我がフェイエノールト

フェイエノールトを中心にオランダ・フットボールを追いかける

クーマン、NL フランス-uit前会見

ペルー戦について
「後半は我々のここまでのベストゲームだったと思う。前半が帰順になって余計にそう見えているかもしれないが、それでも後半の我々はとても良いプレーだった。ペルーがここ17試合でせいぜい1失点しかしていない。そういう相手にビハインドを背負いながら勝ったのはとても良い結果」

 

改善点について
「もっと上手くやれるし、やらなければいけないのは分かっているが、明らかに上り調子だ。プレーの仕方も改善されてきている。我々はこのフォーメーションでDF3人でも4人でもプレーできるようにしたいと思っており、それはこの夏以前とは多少違う」

 

3-4-3システムについて
「我々が5DFでプレーしていると思っている人もいるのは驚きだが、もちろんライアン・バベルは左バックでは無い。ラインの間に入れるように中盤に人を多くしたいんだ」

 

フランスについて
「ヴェレルトカンピューン相手に試合ができるのはスペシャルなこと。彼らは最大限のパフォーマンスで、あの大会の相応しい勝者だった。しかしそれも過去の事であり、もう意味は無い。1年前のパリでの4-0も過去の出来事であって、その結果に価値は無い。あの時よりもチームをよりコンパクトにしなければいけないし、そうすればもっとチャンスはある」

 

『コンパクト』について
「木曜のドイツ-フランスは実際チェス・ゲームのようだった。スペースがほとんど無かったのは、両チームとも『スペースを与えれば大きな問題を抱えることになる』と分かっているから。我々もコンパクトにプレーしなければならないし、『かなり』良いプレーをしなければいけない。全てが上手く嵌まる必要がある。ペルー戦出だしやHT直後のようなミスを犯せば、こういう相手には致命的。そういうプレーは無くさなければいけない」

 

スタメンについて
スナイデルはもういないから変わるのは間違いない。我々は1試合1試合スタメンを考えている。良いことも見るし、良くないことも見るし、相手のことも考えて決めている。フランスに関してはWKの間と同じイメージ。それに対してスペースを得られた時に勇敢にフットボールができるチームを並べなければいけない。しかしボールを失った時に残っていた選手たちのカバーが非常に重要になる」

 

フレンキー・デ・ヨングについて
「彼に注目が集まっているのは当然だろう。木曜はデビュー戦では無いかのようなプレーだった。これは褒め言葉だ」