我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ヨング・オランイェ、勝利で締めくくり (EK予選: ウクライナ-thuis)

ヨング・オランイェはウクライナに3-0勝利でEK予選を締めくくった。エルヴィン・ファン・デ・ローイのチームはすでに本大会に届かないことが分かっていたが、火曜に対戦相手の本大会出場の望みも奪った。

 

この勝利でヨング・オランイェはEK予選のグループ4を2位で終了。デ・ファイフェルベルフでの試合前までウクライナがその順位におり、ベストの2位となる望みをまだ残していたが、そのためにはオランダに勝利が絶対に必要な状況。さらにその上で他のピッチでの結果だったが、ドゥーティンヘムでの敗戦によってその結果を待つ必要も無くなった。

 

すでにベストの2位になれる可能性が無いと分かっていたヨング・オランイェだったが、金曜のラトヴィア戦(0-3勝利)同様にすぐさま主導権を取り、ウクライナをノーチャンスにした。ファン・デ・ローイはスタメンに再びこの予選後に別れを告げる経験ある選手たちと、これから上がってくるタレントたちとのミックスを選択。金曜と比較するとカレル・アイティングが怪我で欠場しなければならず、代わりにミシェル・フラップが起用された。

 

ジュスティン・クライフェルトとリハイロ・ジヴコヴィッチによってヨング・オランイェは前半の内に安全なリードを得る。1-0のシーンではジヴコヴィッチが良い視野を保ってAS Romaのサイドプレイヤーをフリーに。クライフェルトは迷うこと無くシュートをゴール逆隅に決めた。2点目はCKから。ジュスティン・ホーフマのヘディングがポストを叩き、ジヴコヴィッチがリバウンドを蹴り込んだ。

 

インディ・フロートハイゼンが守るゴール前ではほとんど危険なシーンが無かったが、このGKhはVolodymyr Shepelievのシュートを見事にセーブ。さらにヨング・オランイェにはリック・ファン・ドロンゲレンがMarian Shvedを引き倒したかに見えたシーンでルーマニア人主審がボールをスポットに置かない幸運もあった。

 

後半ウクライナは試合に戻れるとはもう一瞬も信じられず。何度かあった針の一差しも、フロートハイゼンが再びその価値を証明して立ちはだかり続けた。

 

ヨング・オランイェは3点目を狙い続け、何度もそのチャンスがあった。クライフェルトが最も得点に近づいたが、シュートはGKを経てポストを直撃。フレッシュなドニエル・マーレンのパワーが終盤大きな火力をもたらす。このPSV'erが自ら2本のシュートを枠外に放った後、3-0のベースになった。ペナルティエリア内の密集地帯をドリブルで突破した後にGKに阻まれると、再びジヴコヴィッチが鶏のようにリバウンドをゴール内に蹴り込んだ。

 

こうしてヨング・オランイェは力強い形で予選を終了。多くのタレントがフロート・オランイェにもいるこの世代にとって、本大会に繋がらなかったのは非常に残念なことであり、スコットランド相手の2敗が非常に高く付く結果となった。それでもこの代表戦期間は将来に向けて良い希望を与えるものだっただろう。

 

Jong Oranje - Jong Oekraïne 3-0
21' Kluivert 1-0
24' Zivkovic 2-0
78' Zivkovic 3-0

 

Opstelling Jong Oranje: Groothuizen, Floranus, Diks, Hoogma, Van Drongelen, Koopmeiners, Vlap (80. Kadioglu), Ramselaar, Kluivert (80. Idrissi), Zivkovic, Dilrosun (66. Malen).


https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/73999/jong-oranje-sluit-af-met-knappe-zege-op-oekraine

 

エルヴィン・ファン・デ・ローイ
「今日の我々のプレーを見れば、本大会に届かなかったのは余計に悲しい。我々は何度も良いフットボールをしていたし、斧試合に多くのエネルギーを注いでいた。スコットランドとの2試合を振り返って10回頭を叩くことはできるが、それももう過去の事でどうしようもない」

「我々はスタッフと前回の代表戦期間についてしっかり話し合い、年長選手たちをもう一度呼ぶことに決めた。彼らは金曜と今日、若い選手たちがより上手くフットボールができるように配慮してくれていた。そのおかげで我々は適切なバランスを見いだせたんだ」

 

可能性の残ってるウクライナがもう少し積極的に来るかと思いましたが、普通にプレーさせてくれて割とあっさり2-0になってしまったので完全に消化試合モードに。まぁ終盤マーレンが出てきて違いを作った程度で、今後に向けてはほとんど意味が無かったような気がしないでも無いです。

 

この予選を振り返ると1位通過のイングランド相手に2分け。結局スコットランド相手の2敗とウクライナ-uitでの引き分けでベストの2位に遠く及ばない結果に。イングランドはヨング・オランイェに2分け以外は全勝なので、もう少しまともなやり方ができたのは間違いないでしょうが、相変わらず予選途中で監督が変わったりと今回もピッチ外の環境面からなかなか順調には行かず。スピッツ問題は大きかったですし、フレンキー・デ・ヨングがフロート・オランイェに上がってからの中盤が苦労するなど、質だけで無く層の部分で難しい面もありました。

 

次の予選では少なくとも監督はvdローイで継続が決まっており、オビスポ、マーレン、チョングあたりがまず中心になるでしょうか。フェンテがスピッツ争いで勝てると良いんですが。