我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

オランイェ、ヴェレルトカンピューンにセンセーショナルな勝利 (NL: フランス-thuis)

再び長く記憶に残るだろうオランダ代表の夜に。Nations Leagueでのセンセーショナルな勝利によってオランダ代表はいくつもの面で自分たちの価値を証明してみせた。ロッテルダムのデ・カイプにおいて説得力のある試合でヴェレルトカンピューンフランスを2-0で撃破。

 

このフットボール・テンペルにパーフェクトなシナリオが実現された。ボンズコーチ ロナルド・クーマンのオランイェはグループウィナーになる非常に大きなチャンスがある。次の月曜のドイツ戦で引き分けでも、2019年夏の最終ラウンドに進むには十分。

 

シード
少なくとも最上位ディヴィジに残留は確定し、このフランスへの勝利でドイツがディヴィジBに落ちることになった。だが多分より重要なのはEK予選のドローでシード権を得て、最強国たちとの対戦を回避できたことだろう。

 

新ヴェレルトカンピューン相手の勝利はフォーメーションのコレクティーフなトップパフォーマンス。ヤスパー・シレセン、デンゼル・ドゥムフリース、マタイス・デ・リフト、フィルジル・ファン・ダイク、デーリー・ブリント、マルテン・デ・ローン、フレンキー・デ・ヨング、ジョルジーニョ・ワィナルドゥム、スティーヴン・ベルフワイン、メンフィス・デパイ、ライアン・バベル、そして途中出場のクインシー・プロメス、トニー・フィレーナ、ナータン・アケー。全員がこの大きな成功に貢献した。

 

1ヵ月前のドイツ相手に多少の幸運がありつつ3-0の華々しい勝利もすでにオランイェ・レヒューンにとってはあり得ない事だった。あの成功がフランス戦に向けてオランダにある種の楽観論を呼び起こしていたのはクーマンも気づいていた。いわばカルヴァニズムだ。

 

奇蹟の子
クーマンは試合前日の会見で特にフランスの数人の選手が持つ段違いのクオリティを指摘。例えばAntoine Griezmannと奇蹟の子 Kylian Mbappéといった、昨夏にフランスを世界のベストチームにした選手たちだ。

 

しかしそれは金曜にはほとんど見えなかった。最初の30分間は特にオランダがボールを持ち、開始1分半ですでにオランイェに最初の大チャンスがあったが、ジョルジーニョ・ワィナルドゥムのシュートはHugo Llorisの足に阻まれた。フランスは控え目に危険なシーンを作る。例えば10分過ぎにGriezmannがヘディング、DF Benjamin Pavardも強烈なシュートを放ったなど。

 

しかしオランダが前半終了2分前にデ・カイプに歓喜を爆発させる。ライアン・バベルの足元にボールが届くと、彼のシュートはまたしてもLlorisの足に防がれたが、そのリバウンドがワィナルドゥムの前に。彼がドイツ戦同様に1-0のゴールを決めた。

 

後半も主導権を取るのは1チームだけであり、それはホームのオランダだった。バベルのシュートはブロックされ、ファン・ダイクのヘディングはより危険なシュートに。さらにデーリー・ブリントからの攻撃はデンゼル・ドゥムフリースの強烈なヘディングに繋がり、その後デパイが2度2-0のゴールに迫った。

 

足元を支えるLloris
フランスの唯一の幸運は良いパフォーマンスをしていた数少ないフランス人の1人がLlorisだったことだ。彼が何度も何度も弱々しいヴェレルトカンピューンの足元を支え続けていた。フランス側の控え目な結果としてOusmane Dembéléのシュート。それ以外はオランイェだけが攻め続け、解放感をもたらす2-0が決まるのを待つだけだった。

 

フレンキー・デ・ヨングがその足でトドメのゴールを決めるかに思われたが、彼のシュートにもLlorisに阻まれてしまう。しかしロスタイム深くにオランイェがPKを得たことでデ・カイプはダンスを踊る幸運に恵まれた。デパイが純然たる『パネンカ』でこのPKをしっかり決め、全てがオランイェ・カラーに染まった夜に再び歴史的偉業が果たされた。

 

Nederland - Frankrijk 2-0
44' Georginio Wijnaldum 1-0
90+5' Memphis Depay 2-0 (str.)

 

Opstellingen:
Nederland: Cillessen; Dumfries, De Ligt, Van Dijk, Blind; De Roon, F. de Jong, Wijnaldum (89' Vilhena); Bergwijn (85' Promes), Memphis, Babel (89' Aké).
Frankrijk: Lloris; Pavard, Varane, Kimpembe, Digne; Mbappé, Kanté, N'Zonzi, Matuidi; Griezmann; Giroud.

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/74258/sensationele-zege-oranje-op-wereldkampioen

 

ロナルド・クーマン
「とてつもないステップを今夜の我々は踏んだ。試合の最初から最後まで我々は良いプレーをしていたんだ。我々が90分間ずっと優勢なチームになるとは予想してなかったし、このグループがこれだけ上手く試合展開を読んでこれだけ大人びたプレーをできるとも予想してなかった。フランスがここに楽しい試合をしに来たのではないし、そうなると辛抱し続けてその瞬間を待つのは難しいこと。だからグループの全員が大きな賞讃に値する」
「我々にはもっと早く2点目を決めるチャンスがかなり多くあった。彼らのGKが素晴らしかったが、さもなければ3-0か4-0になっていただろう。この選手たちは尋常で無く良いものを見せてくれた」
「NLでのこの結果は誰も予想してなかっただろう。私自身もしていなかった。いつだって我々はもっとも上手くやれるが、今日以上に上手くやるのはかなり困難。これはチームに大きな自信を与えてくれる」

 

メンフィス・デパイ
「チームとしての成長ぶりを本当に楽しんでいるよ。まだまだもっと上手くやれる事があると思うけど、この調子で続けていけば僕らはかなりの所までいける。若いチームだけど、非常に大人びたプレーができるチーム。こういうのを一緒に体験できるのは素晴らしいこと」
「あのパネンカは今の僕の調子を物語るもの。頭の中bが落ち着いているし、ピッチ外でも自分を成長させることに必死だ」

 

フィルジル・ファン・ダイク
「最高だね!もちろんこの勝利を味わって良い。無失点に抑え、自分たちは2得点し、完売のホームでとても良い試合をして勝ったんだから」
「危機の1年からどうして流れを変えられたのかを言うのは難しい。実際そのことは考えたくない。今は上手く行っているけど、僕らはまだまだ成長している最中。これから反動も間違いなく来るだろうけど、そこでも一体感を持ち続けないといけない」

 

ジョルジーニョ・ワィナルドゥム
「今の良い流れが変わってしまわないようにみんなで気をつけないといけない。ドイツ戦3-0勝利の後でみんな有頂天だったし、僕もそうだった。でも監督が議論で厳しいことを指摘して、このままでは流れが変わってもおかしくないと言ったんだ」
「次のドイツ戦でも引き分けは目指さないよ。それは危険だからね。僕らは勝ちに行く」

 

フランスがかなり悪かったのと、デ・カイプなので勝つのはまぁ当然としても、それでも今日のオランイェは強かったです。フレンキー・デ・ヨングとデパイの存在が大きいですが、1年でここまで持ってくるクーマンはちょっと凄すぎるかと。

 

試合内容はほとんど言うことが無く、今は将来に向けても明るい材料ばかり。特に予選のPot1枠確保は非常に大きいです。