Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

度重なる怪我人と悲劇的なvoetbal

総括

2020-2021シーズン前半のFeyenoordは度重なる怪我人により望んでいたbasiselfをほとんど組めないばかりが、週替りで「代役」が入れ替わったことでvoetbal面の成長がほとんど無く、むしろシーズンが進む毎に悲劇的な試合が頻繁になる苦しい数カ月間だった。幸いにもeerste elftalにはcoronavirus感染はほとんど発生しなかったが、bankにveldspelersが4人しかいないなど、一時はかなり緊急事態に。


voorbereidingこそBorussia DortmundにJørgensenが2得点で復活の予感を感じさせたが、長期の怪我からようやく戻ってきたVan Beekが再び重傷、シーズンに入るとJørgensenが怪我を繰り返し、代わりのBozenikも長期離脱で、結局Linssenがほとんど試合でspitsを務めることに。middenveldでも最も重要な選手の1人であるFerが負傷離脱でELを全試合欠場し、achterlijnも左サイドで孤軍奮闘していたHapsが離脱、バーの下でも高いパフォーマンスを発揮してたBijlowが離脱と、全てのラインで次々とキープレイヤーを欠くことになった。


voetbal面にその影響が大きく出たのは当然だろう。昨シーズンの劇的な立て直しから、長期的な良い新trainerを見つけるまでの1年繋ぎ役を望んだclubleidingと、clubtrainerとしてのキャリアの最後を良い形で締めくくりたいというAdvocaatの野望が一致して契約延長となり、昨シーズンの上り調子を継続することが期待されたが、残念ながら全く違う結果に。Spaijcの加入でゴール前こそ守備が強固になったが、以前として前にプレッシャーをかけられず、自分たちで主導権を取りに行くことができないばかりか、ボールを持ってもライン間が大きく離れてaanvallersが相手16m内でほとんどボールを持てない試合すらあった。


近年稀に見る低レベルなpoulに入ったELで1勝2分け3敗と敗退し、competitieでもTweet-tuis, Sparta-thuis, RKC-uit, Utrecht-thuis, Heracles-thuisで引き分け、Advocaatが来て以来信じられないほどの勝負強さと幸運で続いていた連続無敗も12月のVVV-uitで遂にストップ。だが内容的に見ればこれだけ長く無敗が続いたのは本当に奇跡であり、悲劇的なレベルの試合が数多くあった。Senesi, Kökçüといった高額売却を期待する選手の市場価値を、特にELで引き上げられなかったのは大きな失敗だ。


シーズン後半への展望

実際のところkopと5ptしか離れていないのは驚きの結果で、titelstrijdでまだ十分可能性はある。しかしtop vierの直接対決が行われていない変速日程のため、全ては1月を終えてどこにいるか次第だ。Fer, Sinisterraに加えて一応Jørgensenも復帰を果たしており、Hapsもwinterstop明けには間に合う見込み。その他の怪我人ではTeixeiraだけが長くかかるが、topperまでに個人としてのチームとしてもどれだけ状態を上げられるかが鍵になる。1月を終えて現状より離されていなければ後半戦は改めて大きなモチベーションで望めるはずだが、果たして…


clubleidingの長期的な動き

Arnesenが来て以来 長期的な視野での改革は着実に進んでいる。昨夏には即戦力を求めるAdvocaatに対してArnesenは新設のOnder 21-elftalの強化をあからさまに優先。そのOnder 21-competitieがcoronaの影響でほとんど行われなかったのが残念だが、Varkenoordではmanager Raymond van Meenenが中心になった8人のwerkgroepが大規模な改革を実施しており、その中でtoptalentenの成長を最大限のものとするためのextra trainingも実施されている。こうした改革によってclubleidingはclubに大金の投資を行う意思のあるinvesteerdersを獲得しようとしており、未だ多くの株式を持つVvFも交えながらの難しい交渉は着実に進んでいると報じられており、今後数ヶ月で具体的な発表がされるだろう。もちろん新stadionについてもようやく本当のja of neeが出る…はずだが。


来シーズンはSlotが新trainer

Advocaatがclubtrainerとしての引退を決め、新trainer探しは大方の予想を裏切る驚きの結果に。talentenの起用・良いvoetbalというプロフィールに合う人物としてArne Slotに的を絞り、見事に獲得に成功した。報道直後からclub内外で非常に熱狂的に受け止められており、期待はとてつもなく高い。もちろんSenesiの移籍金やinvesteerdersの資金注入による新selectie作りがどれだけ上手くいくかにもかかっているが、2021年はフィールドの内外で新しい風が吹く激動の1年になるだろう。

 

Keepers

Justin Bijlow 6試合出場

昨シーズン 復帰後の良い流れを引き継いで高いパフォーマンスを発揮。全く批判の声なく、11月Nederlands elftal招集も「当然」よりも「ようやく」という声がほとんどだったが、その発表直後に負傷して年末は欠場に。


Nick Marsman 8試合出場

今シーズンもtweede keeperとして、Bijlowが欠場の際にその穴を埋めた。特に年末は安定したセービングを見せて脆いチームを助ける存在に。


Ramon ten Hove 0試合出場

voorbereidingに負傷したが復帰後はderde keeperとして常時bank入り。


Tien Troost 0試合出場

Onder 21-elftalのメンバーながらBijlowの離脱によってderde keeper役でeersteのtrainingに参加し、年末に契約延長。


Thijs Jansen 0試合出場

Onder 21-elftalのメンバーながらBijlowの離脱によってeersteのtrainingに参加し、年末に契約延長。この1年で急成長したとTroost以上という評価の声も。


VerdedigersBart Nieuwkoop 10試合出場0得点0アシスト

一時は安定してGeertruidaより優先されたが、やや怪我が多く不動のrechtsbackとして印象を残すことはできず。パフォーマンスは高く、フィットし続ければチームにとってもBerghuisにとっても頼もしい存在のはず。


Lutsharel Geertruida 11試合出場3得点1アシスト

rechtsbackの二番手としてだけでなく、centraalverdedigerやmiddenvelderとしても必要に応じて起用された。全体に好不調の差が激しかったが、強い印象を残したのはcentraalverdedigerやmiddenvelderで起用された場合であり、rechtsbackとしての将来は未だに確信が持てず。


Uroš Spajić 9試合出場0得点0アシスト

屈強なcentraalverdedigerとして活躍。守備面での強さは見せたが、前へプレッシャーをかけることはできず、組み立ても低調。


Marcos Senesi 14試合出場2得点1アシスト

相変わらずボールを持った時は非常に強力なvoetballerですでにgoal van het jaarと呼べる得点を2つ記録。その一方で依然としてスピードある相手との1対1に弱く、背後にスペースを抱える守備が驚くほど弱い。


Eric Botteghin 7試合出場0得点0アシスト

低調なvoorbereidingでbasisplaatsを失い、その後 centraalverdedigerの控えや終盤のextra verdediger要員として度々出番も大きな活躍はできず。年内最後のsc Heerenveen戦で再びbasis起用されてようやく好パフォーマンスを発揮した。


Ridgeciano Haps 7試合出場3得点0アシスト

秋に苦しむチームの中で好調を維持し、攻撃面で大きく貢献。時にrechtsbuiten起用もされて重要なゴールを決めていたが、その後負傷離脱。winterstop明けに即復帰の見込み。


Tyrell Malacia 7試合出場0得点1アシスト

Hapsの離脱によって再びチャンスを得て、当初は低調ながらその後調子を上げてチームを牽引する非常に重要な存在に。Hapsが戻る後半戦もポジションを守れるかどうか。


George Johnston 4試合出場0得点0アシスト

主にHaps, Malaciaが負傷の際の第約としてプレーも、rechtsbackでは印象を残せず。シーズン後半も出場時間が増える見込みは薄い。


Sven van Beek 0試合出場0得点0アシスト

長期離脱から戻るもvoorbereidingに再び長期離脱。シーズン前半を棒に振って再びフィットしつつある。supportersからももうほとんど期待をされていないが、再び活躍してclubでの将来を掴むことができるか…


Middenvelders

Jens Toornsra 12試合3得点0アシスト

voorbereidingの怪我で若干出遅れたものの、今シーズンも変わらず不動の存在。Ferの離脱によって6番起用の時期が多かったが、後半戦は再びポジションを前に上げてのプレーが見られるだろう。loopactieでフィニッシュに絡むだけで無く、前にプレッシャーをかける上でも不可欠な存在。


Orkun Kökçü 10試合0得点0アシスト

昨シーズン basisplaatsを不動のものとし、飛躍のシーズンとして臨んだが期待を大きく下回る結果に。チームのプレースタイルもあって16mにあまり近づけず、低い位置で迷いながらプレーする時期が長かった。EL CSKA-thuisでの得点が唯一でhoekschopでのアシストも無し。年末にようやく副長の気配があったが怪我で最後の2試合を欠場。チームが後半戦大きく巻き返すにはKökçüが復調できるかは大きな鍵。


Leroy Fer 8試合0得点0アシスト

不動の6番ながら負傷離脱でEL期間を全試合欠場。大きな不在を感じさせることに。年末最後の2試合で復帰し、チームが突然攻撃的なvoetbalを見せたのも偶然では無い。


Mark Diemers 13試合1得点2アシスト

「層の補強」ながらシーズン序盤のToornsraの怪我とその後のFerの怪我により、終わってみればmiddenveldersでは最多出場。当初キーパスの多さで評価を得ていたが、機能しないチームの中でそれを維持できず、ほとんどボールを前に運べない低調な時期も。


João Teixeira 10試合0得点4アシスト

クリエイティヴィティ欠如の解決策として獲得され、Willem II戦快勝で大きなインパクトを残したが、その後はAdvocaatの信頼を得られず出場機会は限られ、目立った活躍もできず。年末のtrainingで重症を負って長期欠場に。


Jordy Wehrmann 5試合0得点0アシスト

多数の怪我人によってOnder 21-elftalから引き上げられ、交代要員として度々出場。機能的な6番としてAdvocaatの信頼を掴みつつあり、国外clubが関心との報道も。


Achraf El Bouchataoui 0試合0得点0アシスト

多数の怪我人によってOnder 21-elftalから引き上げられてbank入りも未だにデビューならず。middenveldの全てのポジションでプレーできるtalentだが…


Aanvallers

Steven Berghuis 13試合出場10得点5アシスト

シーズン序盤こそ得点を量産して昨シーズンのフォームを維持していたが、重心が後ろ過ぎるチームの中でさすがに違いを作る仕事もできず、特に11月のinterlandperiode以降は完全に消える試合も多かった。年内最後のHeerenveen戦のように、チームが攻撃的にプレーしていれば存分にそのクオリティを発揮して別格な存在なのは間違いない。


Bryan Linssen 13試合出場4得点0アシスト

Sinisterraがフィットするまでの繋ぎ役だったが、人的問題により長くspits起用。一番最初のWillem II戦では大成功して快勝に貢献したが、その後は1人だけ前で孤立して全く機能しなかった。centraalverdedigersがLinssenに向けてロングボールを蹴り続けたなど養護すべき点は多いが、普通に決めなければならないチャンスを多く逃したのも事実。期待されていた得点力を全く見せられなかったが、年内最後のHeerenveen戦で突然hattrick達成。復調の狼煙かもしれないが、Sinisterraがフィットすればlinksbuitenのポジションは奪われるだろう。


Luciano Narsingh 9試合出場1得点1アシスト

aanvallersの控えとして3つのポジションでプレー。スピードで奥行きを作れるクオリティは見せたがそれほど決定的存在にはなれず、チャンスでの効率性の低さも変わらず。


Nicolai Jørgensen 9試合出場1得点1アシスト

今シーズンこその復活の期待はまたも度重なる怪我により裏切られつつある。たまに出場してもエネルギーを感じさせないプレーなことが多く、後半戦100%フィットした状態を期待するのは無謀と言っていいレベルだろう。


Naoufal Bannis 6試合出場1得点0アシスト

チームがspitsenに問題を抱える厳しい状況にも関わらず依然Advocaatの信頼は得られていないが、Emmen戦最終盤に遂に春ゴールでチームに勝利をもたらし、以降少しずつ出場機会が増えてはいる。少ない時間で存在感は見せているが、後半戦basisplaatsにどれだけ近づけるか。


Róbert Boženík 4試合出場0得点0アシスト

シーズン序盤にJørgensenの怪我で出場機会を得たが、非常に低調でボールをキープできずに将来性に疑問符が付けられた。シーズン後半に戻ってきてどんなパフォーマンスを見せるかに注目が集まる存在。


Luis Sinisterra 2試合出場0得点0アシスト

年末の約1年の長期離脱から戻り、短い時間で早速惜しいシュートを放った。シーズン前半のチームが攻撃面で非常に無力だったために、シーズン後半に向けて非常に大きな期待が持たれている。


Marouan Azarkan 1試合出場0得点0アシスト

Onder 21-elftalから引き上げられ、Berghuis不在の第11節Heracles戦で再終盤に投入されて短い時間で積極的にプレーするもその後はbankには座るも出場機会は得られず。Bannisに続いて後半戦出場時間が伸びることが期待されるtalent.


Christian Conteh 1試合出0得点0アシスト

ハーフフィットで加入して時間がかかると見られていたが、新しい怪我で長期離脱。


Dylan Vente 1試合出0得点0アシスト

Onder 21-elftalから引き上げられ、全く出番が無かったが年内最後のHeerenveen戦で突然Bannisより優先されて久々の出場。惜しいシュートもあったが決められず。Onder 21-competitieがストップしているため、非常に厳しい立場。