Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

フェルベーク 「ワィナルドゥムにとってPSVかトゥエンテが良いステップになる」

ヘルトヤン・フェルベークは現在のジョルジニオ・ワィナルドゥムの状況を残念に思っているようだ。この監督はフェイエノールトで7ヶ月間このMFと仕事をしたが、2009年1月にロッテルダムを去った。彼はワィナルドゥムが大きなポテンシャルを持っていることを知っており、それが現実に現れてくるのを期待している。

「プレースタイルから言って彼は外国のどのリーグでも評価されるはず」

フェルベークは、ワィナルドゥムが現在中位クラスのフェイエノールトに長く留まるよりは国内のトップチームにレンタルで移った方が彼の成長にとって良いことではないかと提案している。

アヤックスは問題だが、PSVかトゥエンテなら国外への良いステップになる。そこで力を示せれば、国外へ向けを向けることができるだろう」

フェルベークはデ・カイプ当時を振り返り、ワィナルドゥムがプレーする位置を中央に変えることを主張している。

「私も右サイドで使っていたが、将来的には10番を期待していたんだ」

ただヨング・オランイェのコル・ポットはフェルベークには賛同せず、彼の10番に疑問を感じている。

「彼は頭を下げてプレーすることが多すぎるし、10番のポジションから見ると遊びすぎる。攻撃的MFとし彼の将来はそんなにないだろう。ウェズレイスナイデル、ロビン・ファン・ペルシ、ラファエル・ファン・デル・ファールトもその位置でプレーしているからね。ヨング・オランイェでは私はシーム・デ・ヨングの方が可能性があると思っている」

http://www.feyenoordfans.net/nieuws.php?id=3891

フェイエノールトの主力が普通に国内トップクラブを経て国外へ移籍するルートが現実的に近づいているのは否定できない・・・