Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

ELベスト32第1試合: ajaxがノーチャンスで完敗

Europa League: knock-outfase


donderdag 20 februari 2020
18:55 Getafe CF - ajax 2-0
37' Deyverson 1-0 / 90+3' Kenedy 2-0

 

前半雑なプレーでシュート0のajax. 守備も低調で度々相手に決定機を与えると、前半終盤にvrij trapから綺麗に崩されて1-0. さらに得点直後にuitvakからライターが投げ込まれてDeyversonに命中。後半もajaxはシュート1本に留まって1つのチャンスも作れず、Babelは相手の芝居を真似るコメディ以外悲劇的プレーに終始し、結局blessuretijdにinvaller Schuursのミスで2-0となって終了。


21:00 AZ - LASK Linz 1-1
25' Marko Raguz 0-1 / 86' Teun Koopmeipers 1-1 (str.)

 

怪我人続きでcentrale verdedigerはLeeuwinだけになったAZはKoopmeipersをachterinで起用。middenveldはMidtsjøが出場停止でStengsとbasisdebuutのEvjenを並べてClasieを6番起用。De Witがrechtsbuitenに。

 

開始1分でロングボールに抜け出したBoaduをLASKのverdedigerが倒してあっという間にpenalty判定も、VARの介入で16m外のvrije trapに。AZはボールを持つも相手のプレッシャーに苦しみ、プレッシャーが収まっても探り探りのプレーが続いたが、A試合に入り始めた時間帯にLASKのロングスローがStengsの頭を経て大外でフリーの選手に届き、シュートがLeeuwinに当たって失点。その後も総入れ替えのmiddenveldがほとんどボールを回せずに苦しい展開。

 

HT明けにSvenssonのクロスにBoaduがニアに走り込んでベストチャンスがったが相手keeperがセーブされ、後半もAZがvoetbalにならずに時間が経過。残り20分でEvjenに代えてSugawaraをrechtsbuitenに投入でDe Witをmiddenveldに戻すとようやくチャンスを作り始め、残り10分を切ってvrije trapからこぼれ球をゴール前至近距離でDe Witが決め損ねたが、そのシーンでVARが介入してLASKのhandsbalでAZにpenaltyが与えられると例のごとくKoopmeipersが決めて引き分け。

 

AZは依然低調ながらかろうじてthuisで引き分け。

 

Arne Slot
「失点は特にLeeuwinのミスだと思う。相手をあれだけ離してはならない。彼は何とかボールをブロックしようとしたが、そこから決まってしまった。我々が次第にチャンスを作れそうになってきたと感じていた所だったから、あの失点はとても残念」
「我々は時にリスクを冒しすぎている。すぐにチャンスを作ろうと欲する選手たちがとても多いのが素晴らしい事だと思うが、時速180kmでは走れないことも自覚しないといけない。Calvinはfantastischなパスを出せる選手だし、これまで何度もMyronを抜け出させてきたが、今日は多くのボールで『もっと落ち着いて、もっとシンプルに』と思わせた。彼は私が『あまり無理にやろうとしすぎるな』とたくさん話している選手だが、それが彼の強みでもある。彼は決して隠れず、何度もボールを要求し続ける」
「風の影響はあっただろうが、我々はajax戦後には風について嘆くことはできなかっただろう。あの試合を風のせいで我々が勝ったと思っている人々は多いが、クリエイティヴな選手にとってはあまり望ましい事では無い」


Teun Koopmeiners
「出だしは良かったけど、そこからロングスローで視点s知恵閉まった。あれは本当に痛かったし、とても残念」
「本当にタフな試合だった。ポジティヴなのはまだ同点にできたこと。でもこれで勝ち進むには2点必要だし、僕らはもっと得点を決めようとしないといけない。それが僕らの最優先事項になる」

 

Marco Bizo
「このploeg相手に自分たちのプレーをするのは本当に難しかったけど、それは本当に風が強かったせいもある」
「すぐにロングボールを蹴るのは戦術で約束してあった」

第23節: AZがbeker敗退に続いて完敗。PSVが9試合ぶりuit勝利。VVVが年明け2勝目でPECが16位に

Speelronde 23


Vrijdag 14 februari
20:00 VVV-Venlo - Heracles Almelo 1-0
21' Danny Post 1-0

 

VVVはDe Koningが戻り、Sinclairに代えてYeboahがlinksbuiten. 先週Fortunaに勝利のHeraclesは入れ替え無し。

 

お互いにゴールが遠い展開ながら、20分過ぎにVVVの攻撃から怠慢なHeraclesがボールをクリアできずに16m内でキープされると、PostのシュートがPröpperの足に当たって1-0. 直後にも抜け出したDarfalouが枠を外してベストチャンスを逃したが、一気にVVVが優勢に立ち、Heraclesは全くチャンスを作れず。HT直前にはDarfalouが16m内で足を掛けられて倒れたがOostromは吹かずに折り返し。

 

後半もHeraclesのプレーに全く精彩が無く時間が進み、65分過ぎにYeboahのクロスからDarfalouに決定機もバーの上に。終盤HeraclesがMauro JuniorのドリブルからようやくDessersにシュートチャンスも枠を外し、残り10分でYeboahが16m内でPröpperと接触して倒れると今度はOostromが簡単にpenaltyを与えるも、VAR Van de Graafが介入してノーファールで取り消し。6分間のblessuretijd最後にDessersのシュートがKirschbaumの手に収まって1-0で終了。

 

VVVは年明け2勝目で17位 ADOを暫定7pt差に引き離す大きな勝利。Heraclesは年明け5試合で4敗目。

 

Zaterdag 15 februari
18:30 FC Twente - AZ 2-0
25' Giorgi Aburjania 1-0 / 30' Queensy Menig 2-0

 

前節Emmenに完敗のFC Twenteはselectie外が続いていたBramaがbankに復帰。Schenkを外してvoorinにMenigを加えて4-3-3に。bekertoernooiで敗退したAZはWijndalが戻り、MidstjøがschorsingでClasieがmiddenveldに入ってLeeuwinがcentrale verdediger.

 

出だしLangにチャンスも角度の無い所からバーを直撃。AZは圧倒的にボールを持つもvoorinになかなか良いボールを運べずローテンポな展開から、Aburjaniaが見事なvrij trapで先制。さらに非常に低調なKoopmeinersのミスからボールを奪ったMenigがフィニッシュも決めて2-0. AZはさらにWuytensがhamstringを痛めてSugawara投入とトラブルに陥り、一方で目に見えて自信が戻ったTwenteは楽々とvoetbalをして競り合いでも優り、明らかに優勢に。40分過ぎにはLangのあわや3-0のシュートをBizotが何とかセーブも、AZは前半シュート0, 相手16m内でたった1度しかボールに触れず。

 

AZはHTに負傷したIdrissiに代えてDruijfを投入したが、後半開始10秒でMenigに決定機もBizotがセーブ、直後にもhoekschopからPleguezueloの決定的ヘディングもBizotが何とか防ぐという出だし。その後も全く精彩を欠くAZに対してTwenteが度々チャンスを雑なフィニッシュで決められず。60分過ぎにDe WitのヘディングでようやくAZが初シュートもDrommelがセーブ。70分にTwenteがvrij trapからネットを揺らしたがbuitenspelで認められず。終盤AZが押し込もうとしたが、結局1つのチャンスも作れずにそのままTwenteが快勝。

 

FC TwenteはMenigの活躍も光り、16位 PECに暫定5pts差と残留争いから一歩抜け出す。AZはMidstjøの不在を差し引いても完全なoffdayでvoorinがシュート0本という悲劇的内容で完敗。

 

Joël Drommel
「supportersが僕らを支え、WoutとSander両方に歌い続けたのは素晴らしい事だと思う・Woutが途中出場できたら素晴らしかったけどね。Sanderとは話をしたけど、それは僕らの中だけに留めておく。とにかく今日の試合は普通じゃ無い。今週起きた事はみんな知っているけど、僕らは今シーズンベストの試合をした」

 

Arne Slot
「今日はダントツで我々の今シーズン最低の試合だった。水曜も良くなかったが、時にまだAZ-voetbalが見えた。今日はそれが全く見えなかった。どんなploegも、Liverpoolを唯一の例外としてシーズン中に不調な時期があるもの。しかしそれならその時期をなるべく短くしなければいけない。FC Twenteはそういう難しい時期からどう戦って抜け出るべきかという良いお手本をくれた」
「ナーバスになるかって?ああ、私はいつもナーバスだよ。水曜も低調だったし、今日のように酷ければtrainerとしてナーバスになるあらゆる理由がある。今日のFC Twenteをfanatiekだと思うなら、選手たちにニュースがある。LASKはもっとずっとfanatiekだ。だから木曜は今日とは全く違うふうに試合に入らなければならないだろう」

 

Teun Koopmeiners
「全くのoffday. とても雑で僕のミスで失点した。糞ったれだ。beker敗退ももちろんもの凄い失望だったけど、僕らはハードワークしている。1週間酷いは時にあるけど、重大な穴にはまっていると考えないようにすべき。今日は思うように行かなかったけれど、僕らはまだとても良い調子」

 

Marco Bizot
「上手く行っていない。もしかしたら何かしら修正して変えるべき時かも。でも僕にはその答えが無い。僕らはコーナーに追い詰められてこれ以上無い痛い一撃を喰らい、たった1週間でとても多くを無駄にしてしまった。本当に残念。みんなでずっとハードワークしてきたのに、こうしてそれを無駄にしてしまうのは理解できない」

 

19:45 ADO Den Haag - PSV 0-3
17' Sam Lammers 0-1 (str.) / 70' Ryan Thomas 0-2 / 83' Cody Gakpo 0-3

 

ADOはImmersとNecidに代えてDuffyとBogleがbasisdebuut. 前節Willem IIに快勝したPSVは入れ替え無しでThomasの10番システム。

 

15分にVan Boekelが見逃したDe BockのhandsbalでVAR Kooijが介入してPSVにpenaltyでLammersのstrafschopをKoopmansが惜しくも止められず0-1. これで運良く主導権を得たPSVが何度もチャンスを作るが、PSVからレンタルされているKoopmansが好セーブを連発して立ちはだかり、1点差で時間が経過。前半終盤にはDe BockのミドルシュートPSVのゴールを襲ったが、こちらもUnnerstallが好セーブ。

 

後半出だしにもBogleのシュートをUnnerstallが防ぎ、その後もPSVの度重なるシュートをKoopmansが悉くセーブ。しかし残り20分からThomasの2試合連続ゴールとGakpoのゴールで勝負あり。

 

ADOは今週も悲劇的内容で4試合勝利無しの2連敗。PSVはuitで9試合ぶりの勝利。2試合連続3得点無失点で2連勝と上がり調子に。

 

Alan Pardew
「今日はベストのチームが勝った。我々にとってはとても難しい相手だった。スタートはokéだったが、handsbalによるpenaltyが痛かった。我々のようにcompetitieの底にいるチームにとty手はああいう判定は苦しい」
「我々はの将来はこれからの11試合で決まるだろう」

 

20:45 Fortuna Sittard - FC Emmen 0-0
Rood: 90+5' Ninaj (2xGeel)

 

2pt差の15位対12位。FortunaはCoxがschorsingでRotaがbasisdebuut. SmeetsとDamascanが戻ってCarbonellとSambouがbankに。uitで未勝利のFC Emmenは平日のTwente戦から入れ替え無し。

 

Emmenが良いスタートを見せて開始早々にBurnetがゴール前フリーの大チャンスでポスト直撃。Fortunaも次第に試合に入り、Diemersのミドルシュートがバーを直撃。後半は酷いピッチ状況でお互いvoetbalに苦しみ、次第に低調になってそのまま引き分け。

 

FC Emmenはuitで29試合目にして初の無失点。

 

Zondag 16 februari

12:15 Vitesse - sc Heerenveen 4-2
10' Bryan Linssen 1-0 / 16' Tim Matavz 2-0 / 29' Rodny Kongolo 2-1 / 34' Chidera Ejuke 2-2 / 56' Bryan Linssen 3-2 / 66' Oussama Tannane 4-2 (str.)

 

敗退のVitesseはLelieveldに代えてDasaがrechtsback. 同じくbeker敗退のsc Heerenveenは入れ替え無し。

 

Van BergenからHeerenveenに最初のチャンスもVitesseが主導権を取って攻勢をかけるとDasaのパスにDresevicが目測を誤り、そこからLinssenがポスト内側を叩いてネットを揺らすシュートで先制。直後にBeroもゴール前フリーでヘディングはバーの上に外したが、久々にVitesseが良いvoetbalから楽々とチャンスを作る展開。15分過ぎにはMatavzがslimな体の使い方でDresevicをかわしてセンターライン付近から抜け出し、そのままフィニッシュを決めて2-0. その後もVitesseに数回チャンスが続く圧倒的な展開だったが、30分直前にVeermanのクロスからKongoloの頭で2-1とすると、さらにEjukeが簡単に抜け出してあまりに簡単に同点に。その後は一転してHeerenveenが優勢になり、逆転のチャンスもあったが、VitesseもHT直前にチャンスを作って同点のまま折り返し。

 

後半はほぼ五分五分の展開からTannaneのsteekpassにLinssenが抜け出して3-2. さらにinvaller WoudenbergがDickoを倒してVAR Van der Laanの介入でpenaltyを取られて4-2で勝負あり。終盤はVitesseが自信を取り戻し、安定したコントロールでチャンスを与えずに終了。

 

Vitesseは無駄な2失点以外は久々にほぼ問題の無い試合運びで4試合ぶりの勝利。Heerenveenは7試合未勝利。

 

Edward Sturing
「ホッとはしていない。それほどびくびくしていた訳ではないからね。しかしもちろん何としても勝ちたい気持ちはあったよ」
「スタートを見ればこのチームにどれだけのクオリティがあり、どれだけ上手くvoetbalができるかが分かる。しかしHT前最後の15分間の落ち込みを見れば。とても脆い」
「Europaへの直接枠までは私は見ていない。たった1勝した後に世界にstormを起こすとは言うべきでは無い。我々がここで負けていたら、全く違う状況だったし、おそらくまたcrisisという言葉が出ていただろう」

 

14:30 ajax - RKC Waalwijk 3-0
13' 1-0 / 53' 2-0 / 90' 3-0

 

14:30 Sparta Rotterdam - FC Groningen 1-2
22' Joel Asoro 0-1 / 32' Ramon Pascal Lundqvist 0-2 / 49' Mohamed Rayhi 1-2 (str.)

 

SpartaはSmeetsが怪我からbasisに復帰。FC GroningenはRedanが初のbasis入りでAsoroとHrustićが両サイド。

 

10分にHrustićのvrij trapをHarushが好セーブ。SpartaはAuassarが負傷してAbelsと交代のトラブルの数分後にゴール前の競り合いでTe Wierikがファールを犯してpenaltyを得たが、RayhiがPadtに止められてまた失敗。すると20分過ぎにLundqvistの絶妙のパスに飛び出したAsoroが難しい角度から見事なフィニッシュで先制。そのままGroningenが優勢に立つと、30分過ぎにLundqvistが決めて0-2. その後はGroningenが全く問題無くコントロール。blessuretijdにはRigoとVriendsが頭同士で激しく衝突し、Rigoがカートで運ばれてピッチを後に。

 

後半出だしに16m内でボールをキープしたHarrouiが倒れるとVan der Eijkが再び簡単にpenaltyを与え、Rayhiが今度は決めて1-2. cadeautjeを貰ったSpartaは後半激しさを出して試合に入り、お互いにチャンスの無い拮抗した展開に。GroningenはWarmerdamの怪我に続いて終盤 Hrustićも膝を酷く痛めて交代し、Vriendsが16m内で明らかに腕でボールをコントロールするも笛は鳴らず、Groningenがまだも判定に苦しめられたが最後までコントロールし、お互いに怪我人を出し、微妙なpenaltyと議論の余地がある判定が多く続いた試合はそのまま終了。

 

FC Groningenは6試合ぶりのuit勝利。

 

Mike te Wierik
「最初のpenaltyは僕の足がFortesの足に偶然引っかかった。scheidsに『これは与えてもしょうがない』と行ったよ。でもあれでgele kaartも出さなければならないのは理解できない。本当に意味が全く分からない。これで僕は来週schorsing. 全くどうしようも無い。得点の可能性があるチャンスだったから?いや、これは得点の可能性があるチャンスでは無いよ。彼はボールを持っていなかったんだからね。gele kaartは悲しい」
「2つ目のpenaltyも悲しい判定。ぁれはまるで僕が彼の足を折った蚊のように』倒れた。でも僕には何もできない状況。100%penaltyとVARが言った。ああ、素晴らしい話だ。でも彼らはどこを見たんだ?」

 

Danny Buijs
「私が悪い言葉を使ったなら、処分はprimaだと思うよ。しかし今日ではこの人々に対してもう何も言えなくなっている。これが新しいルールで、もう何も言えないというのならそれで明確だ。しかし彼らは間違った判定を7,8回し、その全てが我々に不利に働いたなら、1度くらい何か言われても受け入れなければならないということも理解すべき。だがいい。彼らは今日数回ミスをし、我々もいくつかミスをした」
「ここで勝ったなら喜ぶべき、ここで勝っているのはajaxとFC Utrechtだけだからね。我々は特にmiddenveldで若い選手たちを起用して、良いvoetbalもした。選手たちはとても多くの事をしっかりやっている。時に押されるのも蚊m割らない。もっとチャンスを作らなければいけないと愚痴を言われてばかりだが、我々は15試合連続1失点以内という記録に並んだ」

 

16:45 PEC Zwolle - Feyenoord 3-4
5' Lennart Thy 1-0 (str.) / 11' Mike van Duinen 2-0 / 38' Leroy Fer 2-1 / 51' Steven Berghuis 2-2 / 59' Lennart Thy 3-2 / 65' Steven Berghuis 3-3 / 88’ Róbert Boženík 3-4

 

beker明けのFeyenoordはÖzyakupとJørgensenがフィットせず、Larssonを加えてSinisterraがspitsに。

 

PECが出だし攻勢をかけると、Toornstraのボールロストからスライディングに行ったSenesiの支え手にボールが当たってのpenaltyで早々に1-0. さらにMalaciaのボールロストから最後はVan DuinenのミドルシュートがIéに当たって10分で2-0に。その後もFeyenoordが試合に入れず、競り合いで激しさを見せるPECはHamerがMalaciaを圧倒してあわや3-0のチャンスも。Feyenoordがボールを持つも人の足りないゴール前に精度の低いクロスを上げるだけの攻撃が続いていたが、40分手前にBerghuisのクロスにFerが飛び込んでこの試合最初のチャンスを決めて2-1. さらにBerghuisが強烈なミドルシュートで狙うもZettererがセーブ。HT直前にはSinisterraがZettererと衝突して膝を負傷し交代に。

 

FeyenoordはHTにSinisterra & Geertruidaに代えてBozenik & Karsdorpを投入。突然降り出した激しい雨の中でFeyenoordが生き返ったようにハイテンポに攻め立て、Bozenikに最初の大チャンスはZettererにセーブされたが、Berghuisがfantastischなミドルシュートを決めて同点。その後もFeyenoordが押し続けたが、Thyがクロスを上手くコントロールしての反転シュートで3-2. リスクを冒して攻めるFeyenoordは再びBerghuisが今度は中央からミドルシュートを右隅に決めて3-3と再び同点。その後は後半は雑なPECに対してFeyenoordがボールを持つもBozenikが機能せずに攻めあぐねていたが、残り数分でKökcüのパスを受けたBozenikのシュートがVan Polenを足に当たり、Zettererの頭上を超えてネットを揺らして決勝点。

 

PECは17位 ADOと5pt差のまま、VVVに2pt上回られて16位。Feyenoordはこの7試合でわずか1勝という苦手のPEC-uitで今回も悲劇的スタートから見事に立ち直って勝利、3位を守った上に2位 AZと4pt差に。AdvocaatはErnst Happel以来の就任から11試合無敗。


16:45 Willem II - FC Utrecht 1-1
4' Jean-Christophe Bahebeck 0-1 / 90+1' Paul Gladon 1-1

 

Willem IIはLlonchが負傷欠場でNieuwkoopをmiddenveldで起用。Heerkensも怪我でDankerluiとNelomのbacks. FC UtrechtはEmanuelsonを再びcentrale verdediger起用で、Guwaraがbasisに復帰。

 

Stoom直撃のTilburgでのsubtopper直接対決はUtrechtが激しいスタートを見せると、Klaiberでの初チャンスの後、カウンターからKerkのアシストをBahebeckが決めて早々に先制。そのままUtrechtが圧倒してさらにPetersonらにもチャンスがあったがWellenreutherが好セーブで凌ぎ続けると次第にWillem IIも試合に入り始め、NieuwkoopのヘディングはZoetがセーブ、さらにPavlidisがフリーでヘディングも枠外に。

 

後半もWillem IIの攻勢が続き、UtrechtもRamselaarが狙ったがまたもWellenreutherの壁。激しい雨と風の中でWillem IIがalles of nietsでトライし続けると、blessuretijdにPavlidisのシュートのリバウンドからinvaller Gladonが決めて引き分け。

 

Willem IIはPSVに1pt上回られて5位に。FC UtrechtはFC Groningenと35ptで並んでdoelsaldoで7位。

 

John van den Brom
「酷いstoomは既に去ったが、最後のシーンでまだフラストレーションが残っている。スクリーンにVAR-checkと消磁されたが、何も起きなかった。本当に残念。目と鼻の先で勝利を台無しにされた」

 

Siemen Mulder
「(NdayishimiyeがGustafsonへのファールでボールを奪った後)ボールはまず横へ、そして後ろに戻っている。これはdirecte aanvalでは無く、nieuwe aanval. だからVARは見返せない」

 

Stand (voorlopig)
1 Ajax 22 (17 2 3) 65-19 +46 53pt
2 AZ 22 (15 2 5) 46-17 +29 47pt
3 Feyenoord 22 (12 7 3) 45-33 +12 43pt
4 PSV 23 (12 6 5) 50-26 +24 42pt
5 Willem II 23 (12 5 6) 32-27 +5 41pt
6 Vitesse 23 (11 5 7) 40-29 +11 38pt
7 FC Utrecht 22 (10 5 7) 42-30 +12 35pt
8 FC Groningen 23 (10 5 8) 26-21 +5 35pt
9 Heracles Almelo 23 (8 5 10) 35-32 +3 29pt
10 SC Heerenveen 23 (7 8 8) 35-34 +1 29pt
11 Sparta Rotterdam 23 (7 6 10) 34-39 -5 27pt
12 FC Twente 23 (7 6 10) 31-40 -9 27pt
13 FC Emmen 23 (7 5 11) 24-38 -14 26pt
14 Fortuna Sittard 23 (6 6 11) 27-49 -22 24pt
15 VVV-Venlo 23 (7 3 13) 23-48 -25 24pt
16 PEC Zwolle 23 (6 4 13) 32-49 -17 22pt
17 ADO Den Haag 23 (4 5 14) 23-48 -25 17pt
18 RKC Waalwijk 23 (3 3 17) 23-54 -31 12pt


Topscorers
1. Cyriel Dessers (Heracles Almelo) 14 (1)
Bryan Linssen (Vitesse) 14 (0)
3. Steven Berghuis (Feyenoord) 13 (5)
Myron Boadu (AZ) 13 (0)
5. Oussama Idrissi (AZ) 12 (0)
6. Donyell Malen (PSV) 11 (2)
Quincy Promes (Ajax) 11 (0)
8. Tim Matavž (Vitesse) 10 (1)
Evangelos Pavlidis (Willem II) 10 (1)
10. Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 9 (0)
Dušan Tadić (Ajax) 9 (3)
Haris Vučkić (FC Twente) 9 (0)


Assists
1. Dušan Tadić (Ajax) 14
2. Hakim Ziyech (Ajax) 13
3. Steven Bergwijn (PSV) 10
4. Steven Berghuis (Feyenoord) 7
Abdou Harroui (Sparta Rotterdam) 7
Calvin Stengs (AZ) 7
7. Myron Boadu (AZ) 6
Cody Gakpo (PSV) 6
Gustavo Hamer (PEC Zwolle) 6
Gyrano Kerk (FC Utrecht) 6
Bryan Smeets (Sparta Rotterdam) 6
Owen Wijndal (AZ) 6

激しいストームのZwolleでのスペクタクルをBoženíkが締めくくり (第23節: PEC-uit)

激しいストームのZwolleでのスペクタクルをBoženíkにが締めくくり (第23節: PEC-uit)
Feyenoordは日曜にスペクタクルな方法によってZwolleで火の中から3ptを拾った。激しいストームの90分の後にscorebordにはeindstand 3-4が表示されていた。Robert BozeníkがFeyenoordでの初の公式ゴールによってmatchwinnerに。Luis Sinisterraの負傷交代が喜びに染みを残し、怪我の深刻度は月曜に検査される。

 

事前のDick Advocaatの警告の言葉にも関わらずmFeyenoordはこの数年から何も学んでいなかったようだ。PEC Zwolleとの過去7回のuitduelsで5敗しているが、最初の15分間を終えてそれがまた繰り返されるようにしか見えなかった。その時点でstandはthuisploegがLennart Thyのstrafschop (Marcos Senesiのhands)とMike van Duinenの方向の変わったシュートで2-0リードに。

 

こうしてFeyenoordの弱々しいスタートは厳しく罰せられ、ploegは激しい壁とスリッピーナkunstgrasという過酷な環境のもとで追いかけなければならない状況に。前半が進むにつれてploegが徐々にコントロールを増した後、HT6分前のLeroy Ferの得点が良い方向への第一歩だった。

 

Feyenoordは後半も良い流れを継続し、Steven Berghuisの素晴らしい同点ゴール(遠目からの強烈なシュートでkeeperを破る)で逆転は時間の問題と思われた。しかしそのとおりには行かず、PEC Zwolleが何も無い所から再び得点。thuisploegは2-0の後はJustin Bijlowにほとんど近づいていなかったが、60分に再びThyから得点して3-2.

 

チームは頭を下げる事無く再び袖を巻き直し、間を置かずに再び同点に。Uitblinker Berghuisが対角線のシュートで3-3とし、今のFeyenoordの粘り強さを再び示した。

 

時計がさらにほぼ30分進み、戦い疲れたthuisploegに対してFeyenoordが勝利を目指して一か八かの勝負に出ると、その戦いぶりが報われる。負傷のSinisterraに代わって入ったInvaller BozeníkのシュートがPEC-verdedigerを経てネットを揺らし、rood-witでの自信初ゴールを半狂乱になって祝った。シャツを抜いてgele kaartを受けたが、Rotterdamse kamでそれを咎める者は誰もおらず。

 

このSlowaakのシュートによって彼のnieuwe clubはEredivisie6連勝。3位を再び手にし、2位 AZとの差を4ptに縮めた事で、この勝利は共に旅してきたsupportersと共に熱狂的に祝われた。

 

来週末は土曜日にDe KuipにFortuna Sittardを迎え、もちろん新たな勝利を狙う。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/spektakelstuk-met-slowaaks-slot-in-stormachtig-zwolle-160220

 

PEC Zwolle - Feyenoord 3-4
scoreverloop:
5' Lennart Thy 1-0 (str.)
11' Mike van Duinen 2-0
38' Leroy Fer 2-1
51' Steven Berghuis 2-2
59' Lennart Thy 3-2
65' Steven Berghuis 3-3
88’ Róbert Boženík 3-4

 

Scheidsrechter: Serdar Gözübüyük
Gele kaarten: Toornstra, Hamer

 

Opstellingen:
PEC Zwolle: Zetterer; Hamer, Van Polen, Kersten (82' Johnsen), Lam, Paal; Strieder (90' Koorman), Nakayama, Clement; Thy en Van Duinen.
Feyenoord: Bijlow; Geertruida (46' Karsdorp), Ié, Senesi, Malacia; Fer, Toornstra, Kökcü; Berghuis, Sinisterra (46' Bozenik), Larsson

 

https://matchcenter.feyenoord.nl/pec-zwolle-feyenoord-2019-2020

 

Dick Advocaat
「免れたとは思っていない。我々は最初の15分間非常に悪いスタートだった。この天気だし、そのことは前もって警告していたんだ。彼らは度々ロングボールでopportunistischにプレーしてきて、それにリアクションしなければいけないのに我々はそれをしなかった。それで2-0ビハインド。その時点からは我々は試合を支配してコントロールしていたが、本当の大きなチャンスは作れなかった」
「彼らがシュート2本で2-0リードしたのは我々のシャープさが足りなかったから。その後はまずまず試合をコントロールし、彼らはまだ3点目を決めたが、それもまた何も無い所から。これを無くさないといけない。しかし我々の追いつき方、良いパスとpositiespelを見れば、とても良かったと思う」
「『Robertが絶対に決める』と我々はbankで行っていたんだ。それを期待していたし、彼はそれをしてくれた。gouden wissel? elftal全体でやったことだし、選手たちは最後まで決勝点を決めるために戦い続けた。すでに数回良いミドルシュートを蹴っていたしね。もちろん彼が決勝点を決めたのは彼自身にとって素晴らしいことだし、チームにとっても素晴らしいこと。ranglijstを見ればこれは重大な試合だったからね」
https://www.fr12.nl/nieuws/53365-advocaat-ik-vond-het-geen-ontsnapping.html

 

Steven Berghuis
「楽しんだよ。もちろんできたらなるべく苦労したくないけど、でもuitwedstrijdで4得点。僕らは粘り強さを示した。これは尋常じゃ無い。ビハインドを背負ったら粘り強さを見せなければいけないし、メンタリティがこのploegにはある。それは見えただろう」
「2-0にされれば追いつくのは難しい。それは前もって分かること。僕らはボールを持った時が酷かったと思う。オープンにして正しい選択をする時間は何度もあったのに、そこで僕らは雑だった。彼らは2点目にちょっと風の運もあったけど、そこからHT前に2-1にできてラッキーだった。おかげでまだ十分可能性を残せたから、あれは大きかった」
「特に結果が出ているからチーム内に自信が出ている。僕らには間違いなくクオリティもあるし、良いゴールを決めている。Robertmも途中出場で良かったと思う。彼はいつもボールを受けられるし、ボールを追ってploegにエネルギーをもたらしてくれた。彼が3-4のゴールを決められたのは嬉しいこと」
「FeyenoordでのEredivisie50ゴールは間違いなく誇りに思う。こういうgrote clubで何円感も重要な役割をし、毎日のハードワークがこうして数字になっているのは誇りに思う。でもまだやり遂げてはいないよ。間違い無くね」
https://www.fr12.nl/nieuws/53364-mijlpaal-voor-berghuis-maar-ik-ben-nog-niet-klaar.html

 

Robert Bozeník
「とても嬉しい。この試合は大変だったけど、僕らはとてもハードワークして勝った。僕らにとって重要な勝利」
「trainerから何をすべきか指示を受けていた。ハードワークして彼らのdefensieの背後と突けとね。さらに自分で得点もできた。ちょっと幸運だったけど、それは重要じゃ無い。最も重要なのは僕らが勝ったということ」
「ここに来た時から家のように感じている。チームメイト、スタッフ、clubのみんなとても親切。みんな僕を助けて居心地良く感じさせようとしてくれている。僕はvoetbalに集中しているよ。僕も僕の家族もここでとてもハッピーだ」
https://www.fr12.nl/nieuws/53367-bozenik-met-wat-geluk-maar-dat-is-niet-belangrijk.html

 

Leroy Fer
「タフな試合だった。もちろんCarloのことは影響している。まだ3日前だからね。対処するのが難しい状況だったのは確かだけど、僕らはそれを上手くやった」
「僕らは良いプレーでは無かった。多すぎるボールロストに苦しみ、Zwolleはスピードのあるvoorinの選手たちでスペースを上手く使っていた。あれだけ早くビハインドを背負ったのは自分たちのせい。でも3pt取るためにみんなもの凄くハードワークした」
「前半最後に足首にちょっと問題が出たけど、また良くなった。大したことは無いよ」
https://www.fr12.nl/nieuws/53366-fer-we-hebben-een-zware-week-gehad.html

 

続きを読む

KNVB beker kwartfinales: NACがPSVに続いてAZも撃破!

Kwartfinales


woensdag 12 febuari
18.30 AZ - NAC Breda 1-3
35' Mounir El Allouchi 0-1 / 60' Robin Schouten 0-2 / 65' Oussama Idrissi 1-2 / 86' Javier Noblejas 1-3

 

AZはVlaarを休ませてClasie, Wijndalが怪我でOuwejanを起用。Hyballaが新trainerに就任したばかりのNACはIlichが負傷欠場でVan der Gaagが代役。Stokkersをdiepe spits起用の5-4-1.

 

クオリティで優るAZが優勢も、NACも受けに回らずに果敢にプレッシャーをかけ、ボールを持った時もボールの前に人数を掛けてvoetbalをし、ハイテンポな試合に。AZはBoaduが抜け出すも枠外に。NACも30分直前カウンターからSchoutenにベストチャンスもゴール前フリーで枠を外したが、数分後に再三オーバーラップを繰り返していたSchoutenが最終ライン際から戻したボールを後方から走り込んだEl Allouchiが決めて先制。AZはNACに多くのスペースを与え、voetbalもやや低調ながら多くのチャンスを作ったがOlijの好セーブに阻まれて得点できずに折り返し。

 

後半出だしにもhoekschopからStokkersに大チャンスも決められず。その後AZに数回チャンスがあったが、60分に再びSchoutenがカウンターで持ち上がると、そのまま見事なフィニッシュを決めて0-2. 苦しくなったAZはIdrissiの25mの距離からのスーパーゴールで1-2として試合に戻ると、De Witに代えてSugawara, さらに終盤Ouwejanに代えてextra spitsとしてDruijf投入で勝負をかける。80分直前にはNACのvrij trapからAZがゴール前で混乱に陥り、Verschuerenががら空きのゴールへ狙ったがSvenssonがかろうじてクリア。AZもSugawaraのtweede paalへのふんわりクロスがOlijの手を超えてそのままゴールに吸い込まれるかと思われたがポスト直撃。残り10分を切ってAZはSvenssonも下げてAboukhlal投入で2-3-5としたが、NACのカウンターからinvaller Noblejasが16m内でClasieとWuytensを見事なslalomでかわして1-3として勝負あり。

 

NACはOlij, AZ jeugd出身のSchouten, Van Heckeら若手が素晴らしい試合をして前ラウンドのPSV戦に続いて相応しい内容での勝利。下位リーグのclubが1大会で3 Eredivisiecliubsを破ったのは1992-93シーズンのsc Heerenveen以来。NACのベスト4進出は2009年にkampioenseizonのAZをKwartfinalesで1-2破って以来。

 

Arne Slot
「kleedkamerはしばらく静まりかえっていた。自分の感想は伝えた。我々は多くのチャンスを作ることはできているが、相手が出てきた時には全ての選手が最大限のスプリントで戻らなければならない。我々はそれをせず、その結果 我々のverdedigersはとても大きなスペースでプレーすることになった。これはWillem II戦でも起きていたこと。我々が楽しい攻撃をできるの分かるが、一方でやらなければいけない事もある。失点を伏せ不為にお互いに全力を尽くさなければならない。それをもっとずっと上手くやれる。さらに我々は攻撃の最後の局面でもっと効率性を上げないといけない」

 

Teun Koopmeiners
「守備が十分良くなかった。あまりに簡単に失点してしまった。3失点すれば、とても雑だったということ。多分コミュニケーションも欠けていた。僕らには十分チャンスがあったけれど、カウンターを受けた時にシャープさが足りなかった。1-3の失点はあり得ないもの。全てのprijsを戦いたいし、bekerfinaleをプレーするのがどれだけ素晴らしい事かは分かっている。グループとしてそれをしたかったけど、叶わなかった」

 

Robin Schouten
「とても良い気分。他に言いようが無い。EredivisieとKeuken Kampioen Divisieの差はいつもとても大きい訳では無いから、常にチャンスはある。もちろんAZとNACの差は大きいけれど、僕らは試合の最初から信じていた。KKDでは多少vechtvoetbalになる時があるけど、Eredivisie-club相手ならvoetbalをするスペースがもっと得られる。でもどうしてこれだけの事ができたのか、正確な所は僕にも分からない・・・ competitieでちょっと上手く行っていないけれど、僕らは正真正銘 cupfightersのお手本だ」
「0-2のゴールはStokkersにボールを出そうとしたけど、Clasieが付いていたんだ。だから『自分でやるしかない』と思った。最高だよ。僕はAZのjeugdでかなり長くプレーして、数年前に去った。僕はこの地域出身だし、実際ちょっとkind van AZだよ」


20.45 Vitesse - ajax 0-3
32' 0-1 / 76' 0-2 / 85' 0-3 (str.)
Rood: 83' Tim Matavz (2xGeel)

 

Vitesseは不調のBazoerを外してTannaneを10番起用、Dickoが右サイドに。

 

ajaxが多くボールを持つもVitesseもカウンターでチャンスを作る展開だったが、お互いGelredomの酷い芝で雑なボールロストを繰り返す低調な試合に。30分過ぎにVitesseが相手陣内深くでのスローインから逆にカウンターを決められて失点。後半もほとんど見るべきものが無いまま、低調なajaxがさらに低調なVitesseに勝利し、2-0直後のBlind復帰シーンが最大のハイライトに。

 

Edward Sturing
「予想していたその通りの試合展開になった。彼らが多くボールを持ってachterinにリスクを冒す。そこを我々は突かなければならなかったが、とてもナイーブに0-1の失点。彼らが2人の間を大きく広げてオープンになった。そうなれば彼らがそのスペースを上手く使えるのをまた見ることになる」

 

Bryan Linssen
「僕らはまずまずgripを得られたけど、それは大きなチャンスをたくさん得たという意味じゃ無い。でもajaxに勝つにはtopで無ければいけないし、僕らはtopでは無かった」

 

donderdag 13 febuari
18.30 Go Ahead Eagles - FC Utrecht 1-4
37' Simon Gustafson 0-1 / 45+1' Adam Maher 0-2 / 49' Jaroslav Navrátil 1-2 / 55' Jean Christophe Bahebeck 1-3 / 74' Kristoffer Peterson 1-4

 

FC UtrechtはEmanuelsonをcentrale verdediger起用。GuwalaとAbassを外してVan der MaarelとBahebeckを選択。

 

雨の中で熱狂的に試合に入ったGo Aheadが開始5分でいきなり2回のチャンスも、特にBanninkが大チャンスを決められず。その後はUtrechtがボールを持ってコントロールしつつ、時たまGo Aheadがカウンターで前に出そうとするも、お互いにほとんどチャンスの無い展開。しかし35分過ぎにGustafsonがKerkとの連携で16m内から決めて先制。さらにHT直前にもMaherのvrij trapが壁に当たって0-2.

 

2点ビハインドのGo Aheadが後半開始早々にEmanuelsonの中途半端なクリアからNavratilが決めて1-2として試合に戻ったように思われたが、数分後にカウンターからBahebeckで1-3. その後もGo Aheadが必死に前に出たが、終盤Petersonのシュートがポストを経てネットを揺らして勝負あり。

 

Jack de Gier
「最初2つの良いチャンスがあった。こういう試合に勝ちたければああいうシーンで得点しないといけない。その後ボールにプレッシャーを掛けられず、後ろに下がる時間帯になり、Utrechtのゴールを待つだけだった。HTにもう失うものは無いもないらか、ハイプレッシャーを掛けて試合を動かしに行こうと約束した。早々に得点できたが、すぐにまた失点してしまった。それでは難しくなる」
「我々は経験が豊かになり、夢は乏しくなった。素晴らしいbekertoernooi を過ごしたし、頭を上げて去る」

 

20.45 sc Heerenveen - Feyenoord 0-1
15’ Leroy Fer 0-1

 

sc Heerenveenは先週末のcompetitieから入れ替え無し。先週末competitieが中止となったFeyenoordはBotteghinがフィットせず、Iéがbasisで久々の出場。Kökcüが戻ってÖzyakupがbankに。

 

試合当日のCarlo de Leeuwの訃報に深いショックを受けたFeyenoordだが、高い集中力と闘志を持って試合に入り、出だしからHeerenveenを圧倒。15分にvrij trapからSenesiが折り返したボールをFerが頭で決めて先制。その後はFeyenoordがやや落ち着きながら試合をコントロールしていたが、Heerenveenも徐々に試合に入ると30分過ぎに攻勢からEjukeがGeertruidaをかわして決定的シュートもBijlowがスーパーセーブ。その後も雑になったFeyenoord相手にHeerenveenがハイテンポで攻め立てるも、自分たちも雑なプレーで決めきれずに折り返し。

 

後半に入るとFeyenoordが再び前にプレッシャーをかけて主導権を取ろうとし、逆にHeerenveenのカウンターからEjukeがIéをかわして決定機も1対1で再びBijlowがセーブ。競り合いで勝てないFeyenoordが再び劣勢の中、60分過ぎにカウンターからKökcüに大チャンスもこちらもBednarekがセーブ。残り15分でinvaller Espejordがバーを叩き、7分間のblessuretijdもFeyenoordが落ち着いて凌ぎ切って勝利。試合終了後はFeyenoordがstaf含めてuitvak前で全員でCarlo de Leeuwのspandoekを掲げてsupportersと共に勝利を捧げた。

 

Halve finales
FC Utrecht - ajax
Feyenoord - NAC Breda

De Leeuwにhalve finaleへのチケットを捧げる (KNVB beker: Heerenveen-uit)

Feyenoordは感情的な日にKNVB Beker toernooiのhalve finaleへ進出を決めた。materiaalman en oud-speler Carlo de Leeuwが亡くなったこの日に、チームはsc HeerenveenとのuitwedstrijdにLeroy Ferのゴールによって0-1で勝利。

 

「試合をしたいかと今朝 聞かれたら、我々は多分 "nee"と言っていただろう」と準備を始める前のselectieのフィーリングをassistent-trainer John de Wolfは語っていた。しかしhoofdcoach Dick Advocaatはそれに対し「我々はその問いを立てることは許されない、試合をしなければならないのだから」と付け足した。

 

Advocaatは「Carloのために」halve finaleに到達することがチームのモチベーションとなることを期待。そしてそのモチベーションが上手く出て、Feyenoordはエネルギッシュに試合に入った。thuisploegを自陣に押し込み、Feyenoordは数回チャンスを作る。

 

優勢さを現金に換えることができたのはLeroy Fer. Jens Toornstraのvrij trapをMarcos Senesiが頭で折り返し、Ferがヘディングで右隅に決め、まさにDe Leeuwを最も長く知る選手がgevierde manとなった。

 

Feyenoordはしかし前半終わりにはプレーが低調に成り、その後勝利を火中から拾うことになる。後半にはチームはリードを守るために全力を尽くすことに。数回好セーブを見せたkeepende Justin Bijlowの活躍にとってFerの唯一の得点が決勝点となった。

 

この0-1勝利でFeyenoordはKNVB Bekerのhalve finaleへ進出。次は再びthuiswedstrijdで行われ、NAC BredaがDe Kuipを訪れる。しかしより重要なのは、Feyenoordがチームとして勝利をCarlo de Leeuwに捧げられたということだ。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/ticket-naar-halve-finale-feyenoords-eerbetoon-aan-de-leeuw---130220

 

KNVB beker kwartfinale
donderdag 13 febuari
sc Heerenveen - Feyenoord 0-1
15’ Leroy Fer 0-1

 

Scheidsrechter: Dennis Higler
Gele kaarten: Senesi, Fer, Sinisterra

 

Opstellingen:
sc Heerenveen: Bednarek; Van Rhijn, Dresevic, Botman, Floranus; Veerman (67' Hajal), Faik, Kongolo; Ejuke, Odgaard (73' Espejord), Van Bergen (81' Halilovic)
Feyenoord: Bijlow; Geertruida, Ié (84' Van der Heijden), Senesi, Malacia; Fer, Kökcü (81' Larsson), Toornstra; Berghuis, Jørgensen (80' Özyakup), Sinisterra


https://matchcenter.feyenoord.nl/sc-heerenveen-feyenoord-2019-2020-knvb-beker

 

Dick Advocaat
「試合後私はすぐ室内に入った。選手たちが素晴らしい事をしたのは聞いたが、私はもう中に入っていたので、そういう良いことをもうできなかった・・・ 見返すこともしないよ。Berghuisは素晴らしい事を言っていた。この試合に負けるのは選択肢に無かったとね。そういうこと。この勝利は完全にCarloのためのもの」
「だから我々は飛ぶようなスタートを切り、最初の30分間 我々はとても良いvoetbalをしていたが、1点しか決めなかった。最後の15分間でHeerenveenが上手く戻り、彼らが優勢だったが本当の大チャンスは無かった。後半は絶対に勝とうとする2つのploegによるvoetbalgevechtだった。それが中立な人にとっては見ていてとても楽しい試合にしたし、どうなってもおかしくなかった。だが我々の方により上手く運び、試合に勝てたのだからもっと楽しい」
https://www.fr12.nl/nieuws/53331-advocaat-deze-overwinning-was-helemaal-voor-carlo.html
https://www.fr12.nl/nieuws/53331-advocaat-deze-overwinning-was-helemaal-voor-carlo.html

 

Jan-Arie van der Heijden
「今日はvoetbalは最重要じゃ無かった。僕らはここにCarloのために勝利を捧げるというただ1つの目的で来たんだ。それに成功した。どうやってかは関係無い。試合後の彼への追悼の方がもっと話題になるだろう。彼の家族のため、たとえ1%でも、僕らが悲しみを和らげることができたらと願っている」
「trainerはミーティング後にモチベーションを上げようと何しら言おうとして言葉にならなかったけれど、彼がそうやってモチベーションをもたらしたのははっきりしていた。試合前に僕らは全員で輪になって、Ferが言葉を発した。彼は喋れたよ。それがこの試合に勝つためのextra hulpになったと思う」
「kleedkamerは静かだったし、みんな感情的になっていた。Calroは本当にgouden gozerで、みんな彼が大好きだった。まだ実感が無いけれど、喪失感はとても大きい」
「特にkampioensjaarの試合後、HTにすでに3-0か4-0にしていた時には、Carloは『自分のschoenenを忘れてきたよ、持ってきてれば最後の30分間私も一緒にプレーできたのに』と言っていたんだ。そうすると僕らはいつも笑いを堪えられなかった。絶対に忘れられないシーンの1つ。みんな彼のことが大好きだったし、この勝利を彼に捧げることができて嬉しい」
https://www.fr12.nl/nieuws/53332-van-der-heijden-vandaag-was-voetbal-niet-het-belangrijkste.html

 

Steven Berghuis
「僕とCarloはとても良い絆を持っていた。2人ともクリエイティヴな左利きで、どちらも独自のやり方をもっている。実際彼とは初めての日からクリックしていた。Carloはeen echte. 回りくどくなく、真っ正直で、二重基準が無く、私心が無い。僕らはgroot mensをあまりにも早く失った」
「trainerのメッセージははっきりしていた。多くの言葉は必要無い。Leroyが試合前に離したのは彼が一番長く彼を知っているから。そのメッセージは1つだけ、負けは選択肢に無いということ。あの場で話すのは彼が快適だった。他の選手では絆が足りないということじゃないけど、あれで良かったと思う。彼がやるべきだった」
「試合後の追悼は本当に素晴らしかった。Feyenoordに関係していることを誇りに思う。これがFeyenoord. こういう苦しい時にお互いのために手を取り合えるclubだ。今日もあれだけ多くの人がHeerenveenにいてくれたのもユニークなこと。uitvakだけではなく、その隣にもいた。Feyenoorderであることを誇りに思うシーン」
https://www.fr12.nl/nieuws/53333-berghuis-dit-zijn-momenten-om-trotse-feyenoorder-te-zijn.html

 

Leroy Fer
「良い友人で、黄金のハートを持った人がもういない。だからこういう試合でvoetbalをするのは難しかったけど、Carloのためにも100%集中しないといけなかった。感情的な夜、でもこうして締めくくれて嬉しい」
「みんなCarloには良い言葉しか無い、彼は常にみんなのためにいてくれたからね。Stevenも僕がゴールを決めたからCarloが笑顔で僕らを見てくれるはずと言っていた」
https://www.fr12.nl/nieuws/53334-fer-ik-ben-blij-met-hoe-we-die-hebben-afgesloten.html

 

Justin Bijlow
「辛い夜だった。僕らはCarloという大きな存在を失った。彼はたの良いユーモアを持った特別な人だった。僕らは間違いなく彼がいないのを寂しく思うだろう」
「僕はいつもやっているこをやった。実際試合後になって感情がちょっと出てきた。それまではなるべく集中力を保とうとしていたんだ」
「自分にとって平和な夜で無かったのは確か。勝てて嬉しいよ。一番美しいセーブ?多分Ejukeの最後の方のチャンスだろう。なるべく長く待って、運良くシュートが足に当たってくれた」
https://www.fr12.nl/nieuws/53335-bijlow-pas-na-de-wedstrijd-kwam-de-emotie-een-beetje-eruit.html

 

Tyrell Malacia
「目が覚めた時に僕らのgroepsappでCarloのニュースを知ったんだ。しばらくショック状態だった。Heerenveenへのバスの中でもみんな押し黙っていたよ。僕はeersteに上がった時からの中だけど、彼はいつも全てを準備してくれて、とても多くの事に絡んでいたし、間違いなくFeyenoordにとってgrote manだった」
「僕らは最初の30分間良いスタートで、その後はちょっと下がった。HTに多少話し合い、後半は下がって多少守備的にやり、カウンターを狙おうとした。それで小さなチャンスもあった、僕らもチャンスを与えたけどJustinがfantastischなセーブをしてくれた。彼はfantastischな試合をしたと思う。みんなを見ても足が痙攣していたけど、それでもスプリントしていた。それは間違いなくCarloのために勝ちたいという気持ちのせいだったと思う」
https://www.fr12.nl/nieuws/53337-had-er-zeker-mee-te-maken-dat-we-voor-carlo-wilden-winnen.html

 

Jens Toornstra
「今朝のclubは悲しい雰囲気だった。試合後のkleedkamerも含めて1日中とても静かなだったよ。もちろん僕らが勝ち進んだのは嬉しいけど、喪失感が支配している。僕らはこの試合 Carloのために勝ちたかったし、最後の1秒まで戦った。そういうスピリットを見れるのは良いこと」
「Justinはとても良いセーブをしたし、重要なセーブを何度もした。彼は適切なタイミングで落ち着きをもたらしてもくれるし、とても大人びている。彼にはとても大きなポテンシャルがあある。ここ数試合でのセーブを見れば、間違いなくNederlands elftalに到達するだろう」
https://www.fr12.nl/nieuws/53338-toornstra-de-sfeer-op-de-club-was-bedroefd.html

 

続きを読む

Ras Feyenoorder Carlo de Leeuwが死去

FeyenoordはCarlo de Leeuwの死去を大きな悲しみと共にclubsiteで報告。2000年からeerste elftalのmateriaalmanとして働いていたこのRotterdammerは2月13日木曜に59歳で亡くなった。

 

今シーズン前にCarloは癌が見つかり、大手術が必要に。そこから始まった闘病に最終的に勝つことができなかった。

 

1960年12月12日にRotterdam IJsselmondeに生まれたCarloはFeyenoordと共に成長。Varkenoordのjeugdopleidingでプレーし、eerste elftalに到達、このlinksbuitenはそこで45試合に出場した。1980年のajaxとのbekerfinaleでの決勝点は彼のキャリアのハイライトだった。

 

現役キャリア後はeerste elftalのmateriaalmanとして2000年にFeyenoordに復帰。今シーズンが始まる前までその役割を務め、いつも遅くまでDe Kuipに残っていた。

 

Carlo de Leeuwの葬儀はCalroと彼の家族の要望により、招待者のみで行われる。弔意を示したいsupportersはMaasgebouwの弔意書に記入するか、このページで電子メッセージを送ることができる。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/carlo-de-leeuw-overleden---130220

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/in-memoriam---carlo-de-leeuw---130220

第22節延期分: Anco Jansenが1年ぶりの復帰ゴール。17位 ADOが4pts差に後退

Speelronde 22


dinsdag 11 februari
18.30 FC Emmen - FC Twente 2-0
40' Kerim Frei 1-0 / 90+3' Anco Jansen 2-0

 

2pt差の14位対12位。開始30秒で最初のチャンスを作ったFC Emmenがそのままボールを持って一方的にvoetbalをする展開。15分にはVuckicの自陣でのボールロストからKolarに大チャンスもシュートはゴール前を通過。その後もEmmenがミスが続き、競り合いも弱々しいTwenteを全く試合に入らせず、30分手前にはBijlのvrij trapがバー直撃。直後にBijlがPeñaの絶妙なパスで抜け出してネットを揺らすも微妙なbuitenspelで認められなかったが、前半終盤にhoekschopから後方のFreiが決めて相応しい先制。

 

後半も出だしからEmmenがチャンスを作る全く同じ展開。Twenteの組み立てミスからPeñaがゴール前に飛び出してベストチャンスもDrommelが1対1で奇跡的にセーブ。Twenteは残り30分でZekhniniを投入して終盤ようやく試合に入って数回危険なシーンを作も5分のblessuretijdにinvaller Anco Jansenがカウンターから1年ぶりのゴールで2-0として勝負あり。

 

FC EmmenはFC TwentetとSpartaを1pt上回って暫定11位。

 

Dick Lukkien
「まだ震えているよ。Twenteが同点ゴールをk忌め手いたら本当に世界がひっくり返っていた。前半我々はとても良いvoetbalをしお、Twenteは壁際に追いやられていた。かなり優勢だったが、最後の30分間は後ろに下がってしまった。これはvoetbalにおける不可解なfenomeen. 後ろに下がるのは決して良い助言者では無い」

 

Gonzalo Garcia
「我々にとって良い夜では無かった。直接のライバルとの重要な試合だったからガッカリしている。Emmenはとても良いスタートで、とてもスピーディにボールを走らせ、我々は常に遅れていた。1本のパスにプレッシャーを掛けようとすると、ボールは4人の間を抜けていった。これは我々にとって普通では無い。普段ならもっとラインをコンパクトにできている。しかし今日はそうでは無かった」
「我々が試合に入れたのは最後の30分間になってから。60分間なぜこれほど酷いプレーをし、そこから30分間良くなったのか理解するのは私には難しい。しかし起こり得ること。プレーするのが難しいstadionでもあるし、Emmenは間違いなく良いプレーをしていた」

 

20.45 Sparta Rotterdam - ADO Den Haag 4-2
17' Shaquille Pinas 0-1 / 22' Adil Auassar 1-1 / 28' Patrick Joosten 2-1 / 45+1' Bart Vriends 3-1 / 67' Crysencio Summerville 3-2 / 90+4' Abdou Harroui 4-2

 

Spartaは新加入 Fortesがbasisdebuut. Pintoが負傷欠場でlinksbackはFaye. RayhiがschorsingでRigoがbasis入り。17位 ADOは入れ替え無し。

 

Spartaが優勢に試合に入ると開始数分でJoostenがバーを叩き、その後も数回チャンスを作っていたが、15分過ぎにvrij trapからNecidが頭で折り返したボールをPinasが押し込んでADOが207分ぶりのゴールで先制。しかし流れは変わらず数分でRigoのhoekschopからAuassarの頭でSpartaが129分ぶりのゴールで同点に。さらにRigoのvrij trapがクロスバー直撃し、30分手前にGoossensの致命的パスミスをJoostenが罰して2-1. HT前にVriendsがボールに関係無い所でGoossensの顔にグーパンするクレイジーな愚行もMakkelieはgele kaart止まり、その直後にhoekschopからImmersに競り勝ったVriendsの頭で3-1.

 

後半 Acheが再びハムストリングを痛めて交代のアクシデントも流れは変わらず、ADOは残り30分でMeijersに代えて新加入のaanvallende middenvelder Duffyをデビューさせる。ImmersのロングボールにSummervilleがFayeの背後から前に出て中途半端に飛び出していたHarushもかわして3-2として緊張感を戻すと、キレの無いNecidを下げて新加入 spits Bogleを投入。Bogleが即座に機能してADOが終盤目に見えて攻勢に立ち、Goossensに2度のチャンスもHarushのセーブと枠外。Immersをextra spitsに上げたADOに対してADOはRigoに代えてAbelsをextra centrale verdedigerとして投入。しかし残り10分はADOのロングボール攻勢が全く実を結ばず、Spartaもカウンターから決定機を3回逃したが、4分のblessuretijdの最後にHarrouiがようやくトドメで勝負あり。

 

Spartaは年明け初勝利で10位 sc Heerenveenと2pt差の11位で下位グループから大きく抜け出す勝利。ADOは16位 VVVと4pt差でこれから数週間上位との対戦。

 

Stand (voorlopig)
1 Ajax 21 (16 2 3) 62-19 +43 50pt
2 AZ 21 (15 2 4) 46-15 +31 47pt
3 Feyenoord 21 (11 7 3) 41-30 +11 40pt
4 Willem II 22 (12 4 6) 31-26 +5 40pt
5 PSV 22 (11 6 5) 47-26 +21 39pt
6 Vitesse 22 (10 5 7) 36-27 +9 35pt
7 FC Utrecht 21 (10 4 7) 41-29 +12 34pt
8 FC Groningen 22 (9 5 8) 24-20 +4 32pt
9 Heracles Almelo 22 (8 5 9) 35-31 +4 29pt
10 SC Heerenveen 22 (7 8 7) 33-30 +3 29pt
11 Sparta Rotterdam 22 (7 6 9) 33-37 -4 27pt
12 FC Emmen 22 (7 4 11) 24-38 -14 25pt
13 FC Twente 22 (6 6 10) 29-40 -11 24pt
14 Fortuna Sittard 22 (6 5 11) 27-49 -22 23pt
15 PEC Zwolle 22 (6 4 12) 29-45 -16 22pt
16 VVV-Venlo 22 (6 3 13) 22-48 -26 21pt
17 ADO Den Haag 22 (4 5 13) 23-45 -22 17pt
18 RKC Waalwijk 22 (3 3 16) 23-51 -28 12pt