我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

フェル、移籍を望むもトゥエンテは撤退か

ジョルジニオ・ワィナルドゥムを獲得したPSV同様にリロイ・フェルの獲得を狙っていたFCトゥエンテ。しかしPSVがワィナルドゥムに支払った500万ユーロに対し、トゥエンテのフェルへの提示額はその半分の250万ユーロと、最低でもワィナルドゥムと同じ金額を要求しているフェイエノールトとは大きな開きがある。

 

これまでフェイエノールトの契約延長オファーに対してサインする構えを見せてこなかったフェルは今週に入ってついに「サインしない」とはっきり意思表明。トゥエンテへの移籍希望を明らかにした。ワィナルドゥムのケース同様にフェイエノールトとの契約は残り1年。デ・グズマンシナリオを回避するためにもフェイエノールトは移籍金を得られるこの夏の放出を必ずしも拒むことはしないが、「あくまでスポーツ面と金銭面でのバランスが重要」とマルティン・ファン・ヘールは国内クラブへの安売りはしない姿勢をはっきり打ち出している。

 

トゥエンテとしてはアドリアーンセもフェルの才能を買ってはいるが、「必ずしも必要な戦力」ではなく、これまでフェイエノールトが値下げするのをじっと待っていた。しかし先週のフロールシュ・フェステの屋根崩壊事故により、スタンドの拡張工事はストップ。財政面への影響は避けられないことから、今のところフェル獲得にはプライオリティを置いていない。

 

現在フェルに500万ユーロを払えるクラブはオランダには存在しないため、フェイエノールトとしては国外クラブからそれに近い金額のオファーが届く待っている状況。ワィナルドゥムと合わせてこの夏で1000万ユーロのプラスを得られれば、KNVBが選手獲得の移籍金を支払う許可を出す望みも出てくるかもしれない。