Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

EL予選POラウンド第1試合結果 AZがセットプレーで3失点

Europa League: Play-off ronde

donderdag 20 augustus 2015

18:00 ‘‘Astra Giurgiu - AZ 3-2’’

11’ Markus Henriksen 0-1 / 13’ Vincent Janssen 0-2 / 26’ Fernando Henrique Boldrin 1-2 / 41’ Denis Alibec 2-2 / 45+3’ Alexandru Dandea 3-2

エールディヴィジで2試合5失点のAZはフィットしたルカッセンをスタメン起用し、前線にフッペルツとフィンチェント・ヤンセンを並べる3-5-2で10番はvオーフェレーム。

早い段階で主導権を取ったAZ。フッペルツのパスにオフサイド・ポジションのフィンチェント・ヤンセンの背後からヘンリクセンが決めて先制。さらにCKの流れからフィンチェント・ヤンセンがしっかり決めて早々に2点目のアウエーゴール。しかしCKからファーをフリーにして失点すると、コントロールを失い、守備も不安定になってピンチシーンが連続。HT前にはFKの変化で完全に崩されて2-2に。さらに4分のロスタイムの最後にCKからペナルティエリア手前でフリーにした相手に強烈に叩き込まれ、セットプレーからの3失点でまさかの逆転でHT.

後半は良い立ち上がりを見せて再び主導権を取ってフットボールをしたAZだが、コンディションの悪い芝と守りを固めてきた相手の前になかなかチャンスを作れず。むしろカウンターから数回危ないシーンを作られたことで、結局最後は無理をせずにそのまま終了。

ジョン・ファン・デン・ブロム

「試合を振り返って分析すれば、我々はとても良いスタートだったと思う。最初の15分間は間違いなく良いプレーをしていたと言える。ほとんとフットボールをするチャンスも与えず、多くのチャンスを作って二つのゴールを決めた。素晴らしかった。その後20分間はなんだったのか?13分間?OK、素晴らしい。。だがその15分間、我々はセットプレーの際の怠慢で試合を完全に手放してしまった。一度はあることだろう。2回でもそう言えるかもしれない。だが3回は多すぎる。HTには2試合目ではどういうふうに試合を始めるべきかを言うしかなかったよ。後半の我々は打ち負かされた状態から再びコントロールを取り戻せるところを見せた。何も得られずに3-2で負け、奇妙に聞こえるだろうが来週へ向けてとても良いスタートポジション」

19:00 ‘‘Ajax - FK Jablonec 97 1-0’’

54’ Arek Milik (str.) 1-0

低調でほとんどチャンスが作れず、前半は数回危険なシーンもあったアヤックスは、後半にミリクとの連携でクラーセンが倒されたPKで勝利。