我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ヨング・オランイェ、力無くドイツに敗戦でスタート (練習試合: ドイツ-uit)

新世代のヨング・オランイェの評価点は2021年の夏に置かれており、そこでのEKに参加するには予選を勝ち抜かなければならない。その道のりは金曜夜にドイツのOffenbachでドイツとの練習試合に3-0という苦い結果で始まった。新世代のヨング・オランイェの評価点は2021年の夏に置かれており、そこでのEKに参加するには予選を勝ち抜かなければならない。その道のりは金曜夜にドイツのOffenbachでドイツとの練習試合に3-0という苦い結果で始まった。


ドイツは次の夏にイタリアで行われる欧州の本大会に進むことができるた。一方でヨング・オランイェは失望の予選を終え、監督 エルヴィン・ファン・デ・ローイはセレクションを再選考して新しい世代でフレッシュなスタートを切ることを決めた。


5人のデビュー組(デ・ヴィット、ゼーファイク、チョング。オビスポ、ドゥアルテ)がスタメンに並び。ジュスティン・クライフェルトがキャプテンマークを巻いて新しい目標に向かってスタートを切った。しかしヨング・オランイェは元代表選手 Stefan Kuntzが率いる強く、良いプレーをするドイツ相手に90分間ほとんど力を出せずに終わってしまった。


最初のチャンス

この試合最初のチャンスはまだヨング・オランイェにあった。カウンターでクライフェルトが左サイドを突破し、ボールを出す選択肢はゴール前のチョングとやや後方のマーレンの2つがあった。クライフェルトは後者を選んだが。ドイツのDFがそのタイミングを呼んでパスをブロック。


ドイツ人たちの最初のCKでオランイェのタレントたちは驚かされる。直接ゴール前へのボールが来るという読み(ドイツ・サイドが慎重で勝っていることを考えれば奇妙では無い)は走り込んできたSuat Serdarを見落とす結果に。このMFがペナルティエリア際でシュートし、デ・ヴィットが全力でボールをブロックしようとした瞬間、その腕にシュートが当たる。


オーストラリア人審判の判定はPK. デ・ヴィットとオランイェシャツを着た全ての人にとって納得できない判定だった。このアヤクシートには意図は無く、腕に不自然な動きも無く、せいぜいボールをブロックしようとリスクを冒しただけだった。この議論にPhilipp Ochsは参加せず、ジュスティン・バイローの逆を破って15分でドイツ人たちが1-0に。


無力

そこからの30分間でヨング・オランイェはほとんど力を出せず。年上で経験に優るホームチームが主導権を取り、カウンターからもクライフェルト、マーレン、チョングのFWトリオがほとんどチャンスを作れなかった。後半のOffenbachはよりエキサイトな展開になったが、それも最初の5分間で4つの可能性のあるシュートを受けたヨング・オランイェには好都合なサインでは無かった。GK バイローのおかげでチームはこの時間帯に傷を広げないで済んだ。


傷が広がったのは58分目。再びショートCKから。そこからのクロスはヘディングを経てファーポストのゼーファイクの前のSabiriに届き、彼が楽々シュートを決めて2-0. ファン・デ・ローイにとってこれが2枚替えのサインとなり、ドゥアルテとチョングがピッチを去ってマルケロとフロートが代わりに入った。その少し後にはカディオグルに代えてシールハイスが前線に加入。


とどめ

この交代策は間違いなくヨング・オランイェに身体能力と空中での力を与えた。チームは生気を得て、頻繁にドイツにプレッシャーを掛け、特にフロートを通して攻撃に出ようとしていた。しかしそれも大きなチャンスには繋がらず。逆に、残り10分でヨング・オランイェはとどめの一撃を食らう。Maximilian Eggesteinの対角線上のシュートはバイローがまだ指で弾いたが、リバウンドをTörles Knöllが楽々押し込んで 3-0.


Jong Duitsland - Jong Oranje 3-0

14' Janni Serra (penalty) 1-0

58' Abdelhamid Sabiri 2-0

79' Törles Knöll 3-0


Opstelling Jong Oranje: Bijlow; Zeefuik, Schuurs, Obispo, Van Drongelen; De Wit, Duarte (62' Markelo), Kadioglu (67' Sierhuis); Chong (62' Grot), Malen, Kluivert. 


エルヴィン・ファン・デ・ローイ

「力の差は明らかだった。我々には2,3回のシュートチャンスがあったし、そこでもっと容赦無く対応しなければいけなかった。後半は力の差が大きくなって苦しんだ。今日のドイツのような状態がまさしく我々が2年後に望んでいるもの。どんどん成長はしていくが、まだまだやらなければならないことがあるのも明らか。この試合に負けたのは恥では無いが、もっと良くしないといけない。最終的には9月に予選の準備ができていることがとてつもなく重要」


https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/74252/machteloos-jong-oranje-maakt-valse-start-duitsland

 

新チームでまだまだ連携が取れてないのでチームとしては全然でした。その中で個々のポテンシャルを見たい感じはするものの、如何せん相手が強すぎるのかマーレンもほとんど何もできず。やはり新チームの初戦としては相手が良すぎたか・・・