我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

Onder 19、欧州戦初勝利(YL:Shakhtar-thuis)

フェイエノールト Onder 19がUEFA Youth Leagueで初勝利。フェイエノールト・アカデミーの旗艦は火曜午後にShakhtar Donetsk Onder 19相手に説得力のある内容で4-0勝利を上げ、火曜夜にChampions LeagueでShakhtar Donetskと対戦するフェイエノールト1に良い手本を示した。

 

勝利は特に素晴らしい前半のおかげであり、チームが非常に効率的だった。その実証が39分から40分の2分間であり、フェイエノールトのリードは1-0から3-0に。その際にフロート・マンだったのは左バイテンのジョエル・ズワルツ。アシュラフ・エル・ブシャタウィのパスを至近距離から決めて2-0とし、2分後にはディラン・フェンテは逃しようが無いヘディングチャンスを提供した。

 

2.500人以上の若者がほとんどのフェイエノールト・サポーターは5分過ぎにすでに歓声を上げることができた。ダウデ・ファン・デル・クストの良い視野を持ったパスからオルクン・コクチュが先制。ヨルディ・ヴェールマン、シャイク・トゥーレー(共に怪我)、ルチャレル・ヘールトライダ(フェイエノールト1に移動)の主力3人を欠いたOnder 19にとって、早々のリードは勢いを与えてくれた。

 

大差でHTに入れたことでフェイエノールトは大きな自信を掴み、チームは後半もそのまま攻撃的にプレー。2つのチャンスを作り出したあと、60分過ぎにフェンテがこの午後自信2点目。エル・ブシャタウィのCKをヘディングで押し込み、10分後に大きな拍手を受けながらピッチを後にした。

 

ベンチからフェンテはチームメイトがさらに数回 点差を広げるチャンスを作るのを見守ったが、5点目は決まらず。しかしファン・ドンゲ&デ・ロー・スタディオンでそれを嘆く者は一人もいなかった。Onder 19はこのスタディオンで12月6日水曜日にNapoli Onder 19と最後のホームゲーム。それまでにUEFA Youth LeagueではShakhtar(11/1水)とManchester City(11/21火)とのまだ2回のアウエーゲームがある。

 

Feyenoord O19 – FC Shakhtar Donetsk O19 4-0 (3-0)

Scoreverloop:

5’ 1-0 Kokcü

39’ 2-0 Zwarts

40’ 3-0 Vente

59’ 4-0 Vente

 

Opstellingen

Feyenoord: Ten Hove; Reith, Lewis, Van Mullem, Malacia; Huijgen (78’ Butter), Kökcü (83’ Vicario), El Bouchataoui; Van der Kust, Vente (71’ Bangura) en Zwarts.

Shakhtar Donetsk: Vertiei; Konopila, Muravskyi, Bondar, Korniinko (71’ Pavlisch), Chekh, Kashchuk, Yakimets (60’ Kholod), Topalov (46’ Andruschenko), Kryskiv en Kulokov.

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/onder-19-overtuigend-naar-eerste-europese-zege

 

 

冬越えにはここで絶対に勝利が必要という試合でナイスゲームでした。90分間良いフットボールをし、守備も組織的で粘り強く、もっと大差も付けられた内容。特にコクチュ、マラシア、ズワルツが良かったです。フェンテは久しぶりの試合でちょっとリズムを欠いているような気もしましたが、それでも2ゴール。できれば残り3試合もこちらで経験を積んで欲しいような・・・