我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

10人でデ・クラシケルに敗れる (第10節: 020-uit)

フェイエノールトにとって今シーズン最初のデ・クラシケルは大きな失望の結果に。ヨハン・クライフ・アレナでジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは5分で10人となり、3-0で敗れた。ジェレマイア・シン・ジュステへのレッドカードの後、ジュスティン・バイロー(オウンゴール)、ハキム・ツィエク、ドゥサン・タディッチがゴールを記録。

 

フェイエノールトは日曜に自信を持ってアムステルダムへ。ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストはエールステ・ディヴィジ2位に対抗するために多少フォーメーションを変更し、サム・ラーソンの代わりにイェンス・トールンストラをスタメンに入れたが、事前に準備していたプランは開始5分で捨てても構わなくなってしまった。

 

主審 ビヨルン・カイパースがジェレマイア・シン・ジュステにレッドカードを提示。最初彼はイエローカードを見せたが、映像を見た後にその判定を撤回し、フェイエノールトの右バックを即退場とした。彼はその直前にはイェンス・トールンストラに、その後にもスティーヴン・ベルフハイスにイエローカードで罰を与えている。

 

嵐のような序盤はゴールでは無く3枚のカードを生み、それによってフェイエノールトは自陣に下がらざるを得ない結果に。そして23分にジュスティン・バイローがオウンゴールで自分の名前を刻んで次の痛手。このGKはフレンキー・デ・ヨングのシュートをコントロールできず、ボールはその後ラインを越えて1-0.

 

フェイエノールトが多少試合に入れるようになり、素早いカウンターからいくつかチャンスを作っていた時間帯にハキム・ツィエクが点差を倍に。このMFが方向の変わったシュートでバイローを破って2-0. HT後はフェイエノールトはもうほとんどチャンスを与えず、ロビン・ファン・ペルシ、イェンス・トールンストラ、ニコライ・ヨルゲンセンに代えてバルト・ニューコープ、サム・ランマース、ディラン・フェンテを投入して反撃を試みたが、最後の所で正確さを欠いた。

 

アヤックスはその後もう1度得点。80分に途中出場 ダヴィド・ネレスの 測ったようなクロスからドゥサン・タディッチが首を捻って最終スコアの3-0に。ヨハン・クライフ・アレナでのこの敗戦でフェイエノールトは20ptsのまま。10節を終えて3位に留まっている。2位アヤックスとの差は5ptsに。次の試合は木曜にベーカー戦第2ラウンド。フェイエノールトはデ・カイプにADOデン・ハーグを迎える。

 

020 - Feyenoord 3-0
Scoreverloop:
22' Justin Bijlow 1-0 (e.d.)
41' 2-0
80' 3-0

 

Scheidsrechter: Björn Kuipers
Rote kaart: 6' St. Juste
Gele kaarten: Mazraoui, Toornstra, Berghuis

Opstelling Feyenoord: Bijlow; St. Juste, Botteghin, Van der Heijden, Verdonk; Berghuis, Clasie, Toornstra (66' Larsson), Vilhena; Jørgensen (82' Vente), Van Persie (46' Nieuwkoop).


https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/tien-feyenoorders-ten-onder-in-klassieker

 

ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト
「負ければ気分は悪い。試合にならなかったことが残念。奇妙に聞こえるかもしれないが我々のスタートは良かったしコントロールしていて実際何の問題も無かったが、レッドカードでプランは5分でゴミ箱行きになった。シン・ジュステには怒っている。こういう試合でチームを10人にすることはあり得ない。トップゲームに情熱は必要だが、健全なアグレッシヴさでプレーしなければいけないし、理性を持ってプレーし、ギリギリのラインを探らなければいけない。ジェレマイアのファールは大きなリスクを冒したものであり、彼のレッドカードはこの試合にもちろん大きな影響を与えた。その点は私は彼を責める
「1-0のシーンは映像を見ると確かにシュートを止めているし、多分ジュスティンへのファールがあっただろう。私は接触があると思うが、主審の判断だ」
「カウンターでチャンスを待ち続けたが、押し込まれるのは誰でも分かるし、特に2-0にされてかなり難しくなったのも誰でも分かる。ただ今日の我々は特に10人でチームとして機能し続けたと思う。我々はそれはしっかりやれたが、ただレッドカードが試合を台無しにしてしまった」
「10pts差はPSVが30ptsで最高のスタートを切り、我々は取り残されたということ。この差は多きk樹、我々がライバルたちよりも悪いスタートを切ったということ。どうなるかは誰にも分からないが、非常に難しいタスクになったというのが控え目な表現」


https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/ajafey-gvb-281018
https://www.fr-fans.nl/nieuws/37780/van-bronckhorst-ik-denk-dat-de-rode-kaart-je-de-wedstrijd-kost
https://www.fr12.nl/nieuws/48650-van-bronckhorst-over-achterstand-het-gat-is-groot.html

 

ヨルディ・クラーシ
「僕らはとてもシャープにアグレッシヴにスタートしたけど、アグレッシヴ過ぎたかもしれない、最初の数回のファールで即カードを何枚も貰ってしまった。シン・ジュステのレッドカードについてはコメントする前にまず見返さないといけない。僕は30m離れていたから彼の足が何がどうなっていたか見えなかった。僕らはなるべくシャープに、でも冷静さを保ってプレーしようと約束していたけど、それが序盤に上手く行っていなかった」
「なるべく長く、なるべくたくさんプレッシャーを掛けるプランだった。シャープに試合に入ってボールも持てていたけど、残念ながらレッドカードで非常に難しい話になってしまった」
https://www.fr-fans.nl/nieuws/37778/clasie-we-beginnen-heel-scherp-en-agressief-misschien-wel-te-agressief

 

ジュスティン・バイロー
「いずれにしても僕が股間を抜かれてはいけなかった。それがそもそもの始まり。僕はファールだとは思ったし、VARはそのためにいるんだからファールなら笛が吹かれるべきだっただろう。でも残念ながらそうならなかった」
「実際ゴールの後にすぐ切り替えたよ。フットボールではそうしないといけないし、引きずれば次のボールも決まってしまう。だから切り替えないといけない」
https://www.fr12.nl/nieuws/48644-bijlow-die-bal-mag-nooit-door-m-n-benen-heen-gaan.html

 

ロビン・ファン・ペルシ
「レッドカードまで僕らは上手くプランを実行していた。ヨルディ・クラーシが左に動き、僕が奥行きを作るってイェンスが10番に入る。その時間帯はとても上手く行っていた。でもすぐにレッドカードを貰ってしまって試合が別物になった。あれは正当なロートだし、僕らにとってもジェリーにとってもとても残念なこと。僕らは本当に自分たちのプランを信じていた」
「僕らはそれでもかなり長く0-0で凌いでいたけど、ジュスティンとドルベルフのあのシーンは僕としてはゴールにすべきでは無いように見える。ジュスティンは少なくとも一方の手でボールを抑えていたし、そころドルベルフに蹴られている。後半も彼らはハンドリングを冒したシーンもあったし、理解できないね。審判団4人もVARもあれを見ていなかったのは奇妙。僕らにも多少好都合があるべきだし、その選手はすでにイエローカードを受けていたから僕らにとって好都合になるはずだった」
https://www.fr-fans.nl/nieuws/37781/van-persie-dan-moet-het-ook-een-beetje-meezitten

 

ヤン・アーリー・ファン・デル・ハイデン
「僕らは数回良いコンビネーションがあったけど、文字通り短い頂点だった。早々にレッドカードを受ければ難しくなるのは誰でも分かる。イェンスのイエローカードはアンラッキーなシーン。彼が滑って相手のふくらはぎに当たってしまった」
「後半は自分たちのプレーを続けようとしたし、僕らはほんんどチャンスを与えなかったと思うけど、酷い気分だよ」
https://www.fr-fans.nl/nieuws/37784/van-der-heijden-iets-te-letterlijk

 

イェンス・トールンストラ
「勝てなければいつだってフラストレーションが溜まる。早々に試合にならなくなってしまったのがとても残念」
「僕の最初のヘールは多少遅れで相手のふくらはぎの上に乗る形になってしまった。意図的では無いとすぐに言ったけど、アグレッシヴにスタートしようとしたところだったから残念。そこからチューニングしようとしたし、僕らは最初の数分間でそれをやれていたと思う。でも5分でレッドカードを受けてもう試合にならなくなってしまった」
「ここからはこの傷を癒すために木曜に向かうしか無い。いつだって上を見続けないといけないし、とにかく自分たちの試合に勝ち続けることが第一」
https://www.fr-fans.nl/nieuws/37785/toornstra-het-was-niet-bewust-dat-zei-ik-ook-gelijk

 

ということで今回も何の面白みも無いデ・クラシケルに。だいたいシン・ジュステのせいです。出だし激しくプレッシャーを掛けて狙い通り相手にフットボールをさせないことに成功したような雰囲気でしたが、雑なトラップからトールンストラとシン・ジュステが立て続けに激しいファールを冒すことになって即致命傷に。

 

結局実際どの程度の差なのか測る前に試合にならなくなって後は両者gdgdなままでしたが、まぁ切り替えてとにかくベーカー戦。例のごとくADOをお出迎えです。バイローへの風当たりが多少強くなってきましたが、第1GKなのでベーカー戦でもこのタイミングで代えることは無いはず。