Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Devin Remieが初契約にサイン

Devin Remieは金曜午後にFeyenoordと初のプロ契約にサインした。Feyenoord Onder 21の18歳のdoelverdedigerは、家族の立ち会いの中で、2022年半ばまでclubに繋ぎ止められる契約にサイン。

 

Remieは家のあるBredaのs.v. S.A.B.のvoetbalveldで最初のステップを踏んだが、7歳の時からFeyenoord Academyでプレー。したがってこのBredanaarはFeyenoord Academyで初のプロ契約にサインできたことを誇りに思っている。「これは僕にとってとてもスペシャルな瞬間。僕はこのclubに12年いるし、全てのチームを経験してきたら、この素晴らしい日をずっと楽しみにしていた」

 

今シーズン Remieはhoofdtrainer Arne Slotのチームに定期的に加わっていおり、その結果 2021年6月26日、KAA Gentとのoefenduel (1-1)においてhoofdmachtで非公式デビューした。「僕はとても学習意欲があるし、毎日さらに良くなりたいと思っている。僕にとってFeyenoord 1のtrainingsveldに時々加わるチャンスを貰えるのはもの凄く茂樹になる」

 

Feyenoord Academyのhoofd jeugdopleiding Rini CoolenはRemieの成長ぶりを賞讃している。「Devinはそのハードワークによって、今シーズンすでにFeyenoord 1で多くのtraining時間を獲得する結果を勝ち取っている。Devinがより高いplatformで低調する機会を与えられているのは、Academy en Feyenoord 1の協力の素晴らしい例でもある」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/devin-remie-tekent-eerste-profcontract-151021