Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

ロッベン「フィナーレでのミスの映像が頭の中で繰り返されている」

WKフィナーレでロッベンのシュートがスペインのカシージャスに止められた瞬間は、オランダの2010年スポーツ界においておそらく最も決定的な瞬間だった。あのミスはいまだに繰り返しフローニンガーの脳内を駆け巡っているようだ。

「WKフィナーレでのチャンスを逃した場面は僕の頭の中で何度も何度も繰り返されている。そして今でも考えるんだ、『シュートを打つのではなく、キーパーをかわすべきだったんじゃなかったか?』ってね。試合後の最初の1週間は1日に2,30回はあの映像を見た。時間を遡って運命を変える力があったらと思ったよ。自分の中で納得できるとは思わない。多分一生できないだろう」

「偶然の力も運もなかった。もしカシージャスのつま先が少しだけ短かったら・・・。フィナーレの後はののしったり、呪ったり、泣いたり・・・。みんなから電話もあったけど、僕は一つも出られなかった」

http://www.telegraaf.nl/telesport/voetbal/8499389/RobbenZie_WK-kans_steeds_terug__.html?sn=voetbal