Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Jong Oranje, Roemeniëで0-0に終わる (oefenduel: Jong Roemenië-uit)

Jong OranjeはRoemeniëのもとを訪れてのこのinterlandcyclusでの2試合目を0-0で終えた。来年のEK stadionsの1つであるCluj Arenaでは最高点はほとんど無く、KNVB-coach Erwin van de Looiのploegは前半しか危険を生み出すことができなかった。

 

Van de Looiは今シーズン、来年6月のEKへ向けてチームを鍛え上げようとしている。彼はこのinterlandperiodeを3-4-3-systeemのテストに使おうと考えた。金曜日のploegはJong België相手に最初のテストに耐え、NederlandはBryan Brobbeyの2得点によって見事に1-2勝利した。

 

このajax-spitsはその後 Ryan Gravenberchと同様に 'grote' Oranjeへ移動。Van de Looiは金曜に1時間で彼らを下げ、Joshua Zirkzee en Elayis Tavsanが代役だった。この2人は火曜日にCluj Nupocaでのoefenduelでは最初から登場することを許され、それ以外はBelgië相手と同じbasielfに。

 

主導権
voetbalを楽しむには理想的にはほど遠い環境だった。stadionは大きいが、この試合に訪れた観客には大きすぎ、さらに朝からの雨でフィールドは荒れていた。

 

さらにRoemeniëには決まったプレースタイルもあった。このploegは大勢がボールの後ろに立ち、Nederlandが組み立てでミスを冒すのを期待した。一度だけthuisploegは実際にそれをほとんどモノにしかける。Kjell Scherpen en Micky van der Venが不器用にボールを失い、aanvoerder Vladimir Screciuがチャンスポジションから放ったシュートは枠外に。

 

Jong Oranje側の最高点はほとんど無かった。Joshua Zirkzeeがヘディングで狙うも、Radu Dragusinが辛うじてラインからボールを掻き出した。HT直前にはXavi Simonsが小さなスペースでdefensieを突破したが、シュートは枠外に。

 

Twee debutanten
Van de Looiは金曜日に新顔が仕事をするのを見たいと既に告げており、後半始めにその約束を果たす。Denso KasiusがJeremie Frimpongの代わりにフィールドに入り、Bjorn MeijerがMitchel Bakkerに代わり、Thijs DallingaがZirkzeeからspitspositieを引き継いだ。Meijer en DallingaにとってはJong Oranjeでのデビューに。

 

10分後にはVan de Looiは Ekkelenkampも下げ、Ian Maatsenがその場所を引き継ぐ。後半半ばにはTavsanの代わりにven Mijnansもラインの中に入った。

 

後ろに寄りかかる
この交代が試合を好転させることは無かった。Roemeniëは後ろに寄りかかり続け、Jong Oranjeはほとんど突破口を見つけられなかった。チャンスの数は前半よりさらに少なかった。

 

長時間 後半唯一の偉業はOctavian Popescの突破だった。途中出場のaanvallerはフリーでScherpenに向かっているように思われたが、あまりに多くの時間を必要とし、ボールはKasiusの足を経てNederlandse doelmanの手に渡った。

 

Roemeniëにチャンス
Jong Oranjeは多くボールを持ったが、Roemenenのstrafschopgebiedより先に進むことができず、チャンスは生まれなかった。

 

Nederlandはこの試合に負けてもおかしくなかっただろう。終盤にthuisploegには1-0にする大チャンスがあった。Popescuが突然 Jovan MarkovicをScherpenの前に置く。Nederlandse doelmanはこの試合ほとんどすることが無かったが、それでも敗戦を防ぐために適切なタイミングで警戒を怠らなかった。

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/80438/jong-oranje-blijft-steken-op-0-0-roemeni%C3%AB

 

Oefeninterland
Dinsdag 27 september 2022
Jong Roemenië - Jong Oranje 0-0


Scheidsrechter: Christian Moldoveanu (Roe)
Gele kaarten: Screciu, Coubis (Roemenië)

 

Opstellingen:
Jong Roemenië: Hindrich; Coubis, Racovitan, Dragušin; Corbu, Screciu, Pop, Ticu; Miculescu, Munteanu, Isfan.
Jong Oranje: Scherpen; Geertruida, Van den Berg, Van de Ven; Frimpong (46' Kasius), Ekkelenkamp (54' Maatsen), Timber, Bakker (46' Meijer); Tavsan (70' Mijnans), Zirkzee (46' Dallinga), Simons.

 

Wissels:
Jong Roemenië: Popa, Gyenge, Ispas, Petrila, Grameni, Markovic, Popescu, Dican, Birligea, Lixandru, Sefer, Dumitrescu, Isac, Pitu.
Jong Oranje: Verbruggen, De Keijzer, Hilgers, Meijer, Kasius, Dallinga, Mijnans, Van Kaam, Maatsen.


https://www.onsoranje.nl/teams/185185/programma/wedstrijd/334083

 

Erwin van de Looi
「深く下がる相手との試合なら、サイドでもライン間でもボールを持った時に良くないといけない。突破できるタイミングで一度も上手く行かなかった。そうなればこういう結果になる」
「我々は3  centrale verdedigersで違うプレースタイルを試みた。金曜はそれが上手く行ったが、今日はあまり良くない試合だった。これkらこのsysteemに将来があるかを検討するつもり」
「次の準備再開は3月。それなら明確でないといけないし、もうこれ以上実験はしない」

 

Quinten Timber
「タフな相手だった。Roemeniëは守備的にプレーしてかなり時間を使っていた。このフィールドも役に立たなかった。どんなploegかは事前に分かっていたし、テンポを高く保たないといけないけれど、僕らはそれをしなかった。そうなれば自分たちで難しくしてしまう。楽しい試合では無かった」

 

続きを読む

Belgiëに勝利でNations League Finalsへ進出 (UNL: België-thuis)

楽観的に希望に満ちた気分でNederlands elftalは11月にQatar行きの飛行機に乗り込む。WK前最後のinterlandでOranjeはNations LeagueでBelgiëに勝利。Captain Virgil van Dijkが後半にNederlandを1-0勝利へ導くヘディングを決めた。

 

Belgiëに対する小さな勝利の直接的な結果としてNederlandが2023年6月にNations Leagueのfinalerondeに出場する。2019年と同様に。素晴らしいパフォーマンスだが、名誉あるFinalsという形のデザートは後回しだ。それはKoeman II, 正確には新しいkalenderjaarからOranjeで2期目のbondscoachとなるRonald Koemanの時代の話題だ。

 

今のNederlands elftalのフォーカスは言うまでも無くwereldkampioenschapにある。ちょうど8週間と1日後にploegはAl Thumama StadiumにおいてQatarでの最初のWK-duelでSenegalと対戦する。bondscoach Louis van Gaalと彼の男たちはシーズンのこの時期にそこを目指してやらなければならず、だからこそ4年ぶりにinterlandで得点できなかったBelgiëに対する勝利は歓迎すべきボーナスだった。

 

basisに4つの変更
理想世界ではVan GaalはBelgiëとのこの試合で自分の意図するWK-ploegを働かせたかっただろう。だが状況がそれとは違うものに。4日前のPolenでのuitwedstrijd (0-2) と比べ、Oranjes keuzeheerは違う選択をせざるを得ず、3人の入れ替えを強いられた。Memphis Depay, Teun Koopmeiners en Frenkie de JongがWarschauで負傷。彼らはそれぞれVincent Janssen, Steven Berghuis en Marten de Roonによって埋め合わされた。

 

4つ目の入れ替えとしてDavy Klaassenがspitsenduoの後ろでCody Gakpoより優先された。Van GaalがBelgië相手にはより守備的なバランスが必要と考えたためのswitch. Berghuisが背中の問題のために続けられず、Gakpoと交代しなければならなかったため、Van Gaalはそれも30分しか見る事ができなかった。Gakpoがspitsenの後ろのポジションを引き継ぎ、Klaassenがmiddenveldで下がった。

 

個人のミス
bezoekersはHazard en Batshuayiの危険なシュートで129回目のDerby der Lage Landenをスタート。Witsel, Castagne en OnanaもBelgenを代表して前半の良いチャンスを得た。ほとんどの危険は自分たちの個人のミスからだったため、Oranjeはそれを自分たちのせいにできる。反対側でのOranjeのベストチャンスはJanssen (20 meterからのシュート), Denzel Dumfries (左足でバーの上に) en Gakpo (動作が遅すぎ)にあった。

 

完売のJohan Cruijff ArenAはまだ火が付かず。もちろんOranjeの相手はFIFA-rankingの2位。経験豊富なRode Duivelsはgouden generatieと共にQatarで遂に夢のhoofdprijsを獲得できることを願っている。つまりtopploegだ, しかしNederlands elftalも自分たちにその述語を与える事ができる。だからこそ隣国同士のこの対戦は娯楽という面では少しガッカリなものだった。

 

後半も期待を裏切られる展開が長く続いた。Tyrell Malacia en Kenneth TaylorがAké en Janssenに代わって入ったOranjeもスムーズにモーターを動かすことができず。たとえばkeeper Remko Pasveerのスペクタクルなセーブがこの夜の最高点になっていたかもしれない。木曜日にデビューした38歳のgoalieは、66分に舞うような反射でOnanaの得点を防いだ。

 

Van Dijk代表6得点目
だが幸運にも73分目にOranjeが左からのconerを認められたことで反対側で最も美しいシーンが生まれた。Gakpoが蹴り、自らフリーポジションに入ったVan Dijkに届くと、地面から簡単にヘディングを決めて1-0. Oranjes aanvoerdeによって49回目のinterlandで6回目の得点となる素晴らしいゴール。

 

この得点が解放感をもたらした。数分後にBergwijnがネットを激しく揺らしてVan GaalとArenaの半分が歓声を上げたが、残念ながら外側のサイドネット。終盤 Oranjeは守備に追い込まれた。その利点はBelgenがかなり多くのスペースを与えた事でNederlandが切り替えで非常に危険になったことだ。Klaassenと2度のBergwijnがシュートを決断したが、得点できず。最後の1秒でinvaller Lukebakioが素晴らしいomhaalをkruisingに落ち込んでOranjeにとっては危うく致命的になることろだった。

 

全体としてOranjeは素晴らしいinterlandperiodeだったと振り返る事ができる。Polen en Belgiëに対する勝利はVan Gaals equipeの自信にポジティヴな効果を与えている。OranjeはQatarではtopfavorietenには直接入らないかもしれないが、どの国にも勝てる可能性があることを再び示した。

 

Van GaalがAdvocaatに並ぶ
最後に歴史に残る個人的成功: Louis van GaalはOranjeのbondscoachつぃて37回目の勝利を祝い、Dick Advocaatに並んだ。彼はそのための試合数は僅かに少なく、62に対して58.

 

Nations League Finals
KNVBはNations League finalsのfinalerondeの開催に立候補した。Nederland以外にBelgië, Polen en WalesUEFAにfinalsの開催を希望すると伝えている。Europese voetbalbondは1月に組織を割り当てる。

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/80426/zege-op-belgi%C3%AB-brengt-oranje-nations-league-finals

 

Nations League: Kwalificatie, groep 4
Zondag 25 september 2022
Nederland - België 1-0
74' Virgil van Dijk 1-0 


Scheidsrechter: Anthony Taylor (Egeland)
Gele kaarten: Dumfries, Taylor (Nederland), Castagne, Carrasco (België)

 

Opstellingen:
Nederland: Pasveer; Timber (65' De Vrij), Van Dijk, Aké (46' Malacia); Dumfries, Berghuis (31' Gakpo), De Roon, Blind; Klaassen (90+2' Gravenberch); Janssen (46' Taylor), Bergwijn.
België: Courtois; Meunier (46' Carrasco), Alderweireld, Debast, Vertonghen, Castagne (82' Lukebakio); Onana (75' Tielemans), Witsel, De Bruyne, E. Hazard (64' Trossard); Batshuayi (46' De Ketelaere).

 

Wissels:
Nederland: De Ligt, De Vrij, Weghorst, Gakpo, Malacia, Rensch, Flekken, Cillessen, Noppert, Taylor, Brobbey, Gravenberch.
België: Mignolet, Casteels, Theate, Tielemans, Openda, Carrasco, De Ketelaere, T. Hazard, Trossard, Lukebakio, Vanaken, Saelemaekers.


https://www.onsoranje.nl/teams/185184/uitslagen/wedstrijd/333964

 

Louis van Gaal
「この勝利はWKへ向けてのフィーリングにはそれほど影響しない。我々亜h良いプレーをしなかったからね。これはグループの規律による勝利。それは素晴らしいこと。我々は90分間劣勢だったが、やり続けた。しかしシンプルな状況で非常に多くボールを失った。これは実際Polen相手にもそうだったが、今回はさらに多く起きた。それはBelgiëのせいでもある。彼らは特に後半はよりボールにプレッシャーをかけてきた。我々は自分たちのベストの試合はしなかった」
「我々のmiddenvelder, Marten de Roonは実際我々のベストの選手の1人だったと思う。彼は別の色にほとんどボールを出さず、守備面ではDe Bruyneが我々のpitbullsから離れた時に彼を捕まえていた。彼はそれをとても上手くやった。私はその場所にいる選手には駅を飛ばして欲しい。De Roonにはそれが無いが、彼は高いボールスピードに対応できている。それは見事だと思う。とても多くドリブルするFrenkie de Jongとより、De Roonとの方がよりスピーディに進むこともある」
「Pasveerは2回0に抑えたが、それはチームのせいでもある。こういうploegenと対戦するための別の戦術的な方式がある。keeperは常にボールを止めないといけなと思う。彼はそれをとても上手くやったし、ミスをしなかった。しかしそれはシンプルな作業だった。彼をすでにQatarでのbasisに書き込める?いや、だがPasveerは一緒に行くだろう」
「Martins IndiはWKに間に合わないだろう。だから私はAkéの場所でもMalaciaを見たかった。Martins Indiが間に合わないので、そこでプレーできる他の選手に目を向けないといけない」

 

Virgil van Dijk
「良い試合では無かったけれど勝ったのは良い気分。もっと良くしないといけないけれどね」
「Belgiëはもちろん僕らをaanvallersの多くの動きでバラバラにしようとした。彼らにはHazard en De Bruyneという個のクオリティもある。僕らはverdedigersとしてポジションの入れ替えをたくさんしないといけなかった。ハードな仕事だったけれど、僕らが勝った。相手は世界のベストチームの1つ。彼らの個の力で難しくなるのはもちろん分かっていた。でも僕らは0に抑えて勝った。それが最も重要」
「自信と期待を持ってWKへ向かおう。僕らは自分たちにできること、僕らに勝てるチームがほとんど無い事を知っている。僕らが素晴らしいグループでとてもスペシャルなWKへ行けることを願っている」

 

続きを読む

Jong Oranje, België相手のお手本を示す (oefenduel: België-uit)

Jong Oranjeは金曜夜にBelgiëとのoefenwedstrijdに勝利。Leuvenでの試合は主に前半に支配したKNVB-coach Erwin van de Looiのploegが1-2の優位で追えた。Brian Brobbeyが両方のNederlandの得点を決めている。

 

EKの準備が始まった。成功したkwalificatiecyclusの後、Jong Oranjeは来年6月にGeorgië en Roemeniëで行われるeindtoernooiへ向けて今シーズンは取り組んでゆく。

 

Nederlandは火曜日にはこの2つ目のgastlandとoefenduelを行う (17.00 uur開始). だがまずはBelgiëとの紙の上ではより難しい試合が組まれていた。Nederlandと同じくgroepswinnaarとしてeindtoernooiへの出場権を得ているploeg.

 

Van de Looiはこの試合をプレー方法をテストする事に使いたいと考えた。そのため彼はこれまでとは違う3-4-3 opstellingを選択。その中にdebutant Xavi Simonsも入れた。

 

このPSVの買い物は日曜日にAmsterdamでBelgiëと対戦する'grote' Oranjeに昇格したKenneth Taylorの代わりにプレー。それはLouis van Gaalのploegに加わる前にJong Oranjeでまずは出場時間を作ることができたBrobbey en Ryan Gravenberchにも当てはまる。

 

Openingstreffer Brobbey
Jong Oranjeは力強くスタートした。ploegは多くボールを持ち、主にJeremie Frimpongをとおして右サイドを頻繁に突破。scorebordに0-1が表示されるまで長くはかからなかった。

 

Simonsがすでに大チャンスを逃した後、Brobbeyの個人のklasseが違いを作った。このajaciedはJurgen Ekkelenkampのパスを高度に見極め、Ewoud Pletinckxを見事にかわすと左足でボールを蹴り込んだ。

 

よりプレーに入る
ploegはその後やや雑になり、それによってBelgiëがよりプレーに入った。Kjell Scherpenの組み立てでのミスは上手く免れ、Largie Ramazaniも数回危険を作ったがScherpenが警戒を怠らなかった。

 

反対側ではaanvoerder Quinten Timberが試みる。このFeyenoorderは中央での良い攻撃から左足でシュートを放ったが、難しいバウンドにも関わらずMaarten Vandevoordtがセーブ。このdoelmanはチャンスポジションからあまりに弱くシュートしたSimonsのボール求めた。

 

0-2はHT直前に決まった。得点したのは再びBrobbey. この攻撃は枠に入れて飾る価値があるものだった。Timberが立ち足の後ろにボールを通してMitchel Bakkerに送ると、彼がspitsの頭をよく見たクロス。Brobbeyがヘディングで見事に決めた。

 

Wissels
3人の新たな選手たちでBelgiëはHT後すぐに試合をひっくり返そうとした。debutant Mees HilgersがLutsharel Geertruidaに変わったNederlandはしばらく探り探りであり、それを対戦相手が利用。Olivier Demanがkorte hoekを狙ったが、Scherpenがセーブした。

 

主導権をthuisploegに短期間委ねた後、Jong Oranjeが再びそれを取り戻す。Mickey van de Venがconerから0-3に近づいたが、Pletinckxが辛うじて彼のシュートを止めた。

 

Belgiëが再び緊張感を作る
Oranjegangers Brobbey en Gravenberchに替えてJoshua Zirkzee en Elayis TavsanでNederlandは最後の30分間に入ったが、そこでBelgiëが試合に緊張感を取り戻した。Deman en Jérémy DokuがすでにScherpenに道を阻まれた後、このduoが追い上げの得点のベースに。スピードあるDokuが左サイドを突破し、Demanがボールをゴールに押し込んで1-2.

 

だがthuisploegは押し続けられず。blessuretijdにようやらこのチームはLucas Lissensによって危険になったが、Scherpenが、そしてその後にVan de Venが同点を防いだ。さらにThijs Dallingaにとって素晴らしい瞬間も。このToulouse FCの選手もデビューを果たした。

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/80420/jong-oranje-geeft-het-goede-voorbeeld-tegen-belgie

 

Oefeninterland
Vrijdag 23 september 2022
Jong België - Jong Oranje 0-2
14' Brian Brobby 0-1 / 44' Brian Brobby 0-2

 

Scheidsrechter: 
Gele kaarten: Simons (Nederland)

 

Opstellingen:
Jong België: Vandevoordt (46' Delanghe); Siquet (71' Samoise), Patris (46' Raskin), Pletinckx; De Winter, Van der Brempt (46' De Cuyper), Matazo (71' Zaroury), Vranckx (71' Lissens); Verschaeren (46' Doku), Ramazani (46' Deman); Vertessen (46' Bakayoko).
Jong Oranje: Scherpen; Geertruida (46' Hilgers), Van den Berg, Van de Ven; Frimpong, Timber, Gravenberch (61' Tavsan), Bakker (76' Maatsen); Ekkelenkamp, Brobbey (61' Zirkzee), Simons (85' Dallinga).

 

Wissels:
Jong België: 
Jong Oranje: 
https://www.onsoranje.nl/teams/185185/programma/wedstrijd/334082

 

Erwin van de Looi
「ここから得られるものがたくさなる。これが我々が望んでいたoefenwedstrijd. 多くの事が上手く行ったが、これからの期間でまだ取り組まなければならないことも見えた」
「我々は3-4-3でプレーしたが、それほど頻繁にはこれをやっていない。取り組むのに2日しか無かったので、Belgiëの考えられる全てのプレーの仕方に対する準備ができなかった。前半は我々がtrainingしたとおりでとても良いプレーだった。ただフィニッシュを決めなければいけない。HT後は特にプレッシャーを受けてえ苦しんだ。最終的には2-1で試合をモノにするために戦わなければならず、それに成功した」
「systeemが変わっても攻撃面の意図は同じ。我々のbacksはbuitenspelersのようなもの」

 

続きを読む

Smorenburg「できるだけ早く毎年 Champions Leagueへのticketを争えるようにするのは現実的な目標」

Feyenoordはできるだけ早くChampions Leagueに参加することを望んでいるとfinancieel directeur Pieter Smorenburgは新刊のFeyenoord Magazineで語った。Rotterdammersは来シーズン 財政面でもスポーツ面でもNederlandの現top tweeと争えるような1ステップを踏みたいとも考えている。

 

「我々はsupportersにFeyenoordのフィールド上での成功を構造的に見て貰いたいと考えている」とSmorenburgは話す。「そのために我々は例えば昨夏にArne Slotとの契約を延長した。彼はもちろんそのプロセスで非常に重要だからだ。我々は今シーズンもまた良い成績を収め、選手たちがさらに成長すれば、来夏にはスポーツ面でも財政面でも再び1ステップを踏める可能性は大きい」

 

Feyenoordは以前からvoetbalに完全に集中しており、Champions Leagueのgroepsfase到達は現実的な目標だと述べていた。「特に今はNederlandが2024年からChampions Leagueで追加の席を獲得する可能性が大きい。我々はスポーツ面の理由だけでは無く、収入面の違いが大きいという理由からも、毎年そのtoernooiへのticketを争いたい」

 

SmorenburgはFeyenoordの内部で多くの変化が起きたことに気づいている。昨夏には移籍市場で大きな成果を収めた。「我々のtechnische staf, de scouting, de jeugdopleiding, ああ 実際club内の全員がスポーツ面の成功を確固たるものにするために全力を尽くしている。我々は良い道を進んでいると本当に確信している」

 

Trendbreuk
とても良い移籍期間により、Feyenoordは厄介なトレンドを破ることになる。「昨シーズンの選手結果は約9 miljoen euroのマイナス。7月と8月に我々が行った移籍によって、今のままいけば今シーズンの終わりにはかなりポジティヴな選手結果が得られるだろう。2021-2022の年次決算にはまだ大きな転換は見られないだろうが、来年は見られるだろう。これは本当にこれまえの数年間のトレンドを破るもの」

 

https://www.fr12.nl/nieuws/feyenoord-wil-jaarlijks-om-een-champions-league-ticket-strijden

Koen Stamと契約延長

FeyenoordはKoen Stamとの契約を破棄・延長した。Stamは2021年からFeyenoordでHead of Methodologyであり、これで少なくとも2024年半ばまでclubに繋ぎ止められる。35歳のStamはFeyenoord内でvoetbalmethodiekの実装についての責任を負っている。

 

Rini Coolen, Head of Academy van Feyenoordによれば、Stamが長期的に仕事を遂行できることが重要だという。「Feyenoordで我々は2021年初めから自分たちのvoetbalfilosofieをさらに発展させ、形にすることを取り組んできた。Koenは我々のjeugdspelersにFeyenoord-voetbalをどのように学ばせるか、中堅。ベテランのtrainersを指導している」

 

Stamは延長に喜んでいる。「Feyenoordが私の契約を破棄・更新したいと望んでくれたのはとても嬉しい。これで我々にはcoachesと共にさらに自分たちのvoetbalvisieを発展させ、適応させるための時間と猶予が増えた。最終的な目標はFeyenoordのプレーの意図とプレーの原則がclubの全ての階層で見えるようになることだ」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/koen-stam-langer-bij-feyenoord-230922

Paris Elmensdorpと初契約

Paris Elmensdorpは今週 Feyenoordで自身初のプロ契約を結んだ。Feyenoord Academyの17歳のverdedigerはVarkenoordでで家族と友人の立ち会いのもと、2025年半ばまで自身をclubに繋ぎ止める契約にサインした。

 

「Parisは多くのスピードと優れたwinnaarsmentaliteitを備えた大型フィジカルの選手というのが最も良い描写」とRini Coolen, Head of Academy van Feyenoord. 「Parisのアドバンテージはverdedigerとして複数のポジションで起用できること。彼が最初の契約にサインすることは長年の自分自身への投資のご褒美だ」

 

Elmensdorpにとってこれ以上は無い日だ。「家族と友人に見守れながらFeyenoordで最初のプロ契約にサインできたことは誇りに思うし、自分の夢が叶った。今シーズンはFeyenoord Onder 18でさらに成長し、長期的にはOnder 21でプレー時間を得たい。最終的な目標はいつかFeyenoord 1へのステップを踏むこと。そのために毎日必死で取り組む」

 

Elmensdorpは幼い頃にamateurclub AVV SDZでvoetbalcarrièreをスタート。AVV Zeeburgia en AFCのjeugdopleidingを経て10歳でFeyenoord Academyに加わった。この右利きはそこで全チームを経て、今シーズン ElmensdorpはFeyenoord Onder 18の一員となってHenk Bruggeの指導を受けている。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/eerste-profcontract-voor-paris-elmensdorp-230922

Oranje, Polenに勝利でfinalerondeに手をかける (UNL: Polen-uit)

Nederlands elftalはNations Leagueのfinalerondeに手を掛けた。bondscoach Louis van Gaalの男たちは木曜日にWarschauでPolenに0-2で勝利し、残り1試合でBelgiëに3ptリード。日曜日にJohan Cruijff ArenAでこの隣人相手にFinal Fourの席を確保することができる。

 

残り1試合ででNederlandはLeague Aのgroep 4での2位 België相手に3ptリード。南の隣人が日曜日にOranjeと並んだ場合、直接対決の結果が優先される。Van GaalのチームはBrusselでBelgiëに1-4勝利しているため、その点で良いuitgangspositieを占めている。

 

Basisplaats Pasveer
だがそれは日曜日。まず木曜日はPolenとの試合が組まれていた。Nations Leagueでの重要な試合という以外に、Nederlands elftalにとってはWKへ向けて最後のテストケースの1つだった。さらにbondscoach Louis van Gaalにとっては選手たちの仕事を間近で見れる最後のチャンスの1つだった。oefenmeesterはそれ故に38歳でOranjeにデビューとなるRemko Pasveerにbasisplaatsを与えた。「実際38歳を選ぶのはVan Gaalsでは無い」とbondscoachはPasveerの選択について語った。「実際我々は彼を昨年すでに連れてきたかったが、当時彼は手に故障があった。彼はajaxで何ができるかを示し、だから彼はこれに相応しい」

 

さらにJurriën Timber en Teun Koopmeinersにもbasisplaatsenがあり、Cody Gakpoは例えばDavy Klaassen of Steven Berghuisよりも優先された。このPSV’erについてもVan Gaalが彼の仕事を見たかったというのが当てはまる。PolenではRobert Lewandowskiに多くの目が向けられていた。このtopschutterは6月のNederlandとの前回の対戦では不在だったが、この木曜日はaftrapに姿を現した。

 

早々の挫折
満員のNarodowy-stadionでSpaanse scheidsrechter Alejandro Hernandezが試合開始の笛を吹くや否や、新しいblauwe uitshirtを着たOranjeはすでに挫折に対処しなければならなかった。Karol Linettyとの空中での競り合いでKoopmeinersが頭部を負傷。Atalanta Bergamoのmiddenvelderは担架でフィールドから運び出され、Steven Berghuisと交代となった。

 

このajaciedはmiddenveldでFrenkie de Jongの隣に配置され、11分後にOranjeの最初の大チャンスのベースとなった。ゴールへ向かうクロスが相手の背後から抜け出したDaley Blindの足下に届く。しかしBlindが上手くボールを蹴れず、そのシュートはPoolse doelman Wojciech Szczesnyにとって簡単な獲物だった。

 

Openingstreffer Gakpo
2分後にNederlands elftalが21回のrondspelを行う見事なcombinatiespelから得点。この攻撃の最終段階にBerghuisがDepayを見つけ、後者が上がって来たDenzel Dumfriesに見事なパスをとおす。Internazionaleのwingbackがゴール前にボールを届け、GakpoがノーチャンスのSzczesnyの後ろにボールを置いた。先制点の後もOranjeは過剰な努力の必要も無く試合を優位に進めた。時に楽にコンビネーションをし、守備面ではほとんどチャンスを与えなかった。そのためdebuterende Pasveerは最初の45分間ほとんど行動を起こす必要が無かった。

 

しかしOranjeも多くのチャンスは作れず。BerghuisがPoolse doelに数回発砲したが、2回ともシュートは枠外に。前半終盤にNederlandはカウンターでDepayを経てまだ数回脅威を作ったが、Barcelona-aanvallerは自分の成功を目指さずにSteven Bergwijnへのパスを決断。そうして前半は1得点だけに終わった。

 

PolenにチャンスもBergwijnが得点
後半開始に際してVan GaalはFrenkie de Jongの代わりにMarten de Roonを投入したが、bondscoachは数分後に再び介入しなければならなかった。今回はDepayが負傷交代。Vincent Janssenが代わりにploegに加わった。Oranjeは一瞬シャープさを失い、すぐにPolenに数回のチャンス。最初にPrzemyslaw Frankowskiがボールを出し、途中出場のoud-ajacied Arek Milikが至近距離からシュートをバーの上に飛ばす。その後フリーで抜け出したFeyenoord-middenvelder Sebastian Szymanskiが荒いシュートをPasveerのゴールの横に外した。

 

こうしてNederlands elftalはDe Jong en Depay抜きでしばらく探り探りであり、Polenは試合の中で良くなっているように思えた。だがOranjeが苦しんでいた正にその時間帯にBergwijnが0-2に。Polenのボールロストからこのajax-aanvallerがJanssenとのコンビネーションを試み、Antwerp FCのspitsがeen-tweetjeでボールを戻すと、Bergwijnが逆隅に見事にボールを置いた。

 

2点目でOranjeのプレーに落ち着きが戻り、Van GaalにKenneth TaylorにもBerghuisの代わりとしてNederlands elftalのshirtでの初の時間を与える機会を提供した。さらにBergwijnがWout Weghorstに場所を譲り、このnieuwelingenがploegに入ったNederlandはもう一瞬も危険に陥らなかった。Gakpo en Janssenの遠目からのシュートでOranjeは3点目にも近づいたが、Szczesnyがもう抜かせず。

 

あり得るベストのuitgangspositie
こうしてNederlandはWarschauでやるべき事を行い、日曜のBelgië相手の試合に向けてあり得るベストのuitgangspositieを得た。そこでNations Leagueのfinalerondeへ向けての道のりにある最後のハードルを越えなければならない。OranjeはJohan Cruijff ArenAで完売の家を見込むことができる。試合は20.45 uur開始。

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/80416/oranje-heeft-plek-finaleronde-binnen-handbereik-na-zege-op-polen

 

Nations League: Kwalificatie, groep 4
Donderdag 22 september 2022
Polen - Nederland 0-2
14' Cody Gakpo 0-1 / 60' Steven Bergwijn 0-2 

 

Scheidsrechter: Alejandro Hernandez (Spanje)
Gele kaarten: Szczęsny (Polen), Janssen, Weghorst (Nederland)

 

Opstellingen:
Polen: Szczęsny; Bednarek, Glik, Kiwior; Frankowski (78' Bereszyński), Krychowiak, Linetty (46' Milik), Zalewski (78' Skóraś); Szymański (70' Klich), Lewandowski, Zieliński (86' Łęgowski).
Nederland: Pasveer; Timber, Van Dijk, Aké; Dumfries, Koopmeiners (5' Berghuis, 75' Taylor), De Jong (46' De Roon); Blind; Gakpo; Depay (52' Janssen), Bergwijn (75' Weghorst).

 

Wissels:
Polen:
Nederland:

 

https://www.onsoranje.nl/teams/185184/uitslagen/wedstrijd/333963

 

Louis van Gaal
「私は事前に今日は無失点に抑えるぞと言っていたんだ。私は最も重要な発展がどこにあるべきかを事前に示そうとした。それは相手がボールを持っている時。つまり我々はdoordekkenしなければならず、ポジションからプレーするのではなく、ボールに本当に上手くプレッシャーをかけなければならないということ。そしてbacksは絞って背後をカバーしなければならない、それによって我々はまるでachterinに1人多いように見えるからだ。今日の我々はそれを上手くやった。90分間ボールにプレッシャーをかけ、ほとんどチャンスを与えなかった。一方でPolenにはfantastische spitsがいた」
「Cody Gakpoはボールを持っている時も、相手がボールを持っている時も自分の義務を果たしていたと思う。これは彼にとって良いレッスンだった。彼自身こういうプレーをしたくないはずなので、良い成長でもある。彼は左サイドからのプレーを好む。しかし彼には良いtienになるための全てがあると思う。今日の我々はそれを再び目の当たりにできた。彼がまた得点したのも重要。0-1はwereldgoalだった。私はbankから飛び跳ねたよ。普段私はそんなことはしない。本当にtopdoelpuntだった」
「我々はシンプルな状況であまりに多くボールを失った。その液化彼らは2回チャンスを作った。だが我々がボールを失ったのだからそれは自分たちのせい」
「Koopmeinersの状態は良くなっているが、まだscanが必要。Frenkieは筋肉に多少張りがあったが、日曜にはプレーすると彼自身予想している。彼は自分の体を分かっている。Memphisの怪我は残炎だし、良い兆候では無い。日曜のBelgië戦ではプレーしないだろう」

 

続きを読む