Mijn Feyenoord

Feyenoordを中心にNederlands voetbalを追いかける

Sjaak Troostが暫定的に新technisch directeurに就任

FeyenoordはSjaak Troostが6月1日付けで暫定的にtechnisch directeurに就任するとclubサイトで発表。この元選手はこの日からdirectielidの肩書きを背負い、2020年1月31日までスカウティング、選手の売買ポリシー、長期的移籍ポリシーの責任者となる。

 

現在まだRaad van CommissarissenのlidであるTroostはFeyenoodで非常に長い歴史を持っている。元verdedigerであり、代表4キャップを持つ彼はVarkenoordで育ち、1978年から1992年の間にFeyenood1で397試合に出場し、その中でlandstitel1回、KNVB Bekersを4回獲得している。

 

選手キャリアを終えた後にTroostはcommercieel directeurとして14年間clubで働き、2006年9月から2007年2月の間にはRvCのメンバーとなり、2018年11月に再びそのポストに戻っていたが、今回(暫定的に)それを退任することになる。

 

Algemeen directeur Jan de Jongは期限の無いtechnisch directeur探しが思うような結果を得られなかった後に、oer-Feyenoorderをdirectielidに加えられたことを歓迎。「市場をしっかり調査したが、理想的なTDは現在得られないと率直に言わなければならない。これから重要な数ヶ月か来るし、だから暫定的にras-Feyenoorderに頼ることができるのを我々は嬉しく思っている。彼はこの役職を上手く務められる力もやる気もある。一人のFeyenoorderが、clubが彼を必要としているいま、立ち上がってくれた」

 

Troostはinterim-directeurとしての期間に向けて自信を持っている。「輪チャシはこのclubを良く知っているからね。そして例えばmededirecteuren, Stanley Brard, Dirk Kuyt, 新trainer Jaap Stamといった人々、さらにまだまだ数え切れない人たちと、専門知識と技能を持った同僚がたくさんいるから、一緒にFeyenoodのために良い決断をすることができるはずだ」

 

www.youtube.com

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/sjaak-troost-nieuwe-technisch-directeur-ad-interim---240519

 

いろんな人に断られて結局誰も見つからなかったということで困った時のTroost頼みという結果。Kuyt, Brard, Stamと共に事実上のTechnische Hartといった感じになるんでしょうか。