Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

フェイエノールト-インタビュー・コラム

Toornstra「僕は決して諦めない」

Jens ToornstraはFeyenoordで7シーズン目を迎えようとしている。こおnmiddenvelderは驚くほど頻繁に理想のtwaalfde manと見なされるが、毎年basiselfで非常に寛いでいるように思える。Toornstra自信もselectieないでの自分の役割に明らかに満足している。「…

Botteghin「2007年の選択はあらゆる面で上手く行った」

Eric Botteghin (32)は13年前にBraziliëから新世界に出た。Nederlandで彼はvoetballerとしてだけでなく、特に人間としても成長した。もう1シーズン Feyenoordに残ることになったこのverdedigerはFeyenoord Magazineでこの国で生活が自分に与えたものについて…

Arnesen, 多忙な数日間を満足して振り返る

Frank Arnesenは運を使い果たしてはいない。このtechnisch directeurは長い交渉の末にLeroy Fer en Orkun Kökçüと合意に達した。Rotterdammersはelftalをほぼ完全に維持し、この数ヶ月の大きな目標を達成した。 「素晴らしい数日間」とArnesenはFOX Sportsに…

暴動とその他のEuropees succesによって『忘れられた』1974年のUEFA Cup-winst

1970年の Europa Cup I勝利という成功の後、Feyenoordは4年後の1974年5月29日にももう一つのgrote prijs: UEFA Cupを獲得した。しかしその当時のNederlandse voetbalclubsの成功によって、それは放置された子供のように感じられる。 1974年の『忘れられたfin…

自信に満ち、野心的で大成功: どのようにMelvin Boelは若いtrainerとしてFeyenoordでブレイクしているか

Feyenoordの最年長jeugdteamが来シーズンほど若いtrainerを持つのは2001年のAlbert Stuivenberg以来だ。Melvin Boelはわずか33歳であり、大衆には知られていない。選手としての経験は無いが、amateurvoetbalでのtrainerとして、そしてVarkenoordでの経験を積…

MichelsのミスとHappelの工夫がどのようにFeyenoordをEuropa Cup Iへもたらしたか

ちょうど50年前の今日、FeyenoordはNederlandse clubとして初めてlandskampioenenのためのEuropese bekerであるEuropa Cup Iを獲得した。finaleではSchotse Celticを2-1で撃破。 その1年前にはajaxに歴史を記すチャンスがあったが、Amsterdammersはeindstrij…

50 jaar terug: 「あのシーズンを通して我々は全く疑うことが無かった」

Willem van Hanegemは1968年にXerxesからFeyenoordへ移籍。De KrommeはRotterdammersと多くの成功を祝い、その絶対的ハイライトが1970年のEuropa Cup 1だ。Van Hanegemが初めてFeyenoordに足を踏み入れた時、彼は大きな印象を受けたという。「最初は『これは…

両極端なシーズンは突然の終了

総括Feyenoordにとって2019-2020シーズンは山と谷が両極端なものだった。Stamのもとで始まったシーズンは序盤からほとんど良い所が無く、徐々に悪くなってさえいってEredivisieで3勝5分け3敗という酷いものだったが、Advocaat就任後は多少の幸運にも助けられ…

Ernst Happelは1970年のFeyenoordですでにTotaalvoetbalを行っていた

FeyenoordはNederlandのclubsが出場した8回のEuropa Cup I/Champions League-finalesの中で最初にbekerを獲得したことだけで特別な訳では無い。Rotterdammersはtrainer Ernst Happelの手腕によってmodern voetbalの手本を示していた。それはTotaalvoetbalの…

Treijtel「Happelは父親像だった」

FeyenoordがNederlandse clubとして初めてEuropacup Iを勝ち獲って今年でちょうど半世紀。clubは年間を通してclubgeschiedenisにおけるmijlpaalを振り返り、Feyenoord Magazineのarchief からストーリィを公開している。今回は2019年にEddy Treijtelが‘vader…

Malacia: 「もう気楽ではいられない」

Tyrell Malaciaは陽気な若者として知られている。しかし彼の笑顔の裏には多くの悲しみと苦痛もある。彼は自らを語るタイプでは無いが、今回Voetbal Internationalのインタビューで率直に答えた。 彼は人生が変わった瞬間を今もよく覚えている。「Oranje onde…

Arnesen: 「我々は将来に投資する」

Frank Arnesenは新technisch directeurとしてDe Kuipでの大きな挑戦を待ち構えている。「私にとってajax en PSVがFeyenoordより遙かに多くkampioenになっているのは驚くべき事」と彼はFeyenoord Magazine最新刊のインタビューで語っている。 Frank Arnesenに…

Marcos Senesiのルーツ

Marcos Senesiは先週日曜のWillem II戦後にそのプレーでtrainer Dick Advocaatから賛辞を贈られた。今週発刊されるFeyenoord MagazineではこのArgentijnse verdedigerのルーツについて幅広いインタビューが掲載されている。 Marcos Nicolás Senesi Barónは19…

「Feyenoordは間違いなく相手をするのが厄介なploeg」

今日FeyenoordはDick Advocaatがそんなにのもとでの無敗記録をPSV相手に伸びることを願っている、もちろんできるなら勝利で。Dick Advocaatの秘訣は何かがAlgemeen Dagbladの大きな疑問であり続けているが、Advocaatによれば秘訣は全く無いという。「そんな…

Feyenoordの新たなコース: データ、jeugd, 1つの組織

Feyenoordでは現在権力闘争が続いており、それは今年のnieuwjaarsreceptieで公衆の前で認められもした。近年beleidsbepalersが去って新しい人々が加入し、Feyenoordで設けられた新たなコースは内部で支持を得ているが、抵抗もある。 多くの議論があったToon …

Feyenoordに投資家の入るスペースを作るのは誰か?

Feyenoordはvoetbalveldで落ち着かないシーズンを送っているが、ライン外でもこのvoetbalclub周辺はドタバタしており、水面下ではclubの株式を巡る戦いが続いている。 事の起こりはFeyenoordがVrienden van Feyenoordでよって救済された2010年。clubは財政破…

Sinisterra「自分にこの力があるのはずっと分かっていたけど、チャンスを得ないといけない」

Luis SinisterraはFeyenoordでの最初のシーズンに苦しんでいたが、それはもう過去のものとなったようだ。このvleugelflitserzをRotterdammersのbasisから外すことはもう考えられない。Sinisterraは昨シーズンについて「僕の日々は明快だった。training, 帰宅…

失望から立ち直った前半戦

総括Feyenoordの2019-2020シーズン前半戦は大きな失望とそこからの見事な立ち直りという極端な2つの顔を持っていた。補強選手はほとんどフィットしておらず、シーズン開始直前にalgemeen directeur Jan de Jongが辞任。algemeen & technisch directeurが不在…

Vilhena「僕はFeyenoordで人生とはどういうものかを学んだ」

Tonny Vilhenaは今シーズン FK Krasnodarへ去り、すぐに議論落ちの無いbasisspelerとなった。このclubはvoetbalwereldでgrote naamでは無いが、Ruslandで2位に付けている。しかしFeyenoordは今もこのmiddenvelderと切っても切れない絆がある。「Feyenoordの…

Jansen en Israël, 「全てが揃った」‘AC Milan戦’を振り返る

1969年11月26日、Feyenoordはその歴史の中で最も伝説的試合を行った。熱気で揺らめくDe KuipでEuropees - en wereldkampioen AC Milanを2-0で破り、これはFeyenoordにとってEuropaでのブレイクとなった。かつてAanvoerder Rinus Israël en doelpuntenmaker W…

Van Persie「批判的な目で見るのが私の役目では無い」

Robin van Persieは多くの伝説的試合をし、多くのprijzenを勝ち獲った後、この半年間をvoetbal年金で過ごしているが、このoud-Feyenoorderは再びあるprijzenを受賞した。「ずっと待っていたけど、ようやくDe Gouden Mosselだ。それも本当に素晴らしい場所に…

Koeman, EK予選 Noord-Ierland en Estland戦前会見

Jeroen ZoetのPSVでの状況について「先週末の出来事は彼にとって辛いもの。それは彼も自分で言っている。Jeroenは自分が試合に出ないことを自らPatrick Lodewijksに具体的に伝えた。Lodewijksから私に14.00にそのニュースが伝えられた」「いや、彼を選らんこ…

Ié「このclubに残れたら罰とは感じないだろう」

Edgar IéがFeyenoordのverdedigingから外れることは今のところ考えられず、Marcos Senes加入後も彼はRotterdammersのbasisであり続けている。FeyenoordはIéをTrabzonsporから1シーズンレンタルしているが、「僕はまだTrabzonを見たことが無いんだ。Parijsで…

Toornstra「Feyenoordにはずっと強い絆を感じていた」

Jenst Toornstraはclubliefdeがまだ存在しているという生きる証だ。契約を2022年まで延長し、この30歳のmiddenvelderは6シーズン目に新しい成功を狙っている。「Feyenoordとsupporterは僕の中に最高のフィーリングを生み出してくれる」と彼はFeyenoord Magaz…

Burger「僕にできるのはliedjesを歌うことだけじゃない」

Eredivisieのスタートまであと数日、Feyenoordではまだそれほど多くの事が起きていないが、Wouter Burger (18)の勇敢さ、自信、文字通りの成長がclubにより良い時代への希望を与えている。「僕にできるのはliedjeを歌うことだけじゃない」 Wouter BurgerをIn…

Troost「Tapiaは移籍に協力すべき」

Sjaak TroostがOpen Dag中にFeyenoordの現状について情報を更新。Eljero EliaはいずれにせよFeyenoordには戻らず、Renato Tapiaについては「我慢できない」とRTV Rijnmondにコメントした。 Renato Tapiaの移籍について「昨シーズンすで我々は彼に対してFeyen…

De Jongの手紙は解任通知で返答された

Feyenoordはてんてこ舞いの1週間の後で何とか立ち上がった。Jan de Jongじゃ解雇され、clubは全力で前に進もうとしている。このalgemeen directeurとraad van commissarissenの間で一体何が上手く行かなかったのか? RvCの4人への一通の手紙がDe Kuipで多く…

Vermeer, タトゥーと信仰について語る「どんな時も素晴らしい事がまた起きるもの」

Kenneth Vermeer (33)は神が自分に計画を持っていると知っている。数10のタトゥーと4冊の聖書によって、このdoelmanをネガティヴな気持ちになることはほとんど無い。彼はFeyenoord Magazineの新刊で信仰によってどのような力を得ているかを語った。 豹「初め…

Feyenoordのtalentたちはもっと早く成長できるとVan Bronckhorst

Giovanni van BronckhorstはFeyenoordがコンス数年間talentたちがトップチームへの最後のステップを踏むための成長をさせるために本当に取り組まなければならないと考えている。 Feyenoordを去るこの監督がtweede elftaのvoetbalpiramide参入支持者だったの…

再び失望のシーズンでサイクル終了

総括フェイエノールトの2018-2019シーズンは再び失望のものに。欧州戦はEL予選をTrencínでの悲劇的敗戦の末に早々に敗退、エールディヴィジでは第1節でデ・フラーフスハップ-uitで完敗し、調子の上がらないままウィンターストップを前に上2つに10pts差を付け…