我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第14節結果: マルテンスがアドフォカートを審判室に招待、デ・カイプでPSVの連勝ストップ!

Speelronde 14

 

Vrijdag 30 november
20:00 Excelsior - FC Utrecht 3-3
6' Elías Már Ómarsson 1-0 / 8' Ryan Koolwijk 2-0 / 26' Luigi Bruins (str.) 3-0 / 55' Gyrano Kerk 3-1 / 61' Nick Venema 3-2 / 65' Simon Gustafson (str.) 3-3
Rood: 85' Sean Klaiber (2xGeel)

 

エクセルシオールはマタイが出場停止でアウデ・コッテ、前節スタメンのマイケル・アンダーソンに代わってマムドフを起用。前節デ・フラーフスハップに5-0大勝のユトレヒトはスタメンン変わらず、フェーネマはベンチから。

 

ユトレヒトが攻勢のスタートからvdストレークに決定機もステーフェンスがスーパーセーブを見せると、フォルテスのクロスをメサウドがハックで狙ってポスト直撃のリバウンドをオーマルソンが決めてワンチャンスでエクセルシオールが先制。その後数分間混乱に陥ったユトレヒト守備陣相手にさらに立て続けにチャンスを作ったエクセルシオールペナルティエリア内で完全フリーのコールワイクのシュートであっという間に2-0に。その後ユトレヒトが反撃に出ようとするもほとんどエクセルシオールのゴールを脅かせず、非常にアグレッシブで精力的なエクセルシオールフットボール能力でも勝って優勢の展開が続くとペナルティエリア内で走り込んだフォルテスがvdマーレルとの競り合いで倒れてマルテンスが厳しいPK判定で3-0となってまさかの26分で勝負ありの雰囲気に。

 

HTには「映像を見ろ」と怒るアドフォカートをマルテンスが審判団のロッカールームに招き入れる珍しいシーン。

 

HT明けにユトレヒトがフェーネマを投入して反撃に転じると、ケルクのシュートで3-1. さらにタナーネのシュートのリバウンドをフェーネマが蹴り込んで3-2. さらにペナルティエリア際でマムドフがボールへのプレーををマルテンがファールを取ってFK判定に、VAR ブランクが介入してPKとなって3-3. 終盤ようやくコントロールを取り戻したエクセルシオールも途中出場 エル・ハムダウィの決定機がイェンセンにセーブされ、vdメールがバー直撃。クライベルが愚かなファールで2枚目退場になった残り5分も結局お互いにチャンスは生まれずそのまま引き分け。

 

アドリー・ポルデルファールト
「55分から65分の間に3失点。『大量リードを奪ったらしっかりクローズしなければいけない』と誰もが常に言っているが、我々はそれができなかった。もちろんユトレヒトが大きなクオリティを持っているのも忘れてはならない。前半も彼らはチャンスがあったが、我々のGKが数回上手くセーブしてくれていた」
「HTに監督が審判団のロッカールームに入ったのはかなり奇妙に思う。映像を見るように迫ったようだ。これは主審の責任。誰でも監督が要求すればそれをするなら、HTの彼らは忙しくなる」
「3-3のPKは・・・VARはこれを見てPKだと言い。主審は自分で見なかった!VARとエクセルシオールは良いコンビでは無い・・・ マムドフは間違いなくボールにプレーしている!」

 

ディック・アドフォカート
「普通なら負けている点差だから我々はよく追いついた。しかしポジショニングが良くなくてゴール前をオープンにしてしまっていた。コールワイクのゴールはエールディヴィジ・レベルでああり得ないし、明日しっかり話をしないといけない」
「HTに私が怒っているのはもちろんマルテンスも見た。我々は彼らのロッカールームに入って『本当にPKだったか見た方が良いだろう』と言ったんだ。彼は『VARと相談し、彼が軽度だがPKと言ったから私はPKを与えた』と言った。彼はそれ以上何も言っていないし、私も何も言っていない」
「フェーネマは今回は長くプレーしただねw 来週はスタメン?君らがそう質問するほど早くなるかな、ハハハ」

 

Zaterdag 1 december
18:30 Vitesse - FC Emmen 1-1
31' Bryan Linssen 1-0 / 51' Cavlan 1-1


フィテッセはフォールに代えてベーレンスがスタメンでエーデガールトが中盤に。エメンはバニンクが戻って久々にアンコ・ヤンセンとアリアスの2スピッツ

 

フィテッセが優勢の展開からベーレンスのクロスにリンセンの頭で先制。カシアのお別れセレモニーが行われたHT明け直後、エメンの最初のチャンスでカフランが決めて同点に。その後はフィテッセがさらに攻勢を強めて次々にチャンスを作るも決められず、終了直前にクロックがビュートネルを不必要に倒してPK判定も、リンセンが足を滑らせて枠外でそのまま引き分け。

 

19:45 De Graafschap - PEC Zwolle 0-2
15' Clint Leemans 0-1 / 75' Younes Namli 0-2
Rood: 18' Lars Nieuwpoort

 

PECが序盤攻勢からレーマンスのFKで先制し、数分後にはニューポールトがエイジブエの足にハードタックルで当然の一発退場。その後も激しいファールで一時荒れた展開になるも、後半はPECが完全にコントロールしてほとんど何も起きない展開から、ナムリがトドメ。

 

PECは16位に暫定4pts差。

 

19:45 AZ - Willem II 0-2
3' Fran Sol 0-1 / 31' Fran Sol 0-2

 

最初のCKでソルのヘディングがビゾットにセーブされるも、リバウンドからの流れで入ったクロスをソルが決めて先制。AZはボールを持って攻めるもイドリシらがヴェレンロイテルを敗れず、逆に30分過ぎにアフディジャイに裏に抜け出されてソルの今シーズン12ゴール目で0-2. AZはHTにミチューとスーンチェンスを下げてロターリウとドライフを投入も効果は生まれず、ほとんどボールを前に運べなくなる展開でヴィレムIIが楽々と逃げ切り。

 

ジョン・ファン・デン・ブロム
「我々は良いチームだが、今日はお互いを息苦しくさせていた。早々のビハインドの失望感からほとんど立ち直れなかった。選手たちはかなり長く一緒にプレーしているのだから私も失望している。お互いに支え合って試合に戻ることを願っていたが、そうはならなかった。多分それは敗戦より酷いこと。前半はまだ上手くやれていたが得点だけできず、ミス・コミュニケーションから0-2にされて失望感がチーム全体に広まってしまった」

 

アドリー・コスター
「AZはかなり苦しめられてもおかしくない良いフットボールをするチーム。しかし我々はコンパクトにプレーし、そこからいつでもチャンスを作り、それを決められる選手たちがいる。彼らはそれを上手くやってくれた。我々も上手くピンチを凌いだシーンがあったし現実的でなければならないが、あらゆる場所でファイトして結果をもららすという点では我々の方が良かった」

 

フラン・ソル
「チャンスポジションからでなくてもゴールを決められるのが僕の強み。ラッキーとは思わないよ。僕は何度もそれを見せているからね。抜け目なく、適切な場所にいないといけないんだ。今日は3点目も決めないといけなかった。僕は自分のパフォーマンスには厳しい。トラップをもっと上手くやらないといけなかったけど、風の影響もあって難しかった。でもあれは決めないと」

 

20:45 sc Heerenveen - Fortuna Sittard 3-1
43' Daniel Høegh 1-0 / 47' Zeneli (str.) 2-0 / 48' Lazaros Lamprou 2-1 / 79' Pelle van Amersfoort 3-1

 

優勢のヘーレンフェーンがHT直前にCKからヘーウのゴールで先制。HT直後にもザネリがエッセルスに倒されてのPKを自ら決めて2-0. 直後にランプルーがフロラーヌスの裏からあっさり抜け出して2-1とするも、ヘーレンフェーンが主導権を取り続け、ザネリのシュートのリバウンドを久々スタメン起用のファン・アーメルスフォールトがオフサイドライン際から蹴り込んで勝負あり。

 

ヘーレンフェーンはホーム8試合目でようやく初勝利、フォルトゥナを抜いて暫定9位に。

 

ルネ・アイエル
「3-1のゴールは私から見ればオフサイド。VARがどこにいたのか・・・ エクセルシオールユトレヒトも見たが、彼らは2回席を外していた。そんなVARに何の価値があるんだ?」
「欧州戦枠争いから遠ざかった?我々はそこまででは無いよ。自分たちの居場所を知るべきと私は言っていた」

 

Zondag 2 december
12:15 Ajax - ADO Den Haag 5-1
15' 1-0 / 21' 2-0 / 38' Aaron Meijers 2-1 / 43' 3-1 / 48' 4-1 / 83' 5-1

 

ADOはエル・カヤティがフィットせず欠場でカノン、バッケル、ニック・カイパースの3CBで中盤にホーセンスを加え、ベッケルとロレンゼンの前線で5-3-2の守備的布陣も早々に2点のビハインドを背負う展開。前半終盤にマイヤースが完璧なFKを決めて1点差とするもHT前に再び引き離され、後半開始直後にはカノンの致命的ミスで3点差に広げられて少ないチャンスも決められずそのまま敗戦。

 

14:30 Heracles Almelo - VVV-Venlo 4-1
3' Adrián Dalmau 1-0 / 49' Lerin Duart 2-0 / 55' Kristoffer Peterson (str.) 3-0 / 65' Nils Röseler 3-1 / 69' Lerin Duarte 4-1

 

後半出だしにフロートが同点ゴールを決めるもかなり疑わしいオフサイド判定で認められず、VAR vdケルコフも良い角度の映像を得られず修正できず。結局数分後にドゥアルテが追加点を決めるとその後ヘラクレスがゴールを重ねて今シーズン1試合2失点が最多のVVV相手に4得点で快勝。

ヘラクレスは3連敗から快勝で4位に返り咲き。

 

14:30 Feyenoord - PSV 2-1
28' Nicolai Jørgensen 1-0 / 33' Sam Larsson 2-0 / 73' Steven Bergwijn 2-1

 

フェイエノールトは出場停止のシン・ジュステが戻り、ボテギンが負傷欠場、まだ万全では無いファン・ペルシもベンチでファン・ベークとトールンストラがスタメン。PSVは例のごとくいつもの11人。

 

出だしから激しくプレッシャーをかけて競り合いにほとんど勝利したフェイエノールトが主導権を取る展開。6分でベルフハイスのパスからシン・ジュステに最初の大チャンスもシュートはズートにキャッチされ、15分過ぎにはゴール前でベルフハイスにベストチャンスも再びズートがセーブ。20分を過ぎてPSVも次第に試合に入ってボールを待てるようになるも、カウンターからベルフハイスのパスを受けたヨルゲンセンが豪快なミドルシュートを決めて先制。さらに相手陣内でシン・ジュステがルーク・デ・ヨングからボールを奪い、ラーソンも豪快なミドルシュートで2-0. 数分後にもvdハイデンがペレイロからボールを奪ってヨルゲンセンに大チャンスもバーの上に。ほとんど試合に入れないPSVは40分にシン・ジュステのミスからロザーノに最初の決定機も枠外に。

 

フェイエノールトは前半終盤にヨルゲンセンが負傷してフェンテと交代のアクシデント。PSVは全く試合に入れていないペレイロをHTに下げてマーレンを投入。後半もフェイエノールトが危なげなく試合をコントロールし続けたがカウンターで勝負を決めることもできず、60分過ぎにクラーシも痛んでアユプと交代に。70分過ぎにマラシアがベルフワインに振り切られて2-1. 数分後にもベルフワインに決定機もバイローがセーブ。緊張感の高まる終盤、ボールをキープできないフェイエノールトが必死に守り、PSVはマーレンを中心に数回シュートチャンスも枠を捉えられずそのまま終了。

 

フェイエノールトPSV-thuisここ9試合で7勝目で上位争いに可能性を残す。PSVは今シーズンの連勝が13で遂にストップ。

 

マルク・ファン・ボメル
「我々はフェイエノールトに我々相手にやれるというフィーリングを与えてしまった。そこから立て直そうとしたが、すでに2-0にされていた。その後は我々はもう問題に陥ることは無かった」
「我々はいつも同じプレーをし、いつも良いプレーをしているが、これだけ追いかけられるとボールをもっと速く動かさなければいけない。彼らが我々を痛めつけられるシーンはどれも我々が愚かなボールロストをしたシーン。そういうシーンで彼らはゴールを決めた」
「試合にかける姿勢をみれば彼らは前半ファンタスティックだったし、観客の後押しもあった。後半我々はフットボールで優勢だったし、2--2にしなければいけなかったが、まぁそれはできなかった。我々は13回勝ち、今回負けたのは自分たちを責められる。ポジティヴなのは我々が決して圧倒された訳では無いということ」

 

16:45 FC Groningen - NAC Breda 5-2
6' Mimoun Mahi 1-0 / 16' Mikhail Rosheuvel 1-1 / 56' Mitchell te Vrede 1-2 / 58' Ritsu Doan 2-2 / 75' Deyovaisio Zeefuik 3-2 /85' Mimoun Mahi 4-2 / 90' Samir Memisević 5-2

 

数週間前まで赤ランタンを渡し合っていた両チームの2pts差直接対決。フローニゲンが主導権を取ってドーアンの素晴らしいパスをマヒーがダイレクトでゴール逆隅に決めるスーパーゴールで先制。しかしテ・ヴィーリクがペナルティエリア際でファールを取られ、マッケリーがVAR ディーペリンクの助言でOFRもそのまま変わらずナイホルトのFKのリバウンドをロシュヘウフェルが決めて1-1. 活気のある出だしも、その後はお互い低調になって下位直接対決らしい内容に。

 

後半NACのFKにパトが棒立ちでテ・フレーデのヘディングに競り合えない致命的ミスで1-2となるも、直後にゼーファイクのパスからこぼれ球をドーアンが決めて2-2. お互いにハーフチャンスのある五分五分の展開で迎えた終盤、マヒーの飛び出しからパスをゴール前に走り込んだゼーファイクが初ゴールで3-2とすると、最後はマヒーがトドメで勝負あり。

 

フローニゲンはヘッケンスライター NACとの差を5ptsに広げ、安全圏15位と1pt差に。

 

デニーバイス
「マヒーはクラブにとってファンタスティックな選手であり、トップ・プロフェッショナル。彼とドーンは別格のクオリティを持っており、その点では我々は全く心配の必要は無い。特にシーズン序盤は得点力が問題だったし、マヒーがまたフィットしてくれて良かった。この差はもの凄く大きい。彼らの個々のクオリティは決定的要素なだけでなく、他の選手たちも引き上げてくれる。いまは選手たちの間にかなり自信が生まれているのが分かる」

 

ミムン・マヒー
「1-0のゴールはDFラインの裏に素晴らしいボールを貰えたから、インステップに乗せて綺麗に決まったよ。僕のキャリアで最も美しいゴール。もちろん素晴らしい気分だ」

ミチェル・ファン・デル・ハーフ
「この試合が両チームにとってどれだけ重要かは前もって分かっていた。6分で素晴らしいゴールによってビハインドを背負ったが、我々はまたすぐ試合に戻り、そこからは行ったり来たりだった。フローニゲンが拠りボールを持ったが、我々も生まれたスペースを活かしていた。後半も同じ展開で、我々は多少ラッキーなゴールで1-2にし、チームに大きな勢いがついたが2分もせずにまた同点にされ、終わってみれば5-2. 我々は今シーズンもっと良い結果を得られた試合がいくつもあったし、この試合もそうだった」

 

Stand (Voorlopig)
1 PSV 14 (13 0 1) 47-7 +40 39pt
2 Ajax 14 (12 1 1) 45-6 +39 37pt
3 Feyenoord 13 (9 2 2) 25-14 +11 29pt
4 Heracles Almelo 14 (7 2 5) 29-28 +1 23pt
5 FC Utrecht 14 (6 4 4) 23-17 +6 22pt
6 Vitesse 14 (6 4 4) 22-16 +6 22pt
7 VVV-Venlo 13 (5 4 4) 17-18 -1 19pt
8 AZ 14 (5 4 5) 24-22 +2 19pt
9 sc Heerenveen 14 (4 5 5) 27-31 -4 17pt
10 Fortuna Sittard 14 (4 4 6) 27-27 0 16pt
11 Willem II 14 (4 4 6) 23-26 -3 16pt
12 Excelsior 14 (4 4 6) 22-34 -12 16pt
13 ADO Den Haag 14 (4 3 7) 18-32 -14 15pt
14 PEC Zwolle 14 (4 2 8) 16-24 -8 14pt
15 FC Emmen 14 (3 5 6) 16-29 -13 14pt
16 FC Groningen 14 (4 1 9) 17-26 -9 13pt
17 De Graafschap 14 (3 1 10) 12-33 -21 10pt
18 NAC Breda 14 (2 2 10) 15-35 -20 8pt

 

Topscorers
1. Luuk de Jong (PSV) 12 (0)
Fran Sol (Willem II) 12 (2)
3. Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 10 (3)
Hirving Lozano (PSV) 10 (1)
5. Kristoffer Peterson (Heracles Almelo) 9 (2)
6. Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 7 (1)
Gastón Pereiro (PSV) 7 (3)
Dušan Tadić (Ajax) 7 (2)
Hakim Ziyech (Ajax) 7 (0)
10. Steven Bergwijn (PSV) 6 (0)
Dalmau Spanje (Heracles Almelo) 6 (0)
Kasper Dolberg (Ajax) 6 (0)
Sam Lammers (sc Heerenveen) 6 (1)
Mitchell te Vrede (NAC Breda) 6 (0)
Robin van Persie (Feyenoord) 6 (0)
Michel Vlap (sc Heerenveen) 6 (0)

 

Assists
1. Steven Bergwijn (PSV) 7
Arber Zeneli (sc Heerenveen) 7
3. Steven Berghuis (Feyenoord) 5
Dan Crowley (Willem II) 5
David Neres (Ajax) 5
Mark Diemers (Fortuna Sittard) 5
Hirving Lozano (PSV) 5
Mikhail Rosheuvel (NAC Breda) 5
Hakim Ziyech (Ajax) 5
10. Roy Beerens (Vitesse) 4
Caner Çavlan (FC Emmen) 4
Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 4
Mimoun Mahi (FC Groningen) 4
Thomas Ouwejan (AZ) 4
Dušan Tadić (Ajax) 4