Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

エールディヴィジ-インタビュー・コラム

2019-2020シーズン ビデオ判定まとめ

VAR制度が導入されて2年目の2019-2020シーズン。1年目同様に多くの話題と議論を呼んだが、その内容は多少異なっていたようにも感じられた。 2018-2019シーズン ビデオ判定まとめ https://mijnfeyenoord.hateblo.jp/entry/2019/05/18/234626 独自集計 (若干漏…

今シーズン ブレイクしたtalenten

Doelman Maarten Paes (FC Utrecht) 22歳プロ2年目David Jensenが去ったvoorbereidingにポジション争いに勝利して18試合に出場。シーズン後半戦はZoetの加入によってbankに移ったが、Jong Oranjeでもゴールを守るなど高い評価を得た。来シーズンはシーズンを…

2019-2020シーズンだいたいのまとめ

coronacrisis残念ながら今シーズン最大のトピックはcoronacrisisによるcompetitie中断と打ち切りに。欧州各国でじわじわと感染が広がる中、第一感染者の発見が遅かったNederlandはその後感染者数が急速に拡大、Eredivisieは3/8の第26節を最後に政府のイベン…

なぜEredivisieclubsはbuitenlandse trainerを選ばないのか?

ADO Den Haagの新trainerに今週 Alan Pardewの就任が発表されるのはほぼ間違いない。このEngelsmanはUruguayaan Gonzalo Garcia (FC Twente)とDuitser Frank Wormuth (Heracles)に続いてEredivisieで3人目のbuitenlandse trainerとなる。 実際なぜeredivisie…

2019-2020シーズン前半戦まとめ

Kampienschap対抗馬のPSVが失望のシーズンとなったことで楽々と独走するはずのajaxがなぜが勝ち点を落としてAZを振り払えず、多少は緊張感のある展開に。どこまで僅差で続くかは層の薄いAZ次第だが、ajaxのwinterstop明けに低調になる傾向が今シーズンも出れ…

Eredivisieのaanvoerdersとtrainersは控え目なVARを望んでいる

毎節毎にvideoscheidsrechterの機能について議論になっている。解決策?Eredivisieclubsのtrainers en aanvoerdersが出した結論ははっきりしている。彼らの大部分はVAR制度を支持しているが、「少なくともscheidsrechterのミスを修正する事にVARはもっと控え…

2019-2020シーズン展望

・titlestrijd戦力的には例のごとくajaxの1強状態。昨シーズンに続いてPSVがチーム力でどこまで接近できるかだが、あまり盛り上がらない可能性の方が大きい。 ・subtopFeyenoord越えを狙うAZとvd Brom就任で良い補強をしたFC UtrechtがVitesse以下にやや差を付…

2018-2019シーズンだいたいのまとめ

ビデオ判定が導入2018-2019シーズンの大きなトピックがビデオ判定の導入だったのは間違いない。特にシーズン前半は様々な議論を引き起こし、終わってみればレッドカードは67枚、ペナルティキックは103回と、どちらも記録的な数字に。近年の比較ではレッドカ…

今シーズン ブレイクしたタレントたち

doelmanKjell Scherpen (FC Emmen) 19歳 プロ2年目若くしてブレイクの難しいポジションで、プロでの出場経験が無い18歳がクラブ事情から第1GKに抜擢されて大注目を浴びた。2,04mの長身でスーパーセーブを見せたが、一方で致命的ミスも度々。エメンの直接残留…

Makkelie 「VARはセーフティネットだが、私はテクノロジーより優秀でありたい」

今シーズン AD-klassementでbeste scheidsrechterとなったDanny Makkelie (36). VARとしても名を成した彼がADのインタビューに応えた。 6月のCL finaleで共にVARとして働くPol van Boekelは今シーズン「スクリーンの前に立つのは"mindfuck"のようなもの」と…

2018-2019シーズン ビデオ判定まとめ

VAR制度が導入された初シーズンとなった2018-2019シーズン。ビデオ判定は多くの話題と議論と関心を呼び集めた。 KNVBによるレポート VARのチェック回数は総計4.000回 (1試合当たり13回!)。介入は106回で約3試合に1回。内87回で誤審が修正され、13回でVARが…

ベルフハイスはWatford時代で何を学んだか

2015年夏にスティーヴン・ベルフハイスは夢の移籍を果たした。彼はAZを去ってプレミア・リーグへ渡ったが、Watfordでの彼の冒険は成功せず。VIで27歳になったフェイエノールダーは自分にもその責任があったと説明した。 「今なら自分が間違った考えでイングラ…

VAR op eredivisie (1ste helft van het seizoen 2018-2019)

Basic data153 wedstrijden: Correctie door videobeoordeling/Interventie door VAR 50/56een interventie per 2,7wedstrijden. op 106 wedstrijden (69%)geen interventie.On-field-review 39 keer. Een mal per 3,9 wedstrijden. Correctie door OFR is 3…

シーズン前半戦ビデオ判定まとめ

2018-2019シーズンから遂にエールディヴィジ全試合に導入されたビデオ判定。ザイストのKNVBリプレイ・センターからビデオ審判たちが試合を監視することで153試合で50の判定が修正された(個人調べ)。各クラブの監督とキャプテンはほぼ全員が使用継続を支持して…

2018-2019シーズン前半戦まとめ

オランダ・フットボール全体ではオランイェの復活でこの数年の暗いムードから明るい兆しが訪れた2018年。エールディヴィジはシーズン前半で522得点(1試合平均3,4得点)と大量のゴールが生まれ、数字上は攻撃的なリーグというイメージが復活したようにも思える…

エールディヴィジ・アンケート: VAR制度は続けるべき

今シーズンからエールディヴィジ全試合に導入されたVAR制度。ADがエールディヴィジ全クラブの監督とキャプテンにVAR制度についてアンケートを実施。ビデオ判定は毎週のようにVTスタジオ、フットボール紙、コーヒー販売店に必要な議論を提供し続けているが、…

2018-2019シーズン展望

・ティートル・レーストップ・ドリーの争いになるのは言うまでも無いが、歴史的大補強をした上に今のところツィエクが残っているアヤックスが無難な本命。セレクションをほぼ維持してファン・ボメルが新監督に就任した現カンピューンのPSV、同じく戦力をほぼ維持…

今シーズン ブレイクしたタレントたち

Doelman 該当者無し毎度ながらタレントがブレイクするのが難しいポジションであり唯一 フェイエノールトの1年目 ジュスティン・バイロー(20)が3試合出場で評価を得たが、ブレイクには至らずに来シーズンの第1GK獲りに期待。 Verdedigerキク・ピーリ (ヘーレン…

2017-2018シーズンだいたいのまとめ

2017-2018シーズンの全日程が終了。PSVが再びカンピューンスハップを奪回し、今世紀最も安定感のあるベストクラブであることを改めて証明した結果になった。トップ・ドリーとサブトップの差は依然として変わらないが、不安定な時期が長かったフェイエノールト…

ファン・ハネヘム、Elftal van het seizoenを選ぶ

今日ではあらゆることろでドキュメンタリィが制作されるが、このエールディヴィジ・シーズンは私にとってほとんどその材料にならない。しかし敢えて今シーズンのチームを作ってみることにするよ。 監督には私はフィリップ・コクーを選ぶ。率直に言えばPSVは低…

アリレーザ・ヤハンバクシュの唯一の改善点は優しさを減らすこと

AZファンは今シーズン彼のゴールとアシストとたくさん楽しめているし、エールディヴィジ対戦相手も彼の活躍に印象を受けている。しかしアリレーザ・ヤハンバクシュはピッチ外でも成功に満ちあふれている。友人たち、家族、同国人たちは彼を賞讃し、イランでは…

最後のロマンチスト ジョン・ステーヘマン、欧州戦からジュピラー・リーグ下位へ

状態は2016年に歴史を記した。小クラブ ヘラクレス・アルメロでペーター・ボスの後を引き継いでの2年目、前任者がなしえなかったPOを経ての欧州戦チケットを獲得。欧州での冒険はポルトガルでの山越えの1回だけに終わり、ヘラクレスはEL予選でAroucaに敗れたが…

年老いたフットボーラーたちよ、失敗する勇気を持て

ヴイレム・ファン・ハネヘムによればロビン・ファン・ペルシはフェイエノールトに来ない方が良いという。なぜならファン・ペルシは「ディルク・カイトではない」からだ。もちろん後者は少なくとも事実だ。誰もディルク・カイトではない。ディルク・カイト本人以外は…

いかにしてオーフェルマルスはベルフカンプから権力を奪ったか

アヤックスは12月21日に監督 マルセル・カイザー、アシスタント ヘニー・スパイケルマン、カルチャー番 デニス・ベルフカンプに別れを告げた。権力者 エドウィン・ファン・デル・サールとマルク・オーフェルマルスがこの数ヶ月の結果から出した厳しい判断。いかにし…

エールディヴィジで4-3-3はもう神聖な存在では無い

2017年はエールディヴィジで4-3-3がもはやスタンダード・テンプレートでは無くなった年として年表に書き記して良いだろう。FC ユトレヒト、FC トゥエンテ、ヴィレムIIが別のフォーメーションでやれることを証明。ただ実戦的には理論上ほどそう簡単では無いよ…

2017/2018シーズン前半戦、だいたいのまとめ

1. PSV 18試合15勝1分け2敗 得点49失点21(+28) 46pt 第14節を終えて10勝1敗など、シーズン前の予想を大きく覆して5pts差のコップローパーでの年越しはほぼ全てが上手く行った結果だろう。ロザーノが総額12mil超と言われる高額移籍金の期待に十二分に応えるパ…

生まれ変わったソル 「全て上手く行ったことを神に感謝しないと」

フラン・ソルの感情はこの数週間 ジェットコースターのようにめまぐるしかった。3週間前には睾丸に腫瘍が見つかったと聞かされて時間が止まったが、しかしこのヴィレムIIのスピッツは再びフットボールをする意欲に満ちている。「最高だよ。自分が生まれ変わっ…

スハーケン 「僕は決してラッキーだったわけじゃない」

2010年から2015年にフェイエノールトと契約していたルーベン・スハーケン。アムステルダムに生まれた彼はロッテルダムで不動の存在、アシスト王、観客の人気者までになったが、VVVからデ・カイプに来た最初のシーズンはわずか14試合出場でゴールに絡むことも無…

2017-2018シーズン展望

・ティートル・レース 今シーズンもトラディツォネール・トップ・ドリーからカンピューンが生まれるのは間違いない。例のごとくどのクラブも主力を失っているが、フェイエノールトとアヤックスはそれぞれ代役を確保。一方でPSVはグアルダードとモレーノの穴が大…

今シーズン ブレイクしたタレントたち

Doelman アンドレ・オナーナ (アヤックス・21) プロ3年目 (年齢はシーズン終了時) ヨング時代もほとんど注目されていなかったことを考えれば今シーズン最大の発見であり、驚き。アヤックスのGKとしてフットボール能力の高さは当然として、反射速度、特に1対1で…