Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

クーマン 「スタメンを変えるつもりはない」

月曜のトレーニングピッチではフェイエノールトの選手たちが何度も議論を交わすシーンが見られた。「セレクションの大部分はリザーブでもプレーしているから、アヤックス戦で出場したグループがそのままだった」とロナルド・クーマン。「ロッカールームの中でもみんなお互いに言い合っていると思う。我々テクニカル・スタッフとしても、選手たちがお互いに要求し合うことは奨励している。議論になるのは素晴らしい事」

 

「批判は受け入れなければならないし、それから何かを学んでまた前進しなければならない。シンプルだ」。アレナでアヤックスに負けたのは大きな大きな一撃だとクーマン。「特に決してノーチャンスでは無かったと今でも感じているからね。トゥエンテ戦と違い、2-0になってもまだ私は結果を出せると信じていた。3-0になった後もPKがあった。あれを決めていれば10人相手に何かをやれる可能性はあっただろう。しかしインマルスは1-1にする大チャンスも逃し、PKも外した。ミスをしてゴールも献上すれば難しくなる」

 

「我々はトップクラブ相手に3回アウエーゲームをしてPSV、トゥエンテ、アヤックスにどれも3-0で負けた。これは偶然ではない。これらの試合を分析すれば我々は決して圧倒されていたわけではないが、明らかに何かが欠けている。こういう試合は一瞬が勝負を決めるもの。そこでゴールを決められるか、ミスをしないかだ。後者をやって前者をすれば、ピッチプレーやポゼッションはそれほど意味はない。トップチームならトップゲームで勝てなければならない。我々はそうではなかったということ。フィッシェルとボエチウスを比べて見れば、後者の方がプレーは良かったかもしれないが、フィッシェルは2ゴールで決定的な仕事をした。結局はそういうことだ」

 

クーマンは混乱はしておらず、チームを変えるつもりもない。ミスをしたヨリス・マタイセンとレクス・インマルスもスタメンのポジションを失う心配をする必要は無い。「変えるつもりはない。こういう敗戦は冷静に分析しなければならないし、たった二人の選手だけで負けたと結論づけることは誰にもできない。私が彼らを信頼しているのも変わらない。今は彼らを変えるときではないんだ。それは極端な結論。そういう判断は一日ですべきではなく、一定期間で見て行うもの。彼らには好調な時もあった」

 

「日曜はトゥエンテ戦がある。良いチームだが、平均ゴール数を見れば彼らはゴールを決めるのに苦しんでおり、自分たちの試合でも勝ちきれないという問題を抱えている。頑丈でフィジカルが強いが、倒せない相手ではない」

 

http://www.fr12.nl/nieuws/20978-immers-en-mathijsen-hoeven-niet-te-vrezen-voor-basisplek.html