Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Castoreと複数年partnershipを締結

Feyenoordはkledingmerk Castoreと複数年契約を結んだ。このpartnershipgは来夏から発効、つまりCastoreは2023-2024シーズンからRotterdamse voetbalclubのofficiële kledingsponsor en merchandisepartnerとなる。

 

「Castoreはsportkledingの世界で重要な新しいspelerとして地位を確立した」とFeyenoordのcommercieel directeur, Joris van Dijkhが誇らしげに語る。「我々は彼らの成長に非常に感銘を受けており、彼らのメンタリティと成長への野望を共有している」

 

「Feyenoordが生み出す宣伝効果と数百万の忠実なsupportersの関与のおかげで、clubはpartnersのブランド認知度にポジティヴな影響を与えてきた。この新しいpartnershipにより、CastoreとFeyenoordの両方にとって国内及び国際的な認知度が高まると我々は確信している」

 

Rotterdamに対するインパルス
Feyenoord en Castoreの複数年の協力は、このkledingmerkがEuropese vastelandにおける本拠地としてRotterdamを指名する選択をしていることをベースにしている。Europaでの全ての流通活動はWaalhavenの真新しい20.000 m2の流通センターから組織され、これはRotterdamの経済と地元の雇用の両方にとって素晴らしいインパルスとなる。

 

Van Dijkによると、このRotterdamの流通センターはCastoreが構築する印象的な国際的生産及び流通ネットワークの重要な部分だ。「このネットワークのおかげで、Feyenoordの全ての商品を来シーズンから国内外のsupportersがさらに容易に入手できるようになる。この協力はユニークな製品がFeyenoord向けにデザインされる事も定められている。その分野で我々のsupportersの要望に応えられる事も我々は喜んでいる」

 

トップパフォーマンスはディテールに依存する
Feyenoordと同じようにCastoreも新しい契約にとても満足している。「今日 Feyenoordとの提携を発表できることを信じられないほど誇らしく思っている」とCastoreのdirecteur partnerships, Pascal Lafitteは語る。

 

「これほど素晴らしい歴史を持つclubと協力し、Nederlandse marktで初めて活動する事は我々にとって重要なステップ。我々の創設者は、我々の衣類が最高のレベルのtopsportersによって着用されることを目標としている」

 

「Feyenoordで我々はその点での適切な場所に来た。このclubは我々と同じように。トップパフォーマンスを提供するには適切な衣類どディテールに依存すると確信しているのだから。我々が彼らのスポーツ面の目標達成を手助けできると、Feyenoordが我々を信頼してくれるのはfantastisch」

 

初のNederlandse profclub
EngelandのManchesterに本拠地を置くCastoreとのpartnershipは、この元々Britse kledingmerkがNederlandse profvoetbalclubと締結した初めての契約となる。

 

Feyenoord以外にはPremier League-clubs Newcastle United en Aston VillaなどがCastoreと契約しており、Schotse Glasgow Rangers en Bundesligaclub Bayer 04 Leverkusenも同様。McLaren en Oracle Red Bull RacingのFormule 1-teamsもCastore-familieに所属している。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/Feyenoord-en-Castore-gaan-meerjarig-partnership-met-elkaar-aan-270123

第18節: PSVが残留争いチームに3敗目。Fortuna en FC Utrechtが年明け初勝利。Rode lantaarnは直接対決で敗れたFC Groningenへ

Speelronde 18


Dinsdag 24 januari
18:45 FC Emmen - PSV 1-0
24' Lucas Bernadou 1-0 
Rood: 43' Mauro Júnior
 
4試合未勝利のFC EmmenはVlak en Romenyに替えてBernadou en Rui Mendesがbasisに復帰。3pt差の3位 PSVはLuuk de Jongが頭部負傷で欠場し、Bakayokoがbasis入り。linksbackはMweneに替えてフィットしたMauro Júniorが長期の怪我から復帰後初のbasis入り。

 

出だし主導権を取るEmmenに対してPSVは数回カウンターを狙うもBakayokoの選択ミスでとVan der Hartのセーブで機会を活かせず。voetbalで優るEmmenは20分過ぎにObispoのロングボールへの対応ミスから最後はDiemersがシュートも相手に当たって僅かに枠外も、続くhoekschopからBernadouのミドルシュートで1-0. PSVは30分にSimonsが飛び出して100%チャンスもVan der Hartが好セーブ。その後 PSVが盛り返して優勢な時間帯もあったが、HT直前にPSVのボールロストからRui MendesへのMauro Júniorの非常に危険なタックルで直接rood. Mendesは起き上がれずRomenyと交代となり、PSVもBakayokoを下げてMaxを投入で4-4-1に。

 

後半10人で前にプレッシャーをかけるPSVに対し、EmmenはDirksenのクロスからゴール前フリーのRomenyが至近距離でヘディングと2点目の大チャンスがあったがBenítezが好セーブ。さらに絶好の位置からVeldmateのvrije trapがバー直撃。雑なEmmenに対して数回良いチャンスはあったがゴール前のシャープさを欠くPSVが時間が進むと共に明らかにフラストレーションを溜め始め、終盤 VeermanとデビューのFofanaらを投入も明らかにelftalが弱体化。5分間のblessuretijdにようやくPSVが猛攻を見せたが、ゴールを決めることはできずそのまま終了。

 

FC Emmenは5試合ぶりの勝利でFC Groningen, FC Volendamに暫定3pt差を付ける。PSVは10年ぶりのpromovendus相手の敗戦。今シーズン すでに5敗目でCambuur-uit en Groningen-uitに続いて残留争いチームに3敗。

 

Ruud van Nistelrooij
「痛い、それは明らか。前半 最初のチャンスを逃して自分たちに大きな恩恵を与えなかった。gripを得るのに苦労していたが、Emmenも多くのチャンスは作っていなかった。そこにrode kaartを貰えば難しい夜になるのは分かる。後半のspiritと闘争心を見れば、引き分けることもできたはず。しかしそれも起きず、そうなると全て無駄になる・・」
「Crisis? そう思う。我々が置かれている状況を現る言葉が私には他に見当たらない。どん底に辿り着いた時は立ち上がって一歩一歩上に進むしか無い。我々はやってきた事を続けていく。だが何か問題はある、そう結論を出さざるを得ない。PSVがこういう結果を出すなら上手く行っていないということ。topclubとして立ち上がり、リアクションしなければならない。我々が悪い状況にあるのは明らか。誰も満足はしていない。topclubとして窮地にあるのだからまた悪い週になるだろうし、その事を話し合い、次の試合に向けて背筋を伸ばさなければならない」

 

21:00 Sparta Rotterdam - RKC Waalwijk 0-0

 

5位 ajaxに2pt差に迫る好調 SpartaはDe Guzmanが怪我から戻ってbank入り。先週末試合が中止になったRKCはschorsing明けのBel Hassaniがbasisに戻り、ようやくフィットしたKramerもbank入り。

 

開始10分でSaitoが負傷しNamliと交代のアクシデントもSpartaが優勢の前半。Mijnansの浮かせたパスでVan Crooijに大チャンスもAdewoyeがゴールライン手前でぎりぎりクリア。その後も圧倒的にボールを持つも、人数を掛けて守るRKCの守備をなかなか崩せず、Namliの2回のミドルシュートの僅かにバーの上とVaessenの好セーブ。

 

後半にはMijnansとの衝突でVan Crooijも負傷し、De Guzmanがカムバック。Seuntjensを数回走らせるだけだったRKCは直後にBel Hassaniが抜け出してネットを揺らすもbuitenspel. Spartaもvrije trapからAuassarがネットを揺らすもbuitenspel. 終盤 RKCが主導権を奪うと、BakariのパスからLutondaが決定的シュートもOlijがスーパーな反応で見事にセーブでそのまま引き分け。
 
Spartaは今シーズン rechterrijtje相手に勝利を重ねてきたが、RKC相手にはuitでの2-2に続いて引き分け。6試合無敗も暫定でajaxを上回る絶好の機会を逃す。


Woensdag 25 januari
18:45 Vitesse - FC Twente 2-2
34' Ricky van Wolfswinkel 0-1 (str.) / 44' Gabriel Vidović 1-1 / 52' Matus Bero 2-1 / 59' Václav Černý 2-2

 

PSVに敗れた14位 VitesseはScherpenがschorsingでReizigerがバーの下に立ち、Bialek, Kozlowski en Vidovicがbasisに復帰。FC Utrechtに快勝した4位 FC TwenteはBrenetに代わってSampstedを再び起用し、op 10は再びVlapを選択。

 

手堅く守るVitesseが20分でTronstadの負傷交代のアクシデントも徐々に主導権を取って前に出ると、hoekschopからManhoefのミドルシュートでチャンスもUnnerstallがセーブ。Twenteも25分にSmalのクロスがゴール前Vlapの足下に落ちて大チャンスもシュートはバーの上に外したが、再び主導権を奪い返すと30分過ぎにMisidjanのアクションからVlapのターンにWittekが軽く接触してのpenalty判定で0-1. しかしHT直前にVidovicがTwenteのゴール前でMisidjanに手を掛けてボールを奪うと、角度無い所からPröpperの足に当たったボールがUnnerstallの上を抜いて突然の1-1. 

 

後半出だしもTwenteが主導権を取っていたが、BialekがmiddenveldでKjølø相手にボールを収めて簡単に前を向くと、パスを受けたBeroが決めて2-1. さらにWittekがミドルシュートであわや3-1も僅かに枠を外すと、MisidjanのクロスからVlapのヘディングがポスト直撃の後にCernyがkorte hoekに蹴り込んで2-2. お互い交代策を行うと、Vitesseはinvaller Domgjoniが16m内で倒されるもNagtegaalがノーファール判定。Twenteもinvaller SteijnにシュートチャンスがあったがReizigerが好セーブ。終盤 集中力が途切れたTwente相手にVitesseが攻勢をかけたが、Bero en WittekのシュートはどちらもUnnerstallがセーブ。その後もオープンな展開からお互いチャンスを逃し、blessuretijdにblessuretijdにVan Wolfswinkelが角度の無いヘディングを決めたがbuitenspelで取り消されて引き分け。

 

Vitesseは16位 FC Groningenとの差を暫定4ptに広げて結果待ち。FC Twenteは9試合無敗(5勝4分け)で前回敗れたFeyenoordと次節 thuisで対戦。

 

Ron Jans 
「実際我々は2-3で勝っていたと思う。理解できない。あのシーンがこの試合にとって非常に決定的。我々は皆ラインを見て『このゴールをどうやったら拒否できる?』と思う。ハッキリと見えないなら、これもそうだと思うが、grensrechterの決定が多くの場合優先。彼は旗を挙げていない、それなのんびこのゴールが拒否される・・・」
「先日 Pavlidisがゴールを決めた時に私は『これはbuitenspelかも・・・』と思ったが認められ、『良く見えないなら得点を与えないといけない』と言われた。そうあるべきと私も主初、それが攻撃的なvoetbalに報いるもの。我々は実際2-3で勝っていたと思う」

 

18:45 Go Ahead Eagles - AZ 1-4
38' Vangelis Pavlidis 0-1 / 57' Djordje Mihailovic 0-2 / 78' Yukinari Sugawara 0-3 / 90+2' Willum Willumsson 1-3 (str.) / 90+5' Zico Buurmeester 1-4

 

11試合負け無しのGo Aheadに対してAZが出だしから優勢に立つと、De Langeの数回のセーブも前半終盤にSugawaraのクロスにPavlidisがeerste paalで見事に合わせて先制。後半も同じ展開が続いて再びSugawaraのクロスに負傷のDe Witの代わりのMihailovicが頭で飛び込んで0-2. その後AZが何度もチャンスを逃したが、終盤に2アシストのSugawaraが豪快なミドルシュートを決めて0-3で勝負あり。

 

AZは一旦 Feyenoordを1pt上回って少なくとも2時間はkoploperに。

 

20:00 Fortuna Sittard - sc Heerenveen 2-0
58' Úmaro Embaló 1-0 / 90+8' Burak Yılmaz 2-0 (str.)

 

sc Heerenveenはwarming-upでNoppertが負傷しMousがバーの下に。

 

Fortunaが主導権を取るもチャンスにはならず、逆にHeerenveenがカウンターからシュートまで行く展開。HT直前にFortunaのdebutant Bistrovicに大チャンスもMousのセーブ。後半もFortunaが主導権を取ると、Yilmazのクロスを受けたEmbalóが素晴らしいダイビングヘッドを決めて先制。さらにGuthが2-0の大チャンスを逃すと、Van Hooijdonkを投入したHeerenveenが数回チャンスを作るもPandurが立ちはだかり、blessuretijdに深くにYilmazが自ら得たpenaltyを決めて勝負あり。

 

Fortunaは年明け初勝利で16位 FC Groningenに暫定7pt差。

 

21:00 Feyenoord - NEC 2-0
9' Javairô Dilrosun 1-0 / 45+3' Orkun Kökçü 2-0 (str.) 
Rood: 45+3' Iván Márquez

 

De Klassiekerで失望の引き分けに終わったkoploper フェイエノールトはJahanbakhsh en Daniloに替えてDilrosun en Giménezを起用。schorsingのTannane抜きでFC Emmenに快勝したNECはVerdonkに替えてlinksbackにEl Karouaniを選択。

 

NECがシャープさを感じさせるスタートもすぐにFeyenoordが主導権を奪い取ると、右サイドでDilrosunがPedersenとの見事なコンビネーションでシュートを決めて先制。NECもEl Karouaniがオーバーラップからシュートまで行ったが、角度が無くBijlowがセーブ。攻勢を続けるFeyenoordはhoekschopからPaixãoがボレーで狙うもCillessenがセーブ。しかし雑なFeyenoordが徐々に攻めあぐねて拮抗した展開に近づき、前半半ばにHartmanのパスでGiménezがSandlerに競り勝って大チャンスもVan de Graafがファールの笛。そのまま前半を終えるかと思われたが、Giménezの力強いドリブルをMárquezが掴み倒してpenalty en geel判定に、VAR Kamphuisが介入して得点機会阻止によるrood&penalty. KökcüのstrafschopにCillessenが一歩も動けず2-0で折り返し。

 

後半は出だしからFeyenoordがテンポを上げて攻め立て、特に右のDilrosunから数回良いチャンス。しかしスコアは動かず勢いの収まったFeyenoordがボールを持ち続けたまま時間が経過。残り20分でinvaller Wålemarkが良いシュートもCillessenにセーブされ、最後は明らかにガスを抜いて終了。

 

FeyenoordはAZとの2pt差を保ってkoploperのままFC Twente-uit en PSV-thuisという重要な2試合に。NECは4敗目。

 

Rogier Meijer
「スキャンダラスなrode kaartだと思う。ほとんどファールじゃ無い!我々のrechtsbackがまだ隣を走っていて、彼もボールを取れた。これがrode kaartなら・・・ 本当院理解できない。もう一度見返しても、全く理解できない。何が起きても我々は100%控訴する。これは本当に決してrode kaartでは無いからだ」
「後半はダメージを抑えようとし、選手たちはそれをとても上手くやった、全くチャンスを与えなかったからね。だが試合は44分で台無しになった」
(Márquezのrode kaartは翌日 aanklagerが取り消し)

 

21:00 FC Utrecht - Excelsior 1-0
6' Anastasios Douvikas 1-0

 

Silberbauerのもとで年明け未勝利のUtrechtが出だしにカウンターからDouvikasのゴールで先制。その後 減速したUtrechtに対してExcelsiorはAzarkanからチャンスを作るも、Barkasが対応。後半はDouvikasがバーを叩いた以外お互いに見所無く静かに終了。

 

FC Utrechtは年明け初勝利でsc Heerenveenを2pt上回り、6位 Spartaと3pt差の7位に。

 

Donderdag 26 januari
18:45 FC Groningen - SC Cambuur 0-1
77' Daniël van Kaam 0-1 

 

3pt差の16位対18位。6試合勝利無しのFC Groningenはsc Heerenveenに敗戦も入れ替えなく5-3-2を継続。9試合勝利無しのSC Cambuurはこの数週間ミスの続いたVirgíniaを外してRuiterがバーの下に立ち、Tol en Paulissenがbasis入り。

 

出だしCambuurがプレッシャーをかけて主導権を取ったが、Groningenがそれをかわして良い攻撃から最初の大チャンスもValenteのシュートはサイドネット。その後はGroningenが多くボールを持つも低調なvoetbalで大チャンスを作れず、Cambuurも数回カウンターからミドルシュートが精一杯と何も起きない前半。

 

後半は出だしからお互いにプレッシャーをかけあい、緊張から酷いミスを連発するも、徐々にお互い大きなチャンスが生まれる展開に。CambuurはHoedemakersのomhaalばバーの上に、Paulissenのヘディングがhitせず。GroningenはMaattaのクロスにKrugerが走り込んで先制に最も近づいたがRuiterが好セーブ。60分過ぎにCambuurもinvaller Balkの良いドリブルからミドルシュートがVerripsにセーブされ、リバウンドにBanguraのボレーも枠外と大チャンスを決められず。終盤 Valenteの負傷交代でCambuurが優勢に立つと、BanguraのクロスからGroningenが中途半端にクリアしたボールをフリーのVan Kaamが蹴り込んで0-1. 残り数分でGroningen supportersが数人侵入で試合中断。約10分後に再開されるとGroningenが猛攻をかけてCambuurゴールに数回迫ったが、Pepiの至近距離からのヘディングがバーの上に外れてそのまま終了。

 

直接対決を制したSC Cambuurが12ptでFC Volendam en FC Groningenと並び、doelsaldoでFC Groningenがhekkensluiterに。FC Groningenは次節 FC Volendamと再び直接対決。

 

Dennis van der Ree
「負けたので非常にガッカリしているが、失望感にいつまでも囚われないことが重要。すぐに背筋を伸ばさないといけない。明日の朝にhがまたシャープにならないと。まだまだ多くの試合があるし、日曜はすぐに非常に重要な試合。ゴールまでの組み立ては良かったが、日曜はもっと大きなチャンスを作らないといけない」
「フィールドに入ることは許可されないが、失望は理解できる。こういうclubでは最下位は予想されていない」

 

21:00 ajax - FC Volendam 1-1
59' Damon Mirani 0-1 / 80' 1-1 

 

前半 Stankovicの好セーブなどで危ないシーンを凌ぎ、数回相手16m付近まで上がるもチャンスの無かったVolendam. 後半は完全に圧倒されてピンチが続いたが、vrije trapからゴール前で競り勝ったMiraniがヘディングを決めて最初のチャンスで見事に先制。残り時間も守備の時間が続いたが、終盤の1失点で凌いで引き分け。

 

FC VolendamはFC Groningen en SC Cambuurに1pt差を付けて16位に。

 

Stand (voorlopig)
1    Feyenoord    18    (12    5    1)    42-15    +27    41pt
2    AZ    18    (12    3    3)    35-19    +16    39pt
3    PSV    18    (11    2    5)    45-23    +22    35pt
4    FC Twente    18    (10    5    3)    30-11    +19    35pt
5    Ajax    18    (9    7    2)    47-20    +27    34pt
6    Sparta Rotterdam    18    (9    5    4)    29-16    +13    32pt
7    FC Utrecht    18    (8    5    5)    27-26    +1    29pt
8    SC Heerenveen    18    (7    6    5)    19-18    +1    27pt
9    NEC    18    (4    10    4)    23-20    +3    22pt
10    Go Ahead Eagles    17    (4    7    6)    26-30    -4    19pt
11    RKC Waalwijk    17    (4    7    6)    26-30    -4    19pt
12    Fortuna Sittard    18    (5    4    9)    23-32    -9    19pt
13    Excelsior    18    (6    1    11)    19-39    -20    19pt
14    Vitesse    18    (3    7    8)    20-34    -14    16pt
15    FC Emmen    18    (3    6    9)    15-32    -17    15pt
16    FC Volendam    18    (3    4    11)    19-43    -24    13pt
17    SC Cambuur    18    (3    3    12)    10-28    -18    12pt
18    FC Groningen    18    (3    3    12)    18-37    -19    12pt

 

Topscorers
1.    Cody Gakpo    (PSV)    9 (2)
Xavi Simons    (PSV)    9 (0)
3.    Steven Bergwijn    (Ajax)    8 (0)
Brian Brobbey    (Ajax)    8 (0)
Danilo    (Feyenoord)    8 (1)
Orkun Kökçü    (Feyenoord)    8 (2)
7.    Anastasios Douvikas    (FC Utrecht)    7 (1)
Vito van Crooij    (Sparta Rotterdam)    7 (3)
Ricky van Wolfswinkel    (FC Twente)    7 (3)
Burak Yılmaz    (Fortuna Sittard)    7 (5)

 

Assists
1.    Cody Gakpo    (PSV)    12
2.    Dušan Tadić    (Ajax)    10
3.    Oussama Tannane    (NEC)    7
4.    Carel Eiting    (FC Volendam)    6
Yukinari Sugawara    (AZ)    6
6.    Julian Baas    (Excelsior)    5
Sven Mijnans    (Sparta Rotterdam)    5
Gijs Smal    (FC Twente)    5
Vito van Crooij    (Sparta Rotterdam)    5
Maximilian Wittek    (Vitesse)    5

前半だけでN.E.C.に勝利 (第18節: NEC-thuis)

Feyenoordは水曜日にEredivisieで良い結果を収めた。氷点下のDe Kuipでtrainer Arne Slotのチームは何の問題も無くN.E.C.を追い払い (2-0)、2つの競争相手 (前日にPSVが敗戦、当日早い時間にFC Twenteが引き分け)に差を付けた。competitieduelはJavairo Dilrosunの早々のゴールとHT直前のOrkun Kökcüのstrafschop成功で前半で既に決着。Neraysho KasanwirjoがinvallerとしてFeyenoordでの公式デビューを果たし、Igor Paixãoは前半ですでに交代していた。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/matchcenter-nec-250123

 

Woensdag 25 januari
Feyenoord - NEC 2-0
scoreverloop:
9' Javairô Dilrosun 1-0
45+3' Orkun Kökçü 2-0 (str.) 

 

Scheidsrechter: Edwin van de Graaf
Rode kaart: 45+3' Iván Márquez
Gele kaarten: Wieffer (Feyenoord), Proper, Baldursson (NEC)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Bijlow; Pedersen, Geertruida (70' Kassanwijro), Hancko, Hartman; Wieffer (60' Timber), Szymanski, Kökcü ; Dilrosun (70' Wålemark), Danilo (70'Danilo), Paixao (38' Idrissi).
NEC: Cillessen; Van Rooij, Márquez, Sandler (54' Verdonk), El Karouani; Schöne (70' Baldursson), Proper, Duelund; Tavsan (76' Marques), Dimata (54' Sanniez), Cissoko (46' Kramer).

 

Wissels:
Feyenoord: Marciano, Wellenreuther, Kasanwirjo, Rasmussen, Lopez, Timber, Bullaude, Taabouni, Walemark, Idrissi, Jahanbakhsh, Danilo.
NEC: Branderhorst, Janse, Bronkhorst, Kramer, Baldursson, Marques, Verdonk, Lartey Sanniez en Musaba.
https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-nec-2022-2023

 

Arne Slot
「結果の面では順調だが、パフォーマンスという面では違う。パフォーマンスは日曜よりずっと良くなかった。ajax戦では彼らのmiddenveldersは前半我々のhelftで6回しかボールコンタクトが無く、試合全体で我々の16mで1回だけ。残炎ながらそれがゴールに繋がったが、今日は我々のプレッシャーが大きく落ちた。これは私が見た中で11対10のあり得る最悪のパフォーマンス。だがまぁ、我々は3ptを取り、また0に抑えた」
「我々はあまりチャンスを与えなかったが、日曜のエネルギーレベルには遠く及ばなかった。だがそれを期待もできないかもしれない」
「1-0はパーフェクト・ゴール。Dilrosunによって決まったのも素晴らしい。彼で1対1を支配する必要があると考えたので我々は彼を起用した。それが1-0出素晴らしく上手く行った。そして彼自身がシュートしたのはデザート」
「我々は本当にもっとたくさんチャンスを作らないといけない。日曜はpressingでかなり支配的だったが、Groningenでしたようにvoetbalでもそれをしないといけない。大きな試合でも多くのチャンスを作ることができないといけない」
https://1908.nl/artikelen/slot-slechtste-uitvoering-ooit-van-11-tegen-10

 

Orkun Kökcü
「今日の僕らは日曜を見据えてノーマルに試合を終えた。特にrode kaartの後は穏やかに終えないといけなかった」
「前半は上手く行かなかったのでイライラしていたと言わないといけない。実際僕らはマシな夜を過ごした。結果は何の問題も無いけれど、前半は自分自身に満足していなかった。自分でそれに気づいていたし、すぐ切り替えて気を散らさないというのが僕の改善点。」
「チームとして僕らは支配していたし、彼らがrode kaartを貰ったのも助けになった。自分自身ハンドブレーキを踏んでプレーしていたシーンが数回あった。昨年僕はそういうシーンのせいでDe Klassiekerを逃したけれどこ今回はTwente戦に全力で向かう事ができる」
https://www.fr12.nl/nieuws/kokcu-geirriteerd-ik-heb-betere-avonden-gehad

 

Quilindschy Hartman
「メディアの記事は自分ではあまり読んでないけれど、みんなが転送してそれについて話すのはちょっと避けられない。ポジティヴな声がたくさんあった。何が転送された。いろいろね。僕がアグレッシヴで良いプレーをしたということ。Wesley Sneijderが言ったことは彼女から転送してもらった。ああいう偉大なspelerがああいう事を言ってくれるのは嬉しい。僕にとってはこのまま続けるための褒め言葉。Nederlands elftal? それは夢だけど、まだ全く考えてないよ」
「考えてるのはvoetbalのことだけ。jeugdでの昨年と何も代わらないけど、今は周りに人が増えた。それが実際唯一の違い。voetbalをするのはとても楽しい。特にDe Kuipでプレーするのは楽しい。僕らは上手くやっている」
「Kuipvreesについては聞いたことがあるけれど、全く気にしていない。jeugdから上がってくれば、他のみんなよりextraなサポートを感じるかもしれない。jeugdからブレイクすれば、supportersは喜んでくれるからね。そのエネルギーを僕も感じている。人々を見れば、jeugdから出た若者がDe Kuipでプレーしているのを誇りに思い、喜んでいるのが見える。だから僕にはKuipvreesは通用しない」
https://www.fr12.nl/nieuws/hartman-geniet-en-blijft-nuchter-gewoon-bezig-met-voetbal

 

続きを読む

多機能verdediger Kasanwirjoを獲得

Neraysho Kasanwirjoは月曜日から正式にFeyenoorderだ。clubはこの20歳のvoetballerをFC Groningenから獲得した。家族の立ち会いの下、彼はDe Kuipで2027年までの契約にサインした。

 

「Feyenoorderを名乗れるようになったのはとても嬉しいし誇りに思う」とKassanwijroはサイン後に語った。「Feyenoordからの関心は僕にとって自分が良い道を進んでいるという証だった。これからここで成功するためにこのラインを維持するのが僕の仕事」

 

verdedigingの複数ポジ村とmiddenveldでプレーできるKassanwijroは2017年にFC Groningenのshirtでprofvoetballerとしてデビューした。このmeervoudig Nederlands jeugdinternationalはこの1,5シーズンで主にverdedigerとしてプレーしている。

 

FeyenoordでKassanwijroはrugnummer 28でプレーする。KNVBとの全ての書類手続きが完了すれば、Kassanwijroは水曜のN.E.C.との試合ですでにselectieに加わることができる。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-rondt-komst-kasanwirjo-af-230123

Ronald Koeman, bondscoach就任会見

「この環境に帰ってきて、またこの仕事に取り組もうという気分。selectieは少しずつ変わっており、この仕事を楽しみにしている。これは名誉ある仕事。2018年にもそう言った。再びこのチャンスを貰えたのはスーパーに嬉しいし誇りに思う」

 

前回と違う?
「自分がどこにいるのか、何を伴う役所かは分かっているので、多少違う。前回はそれは分からなかった。第1期でOranje周辺の雰囲気はあまりポジティヴでは無かった。とても素晴らしい期間だったし、良くなる一方だった。我々はそこに戻りたい」

 

前回の契約解除について
「それは彼らが契約で許していた方法だった。だからクレイジーな去り方だと後から言うことはできない。Nico-Jan Hoogmaから電話が来た時は驚いたよ、2月半ばだったと思う。発効は今から。彼らはかなり早く来た。私にとっては改めて野望を抱く仕事。Barcelonaの後、私は日常的なtrainerからは離れていた。プレッシャーをと困難からも」
「今回は条項無しの契約」

 

WKについて
「大きな関心を持って見ていたし、もちろんNederlands elftalも見ていた。systeemと、それがどのように現れるかも興味があった。その点ではkwalificatiewedstrijdenを通して多くの良い結果を残したイメージを持っていた。まった他の国々にも目を向けていたし、特にFrankrijk. 我々が3月に最初に対戦する相手だ。そうやってstafと一緒にどう埋めていくか考えている。基本的には我々がかつてプレーしていたsysteemにも戻る。時にsysteemを変えることはあるが、vier verdedigersでbasissysteemを組むつもり」

 

「最終的にはsysteemの埋め方が全て。私はBarcelonaでvijf spelers achterinで、drie centrale verdedigersでもプレーし、それもとても上手く行った。重要なのは高い位置でプレッシャーをかけるか、低く下がるか。それがsysteemを攻撃的かどうか決める」

 

「我々はOranjeでかつて準備期間に4 oefenwedstrijdenを行い、3-5-2 of 5-3-2でプレーし、その試合でも数回問題に陥った。そうなるとフィールド上で他のポジションでspelersが足りなくなる。Ajax en PSVも当時非常に攻撃的にプレーしており、我々はそのclubsから多くのspelersがいたので、当時 1-4-2-3-1に移った」

 

WKでのOranjeのエンターテインメント的価値について
「物事を別の方法ですべきシーンもあった。だがその責任はcoachにある。Nederlandの我々は魅力的で楽しいvoetbalをしようとする。そして20 interlandsで無敗のまま。私もそれができたら信じられないだろう。別の方法でやる事もできるし、私は別の方法でやりたいと思っている」

 

「利点は多くのspelersが私を知っており、私も彼らを知っている事。ある種の慣れがあり、それは物事を早く進める。次のFrankrijkとの試合まで時間が無いので、それは役にも立つ。今のselectieを見れば、怪我や出場時間の不足で疑問符もまだ多くある。しかし1月の今から心配する必要は無い。3月にみんながどうやっているかを見る」

 

Gakpo en Depayについて
「MemphisにとってAtléticoへの移籍はポジティヴであり、彼はそこでプレー時間を得るだろう。Barcelonaでよりも多く。それが必要でもある。前回のWKに向けて彼は負傷したが、プレー時間を常に得ていた。今は起用可能になるまで試合をする事が必要。Gakpoは素晴らしい移籍をしたが、今は我々が知っているLiverpoolでは無い。だが彼がプレーする事は彼をより良くする。internationalから移籍について質問されたら『君はプレーするのか?』と答える。それが求められること」

 

assistent en broer Erwinについて

「我々はvoetbalについて同じ考えだが、キャラクターでは異なる。そして自分の兄弟より信頼できるのは誰か。そして我々は一緒に仕事をしてきた経験がある。Engelandで。当時の彼は自分もどこかでhoofdtrainerになるという選択をした。一緒に旅をするのはこれが最後かもしれない、それは素晴らしい事」

 

keepersとFrenkie de Jongの隣のポジションについて
keeperから話を始めると、我々にはtopkeepersはあまり多くない。しかしdrie besteを選ぶには十分。Patrick LodewijksがJasper Cillessenを訪れたのはすでにメディアに出ていた。彼は他のkeepersも訪れる。私は常にbeste drie keepersを選ぶ。戦いが常になければならない。それはPatrickのアイディアで起き、彼はkeepersについて最もよく知っている。しかし私も見る。我々はこれまでそれについて不一致は一度も無かった」
「Frenkieの隣のポジションを私は埋める事ができるが、koppeltjesで考える。以前はMarten de Roonが多かった。彼はWKでもプレーした。elftalのために貢献できるspeler. 彼はFrenkieがベストの役割を果たせるように助ける。だがそれは別の者かもしれない」

 

toernooicoachになることについて
「どういうのが良いtoernooicoachか私には分からない。勝つ者、そう思う。それはclubcoachとは全く違う。私はこれまでeindtoernooiに出たことが無い。それは素晴らしい事に思える。EK of WKで自分が成功できることをまだこれから証明しなければならない。だがまずはEK-kwalificatiereeksからだ」

 

現在のグループと第1期のselectieとの比較
「グループは多少変わった。新しいtalentenも台頭している。どちらがより良いか言うのは難しい。グループには常にリフレッシュが必要。我々が『これだ』と思うselectieをこれからまとめる。それがどう見えるかはまだ分からない」

 

strafschoppentrainingenの可能性について
「strafschoppenをtrainingするのは常にアイテム。vrije trappen en cornersと同じ。私も以前 bondscoachとしてそれをやったし、当時 Patrick Lodewijksと一緒にpenalty'sのtrainingも始めていた。だがそれについて大声で叫んだり、言い過ぎる必要は無い。それをすると耳を叩かれる事にもなる。だがそれに注意を払うのは論理的。数パーセントの助けになり得る。しかしWKへのvoorbereidingでVirgilは全てのpenalty'sをkruisingに決めていただろうが、WKでは失敗した。そのためのtrainingをしていても、strafschoppenで勝てるという意味では無い」

 

eerste keeperについて
「私はvaste doelmanに向けて取り組みたい。優秀なものが立ち続ける。それは他のとは違うポジションでもある。あるkeeperが上手くやってくれたら良い事だ」

 

bondscoachとしての役割について
「私はspelersをよく知っているし、彼らが何を好むかを知っている。彼らに自由も与える。しかし私は規律が好きだし、お互いに約束をして、それが守られるのも好き。楽しい雰囲気を作らないといけないのも私は学んできたが、彼らは自分たちがパフォーマンスを発揮しなければならないも分かっている。全員に喜んで入ってきて欲しい。それがclubcoachと比較した時のbondscoachの利点。楽しみながら、最大限を発揮するグループを作りたい」

 

Van Gaalとの意見交換の可能性について
「いや、我々は連絡を取っていない。私は第1期でそれをやり、当時 LouisともDick Advocaatとも話をした。今となってはそれは面白くは無い。私は自分のstafとそれをやるつもりだし、すでにbondscoachschapの経験がある。プレーの仕方について多少違うやり方でやるつもり。今回はそれは必要無いと思う。いや、緊張した関係という話では全く無い。それなら最初の会話も実現していないだろう」

 

「すでに何人ものspelersと話をしたが、内容は内に留めておく。私がどのようなプレーをしたいかを彼らに話した。彼らは賛成したか?それは君が彼らに質問すべき」

 

再選考の選択肢について
「若いspelersがドアを叩いているかにかかっている。昨日 Feyenoord - ajaxを見に行き、Feyenoordに感銘を受けた。その激しさにも、それが成功のベース。しかし他のclubsでも構想に入っている若いspelersがプレーしている。かつて言ったように、『私はVan Dijk en De Vrijのクオリティを知っているが、ドアを叩いているあまり知らない男もいる』」

 

新KNVB-directeur Nigel de Jongの役割について
「公式には彼は私のbaasだが、私はかつて彼をajaxでデビューさせたので、彼がbaasなのは好都合だ。Nigelの選択はとても良いと思う。それについてもKNVBと話をした。KNVBにとってアイテムでもある。偶々 夏にMallorcaで行われたgolftoernooiの最中にNigelに会った。そこで我々は長時間話し、彼はKNVBで何をしているかを説明した。彼はこの仕事をすると決める前にBarcelonaの私の自宅も訪ねた。我々はお互い助け合ってもいる。彼はelftal周辺で物事が適切に配置されているようにしないといけない。それはtopで仕事をしたことがある人物の方が簡単。Nigelは自分の意見を言う人物であり、私もそう。我々は自分たちがどこに向かいたいのかを知っている」

 

Barcelonaでの生活について
「私をBarcelonaから追い出すことは誰もできないが、私は月にそこよりもNederlandにいる日数の方が多い。wedstrijdにliveで立ち会うこともあるが、Barcelonaでも8試合見ていた。私は再びNederlandで税金を支払うつもり、それが可能なのは1日の半分以上をNederlandにいる場合だけだ」

 

technische stafについて
「私の目から見て可能な限りベストのstafを集めた。私が見るのは有色か無色かでは無く、クオリティ。私を補完してくれる人に目を向けている。KNVB内の我々は確かに女性と有色に目を向けているが、Nederlandではこのアイテムが少し誇張されていると思う。その話はspelersともした」

 

Oranjeに戻る最も重要なモチベーション
「名誉ある仕事であり、毎日では無い仕事。私はまだeindtoernooiを経験したことが無いし、あの2年間はとても楽しかった。私にはbeste spelersを選べる選択肢がある。全く何もしないのも私には合わない。再びチャンスを得たし、それは素晴らしい事」

 

assistent Sipke Hulshoffについて
「彼は本当に我々にとっての補完。彼は我々より若く、voetbalに対する見方も違う。私はまだ良く知らない誰かと一緒に仕事をするのを敢えてやらない人間では無い。しかし我々はすでに数回一緒に座ってお互いの目を見た」

 

契約内の目標について
「毎回のeindtoernooi後に査定がある。それが基準を下回れば、KNVBには私を追い出す権利がある。WKを勝つことが最上である、最も難しい。 Nations Leagueで勝つことも目標の達成になり得る。重要なのはprijzenを争う事だ」

 

Eredivisieのレベルについて
「私が2018年に始めた時は多くのspelersがすでに外国にいた。そうなるとEredivisieのレベルはすでに下がっていたが、私はPSVを見たしFeyenoord-ajaxも見た。この数ヶ月前にもたくさん。多くのクオリティが見えるが、Feyenoord-ajaxでの激しさには私は嬉しかった。それはあまり見ない激しさであり、外国で多く見るものだ。だからspelersがステップを踏むのは良い事だが、その場合はプレー時間を作らないといけない」

 

De Klassieker後のSteven Berghuisの声明について
「昨夜 Studio Sportで見た。私は彼にappを送り、とても良かったと伝えた。口を閉ざすことが多い。恐怖からも。メディアにはペンとマイクがある。彼がそう感じたのであり、私も昨日試合にいた。そこに行けば、『voetbalに来たのか?』と思う。ME, フィールド周りのネット・・・ これは社会問題だと思う。ajaxに向けたとても多くの憎しみがあった。他の方法で行うのが無理なのは残念。家族にどんな影響を与えるか私自身も知っているが、それがtvで何でも叫ぶ人々によって常に自覚されている訳では無い」

 

第17節: Azarkanの活躍でExcelsiorがFC Volendamに勝利。ajaxが6試合連続勝利無し

Speelronde 17


Vrijdag 20 januari
20:00 Excelsior - FC Volendam 2-0
18' Damon Mirani 1-0 / 81' Marouan Azarkan 2-0

 

4pt差の13位対17位。Spartaに1-0負けを喫したExcelsiorは入れ替えなく今週末もKharchouchがspitsに。年明け5-2-3で2連勝のFC VolendamはBuurが怪我でBrian Pletがrechtsbackに。

 

15分過ぎにAzarkanのパスからKharchouchのシュートでExcelsiorが最初の大チャンスを作ると、Stankovicのセーブでの続くhoekschopに飛び出したStankovicが触れず、驚いたMiraniのeigen doelpuntで1-0. 序盤こそ数回 Excelsiorゴールに近づけたVolendamだが、失点後はほとんどボールが持てない展開。40分にはAzarkanの角度の無いシュートにStankovicがセーブも抑えられず、ポスト内側に当たったこぼれ球にDriouechが詰めるも押し込めず。

 

後半出だしにもBenamarの致命的なボールロストからDriouechに大チャンスもシュートを枠に飛ばせず、右サイドの連携からHoremansのクロスにKharchouchが決定的なヘディングも枠外と、Excelsiorが追加点のチャンスを活かせず。その後はVolendamも試合に入ってお互いにチャンスがある時間帯。Volendamは残り20分でOuld-Chikhがフリーでボレーの大チャンスで外し、直後にOuld-Chikhを外してVeermanを投入。しばらくチャンスを作れない時間が続いていたExcelsiorもBaasがゴール前で完全フリーの大チャンスがあるも時間を掛けすぎてまたも決められず。終盤まで緊張感が続いたが、残り10分でExcelsiorのカウンターで左サイドを突破したBaasが戻したクロスをフリーのAzarkanが蹴り込んで2-0. 

 

Excelsiorは19ptに伸ばして15~17位グループ(Groningen, Emmen en Volendam)に暫定7pt差を付け、暫定で9位 NECと10位 Go Aheadと並ぶ。FC Volendamは2連勝で止まって17位のまま。

 

Marinus Dijkhuizen
「これは非常に重要で、正当な勝利。素晴らしい。金曜夜に勝つことは常に素晴らしい週末にしてくれる。4-0や5-0にもできただろう。それは多くの事を語っている。我々のachterinは整っているのでほとんどチャンスを与えない。そして我々はvoorinで危険だ」

 

Marouan Azarkan
「日曜はFeyenoord - ajax. Feyenoordが勝つことを願っているよ。でも来週僕らはajax戦。そうなると彼らは埋め合わせをしたいだろう。そこで僕らがまたやる。でもまずは水曜のFC Utrecht戦。これで底にまた差を付けた。voetbalがもっと簡単になるはず」

 

Zaterdag 21 januari
18:45 NEC - FC Emmen 3-1
12' Landry Dimata 1-0 (str.) / 37' Landry Dimata 2-0 / 44' Richairo Živković 2-1 / 52' Ibrahim Cissoko 3-1

 

Vitesseと0-0に終わったNECはTannane en El Karouaniがschorsing, Mattssonも欠場で移籍志願中のDuelundが久々にbasis入りし、Verdonkがlinksback, Cissokoがlinksbuiten. SC Cambuurと0-0に終わったFC EmmenはBurnetが病欠でDirksenがlinksback.

 

NECがかなり良い出足を見せると、10分過ぎにCissokoとの1対1でVlakがあまりに不用意に足を出してpenalty判定で1-0. その後はEmmenがボールを持つ時間もあったがチャンスには至らず、問題無くコントロールしたNECは前半終盤にTavsanの良いパスで抜け出したDimataがネットを揺らすもbuitenspel判定がVAR Oostromの介入で得点が認められて2-0リード。しかしHT直前に主導権を手放してEmmenを試合に戻してしまうと、Bouchouariの強烈なシュートはCillessenにセーブされるもその流れからVeendorpのアシストでZivkovicが簡単にSandlerをかわして2-1. 

 

後半もNECが良いスタートからTavsanに最初の大チャンスはVan der Hartの好セーブにあったが、数分後に16m手前でボールを持ったTavsanの素晴らしいアシストでCissokoが3-1に。 その後はNECがもうコントロールを失うこと無くしっかりと試合を終えて相応しい勝利。

 

NECは4勝目で8位 Heerenveenと暫定2pt差に詰める。FC Emmenは4試合勝利無しで16位のまま。

 

20:00 SC Cambuur - Sparta Rotterdam 0-3
9' Tobias Lauritsen 0-1 / 18' Koki Saito 0-2 / 51' GOAL: Vito van Crooij 0-3 (str.)

 

Hekkensluiter SC Cambuurが良いスタートを見せるも、Lauritsenがkruisingへ素晴らしいミドルシュートを突き刺して0-1. さらにVirgíniaが相手にボールを渡してしまい、Saitoの初ゴールで0-2. その後はCambuurが立ち直れず、充実したSpartaがほとんど問題無くコントロール。後半出だしにも軽い接触でLauritsenが倒されてのpenaltyで0-3となって決着。

 

SC Cambuurは12敗目でhekkensluiterのまま。Spartaは31ptに伸ばして暫定で5位 FC Utrechtに並び、いよいよ上位に接近。

 

Maurice Steijn
「夢というにはちょっと遠い。だが我々は今シーズン一緒にやっているやり方にとても満足しているし誇りに思っている。6位で31ptという結果にも。信じられない事だ・・・ 昨年奇跡的に残留したなら、第一の目標は直接残留。voorbereidingに我々はいくつか重要なポジションを改善したかった。それから入ってきたspelersがクオリティを持ち、ploegを高いレベルに導いているのが分かる。だがまだまだそれが起きないといけない。我々はHeerenveen-uit, ajax, AZ en Go Ahead Eagles-uitとい厳しい始まりだったが、そこをかなり上手く乗り切った。そうなると自信が増す。自信と明確なプレー方法があれば、長い道のりを歩むことができるんだ」

 

20:00 PSV - Vitesse 1-0
48' Guus Til 1-0 
Rood: 90+3' Kjell Scherpen 

 

Maduekeを売却した3試合勝利無しのPSVはTilがbasisに戻り、Simonsをrechtsbuiten起用でVeermanは今週末もbankから。4試合連続引き分け中のVitesseは入れ替え無しで再びSankohがspits.

 

開始5分でManhoefがゴール前フリーで最初のチャンスも得たがヘディング失敗。PSVが主導権を取るも、Vitesseもコンパクトな守備で対抗し、自分たちも度々前に出る序盤。PSVは15分過ぎにSimonsのパスでDe Jong en El Ghaziに大チャンスもどちらもScherpenのセーブ。後者のシーンでDijksのタックルが咎められてpenalty判定も、De Jongの酷いstrafschopもScherpenがセーブ。さらにDe JongがMeulensteenと頭部衝突でBakayokoと交代のアクシデント。

 

その後はローテンポで全くチャンスを作れないPSVに対してほとんど前に出れないVitesseで何も起きない悲劇的なレベルの試合になったが、後半出だしにTilのミドルシュートをScherpenが痛恨の後逸で1-0. これでVitesseが再びボールを持ち始めるもほとんどゴールに近づけず、60分にManhoefが抜け出すもBenítezにセーブされ、Białek en Jonathans投入の交代策も効果が出ず。80分にJonathansのクロスにゴール前完全フリーのBeroがヘディングもBenítezに簡単にキャッチされ、Jonathansの強烈なミドルシュートもBenítezが好セーブ。終盤 Vitesseが攻勢をかけて1-1に近づいていたが、blessuretijdのロングボールに一瞬迷ったScherpenがinvaller Vertessenを倒す馬鹿げたファールで当然のroodと、Scherpenの2つの致命的なヘマで決着。

 

PSVは苦しみながらも年明け初勝利、日曜のde Klassiekerを前にajaxに暫定3pt差を付ける。

 

Ruud van Nistelrooij
「この試合に今週丸々やっていた。重要なのは勝つことだけ。spelerが売却されて木曜にtrainingからいなくなれば、多くの不安が生まれる。チームとしてそれに対処しなければならない。さらにFortuna戦の結果にも。そこからpenalty判定も失敗し、aanvoerderが頭の怪我でフィールドを去らなければならなかった。そうなるとHTに一体感を維持して試合をモノにするために集中し続けないといけない。我々はそれをした。それが私の今夜の見方だ」
「De Jongは縫い合わせは完了し、全て綺麗に閉じられた。まだテストが必要だが、脳震盪とは何も聞いていない。火曜日にはokéであることを願っている」

 

Kjell Scherpen
「あらゆる方向に進み、最後はマイナーで終わった。前半は良かったんだ。そうなると『これならもう何も入らない』と思うもの。実際良いpotをプレーしていた。ハイボールに、クロスに、僕はあらゆる所にいた。でもそこからvoetbalがどういうものかが分かる。一つの瞬間だけで決まってしまう、それが残念。1-0のシュートはとても遅いボールだった。そうなると考える時間ができてしまう。最初は別の方法で処理しようとした。でも結局はとてもシンプルな話、あれが入るのは許されない。時には簡単なボールの方が難しい。ああ、もっと強いシュートだったらもっと良かったかもしれない」

 

21:00 RKC Waalwijk - Go Ahead Eagles afg.

 

Zondag 22 januari
12:15 sc Heerenveen - FC Groningen 3-1
5' Amin Sarr 1-0 / 40' Florian Krüger 1-1 / 81' Pele van Amersfoort 2-1 / 82' Amin Sarr 3-1

 

8位 sc HeerenveenはVan Hooijdonkをbankに置くサプライズでColassinを起用。15位 FC Groningenは新加入 Bech Sørensenを加えて3 centrale verdedigersで5-3-2. Feyenoordとclubs間で移籍に合意したKasanwirjoに代わって新加入 middenvelder Johan Hoveもデビュー。

 

出だしからHeerenveenが主導権を取ると、NoppertのロングボールにBlokzijlが信じられない対応ミスでSarrに抜け出され、Verripsも出遅れて簡単に1-0. その後はGroningenがほとんど何もできずに静かな前半だったが、HT前にGroningenのhoekschopからボールをキープしようとしたTahiriが奪われると、再びゴール前に入れられたボールをHeerenveenのspelersが誰も処理できず、Pepiが蹴り損なったシュートがtweede paalでフリーのKrügerの足下に落ちて突然1-1に。

 

HT明けにはVan Ewijk en invaller Suslovにチャンスがあったが、Verrips en Noppertのセーブ。お互いより積極的になった後半、Groningenは新加入 middenvelder Aiman Sehrも投入。HeerenveenもVan Hooijdonkを投入したが、強烈なミドルシュートもVerripsのセーブ。しかし終盤優勢に立ったHeerenveenがhoekschopからVan Amersfoortの頭で2-1とすると、再開直後にカウンターからSarrが3-1にして勝負あり。

 

sc Heerenveenは相応しい勝利でNECとの5pt差を保って暫定でFC Utrechtを1pt上回って結果待ち。FC GroningenはFC Emmen en FC Volendamと共に12ptで15位グループのまま、来週 hekkensluiter SC Cambuurとの大一番。

 

Kees van Wonderen
「FC Groningenはとても良いプレーをしたと思う。漂流し、簡単に押しのけられるploegでは無かった。こういうploeg相手に3-1で勝てたのは喜んで良いだろう」

 

Dennis van der Ree
「我々にはポジティヴな結果が、構築できる何かが必要。ここで引き分けられれば、次の試合に持って行ける何かだっただろう。残念ながら手ぶらで家に帰る」
「5-3-2-formatieへの変更は一度限りのものでは無い、我々がいま使えるspelers. 行われた移籍もあり、これは我々が降格を避けられる最良の方法だと思う」

 

14:30 Feyenoord - ajax 1-1
34' Igor Paixão 1-0 / 71' Mats Wieffer 1-1 (e.d.)

 

koploper Feyenoordは入れ替えなく、怪我から戻ったTimber en Dilrosunがbank入り。

 

序盤 Feyenoordが完全に支配し、hoekschopからJ. Timberがあわやeigen doelpuntもRulliがセーブ。優勢な割にあまりゴールに近づけず、その後 ajaxに押し戻されたものの。30分過ぎにBerghuisのミスパスをHartmanが奪うと、Paixãoがfantastischなミドルシュートを突き刺して先制。

 

middenveldは完全に支配するもDaniloが孤立してあまりチャンスを作れないFeyenoordはHT明けにHartmanのパスからDaniloがミドルシュートを狙うも僅かに枠外。後半も迫力の無いajaxの攻撃をFeyenoordが問題無く対応してコントロールするもあまりボールを持てない展開。60分過ぎにDaniloが落としたボールをKökcüが遠目から狙うもバーの上に。70分にKudusが完全に抜け出してajaxに100%チャンスもBijlowが触ってこぼれたボールもHartmanがクリアと大ピンチを凌いだが、直後にWiefferの不運なeigen doelpuntで1-1に。3ptを目指すFeyenoordhは残り15分からGiménez, Dilrosun en Idrissiとvoorinを入れ替えたが、90分にDilrosunのパスからGiménezの大チャンスはRulliにセーブされて引き分け。

 

favorieteの立場だったFeyenoordは失望の引き分けも、今週末もkoploper. 

 

14:30 FC Twente - FC Utrecht 
45+1' Václav Černý 1-0 / 64' Virgil Misidjan 2-0

 

好調FC Twenteが前半FC Utrechtにプレッシャーをかけ、HT直前にCernyが決めて先制。攻撃面で無力なTwenteに対して後半もTwenteが優勢に進め、60分過ぎにMisidjanが2-0に。その後もTwenteに3点目の大チャンスがありつつ、一方的な内容で終了。

 

FC Twenteはajaxを1pt上回って暫定3位でAZの結果待ち。

 

16:45 AZ - Fortuna Sittard 3-1
4' Dani de Wit 1-0 / 11' Brak Yilmaz 1-1 (str.) / 24' Ximo Navarro 2-1 (e.d.) / 56' Vangelis Pavlidis 3-1 

 

AZはVerhulstを外して新加入 Mathew Ryanがバーの下に。FortunaはSiovasがselectieに戻るもbankから。

 

開始早々にOdgaardのクロスからDe Witの頭でAZが先制。そのままAZが優勢に進めていたが、AZゴール前へのFortunaのクロスでVanheusdenのvasthoudenが4e manの助言で罰せられてのpenalty判定で1-1. 勢いを挫かれたAZだが、その後も変わらず一方的に攻め続けると、OdgaardのクロスがNavarroの頭に当たってeigen doelpuntで2-1. 30分過ぎにDe Witが負傷しMihailovicと交代のアクシデントがあり、Fortunaの左サイドからCordobaのクロスがVanheusdenに当たってゴールに向かうもRyanがセーブ。

 

HT明けににSugawaraのクロスからPavlidisがGuthをかわして3-1とすると、その後は多くの事は起きずにAZが音大無く試合を終わらせて勝利。

 

AZは2位をキープし、1位 Feyenoordとの差を2ptに詰める。

 

Stand (voorlopig)
1    Feyenoord    17    (11    5    1)    40-15    +25    38pt
2    AZ    17    (11    3    3)    31-18    +13    36pt
3    PSV    17    (11    2    4)    45-22    +23    35pt
4    FC Twente    17    (10    4    3)    28-9    +19    34pt
5    Ajax    17    (9    6    2)    46-19    +27    33pt
6    Sparta Rotterdam    17    (9    4    4)    29-16    +13    31pt
7    SC Heerenveen    17    (7    6    4)    19-16    +3    27pt
8    FC Utrecht    17    (7    5    5)    26-26    0    26pt
9    NEC    17    (4    10    3)    23-18    +5    22pt
10    Go Ahead Eagles    16    (4    7    5)    25-26    -1    19pt
11    Excelsior    17    (6    1    10)    19-38    -19    19pt
12    RKC Waalwijk    16    (4    6    6)    26-30    -4    18pt
13    Fortuna Sittard    17    (4    4    9)    21-32    -11    16pt
14    Vitesse    17    (3    6    8)    18-32    -14    15pt
15    FC Groningen    17    (3    3    11)    18-36    -18    12pt
16    FC Emmen    17    (2    6    9)    14-32    -18    12pt
17    FC Volendam    17    (3    3    11)    18-42    -24    12pt
18    SC Cambuur    17    (2    3    12)    9-28    -19    9pt

 

Topscorers
1.    Cody Gakpo    (PSV)    9 (2)
Xavi Simons    (PSV)    9 (0)
3.    Steven Bergwijn    (Ajax)    8 (0)
Brian Brobbey    (Ajax)    8 (0)
Danilo    (Feyenoord)    8 (1)
6.    Orkun Kökçü    (Feyenoord)    7 (1)
Vito van Crooij    (Sparta Rotterdam)    7 (3)
8.    Bas Dost    (FC Utrecht)    6 (0)
Anastasios Douvikas    (FC Utrecht)    6 (1)
Tobias Lauritsen    (Sparta Rotterdam)    6 (0)
Jens Odgaard    (AZ)    6 (0)
Ricardo Pepi    (FC Groningen)    6 (1)
Sebastian Szymański    (Feyenoord)    6 (0)
Guus Til    (PSV)    6 (0)
Sydney van Hooijdonk    (sc Heerenveen)    6 (0)
Ricky van Wolfswinkel    (FC Twente)    6 (2)
Arno Verschueren    (Sparta Rotterdam)    6 (0)
Burak Yılmaz    (Fortuna Sittard)    6 (4)

 

Assists
1.    Cody Gakpo    (PSV)    12
2.    Dušan Tadić    (Ajax)    10
3.    Oussama Tannane    (NEC)    7
4.    Julian Baas    (Excelsior)    5
Carel Eiting    (FC Volendam)    5
Sven Mijnans    (Sparta Rotterdam)    5
Gijs Smal    (FC Twente)    5
Vito van Crooij    (Sparta Rotterdam)    5
Maximilian Wittek    (Vitesse)    5
10.    Bobby Adekanye    (Go Ahead Eagles)    4
Marouan Azarkan    (Excelsior)    4
Steven Berghuis    (Ajax)    4
Steven Bergwijn    (Ajax)    4
Javairô Dilrosun    (Feyenoord)    4
Pantelis Hatzidiakos    (AZ)    4
Amin Sarr    (sc Heerenveen)    4
Yukinari Sugawara    (AZ)    4
Ricky van Wolfswinkel    (FC Twente)    4

Klassiekerは引き分けに終わる (第17節: ajax-thuis)

Feyenoordはde Klassiekerで勝利を逃した。Arne Slotは自分のチームが前半ajax相手に1-0リードするのを見たが、Feyenoordは後半勝利を引き寄せることができず。Eindstand: 1-1.

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/matchcenter-klassieker-220123

 

Zondag 22 januari
Feyenoord - ajax 1-1
scoreverloop:
34' Igor Paixão 1-0 
71' Mats Wieffer 1-1 (e.d.)

 

Scheidsrechter: Serdar Gözübüyük
Gele kaarten: Jahanbakhsh, Kökcü, Pedersen, Wieffer (Feyenoord), Taylor, J. Timber, Alvarez, Klaassen (ajax)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Bijlow; Pedersen, Geertruida, Hancko, Hartman; Wieffer, Szymański (81' Timber), Kökçü; Jahanbakhsh (81' Idrissi), Danilo (74' Giménez), Paixão  (74' Dilrosun).
ajax: Rulli; Sanchez, Alvarez, J. Timber (90+2' Wijndal), Bassey; Taylor, Berghuis, Klaassen; Conceicao (46' Bergwijn), Kudus, Tadic.

 

Wissels:
Feyenoord: Wellenreuther, Marciano, Rasmussen, Lopez, Timber, Taabouni, Bullaude, Idrissi, Dilrosun, Walemark, Gimenez.
ajax: Stekelenburg, Pasveer, Wijndal, Bergwijn, Brobbey, Fitz-Jim, Lucca, Regeer, Rasmussen, Aertssen, Hato, Jensen.
https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-ajax-2022-2023

 

Arne Slot
「引き分けに満足していないのは確か。Santiのチャンスが決まらなかったのはもの凄く残念。素晴らしい攻撃だった。彼はすでに我々のために何度も決めてきたが、残念ながらkeeperが掴んだ」
「前半は非常にアグレッシヴで良かった。我々の観点から言えば、プレッシャーのかけ方でとても良かったし、それが我々の知られた部分であり、人々が我々に期待していること。それを我々は完全い提供もしていた。HT明け最初の15分間も良かったと思う。Daniloのシュート、Kökcü en Szymanskiのシュートで我々が危険になる切り替えのシーンが3, 4回あった」
「その後はajaxが我々のmiddenveldを通り抜ける時間帯が発生した。そこで我々が疲れているように見えるが、私は『のように見えた』と強調して言う。1-1後の我々は脅威を作って2-1にするために再び全力でハードワークしていた。ajaxがカウンターで前に出られれば常に危険なのは変わらない。それでも我々は終盤まだ全力で2-1を目指していたと思うが、残念ながらその結果は得られなかった」
「フィジカル面で選手たちはfantastischな仕事をした。その点で我々がajax以上のものを出せるのは事前に確信していたが、voetbal面でも対抗できるのが見たいと事前に行っていた。それに成功したし、それは選手たちへの大きな賛辞だ。通常 Feyenoord - ajaxは一方通行。今日の我々は彼らを相手のhelftにコンスタントに押し留めようとしていた。その10分後に1-1になる。あの時間帯 同点ゴールが決まる感じは少しあったが、その後再び立ち直ったのはとても見事だと思う」
Paixãoについて
「彼が1-0のような状況に入れるようにしないと行けないし。Hartmanが信じられないほどアグレッシヴにプレッシャーをかけたことでそうなった。Eredivisieで5~6試合プレーしただけのspelerがKlassiekerでこういうパフォーマンスを見せるのは素晴らしい事。それは我々の多くのspelersに当てはまると思う」
「今日の我々の側ではGeertruidaが素晴らしかった。Szymański en Daniloは多くのloopwerkを行っており、残りの部分で少し不足していたかもしれない。ajaxの方が良いselectieだと思うし、今日の我々はvoetbal面でprimaに対抗した。それは選手たちにとって大きな褒め言葉だと思う。今日はajaxが我々より遙かに良いvoetbalをしたとは言えない」
Wiefferについて
「彼はFeyenoordのshirtを着てまだ3試合目だが、primaな試合をしたと思う。彼はその10分間の時間帯で疲労に苦しんでいたが、その後は再び立ち上がることができ、eigen doelpuntでは非常に不運だったと思う。彼は素晴らしい試合をした」
titelを争う相手はajaxだけでは無い
「メディアは一般的にajaxに関係しているからね。我々は5ptリードしているが、その間にはいくつかの
enもいる。いや、これはとても大きなCalimero的コメントだ、ハハ。AZ, PSV en Twenteもその間にいる。もちろん我々はajaxに目を向けているし、それは我々の非常に大きな競争相手だが、我々は間違い無く注目しているチームは他にもたくさんある」
「最初の17試合でPSVに1敗しただけど、primaな気分で振り返る事ができる。シーズン前半は我々のグループ内に多くの信じる気持ちを生み出したが、みんなまだ非常に接近している」
https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/reactie-arne-slot-feyaja-220123
https://www.fr12.nl/nieuws/slot-over-paixao-geertruida-en-wieffer-na-de-klassieker
https://1908.nl/artikelen/slot-er-zijn-meer-teams-die-wij-in-de-gaten-houden

 

Orkun Kökcü
「実際ちょっと複雑な気分。voetbal面で僕らがいつもより良かったとは言えないけれど、競り合いで優勢だった。実際難しい状況からチャンスも作れえちたし、先制もできた。それで結局後半遅くに1-1になるのは酸っぱい」
「両ploegenが高い位置でプレッシャーをかけ。至る所でkoppeltjesが形成されたので、voetbalをするのが難しい試合だった。難しかった。前半は上手く行ったけれど、後半は僕らの方のエネルギーも少し枯渇して難しくなった」
「この結果がお互いにとってどうかはまだ実際考えていなかったけれど、僕らはajaxとの5pt差を保っている。でも他のclubsも近づいてきている」
「僕は観客ありの最初のKlassiekerだったし、それは追加のエネルギーを与えてくれる。フォールド上ではあまり気がついてしなかったけれど、それがどんな経験だったかは明日もっと上手く説明できるだろう」
https://1908.nl/artikelen/kokcu-het-is-een-beetje-dubbel-eigenlijk

 

Mats Wieffer
「僕はprimaなプレーをしたと思う。後半はちょっと落ちた。主にvechtwedstrijdだったと思う、特に後半。僕らはボールにたくさんプレッシャーをかけ。その点で優勢なploegだったと思うけれど、個人的には言いにくい。僕は悪くは無かったと思うけれど、素晴らしくも無かった、そういう事にしておこう。いつだってもっと良くできる。僕は数回雑なボールロストがあった。でも全体的にはかなり満足しているよ。ボールを奪うために僕はここにいる。ミスパスはあったけれど、最終的にはそれをまだ修正できた」
「stadionの雰囲気は僕らに何かしらをもたらしたし、僕にもそう。こんな雰囲気で試合をする事はあまりない。自分獅子はかなり落ち着いていたけれど、それでも何かしらをもたらしてはいた」
「1-1はとても残念。ボールが膝に当たってしまった。実際 Justinが背後にいるのを期待してスルーしたかったけれど、ヘディングが強すぎて足を出せず、とても不運な形で入ってしまった。僕にはほとんどどうしようもなかったと思うけれど、とても酷い気分」
https://www.fr12.nl/nieuws/wieffer-ik-kon-er-niet-veel-aan-doen-maar-ben-er-doodziek-van
https://1908.nl/artikelen/wieffer-het-deed-ook-wel-wat-met-mij

 

Quilindschy Hartman
「今日は誰もがスーパーに興奮してるのは分かったよ。この1週間ずっと感じていた。最終的にsupportersに3ptを与えられなかったのが残念。僕らは全力を尽くしたと思う」
「opkomstから楽しんでいたけれど、実際 隣の女の子がスーパーに怖がっていたから、そっちの方が心配だった。でも周りを見て、雰囲気を感じれば、これを体験できるのはスーパーにクール。普段とは違う緊張を感じたけれど、ポジティヴな意味でだ」
「僕らは守備面で良かったと思う。ajaxのロングボールではかなり簡単に競り合いで勝てていた。そのおかげで何度も繰り返し攻撃できたし、ほとんど問題に陥らなかった」
「振り返って見れば、自分たちのプレーの仕方には満足できる。だが結果だけガッカリ。ゴールを決めるチャンスは十分あった。僕らの側にちょっと運が無かったと思う。過去数年のkampioenをかなり苦しめたのは誇りに思えるけし、僕らが優勢でさえあったかもしれない」
https://www.fr12.nl/nieuws/hartman-over-het-resultaat-zijn-we-teleurgesteld

 

Justin Bijlow
「誰もが8pt差にするのを望んでいたし、それは間違い無く僕らにエネルギーを与えていた。特に前半僕らがどうプレーしたかを見れば、supportersと一緒にとても多くのエネルギーとパワーでプレーしていたと思う。彼らはポジティヴな方法で支えてくれた」
「正直に言うならちょっと負けた気分。最初の1時間良かったし、その後 ajaxが少しプレーに入ってきた。僕らは試合後喜んでいなかったのは論理的だ。僕らは常に全力で勝利を目指している」
https://www.fr-fans.nl/nieuws/59046/bijlow-we-waren-niet-blij-na-de-wedstrijd-dat-is-logisch

 

続きを読む