我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ヨング・オランイェ、ウクライナで引き分ける(EK予選:ウクライナ-uit)

ヨング・オランイェは火曜にキエフウクライナとEK予選を行い、1-1で1ptを分け合った。オランダの唯一のゴールを決めたのはジュスティン・クライフェルト。

アルト・ランゲレーはこの試合に先立ってスタメン変更を明言。スコットランド戦(2-0負け)で監督はクラブであまりプレーしていない選手たちを週に2試合起用するのは賢明では無いと気づき、ドゥーティンヘムでのラトヴィアに3-0勝利した金曜から、バルト・ラムセラールとリチェドリー・バズールに代えてキエフではパブロ・ロザーリオとフース・ティルをスタメン起用した。

ウクライナで当たったのはヨング・オランイェにとってこの予選グループで最もタフな相手の一つ。多くのクオリティを備えたこのチームは多くの選手がすでにA代表にもデビュー済みであり、2人は月曜夜のクロアチアとの代表戦に出場もしていた。

ヨング・ウクライナの戦術は明確であり、早めのプレッシャーでオランダの組み立てを妨害することだった。ヨング・オランイェはそれに苦しんだが、前半が進む中でそのプレッシャーをかわしてフットボールをすることに何度も成功。そこから脅威も作っていたが、チャンスを作るにはラストパスの精度に欠けていた。

数回の針で刺す程度の攻撃以外、ウクライナも長時間危険では無かったが、しかし30分過ぎに1-0に。CKからデンゼル・ドゥムフリースがアンラッキーにボールを手に当ててしまうと、主審 Kristo Tohverがペナルティスポットを指さし、Viktor Kovalenkoが11mからのシュートを決めた。

後半もヨング・オランイェはウクライナに苦戦。なかなかチャンスが作れなかったが、途中出場 ジェルファネ・カスタネールが自身でボールを奪い、素晴らしい加速で最終ラインまで駆け上がったことでようやくチャンスに。彼のクロスがDF2人の間を抜けジュスティン・クライフェルトの足元に届くと、このアヤクシートがゴール逆隅に強烈なシュートを決めて1-1.

これがオランダに新たなエネルギーを与え、ウクライナは更に引き気味に。それでもウクライナがまだチャンスを作り、遠目からのKovalenkoのシュートがあわやゴールと迫ったが、GK ジュスティン・バイローが手で弾き出した。

終盤にヨング・オランイェは重要な3ptsを目指してさらにプレッシャーをかける。カスタネールが唯一危険なシーンを作ることができたものの、しかしシュートはGK Andriy Luninの手の中に収まった。

この引き分けでオランイェはEK予選4試合を終えて5pts. チームはこれ以上の失敗がもうほとんど許されない所まで追い詰められた。次の相手は11月10日金曜にアンドラと。ドゥーティンヘムで18.30開始。

Oekraïne – Jong Oranje 1-1 (1-0)

Scoreverloop:

29. Kovalenko (pen.) 1-0

Gele kaart:

Besedin (Oek), Dumfries en Kastaneer (Ned)

Opstelling Nederland:

Bijlow, Dumfries, Fosu-Mensah, St. Juste, Ouwejan, Rosario, Til (63. Ramselaar), De Jong, Kluivert, Idrissi (46. Kastaneer) en Bergwijn.

http://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/70873/jong-oranje-gelijk-oekra%C3%AFne-1-1

序盤先制するチャンスを決められず、PKで失点してからは前にプレッシャーをかけてスペースを与えてくれていた相手が下がってチャンスを作れなくなり、お互いにカウンターの応酬になった終盤も雑なプレーでほとんどチャンスを作れずに、勝てなかったのも妥当な結果。

今回も「伸びシロもポテンシャルもあるけれど、このレベルではクオリティが圧倒的に足りない」ということ予選突破はまず望み薄に。