我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ファン・ブロンクホルスト 「ハードな週は自信を取り戻す機会」(第20節ヘーレンフェーン-thuis前会見)

4日間で2回のホームゲームは、リーグ戦ここ4試合でわずか1ptのフェイエノールトにとって勢いを取り戻すチャンスだ。そのためにもSC ヘーレンフェーンとのホームゲームに始まるこの連戦の重要性はハッキリしている。「トレーニングではそれに向けて全力で取り組んでいるチームを目にしているが、ここ最近の結果で自信が戻っていないのも見ていて分かる」とファン・ブロンクホルストは水曜のデ・カイプでの会見で語った。「重要なのは自信を取り戻すこと。そのためにはハードワークしなければいけないが、勝ち点を取るということも必要」

 

ファン・ブロンクホルストはこの数日、スタッフや選手たち共にAZとのアウエーゲームの映像を見返し、アルクマールでの敗戦から教訓を得なければならないとの結論に達した。「我々は相手にあまりに多くのスペースを与え、ピッチをカバーすることができなかった。PSV戦ではコンパクトなフェイエノールトで見れたが、AZ戦ではそうではなかった。我々のプレーの仕方はトレーニング通りでも取り決め通りでもなかった。もちろん私はその点で自分自身に厳しい反省を抱いている」

 

「AZ戦でチームは勝つために全力を尽くそうとしていたが、我々の思い描くプレーではなかった。だがああいう試合でこそ組織的にやることを忘れてはならないんだ。これは私にとっても選手たちにとってもハードなレッスン。組織的であることがベースになければならない」

 

AZ相手の敗戦という失望により、フェイエノールトはこれからの帰還で良い結果を収めなければならない。チームはヘーレンフェーン戦とその後のADOデン・ハーグ戦でローダJCとのベーカー戦に向けて自信を得たいと願っている。「まず二つ勝たなければいけない」とファン・ブロンクホルスト。「4試合でたった1ptでは誰だって失望しているし、それはサポーターも同じ。だが私はヘーレンフェーン相手にもいつもどおりスタンドからの支援が得られると思うし、そう願っている」

 

ヘーレンフェーン戦ではエリック・ボテギンがまだフィットしておらず欠場。今週獲得したGK パル・ハンソンもまだ木曜のゲーム・セレクションには入らない。

 

Feyenoord – SC Heerenveen

Donderdag 28 januari om 20.45 uur in De Kuip

Scheidsrechter: Van Boekel

 

Eerdere ontmoetingen

 

THUIS

24/05/2015 Feyenoord – sc Heerenveen 2-2 (Play-offs)

15/08/2014 Feyenoord – sc Heerenveen 1-1

16/03/2014 Feyenoord – sc Heerenveen 2-0

12/08/2012 Feyenoord – sc Heerenveen 1-1

28/08/2011 Feyenoord – sc Heerenveen 2-2

 

https://www.feyenoord.nl/feyenoord-1/programma/feyenoord-sc-heerenveen-netherlands-eredivisie-2015-2016

 

 

gdgdの流れがそう簡単に途切れるものではないと重々分かってますが、とにかくそろそろ一つ勝たないといろいろと非常に危うい事態に入ってきますが…というところでヘーレンフェーン戦。フォッペになってもまだ不安定さが抜けないものの、前節のように嵌るとさすがのクオリティを出してくるので例のごとく後手に回ると困ったことになります。

懲りずにクラーメルがスタメンらしいので、まぁ攻撃陣にそんな期待もできませんが。スフェンの出場停止で普通に考えればテレンスとヤナーリーのCBデュオに。中盤は変わらずにマルコはベンチか。