Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Paulo Rudisillを獲得

FeyenoordはPaulo Rudisillの獲得に成功した。Verenigde Staten出身の18歳のmiddenvelderはDe Kuipで2026年半ばまでの契約にサイン。Rudisillは今シーズンはFeyenoord Onder 18に加わる。

 

「Pauloは多くのポジションをこなせる攻撃的志向のmiddenvelder」とRini Coolen, Head of Academy van Feyenoord. 「洞察力にも優れており、適切なwinnaarsmentaliteitも備えている。Feyenoordのspelerとなってまだ間もないにも関わらず、あっという間にclubに適応できた。彼が自分の最大限を引き出すために毎日どれだけハードワークしているかを見るのは素晴らしい事」

 

RudisillにとってFeyenoordでプレーするのは夢の実現だ。「幼い頃からいつかEuropaでvoetballerとして活動したいと願っていた。だからFeyenoordのようなgrote en mooie clubでそれが叶うのをとても誇りに思っている。この場所で僕はさらに成長できるし、いつかFeyenoord 1に到達するために全力を尽くすつもり」

 

Irvine (Californië) 生まれのRudisillは近年 LA Galaxyのjeugdopleidingを終了し、今シーズン残りはFeyenoord Onder 18のselectieの一員となる。先週金曜日にこのVerenigde Statenのjeugdinternationalはtrainers Robin van de Persie en Brian Pinasのチームに公式デビューを果たし、FC Groningenとの勝利に終わったthuisduel (2-1) でRudisillは試合全体でライン内に立った。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/paulo-rudisill-tekent-bij-feyenoord-090224

KNVB beker kwartfinales: SC Cambuur en FC Groningenの2 Eerstedivisionistが勝ち上がり

KNVB beker kwartfinales: 


Dinsdag 6 februari
20.00 NEC - ADO den Haag 3-0
2' Koki Ogawa 1-0 / 61' Dirk Proper 2-0 / 67' Tjaronn Chery 3-0

 

Eredivisieで好調 7位のNECとKeuken Kampioen Divisieで2位のADO. 

 

開始2分でCheryのhoekschopからOgawaの頭でNECがあっさり先制すると、その後も積極的にプレッシャーをかけようとするADOをかわして支配的なvoetbalをする展開。8分にはVan Rooijがドリブルで16m内に入ってそのままシュートもMarsmanがセーブ。それ以外NECがチャンスを作れないものの、ADOにも全く何もさせずに完全にコントロール。しかし徐々にNECのテンポが落ち、30分を過ぎてようやくADOが前に出られるようになり、Van der Sandeのパスでbuitenspel際のVan Mieghemは抜け出しかけたがRoedfが飛び出して対応。CheのミドルシュートもRoefsが驚きながらも正面でセーブ。

 

HT明けもADOが主導権を取り続け、Koudossouからゴール前のVan Mieghemに決定的なボールが出てbijna 1-1もSandlerがなんとか介入。HoedemakersのミスパスからAsanteがノープレッシャーで持ち上がって強烈なシュートもRoefsがなんとかセーブ。後半も低調なNECは残り30分でHoedemakers en Ogawaを下げてGonzalez en Sowを投入すると、即効果が出てテンポが上がり、Van Rooijのパスから16m際でフリーのProperが反転シュートで2-0. さらにVan HintumのボールロストからのカウンターをCheryが左隅に見事なフィニッシュで3-0として勝負あり。

 

NECは2014年以来、通算9回目のhalve finale進出。

 

Rogier Meijer
「finale進出の可能性?それについては土曜日のloting後に話せるかもしれない。緊張しながら見るだろう。見通しのあるloting結果なら、多少夢を見れるかもしれない。とにかくthuisでプレーしたい。まだ全チームこれからプレーするので、どうなるか見てみよう。できればthuisでやりたい。そしてできればFeyenoord of AZと当たりたくないのは誰もが理解してくれるだろう」
「kleedkamerはとても落ち着いていたよ。spelersは喜んでいたが、finaleについては話題になっていない。halve finaleに進めたのはとても良い成績。NECのようなclubにとっては毎年それができるわけでは無い」

 

Woensdag 7 februari
18.45 SC Cambuur - Vitesse 1-0
35' Milan Smit 1-0 / 79' Anis Hadj-Moussa 1-1 / 81' Fedde de Jong 2-1 / 88' Milan Smit 1-0 (str.)

 

KKDで8位と苦しいシーズンのSC CambuurはBergsma en Anelloに替えてJhondly van der Meer en Daniël van Kaamを起用。Eredivisieで最下位のVitesseはMeulesteen, Tielemans, Davy Pröpper en Van Ginkelが負傷欠場でDomgjoni en Cornelisseの2 controleursに加えてBoutrah en De Regtをbankに置いてAdrian Mazilu (18) en Anis Hadj-Moussa (21) がspits Meerdink (20) の両翼に並ぶ若いvoorhoede. 

 

出だしからCambuurがプレッシャーをかけてVitesseにほとんどボールを持たせず優勢に。14分にBalkのクロスからBreijのヘディングで最初のチャンスも枠に飛ばせず。Vitesseも徐々にボールを持てる様になって20分過ぎにMeerdinkが良いシュートもVan Oschがセーブ。お互いにボールをキープできないドタバタした時間帯の後、30分を過ぎてCambuurが再び攻勢。hoekschopの流れからVan Kaamに大チャンスもダイレクトでのボレーが枠外に飛んだ直後にaannameをミスしたCornelisseを囲んで奪ってのカウンターをSmitが1タッチで見事に決めて1-0. 

 

VitesseはHTにMaziluを下げてBoutrahを投入するも後半出だしもCambuurに良いチャンスが続く展開。10分経ってようやくVitesseにも大チャンスが来たが、Hadj-MoussaのクロスからMeerdinkのヘディングが僅かにバーの上に。65分にはCambuurのhoekschopの流れからPollの強烈なミドルシュートをVan Oschが何とかセーブし、リバウンドからSmitががら空きのゴールにヘディングをするもバー直撃。お互いに得点できず五分五分の展開で迎えた終盤にVitesseはOrozを下げてBuitink投入で勝負をかけると、Hadj-Moussaが中に切り込んでのシュートで1-1. しかし数分でPollが力強いアクションでHadj-Moussa相手をかわしてのパスからFedde de Jongが決めて2-1と再びCambuurが勝ち越すとSmitと競り合ったHendriksのhandsがビデオ判定で罰せられて3-1で決着。blessuretijd最後には悲痛な表情のSturingと笑顔でガッツポーズを繰り返すHenk de Jongの対照的な姿で終了。

 

SC Cambuurは2017年以来通算2回目のhalve finale進出。

 

Henk de Jong
「これも思い出に残る夜のリストに加わった。かつて我々はPeter BoszがtrainerだったVitesseに勝利した事がある。今回も再び勝ち、とても嬉しい。正当な勝利だと思う。我々は特定の方法でプレッシャーをかけたいし、それならスピードが必要。今回は例えばVito Wormgoorの良い交代で上手くできる様になったし、そうすればtrainingenでやった事がすぐに見えてくる」
「もちろんhalve finale進出はとてもスペシャル。前回それが起きた時はArne Slot en Sipke Hulshoffがtrainerだった。今回は彼らが対戦相手になる可能性すらある。とにかくthuisを引けることを願っている、相手がどこかは気にしない。我々は誰にでも勝つことができるが、誰にでも負ける可能性もある。このploegで成長し続ければ本当にクレイジーな事をやれるだろう」

 

Edward Sturing
「ガッカリだが、試合を見れば相応しい結果。特に前半はCambuurの方が勝つんだという絶対的な意思をより持っていた。我々は時々とても雑でボールを失っていた。それは自信のせいでもある。Papendalでのtrainingで良いプレーをするのは良い事だが、それは何の役にも立たない。ここでそれを見せないといけない」
「penalty判定は馬鹿げていると思う。いま初めて見た。これがpenalty判定なら、私はtvでもう100.000 penalty'sを見ている。しかしそれで負けたわけでは無い。自分たちに理由を探すべきであり、scheidsrechterに探すべきでは無い。我々はelftalに他の問題がある」

 

21.00 Feyenoord - AZ 2-0
44' Lutsharel Geertruida 1-0 / 86' Bart Nieuwkoop 2-0

 

日曜のcompetitieから場所を移して中2日での再戦。FeyenoordはBijlowの負傷離脱でWellenreutherがバーの下に。Zerroukiを外してStengsをop 10に戻し、Nieuwkoopを再びrechtsbuiten起用。AZは逆にOwuso-Oduroに替えて怪我から戻ったRyanがバーの下に。Addaiに替えてAsian Cupから戻ったSugawaraをrechtsbuiten起用し、schorsingのPavlidisの代役はPoku.怪我明けのMartins Indiはbankから。

 

日曜に序盤以降 AZのプレッシャーをかわせなかったFeyenoordが出だしから上手く組み立て、ボールを持っていない時も高い位置から激しくプレッシャーをかけて主導権を取る展開。12分目に負傷離脱したBijlowへのspandoekが掲げられて1分間の拍手。15分前後からFeyenoordの良い攻撃が続くと、HartmanからGimenezのシュートがブロックされた後に、TimberのドリブルがClasieに倒されてのvrije trapからTraunerがヘディングで遂にFeyenoordでの初ゴールを決めたかと思われたが、VAR Manschotがラインを引いて僅かにbuitenspelで認められず、数分後にはそのTraunerがハムストリングを痛めてBeelenと交代のアクシデント。久しぶりに良いvoetbalでチャンスを作っていたFeyenoordの勢いが衰えてAZが試合に入りかけたが、数分で再びFeyenoordが激しさを取り戻して優勢に立ち、vrije trap-variantからHartmanが蹴り損ねるも、Van Bommelの中途半端なヘディングクリアからHanckoを経て最後はGeertruidaが頭で決めて1-0. 

 

前半 シュート 9(3)-1(0). xG 1.2-0 と圧倒されたAZはHTにPenetra, Bazoer en Mijnansを下げてMartins Indi, Belic en Van Brederodeを投入し、Pokuを右に移してVan Bommelがspitsに。後半もFeyenoordが激しくプレッシャーをかけて主導権を取るも、AZも試合に入ってmiddenveldで多くの競り合いが起きる展開に。Feyenoordは数回上手くボールを奪うも大チャンスに繋げられず、AZは残り20分でPokuに替えて今シーズン FC VolendamでDe Kuipで得点しているZeefuikを投入。Feyenoordは残り15分を切ってGimenezに替えてAsian Cup帰りのUedaを投入。直後にZeefuikのパスでVan Bommelに大チャンスもシュートは枠外に。さらにSugawaraのクロスがHartmanの頭上を越えてVan Bommelに届くも驚いてコントロールできずWellenreutherがキャッチと、Feyenoordが起点となるZeefuikを抑えられずにいたが、残り数分でPaixãoの素晴らしいドリブルからWiefferのパスで飛び出したStengsのアシストを信じられないほどのエネルギーを注いでいたNieuwkoopが決めて2-0で勝負あり。Feyenoordはblessuretijdに好調のTimberが至近距離でPaixãoが蹴ったボールが顔に当たって脳震盪で起き上がれず担架でフィールドを後にして怪我人を増やしつつ勝利。

 

FeyenoordはFC Utrecht, PSV en AZを下してkwartfinale進出。

 

Maarten Martens
「Zeefuikでは無くPokuを選んだのは彼が本当にフォームにあるから。そのスピードとボールを持った時のクオリティのおかげで彼を止めるのは難しいが、今回の我々はボール保持が十分では無かった。たくさん後ろにボールを追いかけなければならなかったので、正しい選択をするためのエネルギーが減ってしまった」
「我々は最初のプレッシャーのタイミングを上手く捉えられたと思ったが、彼らはサイドからサイドへと簡単にプレーしていら。しかしボールを奪おうという本当の意思、その点で我々は全体での作業があまり上手く行かなかった。十分にアグレッシヴでは無かった」

 

Donderdag 8 februari
20.00 FC Groningen - Fortuna Sittard 0-0 s.s. 4-3

 

このbekerseizoenで初めてthuisを引いたFC Groningenが試合前のwarming-upでclubにbekersuccessをもたらしたDanny Buijsに向けて5分間歌い続ける美しいシーン。FC GroningenはLaros DuarteがAfrika Cupから戻ってbasis入り。FortunaはOramangoenをmiddenveldに加え、Sierhuis en CordobaのvoorhoedeでFC Groningenと鏡合わせの4-4-2.

 

10分過ぎにDuarteがやや難しい角度からvrije trapを直接狙うもバーを直撃し、数分後には右サイドのFeratiからのクロスをSierhuisがボレーで狙うもJurjusが好セーブ。徐々にFortunaが圧倒し始め、30分手前にもLonwijkが強烈なミドルシュートを放ったがこれもJurjusが見事にセーブ。Groningenも30分過ぎに左サイドの良いコンビネーションからPostemaに待望の大チャンスもポスト内側を叩いてVerripsがキャッチ。勢いづいたGroningenが攻勢に出て完全に対等な展開になりつつ折り返し。

 

FortunaはHTに存在かの無いHalolovicを下げてDeroy Duarteを投入。Groningenは後半開始10分もせずにCordobaと不運な衝突をしたPelupessyが頭を打ってHoveと交代。お互いに対策した事で後半はあまりオープンでは無くなって娯楽性も減り、middenveldでの競り合い以外にほとんど何も起きずに時間が経過。雪が激しくなって寒さも増してきた終盤にFortunaは残り15分で良い試合をしていたLonwijkが足を吊ってDa Cruzと交代。Groningenは規定時間残り数分でvrije trapからBacunaのヘディングで久しぶりにシュートもバーの上に飛んで90分終了。

 

Halolovicが下がって全く違いを作れなくなったFortunaはOratmangoen enn Cordobaを下げてÖzyakup en Peterson投入でverlengingに入り、8分にPetersonに最初のチャンスもJurjusがセーブ。後半にはSiovas, Dijks en FeratiとFortunaのspelersが次々に痙攣を起こすも最後の数分間で攻勢に出たが、数回のstandaardsituatiesで得点できず、blessuretijdにGroningenのinvaller Rui Mendesに良いチャンスも反転シュートが枠を外れて終了。

 

今シーズン前半にFC Groningenのeerste doelmanの席を争ったJurjus en Verripsの運命的な対決となったstrafschoppenserieは
後攻 Fortuna2人目のÖzyakupをJurjusが見事にストップするも、続くGroningenの3人目 ValenteをVerripsもストップ。Groningen 5人目のPeersmanが非常に落ち着いてVerripsの逆に流し込んで成功すると、Fortuna 5人目のBelkheirの強いシュートがバーを叩いて決着。

 

FC Groningenはbekerwinnaarとなった2017年以来、通算5回目のhalve finale進出。

 

OranjeがNations LeagueでDuitsland, Hongarije en Bosnië en Herzegovinaと対戦

Nederlands elftalはUEFA Nations League 2024/'25でDuitsland, Hongarije en Bosnië en Herzegovinaと対戦する。Nations Leagueの第4回は2024年11月にスタート。形式は多少変更され、poulefase後にkwartfinalesが続き、そのwinnaarsがFinal Fourに進む。

 

第4回Nations Leagueのlotingは木曜夜にParijsで行われた。KNVBを代表してbondscoach Ronald KoemanらがMaison de la Mutualitéに出席。Oranjeは前回でFinal Fourに進んだためにpot 1の咳割り当てられた。それはSpanje, Kroatië en Italiëにも当てはまり、少なくともこれらの国が当たることは無い。

 

Bondscoach Koemanはvoormalig Spaans international Juan Mataが自分のploegをHongarije (pot 2), Duitsland (pot 3) en Bosnië en Herzegovina (pot 4) とカップリングさせるのを目撃。特にDuitslandととの試合は想像力を刺激するものだ。両チームは来月 (3月26日) Frankfurtで、来夏のDuitslandでのEKに向けたvriendschappelijk treffenで対戦する。

 

Bondscoach Ronald Koeman:
「もっと悪い結果もあり得た。特にItalië, België en Frankrijkのグループを見ればね。我々のグループが興味深いものなのは確か。Hongarijeのような組みを例にあげれば、理由無くDivisie Aに到達した訳では無い。近年 nationale teamでとても良い成績を収めており、決して簡単な相手では無い。Duitslandのことはもちろんよく知っている。常に素晴らしい試合になるし、3月にも練習で対戦する。最後にBosnië en Herzegovinaは数年前にもNations Leagueで対戦した。現時点ではあまりよく分かっていないが、彼らも理由無くDivisie Aにいる訳では無い。どの国も真剣に受け止めなければならないということ」

 

Nations Leagueの形式について少なくともKoemanはとても満足している。「Nations Leagueの創設は素晴らしいアイディアだった。今や本当に何かのためにプレーしている。過去の2回で我々はFinal Fourに進んだし、再びそこを目指す。そして最終的にはFinalsも勝つ、そこを全力で目指す」

 

Nations Leagueは秋にスタート
6 poulewedstrijdenは2024年の9, 10, 11月に行われる。2025年3月にkwartfinales (en de promotie-/degradatieduels) が組まれている。eindrondeはFinalsへの出場権を得た国の1つで、2025年5月4日から8日に開催される。

 

Speelronde 1: 5-7 september 2024
Speelronde 2: 8-10 september 2024
Speelronde 3: 10-12 oktober 2024
Speelronde 4: 13-15 oktober 2024
Speelronde 5: 14-16 november 2024
Speelronde 6: 17-19 november 2024
Kwartfinales League A: 20-25 maart 2025
Final Four: 4-8 juni 2025

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal-mannen/81246/oranje-m-nations-league-tegen-duitsland-hongarije-en-bosni%C3%AB

Kwartfinaleで勝利もTrauner en Timberを失う (KNVB beker: AZ-thuis)

Feyenoordは水曜日にTOTO KNVB Bekerのhalve finale進出を決めた。trainer Arne SlotのチームはAZ相手にheer en meesterであり、Lutsharel Geertruida en Bart Nieuwkoopの得点で2-0で勝利した。喜びについた染みはGernot Trauner en Quinten Timberの脱落だった。彼らは怪我で最後までやれず、深刻さは今後検査されなければならない。bekertoernooiのhalve finalesのlotingは土曜夜に行われる。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-wint-kwartfinale-maar-verliest-trauner-en-timber-070224

 

KNVB beker kwartfinales:
Woensdag 7 februari
Feyenoord - AZ 2-0
scoreverloop:
44' Lutsharel Geertruida 1-0 
86' Bart Nieuwkoop 2-0

 

Scheidsrechter: Bas Nijhuis
Gele kaarten: Gimenez (Feyenoord), Clasie, Belic (AZ)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Wellenreuther, Geertruida, Trauner (31' Beelen), Hancko, Hartman, Wieffer, Timber (90+6' Milambo), Stengs, Nieuwkoop, Gimenez (78' Ueda), Paixão.
AZ: Ryan; Penetra (46' Martins Indi), Bazoer (46' Van Brederode), Goes, Møller Wolfe; Clasie, D. de Wit, Mijnans (46' Belic); Sugawara, Poku (70' Zeefuik), Van Bommel (83' Addai).

 

Wissels:
Feyenoord: Lamprou, Van Sas, Read, Beelen, Lopez, Zerrouki, Lingr, Milambo, Ivanušec, Minteh, Sauer, Ueda.
AZ: Owuso-Oduro, Martins Indi, Dantas, Sadiq, Belic, Addai, Van Brederode, Dekker, Lahdo, Esteves, Zeefuik, M. de Wit.


https://matchcenter.feyenoord.nl/feyenoord-az-2023-2024-knvb-beker-kwart-finale

 

Arne Slot
「日曜との違い?それは常に物事の組み合わせ。この前の日曜日はAZが非常にアグレッシヴで熱狂的だったが、我々もフィールドを小さくし過ぎていた。今回の我々はもう少し大きくし、それにより彼らにとっては毎回スペースを閉ざすのが難しくなった。それを我々はずっと上手くやった。我々が前の日曜日と同じエネルギーを持っていたかは私には分からない。Thuis en uitは一般的に非常に多くのclubsにとって大きな違い」


Gimenezについて
「一般的に私はかなり我慢強い。spelersに長期間チャンスを与えることが多いからね。そしてSantiagoにはそうするだけの理由もある。彼はとても多くの得点を決めてきたからだ。この前の日曜日は彼がプレッシャーをかけるのに適切なエネルギーを使っていないと思った。今日は間違い無くそれがあったと思うし、それが私は自分のspelersに期待する最低限のこと。その上で彼らにはそれ以外にゴールとアシストで効率性も期待する」
「この前の日曜日の彼は私も生気が無く見えたが、今日はそうは見えなかった。ずっとエネルギッシュで、遙かに上手く競り合いに行って、ボールをキープしていたと思う。対戦相手が彼を相手にプレーするのをずっと難しく刺せていた。しかし結局 かリアゴールを決められなかった。だが彼はとてもハードワークしたチームの一員だった」


buitenspelersについて
「Bartの起用はもちろん相手のクオリティにも関係する。私は他の選手が代わりを務める時には、彼らの方がどれだけ良いかも関係してくるとも私は言っている。ハッキリさせておくが、近年私を追っている人々なら、私が本当に2 buitenspelersでスタートするのが好きなのは知っているだろう。だがその場合には彼ら両方がこのレベルで攻撃面で違いを作れないといけない。それできないなら、私にはBart Nieuwkoopをスタートさせるあらゆる理由がある」


「Timberの脳震盪は見ていてとても辛い。まだ離れて横たわっている。意識はあるが、試合結果も自分がどこにいるのかも分かっていない。意識はあるが、重い脳震盪。現時点では状況があっかしていると考える兆候は無く、脳震盪だと思われる。それはかなりポジティヴ」
https://www.fr12.nl/nieuws/dan-moeten-ze-wel-op-dit-niveau-het-verschil-kunnen-maken
https://www.fr12.nl/nieuws/hamstringblessure-voor-trauner-zware-hersenschudding-timber

 

Mats Wieffer
「この前の日曜日よりも良かった。特にプレッシャーのかけ方が今日は良かった。 Bart Nieuwkoopがその点で非常に重要な役割を果たした。それは彼が上手くやれる事で、とても多くの前へのdrive en powerでプレーするので、彼らは常に組み立てで迷いが出た。彼らに多くのロングボールをプレーさせたので、そこからtweede balを常に勝てるかどうかは僕ら次第。Nieuwkoopはその役割をパーフェクトにこなした」
「ボールを持った時も今日の僕らは少しいつもと違うプランを持っていた。より早めにロングボールを出し、そこからtweede balを勝とうとした。彼らのプレッシャーのかけ方に対して僕らは良いプランを持っていた。この2日間でそれに取り組んでいた。全体として相応しい勝利だ。チャンスもようやくまた決まるようになった」
「2-0ではprima passを出せた。数回ちょっと雑でミスコミュニケーションもあったけれど、それ以外はボールを奪い、primaだった」
https://www.fr12.nl/nieuws/wieffer-blij-met-rol-van-nieuwkoop-daardoor-gingen-zij-twijfelen

 

Bart Nieuwkoop
「どちらかというとwingbackのようなrechtsbuiten. ハードワークし、常に全力で前に出る。これを気に気に入り始めているよ。Slotがまた僕を起用してくれたのは嬉しいし、今日は1ゴールも決められた。supportersが時々驚いているし、彼らも慣れないといけないのが分かる。僕は3 scharenをして個人アクションをするタイプでは無いけれど、trainerが僕を必要としてくれるなら全力を尽くす」
「ゴールを決める事もできた!良い攻撃でCalvinが視野を上手く保ってくれて、僕は綺麗に決めることができた。僕らは時々彼を背後に置く様にしているし、そこから僕も走り込む。でも僕らはmiddenveldからとても良いvoetbalもしていると思うよ」
https://www.fr12.nl/nieuws/nieuwkoop-ik-snap-wel-dat-ze-eraan-moeten-wennen

 

Calvin Stengs
「前回の試合でも僕はたくさん中に入ったけれど、そうなるとLutshaが少し高い位置に来る。その部分で彼らは前回の試合序盤に問題を抱えたけれど、ある時点で上手く解決した。今回僕は頻繁にDani de Witの近くに付き、それによってMatsが頻繁に間に入れ、僕らはmiddenveldに一人多い状況を得られた」
「最近 trainerが無失点に抑えることをかなり強調していると思う。だから僕らはそれを注意したいと思うし、かなり気を遣っているのが分かると思う。standaardsituatiesでもお互いの目を覚まさせ、ゴールを与えない様により配慮しようとしている」
https://www.fr12.nl/nieuws/stengs-nu-zie-je-ook-wel-dat-we-er-erg-mee-bezig-zijn

 

続きを読む

Tsounguiと2026年まで契約延長

Antef TsounguiはFeyenoordでの契約を延長した。21歳のverdedigerは月曜後後に2026年半ばまでにさらにもう1年のオプションが付いた新契約にサインした。Tsounguiの前契約は2025年夏までだった。

 

Tsounguiは昨夏にBrighton & Hove Albionから加入し、今シーズンはsamenwerkingspartner FC Dordrechtにレンタルでプレーしている。Keuken Kampioen Divisieの現在 5位でこのBelgische centrale verdedigerはsterkhoudersの一人であり、ここまで19 officiële wedstrijdenに出場している。

 

「AntefのFC Dordrechtへのレンタル期間は全ての関係者にとって完全に満足いくものになっている」とMark Ruijl, Head of Global Football van Feyenoord. 「technische stafの助けを得て彼は毎日 自分自身をより高いレベルに成長させようと毎日取り組んでいる。我々はAntefの成長と彼の中身に報い、より長く彼を我々のもとに留めたいと思っている」

 

Tsoungui自身もFeyenoordでの契約延長をとても喜んでいる。「最初の契約からこれだけ短期間でclubが僕の契約を延長したいと望んでくれたのは大きな信頼を表している。僕は毎日 自分を改善するために一生懸命働いているし、今後数年間をとてもポジティヴな気分で楽しみにしている」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-verlengt-contract-tsoungui-tot-2026-050224

第20節: AlmereがExcelsiorを下して残留へ大きく前進。Boaduが68秒で得点の鮮烈帰国&Cheryが2試合連続得点。Taylor Boothが兄弟対決でhattrick

Speelronde 20


Vrijdag 2 februari
20:00 Almere City FC - Excelsior 2-1
 26' Troy Parrott 0-1 / 43' Stije Resink 1-1 / 68' Casper Widell 2-1 (e.d.)

 

1pt差の14位対11位。PSVに敗れたAlmere CityはFloranusがschorsing, Mbe SohがbankでBarbetがbasisに復帰。Van La Parraもbasis入りでRobinetとのvoorin. FC Utrechtと引き分けたExcelsiorは移籍市場最終日に移籍が叶わなかったDriouechがいつもどおりbasis入り。怪我から戻ったPierieがbasisに復帰し、Almereにあわせて3 centrale verdediger. Nauijoksを外し、Lamprouがまだ負傷中でUddenäsを起用。AlmereからExcelsiorに移籍したDuijvestijnは出場登録が間に合わず欠場。

 

Excelsiorがコンパクトな5-2-3で構えるも、ボールを持ってもAlmereのプレッシャーをかわせずほとんどセンターラインを越えられてない序盤。快適にボールを回すAlmereは20分にResinkが良いvrije trapで狙うもVan Gasselが好セーブ、直後にRobinetのチャンスがバーの遙か上に飛ぶと、25分にKoopmeinersの自陣16m内での空振りをHoremansが罰してParrottが突然の先制。その後はExcelsiorのロングボールが機能し始めた事で拮抗した展開となり、30分過ぎにRitmeester van de KampでAlmereに再びチャンスもポストを直撃。ExcelsiorもカウンターでUddenäsにチャンスがあったが強く蹴れずBakkerの手の中に収まると、前半残り数分でKoopmeinersのvrije trapからゴール前完全フリーのResinkが初ゴールを決めて1-1.

 

後半は悪かったフィールドの状況がさらに悪化してAlmereがほとんどvoetbalにならず、Excelsiorのロングボール攻勢もほとんど成功しなくなって競り合いとファールが続く展開。65分にCathlineが右からゴール前に鋭いボールを入れるも誰も触れず。数分後にAlmereが2枚替えを行うと、直後の再開でJacobsのlange inworpがRitmeester van de Kampの足下に届き、見事なコントロールとターンからのシュートがWidellに当たって2-1. Excelsiorは見せ場の無いままDriouechを下げてNaijoksを投入して終盤積極的にvoetbalを始めると、残り10分でinvaller Sandraの16m内での素晴らしいアクションからゴール前のNaijoksがヘディングもBakkerがキャッチ。その後もExcelsiorがAlmereのゴールに何度も襲いかかって緊張感の高まったblessuretijd, hoekschopの流れからSandraがゴール前に決定的なボールを送るも誰も触れず終了。

 

Almere Cityは重要な3ptを得て23ptに到達し、残留に大きく前進。

 

Alex Pastoor
Dijkhuizenが木曜日にAlmereはKKD-ploegのようなプレーと語った事に
「我々がこの試合勝つんだとこれほど強い気持ちを持った試合はあまり無かった。振り返ってみれば、KKD-ploegjeにとってはそれほどクレイジーでは無かったねw 腹は立った・・・ 第一に、KKDでは我々のようなvoetbalはされていない。私が逆の立場なら決してそんなことは言わない。だがまぁいい、我々は自由の国だ」

 

Marinus Dijkhuizen
「私はあらゆるリスペクトを持ってそう言ったんだ。私はこのtrainerを褒めた。決して軽蔑する意図は無かった。彼らはとても難しいvoetbalをしており、私はあらゆるリスペクトを持ってそれを言った」

 

Zaterdag 3 februari
16:30 FC Twente - RKC Waalwijk 3-0
21' Ricky van Wolfswinkel 1-0 / 79' Myron Boadu 2-0 / 81' Younes Taha 3-0

 

Feyenoordと引き分けた3位 FC TwenteはSampsted en Steijnがbasisに戻り、spitsはVan Wolfswinkelで新加入 Boaduはbankから。Spartaと引き分けた16位 RKCはLelieveldがbasisに戻り、Meijers, Roemeratoe en KramerがschorsingでLutonda, Felida en Niemeijerを起用してSeuntjensがspits.

 

aftrap直後にRKCがhoekschopから先制に近づいたがUnnerstallが何とかセーブ。Twenteが主導権を取るものの、RKCも15分過ぎにLokesaのヘディングで良いチャンスを作る展開だったが、20分過ぎにSteijnのクロスをVlapが頭で落とし、フリーのVan Wolfswinkelのシュートでネットを揺らして1-0. その後はTwenteが低調になってRKCがボールを持つ時間が増えたものの大きなチャンスを作れず、40分にLokesaがミドルシュートを狙うも僅かにバーの上。Twenteは数分後にもVan Wolfswinkelの方向違いなヘディングを拾ったSadilekが抜け目なくネットを揺らすも明らかなbuitenspel.

 

後半出だしRicky van Wolfswinkel en Steijnが頭で繋いだTwenteの攻撃で最初の大チャンスもVaessenが何とか連続セーブ。直後にVaessenが足を滑られてRotsに奪われる致命的ミスも、ゴール前でVan den Buijsが見事にカバー。2枚替えでKjolo en Steijnを下げてEiting en Ünüvarを投入したTwenteが支配力を強めて圧倒し始めるも追加点を奪えず、残り15分を切ってようやくBoaduを投入すると、直後にinvaller RegeerのパスでBoaduが抜け出してVaessenもかわして2-0. さらに直後にもBoaduがdiepgangからVan den Buijsに競り勝ってのシュートのリバウンドをinvaller Tahaが決めて3-0であっという間に勝負あり。その後もBoaduがdiepgangから脅威を作りつつ終了。

 

FC TwenteはBoaduが鮮烈な帰国デビューを果たし、invaller Ünüvarも活躍で快勝し3位をキープ。RKCは前半は互角以上の戦いも後半は全く対抗できず完敗で8試合勝利無し。

 

Myron Boadu
「チームは僕を大歓迎してくれた。ここに来る前にこのチームはスーパーに強いという話をすでに聞いていた。それを確認する事しかできなかったよ。ただただ嬉しい。今日はチームが僕を楽にさせてくれた。僕が入ってきてみんな僕を探してくれた。このチームで自分の力を出せた」
「Jezus. あっという間の得点。嬉しいよ。buitenspelが無かったのもね。素晴らしい。かなりフリーだったからbuitenspelの心配をしていたよ。ボールも失って、どこにあるのか分からなかった。かかとに当たって、またボールを見つけたんだ」
「僕はまだ70%か80%. 得点後に逃したチャンスを決めないといけない、それは時間の問題。でもすぐにそうなる可能性はかなりある」

 

Etienne Vaessen 
「tweede balに遅すぎるとBoaduが僕に言ったんだ。何と返したか?僕が最初に彼を蹴り倒しておくべきだった。彼か僕かのfifty/fifty-situatieだったし、彼は危うくボールに躓きかけた・・・」
「彼が入ってきて僕らはちょっと動揺したようだった。僕にも分からない。全てが彼の足下に落ちた」
「僕らは今シーズンベストの試合の1つをプレーしていたのに、5分でそれを手放してしまった。僕らがしたプレーは誇りに思うけれど、チャンスを決めないといけない」

 

18:45 Fortuna Sittard - sc Heerenveen 3-3
19' Osame Sahraoui 0-1 / 24' Luuk Brouwers 0-2 / 60' Alen Halilović 1-2 (str.) / 63' Rodrigo Guth 2-2 / 72' Luuk Brouwers 2-3 / 80' Alen Halilović 3-3

 

2pt差の10位対12位。FC Volendamに勝利したFortunaは新加入 Kristoffer Petersonが初のbasis入り。AZと引き分けたsc Heerenveenは低調なNoppertを遂に外してVan den Hartがバーの下に。

 

出だしFortunaが主導権を取って数回良い攻撃も見せたが、20分手前ににSahraouiの反転シュートでHeerenveenが先制すると、数分後にもBrouwersの豪快なシュートで0-2. Fortunaも30分にCordobaのパスからHalilovićが狙うもバーを直撃。その後はFortunaが違いを作れずHeerenveenが問題無くコントロールしほとんど何も起きずに大ブーイングで折り返し。

 

後半もFortunaがチャンスを作れずにいたが、60分手前にVan OtteleのLonwijkへの軽い接触にpenalty判定で1-2になると、勢いが付いて数分後にもconervaiantからGuthのヘディングで2-2. 一気に試合が活性化し、Heerenveenも反撃に出て70分過ぎにSahraouiを中心とした良いコンビネーションから最後はBrouwersが決めて2-3としたが、Fortunaも護衛からVan den Hartの中途半端なパンチングをHalilovićが蹴り込んで3-3. 直後にBrouwersの決定的なヘディングがバーを直撃し、スペクタクルな後半はFortuna supportersの拍手と共に終了。

 

sc HeerenveenはVan den Hartが被枠内シュート3で失点3と活躍できず、リードを手放して引き分け。

 

Luuk Brouwers 
「あの選手(Lonwijk)は彼(Van Ottele)の足を狙っている。おいおい、これは何だ?悪いけど、これはpenaltyでは無いよね?スキャンダラスだ。これならVARは廃止しろ。これは明らかにpenaltyでは無い。もしこれがmiddenveldで起きていたら、僕らは続けていただろう。ここで彼はとてもslimにstrafschopを狙い、それを得た。VARはできるだけ公平にするためにいるじゃ無いのか?彼は少なくともscheidsrechterにちょっと見に来いと呼びかけられるはず」

 

20:00 ajax - PSV 1-1
19' 1-0 / 34' Luuk de Jong 1-1

 

koploper PSVはLangに続いてTilも負傷離脱、Veermanもまだプレーできず、さらにTillman en Pepiもフィットせず欠場でMauro JúniorとAfrika Cupから帰ってきたばかりのSaibariがbasis入り。

 

出だしPSVがTezeが中に動くことでajaxのプレッシャーをかわしてvoetbalをするも得点できず、15分過ぎに相手の16m手前でリスクを冒すもSchoutenがこぼれ球を拾いきれずにカウンターを許し、最後はSchoutenがBerghuisをフリーで走らせて失点。しかしPSVが主導権を取り続け、30分過ぎに左サイドで奥行きを作ったSaibariのパスをDe Jongがあわせて1-1. その後も支配的なPSVが相手helftで快適にボールを回そうとするが、度々ajaxのカウンターの脅威にさらされる展開に。

 

後半出だしはajaxがボールを持ってロングボールから個人のクオリティで大チャンスを作り、ボールを持った時も持っていない時もやや消極的になったPSVはBakayokoが狙うもバーの上に飛び、hoekschopからDe Jongのヘディングもバーを直撃。75分にRamalhoがBrobbeyを強く引っ張ってお互いに一瞬ヒートアップ。お互いに痙攣が続出した終盤に久しぶりにPSVの良い攻撃からSaibariが狙うもRamajにセーブされ、blessuretijdにajaxの大チャンスもBenitezがセーブして引き分け。

 

Peter Bosz
「私は勝ちたかったし、Luukのヘディングでそれができたかもしれないが、それ以外では多分無理だったかもしれない。我々が最大のプレーをしたとは思わない。HT前にajaxを押し返してvoetbalをしたが、決定的なチャンスはあまり得られなかった。激しい試合で、両方にかなり疲れ果てたspelersがいた。我々のbankは攻撃的な意味がかなり薄かった。普通ならPepiを売れて何かを強制するが、今日は逸れもできなかった」

 

21:00 NEC - Heracles Almelo 3-1
3' Jizz Hornkamp 0-1 / 51' Koki Ogawa 1-1 (str.)  / 59' Koki Ogawa 2-1 / 66' Tjaronn Chery 3-1

 

7位 NECはclubtopscorer Mattssonが去ってCheryが初のbasis入り。15位 HeraclesはWillemsがbankからで新加入 Oppegårdが早速basis入り。

 

開始数分でWieckhoffがSanoからボールを奪ってHeraclesのカウンター、HanssonのクロスをHornkampが決めてあっという間に先制。直後にDe Keersmaeckerの悲劇的なバックパスでHansenに大チャンスもBrouwerが何とかセーブ。NECが弱々しいスタートから立ち直って支配的なvoetbalでゴールに迫ったが、15分に良いコンビネーションからHoedemakersのシュートが僅かに枠外でチャンスを逃すと直後にBrouwerのロングボールをHanssonが見事にコントロールし、OppegårdのクロスをBruijnがあわせて0-2と思われたが、Oppegårdがbuitenspelで認められず。NECは25分にHansenが良いアクションから反転シュートもBrouwerに阻まれ、Ogawaの強烈なシュートもBrouwerが好セーブとサイドネット、CheryのミドルシュートもBrouwerがセーブ。さらにProperの強烈なヘディングもBrouwerが素晴らしい反応でストップしてゴールを許さず。

 

前半シュート14、枠内7で得点できなかったNECは後半開始数分でCheryのno-look-passからOgawaがSonnenbergに倒されてのpenaltyでようやくネットを揺らして1-1. さらにNECの攻勢が続き、HeraclesがBruijnを交代させるとNEC supportersも大きな拍手の後、HansenのクロスをOgawaが頭であわせて2-1. さらにHansenが倒されてpenalty判定も16m外でvrije trapに修正されたが、Cheryが見事に決めて3-1. 先制以降枠内シュートが無いHeraclesは終盤ようやく前に出始めようとしたが、NECが力強く押し返してCheryの左足シュートとHoedemakersのヘディングでさらにゴールを脅かし、残り数分で新加入 Sowに念願のNECデビューをさせ、Cheryのpubliekwisselも行いつつ勝利。

 

NECはCheryが圧倒的なパフォーマンスを見せ、9試合連続負け無しにclubrecordに並ぶ15試合連続得点と安定感を証明するreeksでGo Aheadを暫定2pt上回って6位争いを継続。Heraclesは後半全く抵抗できず16位 RKCに4ptリードのまま。

 

Rogier Meijer
「実際 MattssonとCheryはお互いを鏡で映した様なプレーをする・Magnusはop 10から頻繁に左でプレーし、Tjaronnはより右側でプレーする。Magnusは我々のbalbezitの時に、ボールを持たずにより走る傾向がある。Tjaronnはよりボールに寄る。その差はそれほど大きくないと思う」
「木曜のtrainingで11対11位でプレーして、Tjaronnが周囲のspelersとklikしているのが分かった。彼の様なspelersは試合にextra’sなものをもたらすことができ、それを多少計算もできる。Tjaronnは経験もクオリティもある、彼がすでにそれを提供してくれているのは素晴らしい事」

 

Zondag 4 februari
12:15 Vitesse - Go Ahead Eagles 0-2
37' Oliver Edvardsen 0-1 / 90+5' Jakob Breum 0-2
Rood: 90+4' Willum Willumsson

 

hekkensluiter VitesseはManoefが去ってDe Regtがrechtsbuiten. spitsは新加入 Meerdinkが早速basisdebuut. 6位を争うNECと先週引き分けたGo AheadはKuipersがschorsingでDean Jamesが初のbasis入り。LlansanaもフィットせずBlommeが代役。

 

aftrap直後からsupportersの'alles of niet'のかけ声に押されてVitesseが積極的なスタート。激しく追いかけてプレッシャーをかけ、良いテンポでボールを回そうとするも雑なパスでチャンスを作れず、徐々にGo AheadがプレッシャーをかわせるようになってAdekanyeのクロスからV. Edvardsenのヘディングで最初のチャンス。Vitesseは25分にVan Ginkelが脳震盪でKozłowskiと交代のアクシデントも、直後にKozłowskiが良いアクションを見せ、ArcusのクロスからMeerdinkのヘディングでDe Langeを脅かして再び勢いが戻ると、30分過ぎにMeerdinkのシュートがAmofaに当たってRoomが逆を突かれるも何とかボールを掻き出してKramerがクリア。するLinthorstの裏へのボールにO. Edvardsenが飛び出してRoomより一瞬早くボールに触って0-1. さらにWillmussonがゴール前フリーであわや0-2とGo Aheadにチャンスが続き、Vitesseの勢いが失われてブーイングと共に折り返し。

 

VitesseはHTにDe Regtに替えて新加入 Hadj-Moussaを投入して攻勢をかけようとするが脅威を作れず、65分にMeerdinkが抜け出してCornelisseに後方から倒し倒されるもKooijは吹かず。Go Aheadも試合を決められずに迎えた終盤、お互いにVisser en Baeten投入で勝負をかけ、残り10分でHendriksのヘディングでVitesseが同点に近づくもバーの上に。blessuretijdにWillmussonがKozłowskiを後方から蹴り倒す血迷ったタックルで当然のrode kaartを受けるも、直後のリスタートからGo Aheadがカウンターを仕掛けてinvaller Breumが0-2にして決着。

 

Go AheadはGelredomの劣悪な芝に苦しむもuitで6試合連続負け無し。NECに1pt差を維持して次節 Willmusson抜きでPECとのderby.

 

Edward Sturing
「我々は簡単チャンスを与え、自分たちがチャンスを作るのは難しい。play-offs? ああ、それが目標だ。そこに到達できるかどうか見てみよう。我々は以前もそこで勝った事がある。それには多くの事が求められる、特にメンタル面でとても多くが求められる」

 

14:30 FC Utrecht - FC Volendam 4-2
9' Zach Booth 0-1 / 38' Taylor Booth 1-1 / 45' Nick Viergever 2-1 / 54' Josh Flint 2-2 / 57' Taylor Booth 3-2 / 84' Taylor Booth 4-2

 

FC Utrechtが良い出足でプレッシャーをかけるも、10分もせずにVolendamのhoekschopからZach Boothがネットを揺らし、ボールを手に当てているように見えたがVAR Oostromが時間をかけた末に確信できるゴール認定で0-1. しかし優勢のUtrechtも前半終盤にTaylor Boothの素晴らしい反転シュートで1-1とすると、そのまま押し続けてHT直前にToornstraのパスからViergeverのヘディングで2-1に。

 

後半は54分目にゴール前の混乱からFlintが押し込んで2-2としたが、3分後にBooth兄が見事なhakbalで3-2とし、終盤にはこの試合3点目でEredivisieではJozy Altidore以来のAmerikaanのhattrickでBooth-derbyに勝利。

 

FC Utrechtは重要な勝利で16位 RKCとの差を8ptに広げてAlmereと共に23ptで11位に。FC VolendamはVitesseと共に12ptで17位のまま。

 

Taylor Booth
「今日の結果はすでに星に書かれていたようなもの。兄弟でお互いに対戦するのはこれが初めてだった。彼が先制点を決めて自分にプレッシャーがかかるのが分かったし、自分も結果を出さないといけないと思った。僕が得点できず、彼が得点すればそれを言われるのは分かっていたからね」
「ああ、今夜は僕が夕食を支払わないといけない。高価な食事になるだろう。どこに行くかは僕が決められる。まだ分からないけれど、5つ星なのは分かってるよ」

 

Zach Booth
「Taylorを誇りに思うし、これは次は自分がhattrickを決めようとベストを尽くすモチベーションにもなる」

 

14:30 AZ - Feyenoord 0-1
6' Mats Wieffer 0-1 

 

水曜日にbekerduelを控えた連戦の1戦目。4位 AZはSugawaraが不在、KasiusがschorsingでPenetraがrechtsback. Martins IndiがフィットせずGoesがbasis入りし、Addai en Van Bommelのvleugels. 2位 FeyenoordはDirlosunが去り、Zerroukiを起用してStengsがrechtsbuiten.

 

開始数分でFeyenoordの最初のhoekschopからAZのカウンターでZerroukiがAddaiを倒すもMakkelieはAddaiのファール判定。直後にAZのプレッシャーをかわしたFeyenoordの組み立てからTimberへのAddaiの軽い接触にMakkelieが笛を吹くと、vrije trap-variantからTimberのシュートがポスト直撃、リバウンドをWiefferが決めて0-1. Makkelieの笛に明らかにイラついたClasieが激しいファールで早々にgeelを受け、12分目に初めてFeyenoordのファールの笛でAZ supportersがシニカルな拍手。AZはロングボールに飛び出したPavlidisがBijlowがかわすも、角度が無くボールは無人のゴール前を通過。さらにHanckoの背後に飛び出したPavlidisの角度の無いシュートもゴール前を通過と、惜しいシーンを作って徐々に勢いが出て優勢に。25分にVan BommelのパスからDe Witに大チャンスもBijlowが左足で見事にセーブ。さらにMøller WolfeのシュートがGeertruidaを経て僅かにバーの上に飛び、Van BommelのクロスにPavlidisのヘディングは枠外に。全くボールをキープできず、tweede balの競り合いでもAZの激しさに対抗できないFeyenoordは30分過ぎにBijlowが負傷してWellenreutherと交代となり、悲痛な表情でフィールドを去る姿にAZ supportersからも励ましの拍手。その後もFeyenoordは劣勢が続いたが、HT直前にPaixão en Stengsで2回のチャンスを作って多少gripを取り戻して折り返し。

 

AZはHTにVan Bommelに替えてPokuを投入。Feyenoordは後半開始数分でHanckoが左足首を痛めてヒヤリとするもプレー継続。後半もFeyenoordがAZの激しさに対抗できずに劣勢が続き、全く組み立てられずにゴール前でひたすら耐え凌ぐ展開。AZは残り30分で好プレーを見せていたAddaiを下げてSadiqを投入し、FeyenoordもStengs en Paixãoを下げてNieuwkoop en Mintehでお互いに両サイドを入れ替え。Feyenoordが堅く守った事で後半はお互いにほとんどシュート無く時間が進み、Mintehの投入でFeyenoordの高い位置でのプレッシャーのかかりがよくなって多少流れを引き寄せ、AZも残り10分で2 verdedigersを下げてZeefuik en Van Brederodeを投入で勝負をかけたが、Traunerが力強い守備でdoeltrapを得て珍しいガッツポーズを見せ、ZeefuikのミドルシュートをWellenreutherがセーブしてFeyenoordが逃げ切り。

 

Feyenoordはvoetbal面で悲劇的な試合も特に後半は守備の堅さを見せて勝利しFC Twenteとの5pt差を維持。AZはFC Twenteとの差が6ptに広がる。両チームは水曜日にbekerduelでDe Kuipに場所を移して再戦。

 

Maarten Martens
「失望感が支配している。進歩が見えるし、選手たちは戦ったが、それなら自分たちに報いないといけない。我々は多くの時間帯で上手くプレッシャーをかけ、Feyenoordは自分たちのプレーを出せなかった。これは実際我々の功績。前半に数回大チャンスがあったし、後半もあることを期待したが、敗北だけが残った」

 

16:45 Sparta Rotterdam - PEC Zwolle 0-2
26' Thomas Lam 0-1 / 70' Davy van den Berg 0-2

 

3pt差の8位対10位。SpartaはSaitoがbasisに戻ってMitoとのJapans vleugels. De Guzmán Lauritsenは十分フィットせずbankからでClement en Brymが代役。PECは入れ替え無し。

 

出だしからSpartaがMitoの右サイドを中心に攻勢をかけ、15分手前にMitoのパスをVerschuerenがスルーしゴール前のBakariがフリーでシュートの大チャンスもSchendelaarが見事にセーブ。数分後にEerdhuijzenのVelanasへの非常に激しいタックルがgeelで済まされ、20分過ぎにはMitoのパスから16m内のSaitoが切り返して狙うも相手に当たって枠外に。さらにhoekschopからEerdhuijzen en Vriendsに大チャンスもどちらも決められずとSpartaが多くのチャンスを逃すと、直後にThyとのコンビネーションでゴール前に飛び出したLamがVan den Bergの絶妙のパスでヘディングで決めてPECが最初のチャンスであっさり先制。攻勢を続けるSpartaはBrymのクロスがフリーのMitoに届くが、Schendelaarが手を伸ばしてまたも好セーブ。40分にはSchendelaarのミスキックがMitoに渡ってSpartaに棚ぼたのチャンスもClementのロブをVan Polenがクリアし、リバウンドからVerschuerenのシュートもSchendelaarがセーブと、Spartaが全くチャンスを決められずに折り返し。

 

後半出だしはPECが主導権を取ってNamliのドリブルからReijndersが狙うも枠外に。SpartaはBakari en MitoがSchendelaarのセーブに遭い、残り30分からSaito en Brymを下げてNeghli en Lauritsenを投入したが、NamliのクロスからVan den Bergが一度はポストに当てるもリバウンドを自ら決めて0-2. Spartaは残り時間でまだLauritsenの反転シュートがSchendelaarにセーブされ、最後はプレーに確信が無くなって低調なパフォーマンスで終了。

 

SpartaはNEC en Go Aheadに4pt en 3pt差に引き離されて次節 Feyenoord-uitでのderby. PECはSpartaと26pt, doelsaldo -2で並んで得点数で上回り8位に上がり、次節 4pt差のGo Aheadとuitでderby.

 

Stand
1    PSV    20    (18    2    0)    63-9    +54    56pt
2    Feyenoord    20    (14    4    2)    53-17    +36    46pt
3    FC Twente    20    (12    5    3)    39-21    +18    41pt
4    AZ    20    (10    5    5)    40-21    +19    35pt
5    Ajax    20    (10    5    5)    47-36    +11    35pt
6    Go Ahead Eagles    20    (8    6    6)    34-28    +6    30pt
7    NEC    20    (7    8    5)    39-33    +6    29pt
8    PEC Zwolle    20    (7    5    8)    30-32    -2    26pt
9    Sparta Rotterdam    20    (7    5    8)    25-27    -2    26pt
10    Fortuna Sittard    20    (6    6    8)    21-33    -12    24pt
11    FC Utrecht    20    (5    8    7)    23-30    -7    23pt
12    Almere City FC    20    (6    5    9)    21-37    -16    23pt
13    SC Heerenveen    20    (6    4    10)    31-40    -9    22pt
14    Excelsior    20    (4    9    7)    33-38    -5    21pt
15    Heracles Almelo    20    (5    4    11)    26-48    -22    19pt
16    RKC Waalwijk    20    (4    3    13)    18-38    -20    15pt
17    FC Volendam    20    (3    3    14)    21-47    -26    12pt
18    Vitesse    20    (3    3    14)    13-42    -29    12pt

 

Topscorers
1.    Vangelis Pavlidis    (AZ)    20 (1)
2.    Santiago Giménez    (Feyenoord)    19 (1)
3.    Luuk de Jong    (PSV)    18 (5)
4.    Brian Brobbey    (Ajax)    13 (0)
5.    Magnus Mattsson    (NEC)    11 (2)
6.    Sem Steijn    (FC Twente)    10 (1)
7.    Lennart Thy    (PEC Zwolle)    8 (0)
Ricky van Wolfswinkel    (FC Twente)    8 (1)
9.    Steven Bergwijn    (Ajax)    7 (4)
Koki Ogawa    (NEC)    7 (1)
Troy Parrott    (Excelsior)    7 (0)
Thomas Robinet    (Almere City FC)    7 (2)
Guus Til    (PSV)    7 (0)
Manfred Ugalde    (FC Twente)    7 (0)

 

Assists
1.    Joey Veerman    (PSV)    9
2.    Johan Bakayoko    (PSV)    8
Steven Berghuis    (Ajax)    8
Calvin Stengs    (Feyenoord)    8
5.    Luuk de Jong    (PSV)    7
Daan Rots    (FC Twente)    7
7.    Quinten Timber    (Feyenoord)    6
Manfred Ugalde    (FC Twente)    6
9.    Brian Brobbey    (Ajax)    5
Lazaros Lamprou    (Excelsior)    5
Tobias Lauritsen    (Sparta Rotterdam)    5
Bilal Ould-Chikh    (FC Volendam)    5
Ody Velanas    (PEC Zwolle)    5

 

キャラクターでAZに勝利 (第20節:AZ-uit)

 Feyenoordは日曜日にAZに激戦の末に重要な勝利を収めた。AlkmaarではMats Wiefferの早々のゴールで十分で0-1. この勝利についた染みはJustin Bijlowが30分過ぎに負傷し、涙を流しながらフィールドを去った事だ。彼の代わりとしてTimon Wellenreutherをバーの下に置いたFeyenoordは試合の残りを主に相手を抑える事に費やし、キャラクターによって3ptをたぐり寄せた。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-op-bezoek-in-alkmaar-040224

 

Zondag 4 februari
AZ - Feyenoord 0-1
6' Mats Wieffer 0-1 

 

Scheidsrechter: Danny Makkelie
Gele kaarten: Clasie, De Wit (AZ), Gimenez (Feyenoord)

 

Opstellingen:
AZ: Owusu-Oduro; Penetra (83' Van Brederode), Bazoer, Goes, Møller Wolfe (83' Zeefuik); Mijnans (74' Belić), De Wit, Clasie (C); Addai (62' Sadiq), Pavlidis, Van Bommel (46' Poku).
Feyenoord: Bijlow (35' Wellenreuther); Geertruida, Trauner, Hancko, Hartman; Wieffer, Zerrouki, Timber; Stengs (68' Nieuwkoop), Gimenez (81' Ivanušec), Paixão (68' Minteh).

 

Wissels:
AZ: Ryan, Martins Indi, Dantas, Sadiq, Belic, Van Brederode, Poku, Lahdo, Esteves, Zeefuik, M. de Wit en Kuijsten. 
Feyenoord: Wellenreuther, Lamprou, Nieuwkoop, Beelen, Lopez, Milambo, Lingr, Sauer, Minteh, Ivanušec.


https://matchcenter.feyenoord.nl/az-feyenoord-2023-2024

 

Arne Slot
「我々はほぼ常に結果とパフォーマンスがかけ離れていた。通常の我々はとても良いパフォーマンスをしているが、結果が常に付いてくるとは限らない。今日は最初の15分を野芥がかなり低調なパフォーマンスだったが、これで3 topwedstrijdで無失点抑えた。そうすればstandaardsituatieから得点すれば試合に勝つチャンスが常にある」
「普段の我々のプレーと比べれば酷い試合だったのは間違い無い。だが今日のような試合展開になったら、他の事を重要視しないといけない。その場合は守備で立ち続けることが非常に重要になる。前半の小さい局面を除けば、それはとても上手く行ったと思う。後半は自分たちのhelftでのプレーが多かったが、いくつかのbuitenspelシーンを除けばチャンスはそれほど多くなかったと思うからね」
「正直に言うなら、私はこの勝利に信じられないほど喜んでいるよ。我々は常にある攻撃よりもさらに美しい攻撃から試合に勝つしかなかったからだ。ようやく一度standaardsituatieからこのように勝つことができたのは、信じられないほど多くの満足感を与えてくれる」
「同点ゴールを心配していたか?ボールを持った時のプレーを見ればそうだが、選手たちがお互いにどのように守っているかを見ればそうでは無かった。先週はTwente相手に次々にチャンスがあり、結局0のままだった。今日は5 シュートで1つ入った。誰もが『それはあなたにも起きるだろう』と叫んでいたし、それが今日起きた」

 

Bijlowの怪我について
「とても残念。彼はHartmanにボールを蹴り、その瞬間ふくらはぎが打たれるのを感じた。怪我する者は誰でも、特にこれから重要な試合が待っているのを知っているなら、とてもガッカリする。Justinにとってそのケースなのは誰もが理解できると思う」
「ああ、彼はさらに強くなって戻ってくるだろう。彼が素晴らしいメンタリティを持っているのが今は幸い。彼はすでにそれを何度も見せてきたし、ここからもまたより強くなって戻ってくるだろう。我々にとってはとても優秀なtweede keeperがいるのが格別に喜ばしい事。これまでも彼はBijlowの代わりを上手く務めてきたし、今日もまたそれを見せてくれた。これがJustinにとって大きな失望なのは見れば明らかだったし、試合後もそれはよく分かった」


Gimenezの交代について
「今日も彼はとても良かったので、Wiefferを下げるつもりだったんだ。彼はとても多く事を危なげなくこなしていたが、今日はSantiagoのために多くの箪笥を作れるelftalfが無かった。これは一般的にspitsにとってあまり喜ばしい事では無い。Santiagoにとってもそうでは無かったし、それが彼がほとんどプレーに現れなかった理由だ」
「普段彼が作るチャンスはチームによって作られるチャンス。それはとても良いveldspelによってもたらされるものであり、今日の我々は悲劇的ではないにしても、かなり劣っていた。だからSsantiもほとんど、もしくは全くチャンスを作れなかった。今日の彼はあらゆる事をやろうとしたが、ほとんど成功しなかった」
「交代後に彼がジャケットを被ったなら、私は少なくとも『そんな大袈裟な事はするな。確かにプレーは悪かったが、それを全世界に見せる必要は無い』と言うつもり」


Uedaについて
「彼は水曜にselectieに入る。明日明後日に怪我しなければだが、彼は戻ってきて明日 trainingsveldに再び加わるだろう。Wiefferは今シーズン最初の試合で酷いpotをプレーし、時ブナまつでamateurのようだと言った。それがその後の15試合彼について回った。彼はその内14試合でとても良かったのにだ。彼が今日の自分のパフォーマンスにとても失望しているのにはみんな共感できる。しかし自分がspitsなのを知っていて、elftalが再び彼にチャンスを与えようとすれば、彼はその失望を乗り越えるだろう。そこは確信している」


https://www.fr12.nl/nieuws/slot-eerlijk-gezegd-ben-ik-daar-ongelofelijk-blij-mee
https://www.fr12.nl/nieuws/kuitblessure-voor-bijlow-hij-zal-hier-ook-weer-sterker-uitkomen
https://www.fr12.nl/nieuws/ueda-keert-woensdag-terug-in-de-wedstrijdselectie-feyenoord
https://www.fr12.nl/nieuws/slot-gaat-in-gesprek-met-gimenez-overdrijf-niet-zo

 

Gernot Trauner
「spelerがフィールドを去らなければならないのはいつだって不快な瞬間。それほど悪くないことを願っているけれど、幸いにも僕らにはTimonという良い代役がいる。彼は必要な時にいてくれる。Justinに何が起きているかは待ってみるしかない。僕は彼を見てないのでそれ以上何も言えない」
「とても厳しい試合だった。僕らは全力を尽くしたけれど、あまりチャンスを作れなかった。前半はいくつか良いシーンもあったと覆うけれど、最終的には競り合いで戦い、全力を出さないといけなかった。ベストの試合でも最も美しい試合でも無かったけれど、最終的には3ptが大事。シーズンのこの段階ではそれがとても重要だと思う」
「僕らは90分間お互いに全録を出して押し合った。小さいシーンを祝い、今日は僕らが強い事を見せた。この結果に満足して良いだろう。今シーズンの僕らは自分たちが遙かに優っていたのに勝てなかった試合が多かったから、それなら3pt獲れる方が良い」
https://www.fr12.nl/nieuws/trauner-opgelucht-we-mogen-blij-zijn-met-dit-resultaat

 

Mats Wieffer
「酷いプレーでも勝つのが一番良い気分?時にはそうで、時には違う。僕にとgっては良いプレーで勝つのが特に嬉しい。今日はあまり良くなかったのは否定できないけれど、チームは良く戦った。僕らは良いプレーをして勝てないことを多く経験してきたし、今回は逆、僕はこの状況の方が好きだ」
「彼らが上手くプレッシャーをかけ、僕らはそれに苦しんだ。組み立てようとしてボールを何度も失った。ある時点でロングボールを蹴りすぎてtweede balの争いになった。そこからチャンスを作るしかなかったけれど、幸いに僕らは早々に1-0にしていた。今日はとにかく良くなかった」
vrije trapからの得点について
「ボールがどう落ちるかは関係無い、チャンスが来たらそれを決める。僕らはそのtrainingをしてきたけれど、最終的にボールが良い所に落ちた。Quintenが低く強烈なシュートをすれば、keeperにとってはg常に難しい。それがちょうど僕の足下に落ちた。リードをポケットに入れれば、voetbalが多少楽しくなる」
middenveldの構成について
「trainerが新しい事を試そうとした。僕らにはプランがあったけれど、プレッシャーをかわすのが常に感だった訳では無い。改善の余地はある。AZもこの数週間楽では無かったけれど、thuisで僕ら相手にガスを全力で入れてくるのは分かっている事。最初の10分間は僕らは上手くプレッシャーをかわしてプレーしていたけれど、その後はあまり良くなかった。AZに驚かされた訳じゃない。どのploegも僕ら相手にはガスを全力で入れてくるからね。最終的には僕らが勝った」

https://www.fr12.nl/nieuws/wieffer-de-trainer-wilde-iets-nieuws-proberen

 

続きを読む