我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第16節結果 カンブールが涙の初勝利。オウンゴールがリーグ通算1000点目。ユトレヒトが伝統の020-thuisで勝利

Speelronde 16

 

vrijdag 11 december 2015

20:00 sc Heerenveen - Excelsior 2-1

22’ Kenny Otigba 1-0 / 55’ Sam Larsson 2-0 / 90+2’ Jeff Stans (str.) 2-1

 

ヘーレンフェーンはテ・フレーデの負傷でフェールマンが代役。

序盤から優勢にチャンスを作っていたヘーレンフェーンがCKの流れから最後はオティグバが蹴り込んで先制。終始劣勢だったエクセルシオールが後半積極的に前のスペースを突いて盛り返すも、ラーソンが左サイドから中に切れ込んでの右足で2-0. その後はお互いにチャンスを逃し、終了直前にエクセルシオールがPKを得るも時すでに遅し。最初から最後まで主審vdフラーフの笛にかなり疑問が多く、試合後には大ブーイング。

 

ヘーレンフェーンはフォッペの下でのホームゲームで11試合連続無敗。試合後の会見でフォッペがシーズン最後まで指揮を執ると発表。エクセルシオールはクラブ初の6試合勝利無しはならず。

 

ジョーイ・ファン・デン・ベルフ

「このグループに今年また別の監督が来ても良いことは無い。フォッペが来たことで少なくともネガティヴな効果は一つも無かったし、実際全てポジティヴだ」

 

サム・ラーソン

「フォッペはフォッペだった。僕らはいまはずっとハードにトレーニングしているし、彼は戦術面も多少変えた。この数週間の僕らがどんどん良くなっているのは目に見えて明らか」

 

アルフォンス・フルーネンダイク

「結果だけ見れば試合になっていたと思われるだろうが、全くそんなことはなかった。ヘーレンフェーンが支配し、圧倒していた。チームに説得力と集中力が全く見られなかったのがとてつもない失望。我々でエクセルシオールであり、降格圏から離れるために毎週ファイトしなければいけないということを思い出さなければいけない」

 

zaterdag 12 december 2015

18:30 ADO Den Haag - Willem II 1-1

33’ Kevin Jansen 1-0 / 55’ Nick van der Velden (str.) 1-1

Rood: 54’ Dion Malone

 

2pts差の13位対15位直接対決。ワングの騒動で落ち着かないADOはハーフェナールの離脱でコルテがスピッツに。ヴィレムIIは再びvdハイデンがスピッツ

風下のADOが攻守に強い風の影響で苦しむが、ボールを持ったヴィレムIIもチャンスを作れずにローテンポゲーム。左サイドから組み立てたADOがゴール前フリーのケヴィン・ヤンセンのミドルで先制。

 

後半も低調なヴィレムII相手にADOが楽々とコントロールしていたが、スルーパスに抜け出したアンデルセンをマローンが倒して一発退場&PK判定で同点に。ヴィレムIIも1枚イエローカードを受けていたスタイン・ヴァイテンスがバッケルの足首にハードタックルも、これは主審 リントハウトが取らず。終盤は数的優位のヴィレムIIがADOゴールに迫るもやはり大きなチャンスは創れずに順当に引き分け。

 

ADOは16試合で8回目の引き分け。

 

ヘンク・フレーサー

「この引き分けは受け入れるしかない。かなり長い時間一人少ない状態だったからね。失点にはウンザリ。守備陣の間にボールが落ちたのは本当にフラストレーション。11人でやり続けていたら彼らが我々相手に得点を決めることは絶対に無いと私は確信している」

 

ユルヘン・ストレペル

「風。主審。線審。風。雨。ピッチ。全てが関与した結果。観客も悲劇的だった。だが我々は自分たちに目を向けても喜べない。それが最も重要なこと。我々はコントロールしていたと思う。上手く試合に入り、ADOは自陣でプレーしていた。これは我々のチームに対する賞賛と言えるだろう。しかしテンポが低すぎた。クロスボールを上げるにしてもボールが毎回ザントフォールトに飛んでいくような感じでかなり難しかった」

 

アラルド・リントハウト

スタイン・ヴァイテンスが2枚目を免れたシーンに

「ピッチ上では無茶なプレーとは捉えられなかった。映像で見返すとイエローカーであり、彼は2枚目を受けるべきだった。回避法?こういう競り合いをしっかり見極められるようにやり続けるしかない」

 

19:45 SC Cambuur - NEC 3-1

20’ Bartholomew Ogbeche 1-0 / 24’ Xander Houtkoop (e.d.) 1-1 / 49’ Bartholomew Ogbeche 2-1 / 66’ Christian Santos (e.d.) 3-1

 

CKからオフベチェが2ゴール。さらにFKからバーンのシュートがサントスに当たり、エールディヴィジ通算1000回目のオウンゴールでカンブールが16試合目にしてようやく涙の初勝利。

 

カンブールは昨シーズンから実に21試合ぶりの勝利。

 

ヘンク・デ・ヨング

「今日もサポーターは私の名前を歌ってくれた。素晴らしいよ。私もこのクラブを愛しているからね。しかしあまり自分のことを語り過ぎるべきじゃないだろう。フォッペのようになるからね。でも我々は共にフリーゼンであり、感情的な人種だから、こういう出来事を経験すると涙がでるんだよ」

「約9か月勝利なし。赤ちゃんができた人もいるだろうし、我々もようやく一つ勝てた。とてつもなく苦しい、酷い時期だった。だからものすごくホッとしているよ。この数ヵ月間我々が受けたサポートは尋常ではない。これだけ長く勝てなかったのに、サポーターがこうやってチームを支え続けてくれたのはとても素晴らしいこと。フットボール界では普通あり得ない」

 

アーネスト・ファーベル

「我々は良いフットボールができることを繰り返し見せてきたが、今夜はそれに程遠かった。さらに不必要な個人のミスも出た。セットプレーの練習は多くやっているのに、こうやって3失点するのは悲しい。天候に苦しんだのは彼らも同じだ。ああいう瞬間にもっとスマートになって同じミスを繰り返さないようにしなければいけない」

 

19:45 PSV - Roda JC Kerkrade 1-1

51’ Joshua Brenet (e.d.) 0-1 / 74’ Davy Pröpper 1-1

 

後半出だしにジェシィの明らかなオフサイドが見逃されてローダが先制。PSVグアルダードのFKをプロッペルが頭であわせて連続ゴール記録を43に伸ばしてドロー。

 

PSVは再びCL直後の試合で勝ち点を落とし、昨シーズン34試合でわずか14ptsを獲りそこなったのに対して、16試合ですでに13ptsを失う。

 

フィリップ・コクー

「CLベスト16の熱狂は消えた。この引き分けでそれは明らかだ。我々は試合の大部分でチャンスを作り、自分たちに流れを引き寄せるだけの正確性もテンポも無かった。ボールはかなり持ったがほとんどチャンスを作れなかった。オフサイドゴールはもちろんかなり高くついた。月曜のCLドロー?今の関心事はそれよりも水曜のベーカー戦。最後の2試合をしっかり終えたい」

 

ダリジェ・カレジッチ

PSVはFKとCKから数回危険なシーンを創っただけ、それは十分物語っている。PSVがCLでの偉業をもう少し長く祝ってくれていることを期待していたんだ。個人のクオリティでは遥かに我々を上回っているからね。PSVに対して怖れはあったが、我々は試合の中で成長していった。オフサイド?判定ミスはあってはならないこと。しかし我々は先制するにふさわしいプレーだったと思う」

 

20:45 FC Twente - De Graafschap 2-1

32’ Andrew Driver 0-1 / 34’ Joachim Andersen 1-1 / 90+1’ Hakim Ziyech 2-1

Rood: 30’ Nick Marsman

 

5pts差の16位対18位の残留争い直接対決。ライセンス委員会の処分待ちのトゥエンテはアギエポンが負傷欠場、エデーがフィットせずでオライタンとカブラルの両バイテン。

 

30分直前に飛び出したカバセーレにマルスマンが接触し、エドヤンセンが一発退場&PK判定。カス・ペータースがポストに当てるもドライフェルがリバウンドを蹴り込んで0-1. 苦しくなったトゥエンテだが、直後にツィエクのFKにアンダーセンが合わせて同点に。トゥエンテは数的不利も前線でカブラルが違いを作って躍動し、互角以上の展開に。60分過ぎには右サイド遠距離からのカブラルのシュートがポスト直撃。70分過ぎにはオーステルワイクが抜け出すも大チャンスをユルユスのセーブに阻まれる。ロスタイムにカウンターからパスを受けたツィエクがそのまま決めてトゥエンテが劇的に勝利。

 

ハキム・ツィエクはデ・フロールシュ・フェステでのラストゲームに1ゴール1アシストで貴重な3ptsをもたらし、試合後はサポーターと笑顔でお別れ。デ・フラーフスハップは数的有利とリードを得た絶好の展開で10人相手に圧倒され、最下位らしく妥当な敗戦。

 

ルネ・ハーケ

歓喜と安堵。あらゆることが起きた普通で無い試合だった。レッドカードの後で背中を正してしっかり戦ってくれたチームは大きな賞賛に値する。こういう試合をスタディオン全体のサポートで自分たちの方に引き寄せられたのは素晴らしいこと。鳥肌が立つ瞬間が何度もあった」

「ああやって2-1にできたのは素晴らしいこと。特にハキムにとってね。彼はチームのため、この試合に大きなエネルギーを注ぎ、決定的な仕事もした。事前の狙い通りに順位表で差を広げられたのは良かった。今日のミッションは成功だ」

エドヤンセンにはHTに映像を見るべきと言った。結局彼はミスも認めた。試合後にレッドカードでは無かったと言っていたよ」

 

ヤン・フレーマン

「我々は勝とうとしていなかった。この試合でもっと良い結果を得ようと言う気持ちを見せていなかった。トゥエンテにプレッシャーを掛ける狙いだったが、すぐに下がってしまっていた」

 

zondag 13 december 2015

12:30 FC Utrecht - Ajax 0-1

87’ Yassin Ayoub 0-1

 

いろいろあってバニンクサイドが空っぽでアウエーサポーター不在のヘルヘンワールト。

ホームでの020戦6試合負け無しのユトレヒトはヨーステンを外してルートヴィヒを起用。出場停止のvdマーレルの代わりはレーウヴィン。ボイマンスが1年ぶりにセレクション入りしてベンチから。

 

序盤前掛かりにプレッシャーを掛けてボールも取れていたユトレヒトだが、次第にDFラインが下がって前線が孤立。ボールを奪っても長いカウンターになってほとんどチャンスを作れず。

後半やや立て直してコントロールできるようになったユトレヒトだが、膠着状態のまま時間が経過。終了直前にロングボールをユトレヒトの攻撃陣が繋ぎ、走り込んだアユプが決勝点。

 

ユトレヒトアヤックス-thuis7試合連続負け無し。

 

エリック・テン・ハフ

「なるべく試合終盤に決勝ゴールを決めるのは最高だ。勝利の味が格別になるからね。我々はゲームプランを上手く守った。カウンターでもっとアヤックスを痛めつけられるチャンスがあったとさえ思うよ。間違いなくそれだけのチャンスがあったが、それを決められずにアヤックスの利益にさせてしまった。彼らがプレッシャーを強めたことで我々は対応に苦しんだ」

「私はここで虚勢を張れるが、これは間違いなく0-0ゲームだった。ほぼ拮抗していた。我々はほとんどチャンスを与えなかったが、我々もそれほど多くは作れなかった」

 

ヤシン・アユプ

「最後までちょっと緊張感があったでしょ?理想を言えば1分目に決めて、できれば3-0で勝ちたかったけどね。でもこれでもとても嬉しいよ。無失点に抑えていれば試合を決めるチャンスがいつでもあるということは分かっていた。だからなるべく彼らのチャンスを最小限にしようとしていたんだ。88分目にやっと決まってくれた」

「前半の彼らは本当に危険なシーンは一つも無かった。僕らの指導陣とスタッフがかなり上手く分析してくれたし、僕らはそれを上手く実行した。戦術的な試合だったよ。もっとメンタルの強いチームが試合に勝った。僕らは忍耐力をハッキリ続けてタスクをしっかり意識してプレーした。それが報われた」

「7試合連続負け無し?来年は8試合連続、そして9、10だ。アヤックスはここで僕らとやるのを怖れている。僕らはそれを利用して、ここでは何も得られないということを見せないと」

 

14:30 PEC Zwolle - AZ 2-1

36’ Queensy Menig 1-0 / 45’ Kingsley Ehizibue 2-0 / 90+3’ Muamer Tankovic 2-1

 

ロン・ヤンス

「AZが前半ゴールを決められなかったことがかなり大きかった。素晴らしい勝利。クエンシーとキングスリーがエールディヴィジ初ゴールを決めたのが殊更素晴らしいこと。我々はこれで25pts、我々が2016年もその中に留まりたいクラブの中に入っている」

 

デニス・ハール

「我々のプランはBilbao-uitの流れを引き継ぐことだったが、ほとんどできなかった。終了5秒前に追い上げのゴールでは遅すぎる」

 

14:30 FC Groningen - Feyenoord 1-1

25’ Michael de Leeuw 1-0 / 50’ Dirk Kuyt 1-1

Rood: 52’ Jan-Arie van der Heijden

 

フローニゲンはデ・レーウがフィットしてスタメン出場、フーセンがベンチに。フェイエノールトは怪我のボテギンの代わりにvdハイデン、出場停止のグスタフソンに代わってフィレーナを起用。さらにヴェイノヴィッチをベンチに下げてトールンストラがスタメン出場。

 

20分過ぎにフェイエノールトのボールロストを突いて右サイドから崩したフローニゲン。ティブリングのクロスに飛び込んだマドゥロのヘディングがポストを叩くも、リバウンドをデ・レーウが決めて先制。ここから中二日のフローニゲンがダイナミックでプレーでフェイエノールトを圧倒し、何度もチャンスを作る展開に。40分過ぎにドロストの決定的シュートチャンスはフェルメールがセーブ。

 

HTに修正したフェイエノールトが後半立ち上がりからアグレッシブさを見せると、トールンストラの飛び出しからカイトのシュートがゴールライン上ハーテブールに当たって同点。しかし直後に上手く裏に抜け出したドロストをvdハイデンが倒して一発退場に。フェイエノールトは今週もほとんどボールに触っていないクラーメルを下げてネロムを投入。フローニゲンは逆に負傷のラルセンを下げてフーセンを投入。フェイエノールトは再びフローニゲンがの勢いに飲まれかけるも、カルスドルプの推進力と中央に戻ったコンゴロの競り合いの強さで五分五分以上に盛り返してチャンスを待つ展開に。残り15分でフェイエノールトは3ptsを諦めずにトールンストラに代えてカジムを投入、カウンターからカルスドルプのパスを受けたフィレーナに待望の大チャンスも1対1でシュートはパトに阻まれる。結局お互い最後まで高いテンションで競り合いを続けてるも決勝点は生まれず、そのまま引き分け。

 

フローニゲンはホーム無敗を守り、アウエーも含めて8試合負けなし。フェイエノールトアヤックスと並び、PSVとの差を広げる絶好のチャンスを例のごとく活かせず。

 

エルヴィン・ファン・デ・ローイ

「とても失望という訳ではないよ。大部分を10人相手で勝てなかったことに失望するのは当然。しかしSporting Braga戦の疲労が残っているのも良く見えた」

「相手が10人になればとにかく勝ちたくなるし、観客もそのつもりで盛り上げる。そうなると3人を守備に残してみんな前に言ってしまうが、危うくフェイエノールトにそれを上手く突かれるところだった。我々はボールに集まり過ぎてしまった。辛抱強さがなく、雑だった」

「自分がここにいれば、とても楽しい午後だったと思うだろう。フェイエノールトに賞賛を贈るよ。彼らは10人で勝つためにプレーしていた。我々も試合全体でそうしていたし、両チームとも成功できなかったが素晴らしい午後だった」

 

16:45 Heracles Almelo - Vitesse 1-1

65’ Oussama Tannane 1-0 / 75’ Milot Rashica 1-1

 

サブトッパー同士の対戦はアグレッシブさと競り合いの強さでヘラクレスが優勢に。後半に戻ってきたタナーネの中に切り込んでワンフェイントを入れて意表を突いて右足のシュートで先制。しかしフィテッセも終盤ようやく盛り返してラシーチャで同点に。お互いにブルーンスとカザイシフィリに決勝点のチャンスがあったが、ロームの好セーブとまさかの枠外でドロー。

 

ジョン・ステーヘマン

「我々は間違いなくハイクオリティは見せていなかったが、勝利を主張したチームが一つあるとしたらそれは我々だと思う」

 

ペーター・ボス

「この結果に良いフィーリングは持てない。楽しい午後で無かったし、楽しい試合でもなかった。我々はより優秀な選手たちをそろえているし、私はもっと良いフィテッセを期待している。今日の我々は普通ならできるはずの、相手のプレッシャーを脱することができていなかった。ボールロストも多すぎたし、アグレッシブさも不十分だった。最後の30分間には満足できる。あの時間帯の前へのアグレッシブさが選手たちへ求められること」

 

Stand

1 Ajax 16 (12 2 2) 38 43 10

2 Feyenoord 16 (11 3 2) 36 36 15

3 PSV 16 (10 5 1) 35 39 17

4 Heracles Almelo 16 (8 3 5) 27 25 20

5 FC Groningen 16 (7 5 4) 26 20 20

6 Vitesse 16 (7 4 5) 25 30 16

7 PEC Zwolle 16 (7 4 5) 25 26 22

8 FC Utrecht 16 (7 4 5) 25 26 23

9 NEC 16 (7 3 6) 24 20 18

10 SC Heerenveen 16 (5 5 6) 20 25 28

11 AZ 16 (5 3 8) 18 21 26

12 ADO Den Haag 16 (3 8 5) 17 21 26

13 Excelsior 16 (4 5 7) 17 19 27

14 Roda JC Kerkrade 16 (3 7 6) 16 12 27

15 Willem II 16 (3 6 7) 15 21 23

16 FC Twente 16 (3 4 9) 13 17 36

17 SC Cambuur 16 (1 7 8) 10 18 42

18 De Graafschap 16 (1 2 13) 5 14 37

 

Topscorers

1 L. de Jong (PSV) 13

2 D. Kuijt (Feyenoord) 13

3 S. Haller (FC Utrecht) 10

4 C. Santos (NEC) 10

5 M. Kramer (Feyenoord) 9

6 H. Ziyech (FC Twente) 9

7 A. El Ghazi (Ajax) 8

8 E. Falkenburg (Willem II) 8**

9 M. Havenaar (ADO Den Haag) **8

10 L. Veldwijk (PEC Zwolle) 8

 

Assists

1 E. Duplan (ADO Den Haag) 7

2 R. Karsdorp (Feyenoord) 6

3 D. Klaassen (Ajax) 6

4 A. Milik (Ajax) 6

5 Simon Gustafson (Feyenoord) 5

6 H. Ziyech (FC Twente) 5