我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

渦を巻くデ・カイプでコップローパー PSVを撃破 (第14節: PSV-thuis)

フェイエノールトPSVに今シーズン初黒星を付けた。ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは熱狂のデ・カイプでニコライ・ヨルゲンセンとサム・ラーソンのゴールによって2-1で勝利。

 

ファン・ブロンクホルストPSVとのトッパーに向けて木曜午後の会見で「昔ながらのデ・カイプの午後」になることを予想。我々に監督は日曜午後に選手たちとヘット・レヒューンによって自身のほのめかしを実証された。フェイエノールトはまだ無敗のコップローパーに対して文字通り全力の情熱で競り合いに行き、PSV'erにボールを持つ時間をほとんど与えず。それは満員のデ・カイプでサポーターを満足させるものだった。

 

渦巻くスタート
激しさによってフェイエノールトは優勢に立ち、ジェレマイア・シン・ジュステ、スティーヴン・ベルフハイス、トニー・フィレーナにシュートチャンス。彼らはPSVのGK イェルーン・ズートを破ることはできなかったが、ニコライ・ヨルゲンセンが30分近くにそれに成功。

 

このデンマークスピッツはベルフハイスのパスを受けるとペナルティエリア外から引き金を引く。ボールは右ポストの内側を叩いて枠に決まり、フェイエノールトは相応しい先制。そしてさらに素晴らしいことに、5分後に点差は2点に。

サンバ・サム
シン・ジュステが中盤でPSVのキャプテン ルーク・デ・ヨングからボールを奪い、サム・ラーソンにパス。ラーソンは迷うこと無く、ヨルゲンセン同様にペナルティエリア外から引き金を引く。このスウェーデン人バイテンスペーラーのシュートも見事に決まり、サンバ・サムのボールはゴール左上隅に吸い込まれて2-0.

 

フェイエノールトはさらにゴールを狙い続けるも、ヨルゲンセンが怪我で下がらざるを得ないアクシデント。代わりにディラン・フェンテがピッチに入って後半も十分チャンスがあったが、フェイエノールトの3点目は入ろうとしてくれなかった。3点目が決まらなかったためにPPSVもスティーヴン・ベルフワインのゴールによって追い上げ。

 

この快足FWは73分にフェイエノールトのGK ジュスティン・バイローの足元をぬいてデ・カイプに緊張感を取り戻す。この時点でヨルディ・クラーシはもうピッチにおらず、このMFは頭部を打った影響でめまいをおこしたために下がらざるを得なかった。ヤシン・アユプを入れたフェイエノールトはその後のPSVの攻撃を抑えることに成功し、試合で2-1勝利で終了。

 

PSVとの差を詰める
フェイエノールトはコップローパー PSVとの差を10ptsに詰めた。次の木曜にファン・ブロンクホルストのチームはVVVフェンロをデ・カイプに迎えて中止された試合を行い、首位チームとの差をさらに詰めることができる。フェイエノールトは現在29ptsで3位におり、すでに1試合多く済ませている4位のヘラクレスとは6pts差。

 

Feyenoord - PSV 2-1
Scoreverloop:
28' Nicolai Jørgensen 1-0
33' Sam Larsson 2-0
73' Steven Bergwijn 2-1

 

Scheidsrechter: Serdar Gözübüyük
Gele kaarten: Van Beek, Malacia (Feyenoord), Viergever, Rosario (PSV)

 

Opstellingen:
Feyenoord: Bijlow; St. Juste, Van Beek, Van der Heijden, Malacia; Clasie (63' Ayoub), Toornstra, Vilhena; Berghuis, Jørgensen (44' Vente), Larsson.
PSV: Zoet; Dumfries, Schwaab, Viergever, Angeliño; Rosario, Pereiro (46' Malen), Hendrix (68' Gutierrez); Lozano, De Jong, Bergwijn.

 

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/verslag-feypsv-1819---021218

 

ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト
「相応しい勝利だったと思う。この試合に勝つことは今日の我々の任務でもあったが、我々のプレーの仕方は我々が事前に望んでいたものでもあった。素晴らしい前半だったし、その中で点差をもっと広げることもできただろう。このエネルギーを試合に注げば我々は強いし、何かを望むならこういうプレーをしなければいけない」


「我々は中盤で素晴らしい仕事をしたと思う。PSVはそこでかなり苦しんでいたし、我々はPSVが試合に入れないようにしていた。中盤でカップルを作り、適切なタイミングでプレッシャーをかけ、ペレイロをフリーにさせてそこでボールにプレッシャーをかけさせる。それが何度も上手く行っていた。2-0はそのパーフェクトな例。ボールを奪い、もちろんラーソンの素晴らしいフィニッシュ。前半はファンタスティックだった」


「2-1にされて難しくなるのは誰も分かる。彼らはPSVというターゲットマンと、その周りを動くスピードのある選手たちと、様々な武器がある」


「勝てばサプライズだと事前に言えば、私のチームの力が足りないと認めることになるし、今日の我々はそうではないことを証明した。この勝利は私には驚きでは無い。このグループのポテンシャルは知っているし、我々はそれを前から見せていた。ただいつも90分間それを出せている訳では無い」


「我々の目標はPSVアヤックスとの差を縮めること。木曜は非常に重要。勝てば7pts差になり、まだ橋を架けられる可能性が出てくる」


https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/van-bronckhorst-na-feypsv-1819---021218
https://www.fr12.nl/nieuws/49003-van-bronckhorst-dat-is-een-overbrugging-die-nog-mogelijk-is.html
https://www.fr-fans.nl/nieuws/38224/van-bronckhorst-dat-hebben-we-vandaag-bewezen

 

ティーヴン・ベルフハイス
「前半のプレーを後半も続けられなかったのが残念。PSVがFW4人でプレーして危険だったけど、プレッシャーをかわして抜け出られるタイミングで奥行きを出せなかった。でもファンタスティックな前半だったよ。後ろから前にプレッシャーをかけ、ライン間を小さくタモリ、ボールを持った時に動き続ける、それが上手く行っていた。フィーリングも良かった。これは僕が何度も言っていたこと。僕らは見せているものよりずっと力があるんだ。問題がどこにあるかを言うのは難しいけど、こういうミスが即罰せられる試合では緩んではいられないということかもしれない。とにかく今日の前半をノーマルにしないと」
「2つとも素晴らしいゴール。どちらもクオリティ。サムは力を見せたね、本当に良いフットボーラー。僕が直接そう言っても彼は喜ばないんだけどね。でも本当に良い選手だよ」
「。木曜も僕らはVVVに良い試合をしないといけない。まだまだ不十分。まずはVVVに勝つこと。先を見るのはそれからだ」
https://www.fr-fans.nl/nieuws/38223/berghuis-ik-weet-echt-niet-waar-het-aan-ligt

 

イェンス・トールンストラ
「僕らは自分自身に貪欲さを見たい。最近の僕らは常にそれができている訳じゃ無かった。今日は観客の助けもあって最高だったね。なぜこれだけ上手く行ったかの質問に答えるのは難しい。それに答えられるならもちろん僕らは毎週こういうフットボールをしている。今日は相手による部分もあっただろう。僕らは自分たちの価値を示したいし、今日はその良い機会だった。先週も15分間は良かったけど、その後は落ちた。それが今日はかなり少なかった」
「戦術は明確。チームとしてコンパクトに保って適切なタイミングで前にプレッシャーをかければ観客は後押ししてくれる。前半の僕らはそれを上手くやれた、後半はPSVがプレーを変えてきたけど、僕らは上手く抑えた」
「上位との差をこれ以上離されたく無かったし、今日は伸るか反るかのラストチャンス。良いプレーができて良かったし、自分たちへのシグナルとして自信になるよ」
https://www.fr12.nl/nieuws/49005-toornstra-we-zijn-er-zeker-nog-lang-niet.html

 

例のごとくトッパーで勝つならこのカードという試合でしたが、今回も良い内容で勝利。前半は久し~~~ぶりに本当に良い内容でした。スフェンとヤン・アーリーの力強い前進守備にクラーシとトニーも競り合いで強さを見せ、サイドでもマッチアップでほとんど負けないという、かなり安心して見ていられるプレーぶり。ボールを持ってもニコライとイェンスが精力的に奥行きを作っていて、良いフットボールをしてました。今日はみんな良かったですね~。

 

フォームを失ってるのでは疑惑のあったニコライと依然パッとしないラーソンが良いゴールを決め、ニコライは怪我が残念でしたがラーソンは最後までドゥムフリース相手の守備も力強くやってました。

 

良いプレーがどれだけ長く維持できるか問題がありましたが、今日は前半45分間が良く、後半は相手のプレーが変わったことでイマイチ答えを出せないまま何とか凌ぎ切るという展開。だいぶ危なかったですが、まぁ逃げ切れて何よりでした。

 

ベルフハイスの言うとおり、前半のプレーがノーマルになればだいぶ良いですが、どうなりますか。まずは木曜のVVV-thuis. ニコライの怪我はそれほど軽くは無さそうなのでフェンテにスタメンのチャンスがあるかも・・・