Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

第8節: De Leeuwの2得点が認められず。FC Utrechtがajax-uitで勝利!

Speelronde 8


Vrijdag 1 oktober
20:00 FC Groningen - FC Twente 1-1
8' Cyril Ngonge 1-0 / 74' Manfred Ugalde 1-1 

 

上位相手の対戦が続いて17位に沈むFC GroningenはVan Hintumが戻り、初めてJörgen Strand Larsen en Michael de Leeuwをvoorinに並べてKalleyをbankに。前節sc Heerenveenに勝利したFC TwenteはBrumaが戻ってSmalがbankに。

 

thuisのGroningenがエネルギッシュなスタートを見せ、激しくプレッシャーをかけて主導権を取る序盤。5分過ぎにSuslovのミドルシュートはUnnerstall好セーブ。そのままGroningenが押し続けると、右サイドでのSuslovの良いアクションからのクロスから、16m内でボールを持ったNgongeが左足でkruisingにスーパーゴールを決めて1-0. Twenteも遅れて試合に入り、15分過ぎにclubtopscorer Pröpperが16m内で巻いた良いシュートも僅かに枠外に。次第にGroningenが押し下げられてTwenteの攻勢が続き、再びPröpperがミドルシュートも再び僅かに枠外。25分過ぎにロングボールをDe Leeuwが完璧にコントロールしてネットを揺らすもVan den KerkhofがDe LeeuwのPröpperの足下へのごくごく僅かな接触にファール判定で認めず。しかしこのシーン以降 Groningenがコントロールを取り戻し、HT前にもStrand Larsenが落としたボールをDe Leeuwがダイレクトで狙ったがUnnerstallの正面に。

 

後半再びGroningenが良いスタートを見せてDe Leeuwがネットを揺らしたが、VAR Van de Graafが介入したことでその前のNgongeのhandsが罰せられてまたも認められず。激しいstrijdwedstrijdになった後半、Twenteは60分過ぎに三度Pröpperが危険なヘディングで狙うもLeeuwenburghが好セーブ。しかし70分過ぎにNgongeがハイボールにジャンプするも触れず、Dammersの致命的判断ミスをUgaldeが罰して1-1. さらに90分直前にはinvaller Misidjanに大チャンスもLeeuwenburghがセーブ、直後にVan Wolfswinkelの決定的なヘディングはバーの下を叩いてラインを割らずそのまま引き分け。終了直後にはBuijsが即座にVan den Kerkhofに詰め寄るシーンも。

 

Martin van den Kerkhof 
「最初の取り消しではDe Leeuwは意図的にやってないが、フォールドでは彼がPröpperのかかとに足を掛けるのが見えた。私のeerste assistentからもすぐそれに笛を吹くように助言があったので、我々は同じ意見だった」
「最終的にVARは私が明確な誤審をしたかどうかを見なければならないが、接触はあったのだからそうでは無い。私が流していればVARも得点を認めただろう。ここでは2つの可能性があり得る」
「2つ目の取り消しはaanvalsfaseでの反則」
「FC Twenteの同点ゴールでは私はむしろFC Groningenの選手がTwenteの選手を飛び越えたと思った。そこにファールは見られない」

 

Zaterdag 2 oktober
18:45 RKC Waalwijk - Go Ahead Eagles 1-1
15' Iñigo Córdoba 0-1 / 60' Alexander Büttner 1-1 

 

1pt差の17位対15位。RKCは前節負傷欠場のVan der Venne en Büttnerがbasisに戻り、Daneelsもスタートから。Bel Hassaniが欠場でMichiel Kramer en Lutondaがbankに。Go Ahead EaglesはNauberが負傷欠場、DeijlがbankでIdzes en Rommensを起用。

 

uitvak以外 corona対策緩和を全く感じさせないほど空席が多いMandemakers Stadion. お互いチャンスの無い互角の序盤から、Gaariの悪い対応を突いたOratmangoenのクロスにゴール前でCordobaがあわせて最初の大チャンスで先制。RKCも前にプレッシャーをかけ始めて優勢な時間帯を迎えるも、堅く守るGo Aheadの守備を崩せず。40分にvrije trapからRKCゴール前で混乱が起き、突然Odgaardに大チャンスも慌てて枠外。

 

後半 RKCがよりアグレッシヴになり、Go Aheadも果敢に応戦して活発な立ち上がり。RKCの良い攻撃からBakariのシュートが飛び込んだJoris Kramerの手に当たるとscheidsrechter Blankがpenaltyを与えて1-1. 直後にBotosに大チャンスもMeulensteenがギリギリのタックルでクリア。その後もお互いにチャンスがありつづRKCが優勢に進め、70分過ぎにinvaller El Bouchataouiが飛び出してシュートもHahnが触って僅かに枠外。Go Aheadも残り5分にOratmangoenが良いアクションからシュートを放ったがVaessenがセーブし、リバウンドもLidbergのスライディングを受けながら抑えて相手のファールに。90分直前にゴール前へのクロスにLidbergが飛び込んでVaessenに体を当てながらヘディングでネットを揺らしたが、VAR Van der Laanが介入してVaessenへのファールで取り消しでそのまま終了。

 

RKCは第1節 AZに勝利以来7試合勝利無し。Go Ahead Eaglesは3試合勝利無し。

 

Etienne Vaessen
「Lidbergの得点取り消しシーンでscheidsrechterがすぐに吹かなかったのはクレイジーだと思った。そこは僕のエリアであり、彼はボールに向かっていなかった。とにかく吹くべきで、VARを待つ必要は無かったはず。彼が最初に中央を指さした時は気が狂うかと思った」

 

Bas Kuipers
「あれはただの競り合いだったと思う。ああいう競り合いを僕らはフィールド全体でしている。このkeeperは遙かに長身で、この競り合いもできるはず。voetbalはcontactsportであり、この競り合いに加わることができるべき。残念だ、ゴール取り消しにガッカリしている」

 

20:00 PEC Zwolle - sc Heerenveen 0-1
64' Bram van Polen 0-1 (e.d.) 

 

未勝利のPECが積極的なスタートで早々にTedicのhalve omhaalで見せ場。その後も小さなチャンスが数回あり、後半出だしにはTedicが反転シュートで大きなチャンスもMousがセーブ。すると60分過ぎにVan EwijkのクロスにVan Polenが自分のゴールに決めてしまい頭を抱えて倒れ込み、終盤 PECの猛攻も無くそのまま終了。

 

sc Heerenveenは連敗を2で止めて3試合ぶりの勝利。

 

Bram van Polen
「僕らはかなり対等だったし、それなら1チャンス、1ゴールが違いを生むのが分かる。そのチャンスが僕らにはSlobodaにあったし、あれは決めないといけない。とてもシンプルだ。そしてMark Pabaiもリバウンドで滑った。本当に信じられない」
「1-0では彼らが本当に厳しいボールを入れ、僕の膝に当たったと思う。僕としてはどうしようもなかっただろうけど、それは僕らがいまる時期にパーフェクトに合う。その後僕らはボールを入れることもできなかった。試合の中で『きっと決入る』ともう時間帯があるけど、毎回決まってくれない。それがとてもフラストレーションが溜まる」
「8試合で1ptならもちろんdegradatiekandidaat nummer één. それが厳しい事実だ。僕らはなるべく早く差を詰めないといけない。全ての決まり文句を投げ捨てられる。僕らが8試合を終えて1ptと2得点だけというのが事実。これはただとても、とても、とても標準以下。非現実的だ。本当に落胆すべき数字。自分が夏に辞めなかったことを後悔している?最近その質問をとても多く受けるけれど、全くそんなことは無い。大事なのは自分の事では無く、clubのこと」

 

20:00 Heracles Almelo - Willem II 3-2
40' Rai Vloet 1-0 (str.) / 53' Delano Burgzorg 2-0 / 66' Mats Köhlert 2-1 / 77' Max Svensson 2-2 / 90+5' Ismail Azzaoui 3-2

 

Heraclesは入れ替え無し。Willem IIはOwusuが戻り、負傷離脱のHeerkensの代わりはBergström.

 

すでに5勝をあげて暫定2位のWillem IIに対し、Heraclesが優勢に立って数回 Wellenreutherに襲いかかる序盤も、その後は落ち着いてほとんど何も起きず。そのままHTかと思われたが前半終盤にJenssenがSierhuisを倒すとscheidsrechter Dieperinkがpenaltyを与えてHeraclesが先制。

 

後半 Heraclesがそのまま良いスタートを切ってFadigaからVloet en Sierhuisに立て続けに大チャンスを作った後、VloetのパスでBurgzorgが抜け出して2-0. しかし残り30分からKöhlertのシュートがRenteに当たって2-1となると、突然 Willem IIが目覚めて猛反撃。終盤 短いカウンターからSvenssonが決めて同点とし、そのまま引き分けと思われたがblessuretijd深くにinvaller Azzaouiが決めて劇的にHeraclesが勝利。

 

Heraclesは日曜に試合があるVitesseをdoelsaldoで上回って暫定9位。Willem IIは2敗目。

 

Frank Wormuth
「前半はfantastischなvoetbalだったが、2-0後にそれを手放してしまった。対戦相手もどんどん良くなっていった。時には醜いvoetbalも敢えてしなければならない。我々はプレッシャーをかわすvoetbalをしたかったが、ボールを蹴り出すことも時に必要。Barcelonaのtiki-takaが常にできる訳では無い」

 

21:00 Fortuna Sittard - NEC 1-3
21' Jonathan Okita 0-1 / 26' Elayis Tavsan 0-2 / 33' Mats Seuntjens 1-2 (str.) / 52' Jordy Bruijn 1-3 

 

お互い勝利したい3pt差の16位対10位。前節 Vitesseと引き分けたFortunaはBaghdadiに替えてMusaba. NECはAkmanが再びbankから。

 

NECが立ち上がり多くボールを持つも、5分過ぎにTekieのロングボールにSeuntjensが抜け出してFortunaに最初の大チャンス。Seuntjensのシュートはブロックされてこぼれ球をMusabaが狙うもBranderhorstがセーブ。NECもFortunaの組み立てでTekieからボールを奪ったBruijnがそのままフィニッシュもVan Oschがこちらも好セーブ。20分にNECの良い攻撃からVan RooijのパスをOkitaが決めて1-1. 直後にもTavsanからゴール前フリーのEl Karouaniに大チャンスも僅かに枠を外れたが、25分にOkitaのsteekpassでTavsanが裏に抜けて初ゴールで0-2. 問題無く進めていたNECだが30分過ぎにSeuntjensのシュートがMárquezの手に当たってhandsでpenaltyで1-2. 直後にFortunaはHTを待たずにMusabaを下げてNoslinを投入。

 

後半もFortunaが主導権を取って攻めようとしたが、invaller JohanssonのボールロストからOkitaのパスにBruijnの頭でNECが効率良く追加点。その後もNECがほとんど問題無くコントロールし続け、Fortunaは残り15麩を切ってようやくSeuntjensが良いミドルシュートも僅かに枠外に。

 

Fortunaは6試合勝利無しで17位のまま。NECはOkitaの活躍によって5試合ぶりの勝利で3勝目。暫定9位に。OkitaはEredivisie 8試合で昨シーズン KKDでの33試合のゴール+アシスト数 7に並ぶ。

 

Zondag 3 oktober
14:30 SC Cambuur - AZ 1-3
17' Dani de Wit 0-1 / 33' Owen Wijndal 0-2 / 60' Jordy Clasie 0-3 / 71' Robert Uldrikis 1-3 
Rood: 88' Bangura (2xGeel)

 

10分過ぎにCambuurの組み立てでPavlidisがSchoutenからボールを奪って大チャンスもStevensとの1対1を決められず。しかし数分後に深く入り込んだWijndalのクロスをDe Witが頭で決めて先制。Cambuurの盛り返したが、AZが依然雑然としながらも優勢に進めて30分過ぎにはオープンになった左サイドでボールを持って駆け上がったWijndalがそのまま逆隅に決めて0-2. 問題無くコントロールしていたAZだが、前半残り数分でMidtsjøが負傷してReijndersと交代のアクシデント。さらにKarlssonが完全に抜け出すもStevensが1対1で飛び出して好セーブ。

 

60分にはPavlidisのパスでClasieが最前線に飛び出して今シーズン2得点目で0-3とし、そのまま何事も無く終わるかに思われたが、残り20分でUldrikisがLetse spelerのEredivisie初ゴールを決めるとCambuurが突然望みを取り戻して終盤猛攻。しかしAZが完全にコントロールを失いながらも、失点は防いでそのまま勝利。

 

AZは3勝目で12位に。公式戦3連勝の上り調子でinterlandsperiodeへ。


14:30 ajax - FC Utrecht 0-1
77' Django Warmerdam 0-1 

 

序盤から危ないシーンが続くUtrecht. 10分過ぎにHallerに決定機を与えるもシュートはバーの上に。UtrechtもDouvikas en Syllaが多少脅威を作ったが予想通り守備の時間が長い展開となり、しかし集中した守備でその後は大きなチャンスは与えずに折り返し。

 

後半ajaxがさらにプレッシャーを強めてUtrechtが完全に押し込まれたが、55分過ぎにajaxに最大のチャンスにPaesが2度のリバウンドも弾く神がかった3連続セーブなど、大ピンチで見事な反応を見せてゴールを守る。すると残り15分でmiddenveldでDuvikasがキープしたボールをUtrechtが上手く繋ぐと、左サイドでフリーになったWarmerdamが決めて見事に先制。これに力づけられたUtrechtが残り時間も非常に説得力のあるプレーを見せて凌ぎ切って見事な勝利。

 

FC Utrechtはajaxとの差を2ptに詰め、Willem IIを抜いて暫定2位でこの後のFeyenoordとPSVの結果待ち。

 

René Hake
ajaxと対戦するなら、試合にするために必死に戦わなければならないのは分かっていること。だから約束事を守らなければ鳴らない。我々はコンパクトにプレーし、ライン間の距離を大きくし過ぎないようにし、適切なタイミングでプレッシャーをかけたかった。そこからvoetbalをするタイミングも見極めなければならない。ajax相手にそれは多くは無い。彼らは素早くプレッシャーをかけてくるので、我々は体を使ってボールをキープしなければならない。これがajaxに抵抗を示したいなら必要でもあり、今日の我々はそれを提供することができたし、私はそれをとても誇りに思う。良いvoetbal? 勝ちたいなら、他の事をよりしなければならない時もある。この方法で勝てるなら私はprimaだと思う」

 

Maarten Paes
「prima dagje, Amsterdamで勝てれば嬉しい。ゴールを守るのはいつも楽しいけれど、今日は特にそう。上手く行って良い気分だ。ハイライト?3連続セーブ。あれは僕の典型。僕はエネルギッシュで、全てに身を投げ出す人間」

 

Willem Janssen
「最高だ。もちろん難しい任務なのは分かることだけど、常に信じる気持ちはもっていないといけない。前半はかなりニュートラルだった。ajaxには1つのチャンスしかなかった。Italiaans? 僕らは何度かかなり高い位置を取っていたよ。前半が進むにつれて僕らはほとんど前に出れないのを感じていた。後半はそれができたから、あとは刺すタイミングを得ないといけない。最後は尻が締まる思いだった。僕もかなり燃え尽きていていたよ」

 

16:45 Vitesse - Feyenoord 2-1
6' Loïs Openda 1-0 / 29' Guus Til 1-1 / 46' Loïs Openda 2-1
Rood: 90+7' Matús Bero (2xGeel) / 90+11' Thomas Buitink 

 

Conference League明け中2日同士の対戦。VitesseはOpendaの隣にDarfalouを起用。さらにSchubertがwarming-upでフィットせず、Houwenがバーの下に。FeyenoordはToornstraをbankに置いてAursnesを起用し、新加入 Reiss Nelsonが初のbank入り。

 

開始数分でJahanbakhshの自陣での雑なプレーからDarfalouに大チャンスもゴール前至近距離から枠外に。5分過ぎには最後尾のSenesiがOpendaに簡単に奪われる致命的ミスで失点。お互いにオープンなプレーの中、Vitesseもミスが多いものの。それ以上にミスを連発するFeyenoordがgripを得られず苦しむ展開。20分には前に出たTrauerのボールロストからDarfalouにチャンスもサイドネット。さらにhoekschopからDarfalouのヘディングは枠外に。Feyenoordは痛んだSenesiに替えてGeertruidaを投入。低調なFeyenoordだが、30分直前に右サイドでボールを持ったPedersenのWittekを冷静にかわしての左足クロスをTilが頭で決めて1チャンスで同点に。ようやく落ち着いてボールを回せるようになったFeyenoordが試合に入って主導権を取ると、数分後にも右サイドのSinisterraのクロスをゴール前フリーのLinssenが頭であわせるも枠外に。さらにSinisterraのパスでTilが抜け出してベストチャンスもHouwenが1対1で足で見事にセーブ。

 

後半開始直後にGeertruidaの中途半端なクリアボールをRasmussenが前へ蹴り出すと、Geertruidaが完全に目測を誤ってフリーのOpendaがあっという間に2-1に。FeyenoordはカウンターからPedersenのパスが完全フリーのSinisterraに届くも痛恨の空振り。後半もお互いミスが多く、低調なプレーが続くFeyenoordはAursnes en Linssenを下げてToornstra en Dessersを投入もその後もプレーレベルは上がらず。残り10分で逆にVitesseがOpendaに試合を決める大チャンスもBijlowが辛うじてセーブ。直後にFeyenoordもJahanbakhshのシュートのリバウンドからToornstraが狙ったがこちらもHouwenが好セーブ。Vitesseに治療時間が多くあり、それ以外にも頻繁にプレーが止まったことで10分間!のblessuretijdが与えられるも、Sinisterraの良いミドルシュートは僅かに枠の右に。7分目にBeroが2枚目退場、101分目にはKökcüの頭に足を当てたBuitinkにもroodが出たが、最後の105分目にvrije trapからGeertruidaがチャンスを逃して終了。

Vitesseは次節のderbyに向けて出場停止者を出すも8位でlinkerrijtje入り。Feyenoordはまたもinterlandsperiode前の試合に低調な内容で敗れて2敗目。依然1試合少ないながらFC Utrecht en Willem IIに抜かれて並んで暫定4位に。

 

Thomas Letsch
「クレイジーな試合だった。これが人々がvoetbalを愛し、stadionに来る理由。高いレベルの試合だった。我々はとても良いスタートで先制したが、もっと得点するチャンスもあった。その後Feyenoordのクオリティも見えたし、ずっとオープンな試合だった。最後はあらゆる事がある戦いだった。我々がこの試合に勝ったのは幸運だった、木曜はまだ運が悪かった」
「彼らが我々に高い位置でプレッシャーをかけたいと考えるのは分かっていた。自分たちのhelftでボールを失えば相手は自信を増す。だから我々はロングボールを使ってOpendaのスピードとHouwenのセーブのおかげでより簡単にプレーできた」

4回目の交代タイミングを使った疑惑に
「我々はすでに2回の交代を行っていた。それが2回の交代タイミングか3回かは明確で無かったんだ。我々はvierde officialに尋ね、彼と長い議論をした。5分後に彼はWittekの交代がOpendaのものと同じタイミングで数えられたと我々に言った。だからもう一度交代できたんだ」
「100%確実でなければ交代はしなかった。さもなければ我々は非常に愚かだったろう。だからofficialに何度も尋ね、明確な答えが得られるまで待ったんだ」

 

20:00 PSV - Sparta Rotterdam 2-1
82' Ibrahim Sangaré 1-0 / 86' Ryan Thomas 2-0 / 90' Lennart Thy 2-1

 

PSVは驚きの3試合連続入れ替え無し。SpartaはMeijers en PintoがschorsingでLaurent Jansがlinksback. spitsはThyをbankに置いてEmeghaを起用。

 

PSVが主導権を取り、10分過ぎにSangaréに2度のチャンスもOkoyeがどちらも好セーブ。劣勢のSpartaは25分にVan Crooijが最初のチャンスでネットを揺らしたが、aannameの際にボールが手に当たっていたことでhandsを取られて認められず。

 

後半出だしにSpartaの組み立てでHeylenがバランスを崩し、Zahaviに棚ぼたの大チャンスもVriendsが辛うじて追いついてブロック。さらにDoanが強烈なミドルシュートもOkoyeがやはり好セーブ。SpartaもSmeets en Mijnansに良いチャンスがあったが、どちらも角度が無く大きく枠外に。70分直前にはPSVのhoekschopでOkoyeがボールに触れずBoscagliにヘディングを許すも、ライン上にいたAbelsが何とかクリア。さらに直後にはZahaviの反転シュートがポスト直撃。さらにZahaviが至近距離から決定的ヘディングもまたもOkoyeがスーパーセーブと立ちはだかったが、残り10分を切ってSangaréが中央からミドルシュートで遂にOkoyeを破って先制。さらにGakpoの良いアクションからinvaller Thomasが決めて2-0. Spartaは90分直前にRamalhoのミスをEngelsが突いてThyのゴールで2-1と詰め寄ったが、blessuretijdにそれ以上ゴールは生まれずそのまま終了。

 

PSVは再びFeyenoordを3pt上回り、ajaxとの差を1ptに詰めて2位とFC Utrechtと共にこの週末のgrote winnaarに。

 

Marco van Ginkel
「僕らはかなり多くのチャンスがあったけれど、keeperが数回信じられない形でボールを止めた。僕らは最後の10分まで待たなければならず、それは間違い無くストレスの多い時間帯だったけど、徐々に近づいていった。幸いにもIbiの素晴らしいシュートで均衡を破ることができた」
「Spartaは非常に守備的だったし、彼らももちろんかなり難しい試合になると事前に分かっていた。彼らは本当にバスを止めた。でも僕らもあまりに中央でプレーしすぎてしまい、それによってかなり早くボールを失った。もっとサイドに目を向けるべきだった」
「この週末の結果に僕らが喜んでいるのは確かだよ。ライバルたちが負けて僕らは勝った。差を詰めたのは素晴らしいこと」

 

Stand (voorlopig)

1    Ajax    8    (6    1    1)    30-2    +28    19pt

2    PSV    8    (6    0    2)    19-11    +8    18pt

3    FC Utrecht    8    (5    2    1)    18-5    +13    17pt

4    Willem II    8    (5    1    2)    12-10    +2    16pt

5    Feyenoord    7    (5    0    2)    20-9    +11    15pt

6    FC Twente    8    (4    2    2)    14-10    +4    14pt

7    SC Heerenveen    8    (4    1    3)    11-12    -1    13pt

8    Vitesse    8    (4    1    3)    8-15    -7    13pt

9    SC Cambuur    8    (4    0    4)    16-21    -5    12pt

10    NEC    8    (3    2    3)    10-15    -5    11pt

11    Heracles Almelo    7    (3    1    3)    9-10    -1    10pt

12    AZ    7    (3    0    4)    14-12    +2    9pt

13    Go Ahead Eagles    8    (2    1    5)    7-16    -9    7pt

14    RKC Waalwijk    8    (1    3    4)    10-13    -3    6pt

15    FC Groningen    8    (1    3    4)    7-14    -7    6pt

16    Sparta Rotterdam    8    (1    3    4)    7-16    -9    6pt

17    Fortuna Sittard    7    (1    2    4)    7-16    -9    5pt

18    PEC Zwolle    8    (0    1    7)    2-14    -12    1pt

 

Topscorers

1.    Guus Til    (Feyenoord)    6 (0)

2.    Sébastien Haller    (Ajax)    5 (0)

Bryan Linssen    (Feyenoord)    5 (0)

Mats Seuntjens    (Fortuna Sittard)    5 (1)

Henk Veerman    (sc Heerenveen)    5 (1)

6.    Delano Burgzorg    (Heracles Almelo)    4 (0)

Anastasios Douvikas    (FC Utrecht)    4 (2)

Noussair Mazraoui    (Ajax)    4 (0)

Cyril Ngonge    (FC Groningen)    4 (0)

Robin Pröpper    (FC Twente)    4 (0)

Dušan Tadić    (Ajax)    4 (0)

Ricky van Wolfswinkel    (FC Twente)    4 (2)

 

Assists

1.    Steven Berghuis    (Ajax)    6

Cody Gakpo    (PSV)    6

3.    Dušan Tadić    (Ajax)    5

4.    Vangelis Pavlidis    (AZ)    4

Joey Veerman    (sc Heerenveen)    4

6.    Issa Kallon    (SC Cambuur)    3

Lisandro Martínez    (Ajax)    3

Fredrik Midtsjø    (AZ)    3

Jonathan Okita    (NEC)    3

Marcus Pedersen    (Feyenoord)    3

Görkem Sağlam    (Willem II)    3