我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

ヨング・オランイェ、予選敗退後にラトヴィアに勝利 (EK予選: ラトヴィア-uit)

ヨング・オランイェはジュスティン・クライフェルト、ハヴァイロ・ディルロスン、相手GKのオウンゴールでラトヴィアに0-3と楽々の勝利を収めた。ただKNVBの監督 エルヴィン・ファン・デ・ローイのチームは試合前にすでにEKへの出場の可能性が数字上でも絶たれていたことを分かっていた。

 

ヨング・オランイェが今週集合した際、監督 ファン・デ・ローイはチームに対してEK出場へのごく小さなチャンスをまだ全力で目指すと語っていた。しかしながら他のピッチでの結果により、ラトヴィアでの試合を行うまえにその幻想は消えてしまっていた。ヨング・オランイェはEK予選敗退という苦い事実を受け入れなければならない。

 

ファン・デ・ローイはすでにその可能性も織り込み済みで、今回のセレクションにベテランと若いタレントのミックスを選択。スタメンも同じ選択を続け、Rigaではインディ・フロートハイゼンがバーの下にデビューし、シェラル・フロラーヌス、ハヴァイロ・ディルロスンがヨング・オランイェでスタメンとして初出場を果たした。ただ彼らは多分違った環境でのデビューを期待していただろう。チームがプレーしたSkonto Stadionのスタンドはほとんどガラガラで、あらゆる叫び声が反響し続けた。

 

序盤
ヨング・オランイェはこうした状況でも何かを為そうという意思を隠さず。チームは序盤勢い良く攻めかかり、スコアボードに早々に先制点が刻まれなかったのはちょっとした奇蹟だった。リハイロ・ジヴコヴィッチとバルト・ラムセラールが序盤にバーを直撃。リック・ファン・ドロンゲレンと再びジヴコヴィッチで決定機が早々の得点にあと一歩と迫り、ディルロスンは非常に危険な扇動者だった。

 

15分を過ぎてスムーズだった攻撃が止むと、試合のエンターテインメント性もダウン。前半の残り時間ではラムセラールのシュートがゴール前を通過し、テウン・コープマイネルスのシュートがKristaps Zommersの拳に阻まれ、ピッチの反対側ではRobert Uldrikisのシュートともゴール前を通過した。

 

HT明けに得点
後半に入るとヨング・オランイェがゴールを決める。出だしにMartin Kigursが枠を外してヒヤリとさせられたが、その直後にディルロスンのクロスが多少運良くクライフェルトの足元まで届き、このFWが至近距離で押し込んで先制。

 

しかしこのゴールも試合展開を変えることは無く、ラトヴィアは依然として下がったままで、ヨング・オランイェはその守備の穴を辛抱強く探し続け、時に危険なシーンを作った。クライフェルトの突破はZommersが立ちはだかり、コープマイネルスがCKから直接ゴールを狙って驚かせるも、ボールはポストを直撃。

 

終了直前に途中出場 ドニエル・マーレンのCKから追加点。彼のキックはGK Zommersのミスに助けられ、上手くバーを叩いてオウンゴールとなった。ロスタイムにはディルロスンが自身の力強い試合を得点で飾る。このウィンガーはそのスピードを上手く活かし、ゴール逆隅にシュートを決めて0-3.

 

さらにペル・スフールスにとっては負傷したケヴィン・ディクスに代わってデビューを果たすハイライトもあった。火曜日にヨング・オランイェはまだEK出場の可能性を残すウクライナとのホームゲームで予選を締めくくる。試合はドゥーティンヘムのデ・ファイフェルベルフで18.30開始。

 

Jong Letland – Jong Oranje 0-3 (0-0)

Scoreverloop:
50. Kluivert 0-1, 89. Zommers (eigen doelpunt) 0-2, 90. Malen 0-3.

 

Opstelling Nederland:
Groothuizen, Floranus, Diks (78. Schuurs), Hoogma, Van Drongelen, Koopmeiners, Eiting, Ramselaar (85. Vlap), Kluivert (75. Malen), Zivkovic, Dilrosun.

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/73891/uitgeschakeld-jong-oranje-boekt-zege-letland

 

エルヴィン・ファン・デ・ローイ
「我々は良い試合をした。エネルギーの針が高かったし、選手たちは意欲的にファイトし、お互いのポジションをカバーし合っていた。これが標準でなければいけないだろう」
「もっと早く点差を付けられなかったのがチームを責められる点。相手を完全につまみものにできたはず。幸いにも後半突き放せたが、特にバイテンスペーラーが多く1対1の状況になれたのが大きかった。私はディルロスンにはかつてモーメント・フットボーラーというイメージがあったが、いまの彼はコンスタントに力を出せているし、今日は最後の1分でもゴールを決めるだけのスプリント力を見せてくれた」

 

https://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/73895/erwin-van-de-looi-tegenstander-de-tang