我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

フィレーナ「フェイエノールトを簡単に去ることはない」

トニー・フィレーナはエールディヴィジで200試合以上プレーし、CLにも出場、オランイェでも代表戦12キャップを持っている。しかし23歳のMFは今シーズンもデ・カイプに残り、フェイエノールトでの8シーズン目を過ごしている。

 

「確かに僕はもう別のリーグでプレーしていてもおかしくないし、実際そのチャンスを毎年見送っている。僕がフェイエノールトを去らないのが理解できない人達がいるのは分かるよ。多分僕は自分に厳しすぎるんだ。ステップアップの夢はもちろんある」

 

簡単にフェイエノールトを諦めることはしないとフィレーナ。「僕はここで育てられ、フェイエノールトにとても感謝しているし、今も幸せで、ハッピーで、毎日楽しんでいる。マイン・クラブと交換するなら、国外のベストの可能性とであるべきじゃないか?ステップアップの野望もプランも今もあるけど、それは自分が良いフィーリングを持てるクラブでないといけない。それにそういうクラブから話が来ても、そこからまだフェイエノールトの利益になる取り引きかも関係する」

 

このMFにはデ・カイプに残る別の理由もある。「2年前に僕の母にあった出来事は誰もが知っている。今も毎日思い出すけど、フットボールをするのが自分が先に進む助けになっているんだ。それにクラブも、チームメイトも、サポーターも支えてくれている。みんな本当に僕に力を与えてくれているし、僕を強くしてくれている。それも僕がまだフェイエノールトでプレーしている理由。このクラブは家族のようで、簡単に去ることはしない」

 

将来夢が叶わずに終わるという心配はしていないとフィレーナ。「僕は23歳でまだ若いけど、エールディヴィジで200試合以上プレーし、CLにも出場、代表戦も12試合出ている。僕は忍耐力もある。その時は自ずと来るよ」

 

https://www.fr12.nl/nieuws/48275-vilhena-misschien-ben-ik-wel-te-kritisch.html