Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Senesiのwerelddoelpuntが生まれてthuis初勝利

2020-2021シーズンの2つ目のthuiswedstrijdはFeyenoordの勝利に終わったが、それは首を吊り、締められる展開だった。失望の前半はFeyenoordに3得点が生まれた後半に修正される。Marcos Senesiの美しいomhaalが多くの観客にとってこの試合のハイライトだっただろう。

 

FC Twenteとの失望の引き分けのあと、説得力のある勝利が期待されていたが、最初の45分間でFeyenoordのプレーに多くのミスがあったため、それは難しくなったように思われた。当初の攻撃的意図が大チャンスで報われることが無かったが、ADOはそれに成功。11分目にJonas Arweileが奥へのボールでdoelman Justin Bijlowと1対1になシュートを決めた。7分にはhoekschopから同点ゴールが生まれる。Lutsharel Geertruidaが誰よりも高き跳び、ヘディングで正確にゴール左隅へ決めた。Marcos Senesi en Bryan Linssenの2つの大きなヘディングチャンスでリードしてHTに入ることもできたように思えるが、得点は生まれず。

 

Werelddoelpunt Senesi
後者の選手はhoofdtrainer Dick Advocaatが介入し、Orkun Kökcüと共にHT後はkleedkamerに残った。代わりにLuciano Narsingh en João Carlos Teixeiraがフィールドに登場。このPortugeesは良いプレーをし、Luciano Narsinghは後に1得点を決める。しかし最初にスポットライトを浴びたのはMarcos Senesi. このArgentijn は遠い距離からハイボールをomhaalで敵ゴールへ向けてシュートし、パーフェクトにkruisingを打ち抜いた。Een werelddoelpunt!

 

Chaotische strafschop
少し後にJustin BijlowがADO Den Haagの選手を埠頭に倒したとscheidsrechter Dennis Higlerが判断すると、Feyenoordのstrafschopgebied内で混乱シーンが生まれ。BijlowはBorussia Dortmundとのoefenwedstrijdと同様にstrafschopを止めてheldとなったように思われたが、1分後にHiglerがBijlowがstrafschopの際にラインから離れるのが早すぎたとVARからシグナルを受け取る。こうしてADO Den Haagが2回目のチャンスを得ると、Shaquille Pinasが同点ゴールを決めた。

 

ADO Den Haagはこのstrafschopを長くは味わえず、すぐにinvaller Luciano Narsinghがstrafschopgebied内から正確な低いシュートを決めて3-2. 13分後にはBerghuisがpenaltystipから決めてeindstandを4-2とした。

 

Uitwedstrijd Tilburg
この勝利でFeyenoordは3試合で7ptを獲得。来週は2 thuisduelsに続いて再びuitwedstrijdが組まれている。日曜に対戦相手はWillem II. 1試合開始は14:30.

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-wint-van-ado-den-haag-met-werelddoelpunt-senesi-270920

 

Zondag 27 september
Feyenoord - ADO Den Haag 4-2
scoreverloop:
11' Jonas Arweiler 0-1
27' Lutsharel Geertruida 1-1
57' Marcos Senesi 2-1
69' Shaquille Pinas 2-2 (str.)
71' Luciano Narsingh 3-2
84' Steven Berghuis 4-2 (str.)

 

Scheidsrechter: Dennis Higler
Gele kaarten: Haps, Fer (Feyenoord), Pinas (ADO)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Bijlow; Nieuwkoop, Geertruida, Senesi, Haps; Fer, Toornstra, Kökcü (46' Teixeira); Berghuis, Bozenik (85' Burger), Linssen (46' Narsingh).
ADO Den Haag: Koopmans; Van Ewijk, Bijen, Pinas, Faye; Bourard, Rigo (90' Pascual), De Boer (90' Goossens); Besuijen (78' Ould-Chikh), Arweiler (78' Kramer), Catic (58' Ratiu ).

Wissels

Feyenoord: Marsman, Ten Hove; Johnston, Burger, Teixeira, Narsingh.
ADO Den Haag: Zwinkels, Schoonderwaldt; Kemper, Ratiu, Goossens, Bakker, Ould-Chikh, Pascu, Amofa, Kramer


https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-ado-den-haag-2020-2021

 

Dick Advocaat
「この結果は喜べるが、プレーは喜べない。我々がまだ昨シーズン終わりのフォームでは無いのは明らか。間へ向けてプレーしたいといっても、それが我々にとって良いことか?それを本当に自問しなければならない」
「ADOは我々と同じプレーをしようとし、そうなれば我々は危険になるために、簡単にプレーするためにスペースが必要と分かる。そのスペースを自分たちで取り除いてしまう。ADOにはあらゆるリスペクトを払うが、今日我々が見せた内容よりもっと簡単にできなければいけない。観客が完全にサポートできないというマイナスはあるが、我々はもっと簡単にvoetbalをしなければならない」
「我々はボールを持った時に前へ向けてプレーしたい。それをもっとマスターしないといけない。後半はそれがより上手く行ったことで、前へよりプレッシャーをかけることができた」
「我々のsupporterssは模範的な振る舞いをした。それは言って良いだろう」
https://www.fr12.nl/nieuws/55140-advocaat-kritisch-het-moet-makkelijker-gaan-dan-vandaag.html

 

Steven Berghuis
「Puskás-award! Marcosのシュートは本当に美しかったね。gruwelijke goalだ。こういうもののためにvoetbalをしている。そういう喜び、美しい出来事だった。みんなのリアクションで分かるけれど、時々ジョークで『僕のrunummer 10をあげるよ』と彼に言ってるんだ」
「僕のstrafschopはフラストレーションでは全く無い。自分のシュートを確信し、自信を持って蹴っている。keeperはラインから離れられないし、彼にとって反応するのはとても難しい」
「インタビューへの批判も付きもの。個人的なものではないし、僕らはみんなでFeyenoordのためにベストを望んでいる。先週の試合後の僕はちょっと感情的すぎた。7ヵ月ぶりのthuiswedstrijd で観客に何かを見せたいと思ったから、それが失望の原因。trainerは僕がカメラの前で言いすぎたと思った。それは彼が正しい」
「今日は勝てて嬉しい。自信が戻るし、それも良いこと。僕らは時に雑なプレーだったけど、それも自信と関係している」
「観客の振る舞いはとても良かった。彼らがここにいることがどれだけ影響するかを知っていれば、これはとても良い振る舞い。彼らは良いお手本を見せたと思う」
「移籍の噂はどれも具体的では無いから気にしていない。そこまで行っていないからね。バカンスでそこ(Miami)に行ったことがあるけれど、具体的なことは何も無い」
https://www.fr12.nl/nieuws/55139-berghuis-over-wereldgoal-voor-dat-soort-dingen-voetbal-je.html
https://www.fr-fans.nl/nieuws/46086/berghuis-ik-zeg-wel-eens-voor-de-grap-jij-mag-mijn-rugnummer-10-hebben

 

Justin Bijlow
「ADOは前半カウンターでとても危険になり、僕らはそれに苦しんだ」
「これはpenaltyだと思う?僕は彼(Arweiler)に触れていないと思うし、彼を見えてもいない。彼は僕と接触する前にボールを蹴り出して倒れている。これで彼らはpenaltyを与える・・・」
「僕は動くのが早すぎたけど、彼(Arweiler)も動きを遅くすることができる。だからシュートする時にもう一歩踏み出してはいけないと思う。でもまあいい、結局僕が出るのが早すぎた。その後はかなり苛々したよ」
https://www.fr12.nl/nieuws/55142-bijlow-geirriteerd-vond-je-dit-een-penalty.html
https://www.fr-fans.nl/nieuws/46090/bijlow-ik-stap-uiteindelijk-te-vroeg-maar-ik-was-behoorlijk-geirriteerd-daarna

 

Jens Toornstra
「苦戦したのは試合展開によるものだと思う。良いvoetbalをして落ち着いて1点目を狙いたいけれど、最初の10分で1-0ビハインド。僕らが望んでいたスタートでは無かった。そこからあまりに落ち着き無くゴールを狙い始めてしまった。HT前に得点できて幸運だったよ。後半はvoorinでボールを持った時により落ち着きが出た。後半は多少良くなったけれど、まだあるべきとこまでは行っていない」
「0-1の失点は僕らのミスからで、ADOの素晴らしい攻撃で測った。ボールが運良く彼の足元に落ちて0-1ビハインド。こういうミスを無くなければいけないし、そうすればもっと楽にプレーできる。それに僕らはボールを持った時もミスが多すぎた」
https://www.fr12.nl/nieuws/55144-toornstra-het-waren-echt-fouten-van-onszelf.html

 

Marcos Senesi
「僕はnummer vierに拘ってるし、それで満足しているよw」
「実際ヘディングに行ったんだ。でもverdedigerがボールを頭で掻き出したのを見て、『蹴ってどうなるか見てみよう』と思った。supportersによってverdedigerがああいうゴールを決めるのは素晴らしいこと」
「移籍は僕次第じゃない。今はFeyenoordに集中しているよ。僕はここで幸せだし、素晴らしいことを成し遂げたい。でもそれは僕次第じゃない」
https://www.fr12.nl/nieuws/55149-senesi-ik-dacht-ik-trap-hem-en-dan-zie-ik-wel.html

 

Luciano Narsingh
「前の試合もvoorbereidingでも僕は頻繁に決定機に入っていたけれど、ボールが入らなかった。今日は入ってくれて嬉しいよ。入ってくれれば僕が重要な存在になれると分かるからね」
「先週決められなかったのがまだ頭に残っているのは確か。でもtrainingでみんなも得点は自ずと決まると僕に気を遣ってくれている。今日そうなって良かった」
「trainingでRobin van Persieとフィニッシュの練習をたくさんしている。考える時間はほとんど無かったし、実際ゴールがどこにあるかも分からなかったけど、どうシュートすべきかは分かっていた」
「来週はveldspelがもっと良くなることを願っているよ。あまり美しくない試合も勝たないといけない」
https://www.fr-fans.nl/nieuws/46093/narsingh-eigenlijk-wist-ik-niet-eens-waar-het-doel-was

 

正直このADOにはもっと余裕で勝てると思いましたが・・・ 前半は大味なプレーで中立な観客だったら面白いかもという試合。相変わらずボールにプレッシャーをかけられず、ボールを持った時は雑なプレー。特にKökcüの出来が酷く、シンプルなパスで悉くカットされる始末。全体的にまだまだシャープさが無く、いつもと違うvoorbereidingからまだ理想の状態にはほど遠くしばらく苦しい戦いが続きそう・・・

 

後半良くなったポイントはHTの交代策。Teixeira, Narsinghともに非常に利いていました。Teixeiraはボールをしっかり扱えるだけでなく、ポストプレーもしっかりできることを見せて今後かなり楽しめそうな選手。Narsinghも頻繁に奥行きを作ってくれて全体が前に出られる展開に持ち込んでくれました。オマケに貴重な決勝点まで。

 

Geertruidaの初ゴールやSenesiの美しいomhaalもあり、まぁ終わって見れば4得点でそれなりの内容。ただ相手が相手なので、もっともっと良くならないと厳しいです。Diemersは軽傷だそうですが、Nicoはもしかしたらまたしばらくいないかもという話。Bozenikがどうもaannaameに苦労してるので、ここも不安が・・・