Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Dylan VenteがRKCへレンタル

Dylan Venteは今シーズン残りをRKC Waalwijkでプレーする事が決まった。20歳のspitsはBrabantse promovendusに1シーズン レンタルされる。VenteのFeyenoordでの契約は2022年まで。

 

Technisch directeur Sjaak Troost:
「Dylanにとtyて今シーズンはこれまでよりもなるべく多くプレーすることが重要。特にNicolai Jørgensenが幸いにも良い方向に向かっているため、Dylanはbankに座ることが多くなる怖れがある。まだ若い彼にとって、今はいわゆる『飛行時間』を大きく伸ばすことが大事」


https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/dylan-vente-verhuurd-aan-rkc-waalwijk---230819

欧州戦予選最終ラウンド第1試合: AZが今シーズン初失点で引き分け

Champions League: laatste voorronde
diensdag 20 augustus 2019
21:00 APOEL Nicosia - ajax 0-0
Rood: Mazraoui (2xGeel)

 

ajaxが雑なプレーでボールロストを繰り返して20分前後にMazraoui, Marin, Veltmanが立て続けにgele kaart. 後半はAPOELが明らかに優勢になって多くの決定機を作るもOnanaのセーブ、バー直撃、サイドネット、さらにOnanaのセーブと大チャンスを決められず、残り10分でMazraouiが退場してAPOELが数的優位を得たが、やはり得点は決められずそのまま引き分け。

 

Europa League: voorronde voorronde
donderdag 22 augustus 2019

19:30 Feyenoord - Hapoel Beer Sheva 3-0
33' Sam Larsson 1-0 / 56' Leroy Fer 2-0 / 78' Leroy Fer 3-0


FeyenoordはVd Heijdenがselectie外で新加入 Iéが初basis. Hapoel Beer ShevaはHasselbainkがspitsでbasis.

 

Israëlの2位チームにFeyenoordが出だしから激しくプレッシャーをかけてカウンターを許さず主導権を取り、序盤から数回ゴールに迫る展開。しかしなかなか大きなチャンスを作れず、25分にIéがかわされてHasselbainkに最初のチャンスもVermeerが対応。直後にLarssonからNarsinghにようやく大チャンスもkeeperとの1対1を決められず、Karsdorpにシュートチャンスもkeeperがセーブ。次第にFeyenoordが良いチャンスを作れるようになると、30分に素早いvrije trapからFerが狙うもポストを叩き、数分後にBerghuisのミドルシュートもポストを叩いたが、そのリバウンドをLarssonが詰めてようやく先制。

 

後半出だしもFeyenoordが主導権を取ると、conerから力強いプレーを見せていたFerとTapiaで追加点。その後もFeyenoordが相手の反撃をVermeerのセーブとIéらの力強い守備で抑えて試合をコントロールし続けると、終盤再びconerからやや後方のFerが左隅に突き刺して3-0.

 

Feyenoordが枠内シュート11本でuitwedstrijdに向けて十分なリードを得て勝利し、試合後はhet Legioenのハートを掴んだIéにstanding ovation.

 

20:30 PSV - Apollon Limassol 3-0
47' Mohammed Ihattaren 1-0 / 56' Cody Gakpo 2-0 / 61' Denzel Dumfries 3-0


PSVはSadilekに替えてBascagliがlinksbackでbasis.

 

ガラガラのPhillips StadionでキプロスのApollonに前半PSVが大苦戦。相手の組織的守備を全く崩せず、前半枠内シュート無しに終わる。


HTにBergwijnとIhattarenがポジションを入れ替えると、後半出だしにカウンターからMalenのアシストをIhattarenが決めてあっさり先制。さらにGakpoが見事なシュートを決めて2つのチャンスで2-0. 一気に点差を付けたPSVがそのまま優勢に立つと、BascagliのクロスからDumfriesが決め手効率良く3-0. PSVは終盤 今日加入が発表されたばかりのMitroglouを途中出場でデビューさせ、そのMitroglouのパスからMalenがあわや4-0のシーンも作りつつそのまま勝利。

 

Mark van Bommel
「前半は良くなかった。HTに話し合い、前半のいくつかの映像を選手たちに見せた。さらに上手く行っているシーンと上手く行っていないシーンを見せ、選手たちに理解させた。マグネットボード上で動かすことはできるが、それが上手く行き、小さな事が改善されてそれが得点で報われた」
「Rosarioは理由無くaanvoerdersbandを巻いている訳では無い。プレッシャーでは無く、voetbalのやり方の問題。Guti en Pabloにあまりに大きなスペースが生まれ、それによって選択を難しくしていた。彼らの周りにほとんど選手がいなかったんだ。それが後半はかなり良くなった」
「Mitroglouは我々のselectieに無かったクオリティを持っている選手。ヘディングの強さ、ボールを持った時のフィジカルの強さ、抜け目無さ、ゴール前でのタイミング。それがこういう選手に期待するもの」

 

20:30 AZ - Antwerp FC 1-1
38' Dylan Batubinsika 0-1 / 82' Myron Boadu 1-1
Rood: 73' Buta (2xGeel)

 

Alkmaarから遠くGrolsch VesteでのAZのthuiswedstrijd. ガラガラのstadionで出だしからAZがピンチを招くも、Boaduも危険な存在となって五分五分の展開。AZはBizotのセーブで失点を防いでいたが、前半終盤にconerから決められて今シーズン初失点&痛いアウエーゴールを献上。

 

後半出だしもAZに危ういシーンが続き、ポストにも助けられる展開。終盤に相手が退場を出して数的優位を得ると、ようやくAZが前掛かりに。しかし10人の相手にもカウンターでピンチを招いていたが、残り10分でIdrissi→Boaduでようやく同点。残り時間でさらに逆転を狙ったが、相手も反撃して競り合いなどから揉み合いになるシーンが続いてそのまま引き分け。

 

Arne Slot
「この相手にも多くのチャンスを作れるのを見せた。フィジカルとコンディションで我々の方が遙かに強かった。彼らが10人になったのも理由が無いことでは無い。それだけ守り切るのに苦しんでいた。HT0-1は全く不当なtussenstandだったと思う。あれは彼らが前半得た唯一のチャンスだった。欧州ではもちろんとても残念な失点」
「returnで我々が全くチャンスを作れないというのは想像できない。そこから1つ決めれば彼らをナーバスにできる」

 

Ron Vlaar
「勝てなかったのは信じられない。彼らにもチャンスがあったけれど、自分たちの責任。1-1にするのが遅かったけど、2点目を決められなかったのが残念。少なくとも同点にしたのは相応しかった」
「ベストの結果では無いと率直に認めなければいけないけれど、kleedkamerでエネルギーを感じている。来週僕らはまたファイトする。同じvoetbalをしてもっと賢くやれば、もっと得点できるはず」

EL groepsfaseに向けて大きく前進 (EL予選: HBS-thuis)

FeyenoordはEuropa Leagueのgroepsfaseへのチケットを賭けた戦いで好結果を得た。木曜夜のDe KuipでSam LarssonとLeroy Fer (2)の得点によりHapoel Beer Shevaを3-0で撃破。returnは来週木曜にIsraëlで行われる。

 

Hoofdcoach Jaap StamはEdgar Miguel Iéをbasisでデビューさせ、aanvallende middenvelderとしてOrkun Kökcüを選択、Sam Larsson, Luciano Narsingh en Steven Berghuisのvoorhoedeを敷いた。

 

彼の選択は実を結び、Feyenoordは初顔合わせのHapoel Beer Sheva相手に説得力に満ち、前半はほぼ終始 keeper Ernestas Setkusの護るゴールを攻め立て続けた。それが33分に先制をもたらす。Berghuisがポストを叩いた後、リバウンドから良い位置にいたLarssonが押し込んで1-0.

 

後半FeyenoordはIsraëlからのbezoekersにさらにプレッシャーをかける。thuisploegはHapoel Beer Shevaの守備に何度も襲いかかり、その結果hoekschopを多く得た。そのhoekschopの1つからLeroy Ferが2回目のボールを決めて2-0.

 

試合終了まで10数後という時間に再びFerが得点。今回はゴール前でのkopduelsには加わらなかったが、正にそれによってチャンスを得た。掻き出されたボールがちょうど彼の足元に落ち、このmiddenvelderが正確にコントロールされたシュートを決めてeindstandの3-0に。

 

これによってFeyenoordは来週のreturnに向けて良いuitgangspositieを得た。来週木曜のIsraël行きで誰がEuropa Leagueのgroepsfase出場権を得るかが決まる。FeyenoordはFeyenoord – AZが9月26日木曜に移されたため、この週末はフリー。

 

Europa League: voorronde voorronde
donderdag 22 augustus 2019
Feyenoord - Hapoel Beer Sheva 3-0
scoreverloop:
33' Sam Larsson 1-0
56' Leroy Fer 2-0
78' Leroy Fer 3-0

 

Scheidsrechter: Andris Treimanis
Gele kaarten: Tapia. Haps (Feyenoord), Hasselbaink, Bitton (Hapoel Beer Sheva)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Vermeer; Karsdorp, Botteghin, Ié, Haps; Fer (88' Burger), Tapia, Kökcü; Narsingh, Berghuis, Larsson (73' Sinistera).
Hapoel Beer Sheva: Setkus; Bitton, Miguel Vítor (81' Sabag), Taha, Goldberg; Keltjens (68' Vílchez), Kabha, Shamir; Safuri, Hasselbaink, Zrihan (64' Ben Sahar).


https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-hapoel-beer-sheva-2019-2020

 

Jaap Stam
「我々は説得力に満ちたプレーだった。フレッシュで、主導権を取り、アグレッシヴで、守備もなかなか良かった。我々の持つクオリティが一つのチームになっていた。後者は相手がよりvoetbalをしようとした時にも見えていた。ようやくしっかり守り切れた。そして重要なことだが、この試合でも再び多くのチャンスを作れたし、3得点も決めた」


「あっという間に悪くなることもあり得るのは経験から分かっている。3-0でもう勝負は付けたと考えることはできない。我々は簡単では無い時期にいるんだ。全員をフィットさせ続けるためにみんなで取り組んでいかなければならない。しかし今日のように良い結果が出れば、そういうこともよりスピーディにやれる。だからこの結果はとても良い」


「Israëlでの環境は全く違う。例えば向こうは非常に暑い。貨客も非常に熱狂的。彼らは早い内に得点しようと全力を尽くそうとするだろう。我々はそこから生まれるスペースを上手く使わなければいけない」

 

「Iéを我々は数回見た。最終的にはそれが試合でどれくらいやれるかは常にやってみなければ分からない。自信に満ちたvoetbalをする選手なのはみんな見れただろう。ボールを持った時のクオリティ、相手との距離を詰めるためのスピード、体をぶつけに行く勇敢さがあり、守備面で力強い。vrije manをどう見つけるかも知っている。それは今日はとても上手くやっていた」


「Van der Heijdenとは先週の彼の交代の後に話をし、お互いに話し合った中で今日は使わないことに決めた。今後またwedstrijdselectieに戻る可能性はある」


「Leroyはプレーした時には概ね良くやってくれている。今日もそうだった。Renatoと一緒にmiddenveldに守備ブロックを作ってくれている。彼らのコミュニケーションが良く守備面でかなり止めてくれているが、彼らは前へプレーする際にも関わっているし、力強く貢献している」


「Orkunは非常に大きな才能がある。まだまだたくさん学ぶ必要もあるが、とてもcreatiefで他の選手をゴール前へ置くことができるのが見て分かる。得点能力があり、多くの仕事もしている。我々は彼の改善点に取り組んでいるが、すでにFeyenoordにとって重要な存在」

 

https://www.fr12.nl/nieuws/51651-stam-looft-basisdebutant-ie-voetbalt-vol-zelfvertrouwen.html

 

Leroy Fer
「僕らはなかなか良いプレーだったけど、topでは無かった。intensiteitは良かったけど。ミスが多すぎる。僕らが自分でした小さな個人のミスで彼らにチャンスを与えてしまっていた。僕らが3点決めて失点しなかったのはポジティヴなこと」
「試合全体では僕らは良かったと思う。intensiteitが良かったし、激しさがあって競り合いに勝とうとしていた。後半はボールを持った時により我慢強さが増して、それによって3得点できた」
「最後はちょっと疲れてしまったけど、これもステップ。今日は出場時間が増えて嬉しいよ」
https://www.fr12.nl/nieuws/51650-fer-we-hebben-redelijk-gespeeld-niet-top.html

 

Rick Karsdorp
「competitieでは余り上手く行っていないけれど、今日のvoetbalは支配的で、こうしなければならないというものだった。特にthuisで試合をする時はね。素晴らしい夜だ。無失点に抑えて3得点。もっと取るべきだったかもしれないけど、僕らは支配的だった」
「自分はフィットしていると感じているし、こうやってプレーしていれば90分間やれるようになるのは分かっていた。みんながどんどんフィットしてきているのは良いこと。それは今日の結果にも見える」
「この週末は休みが増えて嬉しい?いや、実際嬉しくない。奇妙に聞こえるかもしれないけど、僕は日曜はまだ70~80分で足が痙攣し、鋸言う派まだ90分間プレーできたし、実際リズムを維持したいんだ。でもこれでまた1週間試合が無い。どうしようもないけど、KNVBに感謝すべきかどうか分からないね」
「このグループは良いし、僕らはお互いにとても熱心。competitieでは良いvoetbalを見せられていないけれど、今日はできた。これを続けないと。今日のような勝利が必要だったかもしれない。どうなるか見てみよう。まずは来週、それからまたcompetitieだ。流れを変えられるかは僕ら次第」
https://www.fr12.nl/nieuws/51654-karsdorp-zeker-thuis-zijn-dit-heerlijke-avondjes.html
https://www.fr12.nl/nieuws/51661-karsdorp-of-ik-de-knvb-er-dankbaar-voor-ben-weet-ik-niet.html

 

Kenneth Vermeer
「今日は良かったね。あまりチャンスを与えず、自分たちは良いvoetbalをした。たくさんチャンスを作って3得点。returnに向けて良いuitgangspositieだ。みんな楽しんでいたし、これをcompetitieでも出したい。でもこの勝負もまだ付いていない。0-0と同じアプローチをして、向こうで上手く勝ち抜けるようにしないと」
「Iéは良い、落ち着いた人間だけど、ピッチ上ではbeestのようだね。おかしなことをせず、スピードがアリ、守備が上手い。このteamにとって本物のaanwinst」
https://www.fr12.nl/nieuws/51660-hij-maakt-geen-grappen-hij-is-snel-blokt-en-verdedigt-goed.html

 

続きを読む

Jong Oranje, EK予選 Cyprus戦voorselectie

Jong CyprusとのEK-kwalificatiewedstrijdに向けて32名から成るJong Oranjeのvoorlopige selectieが発表された。PSV'er Mohamed IhattarenとAZのMyron BoaduがJong Oranjeのvoorlopige selectieに初めて名を連ねている。

 

17歳のIhattarenはここまでNederlandse jeugdteamsのspelmakerを務めていたが、Marokkaanse bondもこのtalentがMarokkoを望んでおり、voorselectieに名前を入れている。ただしIhattarenがJong Oranjeを選んでも、それは即彼がNederlandを選んだという意味では無い。

 

coach Erwin van de LooiのploegはHongarije en Sloveniëで開催されるEK 2021に向けてのkwalificatiereeksをJong Cyprus相手にスタートさせる。Jong Cyprus戦は9月10日火曜日にDoetinchemのDe Vijverbergで19.00開始。

 

De voorlopige selectie:
Doel: Kjell Scherpen (Ajax), Jan Hoekstra (FC Groningen), Thijmen Nijhuis (FC Utrecht), Maarten Paes (FC Utrecht),

Verdediging: Perr Schuurs (Ajax), Kik Pierie (Ajax), Owen Wijndal (AZ), Deyovaisio Zeefuik (FC Groningen), Justin Hoogma (FC Utrecht), Tyrell Malacia (Feyenoord), Rick van Drongelen (Hamburger SV), Jordan Teze (PSV), Sherel Floranus (SC Heerenveen), Armando Obispo (Vitesse), Danilho Doekhi (Vitesse)

Middenveld: Dani de Wit (Ajax), Noa Lang (Ajax), Teun Koopmeiners (AZ), Ludovit Reis (Barcelona), Azor Matusiwa (FC Groningen), Ferdi Kadioglu (Fenerbahçe), Mo Ihattaren (PSV), Abdou Harroui (Sparta Rotterdam), Deroy Duarte (Sparta Rotterdam)

Aanval: Justin Kluivert (AS Roma), Calvin Stengs (AZ), Myron Boadu (AZ), Kaj Sierhuis (FC Groningen), Tahith Chong (Manchester United), Cody Gakpo (PSV), Mitchell van Bergen (SC Heerenveen), Jay-Roy Grot (Vitesse)


https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/76457/voorlopige-selectie-jong-oranje-voor-ek-kwalificatie

Oranje, EK予選 Duitsland en Estland戦voorselectie

Bondscoach Ronald KoemanはDuitsland en EstlandとのEK-kwalificatieduelsに向けてのNederlands elftalのvoorlopige selectieにDonyell Malenの名前を入れた。20歳のPSVのaanvallerは29名が名前を連ねたOranje-voorselectieに初めての選出。

 

voorlopige selectieに久々に戻った名前としてはJoël Veltmanがいる。このAjaciedは2017年11月14日 (Roemenië - Nederland, 0-3)がOranjeでの最後の出場。

 

Nederlands elftalはEURO2020に向けてのkwalificatiecampagneを9月6日金曜日にHamburgのVolksparkstadionで再開。20.45からDuitslandと対戦する。その後KoemanのploegはTallinnに移動し、9月9日月曜日にEstlandと対戦。Lilleküla Stadiumで21.45 (Nederlandse tijdで20.45)開始。

 

De 29-koppige voorlopige selectie:
Doel: Marco Bizot (AZ), Jasper Cillessen (Valencia), Kenneth Vermeer (Feyenoord) en Jeroen Zoet (PSV).

Verdediging: Patrick van Aanholt (Crystal Palace), Nathan Aké (AFC Bournemouth), Daley Blind (Ajax), Virgil van Dijk (Liverpool), Denzel Dumfries (PSV), Hans Hateboer (Atalanta Bergamo), Terence Kongolo (Huddersfield Town), Matthijs de Ligt (Juventus), Joël Veltman (Ajax), en Stefan de Vrij (Internazionale).

Middenveld: Donny van de Beek (Ajax), Frenkie de Jong (Barcelona), Davy Pröpper (Brighton & Hove Albion), Marten de Roon (Atalanta Bergamo), Kevin Strootman (Olympique Marseille), Tonny Vilhena (Krasnodar) en Georginio Wijnaldum (Liverpool).

Aanval: Ryan Babel (Galatasaray), Steven Berghuis (Feyenoord), Steven Bergwijn (PSV), Memphis Depay (Olympique Lyon), Luuk de Jong (Sevilla), Donyell Malen (PSV), Quincy Promes (Ajax) en Wout Weghorst (VfL Wolfsburg).


https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/76453/malen-voor-het-eerst-voorlopige-selectie-oranje

 

Ronald Koeman
「Malenは良いプレーをしていると思うし、毎試合プレーしてもいる。それに私が以前言ったとおり、我々は特に攻撃面で改善できるかを考えてもいる。彼は良くやっているし、だからこうしてvoorselectieに入った。definitieve selectieは1週間後の金曜日に発表されるが、彼はこのvoorlopige lijstに入るのに相応しい」
「新しい選手たちへのドアは常にオープン。ただ選手たちが本当にドアを叩かなければならない。Malenはそれをしていると思うし、話し合われている他の選手たちはまだだ」

第3節: PECが3試合連続3失点。Twente - RKCはspektakelな引き分け。6チームが7ptsでkopに並ぶ

Speelronde 3

 

Vrijdaf 16 august

20:00 Vitesse - PEC Zwolle 3-0

52'  Tim Matavz 1-0 (str.) / 64' Vyacheslav Karavaev 2-0 / 80' Bryan Linssen 3-0


VitesseはBazoerが出場停止から戻り、Sereroがベンチに。Grot, Tannaneをmiddenveldに置いてLinssenとMatavzの2 spits. PECは新加入 Brunsが古巣相手に早速basis入りでHamerがrechtsbackに。


先日亡くなったVitesse-icoon Dejan Curovicの追悼試合だが、Vitesseが圧倒できずにPECにもチャンスを与える展開。VitesseはLinssenに大きなチャンスがあり、PECはHamerが危険なクロスを入れるもどちらも得点には至らず。前半終盤にはBeroが負傷してSereroと交代のアクシデント。


後半出だしにLinssenのヘディングがReijnenの高く上げた手に当たって当然のpenalty判定。MatavzのキックをMousが見事に止めるもリバウンドをLinssenが詰めて先制と思われたが、VAR Baxの介入でDieperinkが何度も映像を見直して一瞬早く侵入していたとpenaltyやり直し、Matavzが今度は決めて1-0. Vitesseは残り30分でGrotに代えてMusondaを投入すると、MatavzのパスからKaravaevが決めて2-0. PECはClementが強烈なシュートもPasveerに阻まれ、LinssenがMatavzとの見事な連携から3-0として勝負あり。


Vitesseは3試合7ptsスタート。PECは史上初の3試合連続3失点の3連敗スタートで、次節からSparta, Emmen, RKCの対戦カード。


Leonid Slutsky

「今日最大の勝利は我々が後半良いリアクションを見せた事。昨シーズンはスタートが悪いと90分間悪いプレーを続けていたが、今回は変える事ができた。前半はベストでは無かったが後半は支配していた。3試合で7ptsは良いスタートだが、それはまだ何の意味も無い」
「3失点は自分たちを責めるべき。前半Vitesseは油性だったが、我々も数回上手く前に出ていた。後半は我々のverdedigingのせいでほとんどすぐビハインドを背負って島しまい、自分たちのハーフから出られず、その結果があのpenaltyだ。これはちょと我々の問題。middenvelderはかなり良いが、aanvallendであまりに無力で、verdedigingは普通に酷い。本当にもっと良くしなければならない。さもなければかなり苦しいシーズンになる」


Rob Dieperink

「penaltyの際にLinssenが早く進入していたのでスクリーンに呼ばれた。スクリーンの前でLinssenだけでなくReijnenも早く進入しているという結論になったんだ。Linssenだけだったなら、PECへの間接vrije trapだった。両チームの選手だったので、penaltyはやり直されなければならなかった」「Linssenへのgele kaartは重すぎる罰だった。あれは出す必要は無かった」


Zaterdag 17 august

18:30 ADO Den Haag - Sparta Rotterdam 1-2

25' Mamed Rayhi Moh 0-1 / 42' Mohamed Rayhi 0-2 / 79' Lex Immers 1-2


ADOはVarn EwijkとImmersがbasisに復帰。SpartaはVeldwijkがベンチ入り。


thuisploefのADOが主導権を取るもローテンポな試合に。GoppelからのクロスでNecidが決定的ヘディングもCoremansが好セーブ。ほとんどゴールに近づけなかったSpartaだが、DervisogluからRayhiが見事に決めて先制。その後もお互いほとんど見せ場無く時間が経過すると、前半終盤にSpartaのプレーが良くなって再びDervisogluからRayhiが決めて2チャンスで0-2. さらにblessuretijdにAcheからHarrouiにチャンスもこのシュートは枠外に。


ADOはHTにGoppelとFalkenburgの両buitenをHooiとOuld-Chikhに交代。後半はADOの攻撃の時間が長く続いたが、違いを作れる選手が不在で大きなチャンスは作れず。Spartaは残り15分でVeldwijkが紺シーズン初出場、ADOもKramerをextra spitsで投入すると、hoekschopからImmersのヘディングで1-2. 緊張感の戻った終盤はお互いに攻め合ってようやく盛り上がるも、結局ADOが追いつけずそのまま終了。


ADOは無力さが目立つ内容で3連敗。


Alfons Groenendijk

「我々は過去2年間もこういうスタートだったし、これで慌てる事は無い。道のりはまだまだ長いしポジティヴで居続けるべき。問題は分かっているが、毎回お金や財源に不満を言う事はしない。ADOの状況は分かっているし、他にまだ何ができるかを見よう。それが必要な事。選手たちはベストを尽くしており、このADOを責められる点はほとんど無い。最後には3,4回の良いチャンスを作ったが、決まらなかった。しかしとにかくチャンスが少なすぎる」

「我々はvoetbalをしていないし、ほとんどしていない。後半は生きるか死ぬかでのvoetbalだったが、本当のアイディアやcreativiteitをベースに下ものではない。それが心配」


Henk Fraser

「物事が上手く行く時期は常にあるものだし、間違いなくとても難しい時期もやって来る。我々が争える位置を常に自覚し続けなければならない。しかし一方でサプライズを起こすチームは常にある。それは素晴らしいチャレンジ。今は上手く行っているしそれを味わうべき。しかしすぐに2回負けてもパニックになるべきではない」

 

18:30 VVV-Venlo - ajax 1-4

44' 0-1 / 49' 0-2 (str.) / 66' 0-3  / 76' 0-4 / 89' Evert Linthorst 1-4

 

Robert Maaskant
「我々は10人のverdedigersと時々1人のaanvallerでプレーしていた。ajaxと例えば我々の差は小さくなってはいない。彼らは欧州での野望を持つチーム。それがEredivisieの他の多くのclubsにとって面白い事か?今日の我々にとっては面白くは無かった。しかしgeel-zwart shirtを着る多くの人々はajaxが失敗するのを望んでいた。それは他の場所でも同じだろう。それがcompetitieをまた面白くする」


20:45 FC Emmen - sc Heerenveen 1-0

4' Nikola Laursen 1-0 / 41' Glenn Bijl 2-0


2試合無得点のEmmenだったが、Laursenが最初の遠目からのvrije trapを見事に決めてあっさり先制。その後もEmmenがHeerenveenのプレッシャーをかわして攻撃を仕掛け、良いチャンスも。30分前後にKolarに2回の大チャンスがあったが枠外とHahnのセーブで決められず。40分過ぎにlinksback Burnetのクロスからrechtsback Bijlが決めて2-0. 


後半Heerenveenが反撃をしかけたがゴールを奪えず。70分過ぎにEmmenのカウンターからKolarがHahnに倒されるとNijhuisが一旦penalty判定も副審の助言でオフサイドに。かなり微妙だったがVAR Rupertiも介入せず。最後数分にはにはお互いに大きなチャンスがあったがどちらも決められず、結局終始優勢だったEmmenが妥当な勝利。


Dick Lukkien

「今シーズンここまででベストのFC Emmenだった。良い気分で家に帰るよ。とても好戦的で良いvoetbalをするFC Emmenが見れた。多くの脅威があり、しっかりボールをキープし、Heerenveenを押し返す事ができていた。ピッチ上の力関係を見ればHT 2-0は非常に少ない点差」

「補強で良いvoetballersが得られたし、このploegにはかなり多くの奥行きがある。だから後方から相手を押し戻し、主導権を取り、それを持ち続ける事ができるんだ」

 

Zondag 18 august
12:15 Fortuna Sittard - Willem II 2-3
18' Vitalie Damascan 1-0 / 23' Marios Vrousai 1-1 / 29' Vangelis Pavlidis 1-2 (str.) / 45' Vangelis Pavlidis 1-3

 

Fortunaは新加入DamascanとKarjalainenの2 spitsで4-4-2. Willem IIは前節欠場のPavlidisがbasis復帰。

 

試合前の大雨で水が溜まってぬかるんだピッチに両チーム苦戦。thuisploefのFortunaが積極的に前にプレッシャーを掛けて主導権を取ると、カウンターからDamascanが決めて先制。しかしWillem IIもLewisのクロスにVrousaiの上手いヘディングで1-1. そのまま盛り返したWillem IIがvoetbal能力で優って優勢に立つと、NinajとPavlidisの接触にLindhoutが厳しいpenalty判定で1-2. Fortunaが前半最後再び盛り返したがCissの巻いたシュートはWellenreutherが好セーブされ、HT直前にhoekschopからhoekschopから大外Pavlidisが決めて1-3.

 

後半出だしにPintoがゴール前に入れたボールにDamascanがワンタッチであわせる見事なspitsgoal2-3. 勢いに乗ったFortunaが攻め立てて16m内でCissがNinijに腕を引っ張られて倒されるもLindhoutはスルー。Willem IIは途中出場 Dankerluiの強烈なミドルシュートはポスト直撃。直後にFortunaも途中出場 Sambouにがら空きのゴールにシュートの大チャンスも、Heerkensがぎりぎりでクリア。終盤Fortunaがリスクを冒して同点ゴールを狙ったが、結局そのままWillem IIが逃げ切り。

 

14:30 FC Twente - RKC Waalwijk 3-3
24' Anas Tahiri 0-1 / 64' Haris Vuckic 1-1 / 78' Ingo van Weert 1-2 / 90' Haris Vuckic 2-2 / 90+2' Rafik Zekhnini 3-2 / 90+3' Paul Quasten 3-3

 

Twenteは長期離脱のMatosに代わって新加入 Verdonkがlinksback. rechtsbackもVerhaeghに代えてPleguezuelo. RKCはVaessenが怪我でVan Heemskerkがdoelman. Gaariが出場停止でVan Weertがrechtsback. 前線はSowを外してBakariがlinksbuitenでbasis入り。

 

今シーズン最初のpromovendus直接対決。5分にQuastenが足の裏でPleguezueloを激しく削る悪質なファールも主審 Pérezはgele kaart判定止まり。Twenteがボールを持つもRKCがラインを高く上げてスペースを与えず、お互いになかなかゴールに近づけない展開。20分過ぎに左サイドでボールを持ったTahiriシンプルな連携で綺麗に崩し、そのままTahiriがEredivisie初ゴールで先制。Twenteも直後にEspinosaに大チャンスがあったが決められず、その後はRKCのstrijdplanが完璧に機能してTwenteを完全に抑えつつ折り返し。

 

後半出だしにVuckicに大チャンスはQuastenにブロックされたが、Twenteが非常にエネルギッシュなプレーでRKCを圧倒。RKCは60分過ぎにようやくMaatsenがフリーでヘディングのチャンスもDrommel正面に飛ばし、直後にVerdonkのパスで裏に飛び出したVuckicが見事なゴールで同点。70分にTwenteの見事な攻撃をRKCが必死に掻き出し、ゴール前でのSpektakelから途中出場 Zekhniniがネットを揺らして2-1と思われたがbuitenspel. すると80分に後方から上がってきたVan Weertがそのままの勢いで初ゴールを決めて1-2. 終盤リスクを冒すTwenteにカウンターでspieringsに決定機も決められず、押し続けたTwenteが90分にVuckicのゴールで2-2. さらに6分間のblessuretijdにZekhniniが見事なゴールで3-2で決着と思われたが、直後にQuastenが決めて3-3。さらに途中出場 Hans Mulderにも大チャンスで3-4と思われたがポスト直撃とspektakelな引き分け。

 

Fred Grim
「失望感でいっぱい。1-2のリードを手放してしまった。まだ3-3にしたからチームには賞讃を送った。あれは粘りと信念によるものだが、この試合はモノにしなければならなかった。このチームの学びのプロセス」

 

16:45 AZ - FC Groningen 0-0

 

EL予選から中2日のAZはVlaarとWuytensを休ませてHatzidiakosとClasieを起用。GroningenはTe Wierikが出場停止でAbsalemがcentrale verdediger, 代わりにVan Hintumがlinksbackでデビュー。さらにDoanが直前に頭痛で外れてSam Schreckが代役。

 

お互いにcombinatieがほとんど上手く行かず、相手のミスや個人actieから散発的にシュートを放つだけの低調な試合に。後半AZはStengsが強烈なシュートを放つも枠を外し、Groningenは左サイドからEl Hankuriが抜け出してベストチャンスもやはり枠外に飛んで引き分け。

 

16:45 Feyenoord - FC Utrecht 1-1
9' Issah Abass 0-1 / 51' Ridgeciano Haps 1-1

 

EL予選から中2日のFeyenoordはBurgerを外してKellyがbasis入り。Kökcüも外れてBerghuisが10番、Narsinghがspitsに入り、新加入 Iéもbank入り。UtrechtはCernyとVenemaを外し、voorinをKerk, Abass, Joostenとリニューアル。

 

2連勝で勢いに乗るUtrechtが出だしから激しくプレッシャーを掛け、Feyenoordになかなかボールをもたせなかったが、Berghuisのシュート性のボールからStriederの足に当たってあわやe.d.もPeasが何とかセーブと最初のチャンス。そのままFeyenoordが優勢に立った時間にLarssonのパスミスからAbassにそのままもちこまれてあっさり0-1. 1度上手く行きかけたFeyenoordだが再び機能しなくなり、ミスから危険なカウンターを喰らってAbassにcentrale duoが翻弄される展開。それでも少しずつ立ち直ったFeyenoordだが35分にBerghuisが強烈なシュートを放ったが僅かに枠の左に。

 

FeyenoordはHTにvd Heijden & Larssonに代えてIé & Ferと2枚替え。後半はFeyenoordがプレッシャーを掛けて主導権を取ると、BerghuisのパスからHapsの素晴らしいミドルシュートで1-1. 押し続けるFeyenoordだが良い形は作るもなかなか大チャンスを作れず、70分に逆にKarsdorpがボールを奪われてGustafsonに決定機を与えたがVermeerのセーブ。終盤再びUtrechtが盛り返し、Feyenoordは足に痙攣が起きる選手が続出。Utrechtが数回良いシュートを放つもVermeerが立ちはだかり、Feyenoordはロスタイムも大きなチャンスは作れずそのまま引き分け。

 

Feyenoordはクラブ史上初の3試合連続引き分けスタート。

 

20:00 Heracles Almelo - PSV 0-2
16' Steven Bergwijn 0-1 / 58' Mohamed Ihattaren 0-2

 

HeraclesはPröpperが再び膝を痛めて外れ、Dario vd BuijsとKnoesterがcentrale duo.middenveldはOsmanが怪我で新加入 Bijleveldがbasisdebuut. PSVはBrumaを外し、Ihattarenをrechtsbuitenでbasis起用。

 

EL予選から中2日のPSVだが今日は上手く試合に入って序盤からチャンスを作ると、middenveldでの連携からBergwijnが20m以上の距離から強烈なシュートで先制。Heraclesも試合に入って優勢な時間もあったが、Van de Waterが2度のチャンスを決められず。40分にBakboordが16m内でhandsbalを犯したとKamphuisがpenalty判定も、VAR Vd Kerkhofの介入で取り消し。

 

後半序盤にGutiérrezのロングボールからGakpoのアシストをIhattarenが初ゴールで0-2. あまり脅威を作れなかったHeraclesも終盤ゴールに迫ったが、Zoetが守り切ってそのまま終了。

 

Mark van Bommel
「昨シーズンより相手にチャンスを与えているのは今シーズンの我々が攻撃的だから。それは構わない。毎試合状況は変わる。失点が増えない限り悲惨な事でも無い。HeraclesはAlmeloではかなち難しい相手だし、ここで勝てれば嬉しい。我々はかなり若いチームだが、キャラクターを示した。若い選手たちが最後までしっかり守っているのはとても良い事。ある時点で勝ち方はもう問題では無い」
「Moは考えた上でrechterkantに置いた。そうすれば彼は背後を気にせずにボールを持て、中に切り込んで左足を使えるし、実際10番でもプレーできる。彼がいるおかげでBergwijnが上手く隠れる事ができていた。Ihattarenだと右にあまり奥行きがでないが、voetbalはより多くなる」


Mohamed Ihattaren
「もちろん僕はbasisでやれる。自分の力は分かっているし、いつだってプレーしたい。bankに座るのは楽しくないからね。プレーできるならポジションはどこでも気しない。trainerが僕をlinksbackに置いてもプレーするだけ。僕はサイドでも例えばLozanoとは違うし、よりcreativiteit. 味方を奥に走らせたりcombinatieをしたい。シュートするチャンスがあったらシュートもする。ようやく初ゴールは最高だよ。家に帰ってお祝いする。ボールがネットを揺らしてすぐに母親の事が頭に浮かんだんだ。僕は初ゴールを決められたと家でよく言っていたけど、母はいつも落ち着きを失わずにやっていればゴールは自ずと決まるといつも言ってくれていた。だかあこのゴールは母のためのものでもある。もちろん妹のためでもね」

 

Stand
1 Ajax 3 (2 1 0) 11-3 +8 7
2 AZ 3 (2 1 0) 6-0 +6 7
3 Vitesse 3 (2 1 0) 7-2 +5 7
4 Sparta Rotterdam 3 (2 1 0) 8-4 +4 7
5 FC Utrecht 3 (2 1 0) 8-4 +4 7
6 PSV 3 (2 1 0) 6-2 +4 7
7 Willem II 3 (2 0 1) 6-5 +1 6
8 FC Twente 3 (1 2 0) 7-5 +2 5
9 SC Heerenveen 3 (1 1 1) 5-3 +2 4
10 FC Groningen 3 (1 1 1) 2-3 -1 4
11 Feyenoord 3 (0 3 0) 4-4 0 3
12 VVV-Venlo 3 (1 0 2) 5-9 -4 3
13 FC Emmen 3 (1 0 2) 2-6 -4 3
14 RKC Waalwijk 3 (0 1 2) 4-8 -4 1
15 Fortuna Sittard 3 (0 1 2) 3-8 -5 1
16 Heracles Almelo 3 (0 1 2) 1-7 -6 1
17 ADO Den Haag 3 (0 0 3) 4-9 -5 0
18 PEC Zwolle 3 (0 0 3) 2-9 -7 0


Topscorers
1. Evangelos Pavlidis (Willem II) 4 (1)
2. Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 3 (0)
Oussama Idrissi (AZ) 3 (0)
Mohamed Rayhi (Sparta Rotterdam) 3 (0)
Dušan Tadić (Ajax) 3 (1)
Haris Vučkić (FC Twente) 3 (0)


Assists
1. Myron Boadu (AZ) 3
Donny van de Beek (Ajax) 3
3. Halil Dervişoğlu (Sparta Rotterdam) 2
Cody Gakpo (PSV) 2
Abdou Harroui (Sparta Rotterdam) 2
Javi Espinosa (FC Twente) 2
Gyrano Kerk (FC Utrecht) 2
Bryan Linssen (Vitesse) 2
Tim Matavž (Vitesse) 2
Johnathan Opoku (VVV-Venlo) 2
Bryan Smeets (Sparta Rotterdam) 2
Calvin Stengs (AZ) 2
Dušan Tadić (Ajax) 2

3試合連続引き分け (第3節: Utrecht-thuis)

FeyenoordはEredivisieで3試合連続で引き分けに留まった。日曜午後のDe KuipでploegはFC Utrecht相手に1-1. Issah Abassが早々にDomstedelingenに選定点をもたらしたが、後半Ridgeciano Hapsが遠目からのシュートでFeyenoordに1ptをもたらした。

 

Feyenoordは序盤試合の多くのエネルギーを注いで数回チャンスを得たが、先制点は9分に反対側に決まる。Sam LarssonがFC Utrecht陣内でボールをAbassに渡すと、この選手がそこからもの凄い勢いで上がり、defensieとdoelman Kenneth Vermeerを破って0-1.

 

thuisploegは素早く立ち直って支配し続けたがm同点ゴールはなかなか生まれなかった。Jan-Arie van der Heijdenに代わってdebutant Edgar Miguel Iéが入ったHT明けにようやくFeyenoordが追いつく。Hapsが遠目から素晴らしいシュートをゴール左上隅に突き刺した。

 

Feyenoordはその後も決勝点を狙ったがそれは生まれず、結局linksbackのこの得点で最終スコアに。FC Utrechtももう得点できなかったのはVermeerのおかげだった。彼が数回良いセーブでチームが立ち続けるのを助け、今シーズン3pts目を守り抜いた。

 

Feyenoordは木曜にHapoel Beer Sheva Europa Leagueのplay-offs. IsraëlのploegをDe Kuipに迎える。

 

Feyenoord - FC Utrecht 1-1
scoreverloop:
9' Issah Abass 0-1
51' Ridgeciano Haps 1-1

 

Scheidsrechter: Pol van Boekel
gele kaart: Abass, Maher, Gustafson

 

Opstellingen: 

Feyenoord: Vermeer; Karsdorp (84' Geertruida), Botteghin, Van der Heijden (46' Ié), Haps; Kelly, Tapia, Berghuis; Sinisterra, Narsingh, Larsson (46' Fer).
FC Utrecht: Paes; Klaiber, Hoogma, Janssen, Guwara; Strieder (72' Emanuelson), Gustafson, Maher; Kerk (84' Venema), Abass (64' Cerny), Joosten.


https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/derde-gelijkspel-op-rij-in-eredivisie-voor-feyenoord---180819
https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-fc-utrecht-2019-2020

 

Jaap Stam
「我々はまだチームを作っている段階。3試合で9pts取りたかったが、自分たちの状況は理解しているし、我慢が必要なのも分かっている。このままやり続けなければいけない」

 

「前半はvoetbalをするためにスペースが十分あった。ただ良い解決策を見つけなければいけないし、パスの正確さもボールを持った時に良い事も必要。そこでたくさんボールを失えば、失点シーンのように相手はカウンターで危険になれてしまう。前半はもっと良い結果を得なければいけなかったと思う。後半はかなり脅威になり、やるべき事を多くやっていた」


「選手たちは自分たちの最大限を出そうとしている。時に上手く行かない事、選択を間違える事、特定の状況で十分ハードに介入できないシーンは見えている。そこはもっと良くしないといけない。我々は十分上手くやれていない。それはシンプルだ。やるべき事はたくさんある」


「Iéは途中出場でとても良かったと思う。まだちょっと不慣れな面があるのは仕方が無い。かなり落ち着いてやれている。1度だけボールが彼の足を滑ったシーンがあったが、全体的にはとても良くやってくれた」


「Ridgecianoはとても良かった。voorbereidingでフィットして良い流れを継続している」


「Karsdorpは痙攣で交代し、他の選手も痛んでいた。大抵の選手がこの数年週に3試合をこなしていない。我々はそれに取り組んでいるところだが、辛抱も必要」


https://www.fr12.nl/nieuws/51603-stam-over-ie-vond-dat-hij-het-vrij-aardig-invulde.html

 

Kenneth Vermeer
「失点シーンは僕らがボールを失って彼に自陣からピッチ全体を走られた。あれはプレーを殺すためにファールしないといけなかっただろう。geelを貰ってね。僕らはそれをせずに決められた。こういう事が多すぎる」
「僕らが酷いプレーだったという感じはしていない。ただまたビハインドを背負ってしまい、そこから立て直さなければならなかった。終わってみれば1pt取れて喜んで良いと思う」
「木曜は僕らにとって非常に重要な試合。そこでしっかりやって良い結果を得ないといけない」
https://www.fr12.nl/nieuws/51601-vermeer-over-tegengoal-dat-gebeurt-ons-nu-te-vaak.html

 

Ridgeciano Haps
「今日は良い感じだった。この数週間どんどん100%に鳴ってきているし90分間プレーできている。リズムに乗ってきているのが嬉しい。achterlijnまでかなり多く上がれている」
「僕らは試合の序盤に多くのエネルギーを注いでUtrechtを押さえ込もうとした。オープンな試合になってアップダウンが続いたけど、1ptしか取れなかったのが残念。まぁ0ptよりは良いけどね」
https://www.fr12.nl/nieuws/51604-scorende-haps-natuurlijk-niet-blij-met-een-punt.html

 

Leroy Fer
「僕らは良い試合はしなかったし、今回もまたあまりに簡単に失点した。そこから闘争心で戻ったけど、これが精一杯だった」
「trainerがHTにかなり怒ったけど、それもしょうがない。特に失点の仕方とpositiespel. それが良くなかったからね」
「基本的に多くの選手がcomebackしようとしていて、しばらくプレーしていなかったのでまだ完全にフィットしていない。僕も含めてそういう選手がselectieにかなり多い。でもそれは弁解にはならない。trainerにとっては選択が難しいだろうけどね。長い道のりから戻っている選手の事を常に考慮しないといけないからね。でも僕らは週に3試合をこなすためにみんなでハードワークしている」
https://www.fr12.nl/nieuws/51608-fer-hopelijk-kan-ik-donderdag-een-hele-wedstrijd-spelen.html
https://www.fr-fans.nl/nieuws/41560/veel-spelers-zijn-bezig-met-een-comeback-maar-dat-mag-geen-excuus-zijn

 

続きを読む