Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

選手の家族が襲われてmini-Klassiekerは中止に

土曜にOnder19 EredivisieのAjax Onder19とFeyenood Onder 19の試合はFeyenoodが引き分けでもtitel獲得が決まるkampioenswedstrijdでもあったが、前半途中で中止となってしまった。理由はスタンドにいたFeyenoodの選手の家族がAjaxのsupporterたちに襲われる事態となったため。

 

AmsterdamのDe Toekomstで行われたリーグ戦は例のごとくuit-supporterは受け入れられず、しかしFeyenoodの選手の家族、招待客数10人がclub関係者と共にスタンドで観戦していた。事件が起きたのは30分過ぎ。やや劣勢だったFeyenood Onder19が初めて大きなチャンスを作ったことでその家族たちが歓声を上げると、突如Ajaxのsupporter50人ほどがその席に迫り、慌てて間に入ったstewardたちと揉み合いに。選手たちもスタンドに近づいて声を上げ、Dirk KuytとJohn Heitingaもスタンドで止めに入るが完全にコントロールの効かない状況となり、選手の家族は即避難、両チームもピッチを去ってロッカールームに引き上げ。室内で両clubが協議したが、安全性が確保できないとして30分以上経った後に中止となった。

 

その場にいたRTV Rijnmondのリポーター Frank Stoutはこう振り返っている。「それまではかなり穏やかな雰囲気だったんだ。実際Feyenoord-supporterは観戦を許されず、しかしFeyenoordの選手の親や関係者がいた。30~40人だろう。Feyenoord-vakの2人がAjaciedenに向けてあるジェスチャーをした。腕を振り、軽い挑発だった。しかしAjax-supporterたちがそれに非常に激しく反応し、セキュリティの間を50人ほどの男たちが隣のFeyenoord-vakに向けて凄い勢いで駆け寄ってきたんだ。実際に暴力を受けた家族はいなかったが、その多くは女性や年配の男性。同じスタンドに入れたAjaxの見積もりは甘かった、と言える。反対側のスタンドに入れた方が良かったはず。一瞬で全く危険な状況になってしまった。今後もうMini-Klassiekersが完全無観客で行われることになるかもしれないと心配している」

 

Ajaxはこの事件についてwebsiteでalgemeen directeurのVan der Sarがコメント。「もちろんスタンドでこういう状況が起きたことには失望している」とだけ語り、事件を引き起こしたsupporterに対して距離を取るなどの発言は行っていない。

 

www.youtube.com

 

 

https://www.rijnmond.nl/nieuws/182124/Mini-Klassieker-gestaakt-vanwege-ongeregeldheden