我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ダービーでビジネスライクに勝利 (第2節: エクセルシオール-thuis)

フェイエノールトは2018-2019シーズンのエールディヴィジ初勝利。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは日曜に同じ街のエクセルシオールをデ・カイプで3-0で破った。ロビン・ファン・ペルシ (17')、ジェレマイア・シン・ジュステ (77')、ヤン・アーリー・ファン・デル・ハイデン (89') がゴールを決め、ロッテルダム・ザイトに3ptsをもたらしている。

 

ファン・ペルシが17分にエクセルシオールのGKを冷静に抜くシュート。フェイエノールトのキャプテンはサム・ラーソンのパスに正に適切なタイミングで走り込んだ。その直前にはラーソンのシュートはがライン上でクリアもされていた。

 

バイローが重要な仕事
フェイエノールトが先制点を決めることができたのはジュスティン・バイローのおかげ。このGKは開始2分で突然1対1になったアリ・メサウドに対し見事なセーブ。ただHTまでにバイローが本当にゴールを守らなければならないのはこの1回だけだった。

 

ラーソンとトニー・フィレーナによってフェイエノールトは前半まだ数回点差を広げるチャンスを得たが、それを決めることはできず。後半はフェイエノールトが良いチャンスを得るまで時間が掛かり、残り15分でファン・ペルシとスティーヴン・ベルフハイスの見事な連携からイェンス・トールンストラがフリーになるも、シュートを放つにはあまりに時間が必要だった。

 

途中出場選手たちが勝負を決める
数分後に勝負を決めたのはジェレマイア・シン・ジュステ。直前に公式デビューを果たしたヤシン・アユプからのパスをペナルティエリア内で受けると、このDFはターンする時間を得てシュートを逆済みに決め、2-0.

 

2点目が決まってからは突然ピッチ上にスペースが大きく広がり、トールンストラとベルフハイスの素晴らしい連携からファン・ペルシに決めるべきチャンスがあったが、ほぼがら空きのゴールの前からのシュートはバーをかすめて上空へ外れてしまった。ピッチの反対側でもデニス・マムドフの強烈なシュートはポストを叩いている。

 

ファン・デル・ハイデンの曲芸
残り1分でヤン・アーリー・ファン・デル・ハイデンが見事な方法でゴール。このDFはゴールに背を向けてボールを受けると、そこから巧妙なハックボールでゴール逆済みに決めて3-0. ビジネスライクな勝利でフェイエノールトは2節を終えて3pts


を獲得。来週日曜にチームはsc ヘーレンフェーンとのアウエーゲームに臨む。

 

Feyenoord - Excelsior 3-0
Scoreverloop:
17' Robin van Persie 1-0
78' Jeremiah St. Juste 2-0
89' Jan-Arie van der Heijden 3-0

 

Scheidsrechter: Danny Makkelie
Gele kaart: -

 

Opstellingen:
Feyenoord: Justin Bijlow; Bart Nieuwkoop (65' Jerry St. Juste), Sven van Beek, Jan-Arie van der Heijden, Tyrell Malacia; Jordy Clasie (70' Yassin Ayoub), Jens Toornstra, Tonny Vilhena; Steven Berghuis, Robin van Persie, Sam Larsson (59' Mo El Hankouri).

 

Wissels: Vermeer, Delle, St. Juste, Geertruida, Verdonk, Tapia, Ayoub, Burger, Sinisterra, El Hankouri, Vente

 

Excelsior: Stevens, Fortes, Mattheij, Matthys, Burnet; Schouten, Messaoud, Koolwijk; Anderson (Fermina 86'), Omarsson (Caenepeel 76'), Hadouir (27')

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/zakelijke-zege-voor-feyenoord-in-derby
https://www.rijnmond.nl/nieuws/171974/Matig-Feyenoord-wint-Rotterdamse-derby-van-Excelsior

 

ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト
「この3ptsはとても嬉しい。最終的なスコアよりもっと得点できるチャンスが多くあったが、結局は3ptsが最も重要。我々は木曜のTrencín戦でかなりのパワーを使っていた。欧州から敗退し、リーグ戦のスタートも望んでいたものではなかったため、今日の勝利は何よりも大きい。今後の向けて自信を与えてくれる」


「後半はフレッシュな選手たちを投入し、それが違いを作った。彼らがチームにダイナミックさと新しいエネルギーを与えてくれた。木曜の後で今日何人もの選手たちが戻ってきたのは嬉しいこと。グループの層も厚くなった。ニコがいつ頃起用できるかになるかも今週聞けると願っている」


アユプについて
「ヤシンは純血フットボーラー。常にボールを持とうとし、前へ解決策を求める目を持っている。今日の彼はとてもポジティヴな印象を与えてくれた」


ラーソンについて
「彼はチームのために重要な存在になるチャンスを得ていた。違いを作れる選手だが、今はそれが上手く行っていない。我々は彼をサポートし続けなければいけない」
「移籍市場でまだ何かおきるか私には分からないが、ファン・ヘールとは常に連絡を取っている。移籍市場が終盤になり、そして閉まるまで待つしか無い」


セットプレーについて
「我々はかなりそれに注意を向けている。いまはあらゆるセットプレーが脅威になるし、我々もそのトレーニングをしている。CKから得点できれば自信になる」

 

アムラバトについて
「私がとても重要と思うのは選手がプレーするクラブに良いフィーリングを持っていること。ソフィアンはそのフィーリングを持っておらず、それを私とファン・ヘールに伝えた。彼はできればこの移籍市場で他のクラブに行きたいと野尾zンで下り、いまマルティンが動いている。私は選手のベースは良いフィーリングだと思うし、だからターピアのような選手を選びたい。実際彼は今日プレーできなかったが、私にこのグループ、セレクション、ロッカールーム、ベンチにいたいと語っている」


https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/van-bronckhorst---winnen-was-het-belangrijkst-190818
https://www.fr-fans.nl/nieuws/36940/van-bronckhorst-drie-punten-waren-het-belangrijkst
https://www.fr12.nl/nieuws/48019-gio-over-amrabat-dan-kies-ik-liever-voor-iemand-als-tapia.html
https://www.fr-fans.nl/nieuws/36944/we-moeten-hem-blijven-steunen

 

ロビン・ファン・ペルシ
「これが必要な結果だった。公式戦では初勝利。みんな喜んでいるし、相応しい勝利でもある。エクセルシオールはスリムにやってフットボールをしようとし、時々かなり苦労させられた。タイミングを上手く選ばないといけなかったからね」
「この1週間いろいろあった。でも奇妙に聞こえるかも知れないけど、本当にチーム内に不穏な空気は無かった。『楽観的な奴がまた言ってる』と言われるのは分かってるけど、本当にそうなんだ。1週間で軸は定まらないし、それはもっと時間が掛かる作業。僕らは毎日前進している。意欲は大きいし、みんなもっと良くなりたいと思っている。僕もね。ファン・ブロンクホルストや他の選手たちから学べることもある。僕らは学び続けていくしか無い。勝っても負けてもね」
「ボエチウスもアムラバトもまだそのプロセスには加わらなければいけない。彼らもいまはまだフェイエノールダー。それを変えなければいけない理由は僕には見当たらない」
https://www.fr12.nl/nieuws/48013-van-persie-opgelucht-dit-was-wel-even-nodig.html
https://www.fr-fans.nl/nieuws/36939/aanvoerder-over-boetius-en-amrabat-zij-moeten-ook-gewoon-deelnemen-aan-het-proces

 

ヤシン・アユプ
「何度か怪我のぶり返しがあって辛抱しないといけなかったけど、また戻ってきたよ。僕は常にチームの助けになりたいし、アシストできれ嬉しい。怪我している間チームが苦しんでいるのは見ていて辛かった。今日も常に上手く行っていた訳じゃ無いけど、勝てて嬉しい。僕らはグループとして一体感を保たないといけない。そうすれば結果は自ずと出る」
「ソフィアンが去りたがっているのは知っているけど、それについて彼と話しはしていないよ・自分にとって何が適切かが分かるだけ彼は十分賢い。もしかしたらまだ諦めないように言うかもしれないけど、僕はソフィアンがハッピーであることを願っている」
https://www.fr-fans.nl/nieuws/36941/ayoub-misschien-vraag-ik-hem-nog-wel-om-niet-op-te-geven

 

ヨルディ・クラーシ
「今日は時々以前のヨルディ・クラーシだったね。もちろんいつだってもっと上手くやれるし、僕はもっとリズムを取り戻さないといけないけれど、今日は時々上手く行っていた。でもそれ以上に3ptsがとても嬉しいよ。悲劇的パフォーマンスの難しい週の後で勝たなければいけない試合だった。今日ももの凄く良かったわけじゃ無いし、僕らはもっと上手くやれる。これが良い方向に向けての小さな一歩になることを願っている」
「僕は4年間あまりプレーできなかった。監督からの真理が嬉しいし、チームのために何ができるか、何をしなければいけないかは分かっている。フェイエノールトでまだまだ多く出場時間を得られることを願っている」
https://www.fr12.nl/nieuws/48018-clasie-kritisch-moeten-niet-te-hard-van-stapel-lopen.html

 

やはり木曜はたまたまだったか、前にプレッシャーを掛けることができず、ボールを持っても前に運べないなかなか低調な出だしでどうなるかと思いましたが・・・ 何度かあった危ないシーンで失点せずに済み、ファン・ペルシの見事なゴールで先制したことで全体的にだいぶ落ち着けた印象。まぁその後延々と低調なプレーが続いた訳ではありますが。

 

後半はモー、シン・ジュステ、アユプとジオにしては珍しく早め早めの交代策で70分にカードを使い切りましたが、結果的にこれが利いて2-0となり、その後はだいぶ楽にフットボールができるように。全体的にチャンスの数を見ればもっと大差でもおかしくなかった試合でしたが、まぁ現状を考えれば何の不満もありません。

 

良かったのはクラーシがだいぶ復調。今日は攻守になかなか良かったです。あとはボールを持っていない時の競り合いにより力強さがでれば、というところ。アユプも途中出場でしっかりアピールし、幸か不幸かアムラバトの穴は感じられるほどでもないので、まぁ出て行きたいならしょうがないかな、と。

 

ボエチウスが構想外になったのでラーソンと争うのはモーになりそうなところで、今日の交代でヘット・レヒューンの反応が相変わらずラーソンと全く違うのが再確認。これはまぁしょうがないですね。モーもまだまだ成長が必要ですが、果敢に縦に勝負するプレースタイルもあってヘット・レヒューンの寵愛を受けられるのは大きな助けになるので上手く伸びて欲しいものです。

 

全体としては依然としてファン・ペルシへの依存度が大きいので、そろそろベルフハイスに落ち着いて活躍してもらいたいですが、ターゲットマンとして信頼できるニコライの復帰がいつ頃になるか・・・