我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

第7節結果: ロート7枚の週末。ヘラクレス5勝目。マタフスが骨折

Speelronde 7

 

Zaterdag 29 september
18:30 NAC Breda - PSV 0-2
47' Luuk de Jong 0-1 / 90+2' Donyell Malen 0-2

 

圧倒的にボールを持ちながら前半ペナルティエリア内でのシュート0とチャンスを作れなかったPSVだが、後半出だしにアンジェリーニョのクロスにファーのデ・ヨングが触って先制。ここからNACが反撃に出て大攻勢も、テ・フレーデの決定機はズートがセーブ、50分過ぎにペナルティエリア内でトラップしようとしたフィールへーフェルが明らかに手でボールに触れるもヒフラーは笛を吹かず、75分にはカーリのシュートがバー直撃と命拾いしたPSVが例のごとくロスタイムにベルフワインからマーレンが決めて勝負あり。

 

PSVは苦しみながら7連勝。今週株主総会ディレクション2人が解任されたNACは7試合3ptsで最下位タイ。

 

ミチェル・ファン・デル・ハーフ
「結果は残念だが今日はチームが見えた。負けたのだから賞讃は送らない。しかし我々はしっかり機能していた。HT直後に失点し、その後テ・フレーデが大チャンスを逃す、ハンドリングの疑わしいシーンもあった。我々は試合に残り続けていた。我々にはクオリティがあるし、これを続けていかなければいけない。今日の我々は自分たちにクオリティがあることを示した」

 

マルク・ファン・ボメル
「労働意欲、キャラクター、献身、信念を基準にすればチームに8,5を与えられる。こういう難しい試合は忍耐が必要。忍耐とはゆっくりプレーすることではなく、適切なタイミングで適切な選択をすること。ボールを持った時に適切な選手を見つけるのがかなり難しかった。前半は数回成功し、後半は相手が多少疲れてより上手く行くようになった」

 

ニック・フィールへーフェル
「ボールのバウンドが悪くて運悪く手に当たったんだ。得をした?そうでなければボールがテ・フレーデのところに言っていたかは僕には分からない。アンラッキーだったし意識してのことでは無い。だからPKにもならなかった」

 

デニス・ヒフラー
「ボールはまずフィールへーフェルの体に辺り、その後運悪く手に当たった。つまりPKでは無い。選手が手に向けて意図的に体を動かした訳でも無い。重要なのはボールがどのように手に向かったか。この場合は運悪く体に当たったったから。だからPKでは無い」

 

18:30 sc Heerenveen - ADO Den Haag 1-1
31' Michel Vlap 1-0 / 45' Tomas Necid 1-1


ヘーレンフェーンはピーリ、ミハイロヴィッチ、シュミットが負傷欠場でフロラーヌスとヴァウデンベルフの両バックになり、フラップが10番、コバヤシが右バイテンに。ADOはベウヘルスダイクが出場停止から戻ってスタメン。

 

お互いに低調で圧倒できない展開。ヘーレンフェーンはフラップがチャンスでバー直撃も。数分後にザネリからのパスをフラップが決めて先制。しかしADOもHT直前にエル・カヤティのクロスからネシドの初ゴールで1-1. 後半はさらに膠着状態になり、セットプレーでネシドがペナルティエリア内で引き倒されたが主審 S.ムルデルがスルーし、結局全く決定機が無いまま引き分け。

 

ヤン・オルデ・リーケリンク
「ホームでまだ一度も勝ててないのはとても辛い。私の目標は魅力的なフットボール。そして勝つこと。良くなっていると思う、まだ煌めきが無い。ここから先に進める部分は多くあるが、とにかくスタディオンに来てくれる人々のために勝ちたい。そこはハッキリしている」

 

アルフォンス・フルーネンダイク
「普通ならここで1pt取れれば嬉しいが、我々はそうした雑貨屋メンタリティを捨てなければいけない。歴史的に苦戦しているヘーレンフェーン-uitで勝つチャンスはあった」
「この試合に1度VARシーンがあったとしたら、ネシドが倒されたシーンだ。通信がしばらく途絶えていたんだろうね。試合後映像を見たが、私には理解できない」

 

20:45 Excelsior - VVV-Venlo 1-0
20' Elías Már Ómarsson 1-0
Rood: 85' Ali Messaoud


立ち上がりからVVVが圧倒すると、20分過ぎに自陣でボールを受けたオマルソンがそのまま独走し、ゴール前でプロメスとスーンチェンスの2人をかわしてそのままフィニッシュも決める見事な初ゴールで先制。VVVも反撃に出てゴールに迫ったが、フロートのシュートはポストを直撃。さらにFKから怪我のムラパに代わって入ったヨーステンにベストチャンスもステーフェンスがセーブ。

 

後半も徐々にVVVが攻勢に立ってスーンチェンス、フロートに決定機もどちらもブロック。エクセルシオールはエル・ハムダウィを投入も存在感は出せず、残り10分を切ってメサウドのボルフマンへのファールにVAR C.ムルデルが介入してOFRで妥当な一発退場となったが、そのまま凌ぎ切って勝利。

 

エクセルシオールは2試合連続2点差を守り切れず引き分けに終わっていたが、今節は1点差を守り切って今シーズン ホーム初勝利。

 

20:45 Fortuna Sittard - Ajax 0-2
49' 0-1 / 78' 0-2
前半ボールを持てないもののベストチャンスのあったフォルトゥナだがオナーナにセーブされ、終盤圧倒して次々にチャンスを作ったが、悉くオナーナに防がれて敗戦。

 

Zondag 30 september
12:15 Heracles Almelo - FC Emmen 2ー1
6' Brandley Kuwas 1-0 / 7' Kristoffer Peterson 2-0 / 68' Anco Jansen 2-1

 

6試合4勝の好スタートを切ったヘラクレスはクヴァスがスタメン復帰。エメンはペデルセンを外してアンコ・ヤンセンとスラフフェールの2スピッツを選択。

 

出だしからヘラクレスが主導権を取ると、クヴァスが切れ込んで自ら決めて先制。直後にもカウンターからクヴァス→ペーターソンであっという間に2点差。ペーターソンは8ゴール目で自身のシーズン新記録。その後はエメンが粘りを取り戻し、ヘラクレスが優勢ながらエメンも小さなチャンスを作る展開。前半終盤にハイボールを競り合ったニーマイヤーとブラスヴィッヒが激しく衝突し、ニーマイヤーは担架でピッチを後に。交代で入ったアリアスがHT直前にベストチャンスもブラスヴィッヒがセーブ。

 

後半はエメンが主導権を取って優勢に立つもCKからフェーンドルスのベストチャンスはブラスヴィッヒがセーブ。ヘラクレスがコントロールを取り戻せず、ペナルティエリア内でファン・ヒントゥムが不用意に足を上げてのファールでPKを取られて2-1. その後もエメンが数回良いチャンスを作るも決められず、終了直前にアリアスが決定的シュートチャンスもブラスヴィッヒ正面に飛んでヘラクレスが苦しみつつ逃げ切り。

 

フランク・ヴォルムート
「我々は負ける時は来ると思うことはあるし、一度はそれが起きるのも我々は分かっている。さもなければライシーズンはCLだ。選手たちが『今日か?明日か?』と緊張し始めている。勝利は自ずと起きるものではないし、我々はいつかは負ける そうすればまたリラックスして、新しい良いシリーズを始められるだろう」
「今日は選手たちがあまりに早々に2-0になったことで3-0や4-0にできると思ってしまったが、そうならずに相手が強くなっていったことで逆に圧倒されてしまった。2位タイにいるのは楽しいが、我々はこの順位にいるほど良くは無い。試行錯誤することはもっともっとある。特に今日はエメンが終盤もう1得点しなかったことに感謝しなければならない」

 

14:30 FC Groningen - FC Utrecht 1-1
16' Sander van de Streek 0-1 / 76' Mendes Moreira 1-1
Rood: 66' Simon Gustafson


ヘッケンスライター フローニゲンはルスティッチが出場停止、ブライも外してvdローイとライスがスタメン復帰。ユトレヒトはタナーネとデッセルスを外してエマヌエルソンを右バイテン、vdストレークをスピッツ起用。

 

今週も不安げなフローニゲンに対してユトレヒトが優勢に立つとケルクのアクションからパスをvdストレークがスピッツらしい動きで決めて先制。その後はほとんど何も起きずに試合が進んだが、後半に入るとグスタフソンに2回のベストチャンスもパトのセーブとバー直撃。66分にグスタフソンがメミセヴィッチと衝突すると、ナイハイスが厳しい一発レッドカードを出し、数的優位を得たフローニゲンが攻勢に立つとユトレヒトがクリアし損ねたボールを途中出場 モレイラが決めて同点。残り時間でフローニゲンがさらに勝ち越しを目指したがドーアンが2度のチャンスを逃し、ロスタイムには逆にガヴォリーがユトレヒトの決勝点に近づいたがポスト直撃で引き分け。

 

フローニゲンは10人相手に勝ちきれ無かったものの、ホーム4試合目で初の勝ち点 1ptを得て最下位脱出。

 

デニーバイス
「前半は間違いなくユトレヒトのものだった。我々はほとんど前に出られず、実際ボールを横か後ろにプレーするだけだったから当然何も起きなかった。しかしチームを支え続けてくれた観客は賞讃に値する。我々は観客によってミスを犯すこともあるが、彼らは我々は情熱とファイトをもってフットボールするのを見に来ているんだ」
「1pt取れてホッとしているのは明らか。とても酷い1週間を過ごしたし、木曜のベーカー戦敗退は本当に痛かった。それ以外にもいろいろあったからね。だからこの1ptはとんでもなく嬉しい。観客が試合後拍手を送ってくれたこともね。これが我々が一緒にどう進んでいくかのベースにしなければいけない」

 

ディック・アドフォカート
「20人と話をしたが、20人全員があれはロートでは無いと言っている。ロート言っているのはナイハイスとVAR(マンスホット)だけ。ああ、VARはスパルタ-エメンと同じ男だ。私の友人で無いのは確か。審判については何も言わせないでくれ。彼について私は前から知っているし、私は彼のファンでは無い。彼は今回も自分が間違えたことを認めないだろう。あるチームを降格させた人間がまた普通に審判ができる・・・」
「チャンスの数からすれば勝たなければいけない試合だった。前半はコントロールしていたし、その後2-0か3-0にすべきだった。後半はフローニゲンがよりオポチュニスティッシュにプレーし、我々はレッドカードを貰って1-1になってしまった」
バイスは自分自身であり続けるべきだろう。彼はアマチュアフットボールで素晴らしい仕事をしたんだ。今は失望の状況だが、彼がハード・トレーニングをしていないという意味ではない。後半のフローニゲンの選手たちは監督のために火の中をくぐるとことろを見せていた」

 

14:30 AZ - PEC Zwolle 2-2
10' Oussama Idrissi 1-0 / 36' Vito van Crooy 1-1 / 76' Guus Til 2-1 / 88' Zian Flemming 2-2

 

AZはフラールがスタメンに戻りコープマイネルスをそのままCBに残してハツィディアコスがベンチに、今週もファン・ラインとスヴェンソンが右サイドに並ぶ4-4-2. PECはセプvdベルフとレーマンスが怪我でラムとファン・ポーレンのCBデュオ、中盤はハメルがスタメンに。

 

AZが主導権を取るとイドリシがアウエヤンとの連携から左足で決めて先制。その後も優勢にコントロールしていたAZだが、スヴェンソンのバックパスからドタバタするとフラールがあっさりボールを奪われて1-1. さらにファン・ダイネンがフラールとの1対1からポスト直撃。

 

後半も支配力が高まらないAZは残り30分でジョンセンとフラールに代えてスーンチェンスとマヘルを投入。その後も圧倒はできなかったがスーンチェンス、マヘルに決定機。なかなかプレーテンポを上げられなかったAZだが、スヴェンソンのクロスをPECのDFがクリアし損ね、こぼれ球をティルが蹴り込んで今シーズようやく初ゴールで2-1. そのままAZが逃げ切るかと思われたが、終了直前にファン・ダイネンのクロスに途中出場 フレミングが飛び込んで2-2.

 

AZはvdブロムのクラブ史上最多182試合目を勝利で飾れず。

 

ジョン・ファン・デン・ブロム
「不必要な引き分け。自分たちで上手く試合を終わらせることができなかった。残り数分で2-2にされたのは悔しい。悪い試合で勝つのも技術。我々は勝つためのあらゆるチャンスがあったのに、落ち着き無くそれを逃してしまった。選手たちはとても上手くフットボールができるし、それを今日も見せていた。ただ90分間良いフットボールをするのが今シーズンはまだ問題。そこを取り組んでいかなければいけない」
「ジョンセンはチャンスポジションにほとんど入れていなかった。それでは交代は仕方ない。よりボールをキープできるマッツが入ったことで、ボールをもっとチーム内に留めたかった。さらにアダムが入ったことでフットボールが良くなり、2-1のゴールも決まったが、勝ち越したら鍵を掛けなければいけないのに我々はそれをしなかった」

 

14:30 De Graafschap - Willem II 2-1
21' Stef Nijland 1-0 / 49' Saddiki 1-1 / 89' Lewis (e.d.) 2-1
Rood: 20' Akkaynak / 64' Palacios (2xGeel)

 

20分にアカイナクがストラールマンを踏み、バックスがヘールを提示もVAR コーイの助言を受けたOFRによって一発ロートに。さらにその直後にナイラントがFKを見事に決めてデ・フラーフスハップが先制。さらにパラシオスがファールでPK判定も、エリック・バッケルがポストを叩き、HT直前にもナイラントがポスト直撃。

 

後半出だしにサディキのゴールでヴィレムIIが同点に追いつき、デ・フラーフスハップはバッケル、トマセンとポストに当ててゴールを奪えず。しかしヴィレムIIが60分過ぎにもパラシオスが抗議で2枚目退場で9人になると、終盤はデ・フラーフスハップが決勝点を狙い、終了直前にファン・ミーヘムの入れたクロスがルイスの足に当たって決勝点

デ・フラーフスハップは試合後選手とサポーターで出産直後2人の娘の1人が亡くなったトゥトゥアリマのために追悼。

 

ヨルディ・トゥトゥアリマ
「トレーニングに加わろうとしたけど、監督に葬儀まで加われないと言ったんだ。小さなあの子のために良い葬儀をしてちゃんとお別れしないといけなかった。それができて良かった。水曜はチーム全員が参加s知恵くれたし、決して忘れられない。僕も家族もみんなが支えてくれたことに感謝している。そしてサポーター・・・僕は泣き叫ぶ感情的な人間では無いけど、胸が熱くなった。これがデ・フラーフスハップについて多くを物語っている。温かく、素晴らしいクラブ」

 

16:45 Feyenoord - Vitesse 2-1
32' Matus Bero 0-1 / 47' Eric Botteghin 1-1 / 87' Robin van Persie 2-1
Rood: 63’ Thomas Bruns / 90+1' Robin van Persie / 90+5' Danilo Doekhi (2xGeel)

 

フェイエノールトはバイローが負傷欠場でフェルメールが今シーズン初出場。さらに万全では無いラーソンをベンチに置いてフェンテを起用し、トールンストラが左バイテンに。フィテッセはvdヴェルフが出場停止でドゥーキがスタメンCB、リンセンはまだフィットせず欠場でエーデガールトを起用せずにベーロが左バイテン。

 

フェイエノールトがボールを持つもほとんどゴールに近づけず、フィテッセが時たま危険なクロスを入れると30分過ぎにペナルティエリア内で相手をかわしたベーレンスのクロスをファーのベーロがシン・ジュステの上からヘディング、ポストを叩くもリバウンドを蹴り込んで0-1. その後もフェイエノールトフットボールにならず、スタンドから何度もブーイングが起きる低調な内容。

 

フェイエノールトはHT明けにトールンストラを下げてラーソンを投入。フェイエノールトがヘット・レヒューンの声援を受けて激しい勢いで後半に入ると、出だし2分間で3回目のCKからボテギンが決めて同点。その後も勢いは衰えず、ファン・ペルシのパスからベルフハイスがネットを揺らすもビデオ判定でオフサイド。激しい競り合いが多くなってきた時間帯にブルーンスがクラーシの背後からかかとを踏んで一発退場。フェイエノールトヨルゲンセンを投入して攻め立てるもラーソンの決定的シュート2回がエドゥアルドが好セーブと枠外に。フィテッセもカウンターからベーロに大チャンスもフェルメールがセーブされ、マタフスが負傷して担架でピッチを後に。終了直前、ファン・ペルシがやや遠目からのFKを強烈なキックで決めて2ー1. フェイエノールトはロスタイムにファン・ペルシが不要なクラークへのハードタックルで一発退場も、フィテッセもドゥーキが2枚目退場でそのまま終了。

 

フェイエノールトは低調な前半から立ち直って何とか3位をキープ。フィテッセは替えの利かないマタフスが重傷で長期離脱に。

 

レオニド・スルツキ
「全てのシーンをまだ見返していないが、主審の重要な判定でに同意できないものがあったのは確か。一発レッドカード(ブルーンス)、決勝点に繋がったファール・・・奇妙な判定が多すぎた。レッドカードは試合において非常に重要な瞬間だが、主審はそう考えていなかった。彼の振る舞いは自己中心的。フットボールはサポーターのためのものであり、主審のためのものではない。だがこれは私の意見だ」
「我々にとって非常に悲劇的な試合だった。結果だけでは無い。後半はほぼ全て10人でプレーしなければならず、さらに2人を重傷で失った。特にマタフスの怪我はかなり悪い。下腿を骨折している。とても悲しいよ。ティムは我々のベスト・スピッツだからね」

 

Stand
1 PSV 7 (7 0 0) 26-3 +23 21
2 Ajax 7 (5 1 1) 16-4 +12 16
3 Feyenoord 7 (5 1 1) 16-9 +7 16
4 Heracles Almelo 7 (5 1 1) 19-14 +5 16
5 AZ 7 (3 3 1) 17-8 +9 12
6 VVV-Venlo 7 (3 2 2) 8-5 +3 11
7 Vitesse 7 (2 3 2) 10-9 +1 9
8 Excelsior 7 (2 3 2) 11-13 -2 9
9 Willem II 7 (2 2 3) 14-15 -1 8
10 ADO Den Haag 7 (2 2 3) 12-18 -6 8
11 SC Heerenveen 7 (1 4 2) 15-18 -3 7
12 PEC Zwolle 7 (2 1 4) 7-11 -4 7
13 De Graafschap 7 (2 1 4) 6-12 -6 7
14 FC Emmen 7 (2 1 4) 7-15 -8 7
15 Fortuna Sittard 7 (1 3 3) 11-15 -4 6
16 FC Utrecht 7 (1 3 3) 6-10 -4 6
17 FC Groningen 7 (1 1 5) 4-14 -10 4
18 NAC Breda 7 (1 0 6) 7-19 -12 3

 

Topscorers
1. Kristoffer Peterson (Heracles Almelo) 8 (1)
2. Nasser el Khayati (ADO Den Haag) 7 (2)
3. Fran Sol (Willem II) 6 (1)
Klaas Jan Huntelaar (Ajax) 6 (1)
Robin van Persie (Feyenoord) 6 (0)
6. Luuk de Jong (PSV) 5 (0)
Hirving Lozano (PSV) 5 (0)
Tim Matavž (Vitesse) 5 (0)
Gastón Pereiro (PSV) 5 (3)
Morten Thorsby (sc Heerenveen) 5 (0)


Assists
1. Mark Diemers (Fortuna Sittard) 4
José Angeliño (PSV) 4
3. Steven Berghuis (Feyenoord) 3
Sam Larsson (Feyenoord) 3
Mikhail Rosheuvel (NAC Breda) 3
Arber Zeneli (sc Heerenveen) 3
Hakim Ziyech (Ajax) 3