Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

第21節延期分: FC Utrechtがfoutmargeに助けられて1pt獲得

Speelronde 21


Donerdag 22 april
18.45 ajax - FC Utrecht 1-1
13' Simon Gustafson 0-1 (str.) / 70' 1-1

 

FC UtrechtはVan de Streekが10番、KerkがspitsでGustafsonが右サイドに。

 

序盤劣勢で危ないシーンが続いたUtrechtだが、10分過ぎに右サイドでのスローインから裏に抜けたKerkが16m内でTagliaficoに倒され、Lindhoutがノーファール判定もVAR Rupertiに呼び出されて映像を見た結果 penalty判定となり、名手 Gustafsonがしっかり決めて先制。その後 グリップを得たUtrechtがカウンターを中心に度々高い位置でボールを持てるようになり、非常にコンパクトで組織的な守備から与えた唯一のチャンスもOelschlägelがセーブ。

 

後半出だしもUtrechtは堅い守備から力強さを見せるKerkへのロングボールで脅威を作り、Kerkが倒されて得たvrije trapをMaherが狙うも僅かに枠外に。ajaxが10分で早々に交代策を行うとKlassenがネットを揺らしたがbuitenspel判定でRupertiもfoutmargeの範囲内で介入せず。しかし70分にゴール前にフリーで走り込まれて同点にされ、両buitenspelersをElia en Mahiに入れ替えも完全に押し込まれる劣勢が続き、75分過ぎには再びOelschlägelの好セーブに助けられる。しかし残り時間は再び守備に安定感が戻り、終盤は低調な相手の攻撃にほとんど問題に陥らずに凌ぎ切って引き分け。

 

FC Utrechtは6位 FC Groningenとの差を2ptに縮める。

 

Willem Janssen
「arenaでの1ptはprimaだと思う。もちろん後半はかなり下がらないといけなかったし、彼らにはゴールもあったと言える。一方でとても多くのチャンスは与えなかったと思うけれど、後半攻撃面で僕らはもう何も出せなかった」

 

Allard Lindhout

「私のフィーリングは得点に傾いている。証拠が無いのでmargeがある。例えばカメラは垂直な角度では無いので、それはより難しくしている。どうすればもっと上手く測定できるか?私はその分野ではあまりtechnischでは無いので分からない」
「これはフィールド上のarbitrageにとってもVARにとっても、お互いが非常に近いためにとても難しい状況。VARは自分が持っている手段で仕事をし、buitenspelなためにフォールド上の判定がそのまま残った。assistentが『彼らがとても近く、得点だ』と判断していれば、その上で2ラインが引かれ、おそらく重なってその判定のままだっただろう」
「この映像をみれば純粋なゴール?私のフィーリングはそれにとても近い。証拠が無いのでmargeがあるが、私のフィーリングは君と同じだ」

 

Stand
1 Ajax 29 (23 4 2) 87-21 +66 73pt
2 PSV 29 (18 7 4) 64-30 +34 61pt
3 AZ 29 (18 7 4) 66-38 +28 61pt
4 Vitesse 29 (17 5 7) 46-28 +18 56pt
5 Feyenoord 29 (15 9 5) 58-29 +29 54pt
6 FC Groningen 29 (13 7 9) 35-33 +2 46pt
7 FC Utrecht 29 (11 11 7) 46-37 +9 44pt
8 Heracles Almelo 29 (11 6 12) 35-43 -8 39pt
9 FC Twente 29 (9 10 10) 42-40 +2 37pt
10 SC Heerenveen 29 (9 10 10) 39-40 -1 37pt
11 Sparta Rotterdam 29 (9 7 13) 40-46 -6 34pt
12 Fortuna Sittard 29 (10 4 15) 40-52 -12 34pt
13 PEC Zwolle 29 (7 11 11) 38-46 -8 32pt
14 RKC Waalwijk 29 (6 8 15) 27-44 -17 26pt
15 Willem II 29 (5 7 17) 31-61 -30 22pt
16 VVV-Venlo 29 (6 4 19) 39-75 -36 22pt
17 FC Emmen 29 (4 9 16) 30-58 -28 21pt
18 ADO Den Haag 29 (2 10 17) 22-64 -42 16pt

 

Bannis「Advocaatの発言をモチベーションに変えた」

Keuken Kampioen Divisieは数10年にわたって国内及び国外talentenの分娩室であり、今シーズンもまたこの第2レベルにはポテンシャルを秘めた多くのvoetballersがプレーしている。Keuken Kampioen Divisieの公式メディアパートナーであるVoetbalzoneは毎週これらのtalentenの1人を紹介しており、今回はFeyenoordでのブレイクのためにFC Dordrechtで準備をしているNaoufal Bannisに焦点を当てている。

 

Naoufal BannisはRiwal Hoogwerkers Stadionのhoofdtribuneを登って行き、19歳のspitsはラジカセの側で一旦立ち止まる。stadionには誰もいないようだが、その音が大きすぎて近くに数分間いると聴覚障害を起こしそうだ。数秒間ボタンをいじり、静かになる。「ああ、これでいい」とBannisは笑いながら席を探す。彼はKrommedijkで居心地良く感じている。「最初の2週間はちょっと慣れが必要だった。ほら、Feyenoordとは別世界。voetbal面だけで無く、環境面も。Feyenoordでは全てが自分のために手配されるけれど、ここではほぼ全てを自分で手配しないといけない」とBannisは笑う。「ボールが溝に入ると、自分で取りに行かないといけない。そういうこと」

 

1月までBannisはそれ以上のことはあまり分かっていなかった。Feyenoordは2016年にこのgeboren HagenaarをADO Den Haagから引き抜いた。「僕はほぼ生涯Feyenoordでプレーしている。Feyenoordはほとんど僕の全て。jeugdで僕をFeyenoordから買い取ろうとするclubsもあったけれど、僕は決して受け入れなかった。僕の目標は常にFeyenoordでデビューし、eerste spitsになることだったし、それはいまも変わっていない」と彼は微笑みながら言う。BannisはFeyenoordのjeugdopleidingで最終年を経て、大成功した世代で2019年にEK Onder-17を勝ち、数ヶ月後にはWKで4位とjeugdinternationalに成長した。昨シーズン 彼はJaap Stamのもと、Sparta RotterdamとのEredivisie-duel (2-2)で17歳でeerste elftalにデビューを果たした。

 

Stamが去り、Dick Advocaatが来たことで当初の展望は変わる。Advocaatはシーズン途中でMarouan Azarkan en Achraf El Bouchataouiと共にBannisをOnder-19へ戻した。それはとても痛い一撃だったとBannisは振り返る。Advocaatは数ヶ月前からjeugdspelersがbankに座るには「まだ十分では無い」と言っていた。「もちろんそれは衝撃だったし、だからこそ僕は自分のために殊更に取り組み始めた。最終的にそうじゃないことを証明するため、僕はそれをモチベーションに変えたんだ」 Bannisは彼自身の言葉によれば、この1年多くの努力をしてきた。clubの外で週に3回 personal trainerと共にフィジカルを鍛えている。彼はその部分に対する疑いがあることを知っていたからだ。

 

「フィジカル面で僕がまだ準備ができていなかったというのは事実。だから僕は体を強くするためにここにいる。フィジカルが足りないと言われていることが、いまはもっとガスを入れるモチベーションになっている。自分の中にあるものを最大限に出したい。自分自身への投資は間違いなくそれに不可欠なもの。僕はFeyenoordではまず第一にkrachttrainingをするためにclubに来ていた」 そうした投資にはmental coachとの取り組みも含まれる。彼らのレッスンにより、彼はFC Dordrechtへのレンタルは決してステップバックでは無いと1月に結論づけた。「多くの人々がこれを後退と見ているけれど、僕はそうは見ていない。これは自分を成長させる手段でしかない。最初は僕自身も後退だと思っていたけれど、『半年間たくさんプレーし、もっと強くなり、もっと良い選手になって戻ってこよう』と思い始めたんだ。これはプロセスの一部。全てをポジティヴに見れば、voetbalも良くなる」

 

「最も重要なのは出場時間を得ることで、それはどこでも構わない。良い選手なら、どこでも自分を示すことができる。それがどんなに難しくてもね。これは最も簡単なステップでも無かっただろうけど、ベストだったのは判明した。僕は週に2, 3回プレーしているし、それは最大限の数字」とBannisは続ける。Feyenoordではシーズン後半戦で出場時間を得ることは期待できなかった。BannisがシーズンをスタートさせたOnder-21はcoronapandemieのために9月以来試合が行われておらず、グループでのtrainingも数週間前にようやく再開が許可されたばかりだった。「シーズン最初の数ヶ月間 僕はほとんどボールを蹴れなかったんだ」 Nicolai Jörgensen en Robert Bozeníkが負傷し、Dylan Venteが十分にフィットしていないと分かった10月末にAdvocaatは彼をeerste selectieに戻した。

 

「僕はそのチャンスを両手で掴んだ。毎分が素晴らしいおまけだし、自分の示す機会をくれたAdvocaatには少なくとも感謝している。1試合丸々で無くてもね。子供の頃に僕はFeyenoord 1で出場することを夢見ていたし、それはたとえ5分や10分であっても夢。特に18歳なんだから、何も無いよりはマシだ」 FC EmmenとのuitwedstrijdでAdvocaatは前半に負傷した Steven Berghuisの代わりとしてBannisをフィールドに入れた。彼はblessuretijdに自身最初の公式得点でFeyenoordに2-3勝利をもたらした。「scorebordが90+になったのを見て、『いや、僕が決めないと』と思ったんだ。その前にも僕はチャンスを逃していたはず。そして最後のボールが来た。ああ、信じられなかったよ。全ての感情が溢れた。その試合後に僕は多くの注目を集め、ポジティヴなものだけではなく、批判的なものもあった。もちろんより貪欲になるし、もっと多くを望むようになるもの」

 

彼の初得点から1ヶ月後、いずれによ彼は2023年半ばまでの新契約という形で報われた。「僕らはしばらく前から契約について取り組んでいたし、自分がFeyenoordに留まるのは分かっていた。初ゴールから1週間後に2回目の契約にサインできれば素晴らしいご褒美。その結果もっとチャンスを期待した?結局は全てtrainer次第。いまそれが来なければ後で来るだろう。僕は自分を信じ続け、チャンスが来るのを待つ。その時までハードワークを続ける」 しかし冬のLucas Prattoの加入はその点ではさらなる失望にならなかったか?「競争はvoetbalには付きものだし、それはよりシャープに、より良くすることでしか無い。どんなclubでも競争相手を獲得するもの」とBannisは適切な返答をする。しかしそれにより彼がシーズン後半戦でプレーする見込みが小さくなったのは確かだろう。Advocaatはechte spitsen Jörgensen, Bozeník en Prattoを犠牲にして通常はBryan Linssenをpunt van de aanvalに選んでいる。「僕がもっと出場時間を得られたかどうかは分からないけど、このステップを踏んだことには満足している。Feyenoordにいた時よりフィットしているよ」

 

フィジカルの強いKeuken Kampioen DivisieはBannisに貴重なレッスンを提供しており、特にFC Dordrechtはranglijstの最後尾でpuntenを争っているのでなおさらだ。「Feyenoordでは常に相手陣内でプレーするけど、ここでは違う。我慢強くなり、時には1つのチャンスしか得られないから、それに対してシャープでいないといけない。それが学んだことだし、それがFeyenoordで1チャンスをすぐに決める助けになるのを願っているよ」とBannisは頷きながら、フィールドを覗き込む。FC Dordrechtでの彼の最初のフィールドゴールにはしばらく時間がかかった。3週間前にDe GraafschapとのuitwedstrijdまでBannisは2つのstrafschoppenを決めていたが、De Vijverbergでは2ゴールを1アシストで驚きの0-3勝利でgrote uitblinkerとなった。「最初はゴールを狙ってばかりだったけど、それが自分のプレーの妨げになっていた。そうなるとシャープさが十分ではないし、aannameも失敗する。だから僕は他のこと、loopacties, aannames, 競り合いに強くあることに焦点を合わせ始めたんだ。それを上手くやれば、ゴールも自ずと生まれる。多くの人々はゴールだけでspitsを見る。僕はいま必ずしも自分のゴールを考える必要は無いし、考えるべきは自分の成長、自分が強くなっているかどうか、試合リズム、aannamesだ」

 

「僕は自分がフィジカルでステップを踏んだのに気づいて、メンタルも強くなった。より成熟していると思う。Feyenoordでの僕はまだちょっとspeelsだった。より強くなってFeyenoordに戻るためにハードワークしているし、その時を待ちきれない」と彼の言葉には固い決意が感じられる。 Arne SlotがAdvocaatを引き継ぐ次の夏には新しいチャンスが待っている。「Slotはとても優秀なtrainerで、彼はAZで若い選手たちと自分を証明してきたから、自分にもチャンスが来るのを期待している。僕はその準備ができていると思う。spitsがFeyenoord 1でブレイクしたのはしばらく前のことだし、僕がsupportersに是非それを見せたい」

 

Naam: Naoufal Bannis
Geboortedatum: 11 maart 2002
Club: FC Dordrecht (gehuurd van Feyenoord)
Positie: spits
Sterke punten: techniek, snelheid, inzicht


https://www.voetbalzone.nl/doc.asp?uid=387241

 

 

 

 

 

Academy-talent Rustと初のプロ契約

Fabiano Rust (16)がFeyenoordと契約を結んだ。Feyenoord Onder 16の才能あるspitsはこれにより2024年半ばまでRotterdamse stadionclubに繋ぎ止められる。

 

Feyenoordのtechnisch directeur Frank ArnesenはRustが将来のあるgroot talentだと見ている。「Fabianoは我々のもとでほぼ2年間になり、Feyenoord Academyに移って以来 自分の力をハッキリと示している。彼は洗練されたspitsで、非常に機敏であり、とても簡単に得点する。彼の良い成長が契約を結ぶという我々の決断を確信させた。今後数年間で我々は彼の才能をさらに磨き、彼をが近い将来にeyenoord Onder 21 en De Kuipへ向けて次のステップを踏めるようにする」

 

先週末 Varkenoordでのoefenwedstrijdで素晴らしいomhaalを披露し、自分がFeyenoordでの初契約に相応しいことを示したRustはRotterdam-Zuidが自分の居場所だと語った。「Feyenoordのtechnisch directeurが自分に対してこういう素晴らしい言葉を言ってくれるのはとても良い気分。僕はDe Kuipに到達するためにハードワークするつもりだし、自分がそれに成功できると確信している」

 

2020年の初めからNederlands jeugdinternationalを名乗ることができている16歳のRustはDen HaagのSVLYでvoetballerとして最初のステップを踏んだ。その後 彼はDHC DelftとADO Den Haagのjeugdopleidingに移り、2019年夏にFeyenoord Academyに加わった。


https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/eerste-profcontract-voor-academy-talent-rust---200421

KNVB bekerfinale: Vitesseが奮闘もRasmussenの退場で力尽きる

KNVB bekerfinale
Zondag 18 april
18.00 ajax - Vitesse 2-1
23' 1-0 / 30' Loïs Openda 1-1 / 90+1' 2-1
Rood: 86' Jacob Rasmussen

 

ハイテンポで激しい競り合いの多い序盤。ベストのopstellingでシャープさを見せるVitesseがボール奪取から例のごとくOpenda en Brojaのスピードを活かしてチャンスを作っていたが、ボールを多く持ったことで徐々にプレッシャーを受けてミスが増え、相手を試合に入らせてしまうと劣勢になった20分過ぎに失点。しかしその後も危険なシュートをPasveerのセーブで防ぐと、30分過ぎにDasaの縦パスに反応したBrojaが右サイドライン際でMartínezをかわし、ラストパスに全速力のスプリントでRenschを抜き去って走り込んだOpendaがあわせて同点とすると、立て直しに成功してその後は相手を捕まえられるようになり、その後は前に出る機会はほとんど無いものの大きな問題は無く凌いで折り返し。

 

後半もVitesseは劣勢な展開でPasveerのセーブに数回助けられ、徐々に盛り返して再び前に出れるようになったが、1-1の時点ですでにハムストリングを痛めていたOpendaを65分でTouréに交代してmiddenveldにフィジカルの強さを加えたが、その後は五分五分ながらBrojaがスピードを活かせるシーンを作れなくなり全くゴールに近づけない展開。ただ相手にもほとんど危険なシーンは作らせず70分過ぎにはPasveerが安定したセーブ。

 

しかし残り数分でRasmussenの足を高く上げた血迷ったタックルに史上最多4回目のfinaleで笛を吹くKuipersが当然のdirect rood. bekerfinaleでのrode kaartは2007年のGabri以来。これで10人になったVitesseはWittek en Tannaneを下げてHajek en Darfalouを投入しverlengingに望みをかけたが、blessuretijdにゴール前での空中戦で競り負けて終戦

 

Thomas Letsch
「extra tijdに失点は酸っぱい。特に後半は良い試合では無く、レベルはベストでは無かった。ajaxもチャンスが無く、我々は試合に留まり続けるように気をつけるしかなかったが、ミスとrode kaart、その後失点。我々はverlengingに相応しかったと思うし、そうなればどうなっていたかは誰にも分からない。彼らは木曜にも試合をしていたから、11対11ならチャンスはあっただろう」
ajaxに多くのクオリティがあるのは分かっていることだし、特に一人多くなれば。Hallerがヘディングの競り合いに勝ち、そこからNeresが得点した。彼らの方がfitしていたかどうかは分からないが、我々には怪我でいくつか問題があった。Dasaが早めに脱落していたが、それはフィットネスとは関係無い。本当にとてもガッカリ。finaleまで進んだことはもの凄く誇りに思えるが、我々はここにbekerを取りに来たんだ。残念ながらそれは上手く行かなかった」

 

Remko Pasveer
ajaxが得点の時間帯でよりslimでよりfitしていたと思う。とても難しい相手なのは分かっていたし、だから自分たちの意思を示すために多くのエネルギーを注がないといけなかったけれど、今日はそれが十分じゃ無かったから彼らの相応しい勝利だと思う」
「特に1週間全てこの試合に集中していたから失望は大きい。幸いにも僕らはまだ4位にいるし、それを守るために全力で戦わないといけない」

Nick Marsmanが今シーズン後にAmerikaへ

Nick Marsmanは今シーズン以降 Inter Miami CFでキャリアを継続する。Feyenoordとの契約が終了するこの30歳のdoelmanはAmerikaanse Major League Soccer (MLS)への移籍を決めた。

 

Feyenoordは2019年夏にFC Utrechtからフリー移籍でMarsmanを獲得。このdoelmanは最初のシーズンで計4回 公式戦でバーの下立った。今シーズンにはその数をは6倍の24試合に増えており、日曜のFC Utrecht戦でも最後の数分間に途中出場した。ここまでMarsmanはFeyenoordのkeepersshirtを来た全試合の1/3以上で自分のゴールを綺麗に保っている。

 

Marsman: 「Feyenoordで僕はNederlandでベストのkeepersの数人と毎日自分を見比べるチャンスを貰えた。たくさんの数の試合でバーの下に立つこともできたのは自分でもとても誇りに思っている」

 

Inter MiamiでMarsmanはGonzalo Higuaín, Blaise Matuidi en oud-Feyenoorder Kelvin Leerdamとチームメイトになる。「僕のキャリアのこの段階での素晴らしい次のステップ」とMarsman。「でもまずはここFeyenoordでまだ毎日全力を出し、このチームと今シーズンを良い形で締めくくりたい」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/nick-marsman-na-dit-seizoen-naar-amerika-120421

第29節: FC Emmenが3連勝!Kooijが14ヶ月ぶりに笛もまたも批判の嵐。Robbenが5ヶ月ぶり出場。VVV10連敗

Speelronde 29


Vrijdag 9 april
20:00 Vitesse - ADO Den Haag 0-0

 

VitesseはPasveerがバーの下に戻るも、Doekhiが病欠でAlois Orozが代役。ADOはKramerがプライベートの事情で欠場、Adekanyeが怪我でArweilerがspits. Kees de Boer, Pascu, Gianno Zuiverloonがbasis入り。

 

Vitesseが楽々とボールを回すもローテンポでADOの守備を崩せず、ほとんど何も起きない展開。前半はTannaneのクロスがバーに当たった以外危険なシーンが無く、後半はOrozにベストチャンスがあったがTannaneのクロスからのヘディングは枠外に。終盤賭に出たADOはVejinovicが見事に相手をかわしてフリーになったがPasveerに阻まれて引き分け。

 

Vitesseはbekerfinale直前に低調な内容で失望の引き分け。hekkensluiter ADOは16位 VVVと暫定6pt差。

 

Thomas Letsch
「我々の姿勢に問題があるとは本当に信じていないが、我々はこういう(紙の上で簡単な)相手に毎回非常に多くのミスを犯している。もちろんADOが深く下がれば難しい。だが我々は非常に多くのミスを犯した。勝利に相応しくなかったのは確か。自分たちのプランに拘れば我々は良い。しかし我々はそうしなかったので、いま1ptに甘んじなければならない」
「我々は良いuitgangspositieを得るための大きなチャンスを無駄にした」

 

Zaterdag 10 april
18:45 Heracles Almelo - Willem II 4-0
6' Sinan Bakis 1-0 / 38' Sinan Bakis 2-0 / 46' Robin Pröpper 3-0 / 77' Rai Vloet 4-0

 

前節PSV相手に5-3-2を試したHeerenveenは4-3-3に戻し、Renteを外してBakisがspitsに。Kiomourtzoglouも再びbankに戻ってKasper Lundingがbasis入り。10人の

AZに敗れたWillem IIはNunnely en Spieringhsに代えてKöhlert en Saddikiを起用。

5分過ぎにHeraclesの最初のhoekschopからBakisが見事なヘディングで先制。Willem IIは多くボールを持つも大チャンスは作れずHeraclesが落ち着いてコントロールする展開。前半終盤にはVloetのパスで裏に抜けたLundingの戻したボールをBakisがワンタッチで決める見事なゴールで2-0. 後半開始直後にもVloetのクロスをPröpperが頭で決めて勝負あり。

 

Heraclesは大勝でFC Twenteを残置で2pt上回り、依然play-offs圏内を狙える位置に。

 

Frank Wormuth
「我々はuitでWillem IIに4-0で負けていたし、まだ遅れを取り戻さないといけなかった。どちらが本当の勝者かを決めるには3試合目もやる必要があるかもしれない。いや、冗談だよ。Willem IIのカウンターに注意しなければならないのは分かっていた。ボールを持った時に我慢強さが非中央だったが、そこから2得点できた」

 

Zeljko Petrovic
「全くのoffday. 最初のcornerですぐ決められ、枠内2回目のシュートで2-0. 致命的ミスだ。前半我々が得たチャンスについては話したく無い。後半のようなプレーではWillem IIに相応しくない。我々はここでチャンスがあると本当に思っていたし、チーム内には自信があったが、15分後にはこの勝負に勝てず、簡単に差を付けられたのが分かった」
HTにTrésorを交代したことに
「steekpassjesを出そうとして失敗したなら理解できる。彼は違いを作れるタイプの選手だが、私をイラつかせた。今日のようなプレーは受け入れられない。ADOと同じように、我々も誰がまだやる気があるか話し合う必要があるようだ。私は自信を与えることはできるが、ある時点でそれも終わる。Trésorだけの事では無い」

 

20:00 Fortuna Sittard - FC Emmen 1-3
53' Sergio Peña 0-1 (str.) / 85' Dimitris Emmanouilidis 1-1 / 89' Glenn Bijl 1-2 (str.) / 90+7' Paul Gladon 1-3
Rood: 50' Roel Janssen

 

FortunaはTirpanが負傷欠場でRotaが代役。Hanssonがbankに戻ってSemedoが再びbasis入り。6試合負け無しのFC EmmenはDe Leeuwが病欠でGladonが代役。

 

10分にSemedoに最初の大チャンスもVerripsが好セーブ。coronaと怪我により昨年2月以来、今シーズン初めてEredivisieでscheidsrechterを務めるKooijがあらゆる競り合いで笛を吹いてほとんどプレーが続かず、チャンスも生まれない退屈な試合に。30分過ぎにGladonがネットを揺らしたが直前のRoel Janssenとの競り合いがファール判定。直後にもAdžićのクロスにフリーのGladonが飛び込んだが僅かに届かず。40分には飛び出したVan Oschの中途半端なクリアボールをAdžićが約20mの距離からヘディングで狙うも枠外に。

 

後半出だしにJanssenがゴール前でGladonに裏を取られて一瞬腕を掴み、Gladonが倒れるとKooijが簡単にpenaltyの笛。さらにAnghaがまだ近くにいたにも関わらず得点機会阻止によるroodの判定で0-1. 全くチャンスが作れないFortunaはRota, Semedo en Polterに代えてVan den Buijs, Moutoussamy en Emmanouilidisを一気に投入も、60分過ぎにFreiのパスからGladonが反転シュートを決めたがVAR Dieperinkが介入してFreiのbuitenspelで取り消し、さらにGladonがヘディングで狙うもVan Oschが足でセーブとEmmenの攻勢が続いて向かえた終盤。75分過ぎに突然SeuntjensでFortunaに大チャンスが来たがVerripsがセーブ、リバウンドを狙ったFlemmingのシュートをAraujoが体を張ってクリア。だがここからFortunaがよりリスクを負って前に出始めると、残し10分を切ってEmmanouilidisがBijlとの1対1からシュートを決めて同点。しかし直後にBijlが逆に16m内でEmmanouilidisに倒されてのpenaltyで1-2となって決着。blessuretijdにはGladonがネットを揺らすもbuitenspelでこの試合3回目の得点取り消しと思われたが、再びVAR Dieperinkが介入して今度は得点でhattrickを免れて決着。

 

Fortunaは3月以降低調な内容で3連敗。FC Emmenは2連勝、ここ7試合で負け無しの15ptを稼いでVVV en Willem IIに暫定1pt差に。

 

Roel Janssen
「あの男、とても傲慢な男は話にもならないし、どうしようもない。彼がどう笛を吹くかを見れば・・・ あれが僕のとても愚かなファールなのを否定はしない。でも彼は本当に全てのおならに笛を吹き、ボールにいったタックルにもハードすぎると笛を吹く。まるでzaalvoetbal. それについて何か言えば、すぐに怒った顔でkaartを出すと脅す。それがJoey Kooijだ」
「この男はとにかく笛を吹くことができない。とにかく酷い。彼の試合をいくつも見たけど、とにかく悲劇的」

 

Ben Rienstra
「あれは二重橋だと思う、rode kaartには非常に軽い。見返していないけど、rood?と思ったよ。彼が無人のゴールにシュートできた訳では無かった。まだ人が寄ってきていた。penaltyだけど、それ以上では無い」
「僕らはこの数週間組み立てが上手く行かなかったし、フィールドが良くないのも分かっていたから、ロングボールを選んでvechtwedstrijdになった。僕らはアアグレッシヴだったと思うけど、scheidsはとてもたくさん笛を吹いた」

 

Dick Lukkien
「kleedkamerの雰囲気はtopだった。選手たちはもちろん大喜びしているし、trainerも同じ。みんながSpaanstalige muziekで踊り飛び跳ねていた。Penaがdjだからね」
「前半はまずますニュートラルで、Semedoのセンセウチャンス以外は我々が多少優勢だった。後半は対等な終盤で本当にクレイジーだった。落ち着いて座っていられなかったよ。ploegがみんな後ろに寄りかかってしまったのがこの勝利の欠点。1人多いのだからもっとコントロールしないといけなかった」
「あの判定について私に聞かないでくれ。Joey Kooijが今日はscheidsrechterであり、かれは間違いなく長く勉強してきた。これはルールであり、そのルールが良いかどうかは私は内に留めておく。全体としてはFortunaの怒りは理解できない。あれはとにかく2つともstrafschoppenだったからね」

 

Glenn Bijl
「ああ、あのstrafschopはとても重要な瞬間だった。僕らはここで勝たないといけなかったし、プレッシャーを感じたよ。失点に責任を感じていたから、どうしても取り戻したかったんだ。自分に良いtrapがあるのは知っているから、ボールに後ろに立った」
「これで1pt差? ああ、誰が予想しただろう。今日のような試合に勝てば、素晴らしい終わりが訪れる」

 

20:00 AZ - Sparta Rotterdam 2-0
14' Jordy Calsie 1-0 / 65' Dani De Wit 2-0

 

AZはKoopmeinersがschorsingでClasieが今シーズン初のbasis入り。Stengsが怪我から戻ってDe Witが再びbankに。SpartaはAuassarがcorona検疫で自宅隔離のため、HeylenがBeugelsdijkの隣に。middenveldはBurgerを外してFortesを起用。

 

序盤からAZが大チャンスを作ると、ClasieのミドルシュートをOkoyeが止められず1-0. 数分後には逆にClasieのミスパスからThyに大チャンスが訪れたがBizotがセーブ。AZは優勢ながら試合を決められずに後半に入ったが、SpartaもThyのヘディング以外にチャンスを作れず。60分過ぎにKarlssonのパスにinvaller De Witがtweede paalであわせてようやく2-0で勝利。

 

Jordy Clasie
「ギャンブル・ルール違反の件にいてはあまり話したくない。僕は2試合schorsingになり、それはprima. いまはvoetbalに集中したい。大事になったとても小さな事だけど、それが正当だったかどうか自分で口にするつもりは無い。とにかくチームに集中したい。いまこうしてまたプレーできたし、それはいつだって気分が良い。まだこれからもっと出場時間を得られるのを期待しよう」

 

21:00 PEC Zwolle - FC Twente 1-0
35' Virgil Misidjan 1-0


PECはReijndersに代えてJesper Drostが久々にbasis入り。FC TwenteはIlic, Oosterwolde en Narsinghを外してRoemeratoe, Smal en Van Leeuwenを起用。

 

15分にvrije trapからLamがネットを揺らすもbuitenspel. 前半何度もミドルシュートを放っていたPheraiの4回目のミドルシュートでDrommelが前にこぼし、リバウンドをMisidjanが詰めて1-0. 後半はTwenteが大攻勢をかけて多くのチャンスを作ったが、Menigがフィニッシュを決められず、終盤のDaniloのチャンスもMousがセーブしてそのままPECが逃げ切り。

 

PECは16位 Willem IIと10pt差を付ける。FC TwenteはHeraclesに2pt上回られて暫定9位に後退。

 

Bert Konterman
「我々はチームとしてハードワーク下。難しい試合になることは分かっていたし、我々は自分たちのhelftにかなりいた。それは実際我々の本質では無いが、かなり当然のこと。我々は警戒を怠らず、お互いに助け合い、最終的に火の中から3ptを拾った。見ていて最も美しい試合では無かっただろうが、重要なのはこの勝利を掴み取ることだったし、それならこうやらなければいけない。ちょっとItaliaansだった。時にはこういうこともあるかもしれないが、我々はとにかくprofessioneelとしてやった」

 

Virgil Misidjan
「warming-upでぬれたイールドでボールがかなり滑るのに気づいたんだ。だからシュートが枠内に飛んだ時に近くにいないとと思っていた。それが僕の得点に見事に繋がったよ。時にネガティヴなものからポジティヴなものが得られることもある、ハハ」

 

Zondag 11 april
12:15 FC Utrecht - Feyenoord 1-2
13’ Leroy Fer 1-0 (e.d.) / 27’ Simon Gustafson 1-1 (e.d.) / 57' Steven Berghuis 1-2

 

FC UtrechtはSt. Jago, Ramselaar en Mahiが負傷欠場でVan der Maarel, Gustafson en Van de Streekを起用、FeyenoordはBozenikを外し、corona検疫明けのSenesiがbasisに戻り、corona感染明けのSinisterraはbankからで5-3-2に。

 

Utrechtのプレッシャーをかわせずやや劣勢のFeyenoord. 10分過ぎにhoekschopの流れからKerkのヘディングはBijlowが好セーブも、そこからのhoekschopでeerste paalでボールに触ったFerのeigen doelpuntで1-0. 全く組み立てられないFeyenoordはGeertruidaをmiddenveldに、Diemersをlinksbuitenに移して4-3-3に戻すと、ようやく試合に入り始めてhoekschopから今度はGustafsonの頭によるeigen doelpuntで1-1.

 

FeyenoordはHTにすでにgeelを貰ったBotteghinに代えてSinisterraを投入、Utrechtは頭部で衝突したWarmerdamに代えてTroupée. 後半もFeyenoordが組み立てに苦しんでいたが、裏に抜けたDiemersで最初のチャンスを作るとOelschlägelにセーブされたが、そっからSinisterraのパスをBerghuisが決めて1-2. Utrechtは残り26分でDalmauを投入もなかなかチャンスを作れず、ようやくVan de Streekに決定機もBijlowが見事にセーブ。90分直前のMaherのKerkへのsteekpassもBijlowが飛び出して対応したが、この衝突でBijlowが右膝を痛めて負傷交代のアクシデントで終了。

 

Feyenoordは4位 Vitesseとの差を2ptに詰めて次節直接対決。

 

Rene Hake
「良い結果を得られなかったのは我々のフィニッシュが良くなかったから。20~25分にもう1、2点決められたはず。その後試合はより対等になったが、我々にの方にほとんどのチャンスがあった」

 

14:30 VVV-Venlo - PSV 0-2
13' Cody Gakpo 0-1 / 59' Donyell Malen 0-2

 

コンパクトなVVV相手にPSVがほとんどチャンスを作れないものの、10分過ぎにMalenのhakjeからGakpoが決めて先制。後半序盤にもDumfriesのクロスからbuitenspelpositieぎりぎりのMalenが決めて0-2とし、残り時間問題無くコントロールして勝利。終盤には長期負傷明けのObispoが復帰出場も。

 

VVVは10連敗でFC Emmenに1pt差に迫られた上にGiakoumakisが不必要なファールで次節Sparta戦schorsingに。PSVはdoelsaldoで2位をキープ。

 

14:30 FC Groningen - sc Heerenveen 0-2
71' Henk Veerman 0-1 (str.) / 87' Tibor Halilovic 0-2

 

FC GroningenはMatusiwaがschorsingでDaniël van Kaam. 長期離脱からフィットしたRobbenが10月以来のbank入り。sc Heerenveenは怪我のBochniewiczに代えてDresevicを起用。

 

良いスタートのGroningenが出だしから主導権を取ってStrand Larsenにベストチャンスがあったが、Gudmundssonのクロスからダイレクトのシュートは枠外に。15分過ぎにはEl MessaoudiのパスでDa Cruzが抜け出したがMulderに止められて決められず。徐々に試合に入ったHeerenveenはロングボールで飛び出したHenk VeermanのシュートがPadtに阻まれ、HT直前にJoey VeermanにシュートチャンスがあったがこれもPadtが好セーブ。

 

後半出だしにVan Kaamのクロスがinvaller Joostenの足の先を抜けてゴールに向かうもMulderがセーブ。Heerenveenも五分五分の展開に持ち込んで16m内でHenk Veermanが反転シュートも、こちらもPadtがセーブ。残り25分でRobbenがwarming-upを始めた直後、Gudmundssonが16m際でこぼれ球を競り合ったFloranusを掴み倒し、Higlerが一瞬迷って16m外のvrije trap判定も、VAR Pérezの介入で映像を見直して足下の接触でpenalty判定で0-1に。Groningenは残り15分を切ってRobbenを175日ぶりに投入したが、終盤はHeerenveenが大部分ボールを持って優勢に進めると、残り数分でSchöneのノールックパスからJoey VeermanのアシストをHalilovicが決めて勝負あり。

 

Groningenは後半はほとんどチャンスを作れず7位 FC Utrechtと3pt差のまま6位。sc Heerenveenは9位 FC Twenteと37ptで並んで8位 Heraclesと2pt差をキープし、依然play-offsを狙える位置に。

 

Danny Buijs
「これはArjenにとって数ヶ月にわたる長い戦いへのご褒美であり、彼にとってとても素晴らしいこと。そして彼がすぐ到達レベルは非常に高いから、我々にとってもとても素晴らしいことだ。ベースはできたのは、ここからさらに築き上げることが重要」
「Arjenの復帰は明るいポイントだが、それ以外は酷くガッカリ。middenveldでの戦いに負けていたため、HTにSuslovを変えた。彼はJoey Veermanとお全ての競り合いに負けていた。それはあり得ない。彼は雑だったと思う。彼は今シーズン急速に出てきたが、ここ最近は低調。それは18歳には付きもの」

 

Arjen Robben
「今日はボーナス、ある種のご褒美のようなものだった。長い道のりをあるんで来たし、僕のキュアリアでこれいほど苦しいリハビリを経験したことがあるか分からない。以前言ったように「まだやる意味があるか?」と考えた。どこかに何かしら意味はあるし、諦めるという言葉は辞書に内。フィールドに立ちたいと強く願っているし、今日それがカナかった。ここからさらに構築していくことができるのを願っているけど、まぁ待っていて」
「もう1年?妻が同意するかどうか分からない。まずは今後数週間がどうなるか見てみたい」

 

16:45 RKC Waalwijk - ajax 0-1
15' 1-0

 

Stand (voorlopig)
1 Ajax 28 (23 3 2) 86-20 +66 72pt
2 PSV 29 (18 7 4) 64-30 +34 61pt
3 AZ 29 (18 7 4) 66-38 +28 61pt
4 Vitesse 29 (17 5 7) 46-28 +18 56pt
5 Feyenoord 29 (15 9 5) 58-29 +29 54pt
6 FC Groningen 29 (13 7 9) 35-33 +2 46pt
7 FC Utrecht 28 (11 10 7) 45-36 +9 43pt
8 Heracles Almelo 29 (11 6 12) 35-43 -8 39pt
9 FC Twente 29 (9 10 10) 42-40 +2 37pt
10 SC Heerenveen 29 (9 10 10) 39-40 -1 37pt
11 Sparta Rotterdam 29 (9 7 13) 40-46 -6 34pt
12 Fortuna Sittard 29 (10 4 15) 40-52 -12 34pt
13 PEC Zwolle 29 (7 11 11) 38-46 -8 32pt
14 RKC Waalwijk 29 (6 8 15) 27-44 -17 26pt
15 Willem II 29 (5 7 17) 31-61 -30 22pt
16 VVV-Venlo 29 (6 4 19) 39-75 -36 22pt
17 FC Emmen 29 (4 9 16) 30-58 -28 21pt
18 ADO Den Haag 29 (2 10 17) 22-64 -42 16pt


Topscorers
1. Giorgos Giakoumakis (VVV-Venlo) 24 (8)
2. Steven Berghuis (Feyenoord) 17 (8)
Donyell Malen (PSV) 17 (0)
4. Teun Koopmeiners (AZ) 15 (7)
5. Danilo (FC Twente) 14 (5)
Dušan Tadić (Ajax) 14 (7)
Henk Veerman (sc Heerenveen) 14 (1)
Rai Vloet (Heracles Almelo) 14 (2)
9. Myron Boadu (AZ) 12 (0)
Lennart Thy (Sparta Rotterdam) 12 (4)


Assists
1. Dušan Tadić (Ajax) 13
2. Steven Berghuis (Feyenoord) 11
3. Jesper Karlsson (AZ) 9
4. Antony (Ajax) 8
Mike Trésor (Willem II) 8
Joey Veerman (sc Heerenveen) 8
7. Donyell Malen (PSV) 7
Philipp Max (PSV) 7
9. Vaclav Černý (FC Twente) 6
Eli Dasa (Vitesse) 6
Denzel Dumfries (PSV) 6
Oussama Tannane (Vitesse) 6
Vito van Crooij (VVV-Venlo) 6
Rai Vloet (Heracles Almelo) 6

Utrechtで好結果を得る (第29節: Utrecht-uit)

Feyenoordのたった1回だけの良い攻撃がStadion Galgenwaardで貴重な3ptを得るには十分だった。Leroy Fer en Simon Gustafsonのeigen goalsの後、 Luis Sinisterra en Steven Berghuisの間の強力な繋がりと、特にFeyenoord-aanvoerderの素晴らしいtraptechniekのおかげでploegは日曜午後にFC Utrechtに最終的に1-2で勝利した。

 

Luis SinisterraがFC Utrechtとのuitwedstrijdで重要な役割を果たすとは予想されていなかった。このColombiaanは1週間以上体を動かすことができず、回復後もそのためにbankからスタート。Hoofdcoach Dick AdvocaatはbasisspelerとしてのSinisterra抜きでベストのシステムを使用することを余儀なくされた。

 

3-5-2
Feyenoordは3-5-2-formatieでFC Utrechtと対戦したが、非常に多くの雑なボールロストによって何度も自分たちを問題に陥らせてしまう。さらに15分後にはscorebordが1-0に。thuisploegのhoekschopからLeroy Ferの触ったボールが不運な形で自分たちのdoelmanを抜いてしまった。

 

voetbalも機能しなかったため、Advocaatは15分過ぎに慣れた4-3-3-systeemへ戻す。Feyenoordは多少競り合いにgripを得ると、Steven BerghuisのhoekschopからSimon Gustafsonの助けによって完全に試合に戻った。このoud-Feyenoorderがヘディングでボールを自分たちのゴールに入れて1-1.

 

Zeventiende competitiegoal
invaller SinisterraによってFeyenoordはHT明け直後から慣れたプレーにより上手く入れるように。58分にはこのColombiaanが1-2のベースとなった。最初にMark DiemersのシュートはFC Utrechtのdoelmanに命中したが、Sinisterraが拾い、相手を抜き去ってBerghuisへ低いボールを戻す。この戻されたボールは彼のl好みにぴったりだった。captainは文句の付けようのないシュートで今シーズン Eredivisie17得点目を決めた。

 

このゴールによってFeyenoordはスローダウンして試合をコントロールすることができた。Sander van de StreekがFC Utrechtの同点ゴールに近づいたが、Justin Bijlowが力強いセーブで立ちはだかった。彼はこの午後ずっとGyrano Kerkとの勝負が続き、それは絶対的最終盤まで続く。その度にBijlowが戦いのwinnaarとなり、最後の勝負もFeyenoord-doelmanが勝利したが、彼は膝を負傷してしまった。

 

Vitesse-thuis
厄介な怪我に思われ、彼は交代せざるを得なかったものの、Bijlowは試合後にすぐ幸いにもそれほど悪くないというニュースを届けてくれた。したがってこのsluitpostは4位 VitesseがDe Kuipを訪れる2週間後(aftrap: 16:45 uur)には出場できると見込んでもいる。来週日曜にajaxとのbekerfinaleを行うArnhemmersはまだFeyenoordに2pt先行している。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-doet-goede-zaken-in-utrecht---110421

 

Zondag 11 april
FC Utrecht - Feyenoord 1-2
scoreverloop:
13’ Leroy Fer 1-0 (e.d.)
27’ Simon Gustafson 1-1 (e.d.)
57' Steven Berghuis 1-2

 

Scheidsrechter: Danny Makkelie
Gele kaarten: Botteghin,

 

Opstellingen:
FC Utrecht: Oelschlägel; Ter Avest (76' Elia), Van der Maarel, Janssen, Warmerdam (46' Troupée); Maher, Gustafson (65' Sylla), Van Overeem (65' Dalmau); Kerk, Van de Streek, Boussaid.
Feyenoord: Bijlow (90+4' Marsman); Geertruida, Spajic, Botteghin (46' Sinisterra), Senesi, Malacia; Fer (58' Teixeira), Toornstra, Diemers; Berghuis, Linssen.

 

Wissels:
FC Utrecht: Paes, Nijhuis; Dalmau, Elia, Benamar, Troupée, Velanas, Emanuelson, Sylla, Van den Berg
Feyenoord: Marsman, Ten Hove; Haps, Teixeira, El Bouchataoui, Sinisterra, Baldé, Bozeník, Pratto

 

https://matchcenter.feyenoord.nl/fc-utrecht-feyenoord-2020-2021

 

Dick Advocaat
「我々は戦術変更の可能性について様々な選手と話し合ったし、その事はみんな分かっていた。だからJensもサイドに来た。我々は試合前に『上手く行かなければ変える』と言っていたんだ。それはUtrechtがどういう立ち方をしているかにも関わる。彼らは1 middenvelderを後ろにして、彼らのいつもの試合とは違うプレーをしていた。我々は15分後にそれをした。Luisが45分より長く使えなかったので、私はこのopstellingを選んだんだ。後半は良くなった」
「ドタバタした試合だった。Utrecht-uitは常に厄介。彼らにとっても、我々にとってもmustな試合だったし、プレッシャーがあるのが見えた。パスの面で前半の我々は自分たちで手放していたが、それはUtrechtにも当てはまる。Berghuisの素晴らしいゴールを除いて、どちら側にとっても素晴らしい試合では無かった」
「多くの選手が戻ってきているし、Vitesse戦ではもっっと選択肢があるだろう。puntenを獲得するためにハードワークし続ける。今シーズン全体の勝負の分かれ目なので、Vitesse戦でもそれを続ける」
https://www.fr12.nl/nieuws/57313-advocaat-vooraf-besproken-als-het-niet-loopt-draaien-we-door.html

 

Steven Berghuis
「あれは貴重なシーン。Sinisterraの良いアクションだった。彼がサイドで1対1になったら大抵相手を抜くから、僕はポジションい入る準備をしていいと分かっている。良いボールだったし、僕は決めるだけで良かった」
「どちらにとっても高品質の試合では無かった。僕らの当初のシステムは上手く機能しなかったので、かなり早めに変えた。4-3-3に戻し、特に交代(Sinisterra voor Botteghin)後は自分たちのパターンが戻った。とても雑で、とてもローテンポだったから、ああいう1つの瞬間で上手く行ったらあとはちょっと下がっても構わない」
「自分だったら5-3-2で始めたか?それは僕が決めることじゃない。trainerに質問して」
https://www.fr12.nl/nieuws/57311-berghuis-het-was-een-goede-actie-van-sinisterra.html

 

Justin Bijlow
「幸いにも膝では無く膝のすぐ下を蹴られた。かなり痛かったけど、幸いにも痛みはすぐ消えた。来週末は休みだし、2週間後は何の問題も無くまた出れると思う」
「僕はボールに早く触れて掴んだけど、彼(Kerk)は走り続けた、他にどうすべきだったか分からない。大抵の選手はああいうシーンでジャンプすると思うし、middenveldならroodかもしれない。Kerkにkaartを縫い付けたいという訳では無く、ただ不運なシーン。でも僕は自分が他にどうすべきだったか分からない」
https://www.fr12.nl/nieuws/57314-schade-bijlow-valt-mee-ik-verwacht-geen-problemen.html

 

Jens Toornstra
「僕らの側の良い試合では無かったけど、僕らはチームとして戦った。もしかしてプランが良くなかったかもしれないけど、実践もあまりできていなかった、上手く行かず、僕らは雑過ぎてUtrechtが僕らのミスを待ち構えていた。簿記裏が彼らをあまりに簡単にさせてしまった。彼らはゴールを決めなかったけれど、危険にはなっていた。15分過ぎて僕らはプランを捨てて4-3-3でプレーすることを決めた。後半はLuisが入ってより自分たちの力を出してプレーできるようになった」
「実際僕らはplay-offsに進まずにEuropeesに到達したい。もちろん周りにチーム次第だけど、もちろんまずは自分の試合に勝つことから。今日は重要な第一歩を踏んだし、このラインを継続できることを願っている。追いついてまだ上を見たい。3位や2位も可能?可能性はあるかもしれない。現時点ではあまり現実的では無いけど、夢は見続けるべき」
https://www.fr12.nl/nieuws/57315-toornstra-misschien-was-het-plan-goed-maar-de-uitvoering-minder.html

 

Bryan Linssen
「Utrecht-uitはいつもとても厄介な相手だから、安堵感は大きかった。内容については間違いなく話し合うけど、いまは3ptが重要。これでオープンドアなのは確か。Vitesseに近づかないと行けなかったし、これはチャンスだった。これで2週間後にVitesseとthuisで試合だし、それは非常に重要になる」
「いつもとは別のシステムでのスタートで、それが上手く行かなかった。だから切り替えたけど、僕らは前へのパワーがあまり無く、主に自陣でのプレーになった。僕にできる唯一のことは働くこと、もう一度チャンスが来ることを期待していた。終盤彼らが1対1でプレーし始めてもう一度守備の背後に出れることを期待してたけど、そうならなかった」
https://www.fr12.nl/nieuws/57316-linssen-vitesse-thuis-wordt-een-heel-belangrijke.html

 

続きを読む