Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

フェイエノールト-インタビュー・コラム

Rick Costはhoofd performanceとしてどのようにFeyenoordで変化を引き起こしているか「ここでようやくtopsportが行われるようになった」

'この hockeytrainer'がFeyenoordに受け入れられるまで1年かかった。3年経って運動科学者 Rick Costはclubでもはや無視できない存在になっている。この40歳のHagenaarはtrainingを革新し、データを翻訳し、限界を押し広げる。「Rickは近い内にEngladでmanage…

Fraser「このスタッフになってから彼らは悪い時期を全く経験していない」

Henk Fraser en John de Wolfは90年代のFeyenoordで破壊不可能なverdedigingsduoだった。明日彼らはFeyenoord en Sparta間のderbyで対面する。Fraser「今週の初めにはそれについて考えてもなかったけれど、確かにtrainerとして公式に対戦するのは初めて」 Jo…

Cost「これが混沌の端」

topsportはますます革新的になっており、それはFeyenoordでも同様だ。‘laptoptrainer’という用語はより一般的になり、あらゆるディテールがデータの助けによって考えられている。Feyenoordもこれらの発展に合わせて今年初めにHoofd Performance-coach Rick C…

Teixeira「ここでは誰もが攻撃的なプレーを好んでいる」

国際的なブレイクの前にFeyenoord-aanwinst João Carlos TeixeiraはWillem II戦 4-1勝利での2アシストで自分の足に語らせた。27歳のPortugeesはNederlandで早々に自分の方向転換を見つけたようで、それを彼はNederlandで行われているポジティヴなvoetbalのお…

De Wolf「昨シーズンの我々はtitelを穫れるというフィーリングが確かにあった」

John de WolfはFeyenoordで自分を水中の魚のように感じている。Dick Advocaatの現assistent-trainerは何年間も'zijn' clubでの役割を夢見てきたが、昨シーズンのJaap Stamの離任後にこの元選手は遂にDe Kuipに戻った。「とても楽しんでいるよ。もちろんそれ…

Nieuwkoop「Feyenoordを去って、初めて自分が何を失ったか気づいた」

Bart NieuwkoopはレンタルされたWillem IIで1シーズンプレーしてFeyenoordに戻ってきた。basisspelerとしての1年間 重要な存在をこなすという経験を得てDe Kuipに戻り、そこでこのrechtsachterはいま初めて固定されたbasisplaatsを得ている。「僕はそれをFey…

Spajić「僕は経験豊富だし、フィールドで自分が何をするべきか分かっている」

Uroš SpajićはWillem II相手にFeyenoordでのデビューを果たし、自身10ヶ月ぶりの試合だったのにも関わらず、ミスの無いデビューだった。その最後の試合は2019年12月12日、彼の雇用主であるFK KrasnodarがGetafeに3-0で敗れた試合だ。「その後 我々は僕の足首…

Advocaat「我々が守備的にプレーしていると突然言い出すべきでは無い」

Feyenoordでプレーの考え方について論争が起きているようだ。Dick Advocaatの就任以来 Feyenoordはカウンターで相手を痛めつけるためにより引いていた。それが成功していたのはこのtrainerのもとで獲得された勝ち点が物語っている。しかしこのoefenmeesterの…

Van Beek「僕はどんな挫折をしても諦めないし、それはすぐ証明されるだろう」

永遠の昔のように思えるが、Sven van BeekはFeyenoordで素晴らしい時期を過ごしていた。守備面だけで無く、ajax戦の得点とuropa Leagueのgroepsfase Standard Luik戦でのal-of-niet-kopdoelpuntは多くのsupportersがまだ覚えているだろう。しかしこの数年こ…

Senesi「経験と才能が上手くmixされている」

今週の土曜日 FeyenoordはPEC Zwolleとのuitwedstrijdでいよいよcompetitiestartを迎える。Marcos Senesiは今週出るFeyenoord Magazineの新刊で2020-2021シーズンを楽しみにしていると語った。 君はFeyenoorderになって1年。今のMarcos Senesiは2019年9月位D…

Teixeira「このgrote clubの一員になれて嬉しい」

金曜日にDe Kuipで2年契約にサインして正式にFeyenoorderとなったJoão Teixeiraは初日から各メディアへのインタビューに応えた。 「ここにいれて嬉しいよ。これは僕にとって大きなチャンス。trainingをしてチームを助けられるのを楽しみにしている。Feyenoor…

Arnesen 「このclubはクレイジーなスタンプを取り除かなければならない」

Technisch directeur Frank ArnesenはFeyenoordの可能性を確信している。このDeenは8ヵ月働き、Rotterdammersの中でとても楽しんでいる。Arnesenは主にscoutingに関わり、それはゆっくりと変化し始めている。 「このclubには典型的なFeyenoord-spelersが必要…

Arnesen「我々はFeyenoordの将来に加わりたいと望む選手たちを使う」

trainingskampでRTV Rijnmondがtechnisch directeur Frank Arnesenにインタビュー。このDeen生まれは今年からFeyenoordに就職し、新シーズのスタートに向けてチーム作りに忙しく取り組んでいる。「我々はまだ2選手に取り組んでいる。1 centrale verdedigerと…

voetbaltrainerとして成功し、人間としては謎の多かったErnst Happel

「voetbalの知識に関しては彼はwereldkampioenだった。彼に優る者はいなかった」 これはBeckenbauerが1970年代に最も成功したclubcoachであるErnst Happelについて語った賛辞だ。だが彼はほとんどメディアと話をすることが無かったため、Happelは人物として…

Toornstra「僕は決して諦めない」

Jens ToornstraはFeyenoordで7シーズン目を迎えようとしている。こおnmiddenvelderは驚くほど頻繁に理想のtwaalfde manと見なされるが、毎年basiselfで非常に寛いでいるように思える。Toornstra自信もselectieないでの自分の役割に明らかに満足している。「…

Botteghin「2007年の選択はあらゆる面で上手く行った」

Eric Botteghin (32)は13年前にBraziliëから新世界に出た。Nederlandで彼はvoetballerとしてだけでなく、特に人間としても成長した。もう1シーズン Feyenoordに残ることになったこのverdedigerはFeyenoord Magazineでこの国で生活が自分に与えたものについて…

Arnesen, 多忙な数日間を満足して振り返る

Frank Arnesenは運を使い果たしてはいない。このtechnisch directeurは長い交渉の末にLeroy Fer en Orkun Kökçüと合意に達した。Rotterdammersはelftalをほぼ完全に維持し、この数ヶ月の大きな目標を達成した。 「素晴らしい数日間」とArnesenはFOX Sportsに…

暴動とその他のEuropees succesによって『忘れられた』1974年のUEFA Cup-winst

1970年の Europa Cup I勝利という成功の後、Feyenoordは4年後の1974年5月29日にももう一つのgrote prijs: UEFA Cupを獲得した。しかしその当時のNederlandse voetbalclubsの成功によって、それは放置された子供のように感じられる。 1974年の『忘れられたfin…

自信に満ち、野心的で大成功: どのようにMelvin Boelは若いtrainerとしてFeyenoordでブレイクしているか

Feyenoordの最年長jeugdteamが来シーズンほど若いtrainerを持つのは2001年のAlbert Stuivenberg以来だ。Melvin Boelはわずか33歳であり、大衆には知られていない。選手としての経験は無いが、amateurvoetbalでのtrainerとして、そしてVarkenoordでの経験を積…

MichelsのミスとHappelの工夫がどのようにFeyenoordをEuropa Cup Iへもたらしたか

ちょうど50年前の今日、FeyenoordはNederlandse clubとして初めてlandskampioenenのためのEuropese bekerであるEuropa Cup Iを獲得した。finaleではSchotse Celticを2-1で撃破。 その1年前にはajaxに歴史を記すチャンスがあったが、Amsterdammersはeindstrij…

50 jaar terug: 「あのシーズンを通して我々は全く疑うことが無かった」

Willem van Hanegemは1968年にXerxesからFeyenoordへ移籍。De KrommeはRotterdammersと多くの成功を祝い、その絶対的ハイライトが1970年のEuropa Cup 1だ。Van Hanegemが初めてFeyenoordに足を踏み入れた時、彼は大きな印象を受けたという。「最初は『これは…

両極端なシーズンは突然の終了

総括Feyenoordにとって2019-2020シーズンは山と谷が両極端なものだった。Stamのもとで始まったシーズンは序盤からほとんど良い所が無く、徐々に悪くなってさえいってEredivisieで3勝5分け3敗という酷いものだったが、Advocaat就任後は多少の幸運にも助けられ…

Ernst Happelは1970年のFeyenoordですでにTotaalvoetbalを行っていた

FeyenoordはNederlandのclubsが出場した8回のEuropa Cup I/Champions League-finalesの中で最初にbekerを獲得したことだけで特別な訳では無い。Rotterdammersはtrainer Ernst Happelの手腕によってmodern voetbalの手本を示していた。それはTotaalvoetbalの…

Treijtel「Happelは父親像だった」

FeyenoordがNederlandse clubとして初めてEuropacup Iを勝ち獲って今年でちょうど半世紀。clubは年間を通してclubgeschiedenisにおけるmijlpaalを振り返り、Feyenoord Magazineのarchief からストーリィを公開している。今回は2019年にEddy Treijtelが‘vader…

Malacia: 「もう気楽ではいられない」

Tyrell Malaciaは陽気な若者として知られている。しかし彼の笑顔の裏には多くの悲しみと苦痛もある。彼は自らを語るタイプでは無いが、今回Voetbal Internationalのインタビューで率直に答えた。 彼は人生が変わった瞬間を今もよく覚えている。「Oranje onde…

Arnesen: 「我々は将来に投資する」

Frank Arnesenは新technisch directeurとしてDe Kuipでの大きな挑戦を待ち構えている。「私にとってajax en PSVがFeyenoordより遙かに多くkampioenになっているのは驚くべき事」と彼はFeyenoord Magazine最新刊のインタビューで語っている。 Frank Arnesenに…

Marcos Senesiのルーツ

Marcos Senesiは先週日曜のWillem II戦後にそのプレーでtrainer Dick Advocaatから賛辞を贈られた。今週発刊されるFeyenoord MagazineではこのArgentijnse verdedigerのルーツについて幅広いインタビューが掲載されている。 Marcos Nicolás Senesi Barónは19…

「Feyenoordは間違いなく相手をするのが厄介なploeg」

今日FeyenoordはDick Advocaatがそんなにのもとでの無敗記録をPSV相手に伸びることを願っている、もちろんできるなら勝利で。Dick Advocaatの秘訣は何かがAlgemeen Dagbladの大きな疑問であり続けているが、Advocaatによれば秘訣は全く無いという。「そんな…

Feyenoordの新たなコース: データ、jeugd, 1つの組織

Feyenoordでは現在権力闘争が続いており、それは今年のnieuwjaarsreceptieで公衆の前で認められもした。近年beleidsbepalersが去って新しい人々が加入し、Feyenoordで設けられた新たなコースは内部で支持を得ているが、抵抗もある。 多くの議論があったToon …

Feyenoordに投資家の入るスペースを作るのは誰か?

Feyenoordはvoetbalveldで落ち着かないシーズンを送っているが、ライン外でもこのvoetbalclub周辺はドタバタしており、水面下ではclubの株式を巡る戦いが続いている。 事の起こりはFeyenoordがVrienden van Feyenoordでよって救済された2010年。clubは財政破…