Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

スリリングなEKスタートでWeghorstがOranjeを救う (EK: Polen戦)

Wout Weghorst! Oranjelegioenの誰もが認めるheldが再びNederlands elftalの救世主となった。echte spitsentrefferでこの情熱的なinvallerは日曜のHamburgでOranjeに望んでいたとおりのEK-startを切らせた。NederlandはPolenを2-1で破り、EURO 2024で重要な最初の3ptを獲得した。

 

このOranjeがEKでどんな役割を担えるかを事前に予測するのは困難だった。Ronald Koemanのformatieは間違い無くtopfavorietenの1つとしてDuitslandに行ったわけでは無い。むしろ危険なoutsiderとしてだ。実際 かなり伸び伸びとした心持ちでであり、それは良い事でもある。voorbereidingswekenが進むに連れ
Canada en IJsland相手の良い練習結果によってOranjegevoelはどんどん明るいものにもなった。

 

新たなEK-avontuur
domperはFrenkie de Jong, Teun Koopmeiners en Marten de Roonの3 middenveldersの脱落だった。その前にはMats Wieffer, Quilindschy Hartman, Noa Lang en de gebroeders Timberも起用できない事が判明していた。EK-startの前日にはBrian Brobbeyがハムストリングの痛みで一時離脱。それもOranjeが15.00 uurちょうどにVolksparkstadionで新たなEK-avontuurのaftrapに立った時にはもう重要では無かった。

 

インスピレーションのあるelftalなのは最初の数分間で明らかに。Cody Gakpo, Tijjani Reijnders en Xavi Simonsのチャンスでploegは最初の15分間から得点に近づいていた。攻撃的なOranjeは明らかに楽しんでいたが、Polenが16分目に左サイドでconerを得た時にzone-opstellingを整えられなかった。Piotr ZielinskiがDenzel Dumfries en Virgil van Dijkの隙間に正確にボールを入れ、Adam Buksaが至近距離からヘディングを決めて0-1.

 

次々にチャンス
Volksparkstadionに集まった数万人のoranjefansっを一瞬沈黙させる大きなdomper. フィールド上の11人も一瞬動揺した。しかし21歳でeindtoernooiでの史上最年少 Nederlandse keeperとなったBart VerbruggenがSliszのシュートを掴むと、Oranjetreinが再び走り始める。Van Dijkがconerからスリッパで叩き、Depayの激しいシュートはバーの上に。29分目にGakpoがもっと上手くやり、18mからのシュートを決めて1-1. 両ゴールに絡んだNathan Akéの力強いインターセプトからGakpoがボールを引き継ぐ。彼は中に切り込み、そのシュートはSalamonのschoenを経てkeeper Szczesnyの背後に落ちた。

 

この経験豊富なPoolse keeperもNederlandのチャンスの洪水に初めて答えを出すことができず。同点ゴールの後もOranjeは再びGakpo (over) en Depay (naast)から2つのチャンスを続けた。リズムにとってはrustsignaalがなったのは残念と言っても良いほどだった。Nederlandがもたらしたエネルギーは多くの機会を生み出していた。そこで僅か1得点しか生まれなかったのは、低調と言って良い。bordは依然 1-1だったのだから。

 

Gripsを失う
HT明け直後はまだ良く見えた。54分に電光石火の攻撃のeindstationとしてSimonsが良い機会を台無しに。その後は劣勢が始まり、Nederlandは徐々にだが間違い無く試合のgripを失っていった。Koemanは2つの交代で介入: Simons en Veermanに替えてDonyell Malen en Georginio Wijnaldum. 彼らもPolenがますます脅威を作り、Oranjeが押し下げられるというspelbeeldにほとんど影響を与えなかった。それでもまだチャンスが訪れる。73分目にconerからDumfries en Stefan de Vrijのゴール前フリーでのヘディングがバーの上に。

 

81分目にKoemanは2つのフレッシュな戦力を投入: Gakpo en Depayに替えてJeremie Frimpong en Wout Weghorst. legioenは前のめりになった。Weghorst in Oranje, それは常にスペクタクルを約束する。Borne出身の男は期待を裏切らなかった。Akéの良い上がりとWijnaldumの陽動の後、Weghorstはまさにいるべき場所にいた。直接のverdediger Salamonの前に。それによって彼は1つだけの動きでボールを直接ゴールに蹴り込んで2-1. 

 

全収穫
Wega爆発した。Oranjeが爆発した。Volksparkstadionのlegioenは遂に正気を失った。大きな誇りと名誉で自分の国を代表するこの男が、再び自身の漫画に素晴らしい1ページを書き込んだ。12回目のinterlandtrefferを決めた34歳のinternationalにとって素晴らしい事。しかし何よりもこのNederlands elftalの野望にとって非常に嬉しい事だ。eindtoernooiで最も重要なのは最初の試合で結果を得ること。少なくとも引き分け、できれば全収穫。NederlandがHamburgでそれを得られたのは、終盤にまだ2つの決定的セーブをしたkeeper Verbruggenのおかげでもある。

 

一息入れ、それからEURO 2024に金曜日に続く。そこでOranjeはLeipzigでFrankrijkと対戦する。Aftrap 21.00 uur. 3pt獲得できれば素晴らしい見通しになる。

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal-mannen/81485/weghorst-loodst-oranje-langs-polen-enerverende-ek-start

 

EK 2024 Eindronde, groep D
Zondag 16 juni 2024 / Volkspark Stadion, Hamburg
Polen - Nederland 1-2
16' Adam Buksa 1-0 / 29' Cody Gakpo 1-1 / 83' Wout Weghorst 1-2

 

Scheidsrechter: Artur Soares Dias (Portugal)
Gele kaart: Veerman (Ned)


https://www.onsoranje.nl/teams/185184/programma/wedstrijd/334276

 

Opstelling Polen: Szczęsny - Bednarek, Salamon (87' Bereszyński), Kiwior; Frankowski, Zalewski (77' Piotrowski), Romanczuk (55' Slisz), Zielinski; Urbanski (55' Świderski), S. Szymański (46' Moder); Buksa.
Wissels: Bereszyński, Bułka, Dawidowicz, Grosicki, Lewandowski, Moder, Piotrowski, Piątek, Puchacz, Skorupski, Skóraś, Slisz, D. Szymański, Walukiewicz, Świderski.

 

Opstelling Nederland: Verbruggen; Dumfries, De Vrij, Van Dijk, Aké (87' Van de Ven); Reijnders, Schouten, Veerman
 (62' Wijnaldum); Simons (62' Malen), Depay (81' Weghorst), Gakpo (81' Frimpong).
Wissels: Bijlow, Flekken, Geertruida,  Frimpong, De Ligt, Van de Ven, Maatsen,  Blind, Gravenberch, Wijnaldum, Malen, Weghorst, Zirkzee, Bergwijn.

 

https://www.onsoranje.nl/teams/185184/programma/wedstrijd/334276

 

Ronald Koeman
「大部分は良かった。1時間かなり巻くやった。多くのチャンスを作れた。だがstandaardsituatieで守備が悪い1シーンのせいでビハインドを背負ってしまう。そこは本当に良くしないといけない

「HTにすでに3-1か4-1にしないといけなかったが、それをしなければ難しくなるのが分かる。我々にどれだけ多くのチャンスがあったのか分からない。Duitslandは2チャンスを得て2ゴール。我々は5つ作って1つだけしか決めない。チャンスを得るのは1で、チャンスを決めるのは2だ・・・」
「良いシーンは十分あったが、改善すべきシーンも十分あった。例えばスペースの活用。彼らの左サイドにとても多くのチャンスがあったが、我々はそれを最大限活用しなかった。我々がボールを出していたら、Tijjani Reijndersは2回1対1になれていた」
「Woutはまだ決める妥当感じていたよ。Woutが入ると、身長があってクロスで危険な者がいるのが分かる。Woutを投入するのはいつも考えている。彼は重要な存在となり、勝利を決めるゴールを決めてきた過去もあるからだ。Wout en Memphisで一緒にプレーする事もできる。彼は違うタイプであり、アグレッシヴでフィジカルが強い」
「Cody Gakpoは本当に素晴らしいプレーをしていたと思ったが、それでもスピードとdiepgangのあるフレッシュなspelersを入れたい。それがJeremie en Donyellで上手く行った。激しい戦いだったが、相応しいと言う以上の結果」
「Nathan の交代は必要にかられたものではない。だが我々は彼を最初から時々休ませようと試みてきた。trainingenでもだ。彼が担った役割は再びとても重要だった。Manchester Cityでの彼はボールを持った時にとても重要でアリ、我々のもとでもその役割を担っている。achterinはとても良く機能していたし、彼はその一部」

 

Wout Weghorst
「言葉にできない。特にああいうeindtoernooiのあとで、これはとてもスペシャル。準備は先週からできていた。何が自分の役割からは明確に言われていた。チームのために最大限それをやれるようにしないといけな。個人的には夢のシナリオ」
「あのボールが来るのが見え、その瞬間を感じる。時に流れの中でそれを感じる事がある。あとから戯言を言うのは簡単だけど、今朝彼女に『同点で残り20分に・・・』と言っていたんだ。もう少し後だったけど、それを感じ、目に見える形にした。僕らみんなにとってとても素晴らしい事だし、僕がそれをできたというのは最高だ」
特に前半僕らはとても上手くやった。チャンスを決めないといけないし、決めていればもっと簡単な試合になっていた。でもこういうのもとても素晴らしい」

 

Virgil van Dijk
「僕らは前回の2試合でbankから来た選手たちが違いを作れるのを見せていた。それが僕らには必要だし、彼らはまたそれをやってくれた。Woutは多くのクオリティがあるspeler. このgroepにおいてとても重要な鎖だ。彼は今日もまたそれを見せた。それが僕らには必要」
「standaardsituatieから失点したのは残念、それについてまだ話し合わないといけない。彼はあまりに簡単にフリーになった。もっとブロックされないといけない。そこはもっと良くしないといけないけれど、全てはあっという間に起きる。だから後から判断するのはとても簡単」

 

Bart Verbruggen
「僕らはかなrのチャンスを作ったと思う。2回得点したので2つのチャンスを決めたということになるけれど、もっと速く点差を付けられたかもしれない。持っていくとても多くのポジティヴなものがあるし、僕らはたくさんscoringspositieに杯k吏、支配的な時間帯もあった」
「僕らはkleedkamerでWoutに拍手を送ったよ。彼はスーパーに重要だった。bankの選手たちが違いを作れるというのはチームとしてとても良い強みだと思う。Woutがいてくれてとても嬉しい、僕らにとって」

 

Joey Veerman
「時々こういう試合はあると思う。ライン間でボールが引っかかり続ける。もちろんフィールドもかなりかわいていたけれど、僕自身良い前半では無かった。何が問題だったのか分からない。パスが雑だった。緊張やプレッシャー?分からない。普段はそれは気にならない。でも前半の僕はノーマルなら達するレベルに届いていなかった・最終ラインの向こうに出したいボールも、ちょっと届かない。僕としては良く無かった」

 

続きを読む

Koeman, EK Polen戦前日会見

Hamburgのフィールドの状態の悪さについて
Van Dijk:「とても悪いというほどかどうかはまだ分からないが、ちょっとFrankfurtのフィールドに似てすぐに緩む。両チームがそれに対処しないといけない」
Koeman:「我々は最後のtrainingをWolfsburgで行う事を選択した。stadionでtrainingしなくても試合に向けて多くの事がやれるというのが私の意見だが、少なくともフィールドが理由でここではtrainingできない。Polenもここではtrainingをしていない。そういう事だ」

 

Frenkie de Jongの不在について
「彼がいないのは寂しいが、我々は先週決断をしたい、それについて話し続けるのは良い事ではない。我々はこのとても良いチームでやるしかない。toernooiが始めるのを楽しみにしている」

 

Brobbeyの怪我について
「それほど酷くはない。軽い捻挫。明日は起用できないが、2試合目にはできると予想している」

 

Lewandowskiの欠場でプランは変わるか?
「もしかしたら何か変わるかもしれない。Lewandowskiの事も彼の強みも我々は知っている。通常彼らは2 spitsenでプレーするので、他のspitsがスタートするだろう。彼らのaanvallersは全員知っているし、彼らが何をもたらすかも分かっている」

 

interlands経験の少ないmiddenveldについて
「このmiddenveldersを起用する時、私はそれを信頼している。彼らでEKを勝つこともできる。toernooi en interlandsをプレーする事で経験は積める。私は彼らを信頼しているので彼らを起用する」

 

Xavi Simonsについて
「現時点でNederlandのgrootste talentenの1人。早い年齢からすでに多くの試合でbasisspelerだった。若いspelerの成長にはups en downsがあるもの、特にnationaal teamでは。彼が良いtoernooiをプレーするだろうと我々は自信を持っている。彼にはcreativiteitとスピードがある。彼は勇敢にアクションを起こす。しかし成長と経験という言葉で私が言いたいのは、彼がいつそれが可能でいつ可能では無いかと分かっているという事でもある」

 

Koeman自身にとってHamburgへの帰還
「もちろんここがHamburgなのは分かっているが、私が思い出すのはsintelbaan. 1988年のVolksparkstadionはsintelbaaで、プレーするのに最も美しいstadionでも最も楽しいstadionでも無かった」

 

EK-favorietenはどこ?
「多くの強い国があり、我々もその1つ。1つだけのgrote favorietは無い。おそらくFrankrijkがその他より少し多いかもしれない。彼らには多くの経験があり、grote toernooienを勝った事がある。しかし様々な国々の間でのオープンな争いになるだろう。Nederlandもその中の1つ」

 

aanvoerderだけがscheidsrechterと話せるルールについて
Van Dijk:「僕にとってはそれほど大きな変化は無い。僕はいつもscheidsrechterと話をしている。medespelersがそれをしないように気をつけてあげないといけない。僕らはそれについて長いmeetingをしたし、全員に伝わっていると思う。slimに対処する事が重要」

才能あるAleks Zekovićを獲得

Aleks ZekovićがFeyenoordで契約を結んだ。17歳のmiddenvelderはFranse Angers SCOからフリー移籍で加入し、De Kuipで2026年半ばまでの、さらに1年のオプションが付いた契約にサインした。

 

生まれはFransmanでMontenegrijnse nationaliteitも持つ彼はFeyenoordでvoetbalcarrièreを続けられることを喜んでいる。「ここにいられて良い気分。ここで利用できる設備に感銘を受けた。今後の数シーズンでさらに成長できることを楽しみにしている」

 

ZekovićはFrankrijk西部のSO Choletでvoetballoopbaanをスタートさせた。2022年夏にAngers SCOへ移り、そこでは主にOnder 19-teamでプレーしていた。昨冬にZekovićはFranse Ligue 2のこのclubのbeloftenteamへ上がり、そこでも好印象を残した。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-legt-talentvolle-aleks-zekovic-vast-140624

Gimenez「あれは神からの大いなるレッスンだった」

Santiago Gimenezが2023-2024シーズンの最後のFeyenoord Magazineで表紙を飾った。このMexicaanse spitsは広範囲にわたるインタビューの中で、Feyenoordと共にTOTO KNVB Bekerを勝ち獲り、ploegが再びChampions Leagueの出場権を獲得したこの1年を振り返った。

 

「bekerwinstは間違い無く僕のキャリアにおける最高点」とGimenezは語る。「僕の家族があの場にいたのは殊更にスペシャルだった。彼らは昨年のkampioensduelも含めて、重要な試合は毎回来てくれる」

 

終わり良ければ全て良し?
「正直に言って、Feyenoordは良いシーズンを過ごしたと思う。僕自身もね、昨シーズンより多く得点して多くアシストしたのだから。kampioenになるには少しだけ足りなかったかもしれないけれど、それはPSVのパフォーマンスのせいでもある。彼らは本当にとても良いシーズンを過ごした。でも僕らもprimaにやった。僕らはcompetitieの2位としてとても多いpuntenを得た。そして再びChampions Leagueの出場権を獲得してbekerを勝ち獲った、それを忘れてはいけない。全てのvoetballerがfinalesでプレーする事を夢見るもの、N.E.C.相手のfinaleもそうだし、夢が叶ってとても嬉しい」

 

君のもう一つの夢はChampions Leagueでデビューする事だった。De Kuipで3-1で勝ったLazio相手のデビューについて最も記憶に残っていることは?
「もちろん自分の2得点についても考えるけれど、何よりも僕らがチームとして果たした勝利について考える。あの舞台でプレーするのはまさに子供の頃から抱いていた夢であり、それが現実になった。忘れられない経験だった。stadionの雰囲気、恋人がその場にいて・・・ 僕はwedstrijdbalを家に持ち帰ったんだ。hattrickはしなかったからチームメイトにボールにサインを入れて貰う事はしなかったけれど、それで素晴らしさが損なわれるわけでは無い」

 

君のシーズン前半の良いパフォーマンスは母国でも注目を集めた。Mexicoの絶対的なgrootheid Hugo SánchezがESPNを代表して君にインタビューするために訪れた。
「あれは凄かった。僕は子供の頃、そしてvoetballerになってからも、ずっと彼を尊敬していた。僕らMexicanenにとって彼はde beste voetballer aller tijden. 彼は300回以上得点し、Real Madridで5回topscorerになった。それは歴史的なことだから、そういう人が僕のためにNederlandに来てくれたのは特別な事」

 

シーズン後半はwinterstop前よりも得点が減ったけれど、君はvormdipとは言おうとしなかった。
「ああ、僕は良いフィーリングを持っていたし、ハードワークをし続けた。だからフォームを失ってはなかったと思う。正直に言わないといけないなら、それは11月のRKC Waalwijk相手に失敗したstrafschopだ。ああいう方法 (panenkaでバーの上に) でpenaltyを蹴ったのは、自分のフィーリングにとって決して良く無いミスだった。僕は過去を忘れて常に前を向ける人間だから、それが影響する事はほとんど無いと思っていた。でもあのしっぱしいたstrafschopは僕に予想以上の影響を与え、その後の試合は普段以上のプレッシャーを感じた。ああいう方法でstrafschopを蹴ったのはとにかく良く無かった。僕の目標はpenaltynemersのリストで一番上に立つことだった。ようやくそこに経った時、とても愚かな方法でstrafschopを蹴ってしまうのはどうしようも無い、父から叱られたし、もちろんとても多くの人から同じような言葉を貰ったけれど、最も重要なのは自分自身があれは間違いだったと認識できている事。あれは自信に影響したけれど、でもミスを犯すのはノーマルな事じゃないだろうか?僕はこのミスを認め、これは神からの大いなるレッスンだったと見なしている。神は僕に、自分がvoetbalに真剣に取り組むべきであり、自分がこういう事をする人間では無いんだと教えてくれた。それが最も重要なことだと思う」


https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/santiago-gimenez-in-nieuwe-feyenoord-magazine-140624

Chris-Kévin Nadjeを獲得

FeyenoordはChris-Kévin Nadjeと契約した。FC Versaillesから来た22歳の多才なmiddenvelderはDe Kuipで2028年半ばまでの契約にサインした。

 

「Feyenoordのようなgrote clubが僕のために名乗り出てくれたのは夢のようだ」とNadje. 「もちろん大きなステップだけど、Rotterdamでvoetballerとしてさらに成長する準備はできている。自分がするべき最も重要なことは、ハードワークしてできるだけ早く要求されるレ得るに達すること。ここで自分を見せるのが待ちきれない」

 

Frankrijk生まれながら今年の春にIvoriaanse beloftenelftalでデビューしたNadjeはParijs郊外のASF Le Perreux en US Créteil-Lusitanoでvoetbalcarrièreをスタートさせた。その後 彼は有名なvoetbalacademie INF Clairefontaineに拾われ、2016年にRC Lensのjeugdopleidingに移籍。Entente Feignies Aulnoye FC en Stade Lavalloisを経て昨夏にFC Versaillesに移籍し、昨シーズンはそこ7得点2アシストを記録した。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-contracteert-chris-kevin-nadje-140624

Ronald Koeman, EK前会見

Frenkie de Jong en Teun Koopmeinersの脱落について
「IJsland戦後の感情はもう過去の事。もう時機が過ぎた質問に答える意味はほとんど無い。もちろんspelersとは話をしたが、ここに来てからはもうしていない」

 

Lewandowskiが欠場の可能性について
「それが我々のプランに関係するかどうか?分からない。全ての報道が真実かどうかも分からない。彼がプレーするかどうかは日曜日に見てみよう」

 

2 oefenduelsを振り返って
「oefenduelsではとても多くの良いシーンが見れた。trainingenで取り組んでいた事もあるので、私にとって多くの洞察を得られた。確かに怪我人が多いのは残念。しかしフィールド上で以前よりも良いものが見えている、それは事実だ」

 

26人目のspelerを招集しない理由
「Ian Maatsenはvoorselectieに入っていた。彼は多機能。1週間だけ活動外だったspelerでもある、と言わせてもらおう。他の者たちはすでに3週間経って、彼らがどこにいるのか私は知らない・・・ この25人の範囲内で我々はどの方向にも行ける。我々は3 middenveldersでプレーし、5人いる。そしてそれ以外にも後ろに下がったり後ろから前に移動できる者がいる」
「groepsdynamiekをあまり変えたくなかったという事もあるのは事実。しかしspelersnフィットネスの問題でもある」

 

basisteamについて
「ああ、もうできた。初日から見ていた全てを携え、最終的に1つのelftalを作る、それは私の頭の中にある」

 

poulewedstrijdenの合間にwisselsによるoefenwedstrijdenを行うプラン
「我々はこのtoernooiに向けてそれを検討していた。Zeiostでも1試合組織したいと思っていたが、タイミングで上手く行かず、ここでもできなかった。だが我々はプレーしないか、あまりプレーしないspelersをできるだけフィットさせるにはどうすればいいかを検討している。それに日曜にスタートする11人で我々が最後まで行くとも思わない。このploegにはとても多くの競争があり、我々は様々な方向に進むことができる」

 

De Jongの代わりのderde aanvoerderについて
「ノーマルなら4人目が3人目になる、だから最もinterlandsを経験しているspeler. それはDaley Blindだ、彼がプレーする時はね」

 

Poolse mediaからLewandowskiについて質問
「彼が本当に怪我をしているのか教えてくれないかw 私は常に疑問を持っている。彼がプレーしないことでspelersにとって楽になるとは私は思わない。もちろんこれはfantastische spitsについての話だ、彼はすでに150 interlandsに出ていると思う。それは彼がPolenにとってどれだけ重要かを示している」

 

Polenの最近のoefenoverwinningenについて
「勝つことは常に重要、たとえvriendschappelijk duelでも。鍾離はチームにさらなる自信を与える。我々は強いPools teamを予想している。我々は日曜の試合に向けてさらに準備しないといけない

 

この数週間のJoey Veermanの成長について
「ボールを持った時については疑問を抱いたことは一度も無かった、そこで彼は素晴らしいクオリティを持っており、前回の試合でも再びそれを見せた。だが我々がボールを持っていな時も、彼はかなり改善したと思う。Veermanはいつでもbasisでスタートできる、そういうspelerだ。しかし私は全てのspelerにとって批判的であろうと強めている。なぜならいま私が話している点で、我々はJoeyにかなり忙しくしていたからだ」

 

FC Barcelonaへの批判について
「私は常にリスク要因をかなりしっかりと見積もることができていた。それはもちろんspelerにも関わる事であり、それはFrenkieとも話をした。私がそれについて言うのはこれが全部。私はこの件については君 (Valentijn Driessen) よりも多少多くの内部情報を持っていると思う。後悔はしていないが、もう終わった事でもある。それ以上は言わない。この件についてはFrenkieともとてもよく話し合ったからね、我々の中での事」

 

Brian Priskeが新hoofdtrainer に就任

Brian PriskeがFeyenoord 1の新hoofdtrainerとなる。FeyenoordがSparta Praagと彼の移籍について合意した後、このDeense trainerとstadionclubは7月1日付けの加入について合意に達した。

 

最後の書類手続きが今日完了。このoefenmeesterとFeyenoordは2027年半ばまでの3年契約で合意した。

 

「新trainer探しを我々は決して一夜で成功したわけでは無い」とDennis te Kloese, algemeen en technisch directeur van Feyenoord. 「それは数ヶ月にわたるプロセスであり、その中では私以外の多くの同僚が緊密に関与し、我々が求めるプロフィールに誰がもっと合うかを確認するために多くのtrainersが集中的に追跡された。我々はclubとして、これまで成し遂げてきた成長とこの数年で収めた成功をさらに積み上げていきたいと考えている」

 

「そのプロセスを経て、Brian Priskeが全ての関係者にとって論理的で、だからベストな選択だという事が判明した」とTe Kloese. 「すでに多くのclubsで彼はspelersをより良くし、De Kuipの人々が見たいと思う攻撃的なvoetbalを提唱し、それによって結果も得ていることを見せてキル。彼がNederlandse taalをしっかりと話せるのは素晴らしい追加特典」

 

過去2シーズンにPriskeはSparta Praagで目を引く成功を収めた。Praagでhoofdtrainerとしての1年目である2022-2023には、彼はkのclubを9年ぶりのlandskampioenschapに導いた。昨シーズンにはtitelを延長しただけでなく、このTsjechische recordkampioenはnationale bekerも勝ち獲った。

 

Sparta Praagでのtrainerschapの前にはPriskeはRoyal Antwerp en FC Midtjyllandでhoofdtrainerとして働いていた。Deense topclubでは彼は2019-2020シーズンにlandskampioenschapを勝ち獲っている。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/brian-priske-drie-jaar-naar-feyenoord-120624