Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Nicolai Jørgensenと2022年までの新契約で基本合意

FeyenoodはNicolai Jørgensenと新契約について合意に達したことをclubsiteで発表。28歳のDeens internationalはバカンス後に2022年までの新契約にサインする。このspitsの現契約は2021年夏まで。

 

Prijzen
Jørgensenが2016年夏にDeens landskampioen FC KopenhagenからDe Kuipにに来て以来、Feyenoodは受賞ケースを著しく埋めた。Rotterdamでの彼の最初の3年間でFeyenoodはlandstitel, KNVB Beker, 2つのJohan Cruijff Schaalを獲得。

 

Goals
Eredivisie21得点と14アシストでJørgensenはclub史上15回目のlandstitelに大きく貢献。2016-2017にこのDeenはEredivisieのtopscorerにもなった。トータルでこのFeyenoodのspitsはChampions League2試合を含む公式戦104試合で48得点22アシスト。

 

意気込み
Technisch directeur Sjaak Troostはこの契約延長に向けての話し合いで良いフィーリングを得られたと強調。「Nicolaiが怪我のために思うようにいかなかったシーズンのあとで、ここでまた全力でやりたいと望んでいるのは素晴らしい事。彼は意気込んでいるし、Feyenoodと共に昨シーズンのリベンジをしたいと思っている。これでNicolaiが他の選手たちに良いシグナルを送ってくれた」

 

シグナル
新hoofdtrainer Jaap StamもFeyenoodのspitsの契約延長をとても喜んでいる。「clubとNicolaiは良いシグナルを送ってくれた。NicolaiはEredivisieのtopspitsenの1人であることを証明済み。経験、テクニック面のクオリティ、フィジカルで彼は他のaanvallerと共にFeyenoodに違いを作れる存在。一緒に仕事をするのを楽しみにしている」

 

Denemarken
昨夏DenemarkenでWKに参加したのに続き、Nicolaiは今年自国と共にEuro 2020への出場資格を得られることを願っている。EK-kwalificatie groep Dで6月頭にIerland (1-1) en Georgië (5-1 winst)との2試合が行われ、そのために代表41キャップの彼はzomerstopに入るのが遅れた。Feyenoodのvoorbereidingは6月24日月曜に始まるが、Jørgensenは7月8日にselectieに加わる。

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/nicolai-jorgensen-2022-140619

 

もしかしたら無くは無いかな、と密かに思ってましたが、それでも驚きの契約延長。ステップアップの意思が強い選手ですが、昨シーズンあまりプレーできず、リスクを冒すタイミングでは無いという判断でしょう。

 

昨シーズンはいろいろ大変でしたが、普通に中心にしてチームを作れば国内では何の不満も無い強力な選手。kampioensjaarのような力強いシーズンを送ってくれることを期待します。