我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

オランイェ、歴史的勝利 (NL: ドイツ-thuis)

ヨハン・クライフ・アレナでの素晴らしいオランイェ・アーフォントにオランダ代表はNations Leagueでドイツにで勝利。オランダが西の隣国にこれだけの大差で勝ったことはかつて無い。ゴールを決めたのはフィルジル・ファン・ダイク、メンフィス・デパイ、、ジョルジーニョ・ワィナルドゥム。

 

ボンズコーチ ロナルド・クーマンはスタメンで2人をデビューさせ、右サイドはPSV'erのデンゼル・ドゥムフリースとスティーヴン・ベルフワインで構成。セレクションで3人目のデビュー組の可能性があったパブロ・ロザーリオはヨング・オランイェでのレッドカードによりまだ出場停止だった。

 

相手のドイツはリハビリへの道を模索中。2014年にはヴェレルトカンピューンの栄誉を得た大国は作夏のロシアでのWKでは第1ラウンドで敗退。南コリア相手の敗戦は悲劇的な大会の終わり方を象徴していた。先月のNations League初戦ではフランス相手に-0で引き分けている。

 

前半はお互いのゴール前で何度も危険なシーンが生まれる魅力的な内容に。ドイツは特にThomas MüllerとTimo Wernerが数回先制に迫っていた。

 

しかし30分過ぎに先制したのはオランイェ。メンフィス・デパイのCKからライアン・バベルのヘディングがバーを叩き、跳ね返ったボールはフィルジル・ファン・ダイクの前に。このキャプテンが最後の一押しをした。

 

HT前最後の15分間はオランダが突然攻撃的プレーに移り、その結果素晴らしい攻撃が数回生まれた。自信に満ちたプレーを見せていたデパイはほぼ常に先導者であり、ドゥムフリースはサイドからのクロスで危険な存在となり、ジョルジーニョ・ワィナルドゥムも重要な役割を果たしていた。

 

後半に入るとLeroy Sanéが注目を集める存在に。Manchester CityのFWは60分過ぎにJulian Draxlerと同様にボンズコーチ Joachim Löwbによって代表チームに登場。ドイツが得点を決める完璧なチャンスを得るまで早々時間は掛からなかったが、彼のシュートは枠を外れた。

 

オランダの側ではアルナウト・ダンユマ・フルーネフェルトが3人目のデビュー。クインシー・プロメスと共にバベルとベルフワインに代わってチームに入った。このClub BruggeのFWは急速な成長を遂げており、5ヵ月前まではまだNECでジュピラー・リーグの試合に出場していた。

この2人がドイツにほぼ完全に支配されていた時間帯に攻撃面でフレッシュな勢いを与える。オランダの攻撃はほぼ成功し賭けたが、ワィナルドゥムのシュートはバーの遙か上に飛んだ。

 

追加点が生まれたのは残り5分。プロメスのクロスから、デパイが自身の素晴らしい試合を見事に飾るフィニッシュ。オランイェ・レヒューンは大きな解放感を抱き、ヨハン・クライフ・アレナは歓喜に包まれた。

 

さらにそこからそのデパイの強烈なシュートがバーを直撃。ロスタイムにジョルジーニョ・ワィナルドゥムがオランイェ・フェストとを完成させて3ー0.

 

この勝利でオランイェはNations Leagueのpoule A1の争いに完全に戻った。次の火曜日にオランダはベルギーと練習試合。

 

Nederland - Duitsland 3-0
30' Virgil van Dijk 1-0
87' Depay 2-0
90+3' Wijnaldum 3-0

 

Opstellingen:
Nederland: Cillessen; Dumfries, De Ligt, Van Dijk, Blind;
De Roon, Wijnaldum, F. De Jong (77' Aké ); Bergwijn (67' Groeneveld), Depay, Babel (67' Promes ).

Duitsland: Neuer; Ginter, Boateng, Hummels, Hector; Kimmich; Müller, Can, Kroos, Werner; Uth.


https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/73931/historische-overwinning-op-heerlijke-oranje-avond

 

ロナルド・クーマン
「この勝利が全員に必要だった。ボンズコーチだけではなく、選手たちも、オランダ全体もだ。人々のリアクションを見てもみんながこの結果にどれだけ喜んでいるか分かる。これは本当に誇って良い」
「ハッキリさせておきたいのは、我々はかなり苦しいシーンが間違いなく何度もあったということ。しかし全体的には本当に良かった。これは今後に向けて大きな自信になる」
「序盤は苦戦して先制されてもおかしくなかった。雑なプレーでドイツに対してグリップを得られなかった。後半はプレッシャーをかけ続けたが、中盤もDFラインも後ろに下げられてしまい、スペースがかなり大きくなってドイツ人たちはライン間でフットボールができていた。彼らにも何度も大きなチャンスがあったんだ。国外では『3-0、気分良く帰れるし、何の不満も無い』と言われるだろうが、監督として私はこれも指摘しておかなければいけない」
「選手たちは信じられないほどファイトしていたが、素晴らしいフットボールができることも見せてくれた。そして3人のデビュー選手を見れば・・・ 彼らは3,4年後には遙かに力強くなっているだろう。私にはオランダ・フットボールに大きな未来が見えている」


フィルジル・ファン・ダイク
「ドイツはただのチームじゃない。トップクラブでプレーするトップクオリティを備えた選手たちが揃っている。こんな結果は事前には考えられなかったよ。事前に僕らが3-0でドイツに勝つと言っても誰も信じなかっただろう」
「無失点に抑えられたのはとても素晴らしいこと。ハードワークし、プレッシャーをかけ、中盤でボールを奪った。2-0のゴールはとても大きかった。あれで試合は決まった」
「勝てたのは素晴らしいこと。僕らはまだ何も成し遂げていないけれど、良い方向に向かっていると感じている。いまはこの勝利を味わうべき。でも僕らはまだ何も成し遂げてはいない」

 

デンゼル・ドゥムフリース
「本当に最高。とても嬉しいよ。自分がオランダ代表の選手だなんて現実感が無い。ずっと夢に見ていたし、自分自身を誇りに思う。これを目指してハードワークしてきたからね」

 

続きを読む

ヨング・オランイェ、予選敗退後にラトヴィアに勝利 (EK予選: ラトヴィア-uit)

ヨング・オランイェはジュスティン・クライフェルト、ハヴァイロ・ディルロスン、相手GKのオウンゴールでラトヴィアに0-3と楽々の勝利を収めた。ただKNVBの監督 エルヴィン・ファン・デ・ローイのチームは試合前にすでにEKへの出場の可能性が数字上でも絶たれていたことを分かっていた。

 

ヨング・オランイェが今週集合した際、監督 ファン・デ・ローイはチームに対してEK出場へのごく小さなチャンスをまだ全力で目指すと語っていた。しかしながら他のピッチでの結果により、ラトヴィアでの試合を行うまえにその幻想は消えてしまっていた。ヨング・オランイェはEK予選敗退という苦い事実を受け入れなければならない。

 

ファン・デ・ローイはすでにその可能性も織り込み済みで、今回のセレクションにベテランと若いタレントのミックスを選択。スタメンも同じ選択を続け、Rigaではインディ・フロートハイゼンがバーの下にデビューし、シェラル・フロラーヌス、ハヴァイロ・ディルロスンがヨング・オランイェでスタメンとして初出場を果たした。ただ彼らは多分違った環境でのデビューを期待していただろう。チームがプレーしたSkonto Stadionのスタンドはほとんどガラガラで、あらゆる叫び声が反響し続けた。

 

序盤
ヨング・オランイェはこうした状況でも何かを為そうという意思を隠さず。チームは序盤勢い良く攻めかかり、スコアボードに早々に先制点が刻まれなかったのはちょっとした奇蹟だった。リハイロ・ジヴコヴィッチとバルト・ラムセラールが序盤にバーを直撃。リック・ファン・ドロンゲレンと再びジヴコヴィッチで決定機が早々の得点にあと一歩と迫り、ディルロスンは非常に危険な扇動者だった。

 

15分を過ぎてスムーズだった攻撃が止むと、試合のエンターテインメント性もダウン。前半の残り時間ではラムセラールのシュートがゴール前を通過し、テウン・コープマイネルスのシュートがKristaps Zommersの拳に阻まれ、ピッチの反対側ではRobert Uldrikisのシュートともゴール前を通過した。

 

HT明けに得点
後半に入るとヨング・オランイェがゴールを決める。出だしにMartin Kigursが枠を外してヒヤリとさせられたが、その直後にディルロスンのクロスが多少運良くクライフェルトの足元まで届き、このFWが至近距離で押し込んで先制。

 

しかしこのゴールも試合展開を変えることは無く、ラトヴィアは依然として下がったままで、ヨング・オランイェはその守備の穴を辛抱強く探し続け、時に危険なシーンを作った。クライフェルトの突破はZommersが立ちはだかり、コープマイネルスがCKから直接ゴールを狙って驚かせるも、ボールはポストを直撃。

 

終了直前に途中出場 ドニエル・マーレンのCKから追加点。彼のキックはGK Zommersのミスに助けられ、上手くバーを叩いてオウンゴールとなった。ロスタイムにはディルロスンが自身の力強い試合を得点で飾る。このウィンガーはそのスピードを上手く活かし、ゴール逆隅にシュートを決めて0-3.

 

さらにペル・スフールスにとっては負傷したケヴィン・ディクスに代わってデビューを果たすハイライトもあった。火曜日にヨング・オランイェはまだEK出場の可能性を残すウクライナとのホームゲームで予選を締めくくる。試合はドゥーティンヘムのデ・ファイフェルベルフで18.30開始。

 

Jong Letland – Jong Oranje 0-3 (0-0)

Scoreverloop:
50. Kluivert 0-1, 89. Zommers (eigen doelpunt) 0-2, 90. Malen 0-3.

 

Opstelling Nederland:
Groothuizen, Floranus, Diks (78. Schuurs), Hoogma, Van Drongelen, Koopmeiners, Eiting, Ramselaar (85. Vlap), Kluivert (75. Malen), Zivkovic, Dilrosun.

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/73891/uitgeschakeld-jong-oranje-boekt-zege-letland

 

エルヴィン・ファン・デ・ローイ
「我々は良い試合をした。エネルギーの針が高かったし、選手たちは意欲的にファイトし、お互いのポジションをカバーし合っていた。これが標準でなければいけないだろう」
「もっと早く点差を付けられなかったのがチームを責められる点。相手を完全につまみものにできたはず。幸いにも後半突き放せたが、特にバイテンスペーラーが多く1対1の状況になれたのが大きかった。私はディルロスンにはかつてモーメント・フットボーラーというイメージがあったが、いまの彼はコンスタントに力を出せているし、今日は最後の1分でもゴールを決めるだけのスプリント力を見せてくれた」

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/73895/erwin-van-de-looi-tegenstander-de-tang

第8節結果: 頑ななカイパース、OFRで判定を変えず。PSV8連勝

Speelronde 8 

 

Vrijdag 5 oktober

20:00 FC Utrecht - NAC Breda 2-1

45+5' Simon Gustafson 1-0 (str.) / 49' Simon Gustafson 2-0 / 65' Mikhail Rosheuvel 2-1


ユトレヒトは今週もデッセルスをベンチに置いてvdストレークをスピッツ起用。ヘッケンスライター NACもスタメンを変えず、ファン・ホーイドンクがベンチ入り。


ユトレヒトがなかなかテンポを上げられないものの、NACにほとんどボールを持たせずに自分たちは散発的ながらチャンスを作って優勢に試合をコントロール。HT直前にFKから競り合ったメツの頭にボールが当たり、あわやオウンゴールもポスト直撃。HT直前にゴール前でグスタフソンを非常に軽い接触で倒したコホがカイパースにファールを取られて厳しいPK判定。。VAR ディーペリンクが介入するも、OFRでカイパースが判定を修正すること無く1-0で折り返し。


後半出だしにグスタフソンの綺麗なミドルシュートで2-0としたユトレヒトがようやくテンポを上げて攻め立て、クライベルのクロスからvdストレークのヘディングはバー直撃、さらにカウンターからゴール前に走り込んだレッチェルトにベストチャンスも至近距離からのシュートをファン・レールがセーブ。残り30分を切ってオフサイドポジションに思えるロシュヘウフェルがネットを揺らし、副審が旗を上げず、ディーペリンクも介入すること無く2-1. 突然緊張感が戻った終盤はNACも数回危険なシーンを作り、残り10分でテ・フレーデがマークを外してフィニッシュもイェンセンがセーブ。残り数分でシドニー・ファン・ホーイドンクがデビューもFKを蹴る機会は無くそのまま終了。


ユトレヒトはようやく2勝目。NACは6連敗。


ディック・アドフォカート

ユトレヒトは最初の70分間はコントロールし、NACからの抵抗はほとんど無かった。たくさんボールを持ってチャンスを作り、とても美しいものもあった。自分たちをもっと楽にすることはできただろう。しかし2-0の後のチャンスを決められなかったことで終盤は2-2にされることを選手たちが怖れてしまっていた。これはエメン相手にも起きた事。とにかくチャンスを決めなければいけない。どう考えても我々にはかなりもの凄く良いチャンスが何度もあった。このレベルではあれを決めないと」


シモン・グスタフソン

「僕の見解では彼は僕を掴んでいる。引き倒されるのを感じたし、あれはPK. そう見えないのは分かるけど、相手を掴んではいけない。選手が掴まれることが多すぎるんだ。僕はもっと頻繁にPKが与えられて良いと思う」


ミチェル・ファン・デル・ハーフ

「あのPK判定は不透明で許されるものでは無い。私の眼には疑問だし、あれがPKなら試合の最後に我々にもPKが与えられるべきだった。だがグレーゾーンであり、この敗戦をVARのせいにするのは行きすぎだろう。そうするには我々はもっと良いプレーをしなければいけなかった」「VAR制度は小児病の状況を示している。それは誰もが同意するだろう。それに主審の力も今日は一役買った。エゴは誰にでもある」


メノ・コッホ

「ビヨルンに『あなたにこんな事は期待してなかった』と言ったんだ。オランダのトップ主審と言われる人だからね・・・僕が本当に引っ張ったり押したりしているか見てくれ。僕らは女の子じゃ無いし、これはコンタクトスポーツだろ?お互いに接触はして良いはず。あれは間違いなく範囲内だ。彼が映像を見に行った時、僕はPKにならないと確信していた。何の問題も無かったからね。でもそれでも彼はPKを与えた。本当に信じられない。全く理解できない」


Zaterdag 6 oktober

18:30 ADO Den Haag - FC Groningen 1-0

32' Elson Hooi 1-0 


ADOはマイヤースが欠場でバス・カイパースが代役。フローニゲンはライス、ポール、ブライを外し、ルスティッチ、アントゥナ、モレイラがスタメンでドーアンをスピッツ起用と前線を大きく入れ替え。


圧倒的にボールを持つもローテンポで全くゴールに近づけないADOと、可能性の無いカウンターに賭けるしかないフローニゲンで非常に低調な試合に。30分過ぎにエル・カヤティの個人技からクロスをホーイが決めて1-0. フローニゲンも40分過ぎにカウンターから決定的なチャンスもアントゥナが決められず。


HT明けにフローニゲンはマヒーを投入してようやくフットボールに。残り20分でさらにダニエル・ファン・カームをデビューさせて終盤攻勢に立ったが、決定的なチャンスを作るには至らず、ロスタイムにようやくシャボットの決定的シュートもフロートハイゼンがセーブしてADOが逃げ切り。


フローニゲンは8試合で僅か1勝といういよいよ危機的状況に。


アルフォンス・フルーネンダイク

「重要な勝利。難しい試合だったし、間違いなく我々のベストな試合でも無かった。最も幸運なチームが勝った。フロートハイゼンが我々を生き残らせてくれたよ。フットボールは楽しめなかったが、ファイティング・スピリットは楽しんだ。それがベースだし、それをベースにして勝利できたことは満足。しばらくこの勝利を味わって良いだろう」


デニーバイス

「サイドにあった選択肢を十分に使えていなかった。失点も完全に不必要なもの。エル・カヤティにはスペースを与えないように細心の注意を払っていたんだ。あのシーンではそれを容赦無く罰せられてしまった」


19:45 PSV - VVV-Venlo 4-0

34' Hirving Lozano 1-0 / 64' Luuk de Jong 2-0 / 87' Erick Gutiérrez 3-0 / 90+2' Hirving Lozano 4-0 (str.)


ホームで問題無く優勢に立ったPSVが後方から綺麗に連動した攻撃をロザーノが締めくくって先制。後半開始直後にプロメスがロザーノの足に非常に激しいタックルも主審 シメン・ムルデルはイエローカード判定でVAR vdフラーフもボールに行っていると介入せず。結局60分過ぎにベルフワインのパスからルーク・デ・ヨングが決めて勝負あり。終盤にグチェーレスのゴール、終了直前に出遅れたクムがヘンドリクスに激しく当たってシメン・ムルデルがOFRでPK判定と、終わってみれば今週もPSVが快勝。


PSVはクラブ史上4回目の8連勝スタート。


マルク・ファン・ボメル

「序盤はかなり苦しんだ。プレーが遅すぎたし、もっとギアを入れなければいけなかった。それが起きてからは良くなったが、スローインも含めて全てにちょっと時間が掛かっていて、見たいようなプレーでは無かった。もっとスピーディにフットボールをしなければいけない。特に欧州戦の後で、スピードあるプレーを維持しようとしなければいけなかいんだ。最終的にはそれができ、より上手く試合に入れ、多くのチャンスを作った。VVVが得た1回チャンスを逃す幸運もあったしね。スーンチェンスが決めていればかなり難しい夜になっていただろう」

「先制点に至る過程で全選手で15回のタッチがあったと聞いたが、これは素晴らしい数字。中央の上部からはかなりプレッシャーが掛かっていたし、これはクオリティ。そのプレーを後半維持できたのが良かった」


モーリス・スタイン

PSVが相応しい勝者だったのは明言して良いだろう。もちろん我々にもプランはあったが、プランを成功させるには全てが上手く嵌まらなければならない。その上でPSVが7日間で3試合目で多少低調な日でなければいけないし、我々は得たワンチャンスを決めなければいけない。しかしそれができなかったし、これは非常に普通の、正当な敗戦だろう」


19:45 PEC Zwolle - Excelsior 2-0

23' Mike van Duinen  1-0 / 54' Thomas Lam 2-0 


エクセルシオールは出場停止のメサウドに代わってエル・ハムダウィが初スタメン。


全く試合に入れずにミスを連発するエクセルシオールに対して出だしからPECが主導権を取ると次々にチャンスを作り、20分過ぎにファン・ダイネンのシュートにステーフェンスの反応が遅れて1ー0. 後半出だしにはFKからラムが頭で決めて2-0. エクセルシオールは最後までほとんどチャンスを作れず完全なオフ・デーで、2-0で済んだのが奇跡的な内容。
PECは相手にホーム初勝利、順位表でも抜いて暫定8位。


20:45 De Graafschap - sc Heerenveen 0-5

25' Sam Lammers 0-1 / 28' Sam Lammers 0-2 / 36' Michel Vlap 0-3 / 40' Michel Vlap 0-4 / 88' Jizz Hornkamp 0-5

Rood: 51' Eric Bakker


開始数分でいきなりランマースにベストチャンスもザネリの決定的パスに僅かに届かず。しかしそのままヘーレンフェーンが主導権を取り続けると、前半半ばにランマースが細かいドリブルから綺麗なミドルシュートで0-1. さらに数分後にもザネリのパスから再びランマースで0-2. さらにカウンターからフラップが決めて0-3と前半の内に勝負が決まり、かなりの人数のデ・フラーフスハップ・サポーターがスタンドを後に。ヘーレンフェーンはさらにフラップが楽々ゴールを決めてクラブ史上初のアウエーで前半4得点。


ヘーレンフェーンはリーケリンクの求心力低下報道の不穏な雰囲気を吹き飛ばすクラブ史上タイの5点差大勝。


ヘンク・デ・ヨング

「ウンザリする夜だった、それは明らかだ。序盤はまだ『ここで1pt取れたらとても良い結果』と感じていたが、1-0後は崩壊してしまった。あらゆるポジションでヘーレンフェーンに圧倒されていたし、例えば左サイドからスピーディな攻撃に答えを出せなかった。約束事はしていたが、それを守っていなかった。特に前半はヘーレンフェーンの方が数段上だったので後半はもうDF5人でダメージを抑えることに決めた。さもなければ0-10になっていただろう」


ヤン・オルデ・リーケリンク

「サムは多芸多才なスピッツ。楽しめたよ、シュートを決められるだけでなくクリエイティヴィティもあり、ドリブルができ、自分でフリーになることも、ミドルシュートを蹴ることもできる。右利きだが、左足もかなり使える。実際本物の両利きだ」

「我々は大きな一歩を踏んだが、しかしたった1試合だけ。この数試合の我々はまずまず安定してきているが、代表戦休みあけのアヤックス戦とAZ戦は素晴らしいチャレンジ」


Zondag 7 oktober

12:15 FC Emmen - Fortuna Sittard 3-3

37' Alexander Bannink 1-0 / 65' Jafar Arias  2-0 / 70' Lisandro Semedo 2-1 / 73' Alexander Bannink 3-1 / 80' Finn Stokkers 3-2 / 90+1' José Rodríguez 3-3


1pt差での昇格チーム直接対決。シャープな印象で出足の良いエメンが雑で眠たげなフォルトゥナ相手に優勢に立ち、小さなチャンスを何度か作る展開。前半終盤にカウンターからパスを受けたバニンクがダンマースをかわしつつ角度の無いところをシュートし、コゼレフがニアを簡単に抜かれて1-0.


後半はフォルトゥナの目が覚めて面白い攻め合いに。60分過ぎにカフランのFKをオフサイドポジション際の途中出場 アリアスが触って2-0. 数分後にフェーンドルプが組み立てで致命的ミスを犯して2ー1となったが、さらに直後にアンコ・ヤンセンのパスでバニンクが完全に抜け出して3-1. フォルトゥナのFKからダンマースのヘディングをスヘルペンが好セーブしたが、そのスヘルペンが微妙なタイミングでの飛び出しから立ち止まって競り合えず、途中出場 ストッケルスの頭で3-2. ロスタイムに入った直後、フォルトゥナのFKでまたしてもスヘルペンが迷って飛び出せず、ロドリゲスの頭で3-3となって引き分け。


お互いにミス満載で多くのゴールが生まれた結果、エメンは8月のデ・フラーフスハップ-thuisに続いて終盤に追いつかれて歴史的ホーム初勝利を逃し、試合後にスタンドからブーイング。


ディック・ルキーン

「何も無いところから2-1にされたのはフェーンドルプのミス。3-1にして落ち着きが戻ったと思ったが、そこから3-2にされ、終盤はアレス・オフ・ニーツでプレーされて残念ながら大きな失望の結果に終わってしまった。我々の守備は良くなかったし、キエルの仕事もトップでは無かった。我々は1つのチームであり、全員で2ptsを失った」

「私はネガティヴに見ることはしない。失点の仕方は改善しなければならないが、我々は直接のライバルよりも90分間良いプレーをしていたんだ。これは自信を与えてくれるよ」


ケヴィン・ホフラント

「今シーズン最悪の試合だった。後半も我々は良くなかったが、前半はあらゆる面でフットボールになっていなかった。いたるところで出遅れ、ボールを持ってもたった1本のパスでボールを失い、前線の選手たちは守備陣を助けていなかった」


14:30 Vitesse - Heracles Almelo 4ー0

11' Navarone Foor 1-0 / 42' Oussama Darfalou 2-0 / 66' Oussama Darfalou 3-0 / 73' Alexander Büttner 4-0 (str.)


マタフスが長期離脱のフィテッセはダルファルーが初スタメンでリンセンもスタメン復帰。


10分過ぎにフォールが驚くべきミドルシュートで先制すると、フィテッセが猛攻を続けてヘラクレスに全く余裕を与えない展開に。HT前にはイドリシの素晴らしいパスからダルファルーが決め、後半も同じ展開からダルファルーが今度は個人技で2点目で勝負あり。


フィテッセは一気に5位に上昇。


レオニド・スルツキ

「ダルファルーにとってはスタメン出場するにはとても良い試合だった。特に1-0になってからはね。彼はスペースが必要なスピッツ。スペースを得られれば、彼を止めるのは困難。彼のクオリティをまだ知らなかったヘラクレスにとっても大変だった」


フランク・ヴォルムート

「全ては正しいメンタリティから始まる。それがなければ試合には決して勝てない。しかし15分、20分を過ぎて選手たちはまだバスの中にいるかのようだった。しかし我々はみんな人間であり、機械では無い」「我々は自分たちの強みがどこにあるかを見れているが、自分たちの弱みがどこにあるかも見れている。来週また自分たちの普通のレベルに戻るために何をすべきか?心配はしていないよ、私は自分のチームを大事にしたい」


14:30 Willem II - Feyenoord 1-1

73' Steven Berghuis 0-1 (str.) / 85' Fran Sol 1-1


ヴィレムIIはマイスネルをスタメン起用してルイスが右バックに。フェイエノールトヨルゲンセンがスタメンに戻り、トールンストラを外してファン・ペルシが10番。


ホームのヴィレムIIが主導権を取りつつ、お互いにチャンスの無い展開。20分にベルフハイスのミドルシュートもヴェレンロイテルが何とかセーブ。次第にフェイエノールトが優勢の局面も増えるもやはりチャンスは作れず、30分にクラウリーのクロスからソルのヘディングでヴィレムIIに最初の大チャンスもフェルメールがセーブしてお互い低調なままHT. 


後半に入るとフェイエノールトが積極的に前に出て多少チャンスを作れるようになるも、ヴィレムIIも裏のスペースを突いてカウンターを狙う展開。60分過ぎにファン・ペルシのパスからベルフハイスにベストチャンスもシュートはヴェレンロイテルの足に阻まれ、ヴィレムIIもダンケルライのパスにフリーで走り込んだリーフティンクが枠外と大チャンスを決められず。CKからボテギンの強烈なヘディングもヴェレンロイテルがセーブされたが、このCKでvdハイデンを掴み続けたマイスネルのプレーにVAR マルテンスが介入し、主審 ブロムがOFRでPK判定を下して0-1. 終盤はヴィレムIIがマイスネルを下げてクリステンソンを前線に加え、フェイエノールトはラーソンを下げてファン・ベーク投入で逃げ切りを狙うも、マラシアのボールロストからアフディジャイのパスをソルが決めて1-1. 


アドリー・コスター

「相手を手で掴んで離さなければ何が起きるかは誰でも分かると我々は毎週行っている。VARが見ているんだ。それなのにまたこうして起きてしまった。ああ、私はマイスネルを責めている。理解できない行為だからね」


16:45 Ajax - AZ 5-0

3' 1-0 / 48' 2-0 / 52' 3-0 / 61' 4-0 / 84' 5-0

 

ジョン・ファン・デン・ブロム
「ここで何かを得たければ競り合いに行かなければいけないのに、それをほとんどしていなかった。2分でビハインドを背負ったも最低な瞬間。1週間丸々使ってこの試合のために準備してきたのに、あんな形で全てをゴミ箱に放り投げてしまった」
「本当に幼稚なミスがいくつもあったし、あり得ないと思ったよ。こんなミスをしてしまうのはなぜか?それは我々はみんな、あのやり方で上手く行くのがどれだけ良いことか知っているからだ。だから我々はあくまでフットボールをし続けようとする」
「厳しい敗戦。現時点で我々はアヤックスのレベルにかなり遠く離れている。それは明らかだ。全く試合にならなかったのが何よりも悔しい」

 

Stand
1 PSV 8 (8 0 0) 30-3 +27 24
2 Ajax 8 (6 1 1) 21-4 +17 19
3 Feyenoord 8 (5 2 1) 17-10 +7 17
4 Heracles Almelo 8 (5 1 2) 19-18 +1 16
5 Vitesse 8 (3 3 2) 14-9 +5 12
6 AZ 8 (3 3 2) 17-13 +4 12
7 VVV-Venlo 8 (3 2 3) 8-9 -1 11
8 ADO Den Haag 8 (3 2 3) 13-18 -5 11
9 SC Heerenveen 8 (2 4 2) 20-18 +2 10
10 PEC Zwolle 8 (3 1 4) 9-11 -2 10
11 Willem II 8 (2 3 3) 15-16 -1 9
12 FC Utrecht 8 (2 3 3) 8-11 -3 9
13 Excelsior 8 (2 3 3) 11-15 -4 9
14 FC Emmen 8 (2 2 4) 10-18 -8 8
15 Fortuna Sittard 8 (1 4 3) 14-18 -4 7
16 De Graafschap 8 (2 1 5) 6-17 -11 7
17 FC Groningen 8 (1 1 6) 4-15 -11 4
18 NAC Breda 8 (1 0 7) 8-21 -13 3

 

Topscorers
1. Kristoffer Peterson (Heracles Almelo) 8 (1)
2. Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 7 (2)
Fran Sol (Willem II) 7 (1)
Hirving Lozano (PSV) 7 (1)
5. Luuk de Jong (PSV) 6 (0)
Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 6 (1)
Robin van Persie (Feyenoord) 6 (0)
8. Sam Lammers (sc Heerenveen) 5 (1)
Tim Matavž (Vitesse) 5 (0)
Gastón Pereiro (PSV) 5 (3)
Dušan Tadić (Ajax) 5 (1)
Morten Thorsby (sc Heerenveen) 5 (0)

 

Assists
1. Arber Zeneli (sc Heerenveen) 6
2. Mark Diemers (Fortuna Sittard) 5
3. Steven Bergwijn (PSV) 4
Hakim Ziyech (Ajax) 4
5. Steven Berghuis (Feyenoord) 3
Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 3
José Angeliño (PSV) 3
Sam Larsson (Feyenoord) 3
Gastón Pereiro (PSV) 3
Mikhail Rosheuvel (NAC Breda) 3
Dušan Tadić (Ajax) 3

ティルブルフで1ptに甘んじる (第8節: ヴィレムII-uit)

フェイエノールトヴィレムIIとのアウエーゲームで1ptのみ獲得。ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは終盤に勝利を手放す失望の結果に。スティーヴン・ベルフハイスが11mから先制点を決めるも、85分にフラン・ソルが1-1と同点にした。


ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストはコーニング・ヴィレムIIスタディオンでのリーグ戦を前にフォーメーションを多少変更。ニコライ・ヨルゲンセンを攻撃陣の頂点に、ロビン・ファン・ペルシを攻撃的MFに置いた。デンマークスピッツにとっては今シーズン初のスタメン出場だったが、彼もなかなかヴィレムIIの守備陣を苦しめることができず。


フェイエノールトは前半ほとんどチャンスを作ることができず、ベルフハイスがGK ティモン・ヴェレンロイテルを苦しめることができただけ。このバイテンスペーラーはミドルシュートでゴールを襲ったが、ヴィレムIIのGKは力強い反応でこの勝負の勝者に。ピッチの反対側では怪我のジュスティン・バイローの代わりに再び起用されたケネト・フェルメールがフラン・ソルのヘディングを足で防いだ。


HT明けにようやくフェイエノールトはより試合に入れるようになり、それによって多くのチャンスが生まれる。CKからエリック・ボテギンのヘディングはヴェレンロイテルの手に阻まれ、ベルフハイスはクロス(ゴール前を通過)、シュート(セーブされる)で危険なシーンを作った。そして後者の3回のシュートでネットが揺れる。


CKでヤン・アーリー・ファン・デル・ハイデンが引き倒され、それを見逃さなかったビデオ審判が主審 ケヴィン・ブロムにピッチサイドに行くようい呼びかけ、ブロムがスポットを指さしてPK判定。ボールの後ろに立ったベルフハイスが11mの距離からミスすること無くシュートを決めて0-1.


このバイテンスペーラーは73分の得点で最終スコアとしたかに思われたが、残り5分でヴィレムIIが同点に。ティルヴルヘルスは右サイドでボールを奪うと素早いカウンター。ソルがその終着駅となり、ニアポストでシュートを決めた。


これによgってフェイエノールトはティルブルフの試合で1ptに甘んじなければならず、ファン・ブロンクホルストのチームは8試合を終えて17ptsで少なくとも3位を維持。次戦は2週間後にPECズヴォレをデ・カイプに迎える。


Willem II - Feyenoord 1-1

Scoreverloop:

73' Steven Berghuis 0-1 (str.)

85' Fran Sol 1-1


Scheidsrechter: Kevin Blom

Gele kaarten: Llonch, Lieftink, Meissner, Kristinsson (Willem II), Malacia, Clasie (Feyenoord).


Opstellingen:

Willem II: Wellenreuther; Lewis, Meissner (79' Croux), Heerkens, Dankerlui, Lieftink, Llonch (79' Kristinsson), Crowley, Ozbiliz (50' Saddiki), Sol, Avdijaj.

Feyenoord: Vermeer; St Juste, Botteghin, Van der Heijden, Malacia; Clasie, Vilhena, Van Persie (74' Toornstra); Berghuis, Jorgensen, Larsson (80' Van Beek). 


https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-moet-het-doen-met-punt-bij-willem-ii


ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト

「苦しい試合だった。良い試合をするにはパスとトラップというベースが良くなければいけない。それが良ければフットボールになるが、今日はそこが非常に苦労していた。ボールをキープできず、ロビンを見つけられなかった。だが特に終盤に失望している。チャンスはあまり無かったが、こういう試合で終盤にリードしたならああいう形で試合を手放すことはあってはならない。あのシーンであれは許されないし、そのせいで2ptsを失ってしまった」

 

「終盤ヴィレムIIが前に出てくるのは分かっていたし、そこから生まれるスペースを突けるかは我々次第だった。その中でタイレルは選択ミスをし、奥行きを求めずフットボールで解決しようとしてしまった。しかしサイドで2対1の状況で、競り合いに勝ったならボールを前に蹴り出さなければいけなかった」

 

「ニコはスタートは苦しんでいたが、後半は次第に力強くなっていった。彼から交代を求めることはなかったし、フィジカル面は90分プレーできる状態。ただリズムをもっと上げていかないといけない。ロビンを下げたのはイェンスを入れて中盤を補強するパーフェクトなタイミングだったから。しかし結局は 3ptsに繋がらなかった」

 

「結果を交代策のせいにするのはいつでもあまりに安易。よく議論になるが、思ったような結果に繋がらなければ間違った交代策と言われる。質問はf理解できるが、我々が交代策のせいで引き分けたとは思わない。負けたのはボールを持った時の選択のせい。今日はそれが良くなかった。DF5人でもフットボールはできるし、フォーメーションとは何の関係も無い。今回も交代策のせいにするのはとても安易。しかしそれがトレンドなんだろう」

 

「結果という点では良い連戦だったが、フットボールはもっと良くできるし、良くしないといけないのは分かっている。ただ今日のようにああいう形で試合を失ってしまうのは許されないと思う」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/gvb-wilfey-071018https://www.fr12.nl/nieuws/48462-gio-als-je-hier-op-voorsprong-komt-moet-je-ook-winnen.htmlhttps://www.fr-fans.nl/nieuws/37542/van-bronckhorst-ik-ben-met-name-daarover-teleurgesteldhttps://www.fr12.nl/nieuws/48467-gio-heel-makkelijk-om-nu-die-wissel-de-schuld-te-geven.html


ヨルディ・クラーシ

「後半は一つのチャンスも与えていなかったと思うし、残り5分でリードしていたらそれを失ってはならない。でもとにかく今日はベストの試合では無かった」

「この数週間上手く行ってはいない。なぜ上手く行かないのかはとても良い質問。僕らはみんなベストを尽くしているし、なるべく早く自分たち本来のプレーができるのを願っている。でも低調な試合でも勝たなければいけないし、終了直前で勝利を逃したなら自分たちを責めないといけない」

「僕らに大事なのは1試合1試合見ていくこと。これで7pts差を付けられ、捕まえるのが難しいのは明らか。一方でまだ試合はたくさん残っているし、なるべく早く自分たち本来のレベルに戻れるかは僕ら次第。毎週そう言っているけどまだ実現していない。そこは自分たちを責めるべき点」

https://www.fr12.nl/nieuws/48461-clasie-dan-moet-je-die-drie-punten-over-de-streep-trekken.htmlhttps://www.fr12.nl/nieuws/48465-zeven-punten-achter-dat-is-lastig-om-in-te-halen.html

 

ニコライ・ヨルゲンセン

「難しい試合だった。ヴィレムIIは良いプレーをして、僕らは十分良くなかった。終盤はあまりにカオスになってしまったし、僕らはコントロールしなければいけなかったけどできなかった。そこはもっと良くしないといけない」

「3ヶ月ぶりにフットボールをするのはいつだって難しいもの。戻って来れたのは良かったけど、またできるだけフィットできるように毎週ハードワークを続けないと。僕はまだリズムを欠いているし、今日よりもっと上手くやれる。弁解にはならないけど、フットボールとはそういうもの。僕には試合に出る時間が必要」

https://www.fr12.nl/nieuws/48464-jorgensen-ik-kan-veel-beter-maar-ik-mis-ritme.html


エリック・ボテギン

「もちろんタイレルは自分が良くなかったのを分かっているけど、彼だけの責任じゃ無い。チームの責任でもある。ああ、彼はミスを冒した。でも僕らもそこから守らなければいけなかったのに、それをできなかった」

「シーズンはまだ序盤。まだまだたくさん試合があるし、僕らは追いつけると信じ続けなければいけない。ああ、7ptsは決して少なくない。僕らは自分たちの仕事をし続けて、早くまた上位に戻れるようにするだけ」

https://www.fr12.nl/nieuws/48466-botteghin-beschermt-malacia-niet-alleen-zijn-schuld.html


ロビン・ファン・ペルシ

「PKはスティーヴンと相談したんだ。前半僕はちょっとしたシーンがあり、それで左足が万全じゃ無かった。幸いにもプレーは続けられたけど、ジャンプ、パス、シュートと全く気にならないという訳では無かったんだ。スティーヴンは問題無かったから、彼が蹴ったんだよ。ああいう状況で重要なのはボールがゴールに決まること。100%で無くても僕はボールの後ろに立つことはできたし、シュートを決めることもできただろうけど、スティーヴンの方がその可能性は大きかった。彼の方がフレッシュだったからね。。だから彼が蹴るべきだった。大事なのは決めること」https://www.voetbalprimeur.nl/nieuws/845266/van-persie-ziet-af-van-penalty-ik-was-niet-helemaal-vrij-door-dat-momentje-.html


スティーヴン・ベルフハイス

「0-1で守り切る狙いだったのは交代策を見ても分かること。そこから小さなミスを犯して追いつかれてしまった。残念だ。タイレルが失点にかなり絡んでしまったのは確かだけど、彼はまだ若いし、それは当然でもある。彼はとても良くやっているし、僕らが彼を責めることは何も無いよ」

「現状カンピューンスハップが遠のいたのは確かだし、それは無視できない。僕らはまずは自分たちのピッチプレーに集中すべきだろう。もっと良くしないといけないし、それが良くなればもっとらk寿に試合に勝てる。勝利を収めていけば、それから先を見ることもできる」

https://www.fr12.nl/nieuws/48470-berghuis-we-moeten-ons-eerst-focussen-op-ons-veldspel.html

 

続きを読む

ヨング・オランイェ、EK予選ラトヴィア戦&ウクライナ戦セレクション

エルヴィン・ファン・デ・ローイはヨング・オランイェのセレクション20名を発表。10月12日金曜日にRigaのSkonto Stadionでラトヴィア戦、4日後にデ・ファイフェルベルフでウクライナ戦とEK予選最後の2試合を行う。両試合とも18.30開始。

 

De selectie Jong Oranje:
Keepers: Indy Groothuizen, Maarten Paes, Yanick van Osch.

Verdedigers: Kevin Diks, Rick van Drongelen, Justin Hoogma, Tyrell Malacia, Perr Schuurs, Jeremiah St. Juste.

Middenvelders: Carel Eiting, Teun Koopmeiners, Bart Ramselaar, Michel Vlap.

Aanvallers: Javairo Dilrosun, Ferdi Kadioglu, Oussama Idrissi, Sam Lammers, Donyell Malen, Justin Kluivert, Richaïro Zivkovic.

 

エルヴィン・ファン・デ・ローイ
「我々はEKへの予選を突破できなかったので次の予選に目を向ける。だから若い選手たちを招集し、経験ある選手たちで不足分を埋めた。いくつかのポジションでは選択が難しく、年長選手たちを落とさなければならなかった。ティルのようにとても良くやっている選手たちにとってはガッカリなこと。しかし純粋に将来に目を向けている」

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/73775/selectie-jong-oranje-voor-duels-tegen-letland-en-oekra%C3%AFne

オランイェ、NL ドイツ戦セレクション。PSV'er 3人が初招集

ボンズコーチ ロナルド・クーマンはドイツとのNL、ベルギーとの練習試合に向けてオランダ代表のセレクションを25名発表。アルナウト・ダンジュマ・フルーネフェルトとスティーヴン・ベルフワイン、パブロ・ロザーリオ、そして31名のプレセクションには入っていなかったダンゼル・ドゥムフリースが初招集を受けた。

 

一方でプレセレクションから漏れたのはジュスティン・バイロー、ケニー・テーテ、ティモシー・フォス・メンサ、テレンス・コンゴロ、ルート・フォルメル、ジュスティン・クライフェルト、ヴァウト・ヴェフホルスト。前回の代表戦との比較ではフローニゲンで騒動のあったセルヒオ・パト、怪我のダリル・ヤンマートが不在。セレクションの最多供給クラブは3人が初招集を受けたPSVの5人。

 

オランダ代表は10月13日土曜日20.45からアムステルダムのJCアレナでドイツ戦。オランイェにとってはNLで初のホームゲームとなる。ドイツ戦後の10月16日火曜日にはベルギーとの練習試合。Koning Boudewijnstadionで20.45開始。

 

DE SELECTIE
Doel: Marco Bizot (AZ), Jasper Cillessen (Barcelona), Jeroen Zoet (PSV).

Verdediging: Patrick van Aanholt (Crystal Palace), Nathan Aké (AFC Bournemouth), Daley Blind (Ajax), Virgil van Dijk (Liverpool), Denzel Dumfries (PSV), Hans Hateboer (Atalanta Bergamo), Matthijs de Ligt (Ajax), Stefan de Vrij (Internazionale).

Middenveld: Donny van de Beek (Ajax), Frenkie de Jong (Ajax), Davy Pröpper (Brighton & Hove Albion), Marten de Roon (Atalanta Bergamo), Pablo Rosario (PSV), Kevin Strootman (Olympique Marseille), Tonny Vilhena (Feyenoord), Georginio Wijnaldum (Liverpool).

Aanval: Ryan Babel (Besiktas), Steven Bergwijn (PSV), Arnaut Danjuma Groeneveld (Club Brugge), Memphis Depay (Olympique Lyon), Luuk de Jong (PSV), Quincy Promes (Sevilla).

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/73767/kwartet-debutanten-selectie-oranje

欧州戦グループステージ第2節結果: PSVがディテールと運で痛い敗戦

Champions League - groepsfase

 

dinsdag 23 oktober 2018

21:00 Bayern München - ajax 1-1

4' Mats Hummels 1-0 / 22' 1-1


ロッベンのクロスから例のごとく相手をフリーにしたアヤックスがあっさり失点も、序盤以降Bayernの猛攻が止むと20分過ぎに追いついてその後は五分五分の優勢の展開に。後半は依然雑なBayern相手にアヤックスが完全に圧倒して次々に大チャンスを作るもタディッチ、ネレス、vdベークが100%チャンスを逃し、終盤ようやく主導権を取り返したBayernも決定的シュートとオナーナに阻まれ、ロスタイムにシェーネのFKがバーを叩いて引き分け。


Groep E

1. Ajax 2 4pt

2. Bayern 2 4pt

3. Benfica 2 3pt

4. AEK Athene 2 0pt


woensdag 3 oktober 2018

21:00 PSV - Internazionale 1-2

27' Pablo Rosario 1-0 / 41' Radja Nainggolan 1-1 / 60' Mauro Icardi 1-2


Internazionaleが強力なIcardiを中心に速い攻撃で脅威を作ろうとするも、PSVが慌てること無く主導権を取り、ベルフワイン(枠外)、ロザーリオのミドルシュート(GKがセーブ)で決定機。30分直前に再びロザーリオがミドルシュートを放つと今度は見事にネットを揺らして先制。Internazionaleも前半終盤に主導権を取り返し、CKからIcardiが決定的なヘディングをズートがセーブするも、HT直前に連続シュートのこぼれ球をペナルティエリア外からNainggolanに叩き込まれて同点で折り返し。その数分前にはPSVのカウンターに飛び出したInternazionaleのGKがペナルティエリア外での得点機会かどうか議論になる状況でハンドリングを冒したが主審はイエローカード判定。


後半出だしにペレイロがポスト直撃し、ボールを持つ時間が増えたPSVがコントロールを取り戻したが、ロングボールでのIcardiとシュワープとの競り合いに飛び出したズートが触り損ねる致命的ミスで1ー2. 70分にもIcardiがゴール前フリーでヘディングのベストチャンスもこれはズートがセーブ。残り時間はペレイロに代わって投入のマーレンがロザーノのクロスからオムハールを狙うもGKにセーブされたのが唯一の決定機で、上手く試合を終わらせようとするInternazionaleにPSVが答えを出せずにそのまま敗戦。


PSVはファン・ボメルの予言通りディテールで破れてホームで痛い敗戦を喫し、2連敗スタート。


Groep B

1. FC Barcelona 2 6pt

2. Inter 2 6pt

3. Tottenham 2 0pt

4. PSV 2 0pt


マルク・ファン・ボメル

「Interはとても良いチームであり、我々もとても良いプレーをしたと思う。そうなればディテールで勝負が決まるし、多少の運も必要だが、その運が今日は我々の側に無かった。それが国際フットボール

「自分のチームを間違いなく誇りに思う。我々は本当に自分たちのレベルに達していた。ディテールでこの試合に敗れた。ズートのミス?いや、それだけを言うのは安易。最初のゴールはオフサイドだったと聞いたし、1-1の前にはレッドカードがあったはず。さもなければどんなGKもペナルティエリア外でハンドリングをする。スティーブンは右利きであり、GKを右にかわそうとしていた。そのままならインサイドでシュートを決められるかなり良いポジションに入れていたし、ライン上でボールをクリアできる選手もいなかった。とても残念」

「ディテールは別にして、Interは普通にとても良いチーム。しかし我々も決して悪くは無かった。ただ多少不運だった。マーレンのオムハールがGKにかなり上手く防がれたようにね。だだ結果を得るのに十分良くなかったという訳では無かったし、我々はもっと良い結果に値した」


イェルーン・ズート

「糞ったれの夜。僕がしっかりやっていれば1-2のゴールは絶対に無かった。僕は2つの失点に絡んでしまったし、CLレベルではどちらも罰を受ける。切り替えるしかない。チームを誇りに思うし、僕らはしっかりやれていた。最終的に良い結果を得たかったけど、残念ながら上手く行かなかった」


ステファン・デ・フライ

「とにかく相応しい勝利。Handanovicのハンドリングはロートだった?僕には分からない。状況を見返して見ないと。運が良かった?多分ね・・・」