Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Feyenoord-interview・column

コラム: Arne SlotはFeyenoordを生き返らせた

Stadshuispleinはfeestを祝い、Vélodromeの3000人のsupportersは有頂天、selectieは‘komen wij uit Rotterdam?!’を叫んでいるが、私は何よりもライン際のトラックスーツの灰色の塊、Arne Slotを光り輝く中心としたFeyenoordのtrainersstafだ。ここに成功が具…

Azarkan「Feyenoordの全ての若い選手たちに、1シーズンKKDで毎週プレーする事を勧める」

Feyenoord-huurling Marouan AzarkanはExcelsiorと共にEredivisieに昇格するためにまだ全力を尽くさなければならない。だが個人としては彼はすでに非常に価値あるシーズンについて話をすることができる。FR12.nlとの会話で、AzarkanはKeuken Kampioen Divisi…

De Kuipに良いvoetbalと笑顔が戻った前半戦

総括Dick Adovocaatもとで大きな失望と共に終わった昨シーズンから、Arne Slotを迎えた2021-2022シーズン。補強はありつつも全く新しいプレースタイルで0からチームを再建という状況に大きな期待は持たれていなかったが、終わってみれば内容も結果も伴ってko…

Aursnes「supportersが僕のことを愛してくれるのを願っている」

Fredrik Aursnesは短期間でFeyenoordにとって重要な価値を持つまでに成長した。このNoorはreserveとして始まったが、すぐにtrainer Arne Slotが彼を外すのはほとんど不可能になった。新しいHand in HandでAursnesがDe Kuipでの最初の数ヶ月間について語る。 …

Te Kloese「buitenlandで多くの事を学んだのを見せる」

Dennis te Kloese (47)はbuitenlandでの約20年で得た経験を新algemeen directeurとしてFeyenoordでの仕事に活かしたいと思っている。De Kuipでのスタートに向け、新Feyenoord MagazineでTe Kloeseは広範囲なインタビューに応えた。 あなたは2003年以来 Neder…

59歳の誕生日を祝うDe Wolf 「余計にスペシャル」

John de Wolfは今日59歳の誕生日を祝う。このassistent-trainerにとって今日 12月10日はスペシャルな日だ。彼はこれで自分の父よりも年上になったという理由で。Feyenoord Magazineの前回の刊で彼はそれについて広範囲に話した。 「1989年に当時のtechnisch …

FeyenoordがOostenrijkでのプレーとは比較ならないことに気づいたTrauner「サインする前から感じていた」

Gernot TraunerはAD Spelersklassementで数週間 kopを走っている。日曜日にFeyenoordと共にFC Twenteのもとを訪れる29歳のOostenrijkerはFeyenoordと以前よりも遙かに安定させている。 OostenrijkとNederlandの最大の違いは?Gernot Traunerは笑みをこぼす。…

Stadionproject一時停止についてToon van Bodegom en Gérard Moussault 会見

RvC-voorzitter Toon van Bodegom「現時点で実現できないプランがあるという理由で我々がこうして集まることになったのは残念。とても多くの人々が心を魂を込めて取り組んできたのはその意味でちょっと悲しい日だ」 vice-voorzitter Gérard Moussault「念の…

Feyenoord-voetbalの詳細なビジョンの基盤

Feyenoordは明確なvoetbalvisieに則っており、hoofd opleiding Rini Coolen en Head of Methodology Koen StamはFeyenoord Academyでそれを設計かつ実装したいと考えている。詳しくは今シーズンのFeyenoord Magazineでの初刊に掲載されたこの長文記事をどう…

最後のステップを踏むことを望むFeyenoord-huurling Azarkan 「すぐに家にいるように感じた」

Keuken Kampioen Divisieは数10年にわたって国内・国外のtalentenのための保育園として活用されており、今シーズンもポテンシャルのある多くのvoetballersがtweede niveauでプレーしている。Keuken Kampioen Divisieの公式mediapartnerであるVoetbalzoneは毎…

Malacia「voetbalではすぐ大人にならないといけない」

Tyrell Malaciaはlinksbackとして近年大きなステップを踏み、新契約とOranjeのデビューという成果を得た。今回 Feyenoord Magazineの中でこのverdedigerとの広範囲なインタビューが行われた。 君は契約延長の際に大人になることについて話していた。『今や本…

GuidettiのFeyenoord-debuutから10年 「またどんなmafkeesを連れてきたんだ?」

彼はFeyenoordで僅か23試合しかプレーしなかったが、誰も彼を忘れることは無い。John Guidettiはちょうど10年前、NAC Bredaのもとを訪れた1-3勝利でRotterdammersにデビューした。Stockholm出身の19歳spitsはManchesterを経てDe Kuipに来るや否や、すぐにkle…

Melvin Boel「私はLennardをいつもFeyenoordのFrenkie de Jongと呼んでいた」

Feyenoord Academyの人々はLennard Hartjes en Antoni-Djibu Milamboの成長を誇りに思っている。この2 talentenは木曜夜のFC Luzern戦でFeyenoordのshirtでの公式デビューを果たした。Hartjesと共に仕事をしていたMelvin Boelはその成長を賞讃している。 「…

Toornstra「僕らは全てをミス無く行うという幻想は持っていない」

Jens Toornstraはtrainer Arne SlotのもとでのFeyenoordの新しいプレースタイルに熱狂している。彼はそれをAlgemeen Dagbladでの広範囲なインタビューで明らかにした。「それは多くのエネルギーを必要とし、タフだけれど、とても楽しい」とこのmiddenvelder…

Arnesen 「Slotに時間を与えなければいけない」

Arne SlotはFeyenoordで困難な仕事を始めている。Technisch directeur Frank Arnesenはこの新trainerが得に時間を与えられるべきであり、物事が上手く行かなくてもパニックに陥るべきではないと内部で伝えていると、このDeenはVoetbal Internationalはとの広…

Til「このstadionとsupportersにいつも感銘を受けていた」

Guus TilはVoetbal Internationalの表紙を飾っている。このFeyenoordのmiddenvelderはRotterdamse clubでの新シーズンを楽しみにしている。ちlは失望の2シーズンの後に再び足で語れることを願っており、trainer Arne Slotの信頼に喜んでいる。 Til「満員のDe…

Slot「私がFeyenoordで全てのやり方を変えると言われているが、そんな事は無い」

Arne Slotがtrainingscomplex 1908でFeyenoordのtrainerとして自分のプランを披露した。Feyenoordの新trainerとして正式にスタートするDick Advocaatの後任は週末に選手たちを医学的と身体的にテストさせ、週明けにはRotterdamのtrainingscomplexで最初のtra…

Steven Berghuis「voetbalが僕の人生を支配している」

Steven Berghuis (29)は昨シーズン飛び抜けて最も話題になったFeyenoorderだった。現在 EKのスタートに向けてOranjeと共に働いているaannvoerderはそれを当たり前のことと受け止めているが、最も重要な選手として多く話題にされる難しさも感じている。Michae…

Feyenoord MagazineでのArne Slot独占インタビュー

Arne SlotはSC Cambuur en AZでその支配的で攻撃的なプレースタイルで賞讃された。Feyenoordの新hoofdtrainerとして、彼はそのタイプのvoetbalをDe Kuipにもたらすことを決意していると、Feyenoord Magazine新刊での独占インタビューで語った。 あなたがCamb…

Botteghin, お別れインタビュー

Sven van Beek en Bart Nieuwkoopに続いて、Feyenoordは去ろうとするEric Botteghinについてじっと振り返る。このBraziliaanはFeyenoord-shirtで172 officiële wedstrijdenをプレーし、2015年にFC Groningenから加入して以来 De Kuipで六シーズン活躍した。 …

Feyenoord City: 目もくらむような計画の最も重要な7つの質問への回答

Feyenoord Cityという言葉を度々耳にするが、実際それな何のことか?現在の状況は?主役は誰か?なぜこれほど時間がかかるのか?と思う人々もいる。今後数ヶ月で決定が下されなければならない、この大いに議論されているプロジェクトの最も重要で最も差し迫…

Nieuwkoop, お別れインタビュー

Feyenoordは今週末 Sven van Beek, Bart Nieuwkoop en Eric Botteghinに焦点を当てる。昨日はVan Beekが広範囲に語り、今回はNieuwkoopの番だ。このverdedigerは15歳でVarkenoordに来て、10年経ったいま Belgische Royale Union Saint-Gilloiseへ去ろうとし…

Van Beek, お別れインタビュー

Feyenoordは今週末 Sven van Beek, Bart Nieuwkoop en Eric Botteghinに焦点を当てる。この様々なprizenを勝ち取ったチームの一員だった3 Feyenoordersはこの夏に去る。Van BeekはFeyenoord TVとの会話の中でRotterdamse clubでの期間を振り返った。 Willem …

停滞と失望のシーズン

総括Feyenoordの2020-2021シーズンは控え目に言っても大きな失望のシーズンだった。昨シーズン Dick Advocaat就任以来の素晴らしい好成績と、新trainerとして適切な人物を得られるタイミングでは無かったことでAdvocaatとの延長を決定。戦力的にも大きな違い…

coronaによってDe Kuipに辿り着くよりも自分がやりたいことを知ったFeyenoord-talent「僕は医者になる」

De Kuipに到達することはeerste elftalでのブレイクに近づいていたFeyenoord-jeugdspeler Splinter de Mooijにとって長年の夢だった。しかしcoronaによってこの19歳のHagenaarは医者になるという別を夢をむしろ実現させたいと自分が思っていることに気づいた…

Van Noortwijk「このclubは本当にもの凄く素晴らしい」

Bas van Noortwijkは14年間働いたFeyenoordにこの夏 別れを告げる。66歳のRotterdammersのteammanagerは引退し、このoud-doelmanは隠退生活を楽しみながらFeyenoord Academyを遠くから追いかける。 「とても楽しかったし、偉大なtrainersと仕事をすることが…

Bannis「Advocaatの発言をモチベーションに変えた」

Keuken Kampioen Divisieは数10年にわたって国内及び国外talentenの分娩室であり、今シーズンもまたこの第2レベルにはポテンシャルを秘めた多くのvoetballersがプレーしている。Keuken Kampioen Divisieの公式メディアパートナーであるVoetbalzoneは毎週これ…

Hendriks「僕はFC DordrechtからLiverpoolへ行くこともできたけれど、比較的確実な道を選んだ」

Keuken Kampioen Divisieは数10年にわたって国内及び国外talentenの分娩室であり、今シーズンもまたこの第2レベルにはポテンシャルを秘めた多くのvoetballersがプレーしている。Keuken Kampioen Divisieの公式メディアパートナーであるVoetbalzoneは毎週これ…

Hendriks「あらゆる点で良くなってFeyenoordに戻る」

1月初めに彼はNACでeerste divisieにおいてなるべく多く出場時間を得るためにRotterdam-ZuidからBredaへ引っ越した。今のところFeyenoord-huurling Ramon Hendriksにとってそれはかなり成功している。この19歳のverdedigerをNACのcentrumから外すことはすで…

吃音のGeertruidaはインタビューを避ける:「彼にはさらに人気者になる可能性が十分ある」

Lutsharel GeertruidaはFeyenoordでの今シーズンの発見だが、大衆は彼がカメラの前で話すのを見かけることはまだ一度も無い。彼は吃音だ。voetballerにとってそれはどのくらい大きな問題だろうか? clubのぬるま湯であるFeyenoord Magazineでさえ、Lutsharel…