Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

HulshoffのLiverpoolへのステップが正式に決定

Sipke HulshoffがLiverpool FCに去る事が決まった。Feyenoordのassistent-trainerのEngelse topclubへのステップに関する最後の書類手続きが正式に完了し、Hulshoffの移籍がまとまった。Head of Performance Ruben Peetersについても同様。

 

HulshoffはRotterdamでの時間を多くの満足と共に振り返る。「近年我々がチームとして受けた素晴らしい支援について、supportersに感謝したい。Feyenoordはfantastische clubであり、来シーズンのとても大きな成功を祈っている―これを言うのは簡単だが、私は心の底からそう思っている。Rotterdamはとても居心地良く、我々 stafが良い仕事ができるようにしtくれた全ての現場の人々のおかげでもあった。いくつもの思い出、特に我々がこのclubで勝ち獲った素晴らしいprijzenはいつまでも残るだろう」

 

49歳のHulshoffは2021年夏にFC VolendamからFeyenoordに加入。Rotterdamでの最初のシーズンにbeloftenelftal Feyenoord Onder 21を率いた後、2022-2023シーズンからassistent-trainerとしてhoofdtrainer Arne Slotのstafに加わった。最近まで彼はこの役職をNederlands elftalのassistent-trainer職と兼任していた。

 

過去2年間 HulshoffはFeyenoordのstaflidとしていくつもの成功に緊密に関与。de landstitel en de TOTO KNVB Bekerを勝ち獲り、clubはEuropees vlakでも印象を残した。

 

PeetersもLiverpoolへ去る
Hulshoffの他に、Ruben PeetersもFeyenoordを離れてLiverpoolへと去る。Peetersは過去3シーズン Leigh Eggerと共にHead of PerformanceとしてFeyenoordのperformance- en medische staf内で働いた。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/overstap-hulshoff-naar-liverpool-formeel-afgerond-190624