Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Nick Marsman獲得で基本合意

Feyenoodはdoelman Nick Marsmanと基本合意に達したことをclubsiteで発表。28歳のdoelmanはFC Utrechtからフリー移籍し、近日中に2021年までの2年契約でサインする。

 

Marsmanは2011年にbetaald voetbalにデビューし、以来FC Twente, Go Ahead Eagles, そしてFC Utrechtでプレーし、昨シーズンは欧州戦POsに勝利した。ここまでEredivisieで計114試合でゴールを護り、過去にはOranjeのbeloftenelftalでもプレーしている。

 

technisch directeur Sjaak Troost:
「Rámon Ten HoveがFC Dordrechtにレンタルに出て、Joris Delleが去ったことで、keepersteamを再び完成させるために経験あるdoelmanをセレクションに加えたかった。Nickによって我々は望んでいた補強をすることができた。彼はechte professionalであり、前clubではPOsの間も力を見せており、必要な時にすぐにゴールを守れる能力がある」

 

Hoofdtrainer Jaap Stam:
「doelman2人が去った後にclubが新しいdoelmanをすぐ獲得できたのは素晴らしい事。彼はその経験、keeperとしてのクオリティ、voetbal能力で大歓迎の補強。さらにNickはその適切な意欲で、他の3人のdoelmanに、彼らが成長できるようにベストを発揮させる競争意識をもたらしてくれる」

 

Nick Marsman:
「外側からFeyenoodはいつも素晴らしい、grote clubだと思っていた。これからそれを内側から経験できるのはとても誇りに思う。club無いの人々と良い話ができて、さらに興奮しているよ。このclubで僕は競争できるし、Nederlandの最高のレベルにまで日々成長していけるだろう」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/principeakkoord-nick-marsman-200619