我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第26節: NACが遂に8pts差最下位。AZが4年ぶりにアヤックス戦勝利!

Speelronde 26


Vrijdag 15 maart
20:00 Fortuna Sittard - FC Emmen 3-1
2' Andrej Lukic 1-0 (e.d.) / 18' Lisandro Semedo 2-0 / 45+2' Andrija Novakovich 3-0 / 90+2' Reuven Niemeijer 3-1
Rood: 78' Glenn Bijl

 

1pt差の14位対16位直接対決の大一番。後半戦失点の多いフォルトゥナだが、セメードをスタメンに入れて4-3-3. エメンはブラーケン、アンコ・ヤンセンの背後にデ・レーウを置いて5-3-2.

 

最初のフォルトゥナのCKでライン上のカフランが頭でクリアも、そのリバウンドを競り合ったルキッチのオウンゴールで早々に1-0に。エメンもすぐに主導権を取って反撃に出てチャンスを作ったがデ・レーウのヘディングをコゼレフに好セーブされると、15分過ぎにロングボールからセメードに決められてフォルトゥナが2回のチャンスで効率良く2-0に。さらに前半終了間際にもCKからノヴァコヴィッチが決めて3-0.

 

後半もエメンが交代策で盛り返そうとするが得点は生まれず、68分にフォルトゥナがCKのこぼれ球からディーマルスの素晴らしいシュートで再びネットを揺らしたがビデオ判定でディーマルスが難易度の高いオフサイドを取られて認められず。さらに75分には抜け出そうとするノヴァコヴィッチをバイルがファールで倒したがマッケリーはなぜかイエローカードと判定し、VAR マルテンスの助言でOFRによりレッドカードに修正。結局エメンはロスタイムに遅すぎる1点を返しただけでそのまま敗戦。

 

フォルトゥナは4連敗から大きな勝利を挙げて16位に4pts差。

 

Zaterdag 16 maart
18:30 sc Heerenveen - De Graafschap 0-3
3' Charlison Benschop 0-1 / 68' Javier Vet 0-2 / 70' Delano Burgzorg 0-3
ヘーレンフェーンはホルンカンプを外し、ピーリが負傷欠場でシュミットとドレセヴィッチがスタメン。デ・フラーフスハップはバハウィが怪我でベンスホップがスピッツ

 

開始早々にフリーでボールを受けたベンスホップがデ・フラーフスハップの最初のチャンスを決めて先制。ヘーレンフェーンもすぐにファン・ベルヘンのクロスからマトゥシヴァがあわやオウンゴールのチャンスがあったがポスト直撃。その後はデ・フラーフスハップが積極的にプレッシャーを掛け、競り合いの強さを見せて優勢に進める展開。追加点をなかなか奪えなかったが、残り30分を切ってからCKにフェトが押し込んで0-2とすると、直後にはブルフゾルフが見事な個人技でヘーレンフェーン守備陣を翻弄し、フィニッシュも決めて勝負あり。

 

デ・フラーフスハップは得失点差でエメンを抜いて16位に上がり、NACに暫定8pts差。

 

ヤン・オルデ・リーケリンク
「0-1は信じられないほど愚かなボールロストから。あれで自分たちでフットボールをしないといけなくなった。多少のチャンスはあったが少なすぎる。前半は酷く、後半はとても酷かった。我々はクリエイティヴな能力で何も無いところからチャンスを作れる力があるが、今日はそれができなかった」

 

ヘンク・デ・ヨング
「我々はスタートからプレッシャーを掛けようとした。常に上手く行った訳では無いが、かなり多く上手く行っていた。選手たちはとても良くやってくれたよ。これでNACHOSに差を付け、まだ下位にいるが落ち着いていられる。あまり早く喜ぶべきでは無いけどね」

 

19:45 NAC Breda - FC Utrecht 0-4
34' Jean-Christophe Bahebeck 0-1 / 44' Simon Gustafson (str.) 0-2 / 54' Willem Janssen 0-3 / 58' Jean-Christophe Bahebeck 0-4

後が無くなってきたNACは中盤からコルテとエル・アルチを外しロシュヘウフェルとフェルナンデスを入れてテ・フレーデの1スピッツで5-4-1. ユトレヒトはクラーメルを外して再びバヘベックを起用。

 

ほぼ一方的にユトレヒトが攻め続け、30分過ぎにバヘベックのヘディングで先制すると、HT直前にバヘベックが倒されてのPKで0-2. 後半もユトレヒトがヘッケンスライター相手に何の問題も無くゴールを重ねて快勝。

 

NACはホームで大ブーイングを浴びつつ敗戦で残り8節で17位と8pts差に。

 

ミチェル・ファン・デル・ハーフ
「私はこの1週間を通じて良いフィーリングを得ていたんだ。難しい時期だが、このグループは本当に何とかしたいと望んでいる。後半まだ何とかしようと希望をもっていたが、最後の30分間はショッキングだった。選手たちを責める点は一つも無い、これは監督の責任」

 

ディック・アドフォカート
「NACにアグレッシブなプレー、競り合いに持ち込むことを許せばタフな試合になってしまうのは分かっていた。それは避けたかったが、それが最初から最後まで上手く行った。試合後コントロールし、ボールを回してNACに彼らの試合をさせなかった」

 

19:45 Feyenoord - Willem II 2-3
22' Steven Berghuis 1-0 / 27' Freek Heerkens 1-1 / 55' Eric Botteghin 2-1 / 60' Fernando Lewis 2-2 / 69' Alexander Isak 2-3

 

フェイエノールトはシン・ジュステが負傷欠場で怪我から戻ったボテギンがスタメン出場。中盤はフィレーナがフィットし、トールンストラを外して今週もコクチュがスタメン。ヴィレムIIはダンケルライが外れ、アニータがスタメンに戻ってフェイエノールトからレンタル中のターピアと併用。

 

フェイエノールトがコクチュを中心にチャンスを作り、ヴィレムIIもvdハイデンの致命的ミスからイサクが最初の大チャンスを得たが、フェルメールが1対1で見事にセーブの序盤。次第にフェイエノールトがボールを持つもローテンポなプレーが続いていたが、20分過ぎにヴィレムIIのCKをクリアするとベルフハイスがラーソンとのワンツーから綺麗なロブで先制。しかしヴィレムIIも数分後にCKからヘールケンスが決めて同点。その後フェイエノールトがローテンポながら数回チャンスを作ったが、ファン・ペルシのヘディングはヴェレンロイテルに阻まれ、CKからボテギンのヘディングは枠外に飛んで1-1のまま折り返し。

 

後半出だしにターピアが惜しいシュートを放ってヴィレムIIが良いスタートを見せたが、フェイエノールトが盛り返すとコクチュのCKからボテギンのヘディングで2-1. そのままフェイエノールトが優勢に立ったが、上がってきたルイスががら空きのコースに楽々決めて再び同点。さらにイサクにDF陣が振り切られて2-3. フェイエノールトはコクチュ&クラーシに下げてイェンス&ニコライ投入の2枚替え。しかしコクチュが抜けたフェイエノールトは全くゴール前にボールを運べなくなり、80分にパラシオスがトドメのゴールを決めたかと思われたがオフサイド。残り5分でFKからヨルゲンセンがネットを揺らしたが、ビデオ判定でファールを取られて認められず、5分のロスタイム最後でファン・ペルシのシュートもゴール前を通過してそのまま終了。

 

フェイエノールトは第16節のフォルトゥナ-thuis以来のホーム2敗目でここ5試合でわずか5pts. ヴィレムIIヘーレンフェーンを1pt上回って8位に。

 

20:45 Heracles Almelo - Vitesse 3-2
5' Adrián Dalmau 1-0 / 7' Navarone Foor 1-1 / 26' Adrián Dalmau 2-1 / 48' Mateusz Bero (str.) 2-2 / 62' Dario van den Buijs 3-2
Rood: 38' Max Clark (2xGeel)

 

立ち上がりにペーターソンのクロスからダルマウのヘディングでヘラクレスが先制も、フィテッセもCKのこぼれ球からフォールがヘディングで決めて即同点。その後も両チームハイテンポで攻撃的プレーで多くのチャンスが生まれるエキサイティングな展開となり、そのチャンスをフィテッセが悉く逃したのに対して25分過ぎにクヴァスのFKから再びダルマウのヘディングで2-1. さらにクラークが愚かなファールでHTを待たず2枚目退場となったが、前半最後のCKからの流れでビュートネルのシュートがゴール前の混戦の中でペーターソンの肘に当たり、映像を見たカイパースがPKで判定で同点として折り返し。

 

後半は数的優位を得たヘラクレスが優勢に進めると、60分過ぎにCKの流れからダリオvdバイスが頭で決めて3-2. 残り時間も攻め続けたヘラクレスに対してフィテッセも多くチャンスを作ってエキサイティングな終盤になったが、ブラスヴィッヒとエドゥアルドが好セーブを見せ、途中出場 ゴングがバーを叩いてそのまま終了。

 

ヘラクレスフィテッセユトレヒトに1pt差の7位とPOに向けて大きく前進。

 

Zondag 17 maart

12:15 VVV-Venlo - PSV 0-1
86' Hirving Lozano 0-1

 

VVVはルール・ヤンセンがフィットしてスタメン復帰。PSVはヘンドリクスを外し、ロザーリオ、サディレク、イハターレンの若い中盤に。前線はロザーノが戻ってハクポがベンチに。

 

立ち上がりからVVVが競り合いの強さで上回って五分五分以上の展開。ムラパとアンジェリーニョの決定機にズートとPSVからレンタル中のウネスタールがそれぞれセーブ。次第にPSVがコントロールを増したがテンポを上げることはできず、ベルフワインの大チャンスもウネスタールがセーブ。前半終盤盛り返したVVVもファン・オーイェンの至近距離から強烈なシュートをズートに左手でスーパーセーブされて0-0のまま折り返し。

 

PSVはHTに競り合いに勝てないイハターレンを下げてマーレンを投入し、ベルフワインを10番に。後半はお互いに全くチャンスを作れなくなり、PSVが終盤サディレクも下げてハクポを前線に加えて打開しようとするも効果が現れずに迎えた残り5分、ロザーノが中央からミドルシュートをゴール左隅に決めて遂に先制。VVVもズートが飛び出したゴールにファン・オーイェンがシュートを放ったがドゥムフリースがゴールライン上で決定的クリアでそのまま終了。

 

PSVは苦戦の末に2ptsのリードを守って次節トッパーへ。

 

モーリス・スタイン
「我々は素晴らしい試合をしたが、PSVのクオリティが最後に試合を決めた。チームにはなんとか1ptを獲らせてあげたかったよ。PSVは後半ほとんどプレッシャーを掛けて来ず、カウンターで我々を痛めつけようとしていたが、我々はとても上手くやっていた。あと試合を楽しめたのはとても良い笛を吹いた主審(マンスホット)のおかげでもある。一度はこういう事を言っても良いだろう。彼はたくさん流して本当の試合にした。実際今日は全てが上手く行ったんだ、結果以外はね」

 

マルク・ファン・ボメル
「ホッとした?いや。もちろんホットはしている。残り数分で0-1にしたからね。VVVは難しいタフな相手だし、人工芝なのもプラスでは無い。我々は間違いなく苦戦したが、最も重要なのは我々が我慢強さを持ち、交代策で試合にグリップを得られたこと。我々にとってはほとんどチャンスの無い難しい午後だった。VVVには2回の大チャンスがあった。ズートはここ最近多くの批判を受けていたが、この試合で最も重要な2つのボールを止めた。ドゥムフリースも批判を受けたが、彼は今日も素面のままで、ライン際を機関車のように駆け上がっていた。彼がラインからボールを掻き出すやり方は彼にしかできないもの」

 

14:30 FC Groningen - ADO Den Haag 1-0
34' Lex Immers (e.d.) 1-0


ADOは出場停止のベウヘルスダイクと怪我のトゥルペーに代わってピナスとモレーノ。フローニゲンはドーアンが戻り、メミセヴィッチがCBに。

 

エル・カヤティのライスへのファールにゼーファイクが手を出してベンチの選手、スタッフも含めtほぼ全員で揉み合いになる大混乱が起きるなど、両チーム合わせてイエローカード5枚が出た荒れた前半は30分過ぎにインマルスの不運なオウンゴールでフローニゲンが先制。


後半開始直後にホーセンスの決定機にパトが立ちはだかり、その後はフローニゲンが優勢に立ち、こちらもスヴィンケルスのセーブに阻まれてトドメを刺せなかったがそのまま勝利。

 

フローニゲンは年明け9試合で6勝目で8位とPOが遂に視界に。

 

14:30 AZ - Ajax 1-0
56' Guus Til 1-0


アグレッシブさとシャープさで優るAZが優勢の展開。しかしスーンチェンスとイドリシのシュートがオナーナにセーブされ、イドリシにオープンチャンスは大きく枠外など再三のチャンスを決められず。前半終盤に最初のピンチを招くもフラールゴールライン上でクリア。

 

後半出だしにステングスに2回の大チャンスも決められず。しかしスタンドの大声援を受けてAZが攻め続けるとCKからフラールが折り返し、さらにイドリシがヘディングで渡したボールをティルが蹴り込んで先制。その後も危険なシーンを作り続け、終盤に押し込まれるもビゾットが再三のフェノメナールなセーブ。80分にカウンターでイドリシが抜け出すもオナーナにセーブされて最後まで緊張感を残したものの、しっかり守り切って至極相応しい勝利。

 

AZは2016年1月以来3年ぶりにトラディツォネール・トップ・ドリーに勝利。対アヤックス戦は2015年2月のアウエー以来4年ぶりの勝利で3位フェイエノールトと勝ち点でタイに。

 

ジョン・ファン・デン・ブロム
「ようやくトップクラブに勝てた。これが始まりでもあることを願うよ。アヤックスPSVフェイエノールトとの試合の度にメディアに話題にされるのは本当に死ぬほど、死ぬほど悔しかったんだ。正直言ってトラディツォネール・トップ・ドリーにずっと勝てないのは私個人にとって非常に大きなフラストレーションだった。我々は広範囲に話し合ったが、この酷い記録を止める唯一の方法は勝つこと。それを我々はやった。しかも至極相応しい勝利でもある」
アヤックス相手に組み立てに気を遣うのは命がけ。だから今日は常にマッツに向けてロングボールを蹴り、そこからフットボールをしようとしたんだ。選手たちはかなりエネルギーを必要としたが、アヤックスが相手なのはも最初から最後までガスを入れ続けるモチベーションになった。最後は押し込まれたが、3人のCBで何とか守り切る事ができた」
「もっともっと早く試合を決めてしまわなければいけなかっただろう。チャンスの数を見れば、たった1-0なのはクレイジー。5-2ならもっと素晴らしかった。でも本当にとても嬉しいよ。この酷い記録は私、クラブ運営陣、選手たちだけでなく、サポーターにとっても大きなフラストレーションだった。ようやくこういう試合にかって良い気分だ。この気分を味わいたい」
「実際この勝利よりもフェイエノールトに並んだことの方が遙かに重要。我々はまだとても素晴らしい試合が残っているし、このプレーができれば今シーズンの終わりとまだとても素晴らしいものにできるだろう」

 

16:45 Excelsior - PEC Zwolle 0-2
82' Kingsley Ehizibue 0-1 / 84' Younes Namli 0-2


26ptsで並ぶ15位対14位直接対決。エクセルシオールはエル・ハムダウィとメサウドをベンチに置いてアンダーソンを起用しブラインスを10番起用。 水曜の試合から中3日のPECはティとファン・ポーレンがスタメンに戻り、ファン・クローイの出場停止でエイジブエが右バイテン起用。

 

ここ3試合無得点のエクセルシオールとここ5試合2ptsのPECで予想通りお互いになかなかチャンスを作れない展開。PECが今日もエネルギッシュなプレーでボールを持って優勢に進めるもほとんど決定機は無く、30分にCKからティがヘディングもダーメンがセーブし、5分後にはファン・ダイネンのパスからティにベストチャンスが訪れたが枠外に。

 

前半全くのノーチャンスだったエクセルシオールは50分にアンダーソンのミドルシュートがvdハルトにセーブされてようやくチャンスを作ると、前半とは逆にボールを持ってエドワーツを中心に数回惜しいシーン。PECも途中からカウンターでチャンスの質と量で優ったが、こちらも再三の大チャンスを決められず。0-0のまま迎えた終盤、エイジブエのヘディングがポスト内側に当たり、ダーメンが掻き出したが線審がゴール判定で遂にPECが先制。さらに直後にナムリがファンタスティックな個人技でブルネットとアウデ・コッテを抜き去って0-2とトドメ。

 

PECは6試合ぶりの勝利で16位デ・フラーフスハップに4pts差を付けて12位に。

 

 Stand
1 PSV 26 (21 4 1) 79-16 +63 67
2 Ajax 26 (20 2 4) 88-22 +66 62
3 Feyenoord 26 (14 5 7) 55-33 +22 47
4 AZ 26 (14 5 7) 52-30 +22 47
5 Vitesse 26 (11 7 8) 47-36 +11 40
6 FC Utrecht 26 (11 7 8) 45-34 +11 40
7 Heracles Almelo 26 (12 3 11) 46-50 -4 39
8 FC Groningen 26 (10 5 11) 31-34 -3 35
9 Willem II 26 (10 4 12) 43-50 -7 34
10 sc Heerenveen 26 (8 9 9) 56-59 -3 33
11 VVV-Venlo 26 (9 5 12) 32-44 -12 32
12 PEC Zwolle 26 (8 5 13) 30-41 -11 29
13 Fortuna Sittard 26 (8 5 13) 43-61 -18 29
14 ADO Den Haag 26 (7 7 12) 35-52 -17 28
15 Excelsior 26 (7 5 14) 32-59 -27 26
16 De Graafschap 26 (7 4 15) 31-55 -24 25
17 FC Emmen 26 (6 7 13) 30-60 -30 25
18 NAC Breda 26 (4 5 17) 23-62 -39 17


Topscorers
1. Luuk de Jong (PSV) 21 (0)
2. Dušan Tadić (Ajax) 19 (5)
3. Hirving Lozano (PSV) 15 (2)
4. Dalmau Spanje (Heracles Almelo) 14 (0)
Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 14 (5)
Sam Lammers (sc Heerenveen) 14 (4)
Robin van Persie (Feyenoord) 14 (0)
Michel Vlap (sc Heerenveen) 14 (0)
Hakim Ziyech (Ajax) 14 (0)
10. Fran Sol (Willem II) 13 (2)
11. Steven Bergwijn (PSV) 11 (0)
Kristoffer Peterson (Heracles Almelo) 11 (2)


Assists
1. Steven Bergwijn (PSV) 12
2. Steven Berghuis (Feyenoord) 11
Hakim Ziyech (Ajax) 11
4. Arber Zeneli (sc Heerenveen) 9
5. David Neres (Ajax) 8
Brandley Kuwas (Heracles Almelo) 8
Dušan Tadić (Ajax) 8
8. José Angeliño (PSV) 7
Yuki Kobayashi (sc Heerenveen) 7
Sam Larsson (Feyenoord) 7
Donny van de Beek (Ajax) 7