Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Jens Toornstraと2022年まで契約延長で基本合意

FeyenoodはNicolai Jørgensenに続き、Jens Toornstraとも契約延長について基本合意に達したことをclubsiteで発表。30歳のmiddenvelderはzomerstopの後に2022年夏までの新契約にサインする。現契約は2021年夏まで。

 

5年、5タイトル
2014年にFC UtrechtからDe Kuipに移ってきたToornstraにとって、これは3回目の契約になる。この5年間でこのmiddenvelderはFeyenoodのselectieの中のroutiniersの1人に。Feyenoodと共にToornstraはこの数年でKNVB Beker (2x), het landskampioenschap, そして2度のJohan Cruyff Schaalを勝ち獲っている。

 

成功
Oranjeで4キャップのこのspelerには個人的成功もたくさんあった。Feyenoodがlandstitelを獲得した年には、彼はHet LegioenによってSpeler van het Seizoenに選ばれ、Voetballer van het Jaar GalaでBronzen Schoenを受賞している。Feyenoodでの5シーズンでToornstraは190試合に出場し、45得点40アシスト。

 

Echte Feyenoorder
Technisch directeur Sjaak Troost:「Selectie内のスタメン選手との延長は新鮮な血を加えるのと同じくらい重要なこと。Jensは毎年我々が頼りにでき、さらに戦いの中でしばしば先頭を行く選手であることを証明している」

 

「その経験とパフォーマンスによって、彼はroutiniersの1人として見られるまでになった。それが彼を、若いspelerたちも我々のselectieで力を伸ばすために必要なベテラン力の1人にしている。さらにJensはもちろんechte Feyenoorderになったし、彼がキャリア後もこのclubに残れるかどうかを我々は見れるのは素晴らしい事」

 

継続性
「Nicolai en Jensのようなspelerたちがサインするのはselectieのクオリティにとって良いことだし、継続性にとって重要なこと」とhoofdtrainer Jaap Stam. 「Spelerとしてもtrainerとしても常に最大限の力を出したいもの。それにはクオリティとある程度強いメンタリティを持ったこういうteamspelersが必要なんだ」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/principeakkoord-jens-toornstra-2022-190619

 

続きを読む

KNVBが2019/'20シーズンのconcept programmaと新フォーマットを発表

KNVBは金曜午後に2019-2020シーズンのconcept competitieprogrammaを発表。14時に予定されていた公開は数時間前にデータダイルが外部に漏れ、新たに日曜夜20.00開始の時間設定があることが判明して大きな騒ぎに。しかし予定から3時間以上遅れた末、KNVBはこれを修正して日曜夜20.00開始の時間設定は結局無くなった、

 

Manager competitiezaken Jan Bluyssen:
「予定されていたリニューアルの1つは日曜夜20.00からの試合の導入だった。欧州戦に参加するclubの日程により猶予を与えるためだ。原則的には全clubがホーム1試合その時間で行うが、ELの遠いアウエーゲームから戻ったclubが常にその時間を使える、というものになるはずだった。しかしこれは現地の各当局、サポーターに影響が大きすぎると判明し、我々は取り消すことを決めた。スポーツ面を望むなら、我々は日曜20.00開始を導入できないか毎回検討したい」

 

日曜夜20.00開始というNederland betaald voetbalには存在しない時間設定は時折議論になっているが、そのほとんどはスポーツ面よりもコマーシャル面を考えてのもの。元ECV会長でスポーツ・マーケティングの専門家 Chris Woertsは事前にリークされたファイルて「収入面を見ればTV放映権はclub予算に捕ってますます重要になってきている。ようやく最大の出資者であるFOXの意見に耳が向けられたのは良いシグナル」とコメントしていた。

 

competitieprogrammaの変更
昨シーズン Ajaxが予想外にCLで勝ち進んだことでcompetitieprogrammaに何度も大きな変更が起きて混乱が起きたことを受け、Bluyssenは「欧州、KNVB Bekerで勝ち進んだclubは最大限のパフォーマンスを発揮できるように日程に猶予を与えたい。だから欧州戦のグループステージに何club進んだかが分かる9月の第1週と、何clubノックアウト・ステージに進んだかが分かる12月にcompetitieprogrammaにいくつかの変更を行う可能性がある」

 

KNVB Bekertoernooi
新シーズンは欧州戦のグループステージに進んだclubはbekertoernooiは第2ラウンドからの参加となるため、Bekertoernooiの開始時期自体が遅れ、10月末に第1ラウンドが行われる。Bluyssen: 「それにより2月にbekerrondeが加わり、12月にbekerseizoenの残りのドローを行う」

 

Promotie-/degradatieregeling
新シーズンからは新たにEredivisieから2clubが自動降格、Keuken Kampioen Divisieから2clubが自動昇格に。Bluyssen: 「近年はKKFから8clubがplay-offs voor promotie en degradatieに参加していたが、新シーズンは6clubになる」。Eredivisieからは16位だけが残留を目指してPOsに参加する。

 

Keuken Kampioen Divisie
KKDからは新シーズンもピリオド制を採用。第1, 第3ピリオドは9試合, 第2, 第4ピリオドは10試合で行われる。

 

https://www.knvb.nl/nieuws/betaald-voetbal/eredivisie/56121/concept-competitieprogramma-2019%E2%80%9920-vastgesteld

Nicolai Jørgensenと2022年までの新契約で基本合意

FeyenoodはNicolai Jørgensenと新契約について合意に達したことをclubsiteで発表。28歳のDeens internationalはバカンス後に2022年までの新契約にサインする。このspitsの現契約は2021年夏まで。

 

Prijzen
Jørgensenが2016年夏にDeens landskampioen FC KopenhagenからDe Kuipにに来て以来、Feyenoodは受賞ケースを著しく埋めた。Rotterdamでの彼の最初の3年間でFeyenoodはlandstitel, KNVB Beker, 2つのJohan Cruijff Schaalを獲得。

 

Goals
Eredivisie21得点と14アシストでJørgensenはclub史上15回目のlandstitelに大きく貢献。2016-2017にこのDeenはEredivisieのtopscorerにもなった。トータルでこのFeyenoodのspitsはChampions League2試合を含む公式戦104試合で48得点22アシスト。

 

意気込み
Technisch directeur Sjaak Troostはこの契約延長に向けての話し合いで良いフィーリングを得られたと強調。「Nicolaiが怪我のために思うようにいかなかったシーズンのあとで、ここでまた全力でやりたいと望んでいるのは素晴らしい事。彼は意気込んでいるし、Feyenoodと共に昨シーズンのリベンジをしたいと思っている。これでNicolaiが他の選手たちに良いシグナルを送ってくれた」

 

シグナル
新hoofdtrainer Jaap StamもFeyenoodのspitsの契約延長をとても喜んでいる。「clubとNicolaiは良いシグナルを送ってくれた。NicolaiはEredivisieのtopspitsenの1人であることを証明済み。経験、テクニック面のクオリティ、フィジカルで彼は他のaanvallerと共にFeyenoodに違いを作れる存在。一緒に仕事をするのを楽しみにしている」

 

Denemarken
昨夏DenemarkenでWKに参加したのに続き、Nicolaiは今年自国と共にEuro 2020への出場資格を得られることを願っている。EK-kwalificatie groep Dで6月頭にIerland (1-1) en Georgië (5-1 winst)との2試合が行われ、そのために代表41キャップの彼はzomerstopに入るのが遅れた。Feyenoodのvoorbereidingは6月24日月曜に始まるが、Jørgensenは7月8日にselectieに加わる。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/nicolai-jorgensen-2022-140619

 

続きを読む

Oranje, Portugal相手にNations Leagueタイトルを逃す (NL: finale)

心熱くなるいくつもの試合、驚きの結果、新しい刺激。復活のシーズンはNederlands elftalに多くの共感を呼び、史上初のUEFA Nations Leagueのfinaleplaatsももたらした。しかし最終的な栄誉は得られず。Portoでの試合はPortugalが1-0で勝利した。

 

試合前の期待感は高かった。Nederland en Portugalという魅力的なプレーをする2チームがFC Portoの家であるEstádio do Dragãoのピッチに立った。共に名声ある2チーム。Oranjeは再び4.000人の大サポーター群に支えられたが、しかし木曜の延長で決まったEngelandとの消耗するhalve finale(3-1)の後で疲労は目に見えて明らかだった。

 

守備的仕事
あまり盛り上がりの無い前半、Oranjeはほとんど力を出せず。唯一Steven Bergwijnの突破が危険なシーンになりかけていたが、このaanvallerも本当のチャンスを作るほど決定的存在では無かった。Nederlandは大部分でPortugezenに主導権を渡さざるを得ず、主に守備的仕事に従事しなければならなかった。

 

そのためにチャンスシーンはregerend Europees kampioenに。Bruno Fernandesが遠目から3回良いシュートを放ち、Cristiano RonaldoもJasper Cillessenの守るゴールに迫った。しかしその度にCillessenが正しいポジションを取り、hoekschopからJosé Fonteの危険なヘディングにもしっかり対応。

 

殻を脱ぐ
Ryan Babelに代えてQuincy Promesを投入したHT明け、Oranjeは多少殻を脱ぎ、Memphis Depayが良い個人技からNederlandの最初の本当に危険なシーンを演出。チームは目に見えて試合に入り始め、60分過ぎにKoemanはBergwijnに代えてDonny van de Beekを投入、middenveldによりダイナミズムをもたらそうとした。

 

しかしこのAjaciedがピッチに入って数秒の内にGonçalo Guedesの強烈なシュートでPortugezenが均衡を破る事に成功。Cillessenは指数本で触れたものの、弾き出すにはボールが強すぎ1-0.

 

Opportunisme
OranjeはOpportunismeの割合を大きく上げて同点を目指すことに。Depayが65分に強烈なヘディングで成功しかけたが、keeper Rui Patricioが警戒を怠らなかった。それでもNederlandはさらに主導権を増し、最後の力でPortugalを守備に押し込めてゆく。

 

Oranjeは終盤 pinchitterとしてLuuk de Jongを投入し、まだ延長に持ち込むために同点ゴールを目指したが、しかしそれも大チャンスには繋がらず。これによってOranjeは史上初のUEFA Nations Leagueで2位に終わった。

 

EURO 2020
この夏の後にOranjeはEURO 2020に向けての予選を2つのuitwedstrijdenで再開。9月6日にはHamburgでDuitslandと対戦し、その3日後にEstlandとの試合が組まれている。

 

Portugal - Nederland 1-0
60' Guedes 1-0

 

Gele kaart: Dumfries, Depay

 

Opstellingen:
Portugal: Patricio; Semedo, Fonte, Dias, Guerreiro; Carvalho (90+3' Neves), Danilo, Fernandes (81' Moutinho), Silva; Guedes (75' Rafa Silva
), Ronaldo.
Nederland: Cillessen; Dumfries, De Ligt, Van Dijk, Blind; De Roon (82' L. de Jong), F. de Jong, Wijnaldum; Bergwijn (59' Van de Beek), Memphis, Babel (46' Promes).


https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/76053/oranje-moet-winst-nations-league-aan-portugal-laten

 

Ronald Koeman
「精確性が無かった。時にロングボールを蹴ろうとしても、全く届けることができていなかった。もっとボールをキープしなければいけなかったし、適切なタイミングでパスを出さなければいけなかった」
「Portugezenは上手く守っていた。それなら自分たちはtopでなければいけないが、我々はそうでは無かった。理由はいくつかあるだろう。多分我々はフレッシュでは無かった」
「我々にはずる賢さが無い。例えばDumfriesは推されデモ倒れず、ボールをヘディングで戻す。そしてそのボールがPortugalのものになる」
「我々はここまで奇譚だ。守備面は上手く行っているし、middenveldも多くの選択肢がある。voorinがもっと良くなることを願っている。Nations LeagueでFrankrijk, Duitsland, Engeland en PortugalといったEuropeseの最強の国々と当たることができた。まだ当たっていないのはSpanjeだけだ。België?我々がBelgiëに劣っているとは私は思わない」

 

Virgil van Dijk
「僕らはピッチの中でも外でもチームとして大きなステップを踏んでいる。この結果が僕らの成長を台無しにすることがあってはいけないし、僕らは進み続ける」
「みんなこの試合を楽しみにしていたし、ストレスは無かった。負けたのは悔しい。bekerを獲りたかったからね。何も得られないのは残念」
「僕らは中盤でボールを失って穴が出来ていたけど、それはお互い様だった。多分僕らはもう少しスピーディにボールを回すべきだっただろう」

 

続きを読む

Koeman, NL finale前会見

コンディションについて
「基本的には全員フィットしている。まだ多少疲労はあるが、それは当然。全員スタメンでプレー可能だろう。finaleでプレーすることはメンタル的には3位/4位を争うよりは楽」

 

stadionでトレーニングしなかったことについて
「いずれにせよそれをすることは徐々に減ってきている。バスに乗る時間で選手たちに余計な負荷を掛けたくない」

 

Portugal戦のフォーメーションについて
「もちろんプランはある。彼らは守備面が強く、個々のクオリティもある。我々は自分たちのベストでなければならない。finaleであり、そこではあらゆる可能性がある」


「我々にはインパクトを与えられる選手たちがいる。スタメンを言うことはしないし、まずは選手たちに伝える。エクストラ/オプションがあるのは素晴らしい事でしかない」

 

就任から15ヵ月目での初タイトルが掛かることに
「このtoernooiのドローを見た時、我々があのグループで勝つとは誰も予想しなかった。いまはこうしてfinaleに進んでいる。プレッシャーは無い。何をやるべきか我々は分かっている。良いプレーをしなければいけない。我々はDuitsland, Frankrijk en Engelandを倒してきた。Portugalを彼らの家で倒すのも信じられない事では無い。選手たちはとても多くのエネルギーを見せるだろう・・・」

 

strafschoppenでのkeeper交代のアイディアについて
「その質問は理解できる。しかし我々がstrafschoppenをやらなければならないとしたら、その時はCillessenがkeeperだ。延長で四人目の交代ができるというのは頭にはあるが、penalty'sになったとしてもkepperを替えることは私はしない」

 

Cristiano Ronaldo対策について
「彼がbeste spelersの1人なのは分かっている。100%止めるのは不可能。単純に彼は良すぎる時があるからね。もちろん我々は上手く守らないといけない」


「Portugalとの練習試合ではDe Ligtが彼を止めることができていた。しかし彼のレベルはとても高いし、それは難しいこと」

 

チームの伸びシロについて
「finaleまで来れるとは予想していなかったが、私は常にこの選手たちを信じていた。振り返ってもそれほど悪かったとは思わない。我々は成長し、上がってきた新しい選手たちにも出場機会を与えることができている。我々は本物のeen teamでもある。選手たちのクオリティがそれをもたらしている。しかし私はまだまだ改善できる点もあると思っているよ。Engeland戦の前半はチャンスを作れる程良くは無かった」

 

EK 1988との違いについて
「EKの時は多くの試合を経てfinaleに到達した。今回はチャレンジ。Engeland戦でも我々はもう目標を達成したチームという雰囲気があった。それは明日も変わらないだろう」


「いや、勝てば私がRinus Michelsに並ぶということは無い。序列はWK, EK en Nations Leagueだ。我々が良い道を進んでいるのは証明される。セレモニーはしないし、クレイジーになることもない。グラスワインを手にバカンスに行くよ」

 

チーム内の雰囲気について
「clubteamと比較するのは難しい。clubでは毎日一緒だからね。しかし我々は良い時期を過ごせている。大事なのはこのチームに集中することであり、選手間の友情。そして各代表戦期間の間もお互いにコンタクトを取り続けること」

 

Vermeer, タトゥーと信仰について語る「どんな時も素晴らしい事がまた起きるもの」

Kenneth Vermeer (33)は神が自分に計画を持っていると知っている。数10のタトゥーと4冊の聖書によって、このdoelmanをネガティヴな気持ちになることはほとんど無い。彼はFeyenoord Magazineの新刊で信仰によってどのような力を得ているかを語った。

 


「初めてタトゥーショップに行ったのは14歳の時。僕の姉は初めての時は家族に秘密にしていたけど、僕は母親に直接お願いして許可を貰ったんだ。家族はみんな僕のことを“De Panter”と呼んでいたから、腕に豹の絵を入れて貰いたかった。最初は両腕にちょっとタトゥーを入れて貰うだけのつもりだったけど、すぐに背中、胸、両足にも加わった」

 

「僕がシャツを脱ぐと驚く人は多い。僕は自分のタトゥーを外に向けて見せることは無いから、僕がこれだけ多くのタトゥーを持っているのは多くの人にとって驚きなんだ。僕のタトゥーの多くは宗教的な意味。例えば大腿には詩編23が入っているし、背中には天国への階段と、バラの冠に交差した腕が入っていて、胸にもいくつかの宗教的な言葉が入っている」

 

「その他のタトゥーはより個人的なもの。自分と父の名前 – Kenneth Harold Vermeer –に例えばタイガーや中世の戦士、息子の誕生日の日付、祖母のための天使、祖母、姉、子供、母親のイニシャル。ふ~、たくさんあるね」

 

信仰心厚い人間
「それらのタトゥーは全て僕hがいつも背負いたいと思っているもの。こうして数え上げると、僕は信仰心厚い人間だと分かるだろう。SNSにも時に宗教的な言葉をシェアしたりしている。何かを信じる人は、そこからとても多くの力を得られるもの。多分それは僕をフォローする人たち、友人、家族にも当てはまるけど、自分自身にも当てはまる。僕は家でも定期的にお祈りをするし、日曜には行ける時は教会にいる。さらに聖書は毎日読んでいるんだ」

 

「聖書は1冊はclubに、1冊はAlmereの家に、1冊はRotterdamの自宅に置き、1冊はvoetbalバッグに入れている。詩編23, 27, 121に良く目を通す。『主は私の光』や『主は私の羊飼い、私に足りないものは何も無い』といった文章をね。それを読むと心が落ち着くんだ。そして神は決して眠らないという信仰にもね。神は常に起きて見守り、決して眠らない。神は常に計画を持って意織る。人生は時には文字通り痛々しいけれど、どんな時も素晴らしい事がまた起きるもの」

 

偶然?
「例えば僕がClub Bruggeにレンタルされていた時に負った筋肉の怪我はとても痛かった。良い流れに乗ってSpeler van de Maandにもなった時にまた試合にでれなくなったからね。doeltrapの時に大腿部の筋肉が切れたんだ。そこには詩編23のタトゥーがあった。偶然かどうかは分からない・・・紛れもない不運でもあっただろう」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/fm5-kenneth-vermeer-060619

Oranje, 消耗戦の末にEnglandを破ってNations League finaleに進出 (NL: halvefinale)

Finale! Nederlands elftalは日曜にPortoでNations Leagueの勝利を掛けて戦うことになった。Oranjeは木曜に拮抗したhalve eindstrijdを延長の末に3-1でEngelandを撃破。Matthijs de Ligt, Quincy Promesのゴール、そしてeigen trefferでOranjeのeindstrijd進出が決まった。

 

Nederlands elftalがベストの4カ国の1つとしてニューブランド Nations LeagueのFinalsに参加できたのは、1年前には誰も想像できなかったこと。しかしOranjeの修復はbondscoach Ronald Koemanのもとでとてつもなく大きなステップで進んでいった。Duitslandとwereldkampioen Frankrijkとのグループでまで1位になったのは、15ヵ月前にEngelandとの練習試合0-1負けでデビューしたkeuzeheerによる離れ業だった。

 

全力の戦い
そして迎えたGuimarãesでのNations League Finalsのhalve finaleでも、Oranjeは低調な数年間からelftalが生まれ変わったことを示した。Engelandとの競り合いは激しいものになるも、。最後にはハイレベルでの見る者を夢中にさせる戦いに。拮抗した2つのチームは、そもどちらもが全力を出し尽くすものになった。

 

UEFA-voorzitter Lennart Johanssonの死去を受けて1分間の沈黙の後に試合が始まると、7分後にSteven BergwijnがOranjeの最初のチャンス。しかしこのaanvallerは良いコースを見つけられず、左足でのシュートはkeeper Jordan Pickfordに簡単に阻まれた。

De Ligtのミス
前半が進むにつれてOranjeは徐々に試合をコントロールしていったが、まずまずのpositiespelも大きなチャンスには繋がらず。逆に、30分過ぎのMatthijs de Ligtの不必要なミスによってEngelsenに先制点を与えることに。彼の酷いトラップからMarcus RashfordがJasper Cillesseに向けて最短距離を進もうとすると、このEngelse spitsを止めようとDe Ligtがタックルで最後の試み。Franse arbiter Clément Turpinによってpenaltyが与えられ、Rashfordが冷静に決めて0-1.

 

その7分後にも鋭いsteekpassから同じくRashfordがCillessenの前に迫って再び危険になるも、今回はDenzel Dumfriesが正しい方法で止めてみせた。盛り上がりのほとんど無い前半はDepayのシュートやconerからDe LigtのヘディングなどOranjeの危険なシーンを数回生んだが、Estadio Don Afonso Henriquesの観客が最初の45分間で席から思わず立ち上がることは無かった。

 

より多くの火口とエネルギー
しかし後半は間違いなくそのケースに。特に最初の時間帯は両チームともテンポを高く上げ、競り合いにより多くの火口とエネルギーが出た。負傷したRashfordに代わって投入されたHarry Kaneが54分にEngelandの2点目に迫ったが、このlange spitsのヘディングはCillessenがパーフェクトに対応。Oranjeも1分もせずにDepayの強烈なシュートで答えを出したが、こちらもkeeper が最後の一言。

 

後半半ばにKoemanはRyan Babel en Marten de Roonに代えてQuincy Promes en Donny van de Beekを投入し、2枚替えで流れを変えようとした。そして4分も経たずにセットプレーからそれに成功。DepayのhoekschopからDe LigtがDF Kyle Walkerを高さで圧倒し、強烈なヘディングでネットを揺らし1-1. それから間もなくVan de Beekが逆転にも迫ったが、彼のシュートはバーを超えた。

 

終盤に免れる
流れがOranjeに向かっていると思えた一方で、終盤VARの介入によってチームは敗戦をかろうじて免れた。彼がJesse Lingardの得点をbuitenspelによって取り消し。その後両チームは7分間のblessuretijdも含めた終盤に延長戦を避けるために全身全霊を尽くす。特にOranjeはDepayに決勝点のチャンスがあったが、11mからフリーでのシュートはバーの上に飛んで行った。

 

Bergwijnに代えてDavy Pröpperが入った延長はOranjeが支配して圧倒。Three Lionsよりよりフィットし、よりハングリーだった。そしてStones en Walkerから成るEngelse defensieの2つの非常に大きな個人のミスがプロフェッショナルに罰せられ、そのどちらにもDepay/Promesのduoが絡んだ。2-1ではWalkerの足が最後の一押しをし、3-1ではPromesが水から最後のトドメ。

 

FinaleはPortugalと
Oranjeは日曜にPortugalとfinaleを戦う。会場はFC PortoのホームであるEstádio do Dragão. 試合開始は20.45. Portugezenは水曜にCristiano Ronaldoの3得点によってZwitserlandを破っている。Engeland en Zwitserlandは日曜に15.00からGuimarães で3位を争う。

 

Nederland - Engeland 3-1
31' Marcus Rashford (str.) 0-1
73' Matthijs de Ligt 1-1
97' Walker (e.d.) 2-1
114' Promes 3-1

 

Gele kaarten: de Ligt, Dumfries, van de Beek (Nederland), Kane (Engeland)

 

Opstellingen:
Nederland: Cillessen; Dumfries, De Ligt, Van Dijk, Blind; De Roon (68' Van de Beek), F. de Jong (113' Strootman), Wijnaldum; Bergwijn (91' Pröpper), Memphis, Babel (68' Promes).
Engeland: Pickford; Walker, Stones, Maguire, Chilwell; Rice, Barkley, Delph; Sancho, Rashford, Sterling.

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/76033/oranje-finale-nations-league-na-slijtageslag-tegen-engeland

 

Ronald Koeman
「勝ったのは素晴らしい事。ただ試合全体で我々はより良いチームでより良いvoetbalをしていたが、最後の局面で雑で不十分だった。時にあまりに早くサイドを探そうとして、それによって彼らのbacksが上手く対応するのを助けてしまっていた。2対1の状況も時にあったし、そこからフリーでのシュートチャンスにならないといけない。それができるかどうかで全く別の話になる。単純に雑だった」
「Dee Ligtとチームは1-0ビハインドから見事に立ち直った。交代選手たちも十分に自分たちの持つ力をもたらしてくれた。PromesとDonnyも多分このチームにいるに相応しいだろうが、残念ながら13人は並べられない」
「finalesでプレーしなければならないようにhalve finalesもプレーしなければならない舞台。これは選手たちの成長にとって素晴らしい事。その点ではEngelandの方が先を行っていた。彼らは昨年WKのhalve finaleをプレーしているからね。何が求められるかを知るために、こういう試合をすることは必要」
「Finaleはほぼ『我々はCristiano Ronaldoを相手にする』と言えるだろう。Zwitserlandはあの試合より良いチームだったからね。我々は1度Portugalに負けているが、あの時とはシステムが違う。ただ我々が今日のようなプレーなら・・・ 我々がPortugalより良いとは言わないが、非常に接近しているだろう。今日はかなり消耗したし、どれだけ準備ができ、フィットしているか見てみよう」

 

Virgil van Dijk
「僕らは何度かとても良いvoetbalを見せた。辛抱強く続け絵十分なチャンスを作ったし、実際前半に得点しないといけなかっただろう」
「守備はコンパクトに男らしくやれている。penaltyは不運だった。それまで全くチャンスを作らせていなかったからね。でも信じ続け、HTにこのまましっかり続けるべきと言い合ったんだ」
「1-2の得点が取り消されたシーンは非常に微妙?Buitenspel is buitenspel. チェックできるのは素晴らしい事。僕らが自分たちでもっと早く決めないといけなかった。チャンスは生まれ続けていたからね。プレッシャーをかけ続け、とても上手くやっていた。最終的にはちょっとラッキーでの2得点になったけど、全体的には相応しいもの」
「僕らは全てのtoernooienに参加したいし、グループとして最初のprijsを取りたい。Nations Leagueについてはあらゆる類いの意見が出ているけど、bekerを勝ち取れるのは間違いない。Portugalが相手なのは素晴らしいし、最高のカード。僕らは全力で臨む」

 

続きを読む