我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

フットボールピラミッドに加わらずFCドルドレヒトとの提携を選択

フェイエノールトは若手選手に対して4トラック・ポリシーを持つことになった。クラブはアカデミーのタレントたちに最善の方法を考え、トップチームの選手にまで成長する可能性を最大にしたいと望んでいる。

 

4トラック・ポリシーの選択により、クラブは今後数年間 所謂フットボールピラミッドに参加しないことを選んだ。

 

この戦術選択で、フェイエノールトは量ではなく質を重要視し。フェイエノールト1、ヨング・フェイエノールトフェイエノールトOnder19の書くセレクションの登録を可能な限り強いものにすることになる。同時にこの各コースは各チームの選手たちの成長を最大限配慮したものでなければならう、選手毎の事情を中心に置いて、それぞれの成長のために何がベストかが選ばれることになる。各チームの具体的な内容は以下に記載。

 

フェイエノールト1
トップチームは言うまでも無くあらゆえう面でフェイエノールトのトッププライオリティであり続ける。このチームは来シーズンから24選手で構成。現時点でそうであるように、その半分は自分たちのユース出身者でなければならない。現在のポリシーに従って毎年2選手がアカデミーからトップチームに昇格する。

 

ヨング・フェイエノールト
ヨング・フェイエノールトの役割は2019-2020シーズンから完全にフェイエノールト1の支援的なものになる。このチームではなるべくエールディヴィジの日程を考慮し、主にトップチームの控え選手たちがプレーする。

 

ヨング・フェイエノールトはオランダで唯一制限の無いリーグである、リザーブリーグに参加する。つまり選手たちは年齢制限もフェイエノールト1での出場試合数制限も無く、このチームで常にプレーできる。これによりヨング・フェイエノールトは怪我から戻る選手が必定なプレーリズムを得るために理想的なチームである。リーグ戦以外にもヨング・フェイエノールトは無制限に練習試合を行うことができ、国内外のトーナメントにも参加する。

 

それに加え、ヨング・フェイエノールトのセレクションはアカデミーから2年延長された育成の場所でもある。若く、才能溢れる選手たちがOnder19の年齢を超え、すぐにはトップチームへのステップを踏めない時、彼らはここでさらに長い期間成長するチャンスを得られる。つまりリザーブチームはトップチームのクオリティのために非常に重要な役割を担う。

 

フェイエノールトOnder19
フェイエノールト・アカデミーの旗艦として、フェイエノールトOnder19の目標は毎年ランズカンピューンを争うことである。ランズティートルはUEFA Youth Leagueのチケットももたらし、その強力な国際大会でフェイエノールトOnder19のタレントたちは欧州のフロート・クラブの最高のユース選手たち相手に戦うことができる。その結果としてフェイエノールトのタレントたちは必要な欧州での経験を積むことができ、多くの抵抗のある試合をより多く行える。

 

FCドルドレヒトとの提携
フェイエノールトOnder19は今から直ちにFCドルドレヒトと提携する。これにより多くの選手たちをオランダの2番目のリーグでプレーするクラブにレンタルに出すことができる。FCドルドレヒトはケウケン・カンピューン・ディヴィジにおり、天然芝でプレーし、さらにロッテルダムのすぐ近くに存在するという理由で、理想的な提携パートナーである。

 

フェイエノールトは熟考の末に自分たちの独自チームでフットボールピラミッドに参加しないことを選ぶ。その理由は参入からフェイエノールトOnder19の選手たちが容認できるレベルでプレーするまで道のりが長い(長すぎる)こととであり、そのために現在の経済状況からコストに見合わない。参入には大人数の契約選手が必要であり、すでに周知のように、最終的にトップチームに上がれる十分なクオリティを持った選手の数は非常に限られる。今回は量よりも質を重視した選択であり、フェイエノールトは使える予算を主に(特に)トップチームをできる限り強いものにすることに使いたいと望んでいる。

 

 

youtu.be

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/viersporenbeleid-voor-feyenoord-jeugd---150119