我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ファン・ブロンクホルスト、バイローを第1GKに選ぶ

ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストは木曜午後にザイストで行われたヨハン・クライフ・スハール前合同会見において、ジュスティン・バイローが新シーズンのフェイエノールトの第1GKを務めることを認めた。

 

「私はジュスティンを数年前から知っている。ユースGKとしての彼を私がトップチームに引き上げ、そこからブラッドとケネトの影でで経験を積み、成長してきたのを見てきた。彼は非常に才能あるGKであり、ジュスティンへの信頼は大きい。準備ができている自分たちの選手にはチャンスを与えたいもの。そしてジュスティンは準備ができていると思う」

 

ブラッド・ジョーンスが去ってGK問題が無くなったかとの質問に対してファン・ブロンクホルストは同意せず。「私にはその問題は全く無かった。ブラッドは他のクラブへ行きたいと望み、数週間前から動きがあった。だから数週間前からジュスティンを第1GKにしたいという考えは頭に合ったんだ。ただブラッドにとっても待たなければならない状況だったんだ。我々はケネトが怪我からどれだけ戻っているか様子を見なければいけなかったからね。彼はすでにほぼフィットしているし、だから私には問題は無かった。シーズンの最初の時点で自分のキーパーたちに明確にさせるのは私の仕事」

 

ケネト・フェルメールの役割もハッキリしている。「ケネトはいま怪我から戻ってきているところ。この数シーズンの彼は何度も怪我をしてきた。今朝ジュスティンともケネトとも話をし、それぞれの立場を伝えた。ケネトはジュスティンにとって良いサポート役であり、彼の成長を加速させてくれるだろう。私にとってはケネトもジュスティンに続くファンタスティックなキーパー」

 

http://feyenoord.netwerk.to/nieuws/artikel/43783__.php