (PSV).

 

Kwalificatiecampagne
Het Nederlands elftalは10月8日金曜日にRiga (Daugava Stadion)でQatarでのWK 2022に向けたkwalificatiecampagneを再開させる。Letlandでの試合は現地時間 21.45 uur (Nederlandでの20.45 uur)開始。10月1日月曜日にはOranjeはStadion FeijenoordでGibraltarと対戦。Roteでは20.45 uurに最初の笛が鳴る。

 

Louis van Gaalは10月1日金曜日に、3日後にZeister Woudschotenに集まる選手たちをpersberichtをとおして発表する。

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/79534/van-gaal-neemt-28-spelers-op-voorlopige-oranjeselectie

欧州戦グループステージ第1節: Vitesseがuitblinker Tannaneと共にuitで快勝スタート

Champions League groepsfase:
woensdag 15 september
21:00 Sporting Clube de Portugal - ajax 1-5
2' 0-1 / 9' 0-2 / 33' 1-2 / 29' 1-3 / 51' 1-4 / 63' 1-5 

 

Europa League groepsfase:
donderdag 16 september
21:00 PSV - Real Sociedad 2-2
31' Mario Götze 1-0 / 34' Adnan Januzaj 1-1 / 39' Alexander Isak 1-2 / 54' Cody Gakpo 2-2 

 

出だしから主導権を取って優勢に進めたPSVはZahaviのミドルシュートで先制に近づく。10分過ぎにObispoのミスで大ピンチを招くがRamalhoが辛うじてシュートブロックし、20分過ぎにはMaduekeが得意の位置から狙うも僅かに枠外。数分後にJanuzajにフリーでミドルシュートを許すがバー直撃。雑なプレーで相手を試合に入らせたPSVだが、Maduekeの角度の無いクロスがeerste paalでkeeperに弾かれたリバウンドをGötzeががら空きのゴールに楽々決めて先制。しかし直後にReal Sociedadの見事な攻撃で異例に崩されて即同点にされると、数分後にもフリーで入れられたクロスからゴール前でもIsakにフリーでシュートを許して1-2.

 

後半もPSVはミスの多い出だしだったが、次第に試合に入るとGötzeの完璧なアシストからGakpoが決めて同点。さらに残り30分で新加入 Viniciusをデビューさせたが、大きなチャンスは無く迎えた7分間のblessuretijd, invaller Tezeのミドルシュートがポスト直撃、Boscagliの大きなミスで大ピンチを招くがDrommelが1対1に勝利して引き分け。

 

Cody Gakpo
「僕らはtweede ballen en 50/50-duelsで十分シャープじゃ無かったと思う。そうなると2失点する。一生懸命戦ったけれど、それだけでは十分じゃ無かった。Sociedadは上手くポジションを取っていたけれど、僕らはスペースをもっと上手く使えただろう。時々それはしたけれど、大チャンスにできないことが多くあった。時にこういう試合はあるもの。僕らはそこに注意を向けないといけない。雑さを取り除いてもっとチャンスを作れるようにしないと」
「僕の交代の理由?分からないけど、僕らには全員が必要」

 

Conference League groepsfase:
dinsdag 14 september
16:30 Maccabi Haifa - Feyenoord 0-0

 

FeyenoordはSenesiが怪我から戻ってbasisに復帰。Iraniërs Jahanbakhshが政治上の理由で欠場し、Aursnesを加えてToornstraがrechtsbuitenに。

 

Feyenoordがやや慎重な立ち上がりもカウンターの機会を与えずにコントロールして試合を進め、Toornstraのゴール前へのパスにLinssenが飛び込んで2回のチャンスも1回目は触れずゴール前を通過し、2回目はkeeperが好セーブ。Maccabi HaifaもCheryがミドルシュートを狙うがBijlowが触ってバー直撃。drinkpauseの後にもToornstraのパスを16m内のTilがaannameに苦労しつつシュートしたがkeeper正面。雑なミスに苦しむFeyenoordに対して前半終盤にMaccabi Haifaが優勢に立ち、blessuretijdに右サイドから危険なクロスもTraunerが辛うじてクリア。

 

後半はFeyenoordが相手陣内で激しくプレッシャーをかけて主導権を取り、SinisterraとMalaciaの連携からLinssenに大チャンスもhitせず枠外に。決め手を欠くFeyenoordは終盤 Linssenに代えてDessersをデビューさせ、長期離脱明けのGeertruidaもカムバックさせたが、残り時間は守備の時間が多くなってそのまま引き分け。

 

Feyenoordは全体的に低調ながら、おそらくgroepで最もタフなuitwedstrijdで満足できる1pt.

 

donderdag 16 september
18:45 NS Mura - Vitesse 0-2
30' Sondre Tronstad 0-1 / 69' Danilo Doekhi 0-2

 

VitesseはDasaが宗教上の理由でお休みによりYapiが代役。Tannaneが今シーズン初めてbasisに戻ってGbohoと共にFrederiksenの後ろに。

 

Sloveniëで優勢なVitesseは2回不注意でヒヤリとするシーンを招くも、30分にTannaneのシャープな動き出しから始まった攻撃で最後はTronstadがミドルシュート、一度は前にいたBeroに当たったが、リバウンドを自ら再びシュートして先制。その後も完全に圧倒して抜きん出たプレーを見せるTannaneを中心に何度もチャンスを作り、hoekschopからDoekhiの頭で0-2として勝利。

 

Vitesseは結局 相手の枠内シュート0と全く危なげなく、厳しいgroepで唯一の格下相手に快勝スタート。

 

Thomas Letsch
「Tannaneがこれだけ良い日だった理由?移籍ストーリィの終了、この試合への準備、チームのフォーム、彼のコンディション、それら全てのmixだと思う。彼は間違い無く素晴らしい選手であり、それは誰もが知っている。今日彼は自分がどんな選手かを示した」
「良いパフォーマンスだった。90分間全てでは無いが、その大部分で。我々は良いスタートを切り、実際もっと早く得点すべきだった。0-1のゴールはとても重要で、その後 我々は当初の強度を失ってしまい、それは面白くなかった。だが最終的には相応しい勝利だから、私は幸せだ」

 

Oussama Tannane
「とても楽しい、良いpot. 僕らは優勢だった。プレーを作り、多くのチャンスを創った。それを全ては決められなかったのが残念。僕の軸足の後ろを通したシュートは決まっていればwereldgoalだった。Beroがhakでボールを出した時、『シュートしよう』と思ったんだ。僕は他にもゴールで自分に報いることもできたはず」
「このフォーメーションはとても良い感じ。Gbohoも得点するチャンスを得たいと思うのは理解できること。試合後にフィールド上での僕らのフィーリングはとても良いねと彼に行ったんだ。彼もRKC戦後にそう言っていた。僕らはお互いに敢えてボールを出し合い、誰がどこを走っているかが分かる。コンビネーションがある。ここからはFC Twente戦に向けて取り組まないと」

 

21:00 Randers FC - AZ 2-2
24' Jordy Clasie 0-1 / 27' Simon Piesinger 1-1 / 34' Vangelis Pavlidis 1-2 / 68' Simon Graves 2-2

 

Deense Randers FCに対してAZが出だしから全力で攻撃を仕掛けて開始3分でPavlidisにチャンスもkeeperが足でセーブ。そのままプレッシャーをかけ続けて20分過ぎにClasieが強烈なミドルシュートでようやく先制したが、数分後にドタバタした守備から決められて即同点に。それでもAZは崩れること無く攻勢を続け、Pavlidisが一度はヘディングをセーブされるも、リバウンドを自ら決めて再びリード。後半もAZが圧倒的に優勢に進めていたがPavlidisらが追加点のチャンスを決められず、70分手前に再び追いつかれ、終盤の攻勢もblessuretijdにAboukhlalが大チャンスで枠を外してそのまま引き分け。

Malacia「voetbalではすぐ大人にならないといけない」

Tyrell Malaciaはlinksbackとして近年大きなステップを踏み、新契約とOranjeのデビューという成果を得た。今回 Feyenoord Magazineの中でこのverdedigerとの広範囲なインタビューが行われた。

 

君は契約延長の際に大人になることについて話していた。『今や本当の男になった』と言っていたけれど、どんな部分でそれを感じる?
Malacia:「第一に僕のプレーにだけど、フィールドの外で持つ他の責任にもだね。例えば僕らは今シーズンをグループに多くの若手を迎えてスタートした。僕も彼らと同じようにVarkenoordから来て、同じルートを旅してきたから、僕の方に目を向けてくれる。だから僕は言いお手本を示し、どうあるべきかを見せないといけないんだ。Antoni Milamboを見てくれ、彼は僅か16歳で突然kleedkamerで男たちの中に入った。彼はなるべく早くギアを変えないといけないけれど、僕は経験からそれが非常に難しいかもしれないのを知っている。僕がその道で多少彼を手助けできるなら、それが大きな違いを生むかもしれない」

 

君はどうやってそれをやっている?
「Antoniも他の若者たちも、僕に質問して構わないのを知っている。それ以外に僕もフィールド内で彼らをプッシュするように努めてもいるんだ。voorbereidingでは時々 彼らが疲れ果てているのをみたけれど、僕らはかなりhard trainingをしていたからそれは論理的なこと。僕はそういう時に彼らにextra boostを与えるようにしている。それによって彼らがもう一度スプリントできるようにね。そういう小さな事で僕は違いを作り出すように努めている」

 

君は自分自身がeersteに来た時の期間にそういうことを経験した?
「間違い無く。例えば僕は当時 Kenneth Vermeerとすぐにとても言い絆を持った。僕らは約14歳離れていたけれど、すぐにとても上手くklikしたんだ。彼はいつも僕を助け、試合前に僕を励ましてくれて、僕が彼の家の行くか、一緒にどこかに食事に行っていた。そうやって僕はすぐに良いフィーリングを持てたんだ」

 

君はeerste elftalに加わった時に17歳だった。こういう若い年齢で手綱を取ってくれる人物がいるのはどれくらい重要?
「もちろんそれは重要だけれど、僕は最終的には全て自分でやらなければならないと自分にいつも言い聞かせてもいた。voetbalwereldは時にとても奇妙で、そこではすぐに大人になって自分の両足で立てないといけない」

 

voetbalwereldが奇妙というのはどうして?
「奇妙というのはもしかして正しい言葉では無いかもしれないけれど、僕が言いたいものは最終的には誰もが自分のことを考えているということ。今日誰かと良い絆を持てても、明日にはその人が国外へ去って、その後はお互いにほとんど連絡を取らなくなるという事が起きてもそれほど奇妙じゃ無いんだ。他人はそこで自分の人生を生きるし、自分自身はここでやらないといけない、それも理解できること。だから最終的には自分の力でということ」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/malacia-in-het-voetbal-moet-je-snel-volwassen-worden-160921

De Kuipのveldteamが7回連続受賞

Grasmeester Erwin Beltmanが率いるDe KuipのVeldteamが再びprijzenを獲得した。Spelersvakbond VVCS-voorzitter Evgeniy Levchenkoが水曜にstadionを訪れ、Eredivisie seizoen 2020-2021のbeste veldに贈られるprijsを手渡した。

 

De Kuipがこの分野でNederlandのベストに選ばれるのは2014年以来実に7回目 (!)。これはEredivisieで毎試合後にuitでプレーしたclubsのaanvoerdersの評価を基にしている。昨年はcoronapandemieによる早期の終了のために2019-2020のprijsは受賞されなかった。

「我々がこのschaalを間に置く場所が無いということで我々は密かに困っているよ」とBeltmanは笑顔で答えた。さらにこのFeyenoords grasmeesterは強いチームワークの賜物である今回の受賞を誇りに思っている。

 

「これはチーム全体に対するprijs. 我々はDe Kuipのマットだけでは無く、1908とAcademyのマットも維持している。これは私1人ではできない」と昨シーズンへの評価に喜ぶBeltmanは言う。「毎回 (最高評価)5を貰える可能性がある中で、2回だけ4を貰ったというのは全体としては完璧。我々のフィールドは常に良い状態でプレー可能だ」


https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/veldteam-de-kuip-opnieuw-in-de-prijzen-150921

 

Eindstand na speelronde 34
1    Feyenoord    4,88
2    AZ    3,94
3    ADO Den Haag    3,82
Ajax    3,82
5    PSV    3,71
FC Twente    3,71
7    Willem II    3,53
8    RKC Waalwijk    3,41
9    SC Heerenveen    3,35
10    FC Utrecht    3,18
11    VVV-Venlo    3,06
12    FC Groningen    3
Vitesse    3
14    PEC Zwolle    2,76
15    Fortuna Sittard    2,35
16    Heracles Almelo    1,76
17    Sparta Rotterdam    1,47
18    FC Emmen    1,41

 

https://www.vvcs.nl/feyenoord-winnaar-vvcs-veldencompetitie-2020-2021/

引き分けでgroepsfaseをスタート (ECL: Maccabi Haifa-uit)

Feyenoordは火曜日にEuropa Conference Leagueのgroepsfaseを引き分けでスタートした。IsraëlでのMaccabi Haifaとのopeningsduelは得点が生まれず0-0. Cyriel Dessersがinvallerとしてofficiële Feyenoord-debuutを果たし、Lutsharel Geertruidaがeerste elftalでの復帰出場をした。

 

Europese uitwedstrijdでの引き分け。Feyenoordは近年のclubhistorieではもっと良くない結果でRotterdamに戻っていたが、それでもspelers en stafが本当に良い気分で飛行機に乗り込むかどうかは疑わしい。そうするにはploegはあまりに多くの勝利のチャンスを指で掴み損ねた。

 

最大のチャンスはおそらく60分過ぎのBryan Linssenのものだろう。左サイドで上手く行った攻撃の最終駅となったこのaanvallerは、後半の素晴らしいスタートに対してploegに報酬を与えることができただろう。しかしTyrell Malaciaがボールを戻した後、Linssenはボールをしっかり蹴ることができなかった。

 

Feyenoordが熱狂的なthuispubliekに支えられたMaccabi Haifaにもっと苦しんでいた前半も、Linssenは先制点を決めることができた。それ以外にはLuis Sinisterraも後半深くに2回視野を完全に保つことができず、チームメイトをkeeperの前に配置することができなかった。

 

このようにFeyenoordはhoofdtoernooiで夢のスタートを切れたかもしれないが、kwartjeは逆の面が落ちた可能性もあった。Tjaronn Cheryは前半激しくバーを叩き、blessuretijd深くにはIsraëliërsが何も無いところからまだ得点を決められたかもしれなかった。それ以外ではRotterdamse defensieはほとんどチャンスを与えず、これは間違い無く(Europese) seizoenの今後数週間で継続することができるものだ。

 

Conference League groepsfase:
dinsdag 14 september / Sammy Ofer Stadium
16:30 Maccabi Haifa FC - Feyenoord 0-0

 

Scheidsrechter: Fabio Maresca (Italië)
Gele kaarten: Menachem, José Rodríguez, Donyoh, Chery (Maccabi), Til (Feyenoord)

 

Opstellingen:
Maccabi Haifa: Cohen; Meir, Planić, Arad (64' Dahan), Menachem, Mohamed, José Rodríguez, Jaber (83' Lavi), Chery, Abu Fani (60' Haziza), David (60' Donyoh).
Feyenoord: Bijlow; Pedersen, Trauner, Senesi, Malacia; Aursnes, Til, Kökcü; Toornstra (82' Geertruida), Linssen (76' Dessers), Sinisterra.

 

Wissels: 
Maccabi Haifa: Mishpati, Levi, Lavi, Haziza, Goldberg, Gershon, Fuchs, Donyoh, Dahan, Atzili, Ashkenazi
Feyenoord: Marciano, Troost; Geertruida, Hendriks, Hartjes, Teixeira, Bannis, Dessers


https://matchcenter.feyenoord.nl/maccabi-haifa-feyenoord-2021-2022

 

Arne Slot
「我々はもっと多くを目指していたが、得られなかった。第一の狙いとして我々は相手にできるだけチャンスを与えないようにしていた。uitwedstrijdとして我々は上手くやり、コントロールした。前半は良いプレーでは無かったが、後半ボールを持った時にかなり良くなった。チャンスもいくつかあった。それほど多くは無かったが、1ゴール決めるにはこれで十分でないといけなかった。我々はそれを決めなかったが、重要なのは負けなかったこと。もっと良い結果に値したかもしれないが、引き分けは結果としてはokéだ」
「前半の我々は彼らのsysteemに上手く対応できず、ボールを持った時に雑だった。例えばSinisterraはこの試合にもっとエネルギーを注げたと思う。彼はチームをもっと助けないといけなかったが、特にボールを持った時に違いを作れる重要な選手。ボールに届くように多くのエネルギーを注がなければいけない。彼はHT後にそれをずっと上手くやったし、そうなれば彼がどれだけ危険かはすぐに見えただろう」
「交代が2回だけだったのは、フィールドにいた選手たちがprimaなパフォーマンスを出していたと思ったから。何人かの選手は疲れていた。Toornstraは全力を出すのに苦労していたし、Bryanも多少同じ。だがそれ以外では他の選手たちを下げる理由はあまり無かった。その点で我々がsmalle selectieで旅行したのは災難では無かった」
「こういう熱狂的な観客がいるMaccabi Haifaは決して簡単な相手では無い。この結果の価値は、groep内でもっと多くの試合が行われた数週間後に分かるだろう。ここで簡単に勝つチームはほとんど無いと思う」
https://www.fr12.nl/nieuws/slot-wat-dat-betreft-was-de-smalle-selectie-geen-ramp

 

Bryan Linssen
「前半の2つのチャンスはそれほど簡単じゃ無かった。最初のはJensからのパスが厳しく、バウンドした。僕は右足では無く左足で行くべきだった。2つ目のは真っ直ぐなボールで、簡単なボールじゃ無かった。(後半のMalaciaからの)3つ目は実際決めないといけなかった、あれを決められなかったのが残念。もちろん交代もさせられたけれど、昨日から膝に問題もあった。それは彼らも知っていたこと。いや、全く深刻なものではない。日曜に次の試合だし、それは大丈夫」
https://www.fr12.nl/nieuws/linssen-baal-ervan-dat-ik-die-goal-niet-heb-gemaakt

 

Cyriel Dessers
「チーム全体にとって難しい試合だった。僕はようやく出れたし、数日待っていた瞬間。自分のベストを尽くしたし、チャンスは来なかったけれど、それはその内来るだろう」
「出場時間を得られたのはしばらくぶりだけれど、フィジカルはとても良い感じ。Genkでhard trainingをしていたし、Feyenoordでもそのラインを続けた。準備はできている。trainerが僕を必要とするなら、僕はそこにいる」
「僕は数年前とは違う選手。人々が僕のUtrecht-periodeやHeracles-periodeについてさえ話しても、僕は気にしない。僕は遙かに良いvoetballerになったし、みんなにそれを見せるのが待ちきれない」
https://www.fr12.nl/nieuws/dessers-ik-ben-een-betere-speler-dan-een-paar-jaar-geleden

 

続きを読む

GuidettiのFeyenoord-debuutから10年 「またどんなmafkeesを連れてきたんだ?」

彼はFeyenoordで僅か23試合しかプレーしなかったが、誰も彼を忘れることは無い。John Guidettiはちょうど10年前、NAC Bredaのもとを訪れた1-3勝利でRotterdammersにデビューした。Stockholm出身の19歳spitsはManchesterを経てDe Kuipに来るや否や、すぐにkleedkamerをひっくり返し、消えることの無い印象を残した。ラインの内でも外でも。

 

John Guidettiの名前が挙がると、彼の元チームメイトたちはすぐに熱狂的になる。彼らは彼のことをクレイジー、狂気、そして時に天才と呼ぶ。Nederlandがこの若きZweedを知ったのは2011年9月11日 BredaのRat Verlegh Stadionで途中出場した時だ。Ronald Koemanが当時 kampioenskandidaatでは無かったFeyenoordのtrainerだった。そのシーズン最初の数試合では低空飛行のExcelsior en Roda JCに勝ちはしたが、Heerenveen en Heracles相手には成功しなかった。NACとのuitwedstrijdでは Anthony Lurling, Jelle ten Rouwelaar en Eric Botteghinといった選手たちがbasisにいるため、難しい話になるのが分かる。

 

Guidettiはその時点でRotterdamに2週間しかいなかった。Spelersbegeleider Jan Mastenbroekは8月31日に空港に彼を迎えに行き、Deadline Dayが終了する数時間前に彼を高速でDe Kuipに連れてきた。Guidettiは時間通りにtechnisch directeur Martin van Geelのオフィスに当杓子、レンタル契約にサイン。それからは彼を案内するのはteammanager Bas van Noortwijkの仕事だった。「De Kuipの全てのkruip- en sluipweggetjesに沿って。そうした時に選手は大抵迷子になるが、Johnはみんなと会話していた」とVan Noortwijkは回想する。

 

ビリヤード
彼とGuidettiは最終的にspelershomeに行き、そこでこのZweedは初めてーそして後に最後では無い事も分かるー驚愕を引き起こした。「彼はすぐ全員にビリヤードのゲームを挑んだんだ。彼対他の全員。彼はビリヤードが上手かった?いや、全くそうじゃ無かった。でもそれは彼にとって関係無かったんだ。本当にスペシャル男、初日からね」

 

その時点で Feyenoord-selectieの21歳のtalent Kaj RamsteijnはすでにこのZweedが何者かを知っていた。「彼は8月のJong Zweden-Jong Oranjeで僕の直接の対戦相手だったんだ。Bram Nuytinckへの早々のrode kaartで僕らは3-0で負けた。Guidettiの2得点で。彼は対戦するのが厄介なspitsだったけれど、僕らのところであれだけ上手くやるとは予想できなかった」とRamsteijnは言う。

 

Feyenoordでの1年間についてRijnmondでのインタビュー

youtu.be

 

Guidettiが違う考えだったのは驚きでは無い。「彼はNAC戦前に初めてselectieに入り、そして自分がbasisに入ると思っていた」とVan Noortwijk. 「一部の選手にとってその態度は嫌なものかもしれないが、Johnは常にポジティヴだった。彼は誰も怖れず、僕らのためにやるんだと確信をもっていた」

 

おい、何してるんだ?
Guidettiはガッカリし、KoemanがHT明け直後にwarmlopenするように彼に指示を出すまでbankに座っていた。まるで飛行機に遅れ、それでもまだ間に合いたいかのように彼はwarming-upをする。「5分後には彼はKoemanの横にいた。Johnは途中出場に十分温まっていると思ったんだ。Koemanは凄くビックリしていたよ、彼の表情を見てくれ。彼は『おい、何をしてるんだ?warmlopenしろよ』と本当に思っていた」と元チームメイトでGuidettiの友人でもあるRuben Schakenは言う。

 

10年経った今でも、Schakenは自分がGuidettiで経験したことがどれだけ奇妙な事だったかを常に実感している。「あのwarmloopincidentはJohnの典型だった。彼はパーソナリティがあり、男らしかった。私は最初の瞬間から『またどんなmafkees (変な奴)を連れてきたんだ?』と思ったよ」

 

何も気にしない
Schakenは全Feyenoord-spelersの中で多分 Guidettiを最もよく知っている。「私たちはすぐにklikし、よく一緒にいた。Johnは何も気にせず、私はそれが素晴らしいと思ったよ。そして逆に彼も僕を尊敬してくれた。私はかなり年上で、当時 Porscheを運転していた。彼はそれが凄いと思ったんだ。そうやって友情が生まれた」

 

Guidettiは風変わりな取りであり、特にvoetbalを上手くやれることはすぐに明らかになった。ほとんどの選手は1日経ってすぐに彼がRotterdam-Zuidで上手く行くと分かっていた。Schaken: 「僕らはtrainingですぐに感銘を受けていた。彼は16m内で致命的で、たくさん動いた。さらに定期的に自らチャンスを創り、それが得意だった」

 

結果は23 eredivisieduelsで20 goals, そして最終的にFeyenoordと共に2位になった。しかし9月11日のNACとの試合ではFeyenoordの面々の顔はまだかすんでいる。連続して成功できないシーズンが近づいているかのようだった。特にvogeltje Robbert Schilderが自分たちのhelftからフリーで駆け上がり、7分以内にRotterdammersがビハインドを背負ったことで。FeyenoordはGuidetti抜きでまだそのビハインドを取り返し、Otman BakkalのヘディングとKarim El Ahmadiの見事なフィニッシュにより、60分を過ぎて1-2でリードした。

 

その直後 Guidettiの公式デビューの時が訪れる。彼はtrainingenでほとんど全てを効率良くこなしていたが、Bredaではそうは行かない。最初のシュートは力無くゴール前を通過し、Schakenのパーフェクトなクロスに彼のヘディングは数m枠を外れた。かつてAngelos Charisteasで起きたように、Feyenoordがtransfermarktの最終日にまた失敗するspitsを連れてきたと多くのsupportersが思っていた。

 

しかしGuidettiがその他と大きく異なるのは、Zlatan Ibrahimovicを思わせる自信だ。「僕らは最初からそれに気づいていた」とRamsteijn. 「彼はまるですでに10年間僕らのもとでプレーしているかのように振る舞い、すぐに声を上げた。僕らを発奮させるためにEngelsであらゆることを叫んだんだ。あれだけ若い選手としてはもの凄く特別。『僕らは君のことは全く知らない』とみんな思っていた」

 

Zoetermeer出身の控え目なRamsteijnとエキセントリックなZeedとのコントラストは大きい。「僕らは全く違っていた。彼は自信に満ちあふれ、自分がEuropese topspitsになると思っていた。僕は自分の居場所のために戦っていて、謙虚であろうと努めていた。Johnはとにかく注目を集めるのが好きだった」

 

それはGuidettiがNAC戦の終盤に初得点を決めた時に明らかになる。Kelvin Leerdamが倒されると、Feyenoordがpenaltyを得た。Guidettiはリストに入っていなかったが、ボールを掴んでライオンが子供を守るかのようにそれにしがみついた。彼は準備を整え、もう一度息を吐き、冷静にボールを右下隅にシュート。Ten Rouwelaarは反対側に飛んで1-3. Guidettiが1, 2秒後にNACのharde kernに向けて指を口に当てると、stadionが爆発した。

 

尻を振る
「だがそれがJohnであり、彼はそれが好きなんだ。彼は私たちのもとで初日から音楽の管理をしていた。そしてkleedkamerでAfrikaanse manierでお尻を振っていた。彼はKeniaに済んでいたからそれが上手かったんだ。私たちがそれをどう思うかは彼は気にしていなかった。彼は自分がやりたいことをやった。あの指はそのほんの一例」とSchakenは笑いながら言う。

 

kleedkamerではGuidettiの服装についてよく冗談が言われていた。「彼は見た目良くなかったんだ。幅広のシャツとズボン、Zwedenの服装スタイル。彼の衣装棚は恥ずかしいものだったよ。だから私たちはRotterdamでブランドものの衣類や綺麗な身の回り品をよく買いに行っていた」とSchakenは語る。

 

歌われる
Ramsteijn: 「ああいう状況ではRotterdamの中心街は避けると思うだろう。Graziano Pellèはいつもそうしていて、定期的にAmsterdamへ行っていた。でもJohnはそうせず、彼は歌われるためにまさに意図的に市街に行っていたんだ。彼はそれが好きだった。そして彼は良いパフォーマンスをしていたから、Lijnbaanを快適に歩くこともできていた」

 

NAC戦後にKoemanは満足しているとRijnmondに語っていた。「Johnを見ればいつもslimに相手から逃げているのが分かる。彼は対戦相手を忙しくさせ、ゴール前で上手い。penaltyも蹴れる。だから彼はすぐにそれを蹴りたがった、これはある種の選手たちが敢えて主導権を取ろうとすることを示している」 Van NoortwijkはGuidettiとKoemanの間に生まれた特別な絆を楽しむことができた。「Ronaldは意識的に彼を自由にしていた。JohnがFeyenoordの前進を助けられると知っていたから、彼にあまり近づかなかったんだ。それが失敗したのはたった1度だけ、RKC戦での2枚目のgele kaartでだ」

 

それは事実上 GuidettiのFeyenoord-jaarで唯一の染みだ。それ以外では彼は特に得点で注目を自分に集めさせた。まずpenalty's, その後 veldgoals. 最終的にカウンターは計20で終わり、その中には3 thuisduels連続でのdrie hattricksも含まれる。2012年1月29日 ajax-thuis 4-2はclubhistorieにおける最も特別なKlassiekersの1つだ。

 

今日はhattrickをしたい
「彼はシーズンの前半でajaxとのuitwedstrijdを欠場していたから、その日 私はkleedkamerでJohnをからかっていたんだ。‘You were too scared to play’と私は言った。彼のリアクション? ‘Today I will score a hattrick.' 私は彼に、1点でも決められたら満足すべきと説明しようとしたよ。だがまぁ、彼は3つ決めた。でも事前にそれを言うのはどうかしてるだろ?」

 

いずれにせよ、NAC-uitはRotterdam-Zuidでの忘れられない、特別な期間の始まりとなった。かつてお伽噺でしかあり得ないと思われていた期間。landstitelは無いが、これ以上無く貧しい年月の後でGuidettiはRotterdamse voetbalhartenに希望を取り戻した。De Kuipでの輝かしいお別れを彼から奪った、その後長引く神経ウィルスによって、このZweedはその後どこでも成功していない。Stoke Cityでも、Celtic, Celta de Vigo, Hannover 96 en Alavésでも。

 

5年後にGuidettiはNederlandで最後のプレーをした。Celtaと共に彼はajaxのもとを訪問。Spanjaardenは敗れたが、Guidettiは得点した。その2週間前にはajax-supportersが彼の通いのSpaanse restaurantから壁にかけられた彼のshirtを奪い、燃やしていた。Guidettiは激怒し、両手を耳の後ろに置いてFeyenoordと何度も叫ぶことで自身の得点を祝った。

 

 

AmsterdamでのGuidettiのリアクションには誰も驚かなかった。Rotterdamでは今も誰もがこの華やかなZeedを愛している。「彼は私が一緒に仕事をした最も陽気な選手だ。彼とはいつも笑顔が、笑い声があった。彼は誰も退屈させず、誰とでも一緒に行動し、グループにポジティヴな影響を与えた。1シーズンだけだったのが残念」とVan Noortwijkは言う。

 

Feyenoordでの最後の試合から数ヶ月後、彼はもう一度De Kuipに戻った。Guidettiは自分の後任のPellèがajax相手に終了直前に同点ゴールを決めるのを目撃し、他のsupportersと同じように大声で歓声を挙げた。supportersの多くが後にcrowdfundingをとおしてGuidettiをFeyenoordに連れ戻そうとしたが、それは実現しない。GuidettiはおそらくFeyenoord-shirtを着ることはもう二度と無いだろう。単純にそれをするには彼は近年あまりにプレーしていない。そしておそらくその方が良い。なぜなら永遠のpubliekslievelingとなるために僅か23試合しか必要としなかったこのZweedse tienerの記憶は生き続けるからだ。

 

Guidettiが去った直後、RijnmondはMarco Borsatoの楽曲 Als alle lichten zijn gedoofdでafscheidsclipを作成した。

youtu.be

 

https://www.rijnmond.nl/nieuws/1372301/Tien-jaar-na-Feyenoord-debuut-Guidetti-Wat-een-mafkees-hebben-ze-nu-weer-binnengehaald