Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

スクリーンの前でVARの助言を無視できないscheidsrechters

先週末のEredivisie FC Twente - PSVではVAR Serdar Gözübüyükの介入を受けたscheidsrechter Pol van Boekelがフィールド上でのノーファール判定を修正してPSVにstrafschopを与え、「HTに冷静に見直してstrafschopを与えたのは間違いだったと分かった」と語った。このようにVARsの間違った介入をscheidsrechtersがスクリーンの前で拒否できないケースが今シーズンは非常に多く起きている。Van Boekelが'mindfuck'と呼ぶように、スクリーンの前で大きなプレッシャーがかかることは多くのscheidsrechtersが認めているが、彼らには試合以外の部分で外部からのプレッシャーもかかっているようだ。De Telegraafは火曜日にそれが「Scheidsrechtersbaas Dick van Egmondの『恐怖政治』によるもの」と報じた。

 

De TelegraafはNederlandse arbitersの中から匿名で数人のコメントを掲載:
「私たちは皆 緊張している。Dickは明確なラインを引くことができなかったせいで内部でとてつもなく大きなプレッシャーを受けている。彼はrode kaartに値するファールを見逃すよりも不当なrode kaartを出すほうが良いと思っている。だが最も奇妙なのは彼が脅迫していること。スクリーンの前でVARからの助言を無視した者は次の節は休みになる。彼によるとVARは常に正しんだ。だからscheidsrechtersも敢えてVARの判断を無視することはしない。それは悪化の一途をたどっており、より多くの誤審に繋がるだけ。だからこのプレッシャーを取り除かなければならない。我々はできるならこの事についてDickと話し合いたいが、反論が許されない。反論すると担当割当で罰せられる」

 

一方でメディアでも常にオープンに語るBas Nijhuisは今回も堂々と名前を明かしてコメント」
「試合後に良くなかったと分かるなら、その責任は自分にあるというのは分かっていること。私は同僚に人気が無いかもしれないが、ある意味ではDickを理解している。VARから良い判断を得られながらスクリーンの前でフィールド上と同じ間違いをしたら、それはベストでは無い」
「だがVARを無視して最終的に間違った判定をする頑固なscheidsrechtersを週末の休暇で罰するのはそれほど良いアイディアでは無いだろう。一方でspitsが2回のオープンチャンスを逃しても交代はさせられない。そして我々がVARを不当に無視しても、UEFAが我々を憎むことも無い」

 

Dick van Egmondも匿名arbitersの批判にリアクション:
「匿名での批判だし、Zeistでの我々は常にオープンかつ率直に話し合っている。彼らにはNijhuisを手本にしてもらおう。偉大なscheidsrechtersはスクリーンの前で上手く振る舞えることで自分を他者と区別しているようだ」
scheidsrechtersへの罰について:
「今シーズンからはVARの正しい助言を無視するscheidsrechtersはより明確に対処されなければならないとUEFA en FIFAkから強い指示があった。Nederlandではその場合 scheidsrechtersは1週間の休みで罰せられる。ただしミスの規模と試合過程の結果によって異なるがね。だが私には何が問題なのか分からない。国際的にはVARの介入が適切にも関わらず、間違った判定に固執した者は3ヶ月間外される」

 

https://www.voetbalprimeur.nl/nieuws/955097/scheidsrechters-openen-aanval-op-van-egmond-dit-wordt-van-kwaad-tot-erger.html
https://www.voetbalprimeur.nl/nieuws/955103/van-egmond-slaat-terug-naar-arbiters-internationaal-drie-maanden-aan-de-kant.html

 

scheidsrechtersがスクリーンの前で自ら映像を確認して最終判定を下すのは最終判定の責任者としての競技規則上の権利。しかしVARの助言を無視して下した判定が間違いだった場合に自分が罰を受けるという事が分かっているなら、その判断には試合そのものとは別の大きなプレッシャーが彼らにのしかかる。そもそもOFRの導入を強く求めたのは当時FIFAのscheidsrechtersbaasだったPierluigi Collinaだが、後任のRoberto Rosettiは自らそれを形骸化しようとしているようだ…

 

追記

2週間後にDanny MakkelieがVIでこの記事に対してコメント

「こうした不満の声は私としてはラインが明確では無かったことに関してだと思う」

「だがミスへの罰は付き物。非常に率直に言って、我々はtopsportcultuurの中で働いており、罰を受けるのは理に適っている。だが1つのミスで行われるものではなく、多くは一連のミスで。流れに乗れないことは誰でもあり得るし、そうなれば休みを与えられたり話し合いが行われるのは奇妙なことではない」

 

処罰には賛成ではないとMakkelie

「それは何かをより良くするか?深め、助ける、それが重要。誰かが故意に何かしない限りね。VARの良い助言を無視した場合に罰せられるのは正当。それが悪い助言なら、強くあって自分の判断を維持しなければならない」

 

https://www.voetbalprimeur.nl/nieuws/956645/makkelie-reageert-op-schrikbewind-heel-eerlijk-logisch-als-je-wordt-gestraft.html