Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

オランイェ-インタビュー・コラム

ファン・ハール、コロンビア戦前会見

火曜のコロンビア戦へ向けた記者会見で、ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールはオランイェの怪我人の多さにはポジティヴな面もあると示唆。オランイェのセレクション選考者は今回普段の控え選手たちのプレーを見ることができる。 選手リストには不在者が多数。…

ファン・ハネヘム 「デ・フライについては残念に思う」

オランダ代表で我々は奇妙な試合を体験した。前半はとてもアクティヴで非常に良いと思ったし、ナイジェル・デ・ヨングはキープレイヤーだった。ストロートマンも力強いプレーだったと思う。だが最も印象的だったのはロッベンにかつてのように迫力があっり、試…

ファン・ハール、日本戦前会見

オランダ代表は土曜のベルギー Genkでの日本とのテストマッチをブルーノ・マルティンス・インディ抜きで行う。このDFは筋肉の捻挫に苦しんでおり、スタメンはロン・フラールに変更に。 マルティンス・インディは金曜のRacing GenkのCristal Arenaでのトレーニン…

ファン・ハール、トルコ戦前会見

ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールは火曜のIstanbulのSükrü Saracoglu-stadionが間違いなく敵意剥き出しの熱狂の渦になると楽しみにしている。 「トルコの観客は驚嘆すべき存在だ。フットボーラーとして私自身素晴らしいと思ったし、私はそれほど苦労したこと…

ファン・ハール、ハンガリー戦前会見

ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールは水曜午後の会見で選手たちのモチベーション・ファクターが最重要だとハッキリ語った。 「WKへのチケットを勝ち取るために、全ての選手たちはまだこれから自分たちの力を証明しなければならないことをよく分かっている。例外…

ファン・ハネヘム 「ルイ・ファン・ハールも少し道を見失っているようだ」

かつてオランダ代表のボンズコーチというのは非常にあてにされる存在だった。しかし我々がエールディヴィジでまだ道を探っているように、ルイ・ファン・ハールも少し道を見失っているように思えるね。 ボンズコーチは我々が信頼できる人物であって欲しい。私は…

ファン・ハール、アジア遠征出発前会見

ルイ・ファン・ハールは金曜午後のフーンデルローでインドネシアとシナへのトレーニング旅行へ向かうオランイェのセレクションについての批判的意見に対してコメントした。「もちろん批判のいくつかは私も理解しているが、我々はスカウティング・スタッフたちと…

NUsport: 「オランダ最高のタレントはアダム・マヘル」

NUsportがロナルド・デ・ブール、リーメル・ファン・デル・フェルデ、ケネト・ペレス、アード・デ・モス、セフ・フェルホーセン、ヤン・ファン・ハルスト、ピエール・ファン・ホーイドンク、アルフォンス・フルーネンダイク、アルノルド・ブルヒンク、ヤン・ボスカンプ、ヘン…

レヒューンの大歓声 「メッシ、メッシ!クラーシがすぐやって来るぞ!」

臨機応変なフェイエノールトのレヒューンは日曜のAZ戦(0-1)大勝利で、'grote kleine man'『小さな巨人』ヨルディ・クラーシに特別な歌を贈った。 CLのvoorrondeへ突き進むデ・カイプのサーターたちは'Messi, Messi, Clasie komt eraan'(「メッシ、メッシ!クラ…

ロッベンの怪我による余波。独メディアとバイエルン・ミュンヘンに対して苛つくファン・マルワイク

今週オランダ代表に合流するも、20分のランニングだけでトレーニングを離脱、オランイェのメディカルスタッフの検査によってそけい部の骨折が発覚してそのままクラブへ戻ったアリエン・ロッベン。その後の対応を巡って様々な余波が起きている。 まず独メディ…

3,4日毎のフットボール選手カイト

プロフェッショナルの模範であるディルク・カイト。しかしそのとトロフィー棚はいまだ空いたまま。だが、それ故にオランイェとリバプールのブロンドのモーターは疲れ知らずに走り続けているのかもしれない。 今日のde Volkskrantでカイトは自分のことを、3日…

怪我人続出のオランイェ、目指すは本大会でのPot1

EK予選最後の2連戦を向かえるオランイェ。すでに予選突破自体は決めているものの、ボンズコーチ ベルト・ファン・マルワイクにはいつも通り手を抜くつもりはなく気は全く無く、目標はEK本大会のグループステージドローでPot1のポジションをつかむことだ。すで…

オランイェ、9回目のEK出場で目指すのはタイトルのみ

フィンランド戦0-2の勝利でポーランドとウクライナで行われるEKへの出場を決めたオランイェ。オランダ代表が欧州タイトルを争うのは1976年、1980年、1988年、1992年、1996年、2000年、2004年、2008年に続いて9回目。タイトルを獲得したのは23年前が最初で最…

ファン・マルワイク 「1位は誇りに思うが、ヴェレルトティートルの方が嬉しい」

今日この日からオランダ代表はFIFAランクでトップに立ち、統計的には世界で最高のパフォーマンスをしている国ということになった。 決して歓び一杯のマイルストーンというものではないが、ボンズコーチ ベルト・ファン・マルワイクは少なくとも誇りに思ってい…