我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

フラール、この夏の騒動について語る

この夏のセレクションとマリオ・ベーンの衝突以来チームの矢面に立ってきたロン・フラール。そして今のところピッチ上でもしっかりと答えを出しており、フェイエノールトはまだ無敗を保っている。「僕は自分の感情をずっと押し留めて、ほとんど誰にも話さなかった」とフェイエノールトのキャプテンはいま口を開いた。

 

「あの件のことは誰とも話をしていない。僕が監督とのあの状況を愉快に思っていなかったのは誰の目にも明らか。僕が満面の笑みでいたら可笑しいだろう」

 

「感情的なことはエクセルシオールとのオープニングゲームに向けた。それにその前のバレントレヒト戦でも僕へのファールの後にも目に見えるシグナルとして出てしまった事がある。あの選手(Reinhard Breinbrug)はボールに向かう糸がなかった。あの瞬間僕は爆発してしまった。でもチームメイトが蹴られても僕はそうしていたし、フェイエノールダーとしてあれ以上させておくべきじゃなかった」

 

反旗はグループ内の責任感を強める結果となった。少なくともあらゆるところでフェイエノールトの選手たちはそう言っているが、それは具体的にどういう意味だろうか?

「この状況を僕らが変えなければならないということ。もう頭を下げることはできない」

 

すでにフラールははマリオ・ベーンにsmsを送ったが、彼はベーンから何かを聞く必要は無いと理解している。

「何も問題は無い。僕らはまた再会したいとおもっているよ。まわりからどう見えるかちょっと気になるけどね。僕らは大人だし、人生は続くんだ。愉快な出来事ではないけれど、線を引かなければならない。あの事についてこれ以上話すことはない。僕らはチームとしてピッチ上で答えを出している」

http://www.fr12.nl/nieuws/15751-vlaar---we-moeten-het-nu-op-het-veld-laten-zien-.html

 

 

相変わらず核心部分については触れないので、結局このままうやむやなままなんでしょうね・・・