我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

フラーフラントとの契約を発表

フェイエノールトは月曜にデ・カイプでGK ロナルド・フラーフラント(32)との2012年までの契約を結んだ。このロッテルダマーはユース生活を過ごし、1997年に初めてのプロ契約を結んだ古巣への帰還を喜んでいる。

「家に帰ってきた感じがしているよ。今日スタジアムで顔見知りに会えて嬉しかった。戻って来れて幸せだ」

 

テクニカル・ディレクター マルティン・ファン・ヘールはフラーフラントの獲得でロナルド・クーマンがフィットしたGK 3人を持つことに満足している。

「この数週間ダルレイが怪我に悩んでいて、まだしばらくかかる可能性が出ていた。最小でも3人のGKを仕えるかどうかは大きい。怪我人や出場停止で大きなトラブルを抱えることになるからね。ロナルドはこれまでのリザーブGKの役割を完璧に果たしてきた。彼は自分に求められている事を理解している。このクラブにも長く関わっているし、彼のキャラクターにもここはフィットしている。我々にとって理想的な選手だ」

 

ラーフラントは少なくともダルレイがプレーできない限り第3GKとしてフェイエノールトで働く事になる。

「自分のポジションは分かっているよ。トレーニングでベストを尽くしたい。自分の古巣がGKを探すに当たって私の事を思い出してくれたのは嬉しく思っている」

 

ロナルド・フラーフラントは昔なじみとしてデ・カイプに戻る。ロッテルダム生まれの彼はフェイエノールトのユースを出て1998年から2000年にセレクションに一員として名を連ねたが、公式デビューは果たせず。1996年にフェイエノールトA1のGKだった彼は初めてアリー・ハーン監督の下でセレクションのトレーニングに参加。1997年にデ・カイプで初のプロ契約にサインし、1999年のランズティートル獲得も経験。

「当時はエド・デ・フーイとイェルズィ・デュデクに続く第3GKだった。今は若い選手たちが多いから、彼らがまた私にそれを経験させてくれたら素晴らしい事。クラブは難しい時期を過ごしてきたけど、今は良い瞬間に向かっていると思う。フレッシュな風が吹いているし、良くなっていくだろう」

 

ラーフラントは2000年にエクセルシオールへ移籍。クラーリンゲンで8シーズンを過ごし86試合でゴールを守った。2008年夏にフィテッセへ移籍し、そこで第3GKに。昨シーズンはアヤックスで同じ役割を果たし、今シーズンはトップクラッセルのvv Capelleへ放出されていた。最愛のクラブからのオファーを受けてプロへの復帰を決断した。

 

http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S1/10010000038873-999-10010000000003.aspx