Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Jens Toornstraと2022年まで契約延長で基本合意

FeyenoodはNicolai Jørgensenに続き、Jens Toornstraとも契約延長について基本合意に達したことをclubsiteで発表。30歳のmiddenvelderはzomerstopの後に2022年夏までの新契約にサインする。現契約は2021年夏まで。

 

5年、5タイトル
2014年にFC UtrechtからDe Kuipに移ってきたToornstraにとって、これは3回目の契約になる。この5年間でこのmiddenvelderはFeyenoodのselectieの中のroutiniersの1人に。Feyenoodと共にToornstraはこの数年でKNVB Beker (2x), het landskampioenschap, そして2度のJohan Cruyff Schaalを勝ち獲っている。

 

成功
Oranjeで4キャップのこのspelerには個人的成功もたくさんあった。Feyenoodがlandstitelを獲得した年には、彼はHet LegioenによってSpeler van het Seizoenに選ばれ、Voetballer van het Jaar GalaでBronzen Schoenを受賞している。Feyenoodでの5シーズンでToornstraは190試合に出場し、45得点40アシスト。

 

Echte Feyenoorder
Technisch directeur Sjaak Troost:「Selectie内のスタメン選手との延長は新鮮な血を加えるのと同じくらい重要なこと。Jensは毎年我々が頼りにでき、さらに戦いの中でしばしば先頭を行く選手であることを証明している」

 

「その経験とパフォーマンスによって、彼はroutiniersの1人として見られるまでになった。それが彼を、若いspelerたちも我々のselectieで力を伸ばすために必要なベテラン力の1人にしている。さらにJensはもちろんechte Feyenoorderになったし、彼がキャリア後もこのclubに残れるかどうかを我々は見れるのは素晴らしい事」

 

継続性
「Nicolai en Jensのようなspelerたちがサインするのはselectieのクオリティにとって良いことだし、継続性にとって重要なこと」とhoofdtrainer Jaap Stam. 「Spelerとしてもtrainerとしても常に最大限の力を出したいもの。それにはクオリティとある程度強いメンタリティを持ったこういうteamspelersが必要なんだ」

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/principeakkoord-jens-toornstra-2022-190619

 

移籍市場での動きが無いまま、ベテラン組と2人目の契約延長。Jensは今のFeyenoodの良いところも悪いところも象徴する存在で、まぁいて困る選手では無いので延長は良いことでしょう。困った時にだいたい活躍してくれますし、その内にKökcüらに抜かれて円満な形でお別れ、というのが理想・・・