Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

エールディヴィジ-インタビュー・コラム

2016-2017シーズンだいたいのまとめ

2016-2017シーズンの全日程が終了。フェイエノールトの18年ぶりのカンピューンスハップによってトップ・ドリーが合わせて239ptsを獲得、4位以下のサブトッパーは14pts差以上引き離されてトップ・ドリーの支配力が戻ったことが改めて明確に示されたシーズンだっ…

2016/2017シーズン前半戦、だいたいのまとめ

1. Feyenoord 13勝3分1敗 42pts 得点47 失点12 完璧ではないもののほぼ全てのパズルピースが上手く嵌まったシーズン前半戦だったと言えるだろう。守備面でフェルメール、ファン・ベーク、コンゴロと主力陣がそれぞれ負傷離脱もジョーンス、ボテギン、vdハイデ…

2016-2017シーズン展望

・ティートル・レース 当然のように今シーズンも変わらずPSVが大本命。ブルマが移籍し、ヴィレムスがオファー待ち、ファン・ヒンケルの再レンタルが美容という状況ではあるが、質も量も他チームとの戦力差は明白。アヤックスはvdホールンとミリクが去った程度で…

今シーズン ブレイクしたタレントたち

Doelman ヒデ・ユルユス (デ・フラーフスハップ 22) (年齢はシーズン終了時) プロ2年目、エールディヴィジ初シーズンながら、ヨング・オランイェの正GKが伊達ではないことを見事に証明。シーズン最多セーブを記録したのは所属チームがデ・フラーフスハップだから…

2015-2016シーズンだいたいのまとめ

今シーズンも紆余曲折を経てリーグの全日程が終了。シーズンを通してメディアを賑わわせたトゥエンテの問題がPOの最中にジュピラー・リーグ降格処分というライセンス委員会の『斜め上の決定』により、残念ながら今後数週間の裁判にまで続く見込みになってしま…

フィンチェント・ヤンセン 「失せろ、健康な体でいるのを喜べ

ウィンターストップ明けからAZで完全に花開いたフィンチェント・ヤンセン。このスピッツはゴールを決め続けているが、その成功は決して彼の生まれ持った才能に依るものではない。彼は多くのことをし、多くのことを諦めなければならなかった。美しく、そして悲…

2015/2016シーズン前半戦、だいたいのまとめ

1 Ajax 13勝2分け2敗 41pts 得点45失点11 戦力的上積みは無いものの、CLの負担が無くなったことでデ・ブール就任以来これまでとは比較にならないペースで勝ち点を重ねてウィンターカンピューンに。異分子グデルィを違和感無く馴染ませ、クラーセンを10番に置…

2015-2016シーズン展望

・ティートル・レース 今シーズンもPSVが圧倒的本命であり、アヤックスが果たしてどれだけついていけるかどうかだけの問題と見て間違いない。デパイ、ジニ・ワィナルドゥム、レキクが抜けても戦力的にPSVが群を抜いており、アヤックスがよほど安定感を見せなけ…

2014/2015シーズンまとめ

平均年齢がさらに下がり24.38歳となった2014/2015シーズンのエールディヴィジ。カンピューンスハップは遂にPSVが前評判を裏切らない圧倒的クオリティを見せてティートルを奪還。久々にベストチームが制する、納得の形となった。アヤックスとフェイエノールト…

今シーズン ブレイクしたタレントたち

Doelman 例のごとくタレントがブレイクするのは難しいポジションであり、頭角を現した若手はおらず。 Verdediger 今シーズン ブレイクしたタレントの中で最も活躍を見せたのはスフェン・ファン・ベークだろう。デ・フライの後継者として期待された穴を見事に埋…

「エールディヴィジにはそれくらい多くのタレントがいる」

エールディヴィジのシーズンが進むとオランダのレベルについてぶつぶつ言う人の声がどこにいっても多く聞こえる。それは無理もないだろう。優秀な選手たちは全て去り、欧州では我々はもう何も見せられていない。しかし私の眼から見て、エールディヴィジにと…

2014/2015シーズン前半戦、だいたいのまとめ

ブラジルでのWKでエールディヴィジのタレントたちが活躍、その後国外に去って迎えた2014/2015シーズン。予想通り新たなタレントたちの台頭で賑わい、欧州でもフェイエノールトが久しぶりに冬越えを果たすなど、オランダ・フットボールにとってポジティヴな出…

エールディヴィジと人工芝

先週末のエールディヴィジでは現在のトップ2が揃って人工芝での試合だったことで、オランダ・フットボールでは改めて人工芝問題がトピックに。今シーズンのエールディヴィジでは実に全体の3分の1である6クラブが人工芝を使用しており大きな関心事となっている…

高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」

ArsenalからFC トゥエンテにレンタルされ3年ぶりにエールディヴィジに戻って来たリオ・ミヤイチだが、ここまでロッテルダムでの時のようなインパクトを残せておらず、先日のsc ヘーレンフェーン戦ではエンスヘデの厳しい観客からブーイングを浴びながら60分過…

「フェルメール移籍の背景は"紳士協定"を破ったアヤックスへの怒り」

2014年夏の移籍市場で最大の衝撃を残したケネト・フェルメールのフェイエノールト行きだったが、その背景にはフェイエノールトのディレクター陣のアヤックスへの怒りがあったとDe Telegraafが報じている。 近年クライフのビロード革命により、クラブポリシー…

NUsport: エールディヴィジのタレントたちについて識者たち

エールディヴィジは選手たちがますます若いうちに国外で去るようになってきている。新シーズンが始まる今日、NU.nlが我々のリーグでプレーするタレントたちについて識者3人に4つの質問を投げかけた。 エールディヴィジ最大のタレントは誰? ベルト・コンテル…

エールディヴィジ2014-2015シーズン展望

ブラジルでエールディヴィジのタレントたちが躍動し、新たなホーランセ・スホールを見せた夏から、今週末に再びエールディヴィジがスタートする。育成国として若手中心のリーグであることに変化は無いが、フットボールのスタイルに変化はあるのか?大まかな予…

「エールディヴィジは世界のベストリーグに入るか?」

金曜日にエールディヴィジが始まる。今週5回に分けてNOSが送る1回目は「エールディヴィジは世界のベストリーグに入るか?」という疑問だ。ルイ・ファン・ハールは定期的にエールディヴィジへの賛辞を繰り返し、前日のManchester Uniteddでの初会見でも「エール…

2013/2014シーズンまとめ

近年のリーグ全体の不安定さが極まった印象のシーズン。前半戦のPECの躍進や、PSVの急降下と急上昇、終盤のフィテッセの連敗など、それぞれ理由は異なるが、平均年齢がさらに下がり、トップ選手がほとんど消えた事でリーグのクオリティが下がったのは事実。…

今シーズン ブレイクしたタレントたち

’'’Doelman’’’ 平均年齢が下がり続けるエールディヴィジでも若くしてブレイクできるタレントは稀で、アヤックス行き以来見せ場が得られなかったエスパール・シレセンがようやく第1GKの座をつかんだ程度で、大きくインパクトを残した若手はおらず。ジュピラー・…

混乱続く"ラインのFC ハリウッド" -「終わりの始まり」か?

メラブ・ヨルダニアがアーネムに来て約4年、それ以前からの混迷ですでにクラブとしてのアイデンティティを失って久しいフィテッセだが、この1週間で状況はさらに悪化していることを露呈した。 まず3月24日に報道官としてクラブ在籍16年間、”フィテッセの顔”と…

デニー・クーフェルマンスはようやくそのキャリアを味わえる

2008年10月のCL PSVとOlympique Marseilleの試合前にスタンドの誰かがクーフェルマンスに対して、おまえは何もできないと言った。もしかしたらちょっと違う言い方だったかもしれないが、この話には続きがある。クーフェルマンスはその試合でゴールを決め、リ…

テオ・ヤンセン、黄金の左足を持つ享楽主義者

トップスポーツの世界では自身の体に大きな配慮をするアスリートばかりだが、黄金のテオ・ヤンセンはその例外だ。アーネム出身の印象的なこのフットボール選手は事ある毎に煙草を吸い、ビールを飲み、自分の名声を顧みなかった。享楽主義者のヤンセンがピッチ…

2013/2014シーズン前半戦、だいたいのまとめ

今シーズンのエールディヴィジ前半戦は例年以上の不安定さがキーワードに。トッパースが軒並み勝ち点を取りこぼし、サブトップトッパースや中堅クラブ、昇格勢が何度もサプライズを起こしたことで11節終了時点には18クラブが13pts差という歴史的大混戦のミッ…

求む:パーソナリティを備えたキャプテン

グラツィアーノ・ペッレが3試合の出場停止後に再び普通にフェイエノールトのキャプテンマークを巻くかどうか、監督 ロナルド・クーマンはまだ明言しようとしていない。だが今シーズンの他のキャプテンたちはどうだろう?監督としては誰にキャプテンマークを巻…

ファン・ハネヘム 「エールディヴィジにはトップクラブしかない」

私がこの素晴らしいエールディヴィジに対して今シーズン行ってきた数々の批判全てに謝罪させて欲しい。それをすべきでなかったし、ミッキー・マウスがディズニー・ワールドであれだけの人気があるのは伊達ではないと理解しておくべきだった。このリーグが国境…

「いずれにせよトラディショネール・トップ・ドリーの争いになる」

NUsportの毎週月曜のHet Tribunaalのコーナーで、リーグ戦開始を週末に控えた今週は「ランズティートル争いにおいてアヤックスに真剣なライバルがいるか」をブルヒンク、デ・ヴォルフ、ペレスに論じて貰った。 アルノルド・ブルヒンク 「アヤックスが無傷なま…

2013-2014シーズン展望

ヨハン・クライフ・スハールを終えていよいよこの週末から新シーズンがスタートするエールディヴィジ。この夏も多くのクラブがチームを刷新した中でどのような勢力図が描かれるか、大まかに展望。 ADO Den Haag 昨シーズンはフレッシュなフットボールを見せな…

エールディヴィジのレベルを信じるファン・ハール 「RKCとAston Villaの差はほとんど無い」

クラブシーズンが終わって移籍市場が再開。ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールは国外のクラブから関心を受けている(構想内も含めた)代表選手たちに明確なアドバイスを送った。「エールディヴィジのトップ4と国外の中堅クラブを選べるのなら、私は常に『オラン…

2012/2013シーズンまとめ

ニューウェンハイゼン事件から一連のリスペクト問題、100周年で覇権奪回を目指したPSVのご乱心、毎年繰り返されるパフォーマンスの不安定さからの混戦など、今シーズンも良くも悪くも盛り上がりは見せたエールディヴィジ。厳しい財政状況からの高いクオリテ…