我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第11節結果: フローニゲンとNACが勝利でレヒターライチェが大接戦に。23年ぶりにデ・カイプの照明灯が全て消えて試合中止

Speelronde 11

 

Vrjdag 2 november
20:00 Excelsio - FC Groningen 2-4
27' Mimoun Mahi 0-1 / 29' Ritsu Doan 0-2 / 35' Ryan Koolwijk 1-2 / 48' Mateo Cassierra 1-3 / 58' Luigi Bruins 2-3 (str.) / 73' Jannick Pohl 2-4

 

エクセルシオールは出場停止明けのステーフェンスがスタメン復帰、出場停止のマタイに変わってアウデ・コッテがスタメンに。ヘッケンスライター フローニゲンはマヒーがフィットしてポールを外し、今シーズン初めてマヒーとカシエラとの2スピッツ

 

フローニゲンがコンパクトにプレッシャーを掛けてエクセルシオールがなかなかボールを持てないものの、時にプレッシャーをかわしてゴール前に到達するとエドワーツを中心にチャンスを作る展開。しかし30分手前でマティスがライスに簡単にかわされ、マヒーに最初のベストチャンスを逆に決められて先制されると、 さらに直後にもブルネットがドーアンを抑えられずにあっという間に0-2. フローニゲンは今シーズン初めての2得点。エクセルシオールもCKからコールワイクが綺麗なオムハールを決めて1-2で折り返し。

 

後半出だしにマヒーのポストプレーからカシエラがミドルシュートで初ゴールを決めて1-3. その後もフローニゲンがカウンターでチャンスを作って何の問題も無く優勢に進めていたが、フォルテスのクロスに走り込んだメサウドをゼーファイクが愚かなファールで倒してのPK判定で2-3. フローニゲンはドーアンが決定機をステーフェンスにセーブされるも、残り15分でゼーファイクのクロスから途中出場 ポールも今シーズン初ゴールを決めて2-4で勝負あり。

 

エクセルシオールはデ・フラーフスハップ-uitに続いて下位との直接対決に2連敗。フローニゲンは8試合ぶりの勝利で今シーズン2勝目。NACを2pts上回って暫定17位。

 

デニーバイス
「今日は渋滞に巻き込まれて普段とはちょっと違った。食事の時間も無くSA(wegrestaurant)で取ったんだ。かなり奇妙な準備になったが、ロッカールームで『頻繁にこうするべきかもね』と言ったよ」
「突然ゴールが増えた理由?理由は1つだけでは無いだろうが、我々はピッチにマヒー、ドーアン、カシエラが同時にいた。彼らは非常に大きなクリエイティヴィティと得点能力を備えている。私もどうなるか楽しみだったんだ。シーズンスタートからそれは頭にあったしね。ようやく3人が並んで期待通りのスタートなら良い気分にさせてくれる」

 

ミムン・マヒー
「とても良かったね。僕は先制点を決めて1-3でカシエラのゴールをアシストした。夢のデュオだと思うよ。早速それを見せられた。僕らが2人とも良いフットボーラーでお互いを上手く感じ合っているのを見れただろう。2人ともフィットし続けてこれをシーズンずっと見せられることを願っている。そうすれば僕らはまだまだ多くのゴールを決めるはず」

 

Zaterdag 3 november
18:30 PSV - Vitesse 1-0
69' Luuk de Jong 1-0
Rood: 14' Danilho Doekhi

 

Bチームでベーカー戦敗退のPSVは怪我の癒えたベルフワインがスタメンに戻ってマーレンがベンチに。ヘラクレスを下してベスト16に進んだフィテッセはベーカー戦から入れ替え無し。

 

フィテッセはコンパクトに構えてPSVの攻撃を封じて序盤優勢にチャンスを作っていたが、スペースに出たボールを追いかけるロザーノをドゥキが背後からの遅れたタックルを足に掛けてゲズブユクが妥当な一発レッドカード判定。その後はPSVが完全にボールを持つも、フィテッセの守備を崩せずに攻めあぐねる展開。30分過ぎにセレーロのミスからベルフワインが抜け出したがエドゥアルドが素晴らしい対応でセーブ。

 

後半もPSVがなかなか押し切ることができず、次第にミスも出てフィテッセに反撃を許す展開になっていたが、ロザーノのクロスにデ・ヨングがクラーク・サルターの背後から巧妙な動きで飛び込んで1-0. 終盤再びセレーロのパスミスでロザーノが抜け出したが再びエドゥアルドが体を張ってセーブ。残り時間もPSVが追加点を奪えないもののそのままコントロールして勝利。

 

PSVは11連勝。

 

マルク・ファン・ボメル
「相手が10人になった後も我々は規律を守ってプレーし続けたと思う。10人で守る相手には辛抱強くプレーしなければならないし、無理をしてはならない。そういう状況では普段とは違う事をしてしまうことが良くあるもの。フィテッセは良いチームであり、我々はベストチャンスがあったが、彼らもハーフチャンスを数回作っていたし、彼らの壁を崩すのも簡単では無かった」

 

レオニド・スルツキ
「主審に感謝しなければならない。彼は我々のチームスピリットを試す機会を作ってくれた。彼の判定にもの凄く感謝したい。彼は我々をチームとしてより強くしてくれた。皮肉では無いし、ポジティヴに捉えたい。彼の判定は私には替えられない。しかし判定をチームのために活用することはできるし、自分の仕事の方が重要」
PSVに多くの大チャンスは無かった。我々は上手く守り、カウンターでチャンスを作ろうとしていた。もっと良い結果に相応しかったかもしれない」

 

18:30 NAC Breda - Heracles Almelo 2-1
21' Luka Ilic 1-0 / 60' Kuwas 1-1 / 88' Te Vrede 2-1

 

暫定ヘッケンスライターのNACは出場停止のナイホルトに変えてユース上がりの19歳 レウフェルスを起用。怪我のメツの代わりはパルマー・ブラウン。4位ヘラクレスはダルマウを外してクヴァスをスピッツに置くサプライズ。

 

ショートCKからするするとライン際を突破したイリッチがそのままフィニッシュも決めて先制。29分にカーリがペーターソンに凶悪なタックルもマッケリーはイエローカード止まりでVAR vdケルコフも介入せず命拾い。後半プレーが良くなったヘラクレスがチャンスを数回逃したが、クヴァスが右サイドから中に切れ込んでの左足で同点にし、直後にペーターソンに逆転の大チャンスもバー直撃。終盤にヘラクレスが全力手で攻撃に出たが、途中出場 ダルマウも決められず、同点で終わるかに思われた終了直前にテ・フレーデが見事な反転シュートで決勝点。

 

NACは1日でフローニゲンを再び抜いて今週も17位。

 

20:45 AZ - De Graafschap 1-0
76' Mats Seuntjens 1-0

 

AZはステングスがスタメンで昨シーズンの第1節以来448日ぶり復帰出場、スピッツはベーカー戦に続いてスーンチェンスを選択し、グドムンソンとジョンセンがベンチに。デ・フラーフスハップはファン・ミーヘムを外し、CBにストラールマンとスフェン&ラルスの両ニューポールト3人を並べて5-3-2.

 

予想通り厚いブロックを作って待ち構えるデ・フラーフスハップに対し、AZがなかなか壁を崩せない展開。イドリシとスーンチェンスの連携から数回ハーフチャンスを得るもフィニッシュを決められず。後半はAZが全くゴールに迫れず時間が経過し、残り30分でフラール→グドムンソンと攻撃的な交代策を取ると、数分後に4対2のカウンターでベストチャンスもステングスのラストパスがゴール前を通過してティルが届かずライン外に。直後にステングスはスタンドから拍手を受けながらジョンセンと交代。終盤AZがギアを上げ、イドリシの強烈なシュートはユルユスにセーブされたが、ミチューのパスからスーンチェンスの反転シュートがポスト内側を経て逆サイドネットを揺らして1-0. 残り10分でスーンチェンスの素晴らしいパスを受けたイドリシがアベナを圧倒して大チャンスもフィニッシュは枠を外して試合を決め損なったが、デ・フラーフスハップに最後まで枠内シュートを許さずそのまま勝利。

 

AZは連敗を3で止めて4試合ぶりの勝利。デ・フラーフスハップは最下位フローニゲンと3pts差に。

 

マッツ・スーンチェンス
「タフな戦いだったけど良い勝利だ。DF5人とMF4人で難しい相手だったし、なかなかチャンスを作れず、水曜のVVV戦同様に辛抱強くやらないといけなかった。僕は自分をスピッツよりもMFと感じているけど、スピッツのポジションでも中盤に入る自由を貰っているから問題無いよ。自分が思っているよりも僕はフットボールが上手くできるという賞讃は何度も聞くし、もしかしたら試合中気落ちして頭の中で無意識にセーブしているかもしれない。それは監督はもちろん見たくないだろうし、僕が取り組まないといけない点」

 

20:45 Ajax - Willem II
11' 1-0 / 22' 2-0

 

Zobdag 4 november

12:15 sc Heerenveen - FC Emmen 1-1
30' Arber Zeneli 1-0 / 88' ReuvenNiemeijer 1-1


ヘーレンフェーンはヘーウが負傷欠場でヴァウデンベルフを起用してピーリがCB起用。エメンはアンコ・ヤンセンが出場停止でアリアスを1スピッツに置いた5-4-1.

 

予想通り引いて構えるエメンに対してヘーレンフェーンが良いテンポで攻撃を仕掛けていたが、後方のミスからバイル、バニンクに立て続けに大チャンスを与える展開。25分過ぎにはカウンターからカフランにベストチャンスもハーンがセーブ。エメンが明らかに優勢な展開だったが、右サイドライン際でのFKをザネリが意表を突いて直接狙い、スヘルペンの頭上を抜いて1-0. ヘーレンフェーンは直後にもランマースが見事なターンからシュートを狙ったが、これはスヘルペンが好セーブ。その後はヘーレンフェーンがコントロールするも、前半終了直前にまたもカウンターを受けて5対3の状況を作られるも例のごとくエメンが決められず折り返し。

 

後半はヘーレンフェーンがコントロールを多少取り戻すも、プレーレベル自体は上がらず低調な試合に。残り10分で途中出場 スラフフェールのクロスからアリアスに至近距離からフリーでヘディングの決定的チャンスもハーンの手の中に。結局終了直前にCKからヴァウデンベルフを振り切ったニーマイヤーがヘディングを決めて引き分け。

 

ヘーレンフェーンはホーム初勝利ならず、ホームで7試合連続未勝利のクラブワースト記録。エメンは最下位と3pts差に。

 

ヤン・オルデ・リーケリンク
「失望している。特にプレー。前半の切り替えでの対応は信じられない。ヘラクレス-thuis同様に全く規律が無かった。エメンは前半で数点決めてもおかしくなかっただろう。後半はかなりよくなったが、テンポが遅すぎてほとんどチャンスを作れなかった」

 

デイヴ・ブルトハイス
「僕らは90分間ガスを入れるという面でまだまだ多くを学ばないと行けない。1-0にすると僕らは『これで楽をできる』と思って50%のプレーになってしまう。国外にステップを踏みたいければ、45分ガスを入れるよりもっと多くの事が求められる。この試合はしっかりモノにしなければいけなかったし、十分チャンスはあった。自業自得。スキャンダラスだ」

 

14:30 Fortuna Sittard - PEC Zwolle 3-0
3' Finn Stokker 1-0 / 67' Mark Diemers 2-0 (str.) / 86' Mark Diemers 3-0 (str.)

 

ストッケルスのミドルシュートでフォルトゥナが早々に先制すると、後半は完全に優勢に立って2つのPKを決めて完勝。ディーメルスはファン・ボメル以来のクラブ史上2人目の1試合に2回のPK成功。

 

フォルトゥナは3勝目で最下位フローニゲンと6pts差の10位。

 

ジョン・ファン・スキップ
「何が悪かった?フットボール面、アグレッシヴさ、メンタル面。その全てで完全に圧倒された。フォルトゥナは至極相応しい勝者。我々は全く自分たちのプレーができなかった」

 

14:30 FC Utrecht - ADO Den Haag 3-0
8' Cyriel Dessers 1-0 / 68' Willem Janssen 2-0 / 77' Joris van Overeem 3-0

 

3連勝中のユトレヒトは先週スタメンのゲルトラーをベンチに置き、デッセルスを起用して再び4-3-3に。ベーカー戦敗退のADOはネシドがスタメン復帰して普段にフォーメーションに。

 

フロートハイゼンが何でもないバックパスをトラップミス、後逸したボールが目の前でポストに当たるも反応できずにデッセルスに詰められる悲劇的大ちょんぼで1-0. 大きなプレゼントを貰ったユトレヒトだが、ちぐはぐなプレーで優勢さを保てず、前半半ばにはインマルスに決定的シュートチャンスを与えるもイェンセン正面。

 

後半もお互い低調でほとんどチャンスを作れず時間が経過し、65分過ぎにCKからレッチェルトが折り返したボールをヴィレム・ヤンセンが決めて2-0. さらにケルクのアクションとパスからファン・オーフェレームがトドメ。

 

ユトレヒトは全体的に低調なプレーながら4連勝。ADOはさらに低調な内容で3試合勝利無し。

 

インディ・フロートハイゼン
「もちろん僕にとって暗黒の日。それでも話はちゃんとしないといけない。バックパスを受けたけど、ボールが足に付かなかった。あの瞬間、ボールがポストの内側に当たるか外側に当たるかを見ないといけなかったんだ。それで対応が遅れてデッセルスに決められてしまった。彼が来ているのは感じていなかった。もちろんとてもあっという間の出来事で、実際何が起きたかを正確には説明できない。とにかくとても悔しい」

 

16:45 Feyenoord - VVV-Venlo afg.

開始1分でデ・カイプの照明灯が消えて中断。結局短時間での復旧の見込みが立たず、ナイハイスが30分ほどで中止を決定。

 

Stand (voorlopig)
1 PSV 11 (11 0 0) 39-4 +35 33
2 Ajax 11 (9 1 1) 30-4 +26 28
3 Feyenoord 10 (6 2 2) 20-13 +7 20
4 Heracles Almelo 11 (6 2 3) 25-22 +3 20
5 FC Utrecht 11 (5 3 3) 14-12 +2 18
6 VVV-Venlo 10 (4 3 3) 11-10 +1 15
7 AZ 11 (4 3 4) 21-18 +3 15
8 Vitesse 11 (4 3 4) 16-13 +3 15
9 sc Heerenveen 11 (3 5 3) 24-25 -1 14
10 Fortuna Sittard 11 (3 4 4) 21-21 0 13
11 Excelsior 11 (3 3 5) 16-23 -7 12
12 ADO Den Haag 11 (3 3 5) 14-24 -10 12
13 PEC Zwolle 11 (3 2 6) 10-18 -8 11
14 Willem II 11 (2 4 5) 17-21 -4 10
15 De Graafschap 11 (3 1 7) 11-22 -11 10
16 FC Emmen 11 (2 4 5) 12-26 -14 10
17 NAC Breda 11 (2 2 7) 13-25 -12 8
18 FC Groningen 11 (2 1 8) 10-23 -13 7

 

Topscorers
1. Luuk de Jong (PSV) 9 (0)
2. Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 8 (2)
Hirving Lozano (PSV) 8 (1)
Kristoffer Peterson (Heracles Almelo) 8 (1)
5. Fran Sol (Willem II) 7 (1)
Gastón Pereiro (PSV) 7 (3)
Dušan Tadić (Ajax) 7 (2)
8. Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 6 (1)
Sam Lammers (sc Heerenveen) 6 (1)
Robin van Persie (Feyenoord) 6 (0)
Michel Vlap (sc Heerenveen) 6 (0)
Hakim Ziyech (Ajax) 6 (0)

 

Assists
1. Arber Zeneli (sc Heerenveen) 7
2. Steven Bergwijn (PSV) 5
Mark Diemers (Fortuna Sittard) 5
4. Steven Berghuis (Feyenoord) 4
Hirving Lozano (PSV) 4
Thomas Ouwejan (AZ) 4
Mikhail Rosheuvel (NAC Breda) 4
Hakim Ziyech (Ajax) 4
9. Dan Crowley (Willem II) 3
David Neres (Ajax) 3
Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 3
José Angeliño (PSV) 3
Gyrano Kerk (FC Utrecht) 3
Sam Larsson (Feyenoord) 3
Gastón Pereiro (PSV) 3
Dušan Tadić (Ajax) 3