Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

欧州戦グループステージ第2節: corona大感染のPSVがCyprusで勝利。competitie未勝利のAZは2連勝

Champions League: groepsfase
dinsdag 27 oktober 2020
21:00 Atalanta - ajax 2-2
30' 0-1 / 38' 0-2 / 54' Zapata 1-2 / 60' Zapata 2-2

 

Europa League: groepsfase
donderdag 29 oktober 2020
18:55 Feyenoord - Wolfsberger AC 1-4
4' Michael Liendl 0-1 (str.) / 14' Michael Liendl 0-2 (str.) / 53' Steven Berghuis 1-2 / 60' Michael Liendl 1-3 / 66' Dejan Joveljic 1-4 (str.)

 

FeyenoordはSenesiが出場停止、Teixeiraが負傷離脱でBotteghinとGeertruidaがbasis入りし、Diemersを10番に置いてBerghuis en Linssenが並ぶ4-4-2に。

 

開始3分で裏を取られたBotteghinのファールで簡単に吹かれたpenalty判定により早々に失点。10分過ぎにも後ろから追いかけるNieuwkoopがファールで再び簡単に吹かれたpenalty判定であっという間に0-2に。多くボールを持つFeyenoordは引いた相手の16m内になかなか侵入できず、hoekschopからLinssenがフリーでヘディングはクリアされ、Berghuisのvrije trapも枠外に。前半終了間際のToornstraのパスからLinssenの誰行くとシュートも枠を外して折り返し。

 

低調なFeyenoordはHTにNieuwkoopに代えてNarsinghを投入して4-3-3に。するとKökçüのパスで抜け出したNarsinghのクロスをBerghuisが決めて1-2. さらに直後Linssenがゴール前でフリーのベストチャンスもセーブされ、Geertruidaに立て続けに2回のチャンスもポスト直撃と枠外。さらにチャンスが続いたがLinssenにゴール前フリーでヘディングの再びベストチャンスも枠を外し、左サイドを抜け出されてのカウンターで1-3. さらにハイボールの競り合いで今度はBijlowが謎のファールを取られて3回目のpenaltyで試合にならず敗戦。

 

Groep K
1. Wolfsberger AC 4pt
2. CSKA Moskou 2pt
3. Dinamo Zagreb 2pt
4. Feyenoord 1pt

 

21:00 AC Omonia - PSV 1-2
29' Jordi Gómez 1-0 / 40' Donyell Malen 1-1 / 90+2' Donyell Malen 1-2


PSVはDumfries, Rosario, Baumgartl, Gakpo, Piroe, Delanghe en Viergeverがcorona感染で欠場。さらに検疫期間を終えたZahaviもCyprus入りが認められず欠場。便利屋Mauro Juniirはbankに置いて、当日に入国が許可されたTezeをrechtsbuitenに, Hendrixをcentrale verdedigerに起用し、怪我明けのGötzeがbasisに復帰。

 

PSVが優勢の出だし、15分にMaduekeが上手くフリーになって最初の大チャンスもシュートできず。30分直前に相手陣内センターライン付近でHendrixがファールを取られると、そのまま完全に止まる前のボールを56mのロングシュートで決められて失点。しかし前半終盤にGötze en Maxが繋がった攻撃を最後はMaduekeのパスにMalenがアウトサイドで流し込んで同点。

 

HT明け直後にThomasの弱いバックパスで相手に大チャンスを与えるも枠外で命拾い。PSVは後半弱々しいスタートも徐々に圧倒して多くのチャンスを作ったが、Malen, Max, Ihattaren, そしてMaxが決められず。引き分け狙いで守りを固めるOmoniaにPSVが最後まで攻め続け、90分直前にはIhattarenの大チャンスをkeeperが好セーブで引き分けと思われたが、2分のblessuretijdの1分42秒にIhattarenのパスをThomasが繋ぎ、再びMalenが決めて相応しい勝利。

 

Groep E
1. Granada CF 4pt
2. PSV 3pt
3. PAOK 2pt
4. AC Omonia 1pt

 

Roger Schmidt
「centrale verdedigerのポジションにHendrixという経験豊富な選手がいるのはとても大きかった。Omoniaのロングボールが多く、簡単な試合では無かった」

 

Donyell Malen
「最高の気分だ。普通じゃない数日間だったけど、それでも僕らが勝ったというのが嬉しい。僕らはチームとしてあらゆる状況に上手く対応してみせた。この勝利はPSVについてなにかしらを物語るもの。僕らはしばらく前からこういう勝ち方をしている。これが僕らの強み。思い通りにいかずにガッカリしても、そのままやり続ける。『決まる』という確信があるんだ」
「失点シーンはシュートされた時にボールがまだ転がっていたと思う。多分取り消すにはあまりに美しすぎるとscheidsrechterが思ったんだろう」

 

21:00 AZ - HNK Rijeka 4-1
6' Teun Koopmeiners 1-0 (str.) / 20' Albert Gudmundsson 2-0 / 50' Jesper Karlsson 3-0 / 60' Albert Gudmundsson 4-0 / 72' Sandro Kulenovic 4-1

 

AZはADO戦と同様にBoadu不在でGudmundssonがspitsに。

 

裏に飛び出したDe Witが軽い接触で倒されて早々に正当なstrafschopを得て先制。AZが軽快なvoetbalで完全に圧倒し、20分にはフォームを取り戻したMidtsjöの素晴らしいsteekpassからGudmundssonが決めて2点差。後半出だしもMidtsjöのアシストでKarlssonが決めて勝負を決め、Koopmeinersの完璧なクロスからGudmundssonが4-0にしてトドメ。

 

Groep F
1. AZ 6pt
2. Napoli 3pt
3. Sociedad 3pt
4. HNK Rijeka 0pt

 

Arne Slot
「正直って4-1になった際に数秒『そうはならないよな?』と考えたよ。その後も脅威に感じる攻撃がったが、我々の守備は良かった。これはこの数週間と関係があるだろう、終わってみれば簡単な勝利だがmcompetitieでも毎回そうでなければならなかった。そこで我々はいつも自分たちを難しくしてしまっていた。何度もリードを失えばそれが頭に残る。4-1の後の時間帯を生き延びて、もうミスは起きないと思った」
「Rijekaはほとんど失点しないploegで、Real Sociedad相手にも1失点だけ。タフな相手だ。この選手たちがどれだけ上手くvoetbalできるかにまた驚かされたと言わなければならない。Sociedad tegen Rijekaを見たが、あれだけ素晴らしい選手たちがいてもほとんど突破できていなかった。それから我々がどれだけの良いチャンスを得たかを見れば…とても多い。それはとても見事だと思う。voetbal面だけでなく、メンタル面もだ」
「私はAlbertとは3年間仕事をしている。彼はvoetbalが上手いが、最後のひと押しをし損ねるのを何度も見てきた。時にはもっと確信を持って押し込まなければならない。彼は冷静な選手で、あまりに自分を出せないことがあった。日曜はとても良かったし、今日も素晴らしかった」

 

Teun Koopmeiners
「再び素晴らしいEuropese avond. 難しい試合になると事前に予測していたんだ。彼らは5 verdedigersで規律あるプレーをする。それを突破するのは難しいと思っていたけど、こうなってとても満足。全てが上手くハマった。penaltyがサドルを漕ぐ助けになったけど、ようやく僕らに運が回って来た。中央にシュートするのはリスキーだった?いや。こういう感情的な試合での0-0ではkeeperは常にダイブするから、真ん中にシュートすれば大抵決まる」
「assistも素晴らしかったけど、先制点のpenaltyもとても嬉しい。Gudmunssonへのどのassistが美しかった?Fredrikのだね、間違いなく」

空のDe Kuipで痛ましいEuropa League-avond (EL: Wolfsberger AC-thuis)

FeyenoordはEuropa Leagueのgroepsfase 最初のthuiswedstrijdで敗戦。Wolfsbergeが空のDe Kuipで3つの議論の余地のあるstrafschoppenによってDick Advocaatのフォーメーションを1-4で破った。

 

非常に物悲しい雰囲気の中でFeyenoordは酷いスタート。Arbiter Srdjan Jovanovicは雨の降る木曜の夜にcorona対策のためにからのDe Kuipで開始3分でボールをstipに置いた。scheidsrechterによってEric Botteghinが直接の対戦相手を倒したと判断されたが、それはtv映像でははっきりとは見えず。Wolfsberger-captain Michael Liendlがこの棚ぼたのチャンスを決めて0-1.

 

10分後にもこのOostenrijkersのmiddenvelderが再びそれを行う。それについて語っていいなら、Jovanovicはまた非常に簡単に笛を吹いたと言える。今回は彼の目にはBart Nieuwkoopがstrafschopgebiedでファールの容疑者に映り、このleidsman \はBotteghin同様に彼にgele kaartを提示し、Liendlが2ゴール目を決める。1回目は彼は左隅に蹴り込み、0-2ではdoelman Justin Bijlowのすぐ右を抜いた。

 

FeyenoordがHT明けに立て直す
Wolfsberger ACは2つのpenalty'sによってサドルを回すのを助けられたが、Feyenoordは45分間対戦相手と自分自身にもがき苦しんだ。HT開けにようやく機能し始め、追い上げのゴールを考えられるように。それはHT開けすぐにNieuwkoopに代わって入ったLuciano Narsinghの良い仕事によって53分目に決まる。このbuitenspelerが最終ラインに届き、そこからSteven Berghuisに戻すと、彼は跳ねるボールを中央から強烈なシュートで決めた。

 

Geertruida (シュートがポスト直撃、ヘディングが枠外に) en Bryan Linssen (シュートはkeeprの体に命中、無人のゴール前でヘディングが枠外に)など、1-2直後にFeyenoordはWolfsberger ACに追いつくいいチャンスが数回あったが、この夜4点目は反対側に決まってしまう。bezoekersは素早くカウンターに出ると、BijlowのセーブからLiendlがリバウンドを決めてhattrickを完了。

 

3つめの議論の余地のあるstrafschop
Bijlowはこの夜3回目の議論の余地のあるstrafschop後にまたしてもネットからボールを取り上げなければならなかった。このgoalieがクロスをパンチングするためにゴールから離れて、それを実行もしたが、その際に対戦相手とも衝突。Jovanovicはまたも一瞬も迷わずボールをstipに起き、Liendlでは無くDejan Joveljicが今回はボールの後ろに立ってミスせず1-4に。

 

Feyenoordは66分目のこの打撃からもう立ち上がれず、4失点後は前半のような貧弱なaanvalsspelに戻ってしまった。これによりEuropa League groepsfaseでの最初の敗戦が事実に。来週木曜日にはCSKA MoskouがDe Kuipを訪れるが、Feyenoordはその前にcompetitiewedstrijdを行う。日曜にFC Emmen – Feyenoord (14;30 aftrap)のためにDe Oude Meerdijkへ旅する。

 

donderdag 29 oktober 2020
Feyenoord - Wolfsberger AC 1-4

screverloop:
4' Michael Liendl 0-1 (str.)
14' Michael Liendl 0-2 (str.)
53' Steven Berghuis 1-2
60' Michael Liendl 1-3
66' Dejan Joveljic 1-4 (str.)

 

Scheidsrechter: Srđan Jovanović
Gele kaarten: Botteghin, Nieuwkoop, Haps, Bijlow (Feyenoord), Taferner, Novak, Vizinger (Wolfsberger)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Bijlow; Nieuwkoop (46' Narsingh), Botteghin, Spajic, Haps; Toornstra, Geertruida, Kökcü, Diemers; Berghuis, Linssen (76' Bannis).
Wolfsberger AC: Kofler; Scherzer, Baumgartner, Lochoshvili, Novak; Wernitznig (82' Peretz), Leitgeb, Liendl, Taferner (60' Stratznig); Joveljiç (67' Rnic), Dieng (82' Vizinger).

 

https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-wolfsberger-ac-2020-2021

 

Dick Advocaat
「あの男はdramaだった。しかし前半の我々も酷かった。あんな低調な試合の入り方であんなpenalty'sを与えては、プレーに入る約には立たない。前半のプレーの仕方は個人個人もチームとしても心配になる。後半はvoetbal麺で全く別のelftalが見れた」
「負けたのは自分たちの責任。こういう議論の余地のあるpenalty'sを乗り越えるのが難しいのはよく分かるが、我々の側も非常に低調だった。ひ弱すぎて完全に圧倒させてしまっていた」
「後半の1-2にした後のいい時間帯に2-2 en 3-2にしなければいけなかった。このレベルではあれらのボールは決めないといけない。なぜ入らないか?私には分かっているが、それをメディアで言うつもりはない。内部に留めておく。我々は本当に上手く戦って戻ったが、1-3で終わってしまった。後半については選手たちは責められない」
「2試合勝利なしでも我々は穴に落ちてはいない。Europeesは難しくなったが、まだ4試合ある。competitieもまだあるし、日曜にはまた試合をしなければならない。今からはもうそこに向かわなければいけない」

「Linssenのフォームが心配?彼が毎週あそこでプレーしなければならず、レベルの麺で変わりがいないのは心配になると言っておこう。Linssenはlinkerspitsであり、我々に誰もいないから彼をあそこに置いている。彼のせいだけにすることはできない。彼はベストを尽くしているが、sptsでは無いんだ」
「一度負けたらすぐcrisisの雰囲気が必要か?多分メディアではそうなのだろうが、我々はまだcrisisでは無い。我々は1試合に負けただけ。君は何の話をしているんだ?君がcrisisの雰囲気の雰囲気を作りたいなら付き合おう。我々はそこから抜け出すよ」
https://www.fr12.nl/nieuws/55527-advocaat-die-man-was-een-drama-maar-wij-ook.html

https://www.fr12.nl/nieuws/55530-linssen-zetten-we-daar-neer-omdat-we-niks-hebben.html

 

Steven Berghuis
「僕の意見では簡単に2つのstrafschoppenが与えられた。特に後者についてはscheidsrechterと少し話した。ノーマルに話をして、彼がどう思っているかを聞いた。最初の2つはその前に枯れにそうする理由を与えてしまった。彼に選択肢を与えたのは僕ら自信のミス。それがscheidsrechterのせいではないのは確か」
「僕らは後半 202にしなければならない良い時間帯があったと思うけれど、それを逃してしまった。もちろん前半は酷かった。僕らは上手く戻ってきて2-2にする2つの100%チャンスがあったのに、そこから反対側で1-3になったのが不愉快な瞬間」
「前半は難しかった。僕らはひし形での4-4-2という別のシステムでプレーした。お互いを見つけるのに苦労したし、こういうプレーをするのは初めてだったから難しかった。thuisで1-4負けは痛い。これは僕らがこのclubでいたい場所ではない」
https://www.fr12.nl/nieuws/55524-berghuis-het-heeft-zeker-niet-aan-de-scheidsrechter-gelegen.html

 

Justin Bijlow
「何よりもまずはもちろん自分たちのプレーについて、それが重要。scheidsrechterは付随要素。僕らのプレーがもっと良くないといけないしm僕らはそこに目を向け得るべき。まだpenalty'sの映像は見てない。最初の2つは分からない。最後のは、僕は飛び出して普通にボールに触れた。あれは普通の競り合いで、scheidsrechterはpenaltyの笛を吹いた。keepersはまずます身を守れなくなる」
「scheidsrechterは僕がボールに触れておらず、ファールだと行った。後で自分で見返すだろう。彼はそういう戯言を僕に言った。とにかく自分自身に目を向けるべきだと思う。自分自身で良いプレーをしてチャンスを決めていたら、scheidsは関係無い」
「1-3のシーンでは僕は前に出て自分を大きくし、ボールをブロックした。映像は見ていないけど、相手が全力でぶつかってきたと聞いた。そして運良くそのボールが中央の選手の前に来て彼が決めた。日曜はまた次の試合が待っているし、今日のことは僕はすぐ終わりにさせられるよ」
https://www.fr12.nl/nieuws/55529-bijlow-over-penalty-het-was-gewoon-een-duel.html

 

Bart Nieuwkoop
「3 penalty'sはユニーク。それらは確かにとても疑わしいと思う」
「僕らはみんな自分たちに目を向けないといけないと思うし、僕らはいいプレーでは無かった。後半どう同点にする、決めないといけないチャンスもあったけれど、僕らは自分たちに目を向け続ける」
「2つ目ははっきりしてる。ボールが僕の右側尾を抜け、Bottaの背後に走り込む選手が見えたから、低いクロスが来ると思ったし、彼らもそれを入れた。僕は穴を塞ごうとして、ボールが通り抜けるのを見た。僕らは2人共アクションを終えていて、彼が目の前で倒れた。VARがいあにのが悲しい?ああ、間違いない。3つめのpenaltyも非常に疑わしいと思う」
https://www.fr12.nl/nieuws/55531-nieuwkoop-ik-denk-dat-ze-wel-dubieus-zijn-zeer-zeker.html

 

続きを読む

KNVB beker第1ラウンド: FC Twente敗退。Koopmansの土壇場ゴールで追いついたADOがSpartaを下して勝ち上がり

KNVB beker: eerste ronde
amateurvoetbalが停止されているため、amateurclubsが出場する試合は12月に延期されてbetaald voetbalclubs同士の試合のみ開催。

 

maandag 26 oktober
18.45 Excelsior - Helmond Sport 4-0
26' R. Niemeijer 1-0 / 44' E. Ómarsson 2-0 / 61' E. Ómarsson 3-0 / 68' J. Zwarts 4-0

 

21.00 Go Ahead Eagles - NAC Breda 6-0
7' S. Beukema 1-0 / 9' S. Hendriks 2-0 / 15' J. Veldmate 4-0 / 19' L. Brouwers 5-0 / 48' A. Rabillard 6-0

 

怪我とcorona感染で多くの選手を欠いたNAC相手にGo Ahead Eaglesが20分足らずで5得点という衝撃の展開で勝利。

 

Maurice Steijn
「20分後に私がどう思ったか?介入しよう。まだやれるか?やるしかないが、この試合はもうひっくり返せない。我々は多くの怪我人や病人を抱えているが、こんな守備ではそれも言い訳にはならない。我々の失点の仕方はbetaald voetbalとは何の関係も無いもの」
「我々は5 verdedigersでプレーし、1点も決める狙いは無かったが、大きなmonsterscoreを避けたかった。最終的にはそれに成功した」

 

dinsdag 27 oktober
18.45 FC Twente - De Graafschap 1-3
18' Mohamed Hamdaoui 1-0 / 34' Joey Konings 2-0 / 62' Cas Staring 2-1 / 90+4' Julian Lelieveld 3-1

 

Drommel, Brama, Cernyを温存したFC Twente相手にDe Graafschapが素晴らしい前半。Hamdaouiの得点に続いてSmalのボールロストからKoningsが決めて30分で2-0に。Brama, CernyにDervisogluを投入したTwenteが後半は圧倒し、Staringが決めて緊張感を取り戻して終盤も攻め続けたが、大きなチャンスは作れず。blessuretijdに抜け出したLelieveldに決められて終戦

 

19.45 VVV-Venlo - FC Den Bosch 4-2
42' Romano Postema 0-1 / 57' Giorgos Giakoumakis 1-1 / 58' Jafar Arias 2-1 / 72' Giorgos Giakoumakis 3-1 (str.) / 80' Romano Postema 3-2 / 89' Tobias Pachonik 4-2


週末に歴史的大敗を喫したVVVが前半終了間際にDelano van Crooijがクロスを手からこぼす大ちょんぼで失点。後半MachachのクロスをGiakoumakisが詰めて同点とすると、直後に投入直後のAriasがダーストタッチで2-1に。さらにLinthorstがLambertとの競り合いで倒れるとscheidsrechter Gerretsがpenaltyを与えて3-1. 勝負ありかと思われたが、終盤FC Den Boschが大攻勢をかけ、残り10分でPostemaはvrije trapを決めて1点差。さらにPostemaが数回意見なシュートを放ったがVan Crooijに阻まれ、90分直前にPachonikが決めて決着。

 

Hans de Koning
「土曜の大災害のあとでどういう試合になるかは誰でも分かる。不悪実さがあるのは普通のこと。大きな打撃を受けたのだからみんな自信を探している」
「我々はほとんどチャンスを与えていなかったから、HT 0-1ビハインドにもパニックになることは無かった。Delanoのあのシーンを取り戻さなければならなかったが、それが上手く行った。特に1-1にしてからはもう大丈夫だと分かっていたよ」

 

Delano van Crooij
「前半の僕らは背中に砂袋を背負ってプレーしていた。本当に説得力が無かった。僕らは1点目を決めたその瞬間から僕らはvoetbalができることを見せ、それからはみんなが背中の重荷を全て捨て去った。勝ち抜けて本当に嬉しい。これは僕らにとって本当に重要なことだった。去年はamateurclub (Green Star)にpanalty'sで負けた。0-1の瞬間は『そうならないよね?』と思ったけど、幸いにもHT明けにすぐ追いつけた」

 

19.45 sc Heerenveen - TOP Oss 3-1
11' Joey Veerman 1-0 / 29' Joshua Sanches 1-1 / 33' Benjamin Nygren 2-1 / 40' Rodney Kongolo 3-1

 

21.00 FC Dordrecht - FC Utrecht 2-4
5' Bart Ramselaar 0-1 / 16' Nikolas Agrafiotis 1-1 / 40' Bart Ramselaar 1-2 / 42' Gylano Kerk 1-3 / 57' Nikolas Agrafiotis 2-3 / 79' Sander van de Streek 2-4


FC UtrechtはWillem Janssenが長期離脱から遂に戻ってbasisplaats. GustafsonとSyllaを外してEliaとVan Overeemを起用してVan de Streekがspitsに。

 

出だしEliaが良いアクションで違いを作ってUtrechtに勢いが付くと、Kerkのクロスに大外Ramselaarがフリーで押し込んで早々に先制。しかしPaesに優先して起用されているThijmen NijhuisがAgrafiotisのミドルシュートを後逸する大ちょんぼで同点に。その後もUtrechtが80%以上ボールを持って魅力的なvoetbalは見せ、なかなか得点できなかったが前半終盤にWarmerdamのクロスを再びRamselaarが決めて1-2. さらにDordtのパスミスからKerkがドリブルからそのまま決めて1-3.

 

後半Utrechtが雑な入りで主導権を手放すと、再びThijmen Nijhuisが中途半端な飛び出しと悲劇的対応でゴールをがら空きにする大ちょんぼで2-3. 目が覚めたUtrechtが依然雑ながら盛り返し、カウンターで大チャンス。DordtもMusabaにあわや同点の大チャンスを作り、残し15分を切ってBliekのシュートがDos Santosに当たって角度が変わってネットを揺らしたがbuitenspelの直後にinvaller ArzaniのsteekpassでVan de Streekが決めて2-4.

 

Woensdag 28 oktober
18.45 ADO Den Haag - Sparta Rotterdam 1-1 s.s. 5-3
39' Danzell Gravenberch 0-1 / 90+4' Luuk Koopmans 1-1

 

第1ラウンド唯一のEredivisionist同士の対戦。competitieで厳しいスタートの両ploegは共に6つのポジションを入れ替え。ADOはDel Fabroをextra centrale verdedigerに加えて5-3-2. Spartaは元ADOのBeugelsdijk, Meijersがbasisで4-4-2.

 

ADOはBijenが10数分で負傷でAmofaと交代のアクシデント。Harrouiが待望のcontroller役で優勢に進めたSpartaが前半終盤にGravenberchの強烈なシュートで先制。Spartaにはさらに追加点の大チャンスもあり、ADOも後半選手交代で少しずつ盛り返して多くのチャンスがったが、どちらもそのまま決められずそのままSpartaの勝利と思われた4分間のblessuretijdの4分目、ADOのhoekschopで上がっていたkeeper Koopmansの完璧なヘディングで劇的に同点。

 

verlengingもまずSpartaが主導権を取って数回決定的シュートを放ち、終盤ADOもKarelisに至近距離から決定的なヘディングチャンスがあったが枠を外して120分間終了。strafschopenserieはSparta3人目のVriendsが失敗し、ADOは5人成功で勝ち上がり。

 

Luuk Koopmans
「これはおそらくキャリアで一度しか起きないこと。とても上手く決まってくれた。Martin Hansenのゴールとどちらが美しいか?ああ、もちろん僕のだw」

 

19.45 FC Emmen - FC Eindhoven 2-0
78' Michael de Leeuw 1-0 / 90' Michael de Leeuw 2-0

 

FC Emmenが長時間苦しんだが、試合終盤にDe Leeuwの2得点で勝利。

 

19.45 Heracles Almelo - Telstar 3-0
28' Sinan Bakış 1-0 (str.) / 72' Rai Vloet 2-0 / 90' Adrián Szöke 3-0

 

WormuthとPröpperを含む数人をcorona感染で欠くHeraclesが優勢に立ち、前半途中にBakisのstrafschopによる初ゴールでリードを得て手堅く勝利。

 

19.45 RKC Waalwijk - SC Cambuur 1-1 s.s. 3-5
31' M. Pouwels 0-1 / 41' J. Jacobs 0-2 / 85' L. Daneels 1-2 / 90' J. Gaari 2-2

 

KKDで好調のCS Cambuurが前半で0-2リードも、RKCが残り5分で追いつき、verlengingも得点は生まれず。strafschoppenserieでRKC2人目のMeulensteenが失敗し、Cambuurは全員成功で勝ち上がり。

 

21.00 Roda JC - Fortuna Sittard 0-2
8' S. Polter 0-1 (str.) / 11' Z. Flemming 0-2

 

注目のLimburgse derbyはFortunaが10分超であっという間に0-2にしてそのまま勝利。Fortunaは今シーズン公式戦初勝利。

VAR制度教材: 明確な誤審と見間違いと見逃し

Eredivisie 第6節で大きな議論となったVitesse - PSV最終盤でのpenalty取り消し。scheidsrechter Bas NijhuisはEli Dasaが競り合いの際にJorrit Hendrixを両手で押して倒したとPSVにstrafschopを与えたが、VAR Danny Makkelieが介入。Nijhuisは自ら映像を見返し、両手で押していなかったとpenaltyを取り消した。

www.youtube.com

 

大きな議論となった原因は「非常に簡単に与えられたが、判定自体は許容可能なもの」と多くの人が認識したためだ。確かにDasaは両手で押してはいないが、ボールにプレーせずにHendrixを倒して軽率なファールを冒したと判断できないとは言えない。もちろんNijhuisは『独自のルールで裁いている』と言われるほど競り合いを厭わない個性的なscheidsrechterだが、"discutabel is acceptabel"がVAR制度の原則であり、これはVARが介入すべきケースでは無かったはずだと多くの専門家も疑問に思ったケースだった。

 

FOXのレポーター Cristian Willaertのツィート:
「VARについてのあらゆる説明で、VARが明確な誤審を確信した場合のみscheidsrechterはモニターを見れると語られている。今では『見に行ってほしい』がますます頻繁になっている。多分良いより良いシステムだが、決まりどおりでは無い。Schmidtのフラストレーションも奇病ではない」

 「重要なのはpenaltyの判定が明確な誤審かどうかだ。両手についての議論はこれがそうではないことを示している (discutabel=acceptabel)。これは私にとってはpenaltyでは無いが、VARの違法な使用だ」

 

試合後のNijhuisの説明:
「私は近くいにて、verdediger (Dasa)がHendrixを手で押したと思った。それからDanny (Makkelie)とコンタクトを取り、私が見たこと、verdedigerがHendrixを両手で押し、これはpenaltyだと伝えた。Dannyはそれを見て、コンタクトはあたったが、Dannyにはその手がそう見えないから私が見たとおりかどうかもう一度状況を見直してscheidsrechterとして選択する権利を与えた。私はそのシーンを見返し、penaltyでは無いと思った。今見返してもそう。お互いにぶつかっているが、これは競り合い。これは試合の中での決定的なシーンであり、scheidsrechterとしてVRとしっかりコンタクトを取らなければならない。我々はしっかり話し合い、それによって良い判定を下すことができる」


「(試合後詰め寄ってきた)Schmidtははpenaltymomentが100%のミスとは思ってはおらず、私が見に行くべきではないと考えた。しかし私は起きていたのとは違う何かを見たので、それなら私はとにかく見たい。彼が非常に感情的になるのはこういう決定的なシーンではそれはとてもよく理解できるが、これがprotocol. 私は見に行って良かったと思っている。これは重要なpenaltyだった。もし私がpenaltyを与えて、後でこのシーンを見返していたら、喜べなかっただろう。これはpenaltyでは無いと思う」

https://www.vi.nl/nieuws/nijhuis-snapt-woede-bij-psv-maar-dit-is-geen-penalty

 

VAR leider Reinold Wiedemeijerの見解:
「これは明確な誤審でなければならないケース。全く何もなく、それに与えてしまったなら、それは明確な誤審。これは簡単に与えられたstrafschopだった。Basがすぐに両手での競り合いだと示しているのが分かる。VARはそれに対して両手で押していないと伝え、だから彼は自分で映像を見ることを望んだ。彼にはその権利がある」
「こういう競り合いはとても多く見られるもの。それにstrafschopが与えられるのを度々見ているという多くの人々の意見には同意する。そして見返せば明確な誤審だ。Nijhuisにとって映像を見返した後にはそれは明確な誤審だった」

https://www.vi.nl/nieuws/nijhuis-stond-in-zijn-recht-bij-veel-te-makkelijk-gegeven-penalty-

 

そもそもこの競り合いがファールと判定する余地があるものかどうかから意見が分かれていることが、この問題を複雑にしている。度々"voetbalcontact"という理由でVARが介入しないこと、scheidsrechterがファールを取らないことが正当化されることはあるが、一方でVARが介入すること、scheidsrechterがファールを取り消すことい利用されるケースはこうした微妙なケースでは全く無かったと言ってよく、それほどVARが介入するバーは高く設定されていた。

 

以前から"voetbalcontact"という概念に疑問を口にしているMario van der Endeの見解:
「voetbalはcontactsportだと言う多くの意見をまた耳にする。もう一度何が許されていないかをルールで読んでくれ。それでもまだあなたはcontactsportについて話すことができるか?」

  「私はNijhuisが与えたのはPSVの正当なstrafschopだと思った。単に相手を倒しているだけ。それが覆されたのは驚き。Dasaは全くボールに向かっておらず、相手の背中にぶつかっているだけだだろう?」

https://www.voetbalprimeur.nl/nieuws/950953/van-der-ende-kritisch-makkelie-hopelijk-scherper-tijdens-juventus-barcelona-.html

 

「見間違い」の際は介入のバーが下る?
VARが介入できるのは主審が見て判定した場合の「明確な誤審」か、主審が見て判定できなかった「見逃し」の場合だけであり、主審が見て判定した場合の介入のバーは非常に高く、後者の場合はより低い。今回はNijhuisが見て判定したために前者にあたるが、Nijhuisの説明は明らかに、「私が見たものが実際とは違ったために私は映像を見たかった」という趣旨のものである。つまりpenalty判定自体が「明確な誤審かどうか」であはなく、判定の理由が間違っていたかどうかにVARが介入する重点が置かれていたという印象を非常に強く受ける。つまりscheidsrechterが見て判定していても、それが「見間違い」だった場合は、実質「見逃し」に近い扱いを受けると考えられるだろう。ルール上の根拠はわからないが…

 

もう一つ重要な点はVAR protocolの大原則に「scheidsrechterの判定は映像にそれが間違っているという明確な証拠が無ければ修正されない」というものだ。つまりたとえ「見間違い」によってNijhuisがモニターの前に行けたとしても、そこで判定を修正するには「両手で押したという自分の認識が間違っていたかどうか」では無く、「penaltyの判定が100%間違いだったかどうか」のはずだった。言い換えれば自分の基準では無く、「誰が見ても明らかにpenaltyでは無い」という確信が求められる。さもなければWiedemeijerが昨シーズン繰り返した「VARはscheidsrechterに2度目のチャンスを与えるための存在ではない」という説明と矛盾するだろう。

Jong Oranje: EK予選 Jong Wit-Rusland en Jong Portugalvoorselectie

Jong Oranje-coach Erwin van de Looiは34 spelersからなるJong Oranjeのvoorlopige selectieを発表。FC TwenteのGodfried Roemeratoeが初めてJong Oranjeのvoorlopige selectieに名前を連ねた。

 

既にEK 2021への出場権を獲得しているJong Oranjeは次のinterlandperiodeにJong Wit-Rusland en Jong Portugalと続けて対戦。Jong Wit-Ruslandとの試合は11月15日日曜に14.30からAlmereのYanmar Stadionで。Jong Portugalとの試合は11月18日水曜日にEstádio Municipal de Portimãoで。このEK-kwalificatiegroepの1位と2位の対戦は20.30 (Nederlandse tijd)に開始される

 

Voorselectie:
Doel: Kjell Scherpen (Ajax), Thijmen Nijhuis (FC Utrecht), Maarten Paes (FC Utrecht), Jasper Schendelaar (Telstar).
Verdediging: Jurriën Timber (Ajax), Justin Hoogma (FC Utrecht), Lutsharel Geertruida (Feyenoord), Tyrell Malacia (Feyenoord), Mats Knoester (Heracles Almelo), Deyovaisio Zeefuik (Hertha BSC), Sven Botman (LOSC Lille), Mitchel Bakker (Paris Saint-Germain), Jordan Teze (PSV), Sherel Floranus (sc Heerenveen), Danilho Doekhi (Vitesse).
Middenveld: Jurgen Ekkelenkamp (Ajax), Ryan Gravenberch (Ajax), Dani de Wit (AZ), Azor Matusiwa (FC Groningen), Godfried Roemeratoe (FC Twente), Ferdi Kadioglu (Fenerbahce), Carel Eiting (Huddersfield Town), Joey Veerman (sc Heerenveen),Abdou Harroui (Sparta Rotterdam), Ludovit Reis (VFL Osnabrück).
Annval: Myron Boadu (AZ), Noa Lang (Club Brugge), Joshua Zirkzee (FC Bayern München), Daishawn Redan (Hertha BSC), Cody Gakpo (PSV), Justin Kluivert (RB Leipzig), Kaj Sierhuis (Stade de Reims), Tahith Chong (Werder Bremen) en Ché Nunnely (Willem II).


https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/78498/jong-oranje-neemt-34-spelers-op-voorlopige-selectie

Oranje: NL Bosnië en Herzegovina en Polen戦voorselectie

bondscoach Frank de BoerはSpanjeとのoefenwedstrijdとBosnië en Herzegovina en PolenとのUEFA Nations League-duelsに向けて34 spelersからなるvoorlopige Oranjeselectieを発表。

Nederland en Spanjeじゃ11月11日水曜日にJohan Cruijff ArenAで20.45から対戦。4日後の11月15日日曜日にはBosnië en HerzegovinaがAmsterdamでOranjeの相手に。この試合は18.00開始。Nederlandは11月18日水曜日にPolenとのuitwedstrijdでUEFA Nations Leagueを締めくくる。ChorzówのStadion Śląskiで20.35に最初の笛が鳴る。

 

De volledige voorselectie:

Doel: Marco Bizot (AZ), Justin Bijlow (Feyenoord), Jasper Cillessen (Valencia), Tim Krul (Norwich City).

Verdediging: Patrick van Aanholt (Crystal Palace), Nathan Aké (Manchester City), Daley Blind, Perr Schuurs (beiden Ajax), Denzel Dumfries (PSV), Hans Hateboer (Atalanta Bergamo), Daley Sinkgraven (Bayer 04 Leverkusen), Joël Veltman (Brighton & Hove Albion), Stefan de Vrij (Internazionale), Owen Wijndal (AZ).

Middenveld: Donny van de Beek (Manchester United), Mohamed Ihattaren (PSV), Frenkie de Jong (Barcelona), Davy Klaassen (Ajax), Teun Koopmeiners (AZ), Marten de Roon (Atalanta Bergamo), Pablo Rosario (PSV), Kevin Strootman (Olympique Marseille), Tonny Vilhena (Krasnodar), Georginio Wijnaldum (Liverpool).

Aanval: Ryan Babel (Galatasaray), Steven Berghuis (Feyenoord), Steven Bergwijn (Tottenham Hotspur), Memphis Depay (Olympique Lyon), Javairô Dilrosun (Hertha BSC), Luuk de Jong (Sevilla), Donyell Malen (PSV), Quincy Promes (Ajax), Calvin Stengs (AZ), Wout Weghorst (VfL Wolfsburg).

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/78497/voorlopige-oranjeselectie-bestaat-uit-34-spelers

第6節: 10年目の悲劇再び。buitenspellijntechnologieによる初の判定修正。Makkelieの議論呼ぶ介入でVitesseがGerledomeでPSVに初勝利。AZ5戦5分け

Speelronde 6


Zaterdag 24 oktober
16:30 VVV-Venlo - ajax 0-13
12' 0-1 / 17' 0-2 / 32' 0-3 / 45' 0-4 / 54' 0-5 / 56' 0-6 / 57' 0-7 / 59' 0-8 / 66' 0-9 / 74' 0-10 (str.) / 76' 0-11 / 78' 0-12 / 87' 0-13
Rood: 51' Christian Kum

 

Hans de Koning
「この試合について全て話すとしとしたら実際多すぎる。ある時点で0-4になり、rode kaartが出た。そこからのajaxはとても良く、大きなrondoの中に置かれ、彼らが押し続けないことを期待したが、そうなってしまった」
「ある種の畏敬の念があった。ajaxにリスペクトを持つのは良いが、5mの距離でどれだけ失点し、どれだけ簡単に走り続けさせたか… まぁとにかく私はグループに背を向けるつもりは無い。我々はみんなで失敗したし、どんなに痛くてもこれを大者のように受け止めなければならない。指を差し合うなんて真似はするつもりはない」
「誰かが私に'sterkte' (元気を出して)と言った。まぁ誰かが死んだ訳ではない… これは我々が負けた1試合。歴史的な瞬間。それを受け止めなければならない、火曜にはまたbekerwedstrijdがある。全力を結集し、頭を上げ、胸を張る」

 

Arjan Swinkels
「感嘆符4つ付きでノーチャンス。悪夢?ああ、そう言っていい。本当に言葉がない。経験したことが無い事」
「苦しむのは赤っていたけど、それでもボールにプレッシャーをかけないといけない。僕らはそれを一瞬もしなかった。僕らはajaxに平日の試合の後でとても多くの時間とスペースを与えるものすごいサービスを提供していた。今日は衝撃的な日だ。この結果は世界中に広まる?ああ、その可能性はかなり大きい」

 

18:45 FC Utrecht - FC Twente 2-1
1' Danilo 0-1 / 43' Bart Ramselaar 1-1 / 47' Sander van de Streek 2-1

 

3試合連続引き分けのFC UtrechtはPaesがcorona感染から戻るもNijhuisがそのままkeeper. 入れ替え無しでSyllaがspits. Utrechtと同じくまだ無敗のFC TwenteもWillem II戦0-3快勝から入れ替えなし。

 

開始直後にBramaのパスでCernyが抜け出すと、tweede paalでフリーのDaniloが決めて20秒もかからずに0-1. 快適にボーるを回すTwenteに対し、Utrechtはボールをすぐ失ってキープできず。次第にUtrechtの攻撃の時間が増えても全くチャンスが作れずに時間が経過。30分過ぎにEbuehiのミスで突然Syllaに大チャンスもDrommelに阻まれて決められず。しかしHT直前にRamselaarの強烈ボレーで1-1.

 

後半開始直後には今度はFC UtrechtがRamselaarのクロスからVan de Streekが決めて早々に逆転。FC Twenteは残り30分でLamprou, Dervisoglu, Smalを投入も、流れは変えられず後半はボーるを持ってもほとんど相手ゴールに迫れず、残り10分でamselaarが抜け出して3-1としたかに思われたが、buitenspellijntechnologieによる初の判定修正でbuitenspel. 結局Utrechtが再三のカウンターのチャンスを決められなかったが、後半は大きな問題に陥る事無くコントロールして勝利。

 

FC Twenteは今シーズン初の敗戦。FC Utrechtは2勝目。

 

John van den Brom
「批判的に見るなら、我々はもちろん非常に悪い試合の入り方をした。我々は度々前半上手く試合に入れないことがあると話しているが、17秒で0-1はまさにそれ。そこからの問題は『ploegがそれにどうリアクションするか?』だ。率直に言って我々がこの数週間で行った最低の試合だった。だがその価値はなにか?今日は勝ったことだ。それが最も重要」
「他の試合では我々はより支配的で、もっと多くのチャンスを作っていた。この試合前に我々はチャンスを決めれていないと言っていたが、幸いにも今日はいい方向に行って勝つことができた。しかしveldspelには熱狂できなかった」
「coronavirusに苦しんでいる選手たちが何人かいる。それは本当に選手たちに影響を与えている。10日間の検疫、肉体の強さの喪失、trainingに戻った時の息切れ。それに本当に注意しなければならない。本当に何かが起きているのはみんな分かっている。しかしそれに直面すれば、実際superfitしているtopsportersなが、非常に大きく後退することになる」

 

20:00 PEC Zwolle - Willem II 0-0
Rood: 85' Mustafa Saymak

 

平日にRKCと引き分けたPECはBajselmani (怪我), Drost, Ghoochannejhadに代わってReijnders, Huiberts, Tedicがbasis入り。


Willem IIはPeterが怪我から戻り、Nelomがbankに。middenveldはRomenyを外してVan der Heijdenをverdedigende middenvelderでbasis起用。

 

お互い果敢にvoetbalをしようとするも、middenveldで優位に立ったPECがWillem IIにロングボールを蹴らせて主導権を取る展開。前半Willem IIはTrésorにPECにPheraiにチャンスがあったが決められず。Van Polenが負傷交代して迎えたHT直前にPetersが16m際でTedićと競り合ってpenaltyを取られたが、VAR Bosの介入で16m外のvrije trapに。

 

後半はWillem IIが優勢になり、Pavlidisにフリーの大チャンスがあったがポスト直撃すると、Ruiterが負傷してBrondeelに交代。さらにWillem IIはSaglam, Yeboah投入し、残り5分でドリブルで切り込んだKöhnがSaymakに16m際で倒されてpenalty獲得も、再びBosが介入して外側のvrije trapに。そのvrije trapからJan-Arie van der Heijdenがネットを揺らしたが、三度Bosが介入して映像を見たPérezがHolménのhinderlijk buitenspelで取り消し。blessuretijdにはRomenyの決定的ヘディングをZettererが好セーブで引き分け。

 

Jan-Arie van der Heijden
keeper (Zetterer)はボールを見れてたよね?僕らの選手 (Holmén)はゴール横にいただけ。それならシュートの軌道上に立つことはできないだろ?でもVARはhinderlijk buitenspelだと思った。そして彼らがbaasだ…」
「自分で得点すると協議は何年間もかかるように思えるよ。scheidsrechterが自分で見に行った時点で大抵penaltyか得点取り消しになる」

 

21:00 sc Heerenveen - FC Emmen 4-0
26' Henk Veerman 1-0 / 29' Benjamin Nygren 2-0 / 71' Rodney Kongolo 3-0 / 74' Henk Veerman 4-0
Rood: 52' Simon Tibbling (2xGeel) / 76' Nikolai Laursen

 

sc HeerenveenはDresevicに代えてNygrenがbasisdebuut. FC EmmenはAnco Jansenに代えてBen Moussaを起用。

 

ガンの子供たちのためにtribunesに15,000のknuffekberenが並んだAbe Lenstrastadion. 今週もFC Emmenが良いvoetbalでチャンスを作ったが、25分過ぎにHenk Veermanが決めて先制すると、数分後にBen MoussaのミスからNygrenが豪快に決めて2-0. その後もHeerenveenがカウンターでEmmenの守備を再三切り裂いて大チャンスを作ったが決められず。

 

後半Tibblingが2枚め退場で試合が終わり、Kongoloの追加点でトドメ。EmmenはLaursenもBochniewiczを後ろから蹴り倒して一発退場となり9人で終了。

 

sc Heerenveenは4勝目で上位をキープ。FC Emmenは未勝利のまま出場停止を抱えて次節 Feyenoord-thuis.

 

 

Johnny Jansen
「我々は全員で非常に規律あるvoetbalをしなければならない。ボーるを持った時ももっと改善すれば、かなり多くのpuntenを得られるだろう。この船がどこに行き着くかは見てみよう」
「今日の我々はほとんどチャンスを与えなかった。これは我々のクオリティの1つであり、カウンターから我々はスーパーに危険。全員でnulに保てればfantastischだ。4-0になったが、もっと取ることもできた。でもとても嬉しいよ」

 

Dick Lukkien
「ノーチャンスで負けたが、完全に自分たちの行いのせい。奇妙に聞こえるかもしれないが、最初の25分間は良いEmmenが見れていた。Heerenveenはたかプレッシャーをかけようとしていたが、我々は常に上手くそれをかわしていた。しかしそれをかわしてからプレッシャーの無くなったところで間違った色にプレーし、Heerenveenのカウンターから上手く守らなけれれば…そうやって1-0ビハインドになるった。そして2-0の際も自分たちの16mでのボールロストから、我々の不器用さが飛び散った。voetbalのアイディアやコンセプトがあり、そのための選手もいるなら、voetbalを始めなければいけないし、そういう不器用なヴォールロストを受けれてはならない。我々はあまりにも多く授業料を払いすぎており、それにウンザリしている」

 

Zondag 25 oktober
12:15 Fortuna Sittard - FC Groningen 1-3
6' Jørgen Strand Larsen 0-1 / 28' Jørgen Strand Larsen 0-2 / 54' Mats Seuntjens 1-2 (str.) / 79' Bart van Hintum 1-3

 

未勝利のFlortunaはNinajが戻り、Rotaに代わってAnghaがrechtsbackに。FC GroningenはRobbenが負傷欠場でDa Cruzがlinksbuitenでbasisdebuut.

 

出だしGroningenが主導権を取ると、Van HintumのクロスをStrand Larsenがワンタッチで決めて初ゴールで先制。その後もGroningenがDa Cruz, El Messaoudiと見事な連携からチャンスを作り、試合に入れないFortunaは突然ボールがフリーのSemedoの足元に落ちて大チャンスもPadtにセーブされ、30分手前に再びVan Hintumのクロスを走り込んだStrand Larsenがワンタッチで決めて0-2.

 

FortunaはHTにCoxと試合に入れていないPolterに代えてRotaとHanssonを投入してSeuntjensをspitsに。後半出だしもItakuraのヘディングなどGroningenがチャンスを作ったが、Joostenの全く不必要なファールでGroningenがpenaltyを与えて1-2とすると、そのままFortunaが攻勢に立ったが、終盤Van Hintumがvrije trapを直接決めて勝負あり。最後はこの試合力強いプレーだったEl Messaoudiが完全に抜け出したがKoselevとの1対1でロブを失敗して決められずに終了。

 

Fortunaは今週も低調な内容で未勝利のまま。FC Groningenは後半低調になるも大きな問題には陥らず快勝で3勝目。

 

Kevin Hofland
「私は自分のploegに多かれ少なかれ見捨てられたと感じている。あんな入り方では負け試合をプレーすることになる。我々はすべきではない守り方をしていたが、ボーるを持ったときも同じ。前半は1つのチャンスも無かった。我々はたくさん走っていたが、主にボーるを追いかけていた。常に遅れ、遅れ、遅れていた。私はそれにウンザリしたし、悲しい。しばらく前からもうたくさんだが、前に進まなければならない」
「私は腹が立っているが、何よりもガッカリしているし、我々が見せたものにちょっと落ち込んでいる。『これは本当にあり得ない』と最初に感じた。受け入れられないし、痛ましい。ミスを犯すのは悪くはないが、ある程度の積極性は期待される。しかし我々の競り合い方、tweede ballenへの行き方…これは精神的なことか?多分そうだろう。チームに特定のキャラクター、こういう時に立ち上がる選手が足りない。Smeetsにはそれがあるが、数が少なすぎる」

 

14:30 Sparta Rotterdam - Heracles Almelo 1-1
47' Abdou Harroui 1-0 / 75' Rai Vloet 1-1
Rood: 52' Adil Auassar

 

先週De Kuipで引き分けたSpartaは入れ替えなしで5-3-2を継続。RKCに敗れたHeraclesはRente, Schoofs en de la Torreをbasis起用。

 

5分過ぎにBakisにチャンスも至近距離からのヘディングを決められず。15分すぎにはThyが抜け出したがBrouwerとの1対1を決められず。前半残りはHeraclesが優勢だったが、Vloet, Van der Water, Renteが脅威になるも得点には至らず折り返すと、後半開始直後にHeraclesのverdedigersの不運な対応からHarrouiの足元にボールが戻ってあっさり先制。Spartaは今シーズン初のリードを奪ったが、数分後にAuassarがVloetと共にひっくり返され、Vloetのnatrappen動きに反応したAuassarが立ち上がってnatrappenの動きをすると、VAR Baxの介入を受けて映像を見たGözübüyükがAuassarにだけrode kaart. こうして数的優位を得たHeraclesが即座にプレッシャーをかけて数回チャンスを作ると、退場を免れたVloetが同点ゴール。残り時間もHeraclesが攻め続けたが、決勝点の最大のチャンスはSpartaに。しかしHarrouiが見事なアクションから狙うも決められず引き分け。

 

Spartaは3連敗スタートから3連続引き分けでrote lantanはFortunaへ。

 

Henk Fraser
「私の選手が罰せられ、もう一方の選手が罰せられないのは驚くべきこと。両方の選手が蹴る動きをしたが、両選手とも相手に当てなかった。VARはAdilの映像しか見せておらず、これは2つの基準だと思う。起こっている?ああ、Adilはこういう字シーンに多く関わっていると自覚しなければいけない。だから私が彼を責めないと言ったらとても奇妙だろう。彼にガッカリ?いや、Adilは常に模範的なaanvoerder. しかし私が彼を賞賛するなら、批判することもあっていい」
「今日は勝利のチャンスを逃した。しかしrode kaartはもちろん試合に大きく影響するし、だからこの1ptに満足している」

 

Adil Auassar
「僕とVloetは一緒に転がった。僕は彼が足で蹴る動きをしたと重い、僕も偶然意図せずにそれをした。でも僕らはお互いにぶつからなかったんだ。voetbalはemotiesportであり、こういう事は起きるもの。rode kaartは正当ではないと思うけれど、VARが決めること」
「scheidsrechterが見に行った時に自分のことだとは分からなかった。僕が彼を蹴るつもりだったなら自分のことだと分かっていた。僕は起こっていない。僕らはVARと付き合っていかないといけない。でも『2人共許すか、2人共罰するか』だと思う」

 

14:30 Vitesse - PSV 2-1
9' Jacob Rasmussen 1-0 / 50' Olivier Boscagli 1-1 / 54' Loïs Openda 2-1

 

VitesseはTannaneがschorsingで18歳 Daan Huismanをサプライズ起用。さらにDalfarouをbankに置いてBrojaを起用。EL明けのPSVはTezeとZahaviがcorona隔離から戻ったが、Dumfries, Gakpo, Rosario, Baumgartl, Delanghe, Piroeがcoronatests陽性, Götzeが負傷欠場。Mauroをrechtsback起用し、middenveldはThomas, Ihattaren, Hendrixを起用してMalenをbankに置いてZahavi Maduekeのvoorin. bankにはveldsperが3人だけ。

 

LetschとSchmidtのRed Bull対決。序盤にhoekschopからRasmussenが頭で1決めて先制。ボーるを持ってもローテンポでgeel-zwartの壁を越えられないPSVに対し、Vitesseはvoorinのスピードを活かして脅威を作る狙い通りの展開。30分直前にはVitesseの綺麗なコンビネーションがPSVの中央を切り裂いてTronstad に大チャンスもMvogoがセーブ。

 

後半出だしにPSVがプレッシャーをかけると、Maxのvrije trapはPasveerが好セーブ。しかし直後にhoekschopでBoscagliがドフリーになって1-1. Vitesseも即座にWittekのクロスをbuitenspellijnぎりぎりのOpendaが流し込んで後半最初のチャンスでネットを揺らして2-1. その後もPSVが主導権を取って攻勢をかけようとしたが、残り30分でMalen投入も効果は無く、そのままVitesseが逃げ切りと思われたラストプレーでDasaが空中でのHendrixとの競り合いでファールを取られてpenalty. しかしVAR Makkelieが介入し、ノーファールに判定修正でVitesseが勝利。試合後はPSVのの選手たちとSchmidtが感情的にNijhuisに詰め寄るシーン。

 

Vitesseは23年ぶりに(Gelredomeでは初の)PSV-thuisで勝利。

 

Thomas Letsch
「私はscheidsrechterでは無くcoach. 彼らがこの判定をした。このために我々にはVARがある。彼らが見に行く必要があると判断し、彼が映像を見て違う判定に決めた。我々はそれを受け入れるべきだし、この場合は私は喜んで受け入れる」

 

Remko Pasveer
「Fantastische VAR. 私はあれが非常に明確なpenaltyだとは思わなかった。幸いにも彼が僕らのために見に行ってくれたし、僕の目から見て正当な判定だった」
「Opendaの2-1のゴールはVARがbuitenspelでは無いと判断したのだから、buitenspelでは無い。buitenspelに見えないなら、それは私には明らか。その場合はaanvallerに有利に、古いルールは常にそう。そしてそれがこの得点が有効だった理由だ」
「試合全体を見れば、これはたった2つのシーン。特に前半、彼らは1回しか枠内シュートをしなかった。だから我々は最終的に相応しいwinnerだと思う。HT明け最初の15分間でPSVはかなりプレッシャーをかけていたし、そこからああやって戻るのは簡単ではない。だからそれを誇りに思う」

 

Roger Schmidt
「彼 (Nijhuis)は5mの距離にいたのに、なぜpenaltymomentをチェックに言ったのかと彼にいった。ルールは明らかだ。本当に間違った判定のときだけ、彼はチェックに行けるし、VARはその状況に関与できる。これは100%明確な誤審では無い。多分彼はルールを知らない、だから私はそれを彼に尋ねた。しかし彼は私にgeelが欲しいかrode kaartが欲しいか聞くだけだった」
「今日は引き分けが正当な結果だった。難しい試合で、我々はベストを尽くした。この数日は私のチームにとってvoetbalに集中するのは簡単ではなく、その点では我々はもちろんパーフェクトではないが上手くやっていた。しかしoké. 我々は1ptに相応しかったと思うが、残念ながらscheidsrechterの決定がこの試合を決めた」

 

Jorrit Hendrix
「van Bas Nijhuisはコンタクトを厭わないscheidsrechterであるのも知られている。彼はstrafschopを与えても良かっただろう。いずれにせよ僕は首が痛かったし、schwalbesをするような人間でも無い。でも彼が映像で判断してpenalyを与えなかったならしょうがない」

 

Bas Nijhuis
「私は近くいにて、verdediger (Desa)がHendrixを手で押したと思った。それからDanny (Makkelie)とコンタクトを取り、私が見たこと、verdedigerがHendrixを両手で押し、これはpenaltyだと伝えた。Dannyはそれを見て、コンタクトはあたったが、Dannyにはその手がそう見えないから私が見たとおりかどうかもう一度状況を見直してscheidsrechterとして選択する権利を与えた。私はそのシーンを見返し、penaltyでは無いと思った。今見返してもそう。お互いにぶつかっているが、これは競り合い。これは試合の中での決定的なシーンであり、scheidsrechterとしてVRとしっかりコンタクトを取らなければならない。我々はしっかり話し合い、それによって良い判定を下すことができる」
「Schmidtは試合後2つの事に腹を立てていた。まず私がVitesseのdoelmanにボールを返したが、それがルール。彼はあまりよく知らないかもしれないが。それも悪いことではない。一方で彼はpenaltymomentが100%のミスとは思ってはおらず、私が見に行くべきではないと考えた。しかし私は起きていたのとは違う何かを見たので、それなら私はとにかく見たい。私はDuitsでもこのtrainerに説明したが、その瞬間彼の感情が非常に高くなり、実際もう話を続けられなかった。こういう決定的なシーンではそれはとてもよく理解できるが、これがprotocol. 私は見に行って良かったと思っている。これは重要なpenaltyだった。もし私がpenaltyを与えて、後でこのシーンを見返していたら、喜べなかっただろう。これはpenaltyでは無いと思う」

 

16:45 RKC Waalwijk - Feyenoord 2-2
50' Cyril Ngonge 1-0 / 62' Nicolai Jørgensen 1-1 / 80' Ola John 2-1 / 84' Ridgeciano Haps 2-2

 

水曜にPECと引き分けたRKCはBakariがrechtsbackに戻ってGaariがbankに。EL明けのFeyenoordは中2日で入れ替え無し。

 

出だしから高いプレッシャーをかけたFeyenoordが流れるようなvoetbalを見せ、Diemers, Berghuisのシュートの後に裏に抜けたLinssenがバー直撃。その後はRKCも試合に入ってFeyenoordがチャンスを作れなくなったが、30分前後にBerghuis, Teixeira, Diemersと続けてチャンス。その直後にTeixeiraが傷んでJørgensenと交代のアクシデントに襲われると、RKCにもMeulensteen, Damascan, Sowに大チャンスがあったがBijlowが安定した対応。前半終盤にはHapsの強烈なシュートもLamprouにセーブされて折り返し。

 

FeyenoordはHTにNieuwkoop en Linssenに代えてGeertruida en Narsinghを投入。しかしスペースでボールを持たれたNgongeにSenesiが甘い対応でミドルシュートを叩き込まれて1-0. 雑なプレーでRKCにさらに自信を与えたFeyenoordはさらにJørgensenが股関節を痛めてContehと交代しようとする直前にKökçüのパスからJørgensenが決めて同点。その後もFeyenoordが試合をコントロールできずに一進一退の展開。RKCはinvaller Johnのシュートが2回Bijlowにセーブされたが、3回目が左隅に決まって2-1. 追い詰めらたFeyenoordだが好調 Hapsが美しいミドルシュートで同点として引き分け。

 

RKCは試合が進む毎に力強さを増して3試合連続負け無し。逆にFeyenoordは力強いスタートから徐々に落ち、EL遠征明けの疲労を強く感じさせる内容で2試合連続引き分け。

 

Fred Grim
「非常に正直になるなら、引き分けにちょっとガッカリしていると言わなければならない。82分にリードしていたらそれを守りきりたいともの。だが私のチームのプレーにとても満足しているという事実を消すものではない。我々は自分たちで失敗したような感じだ。攻撃の最後の段階でもう少しお互いに目を向けていたら、我々はもう1点取れただろう。しかし私のチームに活気、アグレッシブさ、闘争心が見えたし、それが我々の望むもの。私が自分のチームでやりたいvoetbalが戻って来た」


20:00 ADO Den Haag - AZ 2-2
33' Albert Gudmundsson 0-1 / 64' Milan van Ewijk 1-1 / 66' Jesper Karlsson 1-2 / 87' Michiel Kramer 2-2

 

ADOはBesuijenに代えてDavid Philippがrechtsbuitenでbasisdebuut. corona感染が15選手に増えたAZはSvenssonがschorsingでSugawaraが代役。Gudmundssonがspitsに。

 

Napoliで驚きの勝利を収めたAZが甲斐市分でStengsがネットを揺らすもbuitenspel. そのままAZが支配的なvoetbalで次々にチャンスを作ったがなかなか特典できず、30分過ぎにADOのクリアボールからやや後方でフリーになっていたGudmundssonが蹴り込んで先制。しかし後半はADOが大きく盛り返してチャスを作ると、hoekschopからBijenのヘディングはBizotがセーブ。しかし2回目のhoekschopでVan Ewijkが決めて同点に。だが直後にBijenの致命的ミスでKarlssonがあっさり勝ち越し、さらにGudmundssonに試合を決める大チャンスがあったが、至近距離から決められず。終盤不安になったAZが下がってしまうと、ADOはKarelis en Kramerをextra spitsenとして投入。AZもLeeuwinをextra verdedigerとして守り切ろうとしたが、Van EwijkのクロスをBizotの棒立ちの対応からtweede paalにいたKramerが決めて引き分け。

 

AZはDen Haagでもリードを守れず5試合5分けで20102011シーズン以来の5試合勝利無しスタート。

 

Arne Slot
「ほとんど馬鹿馬鹿しいとさえ思ってしまう。もしかしたら私はバラ色になりすぎているのかもしれないが、あれだけのチャンスを見れば… 笑ってしまうが、これはノーマルではない。言葉にするのがとても難しい。『選手たちはボールを出してからシュートすべき』と思う状況を見てきたが、『一度もうシュートしないか?』とも思ってしまった。時々間違った選択をしている。これがずっと続く事は無いと確信しているが、こういう挫折があっても、こういうvoetbalを続けられるかどうかにかかっている。こういうプレーを続ければチャンスは生まれ続ける」

 

Calvin Stengs
「5分けの理由が分かっていたら僕はそれを言っていただろう。でももう一度自分たちをとてもしっかり見ないといけない。前半はとてもいいプレーだったけれどチャンスを逃した… sorry, それは本当に説明できない。今日も僕らは点差を広げなければいけなかったのに、それをしなかった。どうしてこうなるか… 僕らはたるんだ束のようなもの。フィニッシュで冷酷さがない。こういう経験は無いよ。木曜に勝ったのは良かったし、これで終わったと思った。最後の失点は何が起きたのか分からない…ボールにプレッシャーをかけず、全員が立って見ていた。そしてボールが入った」

 

Teun Koopmeiners
「僕に説明できるか?僕らは自分たちのチャンスにスキャンダラスに対応している、本当にスキャンダラス。だからこうなる。自分たちがどう対応しているか本当に鏡を見なければいけない。成熟度野店から見れば僕らのしている選択は… 意図的にしているわけではないが、ボーるを蹴り方のプロフェッショナルな意識を成熟度の問題。オープンゴールを逃し、全く必要のない奇妙なアクションを起こす。これはあり得ない。決り文句だkれd,自分たちが決めなければ反対側に決まる。ずっと同じ曲の繰り返しだ」

 

Stand (voorlopig)
1 Ajax 6 (5 0 1) 24-3 +21 15pt
2 Vitesse 6 (5 0 1) 11-3 +8 15pt
3 PSV 6 (4 1 1) 12-5 +7 13pt
4 SC Heerenveen 6 (4 1 1) 12-7 +5 13pt
5 Feyenoord 6 (3 3 0) 14-7 +7 12pt
6 FC Twente 6 (3 2 1) 11-5 +6 11pt
7 FC Groningen 6 (3 1 2) 7-7 0 10pt
8 FC Utrecht 5 (2 3 0) 7-4 +3 9pt
9 PEC Zwolle 6 (1 3 2) 6-7 -1 6pt
10 AZ 5 (0 5 0) 12-12 0 5pt
11 Willem II 6 (1 2 3) 6-10 -4 5pt
12 RKC Waalwijk 6 (1 2 3) 5-10 -5 5pt
13 Heracles Almelo 6 (1 2 3) 4-10 -6 5pt
14 VVV-Venlo 6 (1 2 3) 9-22 -13 5pt
15 ADO Den Haag 6 (1 1 4) 6-12 -6 4pt
16 FC Emmen 6 (0 3 3) 8-15 -7 3pt
17 Sparta Rotterdam 6 (0 3 3) 6-13 -7 3pt
18 Fortuna Sittard 6 (0 2 4) 7-15 -8 2pt


Topscorers
1. Steven Berghuis (Feyenoord) 6 (3)
2. Danilo (FC Twente) 5 (1)
Georgios Giakoumakis (VVV-Venlo) 5 (2)
Lassina Traoré (Ajax) 5 (0)
Henk Veerman (sc Heerenveen) 5 (0)
6. Antony (Ajax) 4 (0)
Dušan Tadić (Ajax) 4 (1)


Assists
1. Steven Berghuis (Feyenoord) 3
Vaclav Černý (FC Twente) 3
Danilo (FC Twente) 3
Dani de Wit (AZ) 3
Mohammed Kudus (Ajax) 3
Philipp Max (PSV) 3
Lassina Traoré (Ajax) 3
Bart van Hintum (FC Groningen) 3