我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ディルク・カイト、フットボールキャリアに終止符

ディルク・カイトはその輝かしいフットボールキャリアに終始を打つ。ランズカンピューン フェイエノールトの36際のキャプテンは水曜午前にディレクターと監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストに対し、セレクションとの残り数日のトレーニングに参加した後にフットボールを止めることを伝えた。カイトは別の役割でフェイエノールトに残る。

 

カイトの堂々たるプロ・フットボールキャリアは19シーズンにわたった。このカトワイカー1998-1999シーズンにFC ユトレヒトでプロ¥ふとボールにデビューし、5シーズン後にフェイエノールトへ移籍。デ・カイプでの3シーズンを全てクラブのトップスコアラーとして過ごした後に次の6シーズンをLiverpoolで、次の3シーズンをFenerbahçeでプレー。代表でも104試合に出場し、2010年のWKフィナーレでもプレーしている。

 

カイトは2015年夏にフェイエノールトに帰還。最後の時期に叶わなかった、このクラブでタイトルを獲ることが目標だった。そしてそれに成功。昨シーズンはKNVBベーカーを勝ち獲り、先週末にはフェイエノールトにとって18年ぶりとなるランズティートルを勝ち獲った。ヘラクレスアルメロとのカンピューンスヴェーツトライトではこのフェイエノールトのキャプテンは3得点を決め、デ・カイプとロッテルダムにに空前絶後のフォルクスフェストを、そして翌日にはコールシンゲルでの歴史的セレモニーを実現させた。

 

カイトはフェイエノールトのテクニカル・マネージメントに関わる立場に就任する予定。そのためにこれからの帰還でスポーツ・マネージメントのための育成コースを受講して準備を行う意向。さらにテクニカル・ディレクター マルティン・ファン・ヘールはメントールとして彼を自身のポジションの公認して準備させる役割を担うつもりで考えている。

 

「我々はディルクがフェイエノールトのためのこの2年間尽くしてくれたことに対して本当に信じられないほど感謝している」とファン・ヘール。「彼はその姿勢、プロフェッショナリズム、情熱でとてつもなく多くのものをもたらしてくれた。ロッカールームに、ピッチ内に、そしてピッチ外にも。我々は彼のような経験としっかりした姿勢を持った人物をクラブに留められることもとても喜んでいるよ。私はディルクを育てるし、彼がいつか私の後継者になることも想像できている」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/dirk-kuyt-be%C3%ABindigt-voetbalcarri%C3%A8re

 

ディルク・カイト

「僕は全キャリアを通してフィーリングに従って自分の選択をしてきたし、今回も同じ。僕にとって止めるのに正しいタイミングだと感じている。フェイエノールトに戻ってきてファンタスティックな2年間を過ごせ、今年のランズティートルがこれ以上無いハイライトになった。僕はタイトルを獲るため、フェイエノールトでカンピューンになるために戻ってきた。僕の夢は全て叶った」

 

「数週間前から引退は考えていたけど、最終判断は意図的に先延ばしにしていた。カンピューンスハップを成し遂げることに完全に集中したかったからね。チームとしてそれを成し遂げられたことはとても誇りに思う。個人的には僕は今シーズンも重要な役割を果たせると常に思っていたし、ウィンターストップ以降全試合にスタメンではもう無くなった時もそう思っていた。フェイエノールトでの100ゴール目を決め、カンピューンスヴェーツトライトでハットトリックを達成できたのは・・・本当に信じられないこと」

 

「引退後も是非ともフェイエノールトに関わり続けたいと臨んでいた。ファンタスティックなクラブなのはこの数日間でも示されているからね。クラブも僕を留めたいと思ってくれているし、素晴らしい評価。マルティン・ファン・ヘールから学んでフェイエノールトのテクニカル・マネージメントのポジションで自分を鍛えるのを楽しみにしている。指導者とマネージメント・コースを受けることもその中であるだろう。でもとにかくまずは今週ずっとそうしているようにカンピューンスハップを楽しみたいし、今後数日でのフットボール選手として最後のトレーニングをしっかり終えたい」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/kuyt-al-mijn-dromen-zijn-verwezenlijkt

 

 

やはりここが止める最も素晴らしいタイミングということで遂に引退。いろいろありましたが、この2年間はもう本当に感謝の気持ちしかありません… いくつもの素晴らしい思い出を残してくれました。

 

噂通り今後は指導者よりもまずはTD方面のキャリアに。すでに昨夏もファン・ヘールとチームの補強ポイントについて話していたように、チームの補強ポイントを的確に見る目はあるでしょう。コネクションも選手に対するカリスマ性もあることを考えれば理想的な役職になるかも?と数年後を期待します。