我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

AZ相手に立て直しを狙う(第19節AZ-uit前会見)

「この1週間はいろいろな事があった」と監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストは毎週の定期会見の冒頭に語った。この1週間でフェイエノールトPSVに敗れ、ワルネル・ハーンが十字靱帯断裂の重傷を追い、レクス・インマルスが移籍。「これらをしっかり整理してマネージメントしなければいけない」

 

まず監督は選手たちと共にPSV戦の試合映像を見返した。「後半最初の数分で我々は上手くいっていなかったということが言える。そこをPSVに突かれ、我々は失望に終わった。この1週間でチームをこすり上げ、我々はもうAZ戦に向けて集中している。良いトレーニングができているし、選手たちは気持ちを入れ替えているよ」とファン・ブロンクホルスト

 

日曜の12.30に開始されるアルクマールダースとの試合は新たなチャンスだとファン・ブロンクホルスト。3試合未勝利でコップローパー アヤックスとの差は8ptsに開き、2位PSVとも5pts差。「だから日曜の勝利は重要。我々は軌道に戻り、勝ち点を取らなければならない。それがチームに自信を与えることは今シーズン最初の我々を見れば分かる」

 

AZは19節を前にエールディヴィジの10位。ファン・ブロンクホルスト:「彼らのクオリティを見れば低すぎる順位だと思う。彼らが不安定なパフォーマンスになっている要因は怪我人チーム内の入れ替えが一因。だがウィンターストップ前にロン・フラールとムニール・エル・ハムダウィというベテラン二人を獲得している。それにELグループステージでの経験もあり、それをエールディヴィジでも活かしてくるはず」

 

会見の中でファン・ブロンクホルストは日曜はジャスティン・バイローが控えGKとしてベンチに入ると発表。フェイエノールトOnder19のGKがハーンの代役を務める。カリム・エル・アマーディは出場停止が解けて再び出場可能。エリック・ボテギン(ハムストリング)とヤーリ・スフールマン(膝)はまだプレーできない。

 

AZ – Feyenoord

Zondag 24 januari 2016 om 12.30 uur in het AFAS Stadion

Scheidsrechter: Liesveld

 

Laatste ontmoetingen

 

UIT

05/04/2015 AZ – Feyenoord 1-4

03/05/2014 AZ – Feyenoord 1-1

25/11/2012 AZ – Feyenoord 0-2

25/09/2011 AZ – Feyenoord 2-1

31/10/2010 AZ – Feyenoord 2-1

 

https://www.feyenoord.nl/feyenoord-1/programma/az-feyenoord-netherlands-eredivisie-2015-2016

 

 

早々に夢が覚めてさぁ現実を見ながら後半戦やっていきましょうかという、まずはAZ-uit. 唐突にスタイン・ヴァイテンスを取ってどこで使ってくるやら。コントローラーよりもCBでフラールの隣に置いてくれた方がむしろやり易い気がしますが、見てみないと分かりませんね。

 

10月のAZ-thuisは妙に良い時期だったのでディルクのハットトリックで快勝してますが、まぁ同じ展開にはならないでしょう。フラール相手にクラーメルがなんとかできる気も当然まるでせず… フィンチェントはスフェンとテレンスに頑張って抑えてもらうとして、左サイドからかなり自由に動くエル・ハムダウィをどう見るか。ヘンリクセンの走力も気を付けないといけないので、カリムが戻ることを考えれば例のごとくマルコを外す可能性は高い気が。