Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Feyenoord-interview・column

Slot「私がFeyenoordで全てのやり方を変えると言われているが、そんな事は無い」

Arne Slotがtrainingscomplex 1908でFeyenoordのtrainerとして自分のプランを披露した。Feyenoordの新trainerとして正式にスタートするDick Advocaatの後任は週末に選手たちを医学的と身体的にテストさせ、週明けにはRotterdamのtrainingscomplexで最初のtra…

Steven Berghuis「voetbalが僕の人生を支配している」

Steven Berghuis (29)は昨シーズン飛び抜けて最も話題になったFeyenoorderだった。現在 EKのスタートに向けてOranjeと共に働いているaannvoerderはそれを当たり前のことと受け止めているが、最も重要な選手として多く話題にされる難しさも感じている。Michae…

Feyenoord MagazineでのArne Slot独占インタビュー

Arne SlotはSC Cambuur en AZでその支配的で攻撃的なプレースタイルで賞讃された。Feyenoordの新hoofdtrainerとして、彼はそのタイプのvoetbalをDe Kuipにもたらすことを決意していると、Feyenoord Magazine新刊での独占インタビューで語った。 あなたがCamb…

Botteghin, お別れインタビュー

Sven van Beek en Bart Nieuwkoopに続いて、Feyenoordは去ろうとするEric Botteghinについてじっと振り返る。このBraziliaanはFeyenoord-shirtで172 officiële wedstrijdenをプレーし、2015年にFC Groningenから加入して以来 De Kuipで六シーズン活躍した。 …

Feyenoord City: 目もくらむような計画の最も重要な7つの質問への回答

Feyenoord Cityという言葉を度々耳にするが、実際それな何のことか?現在の状況は?主役は誰か?なぜこれほど時間がかかるのか?と思う人々もいる。今後数ヶ月で決定が下されなければならない、この大いに議論されているプロジェクトの最も重要で最も差し迫…

Nieuwkoop, お別れインタビュー

Feyenoordは今週末 Sven van Beek, Bart Nieuwkoop en Eric Botteghinに焦点を当てる。昨日はVan Beekが広範囲に語り、今回はNieuwkoopの番だ。このverdedigerは15歳でVarkenoordに来て、10年経ったいま Belgische Royale Union Saint-Gilloiseへ去ろうとし…

Van Beek, お別れインタビュー

Feyenoordは今週末 Sven van Beek, Bart Nieuwkoop en Eric Botteghinに焦点を当てる。この様々なprizenを勝ち取ったチームの一員だった3 Feyenoordersはこの夏に去る。Van BeekはFeyenoord TVとの会話の中でRotterdamse clubでの期間を振り返った。 Willem …

停滞と失望のシーズン

総括Feyenoordの2020-2021シーズンは控え目に言っても大きな失望のシーズンだった。昨シーズン Dick Advocaat就任以来の素晴らしい好成績と、新trainerとして適切な人物を得られるタイミングでは無かったことでAdvocaatとの延長を決定。戦力的にも大きな違い…

coronaによってDe Kuipに辿り着くよりも自分がやりたいことを知ったFeyenoord-talent「僕は医者になる」

De Kuipに到達することはeerste elftalでのブレイクに近づいていたFeyenoord-jeugdspeler Splinter de Mooijにとって長年の夢だった。しかしcoronaによってこの19歳のHagenaarは医者になるという別を夢をむしろ実現させたいと自分が思っていることに気づいた…

Van Noortwijk「このclubは本当にもの凄く素晴らしい」

Bas van Noortwijkは14年間働いたFeyenoordにこの夏 別れを告げる。66歳のRotterdammersのteammanagerは引退し、このoud-doelmanは隠退生活を楽しみながらFeyenoord Academyを遠くから追いかける。 「とても楽しかったし、偉大なtrainersと仕事をすることが…

Bannis「Advocaatの発言をモチベーションに変えた」

Keuken Kampioen Divisieは数10年にわたって国内及び国外talentenの分娩室であり、今シーズンもまたこの第2レベルにはポテンシャルを秘めた多くのvoetballersがプレーしている。Keuken Kampioen Divisieの公式メディアパートナーであるVoetbalzoneは毎週これ…

Hendriks「僕はFC DordrechtからLiverpoolへ行くこともできたけれど、比較的確実な道を選んだ」

Keuken Kampioen Divisieは数10年にわたって国内及び国外talentenの分娩室であり、今シーズンもまたこの第2レベルにはポテンシャルを秘めた多くのvoetballersがプレーしている。Keuken Kampioen Divisieの公式メディアパートナーであるVoetbalzoneは毎週これ…

Hendriks「あらゆる点で良くなってFeyenoordに戻る」

1月初めに彼はNACでeerste divisieにおいてなるべく多く出場時間を得るためにRotterdam-ZuidからBredaへ引っ越した。今のところFeyenoord-huurling Ramon Hendriksにとってそれはかなり成功している。この19歳のverdedigerをNACのcentrumから外すことはすで…

吃音のGeertruidaはインタビューを避ける:「彼にはさらに人気者になる可能性が十分ある」

Lutsharel GeertruidaはFeyenoordでの今シーズンの発見だが、大衆は彼がカメラの前で話すのを見かけることはまだ一度も無い。彼は吃音だ。voetballerにとってそれはどのくらい大きな問題だろうか? clubのぬるま湯であるFeyenoord Magazineでさえ、Lutsharel…

「一度も行ったことが無くてもDe Kuipはmijn thuis」

Lucas Prattoの加入でFeyenoordがArgentiniëで有名なる一方で、Argentijnse Feyenoordsupporter Ignacio Ostertagは逆にNederlandで大流行した。それはPEC Zwolle戦のLuis Sinisterraのゴールシーンでの彼の情熱あふれる実況によって起きた。FR12.nlが彼のsu…

度重なる怪我人と悲劇的なvoetbal

総括 2020-2021シーズン前半のFeyenoordは度重なる怪我人により望んでいたbasiselfをほとんど組めないばかりが、週替りで「代役」が入れ替わったことでvoetbal面の成長がほとんど無く、むしろシーズンが進む毎に悲劇的な試合が頻繁になる苦しい数カ月間だっ…

ArnesenはAmerikaanse bedrijfと共に水面下で再組織化を進めている

Feyenoordの将来性を可能な限り良いものにする。それは現在De Kuip周辺で進行している移行の背後にある論理的根拠だ。Feyenoordは後々自分たちのプランを披露したかっただろうが、火曜午前にADがclubがAmerikaanse bedrijf Sportsologyとの提携を初めたと報…

Justin Bijlow: Feyenoordのバーの下の才能溢れる不器用者

Justin BijlowはNederlandのbeste keeperだ. 特にregio Rijnmondではそう見なされている。だがこのFeyenoordのdoelmanはまだ22歳でほぼ毎年怪我を負っている。今もまた足の怪我で少なくともwinterstopまで離脱した。Bijlowの初期キャリアの概要: 長期間 topf…

Rick Costはhoofd performanceとしてどのようにFeyenoordで変化を引き起こしているか「ここでようやくtopsportが行われるようになった」

'この hockeytrainer'がFeyenoordに受け入れられるまで1年かかった。3年経って運動科学者 Rick Costはclubでもはや無視できない存在になっている。この40歳のHagenaarはtrainingを革新し、データを翻訳し、限界を押し広げる。「Rickは近い内にEngladでmanage…

Fraser「このスタッフになってから彼らは悪い時期を全く経験していない」

Henk Fraser en John de Wolfは90年代のFeyenoordで破壊不可能なverdedigingsduoだった。明日彼らはFeyenoord en Sparta間のderbyで対面する。Fraser「今週の初めにはそれについて考えてもなかったけれど、確かにtrainerとして公式に対戦するのは初めて」 Jo…

Cost「これが混沌の端」

topsportはますます革新的になっており、それはFeyenoordでも同様だ。‘laptoptrainer’という用語はより一般的になり、あらゆるディテールがデータの助けによって考えられている。Feyenoordもこれらの発展に合わせて今年初めにHoofd Performance-coach Rick C…

Teixeira「ここでは誰もが攻撃的なプレーを好んでいる」

国際的なブレイクの前にFeyenoord-aanwinst João Carlos TeixeiraはWillem II戦 4-1勝利での2アシストで自分の足に語らせた。27歳のPortugeesはNederlandで早々に自分の方向転換を見つけたようで、それを彼はNederlandで行われているポジティヴなvoetbalのお…

De Wolf「昨シーズンの我々はtitelを穫れるというフィーリングが確かにあった」

John de WolfはFeyenoordで自分を水中の魚のように感じている。Dick Advocaatの現assistent-trainerは何年間も'zijn' clubでの役割を夢見てきたが、昨シーズンのJaap Stamの離任後にこの元選手は遂にDe Kuipに戻った。「とても楽しんでいるよ。もちろんそれ…

Nieuwkoop「Feyenoordを去って、初めて自分が何を失ったか気づいた」

Bart NieuwkoopはレンタルされたWillem IIで1シーズンプレーしてFeyenoordに戻ってきた。basisspelerとしての1年間 重要な存在をこなすという経験を得てDe Kuipに戻り、そこでこのrechtsachterはいま初めて固定されたbasisplaatsを得ている。「僕はそれをFey…

Spajić「僕は経験豊富だし、フィールドで自分が何をするべきか分かっている」

Uroš SpajićはWillem II相手にFeyenoordでのデビューを果たし、自身10ヶ月ぶりの試合だったのにも関わらず、ミスの無いデビューだった。その最後の試合は2019年12月12日、彼の雇用主であるFK KrasnodarがGetafeに3-0で敗れた試合だ。「その後 我々は僕の足首…

Advocaat「我々が守備的にプレーしていると突然言い出すべきでは無い」

Feyenoordでプレーの考え方について論争が起きているようだ。Dick Advocaatの就任以来 Feyenoordはカウンターで相手を痛めつけるためにより引いていた。それが成功していたのはこのtrainerのもとで獲得された勝ち点が物語っている。しかしこのoefenmeesterの…

Van Beek「僕はどんな挫折をしても諦めないし、それはすぐ証明されるだろう」

永遠の昔のように思えるが、Sven van BeekはFeyenoordで素晴らしい時期を過ごしていた。守備面だけで無く、ajax戦の得点とuropa Leagueのgroepsfase Standard Luik戦でのal-of-niet-kopdoelpuntは多くのsupportersがまだ覚えているだろう。しかしこの数年こ…

Senesi「経験と才能が上手くmixされている」

今週の土曜日 FeyenoordはPEC Zwolleとのuitwedstrijdでいよいよcompetitiestartを迎える。Marcos Senesiは今週出るFeyenoord Magazineの新刊で2020-2021シーズンを楽しみにしていると語った。 君はFeyenoorderになって1年。今のMarcos Senesiは2019年9月位D…

Teixeira「このgrote clubの一員になれて嬉しい」

金曜日にDe Kuipで2年契約にサインして正式にFeyenoorderとなったJoão Teixeiraは初日から各メディアへのインタビューに応えた。 「ここにいれて嬉しいよ。これは僕にとって大きなチャンス。trainingをしてチームを助けられるのを楽しみにしている。Feyenoor…

Arnesen 「このclubはクレイジーなスタンプを取り除かなければならない」

Technisch directeur Frank ArnesenはFeyenoordの可能性を確信している。このDeenは8ヵ月働き、Rotterdammersの中でとても楽しんでいる。Arnesenは主にscoutingに関わり、それはゆっくりと変化し始めている。 「このclubには典型的なFeyenoord-spelersが必要…