Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Nieuwkoop「Feyenoordを去って、初めて自分が何を失ったか気づいた」

Bart NieuwkoopはレンタルされたWillem IIで1シーズンプレーしてFeyenoordに戻ってきた。basisspelerとしての1年間 重要な存在をこなすという経験を得てDe Kuipに戻り、そこでこのrechtsachterはいま初めて固定されたbasisplaatsを得ている。「僕はそれをFeyenoordでモノにしたけれど、それ以上ではない」

 

「もちろん何も期待することはできないけれど、Rick KarsdorpがAS Romaに戻ってvoorbereidingにLutsharel Geertruidaと一緒に自分にチャンスがあるのは分かっていた。それを僕は掴めたんだ。慌ててvoetbalをすることによってでは無く、落ち着きを保つことによって。今はずっと快適さを感じている。Feyenoordはtopclubだから、自分がこのploegのrechtsbackだと言うつもりは無いけれど、今はそう感じている。ここからこのラインを続けていきmtrainerにとって本当に確実な存在にならないといけない」とNieuwkoopはVoetbal Internationalで語った。

 

Nieuwkoopはプレーに常に多くのエネルギーを注ぐ。「僕はたくさん走らないといけない。ときに無駄に走ることもあるけど、オーバーラップすることで相手が選択をしなければならなくなり、それでSteven Berghuisが内へアクションを起こせるんだ。でも状況に拠って彼は十分何度も僕にボールを渡してくれる。フィールド上でStevenとのklikを感じている。僕は彼を助けたり、、パスを出す機会を与えたり、アクションを起こす余裕を与えないといけない。それがとてもうまく行っているし、お互いに上手く調整できている。そして週毎の数字を見れば、僕は1試合平均11,5km走っている。ああ、かなり多いけど、僕はそれがやれるだけのモノを持っているし、それは僕のプレーの一部」

 

「coronaはもちろん恐ろしいものだけど、それについて何かポジティヴなことを言うなら、僕が自分の体をしっかり仕上げるだめに時間を得られたということ。groepでtrainingが許されない数ヶ月間も自分で続けていたんだ。事務で多くの時間を過ごし、筋肉trainingをして一生懸命やった。いまその恩恵を受けているのが分かる。かつてなくフィットしていると感じているよ」とこのverdedigerは続ける。「昨シーズン 慣れ親しんでいるものから離れ、僕がずっと前から知っていた全ての物と全ての人々から離れたのが良かったんだと今になって気づいた。新しい環境、別の人々、フレッシュなスタート。その利点は自分自身を成長させただけで無く、これまでの人生で過ごしてきたclubを遠くから見れたこと。別の環境に入っていくまで、とても多くのことをノーマルだと思っていた。Feyenoordを去って、初めて自分が何を失ったか気づいたんだ」

 

https://www.fr12.nl/nieuws/55306-nieuwkoop-je-weet-pas-wat-je-mist-als-je-weg-bent-bij-feyenoord.html