Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

第10節: Europa組みが揃って大苦戦。9試合4失点のAZがHeerenveen相手に4失点。PSVがclub史上初一発退場2人で初黒星

Speelronde 10

 

Zaterdag 19 oktober
18:30 RKC Waalwijk - Ajax 1-2
46' 0-1 / 63' Saïd Bakari 1-1 / 76' 1-2

 

hekkensluiter RKCが前半7本のシュートを放って優勢の前半。数回大チャンスがあり、Leemansのvrije trapがバーの下を叩いてラインを割らない不運もあって先制を逃すと、HT明け直後に失点。それでも60分過ぎにBakariがようやくOnanaを破って同点としたが、uitvakの020 supportersの発煙筒投げ込みで試合が中断した直後に決められて1-2. 残り時間でMaatsenにまだ大チャンスあったが枠を外して敗戦。

 

RKCは10試合1 puntでEredivisie史上最悪のスタート。

 

Fred Grim
「もちろんガッカリしている。もっと良い結果を得られたからね。しかし我々が見せた内容は誇りに思う。引くこと無く勇敢に攻撃に出たのは頑固に思えるかもしれないが、我々はそうするための選手を揃えてもいるということ。5 verdedigersでもやれるが、そうしたら得点できないだろうし、1失点もするだろう。それに美しいvoetbalにもならない。我々はcombinatievoetbalをしてきたが今日はロングボールも多く選んだ。ajaxがそれに苦しむのは分かっていたからね。しかし重要なのは得点を決めることと失点を防ぐこと」

 

18:30 AZ - sc Heerenveen 2-4
7' Sven Botman 0-1 / 31' Ron Vlaar 1-1 / 36' Rodney Kongolo 1-2 / 45+3' Jens Odgaard 1-3 / 48' Calvin Stengs 2-3 / 63' Teun Koopmeiners 2-4

 

AZはBoaduが出場停止でDruijfがbasis. Heerenveenは入れ替え無しでいつもの11人。

序盤早々にhoekschopからBotmanがSvenssonの上からヘディングで決めて先制したHeerenveenがコンパクトな守備でAZの攻撃を抑えてコントロールする展開。徐々に調子を上げたAZは20分過ぎにカウンターからDe Witにベストチャンスもゴール前フリーで枠を外したが、30分過ぎにhoekschopからVlaarの頭で1-1. そのままAZが圧倒するも、カウンターでEjukeがVlaarをかわして最後はKongoloで1-2. なかなかカウンターでゴールに迫れないHeerenveenはHT前にEjukeが強烈なミドルシュートを放ち、Bizotに好セーブされたが、直後にhoekschopから大外Odgaardが決めて1-3.

 

後半開始早々にStengsのニアへの角度の無いシュートをHahnが後逸の大ちょんぼで2-3とすると更にAZの激しい攻撃が続いたが、60分過ぎにHeerenveenもカウンターでOdgaardにシュートチャンスを作ると、そこからのhoekschopでKongoloのBizotの上を越えるヘディングをゴールライン上のKoopmeinersがeigen doelpuntで2-4. AZはVlaar & Druijd→Hatzidiakos & Aboukhlalの2枚替えも、その後はほとんどvoorinにボールを送れなくなり、残り5分でStengsに大チャンスも豪快にバーの上に外してそのまま終了。

 

AZは第9節を終えてEredivisie最小4失点の守備がhoekschopから3失点でthuis初黒星。Heerenveenは3連勝。

 

19:45 FC Twente - Willem II 0-1
6' Marios Vrousai 0-1

 

序盤VrousaiのヘディングでWillem IIが先制。直後に0-2のチャンスもあったが、そこからTwenteが試合に入り、standaardsituatieで惜しいシーンを作る。後半Twenteがさらに優勢に立ったが同点ゴールは奪えず、徐々にTwenteの勢いが失われた終盤はWillem IIが優勢に立ったが数回のトドメのチャンスを逃し、緊張感のある最終盤を凌いでそのまま勝利。

 

Twenteは4連敗で11位に。Willem IIは暫定7位。

 

20:45 VVV-Venlo - Vitesse 0-4
29' Bryan Linssen 0-1 / 34' Bryan Linssen 0-2 / 43' Riechedly Bazoer 0-3 / 53' Nouha Dicko 0-4

 

序盤VVVがチャンスを作ったが、Obispoの素晴らしいロングボールからLinssenが決めて先制すると、数分後にもDickoのパスからLinssenが決めて0-2. さらにVVVがWrightのPasveerとの1対1でチャンスを逃した後のHT前にはBazoerのミドルシュートで0-3と効率良く勝負あり。後半もVitesseが全く問題に陥らずに早々に0-4にして快勝。

 

VVVは4連敗。Vitesseは4連勝、club史上初の10試合で23 punten獲得。AZに3 punten差を付け、2位PSVと勝ち点で並ぶ。

 

Leonid Slutksy
「記録には目を向けない。考えるのは試合のこと。もっと良くできる。interlandbreakがあったからこの試合は心配だった。我々はinterlandsの後で度々苦しんでいるからね。前回はPSVに5-0で負けた」

 

20:45 FC Utrecht - PSV 3-0
50' Sander van de Streek 1-0 / 83' Adam Maher 2-0 / 90+3' Sean Klaiber 3-0.
Rood: 67' Nick Viergever / 74' Jorit Hendrix

 

Utrechtは負傷明けのVan Overeemがbasisに復帰し、Dalmauをbankに置いてKerkとVd Streekを2 spitsen. PSVはZoet, Baumgartl, Ihattarenがbasisに戻りmiddenveldはGutiérrezがbankに。

 

UtrechtはRamselaarが右、Kerkが左サイドに入っての4-3-3での守備から攻撃時に2人が中央に移って4-4-2に変化する戦術でPSVに上手く対抗する展開。24分目にUtrecht supportersからIhattarenを励ます拍手が起き、Ihattarenが目を潤ませる。

 

Utrechtがやや優勢ながらお互いにチャンスは無いまま入った後半出だし、中盤で3人に囲まれながら上手く浮き球を処理して抜け出したVan de StreekのシュートがViergeverの足に当たって1-0. PSVはMalenがヘディングチャンスを外し、そこから一方的に押し込む展開も、60分過ぎにMalenのミドルシュートもPaesがセーブ。この試合出だしから激しいファールに全くgele kaartを出してこなかったMakkelieが65分過ぎのViergeverのRamselaarの足首への足裏タックルにようやくgele kaartを出すと、即座にVAR Kamphuisが介入し、Makkelieが映像を見て1秒でrode kaartに修正。さらに10分後にはHendrixがGustafsonの足首を激しく踏みつけ、Makkelieが再びgele kaartを出すもやはりKamphuisが介入してrode kaartに。さらにUtrechtのカウンターをすでに1枚貰っているDumfriesが手に当てて止めるたが、なぜかMakkelieはgele kaartを出さず。直後にMaherの見事なミドルシュートで2-0となって決着。さらにblessuretijdにもKlaiberが決めてトドメ。

 

Utrechtは戦術的強さを見せてAZに3 punten差に迫り、暫定5位。PSVはclub史上初のdirecte rode kaart 2枚で後半自滅して今シーズン初黒星。

 

Adam Maher
「もちろんPSV相手に得点を決めるのは嬉しいけど、特別燃えていた訳じゃ無い。僕はあそこでとても素晴らしい時間を過ごしたしkampioenschappenも経験した。低調な時期だったけど、それもvoetbal」
PSVはこのところcompetitieで全く負けていないし、この結果は僕らの予想通りというのは難しい。でも自分たちが全てのエネルギーを出して激しくやれば、これだけやれるのも分かっていた。前半は本当のチャンスは作れなかったけど、それは彼らも同じ、後半の僕らは前に出た時にとても危険だった」

 

Mark van Bommel
「1-0ビハインドを背負ったのならrode kaartを貰わないようにしなければいけない。1-0にされても実際何の問題も無かったんだ。冷静さを保たなければいけないのに、そこから愚かな2枚のrode kaartを貰ってしまった。いや、Viergeverのファールは愚かでは無い。あれは不運なシーン、しかしあの状況に陥るべきでは無い。11人対11人ならまだ何も失っていないんだ。そのまま試合に残り続けなければいけなかった。正当な判定だったか?scheidsrechterがあれだけ早くrode kaartを出せば・・・」

 

Pablo Rosario
「Viergeverは完全にボールに行っていたように感じた。出遅れていたけど、僕にはボールに行っているように見えた。正当なrode kaart? 映像を見ればそうだろう。僕らはピッチ上で感じているのは違う。Hendrixへの2枚目もだ。でも君らは正当だと言うんだろう。映像はハッキリ映しているだろうし、後で見るよ」

 

Danny Makkelie
「映像は嘘をつかない。Viergeverの足裏タックルは試合中そうは見えなかった。競り合いの左にいてコンタクトの瞬間が見えなかったんだ。可能性のある攻撃を妨害したという理由でgele kaartを出したが、Jochemが介入して見返して明らかなrode kaartだと言ったんだ。私も見に行って全く迷わなかった。Hendrixのファールはボールがすでにプレーされて私も反転してボールを追い、観客の悲鳴が聞こえた。サイドラインから『ファールでgeelだ』という声も聞こえていた。そしてgele kaartを出したが、そこでもVARが介入し、Jochemが私に映像を見るように助言した。どちらのケースも明らかなrode kaart」
「VARがいてくれるのは有り難いこと。vangnetだ。さもなければ私は2枚のrode kaartを見逃していた。VARがいてくれて嬉しいし、観客我々がこうするのを見たいだろうと思う。もちろん自分でああいうシーンを見れなかったのはとてもガッカリだし、スクリーンの所に行くのは楽しくは無い。最初のシーンでは別のポジションを選ぶこともできただろうが、それはやはり難しい」
「Dumfriesの2回目のhandsbalは可能性のある攻撃では無く、私はgele kaartに値するとは思わなかった。すでに2枚rode kaartを出していた3枚目になるから甘く見た訳では無い。あれは2枚目のgele kaartでは無いと現実的でなければいけない」

 

Zondag 20 oktober
12:15 PEC Zwolle - ADO Den Haag 3-1
8' Michiel Kramer 0-1 / 38' Illias Bel Hassani 1-1 / 74' Reza Ghoochannejad 2-1 / 89' Pelle Clement 3-1

 

PECはKerstenに代わって負傷明けのNakayamaがbasisplaatsのサプライズ。Paalの怪我も癒えてVan Wermeskerkenがrechtsbackに戻り、Hamerもmiddenveldに。voorinはJohnsenを外してVan Crooijを起用。ADOは入れ替え無し。

 

MaloneのクロスをKramerがワンタッチであわせて0-1と好スタートのADOに対し、PECは早々にVan Wermeskerkenが負傷してBajselmaniと交代のアクシデント。しかし非常に弱々しいプレーだったPECが少しずつ試合に入って流れを引き寄せると、前半終盤にSaymakのクロスにBel Hassaniの頭で1-1.

 

後半は両チームとも雑な出だしから、残り20分を切ってからPECが勝利に向けて立て直す姿勢を見せるとGhoochannejhadがネットを揺らし、Gözübüyükがbuitenspelと判定もVAR Baxの介入で得点が認められて2-1. 終了直前にはClementが飛び出してトドメ。

 

PECは連敗を3で止め、ADOは5連敗。

 

Alfons Groenendijk
「結果についてはガッカリ。不必要な敗戦。2失点目はkeeperが妨害されていたし、3失点目はvrije trapからでボールが止められていなかった。我々は良いスタートだったが、先制後に2点目を決められず雑になってしまった。ボールロストに苦しんでZwolleが試合に戻るのを助けてしまった」

 

14:30 FC Groningen - Sparta Rotterdam 2-0
85' Kaj Sierhuis 1-0 / 93' Charlison Benschop 2-0 (str.)
Rood: 90+3' Tim Coremans

 

FC GroningenはWarmerdamが出場停止から戻り、フィットしていないLundqvistが欠場。SpartaはAuassarが出場停止から戻り、Rigoがbankに。

 

出だしいきなりDervisogluにヘディングで決定機もPadtにセーブされ、Matusiwaがcentrumに下がって5-4-1のGroningenの戦術に苦しむSparta. Fraserの指示が回って対応すると、Groningenも4 verdedigerに戻していつもの形になったが、お互い徐々にプレーレベルも落ちて低調な試合に。

 

後半Spartaのvrije trapでのゴール前での競り合いでZeefuikのAuassarの背後への体当たりがVAR Blomの介入でファールを取られてpenaltyも、SmeetsのstrafschopをPadtがキャッチ。SpartaはDervisogluを下げてVeldwijkを投入したが、Groningenも終盤Hrusticに代えて入ったSierhuisが勢いをもたらして優勢に立つと、残り数分でSierhuisが見事に決めて決勝点。blessuretijdにはCoremansがSierhuisに頭突きで一発退場となり、交代枠を使い切っていたためにAbelsがkeeperでstrafschop. Benschopが決めて2-0でトドメ。

 

Kaj Sierhuis
「僕は最初の4試合basisで出ていたけど、得点できなかった。spitsとしてはそこで判断される。そこから怪我が続いてselectieにも入れなかった。途中出場で入って試合を決める瞬間を待ち望んでいた。85分に1-0にできれば最高に気分が良いよ。basisに戻ってたくさんゴールを決めたいし、これが第一歩だ」

 

Tim Coremans
「Sierhuisが僕の腕を引っ張ったんだ。僕は反対側を向いていたから実際彼があんな近くにいるとは分からなかった。彼を見て頭突きした訳じゃ無いけど、反転して挑発に乗るべきじゃなかった。頭突きする意図は全く無かった。意図してやったなら馬鹿過ぎる」

 

14:30 FC Emmen - Fortuna Sittard 2-1
16' Bassala Sambou 1-0 / 53' Michael de Leeuw 1-1 / 82' Sergio Peña 2-1

 

16:45 Feyenoord - Heracles Almelo 1-1
14’ Jens Toornstra 1-0 / 63' Orestis Kiomourtzoglou 1-1

 

9節終えて10位と低調なFeyenoordはBotteghin, Tapia, Larssonを外し、Senesi, Kökcü, Jørgensenがbasis. HeraclesはVan der Waterが負傷欠場でDos Santosがbasis. さらにPröpperもウォーミングアップでフィットせずDario vd Buijsが代役。

 

出だしから主導権を取ったFeyenoordがやや攻めあぐねるも、高い位置でHapsが競ってこぼれたボールをToornstraが強烈なミドルシュートで決めて先制。しかしその後もFeyenoordのテンポが上がらず、やや低調になって相手にボールを持たせつつ無難にコントロールする時間が続く。前半終盤にようやくテンポが上がって圧倒して押し込めるようになったがSinisterraが数回のチャンスを決められずに折り返し。

 

前半ノーチャンスだったHeraclesが後半は出だしから主導権を取り、Feyenoordの雑なプレーを突いて危険なシーンを作ると、60分過ぎにKiomourtzoglouが16m内で3人をかわしてのフィニッシュで1-1. 酷く低調なFeyenoordは75分にFerでヘディングでようやくチャンスもバーの上に。残り10分を切ってHapsが切り込んで決定機シュートもCzyborraがヘディングで奇跡的セーブ。途中出場 NarsinghのクロスからNicoのヘディングもバーの上に外れ、Narsinghが抜け出すもCzyborraをかわして狙い澄ましたシュートもBlaswichにセーブされてそのリバウンドも枠を外してそのまま引き分け。

 

Feyenoordは再び悲劇的内容で勝ち点を落とし、10位。

 

Stand
1 Ajax 10 (8 2 0) 31-7 +24 26
2 PSV 10 (7 2 1) 26-9 +17 23
3 Vitesse 10 (7 2 1) 22-13 +9 23
4 AZ 10 (6 2 2) 21-8 +13 20
5 FC Utrecht 10 (5 2 3) 20-13 +7 17
6 SC Heerenveen 10 (4 4 2) 16-11 +5 16
7 Willem II 10 (5 1 4) 12-14 -2 16
8 Sparta Rotterdam 10 (4 3 3) 18-18 0 15
9 Heracles Almelo 10 (4 3 3) 14-15 -1 15
10 Feyenoord 10 (3 5 2) 19-18 +1 14
11 FC Groningen 10 (4 1 5) 12-12 0 13
12 FC Twente 10 (3 3 4) 17-19 -2 12
13 PEC Zwolle 10 (3 1 6) 16-22 -6 10
14 FC Emmen 10 (3 1 6) 13-20 -7 10
15 VVV-Venlo 10 (3 0 7) 10-24 -14 9
16 ADO Den Haag 10 (2 0 8) 11-21 -10 6
17 Fortuna Sittard 10 (1 3 6) 13-25 -12 6
18 RKC Waalwijk 10 (0 1 9) 9-31 -22 1


Topscorers
1. Donyell Malen (PSV) 10 (2)
2. Oussama Idrissi (AZ) 6 (0)
Bryan Linssen (Vitesse) 6 (0)
Evangelos Pavlidis (Willem II) 6 (1)
Quincy Promes (Ajax) 6 (0)
Dušan Tadić (Ajax) 6 (2)
7. Aitor (FC Twente) 5 (3)
Steven Berghuis (Feyenoord) 5 (2)
Cyriel Dessers (Heracles Almelo) 5 (0)
Reza Ghoochannejhad (PEC Zwolle) 5 (0)
Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 5 (0)
Teun Koopmeiners (AZ) 5 (5)
Tim Matavž (Vitesse) 5 (1)


Assists
1. Dušan Tadić (Ajax) 8
2. Steven Bergwijn (PSV) 7
3. Bryan Smeets (Sparta Rotterdam) 5
Hakim Ziyech (Ajax) 5
5. Cody Gakpo (PSV) 4
Abdou Harroui (Sparta Rotterdam) 4
Calvin Stengs (AZ) 4
Donny van de Beek (Ajax) 4

多忙な週に望まないスタート (第10節: Heracles-thuis)

Feyenoordは多忙な新たな週に良いスタートを切れず。trainer Jaap StamのチームはDe KuipでHeracles Almelo相手に1 punt (1-1)しか得られなかった。

 

Young Boys (木曜日)とajax (日曜日)とのuitwedstrijdenを間近に控え、Stamはこの日曜に自分たちの家で良い結果を望み、金曜の記者会見でも良い結果が自信に繋がると語っていた。

 

そしてFeyenoordはHeracles Almelo相手にまさに自信を深めるスタートのように思われた。15分にはJens Toornstraが先制点を決め、その決め方も歓びを大きくするものだった。

 

クリアされたhoekschopからFeyenoordがボールを持ち続け、Toornstraが20m以上の距離から引き金を引くと、このmiddenvelderの強烈なシュートはゴール左上に消えて1-0.

点差を広げる機会もその後欠かなかった。特にLuis Sinisterraに良いチャンスが数回あったが、このColombiaanはボールを上手くゴールに入れることができず。HT後にはチャンスがかなり減り、得点を最も主張できていたのはHeracles Almeloだった。

 

Feyenoordはさらに雑になって多くのチャンスを与えてしまうと、その一つをOrestis Kiomourtzogluが決める。彼がverdediger数人を抜き、Kenneth Vermeerを破るシュート。このgoalieはMauro Juniorのシュートはダイビングで防ぎ、bezoekersがリードを得るのは許さず。

 

最終盤のベストチャンスはまだFeyenoordにあったが、Ridgeciano HapsのボールはLennart Czyborraが頭でライン上で弾き、invaller Luciano Narsinghは立て続け2回のシュートを決められず。その結果1-1のまま終わった。

 

10節を終えてFeyenoordは14 puntenで10位。来週にはajaxが次の相手となるが、まずは木曜にBernでYoung Boysと対戦する。

 

Feyenoord - Heracles Almelo 1-1
14’ Jens Toornstra 1-0

63' Orestis Kiomourtzoglou 1-1

 

Scheidsrechter: Jeroen Manschot
Gele kaarten: Fer, Senesi, Ié (Feyenoord), Kiomourtzoglou, Van den Buijs, Jakubiak (Heracles)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Vermeer; Karsdorp, Ié, Senesi, Haps; Fer, Toornstra (84' Narsingh), Kökcü (62' Burger); Berghuis, Jørgensen, Sinisterra
Heracles: Blaswich, Bakboord (90+2' Breukers), Van den Buijs, Knoester, Czyborra, Kiomourtzoglou, Merkel, Mauro Junior (85' Cijntje), Dos Santos (79' Jakubiak), Dessers, Konings

 

https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-heracles-almelo-2019-2020

 

Jaap Stam
「前半は我々が見たいプレーはしていなかったが、決めれるだけのチャンスは十分にあった。それを決められなかったのがとても残念。後半もチャンスを作り続けられることを期待したが雑になってしまい、そのせいでHeraclesはomschakelingから危険になることができていた」
「我々はボールを持った時の辛抱強さが無く、左から右へのスピードも十分では無かった。そのために相手に守りやすくさせてしまっていた。スペースに入ることができず、自分たちで難しくしてしまった。シンプルなパスでも雑だった」
「10位はFeyenoordに相応しく無いが、現時点ではこれが現実。我々は多くの試合で自分たちのせいで勝ち点を落としているし、それには自分たちももの凄くガッカリしている」
https://www.fr12.nl/nieuws/52169-stam-we-hebben-het-onszelf-moeilijk-gemaakt.html

 

Steven Berghuis
「また良くなかった。得点するチャンスは十分あったけれどね。それを決めていればもっと自信を持てたけれど、僕らはとても多く事をミスしている。組み立てに多くの人数を掛けすぎていると思う。Leroy, Jens en Orkunも。時にKennethがロングボールを蹴っているけど、その時には彼らはもうボールを競ることができない距離にいる。これはslimじゃない。
「僕も今日は自分のプレーが全くできなかった。ボールを持った時に雑でとてもガッカリ。ボールを失ったらすぐにプレッシャーをかけてDe Kuipの支持を得ようとしたけど、あれだけスペースが広がっては・・・多分僕が高い位置にいすぎたか、他のラインが上手く着いて来れなかったか。みんなでもっと簡単にするにはお互いにもっと近づかないといけない。それを別にしても僕自身良い試合じゃなかった。それがとてもガッカリ」
https://www.fr12.nl/nieuws/52167-berghuis-ik-vond-mezelf-vandaag-helemaal-niet-goed.html

 

Jens Toornstra
「Senesiはvoetbal面は良い選手で守備面でも男らしいと思う。いきなりしっかりやるのがとても難しいというのは忘れるべきじゃない。今日の彼は苦しんでいたけれど、ポテンシャルでは良い選手。彼にはプレッシャーもあった。なかなかの金額で買われたからね」
「僕らは十分良いプレーじゃなかったけれど、チャンスはあった。間違いなく一つは決められただろうし、あの失点も必要無かった。でもそれを別にしても僕らは良いプレーじゃなかった。前半は余計なボールロストが多くて苦しんだし、25分過ぎからHeraclesのプレッシャーも受けてしまった。ここではあまり無いこと」
「この不安定さは新しい事でもない。昨年からそうだったし、それが無くなっていない。僕らはかなり良いプレーができるし、それを見せてもいる、でも低調なプレーの時は即かなり悪くもなってしまう。それに対応するのがかなり難しいけど、無くさないといけない」
https://www.fr12.nl/nieuws/52170-toornstra-voor-die-jongen-stond-er-ook-druk-op.html

 

Marcos Senesi
「感じは良かった。Feyenoordでの最初の試合に出れて嬉しい。得るべき結果を得られなかったのは残念。僕らはたくさんチャンスを作ったけど、引き分けに甘んじてしまった」
「自分としてはこれが試合に出る適切なタイミングだったと思う。trainerもそう判断した。徐々にやっていくと彼は言っていたし、それが良い。僕はまだまだこのチームに慣れが必要。voetbalerとしてはプレーしたいし、僕はこのチャンスを得るためにハードワークしてきて、今日がその日だった。自分のチャンスを掴めたのは嬉しい。チームには良い歓迎をして貰っているし、supportersにも。ここにいられて嬉しいよ」
「今日は難しい試合だった。僕らには得点するチャンスがたくさんあった。彼らは1回だけのチャンスでそれが得点になった。そこが注意点。でも僕らは良い道にいるし、勝つためにディテールに取り組んでいく」
https://www.fr12.nl/nieuws/52172-senesi-ik-heb-hard-gewerkt-om-deze-kans-te-krijgen.html

 

続きを読む

Ié「このclubに残れたら罰とは感じないだろう」

Edgar IéがFeyenoordのverdedigingから外れることは今のところ考えられず、Marcos Senes加入後も彼はRotterdammersのbasisであり続けている。FeyenoordはIéをTrabzonsporから1シーズンレンタルしているが、「僕はまだTrabzonを見たことが無いんだ。Parijsで契約にサインしてそのままFeyenoordにレンタルされたからね」

 

そしてこのverdedigerは電光石火のスタートを切った。僅か1回のtrainingだけでFC Utrecht戦の後半に途中出場。「いや、De Kuipのピッチに立った時にチームメイトの名前はまだ全部分かっていなかった。全員と握手したけど、20人と1回握手して全員の名前を覚えられる?無理でしょ?でも言い訳せずに、やるしかない」とこのverdedigerはAlgemeen Dagbladのインタビューに語った。「観客は僕の名前を知ってくれていた。あれは素晴らしい経験だったよ。‘Ie, Ie, Ie, Ie’と何回も僕の名前を連呼してくれたのは僕にとって全く新しい体験。ああ、良い気分だった」

 

「みんなとコミュニケーションが取れればもちろんやりやすくなるけど、みんなと良いvoetbalをするのにそれは絶対必要という訳じゃ無い。ピッチ外ではSenesi, Botteghin, Fer, Sinisterra en Tapiaと話してる。彼らはSpaans of Portugeesを喋れるからね。僕はFC Barcelona en VillarrealでプレーしていたからもちろんSpaansも話せる。ここで自分の道を見つけるから心配はいらないよ」

 

FeyenoordはEuropese topclub FC Portoに買った数日後にlaagvlieger Fortuna Sittardにノーチャンスで敗れてしまった。「これがvoetbal. 残念だけど全て上手く行くわけじゃ無い。改善できる事はまだまだたくさんある。Feyenoordがどの順位で終えるかは本当に分からないけど、僕はみんなが僕を頼りにできるようになりたい。僕はこのclubではGuinee-Bissau出身の2人目。Bruno Martins Indiが1人目なのはここに来てすぐに知った。IndiはPortugal育ちだけどね。僕も似た所があるけれど、違うルートで来た」

 

Iéの当面の目標はzomerstopにTrabzonsporに戻る事だ。「将来がどうなるかは誰にも分からない。基本的には僕は夏になったら『普通に』Trabzonsporに戻らないといけない。でもこのclubに残れたら罰とは感じないだろう。その反対だよ」


https://www.fr12.nl/nieuws/52158-zou-niet-aanvoelen-als-straf-als-ik-bij-deze-club-kan-blijven.html

Jong Oranje, 予選3試合目も勝利 (EK予選: Noorwegen-uit)

Jong OranjeはEK-kwalificatieでの好スタートを火曜も継続。KNVB-coach Erwin van de LooiのploegはNoorwegen相手に楽々と0-4勝利を収めた。得点者はRick van Drongelen (twee keer), Calvin Stengs en Dani de Wit.

 

Jong OranjeがPortugalを4-2で下した火曜のde Vijverbergの楽しさに比べ、Brammenの激しい雨の中で当初あまり歓びの無い試合に。それは主に楽しい試合しようとする意思が全く無いNorenのせい。彼らは自分たちの陣地に引き、Nederlandの組み立てでのミスとそこからのカウンターに望みを掛けていた。

 

ただその戦術はVan de Looiが予め予想していたとおり。金曜のDoetinchemでの試合後に彼はNorenとの対戦は全く違うものになるだろうと語っていた。寒さ、kunstgras, NorenのプレースタイルはNederlandse talentenに100%の集中力と忍耐強さを要求するものだった。

 

勝利以外満足すべき結果は無い。それ以外の結果ならPortugezen相手の勝利は再び台無しになるだろう。過去にJong Oranjeはこうした状況で度々ミスを犯しており、Van de Looiは前回のEK-kwalificatieでのEngeland相手の力強い試合と、その次のSchotland相手の惨めな敗戦を例に挙げていた。

 

Waarschuwing
そのためNederlandは注意をうけていたが、試合開始してすぐにOwen Wijndalがdoelman Maarten Paesに弱すぎるバックパスを出して2回目の注意を受けることに。Hugo Vetlesenがシュートできたが、Ola Brynhildsenへのパスを選んだのが選択ミストなり、この大チャンスを逃してくれた。

 

この瞬間からNederlandは支配し、一つのチャンスも与えなかったが、Norenの守備的なプレーによってチャンスを作るのもほぼ不可能だった。それでも降雨にもJong Oranjeはリードして折り返すことができた。Teun Koopmeinersの鋭いvrije trapをRick van Drongelenがジャンプしてかわそうとしたが、意図に反してボールに触れたことでNoorse doelmanの逆と見事に付く結果に。ラッキーなタッチではあったが、不当なリードでは全く無かった。

 

Schoonheidsprijs
HT明けすぐにJong Oranjeは0-2に。この得点はschoonheidsprijsに相応しいものだった。Myron BoaduがCalvin Stengsに戻すと、彼が破壊的なシュートでバーの下部を叩いてゴール。大きな逆境となったNorenは即座により前へvoetbalをすることを決断した。

 

そしてまさにそれがNederlandにとってプラスの結果に。Boaduがターンから3点目に近づくと、それが決まったのは60分過ぎ。Noorse verdedigerがWijndalのクロスを意図せず伸ばしてしまい、Dani de Witがヘディングで決めた。

 

残り時間Jong Oranjeはガスを抜き、そのためにBirk RisaがNoorwegenの面目を保つチャンスを得たが彼のシュートは枠外に。Kristian Thorstvedtがネットを揺らしたが、Italiaan Marco di Belloはbuitenspelでこの得点を認めなかった。

 

金曜のDoetinchemでと同様にNederlandは試合残り数秒で4点目。Invaller Kaj Sierhuisのパスから駆け上がってきたVan Drongelenが強烈なシュートでこの試合自身2点目を決め、一方的な試合の素晴らしい締めくくりとなった。

 

Fier aan kop
EK-kwalificatieでの直接のライバルたちに2勝したことで、Jong Oranjeはgroepで堂々たるkopに立った。Portugalが3 punten差で追い、Noorwegenとはすでに5 punten離れている。来月(11月14日木曜日)Van de Looiのploegはこの素晴らしいスタートをGibraltarで継続しなければならない。Jong Oranjeはkalenderjaarの締めくくりとして、11月19日火曜日にDoetinchemでEngelandとoefenwedstrijdを行う。

 

Kwalificatie, groep 7
Dinsdag 15 oktober 2019
Jong Noorwegen – Jong Oranje 0-4
30' Van Drongelen 0-1 

47' Stengs 

67' De Wit 

90+4' Van Drongelen 0-4


Opstellingen:
Jong Noorwegen: Klaesson; Fredriksen, Oestigaard, Salte; Heintz, Vetlesen, Bohinen, Bjørkan, Risa; Evjen, Brynhildsen.
Jong Oranje: Paes; Zeefuik, Van Drongelen, Schuurs, Wijndal; Reis, Koopmeiners, De Wit; Stengs, Boadu, Kluivert..

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/77051/jong-oranje-wint-noorwegen-ook-derde-duel

 

Erwin van de Looi
「彼らが我々に合わせてくるのは分かっていたが、これだけ引くのはとても驚いた。彼らは明らかに我々に多くのリスペクトを払っていた」
「1-0の得点はラッキーだったが、2-0の得点は良い攻撃からのとても美しいもの。あれはこの試合のbreekpuntだった。あそこからNoorwegenがやり方を変え、5 verdedigersでは無く4 verdedigerでのプレーになり、我々がvoetbalをするスペースが大きくなった。特にomschakelingとライン間で我々はかなり危険だった」
「改善点を挙げなければならないとしたら、我々には雑過ぎる時間帯があるということ。だがまぁ。結果はもちろんとても良い。特に金曜にPortugalに勝った後だからね。我々は自分たちが楽しいvoetbalをしたいだけでも、ある試合に勝ちたいだけでも無く、全員でさらに先に進む野望を本当に持っているということを証明した」
「我々はまだNorenとthuisで当たるし、彼らはまだこれから2回Portugalと当たる。だから我々はPortugalと決着を付けることになるだろう」

Oranje, Wijnaldumのおかげで再びEURO 2020に近づく (EK予選: Wit-Rusland-uit)

また一歩近づいた!Nederlands elftalがここからまだEURO 2020を逃すとしたら、よろど奇妙な事が起きなければならない。Noord-Ierland戦終盤の勝利に続き、OranjeはWit-Rusland戦の1-2で4日間で3つ目の3 puntenを獲得。Georginio Wijnaldumが2得点でploegを牽引した。

 

印象的なのはNederlands elftalがEK-kwalificatietoernooiのgroep 3を楽々と歩んでいること。特に2度eindtoernooiへの出場権を逃したここ最近のreeksenと比較すると。もちろん、Duitsland相手に2-3での嫌な敗戦はあったが、そこからの4勝でUEFAがEURO 2020の参加国としてNederlandの名前を上げられるのはほぼ確実になった。

 

Eén punt
残り2試合でOranjeはあと1 puntで十分。Noord-Ierland (uit) en Estland (thuis)で不可能なタスクでは全く無く、NederlandがWK 2014のbronzen以来来年eliteの中に入るのはまず間違いない。

 

日曜のWit-Rusland戦はある時点までそれほど問題無いかのように思えた。特に難しいスタートからGeorginio Wijnaldumが2得点で試合を引き寄せた時点では。ゴール上部に突き刺さったその2点目は絶対的美の一つだった。Boem!

 

Wit-Ruslandは1回だけ危険なシーンがあったが、Oranjeが心配する必要は全く無かった。しかし後半不注意になったことで、Wit-Russeが試合に戻ってしまう。Stanislav Dragunの見事なヘディングでthuislandの良いスタートが報われ、結局このヘディングはWit-Russischeがこの試合枠内に放った唯一のシュートだった。

 

その後も同点になり得るシーンも生まれ、Ronald KoemanはQuincy Promes en Donny van de Beekに代えてLuuk de Jong en Marten de Roonを投入。

 

Gewijzigd
Koemanは先週木曜と比較し、Van de Beek, Promes, Joël Veltman, そして怪我のDepayに代わってDonyell Malenをbasisに起用してploegを変更。3-4-3 formatieで相手を驚かせようとしていた。

 

しかし後半自分たち自身に苦しんだOranjeはかなり多くのsupportersにとって記憶に残らないだろう。Malenは残り15分で試合を決める完璧な機会を得たが、Wit-Russische doelman Gutorが立ちふさがった。

 

Wit-Russischが最後の攻撃に出たことは言うまでも無く、Wijnaldumは反対側でhattrick完成のチャンスを得たが、決めることができず。こうしてMinskではなのもかもgrootsでは無かったが、bordの結果は1-2.

 

Oranjeは来月仕事を終えることができる。出場権獲得を決めるにはNoord-Ierlandで引き分けで十分だ。

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/77029/oranje-dankzij-wijnaldum-weer-dichter-bij-euro-2020

 

EK Kwalificatie, groep C
Zondag 13 oktober 2019
Wit-Rusland - Nederland 1-2
32' Wijnaldum 0-1
41' Wijnaldum 0-2
54' Dragun 1-2

 

Scheidsrechter: Anastásios Sidirópoulos
Gele kaarten: Bakhar, Stasevich, Martynovich, Yablonski, Naumov

 

De opstellingen:
Wit-Rusland: Gutor; Polyakov, Veretilo, Martynovich, Naumov; Kovalev (60' Skavysh), Yablonski; Stasevich, Dragun, Bakhar (70' Ebong); Laptev (83' Shevchenko).
Nederlands elftal: Cillessen; Veltman, De Ligt, Van Dijk, Blind; De Jong, Van de Beek (66' De Roon), Wijnaldum; Bergwijn (89' Babel), Malen, Promes (66' L. de Jong).

 

Ronald Koeman
「怠惰だった?部分的にはそうだ。後半はMalenのチャンスまで一つのチャンスも作れていなかったからね。何もかも安易になり、雑なボールロストを繰り返したせいで失点もした。失点は常にあり得るが、その仕方は我々が怠惰過ぎたからと言える。middenveldでのボールロストに苦しんだ。彼らはVirgilが全てクリアしてくれるとい思っているのかもしれないが、常にそういう訳では無い。あの瞬間centraalで3対2になってしまっていた。Frenkieが対応すべきだったと思うが、Blindも絞らなければいけなかっただろう。彼は外側で見てるだけだった」
「ファンはもうEKチケットを買っても良いだろう。まずはNoord-Ierlandで1 punt獲れば終わりだが、それが駄目でもthuisで決められる」

 

Georginio Wijnaldum
「とてもフラストレーションが溜まる試合だったけど、僕らは安易に考えすぎていたと思う。怠惰だった?後半は間違いなくそうだった。これまでよりも格下のチーム相手に0-2にしたせいかもしれない」
「0-2の得点はとても上手く決まったね。僕のOranjeでのダントツで最も美しいゴールだ」
「苦しい試合だったけど。簡単な試合だとは誰も言っていない。難しい試合をするために選ばれてもいるわけだからね。伸びシロはあるし、僕はポジティヴに前を向く」

 

続きを読む

Jong Oranj. Portugalに見事な勝利 (EK予選: Portugal-thuis)

Jong Oranjeは火曜日にEK-kwalificatieでの非常に重要な勝利を収めた。KNVB-coach Erwin van de Looiのploegはde VijverbergでPortugalの勝利。Debutant Myron Boaduが2得点でde gevierde manに。Teun Koopmeiners (penalty) en Calvin Stengsも得点者となった。

 

EK-kwalificatieは始まったばかりなため、今週を決定的な週と位置づけるのは行きすぎかもしれない。しかしJong OranjeはHongarije en Slovenië行きのチケットを争う直接のライバルであるPortugal en Noorwegenと対戦するため、2つの良い結果を得られれば残りのreeksに向けて素晴らしいベースを築くことができる。

 

最初のハードルは金曜のPortugal. ドローでこのploegが相手と決まった時、Jong Oranjeのselectie内で喜んだ者はほとんどいなかっただろう。彼らのほぼ全員が各jeugdelftallenでPortugezen相手に酷い経験をしている。正真正銘angstgegnerな国だ。どんなに若くてもPortugezenは、‘over-mijn-lijk-mentaliteit’で競り合いに勝つ能力を早くから備えている。それとtechniek面での才能のある数人の選手たちとの組み合わせにより、この国はNederlandにとって度々難攻不落の要塞となっている。

 

Mooie kans

金曜のde Vijverbergはこの世代にとってPortugal-syndroomw遂に、そして永遠に打ち破る素晴らしいチャンスだった。良い結果を得るため、Erwin van de Looiのploegは積極的なスタート。AZ-spelers5人がbasisに並んだチームは相手を怖れず、最初の笛から果敢な攻撃を仕掛けると、その勇敢さが8分に報われた。Koopmeinersの遠目からのシュートが幸運にもStengsの足元に落ち、彼がBoaduに逃しようのないチャンスを提供して1-0. 

 

早々のリードが試合展開を変えた。Portugalが空を脱ぎ捨てるとすぐにこのチーム内に多くのtalentがいることが目に見えるように。しかしJong Oranjeのdefensiefが上手く守ったおかげで序盤はRui Jorgeのploegが危険になれたのは止めからのシュートだけ。Rafael Leao en Vitor Ferreiraが立て続けにヘディングで狙ったがDoelman Maarten Paes en Teun Koopmeinersがクリア。Jong Oranjeがリードして紅茶を飲めると思われたまさにその時間帯に同点に。Domingos Quina のクロスをlange aanvoerder Diogo Queirosが強烈なヘディングで決めた。

 

Strafschoppen

後半hoekschopは再びリードを狙ってスタートしなければならなかったが、その狙いが早々に成功したのは大きな幸運によるものだった。Nuno Tavaresが意図せずボールを手に当て、Israelische scheidsrechter Roi Reinshreiberがstipを指さす。Specialist Teun Koopmeinersがこのbuitenkansjeを決め、Jong Oranjeに再びリードをもたらした。しかしそれから間もなくして反対側のstipにもボールが置かれた。Owen WijndalがQueirosを引き倒し、Gedson FernandesがこのpenaltyでPaesを破った。

 

最後の30分間は一進一退の展開に。両ploegともこの3 puntenがEKへの道で黄金の価値を持つと自覚したかのように攻撃に出た。ベストヤンスがあったのはPortugezen. Jotaがほとんど決めかけ、Pedro Mendesも至近距離からパンチを入れかけたが、Doelman Paesが見事にチームを救って見せた。

 

Jong Oranje wint alsnog

しかし勝利を引き寄せたのはJong Oranje. 再びStengs-Boaduのタンデムが成功をもたらした。前者のパスからde succesvolle debutantの後者がde Vijverbergに歓びを爆発させた。残り1分にはStengsも自らscorebordに生を刻む。素晴らしく正確なシュートがポスト内側を叩いて決まり、4-2のeindstand. こうしてJong Oranjeに非常に重要な3 puntenが入り、永遠のangstgegnerに対して素晴らしい復讐となった。

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/76997/heerlijke-overwinning-van-jong-oranje-op-portugal-4-2

 

Kwalificatie, groep 7

Vrijdag 11 oktober 2019

Jong Oranje - Jong Portugal 4-2

8' Myron Boadu 1-0

42' Diogo Queiros 1-1

50' Teun Koopmeiners 2-1 (str.)

64' Gedson Fernandes 2-2 (str.)

84' Myron Boadu 3-2

90+4' Calvin Stengs 4-2

 

Opstellingen:

Jong Oranje: Paes, Zeefuik, Van Drongelen, Schuurs, Wijndal, Reis, Koopmeiners, De Wit, Kluivert (67' Gakpo), Stengs, Boadu

Jong Portugal: Diogo Costa; Thierry, Diogo Queiros, Diogo Leite, Tavares; Vitor Ferreira, Miguel Luis, Quina, Gedson; Rafael Leao, Dany Mota.

 

Stand

Jong Oranje 2-6 (9-3)

Jong Portugal 3-6 (8-4)

Jong Wit-Rusland 3-4 (11-3)

Jong Noorwegen 2-4 (3-2)

Jong Cyprus 3-3 (3-7)

Jong Gibraltar 3-0 (0-15)

 

Erwin van de Looi 

「Portugalはとても強いチームで、長時間50-50だったが、我々は自分たちがこの試合勝てると信じ続けた。前半は良くなかった。自分たちのプレーをしてPortugalにプレッシャーを賭けたかったが、それが上手く行かず、サバイバルになってしまった。後半はまず意識して一歩下がったが、こういうploeg相手にそれは全く恥では無い。彼らがあまり危険にならなくなったのがすぐ見えたし、最後は我々にもチャンスが来て、我々の攻撃面のクオリティでこの勝負を決めることができた」

「Portugalは素晴らしい選手たちがいるが、幸いにもそういう選手たちは我々にもいる。Stengsは今日は素晴らしかったし、Gakpoは途中から上手く入り、我々にはBoaduというgoaltjesdiefがいる。彼はゴール前でとても冷静で、奥行きでとても危険な存在。それはAZでもかなり多く見せているが、このレベルでも楽々とやっている・・・彼にはシンプルに得点を決める能力がある、それは本物のtalent」

「前回のkwalificatiereeksではEngeland相手にかなり良い試合をしたが、続くSchotlandにはノーチャンスで負けた。そういうことは許されない。NoorwegenはPortugalほどピッチ上に多くのクオリティがあるわけでは無い。そこは率直に言うべき。しかし過小評価はしてない。それに環境は全く違う。寒いしkunstgrasでのプレー。しっかり準備しないといけない。火曜に勝てれば今週非常に大きな結果を得られるというのはみんなよく分かっている」

 

Teun Koopmeiners

「captainとしてこの勝ち方ができたのを誇りに思う。前半の僕らはかなり雑だったけれど、より致命的でゴール前でより工夫があった。4得点がそれを十分物語っている」

「AZ'ers全員がこのフォームを続けたいと思っているし、ここで価値ある存在になりたいと思っている。人数が多いし、お互いに知り尽くしているからね」

 

Myron Boadu

「debuutを夢に見れば、こういうのも期待するもの。Calvinとはお互いよく分かっているから、もちろんピッチ上でお互いを上手く見つけられる。でも僕は他の選手たちとも上手くklikできていたと思うよ。例えばJustin Kluivert. お互いを理解していプレーできるのは楽しい」

「1-0は僕の最初のボールコンタクトだったと思う。とても素晴らしい瞬間。3-2のゴールもね。最高だ。でも最も重要なのは僕らが勝ったということ」

 

Oranje, 最終盤にNoord-Ierlandをかわして勝利 (EK予選: Noord-Ierland-thuis)

木曜のNoord-Ierland相手の難しい試合でNederlands elftalはダメージを負うかに終盤まで思われたが、最後の10分間の3得点がDe Kuipを揺らし、3-1勝利でOranjelegioenに安堵感をもたらした。EURO 2020の出場権獲得はまた一歩近づいている。

 

Noord-Ierlandはここまでgroep AでDuitsland en Nederlandにとって真剣な脅威となっている。Noord-Ierenはzwakke broeders Estland en Wit-Rusland相手に4試合を終えて12 puntenを獲得、その時点でOranjeはkwalificatiereeksをまだこれから始めようという所だった。

 

Knock-out
1ヵ月前のDuitsland相手の4-2勝利でOranjeはDe Kuipでの対戦前に一息つくことはできていた。Duitslandに勝利したことでNoord-Ierlandと勝ち点で並んだからだ。De Kuipへの凱旋はNoord-Ierenにとって大きなショックであり、早々にKnock-outもあり得ると思われた。

 

しかしこの木曜夜は別の展開に。苦しい90分間となった。例えば序盤は一つのチャンスも無し。Noord-Ierenは予想通り引き下がり、ロングボールでのスピード勝負を仕掛けてきた。Nederlandにとって堅いdefensieの穴を見つけることが重要になったが、それも難しい任務ということが明らかに。Oranjeは相手ゴール前で危険なシーンを作ることがほとんどできなかった。

 

前半半ばにDenzel Dumfriesの良いクロスがRyan Babelに届いてDe Kuipの五万人の観客が身を乗り出し、Georginio Wijnaldum en Daley Blindのシュートもそれに続いたが、どれも危険なものにはならず。約20分間煌めきの無いvoetbalが続き、Wijnaldumのヘディング以外Oranjeは攻撃面で無力だった。

 

Overvol
後半出だしにNederlandは数回上手く壁を破ったかに思われたが、それでもフィニッシュは欠いたまま。60分を過ぎてbondscoach Ronald KoemanはDonyell Malen en Donny van de Beekの二人でOranjeにフレッシュで攻撃的な刺激を与え、Ryan Babel en Marten de Roonがピッチを後に。この二人の任務はNoord-Ierseの壁を崩し、人が溢れるstrafschopgebiedに穴を見つけることだった。

 

Oranjeはthuispubliekに引っ張られながら次第に勢いを増していく。Oranje包囲網は次第に激しいものに。失敗に終わった攻撃の後、Wijnaldumのシュートがゴールラインでクリアされ、あわや待望の先制点。1-0とすることができなかったまさにその瞬間、得点が反対側で生まれた。

 

望み無しに見えたNoord-Ierenの攻撃が、しかしJosh Magennisのヘディングによって得点に。この突然の授かり物は1秒たりとも静まらなかったファンのvakに大きな喜びを爆発させた。

 

Juichen
しかしOranjelegioenも歓声を上げることができた。残り10分でMalenのクロスからDepayがヘディングで決めて1-1. この時点でStormram Luuk de Jongがaanvalを強化しており、Malenが特に2-1に近づいたが、彼のヘディングは惜しくも枠外に。

 

しかし勝ち越しのゴールはblessuretijdに入ってからまだ決まった。Spaanse Sevillaでゴールを待ち望んでいるLuuk de JongがNederlands elftalに勝利の絶頂の歓びもたらし、その直後にDepayも決めて3-1に。

 

苦しい夜はこうして歓声で締めくくられた。苦戦はしたが、Nederlands elftalはEURO 2020に向けて再びハードルを1つ乗り越えた。次の日曜にはWit-Ruslandと対戦する。

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/76989/oranje-extremis-langs-noord-ierland

 

EK Kwalificatie, groep C
Donderdag 10 oktober 2019 / De Kuip
Nederland - Noord-Ierland 3-1
75' Magennis 0-1 

80' Depay 1-1 

90+2' L. de Jong 2-1 

90+4' Depay 3-1


Gele kaarten: Depay (Nederland), Peacovk-Farnell, Evans, Smith (Noord-Ierland)

 

Opstellingen:
Nederlands Elftal: Cillessen; Dumfries (78' L. de Jong), De Ligt, Van Dijk, Blind; De Roon (66' Van de Beek), Wijnaldum, F. de Jong; Bergwijn, Depay, Babel (66' Malne).
Noord-Ierland: Peacock-Farrell; Smith, Cathcart, Evans (87' Flanagan), Ferguson; Saville, S. Davis, C. Evans; Dallas, Lafferty (66' Magennis), McNair.
https://www.onsoranje.nl/teams/185184/programma/wedstrijd/31175

 

Stand Groep C
1. Nederland 5-12 (17-6)
2. Duitsland 5-12 (17-6)
3. Noord-Ierland 6-12 (8-7)
4. Wit-Rusland 6-4 (3-10)
5. Estland 6-1 (2-18)

 

Ronald Koeman
「良いvoetbalをし、チャンスを作って勝ちたいが、時にそうならない事もある。素晴らしくは無かったが、とにかく勝った。今夜はかなり苦しんだよ。スペースを得られず、あまりやれることが無い位置でたくさんボールを持っていた。後半はより危険になったが、ビハインドを背負ってしまった」
「0-1の人で今夜は何もかも全く上手く行かないという感じがしたが、幸いにも同点にし、残り時間でさらに2得点。これはクオリティ。Duitslandは度々リードして勝てないことが多い。我々は時にビハインドを背負うが、そこから多く勝てている。どちらが良い?」
「前半別のmiddenveldでもっと良いプレーになっていたとか、もっとチャンスを作れていたとかは私は信じない。相手がFrenkie de Jongに1人付けていたことで、我々は右サイドで1人多かったんだ。例えばDe RoonからDumfriesで右へもっと早くボールを動かせたはず」
「失点シーンはDe Ligtが酷いクリアでDaleyも中途半端。あのボールはあり得ない。あれはNoord-Ierlandにとって待ちに待っていた瞬間だった。De Ligtがヘディングの競り合いも負け、これもまたあり得ない」
「Memphisは中央で苦しんでいたが、左サイドでよりスペースを得られた。0-1になればalles of nietでプレーしなければならなくなるが、我々は冷静さを失わなかった。難しい試合でもプレッシャーをかけ続ければ・・・ MemphisのGrote klasse.もしかしたら今後私は彼をもっとサイドに置くかもしれない」
「Noord-Ierlandのプレーは実際スキャンダラスで、見ていてゾッとする。vrije trapとdoeltrappenで長く待ち続ける・・・しかし彼らは自分たちのできることを見事にやっていた」
「誰しも自分の意見があって良いし、私は自分が正しいと主張する必要も実際無い。我々がLuukをどう役立てられるかは分かっているし、彼は今夜幸いにもそれを見せてくれた」
「日曜にWit-Ruslandに勝てば、予選突破はほぼ決まる。結果面では今日は重要な勝利だったのは間違いない」

 

Virgil van Dijk
「運では無く、相応しい結果。75分の失点に絶望感?率直に言って個人的には無かった。ああいう失点をしてしまったのは残念だけど、僕らはfantastischなリアクションをした。辛抱強くやり続け、穴を探し続け、もちろん全てが上手く行ったわけでは無いけれど、上手くプレッシャーをかけ続けて自分たちに報いた」
「全員が落ち着きを保ち続けつつ自分たちを駆り立てもすれば、自ずとチャンスは生まれる。最後は手に汗握ったし、多少ナーバスにもなったけれど、僕らは上手くリアクションして相応しい勝利を収めた」
「Noord-Ierlandの守備的なプレーは予想通り。それを果敢に突破しないといけないけど、前半の僕らはノロすぎた。HTにもっとテンポを上げないといけないといけないと話していたし、周りのことに気を取られてはいけないと言い合った。thuisで勝たないといけないのは分かるけれど、今日は難しい相手だったし、辛抱強くやり続けないと行けない。得点が決まらなければ別の展開はあり得ること。でも僕らは諦めないし、このサイクルでは3puntenが重要。今日の僕らはそれを得た」

 

Memphis Depay
「前半自分が孤立していたとは感じなかったけど、良いフィーリングで無かったのは確か。なかなか試合に入れなかった。相手が試合を作ろうと全くしなかったからね。失点は突然鼻に蓋をされて腹も立った。何かや誰かにではなく、この状況にね。でもそこから僕らは再びteamspiritを見せた。僕は何度も行ってきたし、今日僕らは再びそれを見せたけど、このOranjeは決して諦めない」
「Luukがスーパーに重要なゴールを決められて、彼のために僕もスーパーに嬉しいよ」

 

Luuk de Jong
「ああ、0-1の得点が入った時点で自分が入れるとすぐ分かった。Oranjeでも自分の役割は分かっているからね。僕はビハインドを背負ってようやく入ることが多いけど、チームのために常に全力を尽くすし、与えられた時間の中でなるべく価値ある存在になろうとしている。今夜それができて嬉しいよ」
「2-1のシーンは左サイドからのクロスにボールがtweede paalに飛んでくるのに賭けてそこへ動いた。ボールに何とか触れたけど、そのままバーの上に飛んでしまうと最初思ったんだ。幸運にもボールが落ちてきてまだ最後の一押しができた。ああ、最高の気分だよ。もう一度言うけど、僕はOranjeでの自分の役割は分かっているし、チームをこうして助けることができたのは素晴らしい事」

 

続きを読む